小六のB級A画館 by569.exblog.jp

ジュリアス・シーズー・小六です。ほぼネタばれ有り、ややB級寄りだから、ご注意を。ここでは気に入っている映画&海外ドラマを紹介してます。画像・イラストの無断持ち出しは禁止でございまする。


by by569
プロフィールを見る
f0039573_21162112.jpg■X-ファイル #17 EBE 「E.B.E.」

■監督 ウィリアム・A・グラハム
■脚本 クリス・カーター

■キャスト
デヴィッド・ドゥカヴニー(フォックス・モルダー)
ジリアン・アンダーソン(ダナ・スカリー)

ジェリー・ハーディン(ディープ・スロート)
アラン・ライセル(クリフ・リヴァース)
ピーター・ラクロア(ランハイム/フランク・デュルース)
ブルース・ハーウッド(ジョン・フィッツジェラルド・バイヤース)
ディーン・ハグランド(リチャード・ラングリー)
トム・ブレイドウッド(メルヴィン・フロヒキー)



<ストーリー>

~イラク上空 北緯37度 現在~
軍による夜の飛行訓練中、遥か遠くに白く光る物体を発見
しかし、レーダーには何も映らず


~NATO監視基地 トルコとイラクの国境付近~
森に何かが墜落したが、レーダー感知なし


~テネシー州 レーガン ルート100 午前0時20分~
深夜、ハイウェイ走行中のトラック
無線から「怪しい光が見えた」などパニックの声が響く
その後、電子機器類全部停止
ランハイムが銃を手に空を見上げると、
一見、何も異常はないようだが、暗い空の上に黒い物体が存在していた


世界中いろんな所で不思議現象が起きているようですな
Σ(゚Д゚)




モルダーとスカリー
早速、昨夜起きた「怪しい光」の調査

「現場に到着したと同時にスタートさせたストップウォッチが狂ってる」

モルダー大興奮!!!
(*´▽`*)落ち着いてくださいっ

それにしても、時間が狂うって、地球外生命体によって磁場が狂ってるって事かい?



~テネシー州 レキシントン 警察署~
怪しい光に遭遇した怪しいランハイムに事情聴取のモルスカ
彼の顔は火傷のように赤い

UFOの放射能浴びたから?

体調も悪いようだ
「夕べから咳が止まらないんだ」

これはUFOに大接近したの可能性大
調査に力入る==
(; ・`д・´)ヨッシャー

と思ったのも束の間…


「ここでの捜査は終了だ=」
地元警察、さっさとランハイムを帰す

何者かの圧力かよ?
こうなったら奥の手だっ!


秘密兵器などの重要な情報を握ってるローンガンマンの所へ

ローンガンマンの今一番の興味はスカリー
「こちらが例の彼女?」
「色っぽいな~」
褒めちぎり~
この3人、ややキモイす

20ドル札を破き、
「紙幣の中のこの磁気テープは、我々を監視するためだ」
とかなんとか…(´・ω・`)ハイハイ

結局重要な情報ってGET出来たのかい?



~モルダーのオフィス~
「あんな人たちの話を信じるなんて」やや呆れ気味スカリー
ローンガンマン面目丸つぶれ


スカリーのボールペンインク切れ
ペンの蓋を取ると、なんと中から盗聴器が見つかる

何~~~?
あのバスターミナルで隣の女性にペンを貸した時?



~モルダーの自宅~
無言電話が掛かってくる

これはディープスロートからの合図なのねん

モルダー宅にやって来たディープスロートに
「UFOを目撃したトラック運転手を調べていたら、盗聴器を仕込んだボールペンを握らされてたんですよ=」
強く強く訴える

モルダー爪を咬む癖がありますねー
カチカチ齧ってます
イラつくと出る癖なのかも??


カッカカッカ熱いモルダーに封筒を渡し、出て行くディープスロート


~モルダーのオフィス~
封筒の中身は、イラク軍通信記録だった

ランハイムが怪しいと睨んでいるスカリー
「積荷が、1.5トンから2.5トンに増えてるのよ。ランハイムの本名はフランク・デュルース、湾岸戦争に行ってるわ」
「積荷が増えたのは、ランハイムがその飛行物体を積んでたんだ!」

マジで?

「コロラド方面に積荷が移動してる、追跡しよう」


~モルダーの自宅~
家に帰ると、電気点かない

電球切れたの?

暗がりのモルダーの部屋に、ディープスロートが居た

怖いっつの

「ジョージア州フォートベニングで撮影された写真が入ってる」

なんかいろいろ情報くれるね


~スカリーの自宅~
たった今、ディープスロートに渡された写真を持ってスカリー宅に来たモルダー

もう夜遅いっすよ

モル「この写真はすごい!」
スカ「これは偽者よ。影が反対に伸びてないと変よ。あなたは手放しで信じ過ぎる」

あちゃー(ノ∀`)


~午前8時30分 モルダーのオフィス~
「やっぱりこの写真はイカサマだった。ボクは騙された…誰も信用できない」

ガッカリし過ぎだよ
モルファイト~



~水族館~
モルダー、ディープスロート

目立たないようにここで密会?
いや、異様に目立つぜ
だって二人とも水族館仕様じゃないもん
(≧▽≦)


ディープ「フォートベニングには行かなかったのか?」
モル「写真は偽者です」
「見破ったなんて素晴らしい」

バカにすんなよ=
ムキー ヾ(`Д´*)ノ


「君たちにも隠さなければならない事もあるが、イラク空軍の通信記録は本物だ。あと、盗聴の件は私は知らない」


~モルダーの自宅~
盗聴器が仕掛けられていないか家中調べまくり
ついにコンセントの内部に盗聴器発見!

ゴチャゴチャ散らかった部屋にスカリー訪問
「スカリー、この件からは、もう手を引こう」と大声で言った後、メモ書きを見せる
<この部屋に盗聴器あり>

とにかくトラックを探すしかないと意見が一致


~午後6時30分 90号線と283号線の合流点~
ついにトラック発見
待ち伏せし、気づかれないようトラックの後を追う

モルスカの車、突然電気機器異常発生
急停車すると、前を走っていたトラックも停車していた

トラック運転席は無人だった
「ランハイムは一体どこへ?」

積荷ダンボールを退かし、荷台の奥には、明らかに地球外生命体を運んで居たような形跡がある
しかしそこも空だった

モルダーの持つストップウォッチは異常なし、放射能も検出されず
「これはボクたちの気を逸らすためのトリックだ」

この辺一帯、怪しい光が見えたり、電子機器の異常が起こったり
住民はエイリアン歓迎イベントで大盛り上がりだよ
(=´・∀・`=)


とにかく、地元住民の話を聞き情報収集


~発電所~
いかにも怪しげな発電所から、ランハイムが出て来た
早速ローンガンマンへ電話し、偽のIDを作ってもらい発電所へ入り込む

このIDではレベル6へは入れない
ガードマンも居るし…

モルダー、力技でレベル6へ強行突入!!!

気をつけなはれ


そこは広い倉庫だった
何かの生き物が隔離されているスペースがある

何としてでも中を見たい!

モルダー必死

しかし…
中には何も居なかった…

そこへ登場したのはディープスロート
「あの窓を覗きたい気持ちはとてもよく判るが、死んだよ」

あ~~~
惜しかったなー


ディープスロート曰く
今までに地球外生命体の処分を経験したのは3人居るが、1人は私だ
1947年のUFO墜落時、世界中で会議が開催された
もしも生きている生命体を発見したら
当該国で処分するようにと

それも本当の話かどうかは判らないけどね~


(第18話へつづく)


海外スター・ドラマ
[PR]
# by by569 | 2016-05-12 00:13 | X-ファイル
f0039573_218590.jpg■X-ファイル #16 再生 「Young at Heart」

■監督 マイケル・ラング
■脚本 クリス・カーター

■キャスト
デヴィッド・ドゥカヴニー(フォックス・モルダー)
ジリアン・アンダーソン(ダナ・スカリー)

ディック・アンソニー・ウィリアムズ(レジー・パデュー捜査官)
アラン・ブライス(若きジョン・バーネット)
クリスティーン・エスタブルック(ヘンダーソン捜査官)
グレアム・ジャーヴィス(ドクター)
ジェリー・ハーディン(ディープ・スロート)
ロビン・モズレー(ジョー・リドリー医師)
メリリン・ガン(検察官)
ゴードン・ティプル(ジョー・クランダル)
ウィリアム・B・デイヴィス(Smoking Man)
デヴィッド・ピーターセン(ジョン・バーネット)
ロビン・ダグラス(コンピューター技術者)


<ストーリー>

~ペンシルバニア州 連邦刑務所 1989年~
深夜
響き渡る叫び声

車椅子の囚人、声のする方へ
ドアから部屋を覗くと、囚人ジョン・バーネットの腕切断手術が行われていた
「叫び声が聞こえたんだが」
「バーネットはもう死んだよ」

ええ??
でも手術台のバーネット、瞬きしてるぜ



~ワシントンDC 現在~
強盗事件にモルスカ呼ばれる
事件担当は、レジー捜査官、モルダーの友人だ

「宝石店強盗の犯人は…、驚いて腰を抜かすなよ」

早くおせーて

「犯人はバーネットだ」
モルダー宛にバーネットからメモが残されていた

これって、さっき腕切られてた人?

ジョン・バーネットとは、7人被害者を出した凶悪犯
モルダーが入局したばかりの頃に逮捕された人物で、その際、モルダーの判断ミスにより同僚が殉職していた

モル「ヤツの刑期は340年だ」
スカ「脱獄したのかしら?」
「それはない、4年前に死んでいる」

なんですと=
(∥ ̄■ ̄∥)



~FBIラボ~
メモの筆跡は、右利き、ボールペン使用、座った姿勢で書いている
「筆跡鑑定結果、95%バーネットのものだ」

確かにバーネットの死亡診断書は存在している
スカリー「彼の筆跡を誰かが真似たんじゃない?」

相変わらず現実的~


~アメフト練習場~
モルダー、同僚の息子の練習を見学し、車に戻ると運転席に見知らぬファイルが置いてあった
そこには、モルダーの写真とメモ「罠に掛かった獲物は必ず死ぬ」

モルダーを見つめる一人の男

誰?誰?
なんか、目が白いぞ~
白内障みたい



~FBI本部 ワシントンDC~
モルダー、スカリー
「バーネットの遺言書によると、遺体は火葬し、灰はデラウエア川に流したらしい」

じゃ、調べようがないな


~ラボ~
バーネットの顔を現在の年齢に復元する


~連邦刑務所~
モルダー、スカリー
車椅子囚人から重要な証言を得る
「ヤブ医者がバーネットの右腕を切ってた。リドリー医師だ。バーネットが心臓発作で死んだなんてウソだ」


~FBI本部 ワシントンDC~
モルダーに電話が入る
バーネットからだった
「お前が本物のバーネットか、証拠を見せろー」


~レジーの自宅~
モルダーからレジーに電話
「バーネットは生きてた。囚人仲間が死亡時刻に生きてたと証言してるんだ」

電話を切ったレジーの背後に忍び寄る影

モルダーから電話が入った時、レジーが「どうした、こんな夜中に」って言ったんだよね
でもベッドサイドの時計、23時だけど~
寝るの早すぎ



~レジーの自宅 事件現場~
モルスカ
「レジーは6年前に奥さんをなくしてずっと独りだった
ミステリ小説書いてるって言ってたけど
あの時ボクがバーネットを殺していれば」

悔やんでも悔やみきれないモルダー

残されたメモには「まず友達を始末した、次はお前だ」


~ラボ~
メモ書きの鑑定
右利きの男性

バーネットは右腕切られてるしね~
義手じゃメモ書きは無理よ


数日前のメモと同じ人物と確定

じゃ、やっぱりバーネットなのかい?


~FBI モルダーのオフィス~
バーネット死亡診断書を作成したリドリー医師は、人体実験をし、1979年に医師免許剥奪されていたと判明する


~メリーランド州 国立衛生研究所~
リドリー医師について話を聴くと
老人症にかかった子供を使って実験をしていたらしい

「バーネットみたいな囚人を使って実験続けてたんだ。だとしたら、恐らくバーネットは若返ってる」


~ラボ~
バーネットの写真を若返り複製する


~スカリーの自宅~
スカリー報告書作成中
何者かがスカリー宅に侵入

物音に気づいたスカリー、銃を手に部屋の確認

スカリーって、いつも引き金に指かけてないよね
誤射がないようにって事なのかなぁ
この時点で彼女の銃に関する考え姿勢が判るね


そこへ、なんとリドリー医師が来訪

室内に隠れてた男はそっと出て行く

助かったー
と言って良いのかな?
侵入男が、もしやバーネットかい?



モルダー、スカリー、リドリー医師
リドリーの話によると
実験者の中で、バーネットが唯一の生き残りである事、
リドリーも、もうひと月と持たない体になっている事が判る

「老人症患者の遺伝子を使って老化を抑える事は可能だが、老人症と同じ症状に悩まされる事になる」

目だけは遺伝子療法が効かないらしい

だから、バーネットの目が真っ白だったんだね

「実験過程で手を切断してもまた手がはえてくるんだ。人間の手が生えてくるわけじゃないが」

じゃ、どんな手が生えてんのぉ
(∥ ̄■ ̄∥)



~バー~
ディープ・スロート、モルダー密会
なんとバーネットはリドリーの研究をそっくり盗み、大金と減刑、そして身の安全を政府に要求してきたと言うのだ
「まさか、受け入れるのか?」
「彼の情報は人類の未来を変える」


~FBI モルダーのオフィス~
モルダー、スカリー
スカ「ウチのの留守電、誰かが暗証番号盗んで留守電聞いてたみたいなの」

そりゃ、大変だ

留守電ボタンの指紋が、なななんと、バーネットの左手人差し指の指紋と判明

「留守電の内容は?」
「友達がリサイタルの時に会いたいと…」


~テイラー記念ホール~
FBI張り込み
「バーネットはスカリーが標的だ」

何で最初からモルダーを標的にしないのかね
レジーを殺害したり、スカリーを狙ったり…


バーネットはピアノ調律師として潜入していた

スカリーに近づくバーネットに、いきなり胸を撃たれる
捕まりそうになり逃げるバーネット

ちょっとこんなに人が居るのに、何かあったら大変だわ
スカリーは大丈夫なのかい?


バーネットはチェロ奏者を人質にとる

おおぉ~っと、ここで、過去と同じ設定になったよ

前回はバーネットを撃てずに後悔し続けたモルダー
今回は躊躇なくバーネットを撃つ

スカリーは防弾チョッキ着てて大丈夫でしたとさ


~病院~
瀕死のバーネットに詰め寄るCIA(?)
「リドリーの記録は何処だ!」

バーネットついに死亡
記録の在り処を言わずに

「あのバーネットが何もしないで死んでいくとは思えない、何か曇天返しがあるんじゃないか」

バーネットが死んでもなお不安に襲われるモルダーでしたぁ


(第17話へつづく)


***** 小六メモ *****

ジョー・クランダル役のゴードン・ティプルは、第11話「イヴ」で刑事役で登場しています


海外スター・ドラマ
[PR]
# by by569 | 2015-12-27 00:07 | X-ファイル
f0039573_20493723.jpg■X-ファイル #15 ラザロ 「Lazarus」

■監督 デヴィッド・ナッター
■脚本 クリス・カーター

■キャスト
デヴィッド・ドゥカヴニー(フォックス・モルダー)
ジリアン・アンダーソン(ダナ・スカリー)

クリストファー・オールポート(ジャック・ウィリスFBI捜査官)
セック・ヴェレル(ルーラ・フィリップス→強盗犯)
ジャクソン・デイヴィス(ブラスキンFBI捜査官)
ジェイソン・ションビング(ウォーレン・ジェイムズ・デュプレ→強盗犯)
カラム・キース・レニー(トミー→ルーラの弟)
ジェイ・ブラゾー(ヴァーンズ教授)


<ストーリー>

~メリーランド マリーン銀行 午後5時55分~
閉店間際の銀行に張り込んでいるスカリーとジャック捜査官
銀行入り口のすぐ前には犯人の車
男は強盗実行犯デュプレ、女は相棒で運転係のルーラ

タレこみ通り、デュプレが銃を構え銀行内へ
スカリーたちと撃ち合いになり、ジャックとデュプレが被弾

デュプレは死亡、ジャックは一命を取り留める

Xファイルだからねー
何となく今後の展開が想像出来るぞぉ
嫌な予感しますね



~ベセスダ海軍病院 2日後 午前0時50分~
ジャック意識が戻る

自分の顔を鏡で見てビックリしてる
(゚д゚;)



~死体安置所~
ジャックは病室を抜け出し、死体安置所へ
強盗犯デュプレの姿をまじまじ見つめ、彼の指輪を持ち去る


~デュプレの家~
ジャックがデュプレの家へ

まあ、顔はジャックだけどさ…
中身はデュプレらしいよ
紛らわしいわ


ルーラ不在

デュプレの腕に彫られていた刺青がジャック腕に移って来てるよぉ
Σ(゚д゚;)

まあ、Xファイルだから、ジャックとデュプレが入れ替わるって事はあるかもしれないけど、刺青は移らないよね~



~FBI モルダーオフィス~
ジャック行方不明
デュプレの指3本が切断され、そこに残されていた指紋がジャックのものだった事から、デュプレの指を切り落としたのはジャックの仕業なのは確実だが…
スカリー「一時的な精神障害かしら」
モルダー「指を切り落とされたのではなく、結婚指輪を取ったんだろうけど、理由は?」

ここで、今までの強盗事件のおさらい
犯人はデュプレとルーラ夫婦
今まで殺害した人数は7人
被害額は10万ドル

ジャックは右利きだが、デュプレの指を切断した人物は左利きだった
「2人の心臓は止まっていた、そして、1人が生き返ったんだ。さて、生き返ったのはどっちかな?」
その証拠に、心電図モニター記録を確認すると、何故か2人分の鼓動が印刷されている

モルダー楽しそうだ
この手の信じられない話を真剣にするから面白い



~メリーランド大学 生物学部~
臨死体験について
生物学者ヴァーンズ教授に話を聞く

生き返り時には、爆発性エネルギーが発生し、結果、人間性を変える
ただ、マイナス面では幻覚に悩まされる事もある

ひとつの事例として
軽飛行機墜落事故が発生し、パイロットが生き返ったが、死んだ乗客の記憶や意識の一部が乗り移った
しかも、その乗客が、パイロットの妻の浮気相手だったと知り、神経衰弱に陥り、ついに妻を殺した

モルダー「う=ん、いい話だ」
って…(゚∇゚;)

スカリーがジャックについて超詳しい事に違和感を覚えたモルダー、ややヤキモチ気味
「やけに詳しいね」

そうしたら、なんとっ
スカリーったら、アカデミーの教官だったジャックと、一年くらい付き合ってたんだって
しかもスカリーとジャックは同じ誕生日らしい



~ルーラの弟トミーの家~
ジャック顔のデュプレ「警察にたれ込んだのはお前だろう~」
「お前誰だよ!」

そりゃ、そうだ
トミーにしたら、「お前誰さ」だよねー
顔がデュプレじゃないからトミー判らないよぉ


「トミー、お前、オレたちを嵌めたな」
「え?デュプレなのか?」

結構すぐに信じてくれたね


数時間後・・・トミーご臨終
モルダースカリーの目の前に、今まで行方が判らなくなっていたジャックがいきなり登場し、事件の詳細を確認しているが…

って、犯人はお前だばい

モルダーじろじろ見過ぎだってば


テレビ周辺から犯人のものと思われる指紋採取成功


~FBI~
射撃練習中のジャックに近づくモルダー
「今日はスカリーの誕生日なんだ。メッセージ書いてくれないか」


~モルダーのオフィス~
ジャックに書いてもらったバースデーカードをスカリーへ手渡す
「ジャックは君の誕生日知らなかったよ。しかも左利きだった。あと、さっき採取した指紋が見当たらなくなっているそうだ」
スカリー「ジャックが盗んだと思ってるの?」

スカリー信じない

ジャックが銀行で撃たれる前のサインと、今日のカードのサイン見てみ~
全然違う
スカリー「後遺症の影響よ。これだけじゃ何の証明にもならないわ」

スカリー信じない

このスカリーの強情さも凄いわ
さすがにちょっと疑おうぜ



***


「ルーラの居場所が判った、君も来るかい」スカリーを誘うジャック
「それよりも、現場で採取した指紋がなくなったんだけど、あなたが持って帰らなかった?」
シラ切るジャック氏


~アパート~
ルーラが借りた…とたれ込みがあったアパートに到着

ルーラ、居た=

ジャック嬉しそうだぁ
まあ、中身はジャックじゃないけどね


警察が捕まえに来たと思ったルーラは、アパート地下のボイラー室へ逃走
ジャック、ついにルーラを捕まえる
「もう二度と逃がさないぞ」

しまいに、ジャックはスカリーの銃を奪い、手錠をスカリー自身に掛けろと、意味不明な事を言い出す
「ジャック、どうしたの?」
スカリーの言葉に返事はなく、ジャックはルーラの心配ばかり
「怪我はないかい?可哀想に」

さすがのスカリーも、モルダーが正しかったと思うんじゃね?


~どこかの隠れ家~
スカリーを拘束し、ジャック顔のデュプレとルーラは隠れ家に身を隠す

あらら~ジャック楽しそう
「オレもビックリしたよ~オレ、デュプレだよ、なんでも質問してみろよ」



~アパート~
モルダー、ブラスキン
通報のあったアパートに来てみたものの誰の姿もない
「車が置きっぱなしだ。スカリーとジャックはどこ行ったんだ?」


~隠れ家~
ジャックに語りかけるスカリー
「ジャック、覚えてる?一緒に魚取ったでしょう?」

昔、付き合ってた頃に行った旅行の話をするスカリーだけど、ツレないジャックさん

「あの男は死んだぞ」

ジャックの顔で「ジャックは死んだ」って言われてもね~

デュプレはビールがぶ飲み
次第に苦しくなってくる

スカリー「今までどれくらい飲んだの?ジャックは糖尿病だったのよ。腹部の痛みは昏睡状態の兆候だわ。インスリンを打たなきゃ」


~FBI本部 ワシントンDC~
薬局からインスリンが盗まれる事件が発生
モルダー、ピンと来た
「ジャックは糖尿病だったな」


~隠れ家~
スカリー「早くインスリン打たなきゃ」
ジャックにインスリンを打つ準備をするスカリーに近づき、インスリンの瓶を割るルーラ
「一体何をするの?」
「フン、FBIにタレ込んだのはトミーじゃないって事さ」

あらら…
裏切り者、ここに居たよぉ



~FBI本部 ワシントンDC~
モルダーにルーラから電話「女を帰して欲しければ100万ドル用意しな」

ルーラからの電話の録音を調査
電話口の背後から小型飛行機のエンジン音が響く
「離陸の音だ」

小型飛行機の離陸時間からおおよその場所が特定された


~隠れ家~
インスリン不足で意識朦朧のジャックと、手錠で拘束されているスカリー
「そうだ、雪が降ってたな」
「そうよ!」
スカリーとの旅行の話をするジャック

ジャックとしての記憶も残ってるんだね
でもちょっと、ジャック死にそうだよ
インスリンないからフラフラ


FBI、隠れ家に到着
突入体制

最後に力を振り絞り、ジャックはルーラを撃つ

突入==

ついに、ジャック力尽きる
同時に刺青も消えた


~FBI本部 ワシントンDC~
モルダー、スカリー
ジャックの所持品整理

モルダー「これ変だな」
ジャックの腕時計が6時47分で止まっていた
それはジャックの心臓が停止した時間だった


(第16話へつづく)


***** 小六メモ *****


ジャック役のクリストファー・オールポートは、2008年に60歳でお亡くなりになってます
早い死ですね
お悔やみ申し上げます


海外スター・ドラマ
[PR]
# by by569 | 2015-12-24 00:47 | X-ファイル
f0039573_20523661.jpg■HELIX-黒い遺伝子- #12 報復 「The Reaping」

■キャスト
ビリー・キャンベル(アラン・ファラガットCDC研究主幹)
真田広之(ヒロシ・ハタケ北極バイオシステムズ所長)
キーラ・ザゴースキー(ジュリア・ウォーカー博士)
マーク・ガニーメ(セルジオ・バリエセロス少佐)
ジョーダン・ヘイズ(サラ・ジョーダンCDC研究員)
Meegwun Fairbrother(ダニエル・アエロフ北極バイオシステムズ警備主任/トゥルーク)
ニール・ネイピア(ピーター・ファラガット北極バイオシステムズ研究員)
ルシアナ・キャロ(アナナ保安官)
ロバート・ネイラー(スペンサー・チシック/ザ・サイス)
アンバー・ゴールドファーブ(ジェイ→ジュリアの母)
ヘレン・コヤ(ティア)
アレクサンドラ・オードリス(ブレイク)


<ストーリー>

~12日目~
ザ・サイス、本部とメール
「ボクがすべき事は?」
「治療薬の回収、ハタケの生け捕り、その他全員の抹殺」


~廊下~
アラン、ピーター
「みんな死んでる…」
「イラリア社の仕業だ」

ピーター「同僚に別れをしたい」

しみじみ…(o´・ω・`o)


~シェルター~
シェルターに残ったジュリアとサラ

2人の会話がすごい
ジュリア「何考えてるの?癌がなくなった事?それともこれから1000年先の事?」
サラ「永遠に26歳よ♪うふふ」
ジュリア「ハタケは1501年生まれなのよ」
何だって===!!??
戦国武将だな

みなさま不老不死なんでしょう?
一般人として普通に生きていけないよね
ジュリア「家族や友人の死も見続けるのよ」

そりゃ、そうだ



~所長室~
監視カメラで、ザ・サイスの事を監視
ハタケ「外見に惑わされるな。彼は何世紀も殺しの技術を磨いてる」

一同、へぇ~


一方、ザ・サイスもハタケたちを監視していた
彼らの背後から女の叫び声
「あの女を黙らせろ!」

叫んでる女って誰だろう?

偶然にも、ザ・サイスは、4日前の映像を発見
それは、サットンがハタケに殺される映像だった

ハタケに殺されてる~

「お母様の敵を討つ===」

お母さんなんだぁ
でもハタケの事は生け捕りしなきゃ、ダメだぞい

お母様の殺害映像何回も見ちゃってるし



~所長室~
ハタケ、アラン
ナルヴィクを持ち帰ったのが間違いだったのだろうか
しかしこの薬のおかげで助かった命も多い
アラン「薬を回収して焼こう」

ハタケったら~
自分の研究所なのにアランに指示されてるぞ
微妙に立場逆転かぁ
アランよ、年上を敬え!!
なんてったって、1501年生まれだぜ



~施設の外~
ジュリア、ダニエル
雪上車修理
ダニエルは誘拐されてから一度も研究所を出た事はなかった
ハタケを信じて生きて来たが…
「全てが片付いたら出て行くよ」
「私を姉だと思って」

ダニエルって可哀想だ
しかし、ダニちゃん大丈夫かなぁ
何となく、死亡フラッグ立ってないかい?



バイオハザード警告放送開始

ハタケ、アラン
ウィルス回収

ヴィット博士の首を保管していた所に隠してたのかぁ
ん??
そう言えば~
ヴィット博士の首ってどうなったの?


背後に登場のザ・サイス

ハタケ「スペンサー」
ザ・サイス「その名で呼ぶな=ウィルス渡せ=」

まぁまぁ落ち着きなはれ

ハタケがウィルスのカプセルを雪の中にポ~ンと投げ、それを拾いに行ったティアは、落とし穴に落下~

その隙に、姿を消したザ・サイス


~エレベーター~
ハタケ、アラン、ジュリア、ダニエル
下へ向かうエレベーター急停止
そして、停電

嫌な予感がしますねー


~シェルター~
サラ、ピーター
「みんな遅いな」


~エレベーター~
やっと電気が復旧
ジュリアの姿がない
エレベーター天井が開いている
「恐らく、ジュリアがハタケの娘だと知られたんだ」
一旦シェルターへ移動


~シェルター~
アラン「私は上階に戻る!」
ハタケ「待て、不和を招くのがスペンサーの狙いだ」

その時、階段から物音
ウィルスが入っていたカプセルが落下してくる
中には、血液つきの手紙「裏切り者ヒロシへ」と、指が入っていた

「ジュリアの手とは限らないよ」と言いつつも、指を見て全員動揺
どうする~どうする~


「手紙の内容は?」
「隔離室に来い」

ハタケ独りで向かう


~イヌイット村~
アナナ怒り爆発
バリエセロスが居なくなってしまった
「トゥルーク、彼に何を言ったの?」
「姉さんを守ろうと…」

トゥルークの余計な行動で、バリエセロスが消えた事を怒ってるのかい?
でもどっちに転がるか判らないよぉ
いまだにバリエセロスの立ち位置がよく判らないもんな~



~シェルター~
事態の収拾のため、麻酔ガスを施設内に流すのはどうか?
ガスを流すには、ダクト内の羽を開かなければならない
しかし、手動で行う必要がある
ピーター「ダクト内は熟知してる」

そりゃそうだな


~隔離室~
ジュリア目を覚ます
左手人差し指がなかった

やっぱりジュリアの指だったのかぁ

ジュリアの首に爆弾がセットされていた

ガラスの向こう側からジュリアを見つめるザ・サイス
「急に動くと爆発するよ~」


~ダクト~
アラン、ピーター、ダクトへ
「親父が酔った時も屋根裏に逃げたよな~」

昔話楽しそう
まさか、2人で普通に話せる時が来るとはねー
で、ジュリア写真集を所長室から盗んで、ダクトの壁じゅうに彼女の写真貼ってる場所を通過


ハタケ、麻酔ガススイッチの前で待機


~シェルター~
サラ、気づくとダニエルの姿がない
ウィルスを持ち出したようだ
サラ動揺

ちょっとダニちゃん
ザ・サイスにカプセル渡すのかい?
ハタケを助けるつもりで?
かなり危険よ



~ダクト内~
アラン、ピーター
「ダクトの羽開けたぞ」

が、ハタケ何故かガスを送らず

何で~?
オレたち頑張ったのによぉ(by兄弟)



~隔離室~
ハタケ登場「ジュリアを放せ。私を殺せ!」
ジュリアの首爆弾を見て驚くハタケ
その上、ダニエルも捕まり、同じく首爆弾
「さ~どっちを選ぶ?」

スペンサーくん、楽しそうだなぁ
ダニちゃんがここに居るって事は、カプセルはスペンサーの手に渡ったんだね


「ゲームに付き合うつもりはないっっ」

おおぉぉ、ハタケ怒ったぞ
あんなに冷静な微笑みの貴公子なのに…


ハタケがどちらかを選ばないと時限爆弾でどちらの首も吹っ飛ぶ

どうする、ハタケ!!

ダニエル「選ぶ必要はない。愛してる父さん、これからもずっと」
ダニエル自分で爆破する

あぁぁ、ダニちゃん、可哀想~~

隔離室に駆けつけたアランたちに捕まるザ・サイス


いきなり映し出された映像
大きな箱のドアが開き、中から人が出てくる

ジュリア「え?母さん?」


(第13話へつづく)



海外スター・ドラマ
[PR]
# by by569 | 2015-10-05 00:50 | HELIX-黒い遺伝子-
f0039573_160944.jpg■HELIX-黒い遺伝子- #11 ブラック・レイン 「Black Rain」

■キャスト
ビリー・キャンベル(アラン・ファラガットCDC研究主幹)
真田広之(ヒロシ・ハタケ北極バイオシステムズ所長)
キーラ・ザゴースキー(ジュリア・ウォーカー博士)
ジョーダン・ヘイズ(サラ・ジョーダンCDC研究員)
Meegwun Fairbrother(ダニエル・アエロフ北極バイオシステムズ警備主任)
ニール・ネイピア(ピーター・ファラガット北極バイオシステムズ研究員)
ロバート・ネイラー(スペンサー・チシック/ザ・サイス)
ヘレン・コヤ(ティア)
アレクサンドラ・オードリス(ブレイク)
パトリック・ベビー(フィリップ・デュシャン北極バイオシステムズ研究員)
Ruth Chiang(カトウ北極バイオシステムズ研究員)


<ストーリー>

~11日目~

~廊下~
ヴェクターご一行様、あの手この手で非感染者を拉致

バイオハザードのゲームっぽいシーンから始まったよ
ここで拉致された科学者はカトウって名だったから日本人の役だね
でも俳優さんの名前見ると中国人か?



~所長室~
コンスタンス・サットンの携帯電話にメールが入る「極秘・回収計画開始まで6時間」

ハタケの携帯電話カバーがあまりに可愛いすぎてビックリしたわ!
と思ったらサットンの携帯だったぁ
そりゃそうだよねー
ハタケのだったら、あのプリティ感、逆に怖いわ
ピンクのイニシャル入りケース
特注品だ


メールの内容を確認し、ハタケ、爆破装置セットする


~ICU~
ジュリアの脳骨髄液をサラに移植し、徐々に腫瘍が小さくなっていた

すごい!
成功?

この時のジュリアの紹介が「ハタケの娘」ってなってたよ


もしサラで結果が出れば、ジュリアの骨髄液で全員を救えるかもしれない


~廊下~
アラン、フィリップ
非感染の研究員が次々とヴェクターに拉致されているとフィリップから報告を受ける
「ヴェクターたちのウィルスは進化してしまった」
宿主が死ぬまで生き続ける


~レベルX~
地下のまた地下、レベルXまで降りて来たハタケ、爆弾セット

大勢のヴェクターがハタケに道を譲ってるよ
かっこいい~



~所長室~
ハタケ、アラン
サットンのメール内容をアランに伝える
「イラリアは研究所を焼き尽くすはずだ」

ヴェクターとイラリア両方からどうやって身を守るかが問題だ

ハタケ案
「爆弾を仕掛けたが、地下にシェルターがあるから安全だ」

シェルターなんて、あんの?
ダニエル目がテンだぜ



~廊下~
アラン、フィリップ
非感染者が拉致されだいぶ人数が減って来ている
「レベルUに非感染者を集めよう」


~武器保管庫~
ハタケ、ダニエル
イラリア襲撃に備え、銃の準備

「6歳の時、銃の扱いを教えられて、あんたが魔法使いに見えたよ」
「今でも私の息子だ。思いは変わらない」

ハタケの言葉にじ~んと来るー
でもなぁ
微妙に死亡フラッグ立ってないかい?
いやだなー



~ラボ~
ジュリア、アラン
ジュリア「ナルヴィクが自滅するようプログラムを書き換えられると思う。そうすれば持ち帰られるわ」
しかしアランは反対
もしもここからナルヴィクを持ち出せば、世界を全滅させる事になるだろう
「ジュリア、そんな事したらハタケと同じだ」
「血は争えないわね。でもこれでピーターも救える」

ついにサラ目覚める


~レベルR~
ヴェクターご一行様、感染者の血液集め

ちょっと、どうすんだい?
超やな予感する~



~シェルター~
ハタケ、ダニエル
シェルターとは名ばかり、まさに家そのもの
しかも娘ジュリアのために用意した家だと知ったダニエル、やや怒り

ジュリアが娘だって~~??

「ジュリアを呼び戻すためにこんな事を?まさかCDCを呼んだのも?」
呆れるダニエル


~ラボ~
サラ完全復活
ワクチンも完成する


~レベルU~
非感染者を集めていた部屋のスプリンクラーに感染者の血液を流し入れ、火災を起こし、スプリンクラー作動させるヴェクター

非感染者に向かって黒ドロシャワー
みんな、頭いいわぁ


火災発生警告音=
アランが駆けつけると、レベルUに誰も居ない
部屋の中を見る限り、果てしなくヤバイ状況だとは一目瞭然だが…

アラン呆然~


~所長室~
アラン「レベルUに誰も居ない!」

非感染者は、ハタケ、アラン、ジュリア、サラ、ダニエルと、整備士4名だけとなった

一体どうするんだ!
なんだーかんだーとモメてますな

ジュリア「もうやめて!元夫と父親の争いは見てられないわっ」

「ん?父親って?」
サラ、目がテンだわい



ワクチンが完成した事だし、一刻も早くヴェクターを救わねば

レベルRに向かうは、ハタケとジュリア
解毒剤を噴射する機器で冷気を噴き付け、ヴェクターの動きが止まった瞬間にワクチンを打つ作戦!


~レベルR~
暗い廊下を進むハタケとジュリア
すぐ背後にピーターが現れる

突然冷気を噴射され怯むピーターに、ジュリアがワクチン注射
ピーターは痙攣し、黒ドロ吐き出す
効いているようだ

よ~し、この調子で頑張れ
ハタケ、冷気を噴射
ジュリア、注射

分業ですな



~救護室~
アラン、サラ
ワクチン接種により安定した元ヴェクターがどんどん運ばれて来ていた
そんな中、サラは激しい頭痛に悩まされる
アラン「診断では腫瘍は小さくなってるが、一体どうしたんだ?」

ピーター目を覚ます
「なぜ助けた?助けてもらう資格なんてないのに…」
ジュリアはピーターが元に戻り嬉しそうだ
2人の姿を見て複雑な気分のアラン


警告音が鳴り響く

「イラリアが来た===」


~施設外~
無数のスノーモービルが接近中
ハタケ、ダニエル、アランが待機

不老不死の軍隊かい?
怖いね~


スノーモービルに近づくと、無人だった
「何か変だな」

いきなりスノーモービルが爆発する

ハタケ大怪我!
大丈夫か?

スノーモービルに気を取られている隙に空から施設内へ侵入するイラリア軍隊


~シェルター~
スノーモービル爆破で負ったハタケの腕の火傷が酷い
「彼がやって来る」
「彼って誰?」
「暗殺者だ、ザ・サイス」

メタルギアソリッドのスネークみたいな感じだな


~施設内~
ザ・サイス御一行がエレベーターのドアを開けると、中にはワクチンで非感染になったフィリップたちが居た
「助けに来てくれた~一緒に階下へ行きましょう」

ちょっとちょっと=
案内しちゃってるよ、大丈夫かい?


階下へ到着しエレベーターが開いた時には、ザ・サイス御一行しか居なかった

エレベーター到着前に研究員たち全滅
怖い~
折角ワクチン打ってもらって治ったのに



~シェルター~
サラ頭痛に苦しむ

ついに目が銀色になっちゃったよー
もしや、サラも不老不死?


ハタケ、仕掛けた爆弾のスイッチを押す!

シ~ン

あれれ?
セットした爆弾は?



~レベルX~
ザ・サイス、爆弾を回収しながら地下へ進んでいた
「ナルヴィクがないな、ハタケを探せ」

ここで、ザ・サイスが仮面を外す
まだ少年だない
可愛い~



(第12話へつづく)


海外スター・ドラマ
[PR]
# by by569 | 2015-07-13 00:58 | HELIX-黒い遺伝子-
f0039573_2102636.jpg■ブレイクアウト 「Trespass」 2011年・米

■監督 ジョエル・シューマカー
■製作 アーウィン・ウィンクラー、デヴィッド・ウィンクラー、レネ・ベッソン
■脚本 カール・ガイダシェク
■音楽 デヴィッド・バックリー

■キャスト
ニコラス・ケイジ(カイル・ミラー)
ニコール・キッドマン(サラ・ミラー)
ベン・メンデルソーン(エライアス)
リアナ・リベラト(エイヴリー・ミラー)
カム・ジガンデイ(ジョーナ)
ジョルダーナ・スパイロ(ペタル)
ダッシュ・ミホク(タイ)
エミリー・ミード(ケンドラ)
ニコ・トルトレッラ(ジェイク)


<こっからネタバレね~>

監督は、『フラットライナーズ』(1990)、『8mm』(1999)のジョエル・シューマカー
どちらの作品も怪しさ満載ですが、それに比べると今作品は毛色が違うかな?

ジョーナ役のカム・ジガンデイ、最近観たばっかり
『パンドラム』(2009)のガロ役、なかなか良かったよぉ
(*^-^*)

エイヴリーの友人ケンドラ役のエミリー・ミードって、『ウェス・クレイヴンズ ザ・リッパー』(2010)のファングちゃんかい?
あるぇ~??
ファングちゃんの時は、あまりの可愛さにビックラしたけど、今回は普通…
どうしたんだ??
(´°д°`)


感想~
なかなか面白かったです
ニコラス・ケイジ、ニコール・キッドマンが夫婦役と言う事で、こりゃ、絶対にニコールが強盗犯と絡んでると思ったんですがね~
いつ悪事がバレるんだ~と最後まで信じて疑わなかった、おいら
だってー、こんなに豪華なキャストなのに、普通の夫婦?
そんな事、絶対ある訳ない
ΣΣ┏(|||`□´|||;;)┓

事件も解決に向かい…
何のドッキリもどんでん返しもなく、家族全員無事で、良かった==

この時点でも、「いやまだ何かあるぞ」と構えてたもんな

んん!!??
本当に普通の良妻でした
撃沈=
チ~ン(ー人ー)


ひとつ、あれ??と思った事は…
金庫のロック解除パスワード
「7466」なのに「7465」とカイルが教えるんだよ
録画だったから戻して確認したよ

それなのに犯人は
声に出して「7465」と言いつつ「7466」と押してるのは何故?

翻訳の印刷ミス?
判らんぞ~
最大の謎だばい


映画
[PR]
# by by569 | 2015-07-11 00:59 | ハ行
f0039573_1955358.jpg■恐怖ノ黒電話 「The Caller」 2011年・英

■監督 マシュー・パークヒル
■製作 アミナ・ダスマル、ロビン・フォックス、ピアース・テンペスト
■脚本 セルジオ・カシー

■キャスト
ラシェル・ルフェーヴル(メアリー・キー)
スティーヴン・モイヤー(ジョン・グイディ)
ローナ・レイヴァー(ローズ・ラザー)
エド・クイン(スティーヴン・キャンベル)
ルイス・ガスマン(ジョージ)


<以下ネタバレす>

メアリー役は、人気テレビドラマ「アンダー・ザ・ドーム」に出演のラシェル・ルフェーヴルですね!
今では人気女優さんでしょうが、彼女の事はこの作品で初めて知りました
ジョン役のスティーヴン・モイヤーは、アンナ・パキンの旦那様だそうです
(=´・∀・`=)


派手さはないが、ジリジリ、じっくりと追い詰める感じは、まさにイギリス映画らしい
面白かったなぁー
別に意味はないのかもしれないけど、通気口から覗いてるような映し方などはゾクッと来ますな

もう~、せっかく引越しして来たと言うのに、不可解な事が発生しまくり
おいらだったら、即効で引越ししちゃうな

昼間でも暗い部屋が、また陰湿なムード満点です


今どきにこんな電話あんのか?
あまりにもレトロな黒電話が鳴り響き、「ボビーに伝えて」と、ローズ・ラザーから電話

ローズの世界は現実じゃない
1979年よ
レトロ黒電話が、異世界との通信手段な訳ですな

過去と現在の交差…
過去のローズが現在のメアリーからの助言で、ボビーを始末した!?
40年の歳月の差はあるが、確かに、「人」対「人」の会話に感じるよね

しかし、ローズって、相当思い込み激しい、常識ややズレ気味の女性だぜ
しつこいし…
ボビーもローズの事、呆れちゃってたんじゃね?

で、ローズがどんどんエスカレートしちゃってさ
メアリーの事を信じてくれてたジョンが死んだ事になってたり、
隣人のジョージも存在しない事になってたり、
ローズさん、そんな事しちゃいけませんぜ

しまいに、メアリー自身が子供の頃にローズに虐待される過去が突如出来上がっちゃって、その通りに火傷の痕が現在のメアリーに出て来たり…

もう、ローズさん、どうせやっちまうなら、ジョンじゃなくてさ、スティーヴンを何とかしてくれちゃったら良かったのにね~


やっぱりローズの存在は怖いなぁ
逃げられないのかね

ちょっと考えたんだけどさ
メアリーが途中で引越ししちゃったらどうなる?
次に越して来た人と会話楽しむのかい
だってあの黒電話を通してじゃないと話出来ないんでしょ


映画
[PR]
# by by569 | 2015-07-09 00:53 | カ行

HUNTERS ハンターズ

f0039573_15241833.jpg■HUNTERS ハンターズ 「The Hunters」 2011年・フランス/ルクセンブルク/ベルギー

■監督 クリス・ブライアント
■脚本 マイケル・レーマン
■音楽 マーク・スノウ

■キャスト
スティーヴン・ウォディントン(ロニー)
トニー・ベッカー(オリヴァー)
ダイアナ・アグロン(アリス)
クリス・ブライアント(ルセイント)
テレンス・ノックス(バーナード)
ジェイ・ブラウン(スティーブン)
グザヴィエ・ドゥランブル(ウィリアム)
フィリップ・コレイア(デヴィッド)


<以下ネタバレしてます>

決して嫌いじゃない
閉ざされた空間系の恐怖
良いですね~

しかも、このゴーベン要塞の湿った感じがまた良い
温度とか匂い、そういったもの全てが画面を通して伝わってくる感じがします
こういう場所、本当にあるんでしょうかね
セットじゃ出せない雰囲気だし


序盤は、ロニーやオリヴァーのモヤモヤしてる切ない日常や、内勤勤務となったルセイントの苦悩などが描かれ、早く「ハンターズ」になってくれ~って感じ
ルセイントがバーナード署長の助言を無視し、証人とゴーベンで会う辺りから面白くなってきますよ

だって、要塞から逃げられないんだものなぁ
やるしかないのさ

しかも
まさか、署長がぁぁ…

ガ━━(´・д・`川)━━ン


どうする、どうする


あれれ?
何となく、全力出し切らなくても、敵が減っていく?

で、自滅…(_д_;)モワ~ン


多発していた行方不明事件を解決したルセイント
内勤者なのに、すげ~

でも、証人を死なせてしまって、大丈夫だったのかね~
その辺り、ちょい心配だぞ


ヒロイン的存在のアリスさん
とても可愛い♪
けど、どうも顔が覚えられなくて、真っ白なダウン来て輝くようなアリスと、ラストシーンのcafeで、ルセイントに近づいて来た女性がアリスだったとは…
あまり一致しなかったわい

人の顔って覚えづらいね
っ、おいらだけか?(´・∀・`;)てへ


ちなみに、一見、戦場のピアニストか?的な、ルセイント役のクリス・ブライアントさん、今作品の監督さんでもあります
お疲れ様でしたぁ~


映画
[PR]
# by by569 | 2015-07-07 00:23 | ハ行

ブレーキ 「Brake」

f0039573_15143185.jpg■ブレーキ 「Brake」 2012年・米

■監督 ゲイブ・トーレス
■製作総指揮 スティーヴン・ドーフ、ライアン・ロス、ウォルター・ザック
■脚本 ティモシー・マニオン
■音楽 ブライアン・タイラー

■キャスト
スティーヴン・ドーフ(ジェレミー・レインズ)
カイラー・リー(モリー・レインズ)
JR・ボーン(ヘンリー・ショー)
トム・ベレンジャー(ベン・レイノルズ)
ボビー・タンバリン(トラック運転手)
カリ・ローシャ(911オペレーター)
キング・オルバ(サマリア人)
プルイット・テイラー・ヴィンス(ドライバー/テロリストリーダー(voice)
サミー・シーク(マルコ(voice)


<ネタバレしてま~す>

ジェレミー・レインズ役は、『ブレイド』(1998)のスティーヴン・ドーフ
彼は製作にも加わってま~す

ジェレミーの同僚ベン・レイノルズ役は、トム・ベレンジャー(だよね?)
『山猫は眠らない』シリーズのトムでしょう?
いや~、太ったね
最初、全く気づかなかったですよ
美味しいものばかり食べてるのかな
イメージのためにも、健康のためにも、もう少し絞った方がよろしいと思います
(o´・ω・`o)

911オペレーター役のカリ・ローシャ
同様の閉ざされ系の『BURIED』(2010)でも、911オペレーター役で出てます
どうして同じような役が回ってくるんだろうね

ドライバー役のプルイット・テイラー・ヴィンスは、『"アイデンティティ"』(2003)目がキョドってた人ですな


いや=
個人的に超面白かったですよ
スティーヴン・ドーフのほぼ一人芝居風ですが、全然飽きなかったー
(〃゚∇゚〃)


気づくと狭いトランクにいる自分
どうしてこんな所に居るのか?
本人も全くわからないまま進んで行くわけですが…

ある時、この状況を仕掛けた方々の目的が判明
「ルーレットの場所を言え」

むむむ??
ルーレットとは何ぞや?

それは、「重大な何かが起きた時に大統領が避難する場所」らしいです


自分が水攻めにあっても、蜂によるアナフィラキシーショックの恐怖に陥っても、絶対にルーレットの場所を言わないジェレミーさんには頭が下がります
マジすごい忠誠心
根性あるなぁ

観てて、「もうルーレットの場所言っちゃえよ」って、何回も思っちゃったダメな私
(;´▽`)てへへ


映像はずっとトランク内…
首都大混乱の映像なんて、全~く映ってないけどさ
にもかかわらず、大混乱の雰囲気が十分伝わってきたよ
すごい演出力

で、結局ジェレミーどうなっちゃうのよ=
って思ったら…

あら?
あらららら?
試験だって、言うじゃない~(ギター侍)←そりゃ、古いだろぅ

もうジェレミーと共に、おいらも目がテンになっちゃったさ

試験かぁ
そうかそうか
(=´・∀・`=)

んん??
でもなんか…
違和感を覚える
何か変

と思ったら…

そう来ちゃったのか=
(∥ ̄■ ̄∥)

いやー驚いた
いや~マジで驚いた!
そりゃ、もう、モリーの美しさと潔さに参った~
何回も早戻して観てしまったさ…
(=´・∀・`=)テヘヘ

救急車シーンで、もしもモリーの位置に居たのがベンだったら、感動は半減しただろう

個人的に、カイラー・リーに10点!!!


映画
[PR]
# by by569 | 2015-07-05 00:12 | ハ行
f0039573_14364520.jpg■大列車強盗 「The Train Robbers」 1972年・米

■監督 バート・ケネディ
■製作 マイケル・ウェイン
■脚本 バート・ケネディ
■音楽 ドミニク・フロンティア

■キャスト
ジョン・ウェイン(レイン)
アン=マーグレット(ロウ夫人)
ロッド・テイラー(グレイディ)
ベン・ジョンソン(ジェシー)


<以下ネタバレしてますぅ~>

製作のマイケル・ウェインは、ジョン・ウェインのご長男だそうですよ
お父さん主演の製作を手がけるなんて、良いような悪いような、やり易いような、やり難いような?

いや~、驚きました!
「大列車強盗」って…
監督&原作&脚本がマイケル・クライトン、キャストが、ショーン・コネリー、ドナルド・サザーランドの『大列車強盗』(1978)だと思ってたんですよ
超楽しみで♪
ドナルド・サザーランド好きなんですよねー
で、ランチしながら録画してたの観ようかね~と思ったら…

(´°д°`)ん?

なんか…

西部劇っぽくね?
砂漠の真ん中に続く線路
ポツネ~ンと建つ寂れたホテルとバー
風と共に枯れ木が画面を横切ってくぜ

大列車強盗違いか?

ドナルド、出て来ないよね


まあ、良いか
主役はジョン・ウェインですよ
彼って超有名な俳優さんではありますが、私は彼の出演作品、今回初めて観ました
まあ悪くはないと思うけど、果たしてそれほどかっこいいのかはチョイ疑問
と思っていたのですが、

あれあれ?

結論!!
やっぱりかっこいい
他のチンピラが言ったら全く響かないセリフでも、ジョン・ウェインが言うと何故かビリビリっと心に入ってくる説得力が備わっている
みんな従ってしまうわい

ただひとつ、微妙に梅宮辰夫入ってるのが気に入らない所
梅宮たっちゃん、あまり得意じゃないのよ


紅一点、ロウ夫人もなかなかステキな女性でした♪
始め、『奥様は魔女』のサマンサ?って思ったが、違ったようです
似てるよね~(°皿°;)

ストーリーは…
ロウ夫人から「亡き夫が過去に盗んだ金を持ち主に返却したい、そのために、金の隠し場所まで同行して欲しい」とレインに依頼が入る
ロウ夫人と共に金の在り処までの大移動、同じく金を狙う敵と戦い、彼女と金と守る必死の男たち

すげー
この時代なんでもありなのね
バンバン撃ち合っちゃって、敵を倒しちゃってる
って事は殺人事件だね
それでもジョン・ウェインかっこいい~で終われるんだから、マジ凄いわ

で、観ながらずっと考えていました
これって『大列車強盗』だよね
列車のシーン、ほとんどないじゃん
砂漠だよ、砂漠
なんでかな~と思ったらね

最後は、いやはやビックリしましたよ
大列車強盗って、もしや、今から?みたいな
(´°д°`)


映画
[PR]
# by by569 | 2015-05-24 00:35 | タ行
f0039573_11354341.jpg■男はつらいよ 寅次郎恋歌 1971年・日

■キャスト
渥美清(車寅次郎)
倍賞千恵子(諏訪さくら)
森川信(車竜造・おいちゃん)
三崎千恵子(車つね・おばちゃん)
前田吟(諏訪博)
笠智衆(御前さま)
太宰久雄(梅太郎・たこ社長)
中村はやと(諏訪満男)

梅本泰靖(諏訪毅)
穂積隆信(諏訪修)
吉田義夫(坂東鶴八郎座長)
岡本茉莉(大空小百合)
志村喬(諏訪ひょう一郎)
池内淳子(六波羅貴子)


<ネタバレです~>

シリーズ第8作!
今回のマドンナは池内淳子さん
とても美しいけれど…
小学校3年生の息子が居るお母さんなのかぁ
どうも、昔の女優さんって落ち着いてるよねー
今だったら、祖母じゃね?って感じだよ
(´・ω・`)ごめん

最近の寅さんの傾向として、映画の内容が、2部構成になってますね!
前半は、諏訪博のお母さんが亡くなったって事で、葬式に出席
そこに寅さんも登場し、いつものようにテンヤワンヤ~
その後、博の父さん、ひょう一郎との交流
ってな感じです

博の兄さん役の穂積隆信、何か妙に懐かしいなぁ
(=´・∀・`=)

後半は柴又に帰り、池内淳子演じる貴子さんに一目惚れ~♪

おいちゃんもおばちゃんも、もちろん、さくらも、貴子さんのタイプが絶対に寅さんの好みだと確信し、「寅が居なくて良かったな」って言ってる矢先に…
ほら~、寅さん帰って来ちゃう
それでまたテンヤワンヤですよ
おいちゃんとのケンカも凄まじい(´°д°`)

何かこの頃は、おいちゃんもおばちゃんも、寅さんの事がストレスになってるみたいですね
「うわ=帰って来たぁ~」
嫌々感丸出し


ただちょっと今回はいつもの寅さんじゃなかったですね
いつもの寅さんだとマドンナに対してニッコニコ
たとえ気分の悪い事があってもマドンナに話しかけられれば「ハイハイハイ~♪」

それなのに、彼女のためにお金工面したいあまり、強引な叩き売りしてみたり
イライラして当り散らし、沈み込んだり
最終的には、ヤクザな家業してる自分が一人の女性を幸せに出来るわけがないと痛感したのか、柴又の町で健気に頑張る彼女を遠くから見つめ、何も言わず旅に出てしまいます
渋い、寅さん!!


このシリーズ辺りから、満男役の中村はやとくんの表情や動きがとっても可愛くなって来た=
全然演技っぽくないのね
寅さんを見て笑ったり、一人で遊んだり、さくらに抱きついたり、このスタジオの中がすっかり自分の居場所になってリラックスしてるようです
もう、満男から目が離せないわ
(*´・∀・`*)


あれれ?
源さん役の佐藤蛾次郎さんが登場していないな~と思ったら、撮影直前に交通事故に遭い出演中止になったそうです
残念~

そしてもっと残念なのが…
今作品が、おいちゃん役の森川信さん、最後のシリーズとなりました
1971年12月29日公開
1972年3月26日にお亡くなりになっています
享年60歳
映画を観ると、60歳よりももっとお年を召してる印象ですね
昔の俳優さんは見た目がだいぶ落ち着いているなぁ
そう言われれば、最近のシリーズを思い返してみると、結構寝ているシーンが多かったような気がします
「暑くて参っちゃうよ~」って昼寝してたり、ゴロゴロ横になってたり…
大変だったのかな

ご冥福をお祈りいたします


映画
[PR]
# by by569 | 2015-05-22 00:32 | 男はつらいよシリーズ
f0039573_21394110.jpg■X-ファイル #14 性を曲げるもの 「Gender Bender」

■監督 ロブ・ボウマン
■脚本 クリス・カーター

■キャスト
デヴィッド・ドゥカヴニー(フォックス・モルダー)
ジリアン・アンダーソン(ダナ・スカリー)

ブレント・ヒンクリー(ブラザー・アンドリュー)
ミシェル・グッドガー(シスター・アビゲイル)
ピーター・ステッビングス(マーティ)
ケイト・トワ(マーティ)
ニコラク・リー(マイケル)
ミッチェル・コスターマン(ホートン)
ポール・バトゥン(ブラザー・ウィルソン)


<ストーリー>

~某バー~
男が女性をナンパするが、あっさり振られ落ち込み凹

振られちゃった男、落ち込んで何してるのかと思ったら、星座占いみたいのやってんだよ
そんな男、ヤダばい


そんな寂しい男に別の女が近づいて来る


~ホテル~
女と一夜を過ごした男がいきなり苦しみ、死亡する

口から泡吹いて、なんか…毒殺っぽい死に方だったけど
せっかく女をGET出来たのに、まさか死ぬとはね~


男が死ぬのをじっと見ていた女は、いつの間にか男になっていた

男になっちゃったよ
コピー?と思ったけど、死んだ男とは違う顔だよね



~犯行現場 メリーランド州 ワシントンDC郊外~
モルダー、スカリー、ホートン刑事
防犯カメラによると男女がチェックインしたにもかかわらず、深夜に男が出て行き、死体も男
女は一体?
死因は心臓発作だった


~FBI モルダーのオフィス~
モルダー、スカリー
同じ手口の事件が6週間で5件
被害者は、女性2名、男性3名
全員心臓発作

遺体から、動物のフェロモンが出てるらしいよ
しかも超濃いフェロモン
モル「歩くフェロモンだ=」
モルダー興奮気味じゃ


同様の手口の犯罪現場は徐々に南下していた
興味深いのは、今から1年前に起きたスティーヴストンの外れで32歳の男性が死亡した事件
そこは、宗教家キンドレットが住んでる町だが、
「あの土地でしか取れない土が、死体の傷から検出された」

男女のもつれだと思っているスカリーとしては、禁欲を掲げているキンドレットの犯行とは思えないが…


~マサチューセッツ州 スティーヴストン~
早速、地元の雑貨店でキンドレットについて聞くが、全く付き合いはないらしい
と、ちょうどその時、キンドレットの一団が馬車で通過して行く
「噂をすれば影だな!」

みなさんで買い物かい?

モルダー、キンドレットの団体の後を追い店内へ
スカリーは、独り馬車番をしていたアンドリューに話しかけるが…
「外の人と話せないんだ」

なんと消極的なお方…

何とかきっかけを作りたいスカリー
「じゃ、握手しましょう」
男も手を差し出す

手を触られてるだけでポ~~っとなるスカリー、大丈夫か!
モルダー心配しちゃうよぉ

こうなったらもっと調べないと!!


モルスカ宗教団体の館へ
悪路のため、途中から徒歩
森の中を歩いていると、瞬く間にキンドレット信者に囲まれていた
「武器の持ち込みはダメです」
銃を取り上げられる

シスター・アビーが仕切ってるみたいですな
この女優さん見た事あるようなんだけど、誰だっけー


彼らは、自給自足の生活を営んでいた

映画「ヴィレッジ」みたい

モルスカ、夕食に招かれる

食卓につき、やけに咳き込んでるおっさん
大丈夫かいね
と思ったら、倒れちゃったよ

医者スカリーが助けようとしても「口出し手出しは無用」とばかりに近寄らせてくれないし



~某バー~
男が女をナンパ


~深い森~
怪しい宗教団体との夕食会も終わり、その後、いきなり「道をまっすぐ行け、そうすれば車を停めた場所へ行ける」

って、夜に帰されてもね~

モルダーがずっと気になっている事
それは、昼間立ち寄った雑貨店で見せてもらった1930年代のキンドレットの写真
そこに写ってた人物が同じ顔で現在も存在していたと言う事だった
「もう一度、キンドレットの村へ戻ろう」

スカリーも戻るのかい?
やめましょうよ~とか言わないんだ



~キンドレットの村~
村に戻ると、呪文唱えながら全員で納屋へ入って行く所だった

なんかっ、スティーヴン・キングの世界だわぁ

納屋の中では一体…
もちろん、覗く
夕食時、食卓で咳き込んでた男を取り囲みながら地下へ降りて行く信者たち

おっさんどうしたの?
まさか葬儀?


モルダー後を追い納屋の地下へ

気をつけてよ、モルダー

中を覗いていたスカリー、いきなり背後からアンドリューに話し掛けられビックリ
「一緒に来て!話したい事がある」


納屋の地下は迷路状の洞窟だった

ゲーム「バイオハザード4」にも似たようなシーンあったような

隠れて様子を覗うモルダー
おっさんを取り囲み、怪しげな儀式が開始する
「アーロンに新しい命を与えられん事を~」

儀式後、全員納屋から出て行ったのを確認し、隠れていたモルダー調査開始

アーロンの体に塗られたベタベタ素材に触ったり香りを嗅いだりと興味津々ですな
おっと危ない
誰か戻って来たぞい


洞窟に戻って来たキンドレットの話で、スカリーがアンドリューに捕まったと知る


~ある一室~
アンドリューが言うには、連続殺人犯は親友のマーティだと
彼は外の世界に惹かれて出て行ってしまったらしい

スカリー「マーティはどうやって殺したの?」
アンドリュー「それは言えない」

そこを何とか…

突然アンドリューに手を握られるスカリー

またしてもポ~~っとなっちゃったよ

「スカリー!!」
無事モルダーに助けられ一安心

「アンドリューと何してたんだ」って…
娘を心配する父さんかっ!



~某バー~
女がマイケルをナンパ

この展開からすると、今回はこの女がマーティ?


~車内~
モルダー「気分どう?」
一体自分の身に何か起きたのか説明できないスカリー

「モルダー、地下で何を見たの?」
「死んだブラザーなんとかが居た。生きてたよ。でも女っぽくなってた」

あのおっさん、女になるのかい?
まあ、ブスだね



~車~
バーでナンパした男女イチャイチャ
警官「外へ出ろ」

こんな時に職務質問?

女は警官に言われるまま外へ出、いきなり警官殴る

怪力だぜ

マイケルが車内から外を覗くと、今までイチャイチャしてた女が男になっていた


~病院~
マイケルの話を聞く
「バーで女に手を握られ、まあ、そんなに美人じゃなかったけどさ。それが、警官を殴った彼女が、実は男だったんだ~」と

オレが男と女と見間違えるとは~とマジに落ち込んでる


~ホテルの一室~
マイケルのクレジットカードがつい先ほど使用されたホテルへモルスカ直行
ホテルのベッドの上には男の死体
部屋から逃走したのは女
追うモルダースカリー

モルダー追いつくが女に殴られる
その瞬間、女だったはずが男に変身

あらら、瞬間的に男になったり女になったり変身出来るの?
すげー
で、今逃げてるのは男
紛らわしい=
しかも、パンツ一丁で逃げてるよ
これがマーティ?


夜の街
マーティを待ち伏せしていたのはキンドレット
あっという間に彼らは姿を消してしまった


~キンドレットの村~
翌日、FBIが村へ向かうも、彼らの姿は何処にもなかった

「畑に変な跡がある=」

畑にはミステリーサークルが残ってた

あ、なになに?
地球人じゃなかったって事?

そういえば、マーティが言ってたね
「人間に一度触れたらやめられなくなった」って



(第15話へつづく)


海外スター・ドラマ
[PR]
# by by569 | 2015-05-20 00:37 | X-ファイル
f0039573_1614670.jpg■暗くなるまで待って 「Wait Until Dark」 1967年・米

■監督 テレンス・ヤング
■製作 メル・ファーラー
■原作 フレデリック・ノット
■脚本 ロバート・ハワード・カリントン、ジェーン=ハワード・カリントン
■音楽 ヘンリー・マンシーニ

■キャスト
オードリー・ヘプバーン(スージー・ヘンドリックス)
アラン・アーキン(ロート)
リチャード・クレンナ(マイク・トールマン)
エフレム・ジンバリスト・Jr(サム・ヘンドリックス)
ジャック・ウェストン(カルリーノ)
サマンサ・ジョーンズ(リサ)


<以下、ネタバレで~す>

いや~、面白かった(〃゚∇゚〃)
1967年の作品ですが、今でも十分OK

黒メガネかけたボス的存在ロート役のアラン・アーキンって、『リトル・ミス・サンシャイン』(2006)で、アビゲイルちゃんに怪しいダンスを教えてた爺ちゃんなの?
そうなんだぁ
(゚д゚;)
息の長い俳優さんですね

で、スージーが信用してしまうマイク役は、リチャード・クレンナ
『ランボー』シリーズのトラウトマン大佐が有名かもしれないけど、個人的には『リバイアサン』(1989)のトンプソン医師だなー
あの役、なかなか渋くて良かった
そう言えば、『リバイアサン』の監督って、ジョージ・P・コスマトスですが、彼は『ランボー/怒りの脱出』(1985)の監督もやってるんですよ
名作に出演してるイメージのリチャード・クレンナがどうして『リバイアサン』に?
(リバイアサン、すまぬ)
って思ったら、こう言うリンクなのか

アラン・アーキンもリチャード・クレンナも、初老になってからの顔しか判らん
若い頃は、こんな感じだったんですね
(°皿°;)

さて、これを語らずにどうするっ!
って事で…
ヒロインは、世の女性の憧れオードリー・ヘプバーン
当然だけど、彼女って本当に魅力的~
女子はふっくらしてた方が絶対に可愛いと思ってる自分だけど、オードリー・ヘプバーンを見た時だけは、華奢なラインが美しく見える=
痩せたくなる理由もちょい判る
今回は盲目の夫人役(o´・ω・`o)

上階に住む女の子リサの存在は頼もしかったね
彼女が居なかったら、犯人たちの小芝居にも気づく事が出来なかったかもしれない
まあ、リサはあまり可愛いタイプじゃなかったけど…
立ち居振る舞いはまるっきし男っぽかったよね
いや、おっさん風?
ガニ股だし


シーンはほとんどがアパートの一室
まるで舞台劇のセットって感じですね

そこへ、麻薬が仕込んである人形を手に入れたい男たち3人が、あの手この手で人形のありかを探ると言うストーリー
カルリーノが爺さん役になったり、その息子役になったりして登場するんだけど…
あれれ?
よく考えたら彼女は盲目なんだから変装する必要なくね
口調だけそれらしく変えればね
なんて突っ込みながら(〃゚m゚〃)ぷっ

その上、いろんな男が次々と部屋に入って来て、さすがのスージーも徐々に「何か変だぞ?」と感じ取って行く
じゃ、とりあえず玄関の鍵閉めようぜ
と、またまた突っ込みながら(〃゚m゚〃)ぷぷぷっ

しかし鍵閉めない
不思議じゃ
昔は鍵掛ける習慣がないんでしょうかね
危険な国アメリカなのに

となると、まるで珍客を迎え入れてるような設定ですよね

この辺りが、そのまんま舞台劇

「彼女VS怪しい男たち」ではなく
「彼女&男たち」が観客である私たちに事の成り行きを見せてる…な訳です

だから細かい事は考えない、突っ込まない
これでいいのだ

盲目の彼女に降りかかった不運を、届かないと知りながらも「頑張れ!」と応援したくなる作品です
特にヒロインがオードリーヘップバーンだから、尚更
(〃゚▽゚〃)


海外スター・ドラマ
[PR]
# by by569 | 2015-05-18 00:12 | カ行
■CSI:4 科学捜査班
#92(シーズン4-23) キメラの遺伝子 「Bloodlines」

■監督 ケネス・フィンク
■製作総指揮 ジェリー・ブラッカイマー他

■キャスト(レギュラー)
ウィリアム・ピーターセン(ギル・グリッソム→昆虫学)
マージ・ヘルゲンバーガー(キャサリン・ウィロウズ→血痕分析)
ゲイリー・ドゥーダン(ウォリック・ブラウン→オーディオ・ビジュアル分析)
ジョージ・イーズ(ニック・ストークス→毛髪・繊維分析)
ジョージャ・フォックス(サラ・サイドル→要素・元素分析)
エリック・ズマンダ(グレッグ・サンダース)
ロバート・デヴィッド・ホール(アル・ロビンス)
ポール・ギルフォイル(ジム・ブラス)

■キャスト(ゲスト)
ニーナ・シマーズコ(リンレイ・パーカー→被害者)
ジョージ・ニューバーン(トッド・クームズ→カウンセラー)
アレックス・カーター(バルタン刑事)
リサ・シェリダン(クリスタル・クームズ→トッドの妻)
マーク・キーリィ(ロジャー・クームズ→トッドの兄弟)
マイケル・ライリー・バーク(ベイリー・クームズ→トッドの兄弟)
ドリュー・ピルスバリー(ケヴィン・クームズ→トッドの兄弟)
ダヴェニア・マクファデン(スケッチアーティスト)
トム・キーシェ(ラリー・クームズ→トッドの兄弟)
ジョセフ・パトリック・ケリー(ジョー・メトカーフ刑事)
タイ・アプショー(警官)

<ストーリー>

夜の住宅街
血だらけの下着姿の女性がアンダーソン家に助けを求める

なんという事だ…
パンツ一丁で、可哀想になぁ



~通報者アンダーソン宅~
現場に到着したグリッソム、ブラス
アンダーソン夫妻に話しを聞いた後、血痕を頼りに、女性が走って来たと思われる経路を辿ると、道路上に、ドアを開け放した車が放置されていた
車内を確認し、身分証から被害者はリンレイ・パーカーと判明


~病院~
キャサリン、リンレイに話を聞く
リンレイによると…
後ろから追突され、車から降りたらいきなり顔を殴られレイプされた…と
黒い車、ネバダナンバーのSUV、車のナンバーは446…
「それしか見てない」

いや、結構覚えてる方だと思うよ


~CSI~
キャサリン、ナンバープレートから車の割り出し

グレッグからグリッソムへ報告
「とびっきり役立つ情報持ってきました~」
リンレイをレイプしたDNAは、去年起きたレイプ犯と一致

レイプ犯はまだ捕まってないようですな

犯人の顔をはっきり覚えているリンレイは似顔絵作成に協力
似顔絵から、トッド・クームズが容疑者となり、DNAをGETする
トッドの車は、ネバダナンバーのSUV
色は黒ではないが濃紺
466から始まるナンバー

犯人決定かな
なんか…展開早くね?

このトッドって人、犯人っぽくないんだけどなぁ~
若い頃のエドワート・ノートンみたい
爽やか=


トッドのDNAはレイプ犯とは一致しなかったが、アレルが7つ一致
つまり、レイプ犯はトッドの兄弟という事になる

で、トッドは釈放ね~

納得しないのはリンレイ
「あの顔に間違いない!犯人はあの男なのに、どうして釈放するのよ」


サラ、グリッソム、トッドの兄弟を調べる

トッドの兄弟、結構居るわい
男ばっかし!



トッドの兄弟のラリー、ロジャー、ベイリーには話を聞く事が出来たが、ケヴィンは引越し後、行方不明が判らなくなっていた


そこへ、キャサリンの携帯にリンレイから電話が入る
とても緊迫した状態で「銃を売ってくれる店を教えて!」
電話越しに車のガラスの割れる音
そしてリンレイの悲鳴が響く

ちょっとちょっと~
何があったのよ
嫌な予感がしますね



~リンレイの車発見現場~
グリッソム、キャサリン、ブラス到着
車は無人だった
リンレイは一体どこへ

割れた窓ガラスに犯人のものと思われる血痕が残っていた
「このDNAで、犯人がどの兄弟か判るな」

DNAの結果が出る間、一応兄弟のアリバイ確認
ラリー、ロジャー、ベイリーはアリバイがあった
トッドは事件時刻は、妻の車で出掛けていて確実なアリバイなし


ブラスが、ガソリンスタンドで車を掃除していたトッドを発見

ブラス~すごい=
よく見つけたね


トランク内に散乱してる土を掃除機で掃除してるトッド
「妻に花を買ってきただけだ」

こっそり掃除機の中身を拝借~


リンレイの携帯のGPSで居場所が判明する


~ハイウェイ~
道路わきの草むらでリンレイの遺体を発見

あぁぁ
これは警察のミスになるんだろうな
犯人の顔をはっきり目撃した被害者を見張りなしで帰しちゃうなんて



~検死室~
検死結果
1.死因は首を絞められた事による窒息死
2.レイプされていた


~CSI~
行方不明だったケヴィン・クームズの居所が判明

早速、取調べ
「DNA取られたら終わりだ…見張られる~」

あ、あれ??
ケヴィンさん、ちょっと頭が…ヤバイのかい?



ニック、ウォリック、掃除機に中身チェック
ホースの中にパームスのバッジがあった
「リンレイもパームスに勤めてたよな~」


グリッソム、キャサリン
今までの証拠から事件のおさらい
去年のレイプ犯とリンレイを襲った犯人の精液は一致
トッド、ケヴィンとは不一致

しかし、リンレイの衣服に付着していたDNAは、トッドの毛髪だった
「一緒に居た証拠ではあるが、レイプは立証できない」

果てしなくトッドが怪しいけど、DNAが一致しないもんな~


~取調室~
グリッソム、トッド
「パンツ一丁になってください」

なんで脱がなきゃならないんだ=
とぶつぶつ言いながらも、トッドさん、素直に脱いでくれました


トッドの背中に手術跡
「末弟に骨髄提供した傷です」

白血病の弟に骨髄提供したけど、結局弟さんはお亡くなりになったようです

一応証拠として背中の傷などもカメラに収める事に

むむむ!!??

フラッシュの光とともに、トッドの体に線が浮かび上がる

グリッソム、ピ~~~ンと来た


あの背中に現れた線は
「キメラ現象」

一応、キメラ現象とは…?
生物学における キメラ (chimera) とは、同一個体内に異なった遺伝情報を持つ細胞が混じっていること
またそのような状態の個体のこと
この用語はギリシア神話に登場する伝説の生物「キマイラ」に由来する
近年は「キメラ分子」「キメラ型タンパク質」のように「由来が異なる複数の部分から構成されている」意味で使われることもある
(Wikipediaより)



トッド、ついに白状す
骨髄提供した際、医者が特異体質だと教えてくれた
伝説の怪獣だと…

それで謎が解けた
トッドの口内のDNAは、リンレイの衣服に付着していた毛髪と一致したが、レイプ犯の精液とは不一致

つーことは、トッドの場合、上半身下半身でDNAがちがってんのか?


「女を狙っているわけじゃない、誘われたんだ。その女には、ノ~とは言わせない!」

ケヴィンも相当頭がヤバイと思ったけど、トッドもかなり病気
あんなに爽やかだと思ったのになぁ
目つきも変わっちゃってるよ



(シーズン4、これにて終了~)



<ちょいと新発見&簡単メモ>

1.グリッソムは、一人っ子らしい
まさにそんな感じ…

2.サラは、精神的にかなり参ってる状態です
飲酒運転で捕まり、グリッソムが迎えに行く羽目に
有給休暇が2ヶ月半も残ってるんですって
そんなに休みを取得してないんですね

ちなみに、グリッソムも全く休暇を取っていません

3.サラは、相変わらずニックの昇進の件が気になってるようで、「昇進の一歩手前まで行っておめでとう」だって
ニックだってそれなりに傷ついてると思うんだけどね
サラ、もう少し周りに対しても気を使いましょうよ

4.グレッグは、強く現場希望
グリッソムに「ラボか現場か決めてください!」と珍しく詰め寄ってましたがどうなるか?


海外スター・ドラマ
[PR]
# by by569 | 2015-05-16 00:13 | CSI:4

男はつらいよ 奮闘篇

f0039573_1116572.jpg■男はつらいよ 奮闘篇 1971年・日

■キャスト
渥美清(車寅次郎)
倍賞千恵子(諏訪さくら)
森川信(車竜造・おいちゃん)
三崎千恵子(車つね・おばちゃん)
前田吟(諏訪博)
笠智衆(御前さま)
太宰久雄(梅太郎・たこ社長)
佐藤蛾次郎(源さん)
中村はやと(諏訪満男)

榊原るみ(花子)
光本幸子(冬子)
ミヤコ蝶々(菊)
田中邦衛(副士先生)
大塚弘(おまわりさん)
柳家小さん(ラーメン屋)


<ネタバレです~>

シリーズ第7作!

今回のマドンナは榊原るみさん
頭がちょっと弱い役なんだけど、可愛いですね~
(〃゚∇゚〃)

今回は、シリーズ第1作のマドンナだった冬子さんが登場しましたね
寅さんが一目惚れした冬子さんも、今ではすっかりお母さんでしたー

そして、寅さんの実母、お菊さんも柴又にやって来ます
「寅が結婚するって、葉書をもらった」って言ってますが…
葉書をもらったのが1年くらい前らしい

で、おいちゃん、おばちゃん、さくらは…
「1年前って言ったら誰かしら、冬子さん?」
「夏子さんでしょう?」
「いや、春子さんじゃない?」

もう誰だか判んなくなったよ===
==(´・д・`|||)==


いつもは寅さんが一目惚れして、さてどうなるか~ってな展開だけど、今回はちょっと違って、やや頭が弱いかな?の若~い女の子
気になっちゃっていろいろ世話焼きしてますねー

もしや寅さんには超美人の高嶺の花マドンナよりも、寅さんが心配で仕方がないような、寅さん以上にズレてるような(すみません…汗)、そんな危なっかしい子の方が、合ってるのかもしれないな…なんて思ってみたり

残念ながら、学校の恩師が花子を迎えに来て、あっさりと帰ってしま~
サヨナラも言わずに…

その後、寅さんが花子ちゃんの様子を見に、わざわざ青森まで向かった事を考えると、想像以上に、花子ちゃんは寅さんの気になる存在になっていたのかもしれませんね

まるで、自殺してしまうかのような内容の葉書が届き、心配でいてもたってもいられないさくらも青森へ

柴又から青森まで…
当時は大変な移動だったでしょうねー

しかし心配をよそに、現地のおばちゃんたちと賑やかにお話してる寅さんと無事会えて、良かった良かった♪

とは言え、今作品は何となくもの寂しい悲しい雰囲気に包まれたラストだったかな?
そんな印象も残りました


海外スター・ドラマ
[PR]
# by by569 | 2015-05-14 00:15 | 男はつらいよシリーズ
f0039573_124264.jpg■HELIX-黒い遺伝子- #10 地下室の秘密 「Fushigi」

■キャスト
ビリー・キャンベル(アラン・ファラガットCDC研究主幹)
真田広之(ヒロシ・ハタケ北極バイオシステムズ所長)
キーラ・ザゴースキー(ジュリア・ウォーカー博士)
マーク・ガニーメ(セルジオ・バリエセロス少佐)
ジョーダン・ヘイズ(サラ・ジョーダンCDC研究員)
Meegwun Fairbrother(ダニエル・アエロフ北極バイオシステムズ警備主任)
ニール・ネイピア(ピーター・ファラガット北極バイオシステムズ研究員)
ルシアナ・キャロ(アナナ保安官)
Anders Yates(グンナル・ミカエルソン)
ロバート・モントカルム(スナイパー)
ジュリアン・ケイシー(ヴィクター・エイドリアン北極バイオシステムズ研究員)


<ストーリー>

~10日目~
~ICU~
アラン、サラの腫瘍をスキャンする


~所長室~
ハタケ、ジュリア
ハタケ「イヌイットの誘拐を知ったジェイは、君と会う事を禁止したんだ」

そりゃ、そうだな
ジュリア写真集の1枚
国立化学賞受賞時の写真は、審査員だったハタケ自身が撮ったものだってー
マジ、ストーカーだな

銀色の目は遺伝子異常らしい

「私を守ってくれなくて結構よ!」

プリップリ怒りながら部屋を出て行くジュリア
あらあら、今頃、反抗期ね
父ちゃんは悲しい==



~ICU~
アラン、サラ
腫瘍の状態はだいぶ悪い
このままでは脳に転移するだろう


~所長室~
ハタケ監視カメラチェック

その時鼻息荒くアラン入ってくる
「ストーカースクラップブックは何処だ!」
「私は父親だぞ」

父VS元婿、一触即発

まあいいだろう
その話は置いといて


ハタケ「ナルヴィクを持ち出したのはエイドリアンだった」
何処へ持ち出そうと言うのだ
外へ出れば死ぬ


~ラボ~
アラン、ジュリア
もしもナルヴィクが北極圏から出たら人類滅亡だ
何故エイドリアンは持ち出したのか

「ここから80キロ先に、1980年代まで使われてたレーダー基地がある」


~施設の外~
アラン、ジュリアは早速レーダー基地へ向かう

「ジュリア~危険だ!」
ハタケが止めに来ても無視
あまりにも可哀想な父ちゃんだ
反抗期の娘だから、仕方ないよぉ



~所長室~
ダクトからピーターが所長室へ入って来る

すごい身体能力だなー
かっこいいわ


何かを探してるようだが…


~ラボ~
サラ独りで実験
そこへハタケ「休んだ方が良い」
「残りの時間ラボで過ごすわ」

ハタケは一番知りたい事をサラに確認
「アランとジュリアは何処へ?」
「知らないの?」

サラにも呆れられちゃったぞ、ハタケ
ハタケはサラに対し、心の内を告白「科学の名の下に恐ろしい事をして来た」
やや謝罪気味?
ジュリアに会って、人間らしさが出てきたのかなぁ

サラのフォローも良かったね
「ジェンナーは天然痘を試すために少年に摂取したわ、殺人罪ぎりぎりよ。でもジェンナーが開発したワクチンは大勢を救ったわ。あなたもこの薬が成功すれば…」

サラはハタケに対して感情的な繋がりがないし、死期が近いせいでどこか悟った感があるため、冷静にハタケと向き合える貴重な存在だな~と思う



~レーダー基地~
アラン、ジュリア、レーダー基地に到着
エイドリアンは無線でイラリアと取引をしている真っ最中だった

アランVSエイドリアン、格闘の末、エイドリアン気絶
無線機を落下させてしまい使用不可能になってしまった

ジュリア無線機を直そうと必死

メカに強い女性って良いわー


~村~
イラリアが派遣した部隊全員死亡と思っていたが、1名逃走したようだ
一体何処へ?


~レーダー基地~
気絶したエイドリアンを椅子に縛りつけ、アランはバッテリー点検、ジュリアは無線機修理に集中

アランが居ない間、目覚めたエイドリアンはジュリアに向かってペラペラ
「アランはサラとデキてんだろう?」

うるせ=

そこへアランが戻りジュリアと言い争い
「その殺伐とした雰囲気は元夫婦だな、ヘヘヘ」

うるせ===

突然レーダー基地の外から銃が撃ち込まれる
エイドリアン死亡

あっけないなー

「ウィルスを渡せば殺さない!」外からスナイパーが叫ぶ

もしや、イヌイットの村から逃げた隊員かい?


~所長室~
ハタケが部屋へ戻るとピーターが居てビックリ!
「望みは何だ?君を助けたい」
「断る」

あっさり~

つーか、意思疎通出来るんだぁ
脳は普通?
だって、ヴェクターご一行様、みんな野獣なのにね



~レーダー基地~
銃弾から逃げるアラン、ジュリア
地下への階段を発見
「まさかママの小屋はないよな…」

こんな時に、まさかの、冗談?


~ラボ~
サラ自撮りで研究の成果を録画
「発見があったわ。感染時の染色体のテロメアが回復の理由かも。テロメラーゼの活性を抑えれば癌細胞は死滅する。自分の体で実験してみる」

専門知識がないから難しいなぁ
一応、サラが言ってた事を詳しく書いておこう

ジュリアが感染した時と、今から2日前の彼女のテロメアを比較するとテロメアが長くなっていた
テロメラーゼを一切使わず、新生児と同じ長さにまでテロメアが戻っていたと言う事は…
テロメラーゼ不足により癌細胞を死滅させる
ジュリアの脳脊髄液を中枢神経系に試してみる

って言ってたよ

よく判らないからスルー



~レーダー基地~
アラン、ジュリア
だいぶ下へ降りて来た
「こんなに地下深くて大丈夫かしら」

奥の方で微かに人の声がする

鼻歌?
なんか楽しそう

しかしこんな所に人って、一体誰よ??


「解放してくれ~」
縛り付けられた男だった
男の目は銀色

う=む、今までご飯とかはどうなってたのかねー
食べなくても大丈夫なのかい?


男の名は、グンナル・ミカエルソン
研究所で働いていた科学者だった
「コンスタンス・サットン側についたんだ。で、ハタケに幽閉されちゃった~」

なんか…あまり切羽詰ってないのが逆に不気味

最近までずっと、この人の事を、「グルナン」なと思ってたのぉ
「グンナル」だった…


「奴らに伝えてくれ~。500人居れば十分だと」

誰に伝えろって?
何が500人居れば十分なの?
意味がちょい判らんぞ


すぐ近くまでスナイパーが追って来てるようだ
アラン「ウィルスを隠そう」


~ラボ~
サラ
「1時間42分経過、癌細胞は健在」
突然の痙攣
意識が途切れる


~レーダー基地~
ジュリア、グンナル
ジュリア「いつからここに?」
グルナン「えっと~、に…にじゅう~く…だよ」
「え?29日前から?」
「フフフ…29年だよー」

マジで==!!??
29年?

となるとそんなに前からハタケも北極に居るって事?
この環境で?
そりゃ、気が変になりそうだわ


アラン「早くここから逃げた方が良い」
グンナルと一緒に逃げよう
繋がれている鎖を機具でカットしようとした瞬間、グンナル自ら、首を機具に鋏み死亡する

背後で銃の音が

あ~あ、スナイパーに見つかっちゃった

アラン、ジュリア、拘束
「ウィルスは何処だ!言わないと撃つぞ」

スナイパーが今にもジュリアを殺そうとした瞬間、ダニエルが助けに来た!

間に合ったー
スノーバイクの跡を追って来てくれたのかぁ
助かったよぉ



レーダー基地を燃やし、ウィルスが入ったケースも火の中へ

ちょっとちょっと…
燃やして大丈夫なのかい?
拡散とかしないのかい


アラン、ジュリア、ダニエル施設へ戻る


~ICU~
危険な状態のサラ

ジュリア「グンナルに会ったわ」
ハタケ「彼はジェイをサットンに売ったんだ」

グンナルが言っていた500人とは…?

不老不死の500人がイラリア社を動かしてると言う恐ろしい事実をハタケは告白する

チョイ待ってくださいよ~
イラリア社の人は、みなさま目が銀色軍団な訳ですね?
で、不老不死…



~ダクト内~
ピーターがハタケの部屋から盗んだのは、なんとっ、「ジュリア写真集」

ダクトの壁中にジュリアの写真貼って楽しげ~
ここにもストーカー発見
Σ[ ◎ ]ω・)カシャッ



~ICU~
ジュリアがコートのポケットから出したのは…
ナルヴィクABだった

あれ?
これは火の中には入れなかったのかい?
それとも、アランに黙って持ち出し?



(第11話へつづく)


海外スター・ドラマ
[PR]
# by by569 | 2015-05-12 00:02 | HELIX-黒い遺伝子-
f0039573_1129535.jpg■CSI:マイアミ2 #16 戻せない時間 「Invasion」

■監督 フェリックス・アルカラ
■製作総指揮 ジェリー・ブラッカイマー他

■キャスト(レギュラー)
デヴィッド・カルーソ(ホレイショ・ケイン→CSIチーフ)
エミリー・プロクター(カリー・デュケーン→CSI捜査官)
アダム・ロドリゲス(エリック・デルコ→CSI捜査官)
カンディ・アレクサンダー(アレックス・ウッズ→CSI検死官)
ロリー・コクレイン(ティム・スピードル→CSI捜査官)
ソフィア・ミロス(イエリーナ・サラス刑事)

■キャスト(ゲスト)
リンゼイ・フロスト(ジョアン・ヘンダーソン→テッドの妻)
ヴィンセント・ヴェントレスカ(ジョセフ・ゼラー→トッドの部下)
ダグラス・スミス(ジェイソン・ヘンダーソン→ジョアンの息子)
トッド・スタシュウィック(スティーヴン・デイヴィス)
ボティ・ブリス(マキシ・ヴァレラ→CSIスタッフ)
ブルック・ブルーム(シンシア・ウェルス→CSIスタッフ)
ローレンス・メイソン(モーリス・デュシャン→ヤク売人)
ジェームズ・ブラック(ブローディ麻薬捜査官)
ブライアン・パトリック・クラーク(テッド・ヘンダーソン→被害者)
ダイアナ・ミランダ(ヒラリー・ルジャン)


<ストーリー>


一家団欒中のヘンダーソン家
突然、家に覆面強盗犯が侵入し、銃声が鳴り響く

「今から映画観よう~」とか言ってた、ノンキな仲良し家族だったのにー
可哀想に…(ノω・`。)ううぅ


現場にホレイショ到着
室内は物が散乱
床には流血

奥の寝室からうめき声が…
ジョアンは殴られていたが生きていた

ホレイショ優しい~
「大丈夫だからね」な~んて言われたら本当に大丈夫だ!と思っちゃう~


室内でまた物音
ガレージの冷凍庫からジェイソン発見
ジェイソンも無事だった

と言う事は、あの流血はテッド父ちゃんのかい?
死んじゃった?
遺体は何処にもないようだけど…


スピードル、デルコ
現場検証
ヘンダーソン家には多くの骨董品が並べられていた

お宝が狙われたのかい?
これ見よがしに壷とか飾るからだよ


デルコ曰く
ヘンダーソンのボードは人気があるらしい
「ハワイクラシックで使用したボードが盗まれていないなんて、価値の判ってない奴だな」

カリーはスキーマスクを発見
「現場に証拠を捨てていくなんて」

確かに…

スピードル
洗面所のゴミ箱から妊娠検査薬を発見
結果は陽性だった

妊娠してるとしたらジョアン母さんかい?

ホレイショは、ジェイソンの寝室で麻薬を発見する
ヤクの売人のようだ

麻薬の件をジェイソンに問い詰めると「預かっただけだ」と
その人物は…
麻薬捜査局がマークしている人物だった
モーリス・デュシャン


~モーリス・デュシャン宅~
「ヘンダーソン一家を襲ったのはお前か?」

モーリスの車のトランクから、45口径、25口径の銃と、古美術品が出て来た
「美術品はヘンダーソンのガキが仕入れ代金として持って来ただけだ」

家族で映画観よう~なんて言ってた時には、ジェイソンがそんな事するようなタイプには見えなかったけどねー
一番のやり手の売人らしいよ



~病院~
ジョアンが入院している病院へ向かうホレイショ
ジョアンのお腹の中に居る赤ちゃんは、テッドの子ではないようだ
「まだ家族に知らせてないの」

知らせてないって言っても、夫はたぶん死んじゃってるからもう言えないねー
一体、誰の子?
今回の強盗とは関係ないのかい?



~取調室~
ジェイソンの取調べ
ヤクの顧客は、同級生や、父テッドの工場の職員などと証言


~ラボ~
スピードル、現場近くで発見したスキーマスク調べ
マスクから出たのは、グラスファイバー、サーフボードの素材だった

おお~っと、犯人は、ヤクの顧客である工場職員かぁ~
父さんの部下?


で、早速工場へ


~工場~
ホレイショ、デルコ
サーフボード作製工場でマスクをしていないのは、ヤクの顧客であるジョセフ・ゼラーだけだった
ジョセフは「麻薬を買った事はあるけど、殺しなんてしない」と言うが…

犯人じゃなさそうだけど…
いや、タイプは犯人顔だな



~量販店~
デルコ
ジョアンが犯行時に縛られていたロープ調査

大量のロープが売ってる量販店で調べさせてもらってんの?
こう言う調べ方もあるんだぁ



~ラボ~
カリー、デルコ
「ジョアンが縛られていたロープのメーカーを特定しよう」

量販店から全部のロープをサンプルとして持ち帰ったらしい
で、いきなりロープ焦がして何?
と思ったら!
ロープそれぞれに違う接着剤や薬品が使われているため焦げた時の匂いの違いで判別するらしいよ
すげー!!
デルコ♪


犯罪に使われたロープ判明「プリマロープ」
ライトコーストのブランドだ


~量販店~
デルコ
昨日、ケンドール支店でプリマロープを7メートル購入している者が居た
ケンドール支店だと現場にも近い
会員証利用で購入していたため、あっという間に購入者が判明
スティーヴン・デイヴィス
しかも彼はヘンダーソンボードの社員だ

これは確実に怪しくないかい?


~取調室~
デイヴィス取調べ
「オレは銃は持ってない」
殺害は否定

帰り際のデイヴィスにホレイショ話しかける
自慢の車を褒められ、やや饒舌に
「改造が趣味なんだ~」

トランク内に土が付着したシャベルを発見
「シャベルに土が付いてますね。最近何か埋めました?」

楽しい気分が一転
急いで走り去るデイヴィス


テッド・ヘンダーソンが埋められている可能性を考え、ヘリで空から捜索
赤外線センサーで確認
「畑の真ん中に反応あり」
ついにトッドの遺体発見


~検死室~
アレックス、カリー
テッドの検死
遺体から22口径の弾を取り出す
それは銃身を切った弾だった
「改造銃ね」

やっぱり、改造が趣味のデイヴィスが怪しいのか?


その後、車内で自殺してるデイヴィスを発見
自殺に使われた凶器は、銃身を短く改造した22口径の銃だった
「許してください。死んで償います」
遺書あり
デイヴィス発射残渣あり
この状況から、殺人ではなく自殺の可能性が高いが…

デイヴィスの車の助手席から茶色の毛髪を見つける


~検死室~
アレックス、ホレイショ
「テッドはパイプカット受けてたわ」
「奥さんは妊娠してたぞ」


~取調室~
ジョアン、ホレイショ、サラス
ジョアンがホテルの支払いをカードでしていたため、浮気確定
しかもホテルのすぐ近くで、ゼラーが駐車違反で捕まっていることから、浮気相手はゼラーで確定~

ジョアンによるとゼラーと付き合っていたのは確かだが、ほんの1ヶ月で別れたと証言


~ラボ~
デイヴィスの車の助手席から見つけた毛髪は、ジェイソンのものだった

何々?
今回の事件は、ジョアンとゼラーの仕業かと思ったけど…
デイヴィスの車からジェイソンの毛髪?

息子はヤク売人、奥さんは旦那の同僚と浮気、その上妊娠
仲良し家族のようだったのに
このファミリーは一体何なんでしょう



~取調室~
デイヴィスの車内から毛髪が発見された理由をジェイソンに確認
すると、「ヤクの仕入れのために、自宅にある美術品をいくつか盗んでくれるようデイヴィスに依頼した」と
強盗は友達に頼むと言っていたらしい

あの楽しかった頃に戻りたいよ~
と泣いてるよ
可哀想なジェイソン
いや、可哀想なのは、殺されたテッドだよ



~ラボ~
シンシア、カリー
デイヴィスの遺書の筆跡鑑定結果は、本人のものだった

ホレイショ、カリー
この事件の鍵は「万力」
銃を改造したのは一体誰なのか

恐らく、万力はゼラーが持ってるだろうとにらむホレイショ


~工場~
ホレイショ、カリー
「ヘンダーソンを射殺したのはお前だと確信してる」のホレイショの脅しにも屈せず
「万力は捨てちゃったぁ」のゼラー

ヘンダーソン殺しの証拠が見つからない!

ジョアンが身に付けていたペンダントが手作りっぽい事に気づき、預かる
もしも、ペンダントの工具痕と銃身の工具痕が一致すれば、万力がなくても証拠確定となるのでは?

同じ万力だと証明できても、それを使用したのがゼラーだとは言えないよね=
証拠としてはちょっと弱いかな…



~取調室~
ホレイショ、カリー、ゼラー
銃身を切断する時の固定とペンダントの工具痕が一致
その証拠を突きつけても、まだ「状況証拠でしかない」
しらを切る

「動機があるのはお前だけだ」

ホレイショの一言で意気消沈~
さて、有罪にする事が出来るのか!?



(第17話へ続く)



<ちょいと新発見&簡単メモ>

1.スピードルが「発見したスキーマスクからは何も証拠は見つからなかった」とガッカリしている所にカリーがやって来て「マスクの内側よく見た?」
「おれ、新人じゃないんだよ~」とやや切れ気味
一応、カリー、優しくアドバイスしてるけどね~
スピードルは、プライド高し…

2.カリーは、ヘリコプターに乗る任務がデルコになった事にやや怒り気味

3.ジョアン・ヘンダーソン役のリンゼイ・フロストは、CSI:3の第2話「科学捜査班の失敗」で、マージョリー・ウェスコット弁護士役で登場しています

4.スティーヴン・デイヴィス役のトッド・スタシュウィックは、CSI:科学捜査班シーズン3の第1話「ギャンブラーの切り札」で、マット役で登場しています


海外スター・ドラマ
[PR]
# by by569 | 2015-05-10 00:28 | CSI:マイアミ2
f0039573_10344220.jpg■コロニー5 「The Colony」 2013年・カナダ

■監督 ジェフ・レンフロー
■原案 パスカル・トロティエ、パトリック・ター
■脚本 ジェフ・レンフロー、パトリック・ター、パスカル・トロティエ、スティーヴ・ルースコフ
■音楽 ジェフ・ダナ

■キャスト
ケヴィン・ゼガーズ(サム)
ローレンス・フィッシュバーン(ブリッグス)
ビル・パクストン(メイソン)
シャーロット・サリヴァン(カイ)
ドリュー・ヴァジェヴァー(野獣軍団リーダー)
アッティカス・ミッチェル(グレイドン)
ジョン・テンチ(ヴィクター)
リサ・ベリー(ナラ)
ルシウス・オヨス(ローワン)
キンバリー・スー・マーレイ(ジャネール)
マイケル・マンド(クーパー)
ヘレン・タイラー(アマンダ)
ジュリアン・リッチングス(リーランド)


<ネタバレしてますぅ>

監督は、ジェフ・レンフロー
全く知らないわぁと思ったら、『1.0【ワン・ポイント・オー】』(2004)の監督&脚本の人でした
彼のデビュー作らしいですが、なんとも不思議ワールドの作品だったと記憶してます

コロニーで若手主要メンバー的なサム役は、ケヴィン・ゼガーズ
個人的には『フローズン』(2010)が印象的
今回、酷寒地帯で頑張りましたが、この『フローズン』もタイトル通り寒いんだな、これが

コロニーのリーダー、ブリッグス役に、ローレンス・フィッシュバーン
最近テレビドラマ『ハンニバル』(2013)観てる
フィッシュバーンは、クロフォード役ね

コロニー内で浮きまくってるメイソン役は、ビル・パクストン
こんな役やらせたら、彼に勝てるヤツは居ないってくらい、はまり役
『エイリアン2』(1986)、『アポロ13』(1995)でのビル・パクストンも印象的だけど、やっぱりおいらは『フレイルティ/妄執』(2001)の父ちゃん役だね
この作品でビル・パクストンは監督もやってます

そうそう!
コロニー5の倉庫で生き残ってたリーランド役のジュリアン・リッチングスって、『クライモリ』(2003)のThree Fingerですよ!
その時は、殺人鬼で、その上、食人族だったんだよぉ~~
今回は食人族に襲われるんじゃないかとビクビクしてる役
立場逆転…
(=´・∀・`=)あらあら

んで、サム役のケヴィン・ゼガーズは、『クライモリ』で襲われる若者役だったって事ですな
ジュリアン・リッチングスに襲われたケヴィン・ゼガーズが、今作品では助けに来てくれたぞ=
(結果的に見殺しになっちゃったけどさ)

もうキャストについては、終わりましょうか
(´・ω・`)すんません長々と


むむ、レビュー見ると、あまり評判よろしくないようですね
ぬぁんで=??
( ̄ロ ̄川)

ゲーム的な展開で良かったよ
メンバーをチョイスして、酷寒の中、コロニー5へ向かう
途中崩れそうな橋を渡る
何とか目的地に辿り着き、生存者から情報を得る
棚や抽斗を調べ、武器を手に入れる
などなど

コロニー5の内部もステキ~
バイオハザードかサイレントヒルか?
ってな暗がり、そして狭き廊下…
遠くから微かに聞こえる音や叫び声

今更ながら言っちゃっていいですか
前知識なしに観たから全く判らないんだけど、これ、どんな話なの?
敵は、人間なの?
別の生物?
途中まではマジに判らなかったです

で、音のする方へ見に行ってみたら~
人を切り刻んでる音だったすよ
(∥ ̄■ ̄∥)

これは見つからないうちに立ち去った方が良くないですか?

今思ったんだけど、チョイスメンバー間違ったよ、これ
へたれグレイドンじゃなくて、元軍人の滅茶苦茶やっちゃってくれそうなビル・パクストン連れて来れば良かったですな

食人族ご一行様も、まあ人間なんでしょうが、既に野獣
人間の肉ばっかり食べてるからこうなったの?
火を通さないで生で食べるから歯もボロボロだわ
野蛮~ ヾ(`Д´*)ノ

って思ってたんだけど、ちょっと奥さん、聞いて!

いや~ビックリしました
食人族のリーダー、普段はこんなんですぜ

f0039573_1043525.jpg

イケメン過ぎて倒れます

(_д_;)ドテッ

野獣化する前に会いたかったわ


ラストはね~
なんともツライです
ハッピーエンドは到底無理(かなぁ?)
食べ物ないでしょう?
酷寒でしょう?
近くに建物ないでしょう?
その上、あれだけ食人族いたんだから、もしかして何人か生きてるかもしれないじゃないですか
そうなったらきっと後を追ってくるよね

切ないなぁ


海外スター・ドラマ
[PR]
# by by569 | 2015-05-08 00:32 | カ行
f0039573_20154364.jpg■HELIX-黒い遺伝子- #9 レベルX 「Level X」

■キャスト
ビリー・キャンベル(アラン・ファラガットCDC研究主幹)
真田広之(ヒロシ・ハタケ北極バイオシステムズ所長)
キーラ・ザゴースキー(ジュリア・ウォーカー博士)
マーク・ガニーメ(セルジオ・バリエセロス少佐)
ジョーダン・ヘイズ(サラ・ジョーダンCDC研究員)
Meegwun Fairbrother(ダニエル・アエロフ北極バイオシステムズ警備主任)
ニール・ネイピア(ピーター・ファラガット北極バイオシステムズ研究員)
ルシアナ・キャロ(アナナ保安官)
クリスチャン・ジェイダ(クライン中佐)
ジュリアン・ケイシー(ヴィクター・エイドリアン北極バイオシステムズ研究員)


<ストーリー>

~9日目~

いつも字幕なのに、今回は吹き替え版で観ちゃった

~レベルR~
サラ、レベルRでヴェクターに追われる

え??
サラが一人で地下に来るなんて…
これは夢かい?

と思ったら…


ベクターを捕まえるための囮だった
ヴェクター1体を捕獲!

他のヴェクターはどうなったのか
50体は居るはずだが…

ヴェクターが移動に使っているダクトを覗くと、階下から風が吹いてくる
アラン「まだ階下があるのか?」
レベルRの下は、レベルX、ウィルス貯蔵室だ
そしてこの時に、ナルヴィクウィルスを作ったのはハタケだと判明する

ハタケ天才学者なんだなー


~所長室~
とにかくレベルXにあるというウィルスを廃棄しようと、アランが提案

とアランが力説してる後ろで、ジュリアとハタケ、全然違う話~

ジュリアは自分とハタケが写っている写真が気になって仕方がない
「ジュリア、君とは以前に会った事あるんだ」
「母を知ってるの?」
「優秀な細胞生物学者だ。親友だった。モンタナの家まで訪ねた事がある」

自分が6歳の時の写真に写ってるハタケは、今と同じ

全く老けてないって?
その薬、欲しいわぁ



~倉庫~
バリエセロス監禁
そこに監禁者もう1名追加=
クライン中佐だった

ちょっとちょっと~
クライン中佐、前回自殺しなかったかい?
サットンが死んだと判った時にさ
あの時、完璧にクラインお亡くなりだと思ったけど、死んでなかったんだ…
なぁんだ


この部屋は電磁錠のため、解錠を得意とするバリエセロスでも開ける事が出来ない


~所長室~
カメラ映像でレベルXを映すと、ヴェクターうじゃうじゃ
ハタケ「ヴェクターは暖かい所を好む」
電力供給装置を停止して暖房を止める作戦だ

映像を見ていたサラがある事に気づく「集団行動よ」
ミツバチのようにみんな一斉に同じ方向へ移動している

何見てんの~?


~レベルX~
ヴェクターが一斉に移動した先にいたのは、ヴェクターたちが運んだピーターだった

ピーター覚醒

うぉぉ====

ピーターすっかり野獣化
ヴェクターの神みたいになってるよ

数体のヴェクターが口から黒ドロ吐き出すコップのデザインが
「KEEP CALM AND CARRY ON」
※(平静を保ち、普段の生活を続けよ)とは、イギリス政府が第二次世界大戦の直前に、開戦した場合のパニックや戦局が悪化した場合の混乱に備えて作成した、国民の士気を維持するための宣伝ポスター
ウィキペディアより



~レベルG~
捕獲したヴェクターに冷凍実験を試す
凍った途端、ヴェクターの動きが停止
地下のヴェクターにもこの方法が適用できそうだ


~倉庫~
バリエセロス、クライン
ここでクラインから重要な情報を得る
サットンはイヌイットの村へ軍隊を送り、アナナを殺害し、村を焼き払うらしい

バリちゃん、こうしちゃ居られねぇ=


~所長室~
レベルXのヴェクター退治対策会議
アラン、ジュリアは、レヴェルXにあるウィルス保管庫に行き、ウィルス廃棄
ハタケ、サラは、電力供給停止作業
ダニエル他警備チームは、残っている研究員に断熱ブランケット配布

アランたちがレベルXに到着する時間に電力を切り冷気を流し入れ、28分後に電力供給開始、それまでにアランジュリアは地下から戻らなければならない

何かロールプレイングゲーム的だね

作戦開始!


~レベルR~
ハタケ、サラは電力供給停止
その頃からサラの様子が怪しくなる

サラ「私は…もうすぐ死ぬの」
ハタケ「一体どうしたんだ?」

ハタケからしたら、「マジ、本当にどうしたんだよ=」だよね

サラはステージ4の腫瘍があり脊髄に近すぎるため腫瘍を取り除ききれなかったらしい

支離滅裂なのは、脳に腫瘍が転移しちゃってるとか?


~レベルX~
アラン、ジュリア
アランはウィルス廃棄に失敗したらここを燃やすしかないと考えていた
もちろん自分たちもこの研究所と共に終わりだ

ウィルス保管庫前に到着
ヴェクターご一行様、全員凍って動かず

あの時のサルと一緒だなぁ
凍死したように見えてみんな生きてる
ピーターはどこかなぁ~?
見つけられなかった…


ヴェクターの隙間をぬってウィルス保管庫内へ

アラン、ジュリア驚きを隠せない
「すごい数よ!」
世界中に存在する全てのウィルスがここにはあった

「ナルヴィクウィルスを探そう」


~倉庫~
緊急警告音が鳴り響く
電力が停止したため、電磁錠が解除された

バリエセロスとクライン、倉庫から脱出
上階へ移動したいクラインと、外へ出たいバリエセロス
殴り合いになり、クライン気絶(?)

いや、今度こそ死んじゃったか?


~レベルR~
サラ、ついに痙攣

ハタケも驚いちゃうよね~
いきなり、ここで!?


28分経ち、電源供給開始
ハタケ大急ぎでサラを上階へ移動させる

結局ハタケ一人で作業した感じ~
サラお荷物…



~廊下~
ダニエルと警備チームが巡回中、廊下で倒れているクラインを発見
出血が多い

やっぱり死んだか?


~レベルX~
アラン、ジュリア
「そろそろ時間よ」

もう~電源戻ったのに、作業遅いぞ=

なんと、ナルヴィクウィルスが空っぽ
「先を越された」

誰よ、盗んだのは…
ピーター?


「まずい、奴らが動き出したぞ」
早く戻らないと!!


~施設の外~
バリエセロス、スノーバイクに乗り込もうとした瞬間、背後からダニエルに襲われる
バリ「こんな事してる場合じゃない、サットンは部隊を村に送った。悪事はどこかで止めねば…」

あら、どうしちゃったの、バリたん
急に良い人になっちゃった


ダニエルも一緒に村へ向かう

今、超緊急時なんだけど、ダニエル外出していいのかい?


~レベルX~
アラン、ジュリア、急いで退去

やばいって、ヴェクター動き出してるから~

ジュリア廊下で足を止める「待って、廊下に私のサインがある」

自分が6歳くらいの時、母親にここに連れて来られた事をアランに告げ、2人で謎を探るため更に階下へ
するとそこは、モンタナの自宅そのものだった
アラン「この場所は?」
ジュリア「我が家よ」


~施設の外~
途中、バリエセロス&ダニエルがアナナに追いつき合流
「サットンが暗殺部隊を村に送った、急ごう」
全ての証拠を消し去るつもりだ


~村~
村を見下ろす高台から様子を覗うバリダニアナナ
隊員はおよそ15人
バリエセロス「近づく方法はある」


~レベルX~
アランジュリアの目の前に、ピーター登場
ヴェクター多数に囲まれる
「アラン、私のそばを離れないで、そのまま階段を上って」
ジュリアはヴェクターを食い止める

ヴェクターご一行様、ジュリアに近づこうとしない
すげー
誰も言葉発してないのに、ジュリアとヴェクターたち、意識で会話してるみたい
既に超能力だな
となると、アラン来なかった方が良かったんじゃね?
逆に足手まとい
(・ε・`)



~村~
隊員が今にもトゥルークを殺害しようとしたその瞬間
「まだ村人が居たぞ=」
叫びながら、隊員のど真ん中にやって来たバリダニアナナ
バリエセロスはアナナに銃を突きつけていた

隊員が油断をした隙に、アナナバリダニエルいっせいに隊員を射殺

すばやい…


~所長室~
所長室に戻るアランジュリア
「あれ以来、ヴェクターは私を襲って来なくなったのよ。もう興味ないのかしら」
「というよりも恐れてる感じだな」

ハタケがサラを連れて戻る「どうして気づかなかった?腫瘍だ。発作を起こして倒れた」

サラの状態に驚いてるけどさ、アランよ
全く気づかなかったのかいっ
サラの裸見たんでしょう~?


「ナルヴィクウィルスは?」
「なかった」

なかったって==?
ハタケ、動揺~(゚д゚;)



~ICU~
意識朦朧のサラに申し訳ない気持ちでいっぱいのアラン
「仕事を優先させてしまった…すまない」

サラ「もう一度したいな、アラン」

あばばば、サラってば、いきなり何つー事を!

「良いのよ、もう私たち離婚したんだし」ジュリアは部屋を出て行く


~所長室~
ジュリア、ハタケ

ジュリアは、アランとサラの事なんて、もうどうでもいいのさ
気になるのはこっちよ


「母とは知り合いで、地下にモンタナと同じ家を作るなんて、あなた誰なの?」
ハタケを問い詰める

もう黙ってはいられない
手に取った小箱から取り出したのは、破られた写真の左半分
そこに写ってたのは、ハタケ、子供の頃のジュリア、そしてジュリアの母
母の顔は、レベルRで自分を助けてくれたジェイだった

ハタケ「この日が来るのを待っていた。私を知ってほしいと思っていたが良い時期ではなかった」
ジュリア「何の話?」
「あの小屋は偽者じゃない。モンタナじゃなかったんだ」
「うそよ、あなた誰?」

ハタケ、コンタクトを外す
目が銀色に輝いていた
「君の目は父親譲りだ」

うそ====

やっぱり父さんなのかい??
でも見た目がお母さんと出会った頃と全く同じなんでしょ
本当に老けてないのね

ちょっと待ってよ~
コンスタンス・サットンの目が銀色だったのは、どう説明すんの?



~村~
ダニエル、アナナ、トゥルーク
「ミニカーで一緒に遊んだよな!」
「取り合ったな!」
再会出来た姉と双子の弟、しばし楽しく過ごす

良かったのぉ
ダニエル、ちゃんと子供の頃の事、覚えてるんだ



~施設 外への扉前~
ナルヴィクAウィルスをバッグにしまうエイドリアン
そのまま外へ向かう

あの寒冷療法やってた研究員だな
この人、いつの時点でウィルス入手したんだろう

エイドリアンはイラリアの人間?
それとも単独で何か起こそうとしてるのか?



(第10話へつづく)


海外スター・ドラマ
[PR]
# by by569 | 2015-04-18 00:00 | HELIX-黒い遺伝子-
f0039573_2052827.jpg■CSI:マイアミ2 #15 偶然のゴースト 「Stalkerazzi」

■監督 デラン・サラフィアン
■製作総指揮 ジェリー・ブラッカイマー他

■キャスト(レギュラー)
デヴィッド・カルーソ(ホレイショ・ケイン→CSIチーフ)
エミリー・プロクター(カリー・デュケーン→CSI捜査官)
アダム・ロドリゲス(エリック・デルコ→CSI捜査官)
カンディ・アレクサンダー(アレックス・ウッズ→CSI検死官)
ロリー・コクレイン(ティム・スピードル→CSI捜査官)
ソフィア・ミロス(イエリーナ・サラス刑事)

■キャスト(ゲスト)
サイラス・ウェイア・ミッチェル(ラルフ・ダースト→カメラマン)
マイク・ニュースキー(デニス・バロン巡査部長)
ブライアン・ポス(タイラー・ジェンソン→CSIスタッフ)
ヨアン・アーブ(ブラッド・ダスティン→超人気スター)
ロブ・デリンジャー(ゲイブ・ロッター→ダニーのアシスタント)
クリスティーナ・コックス(ジェニー・モイラン→ブラッドの広報担当)
コリン・カニンガム(ロス・ケイ→雑誌編集員)
ニコール・デハッフ(キャリー→CSIスタッフ)
アダム・スコット(ダニー・ケイト→ムービースター)
ドミニク・コンペラトーレ(ニュースフォトグラファー)
ダイアナ・R・ルポ(クロエ・ジャクソン→被害者)
ネイト・ヘイデン(ブレッドの恋人)
スティーヴ・ランバート(ジェリー・ドーフマン→被害者)


<ストーリー>

車に追われていた男が、追突事故を起こし死亡
被害者は、ジェリー・ドーフマン38歳

現場の状況
ジェリーの顎に汚れあり→掌紋
点状出血が見られる→窒息死
事故の通報者あり→通報したのは誰か?

窒息死と言う事は、追突の衝撃で死んだのではなく殺人事件かい?


事故現場車内捜査はカリーとスピードル
携帯電話発見!
ペットボトルの中身は、なんと尿
窓はピカピカ
車で暮らしてたらしい

探偵?


~検死室~
検死の結果
1.ジェリーの鼻の穴に黒い繊維
犯人が凶器として使用したものが吸い込まれた事によって鼻腔に入り込んだのだろう
2.腕に細長い擦り傷跡、傷にはギザギザした木片が刺さってた
傷口が炎症を起こしている(アレルギー?)

ジェリーは、交通事故の時点では生きていた
窒息させた殺人犯が通報するとも思えない
犯人と通報者は別人?


~CSI~
ジェリーの顎に付着していた掌紋はラルフ・ダーストなる人物にヒット
早速ラルフに事情聴取

ジェリーは盗撮などする最低の野郎だ
でもオレは一流のカメラマンだ~とか言ってるし
自分で一流って言うか?


掌紋の証拠を突きつけると
「確かに顎に触れた」と
交通事故の写真はメキシコで人気があるため、ジェリーの顔がこちらを向くように頭を動かした時に掌紋が付いてしまったらしい
撮影後、通報した

警察に通報したのはラルフか~
でも犯人ではなさそう


ラルフから重要な情報GET

ジェリーは黒い車に追われていた
ラルフは後を付いて行ったが、いったん見失い、次にジェリーの車を見つけた時は衝突後だった

とりあえず、ラルフのフィルム押収

「商売道具だ!いつ返してくれる?」
「返してやるとオレが言う時だ」
おおぉぉ=
ホレイショかっこいい~



スピードル、カリー
フィルム現像

「素晴らしい写真~タブロイド誌は買うわよ」カリー興奮気味
鑑識の写真よりもラルフの方がずっと良い~
まあ、鑑識はプロのカメラマンじゃないからね


ここである事実に気づく
通報前、ラルフが写した事故現場写真と、鑑識が写した現場写真に違いが…
助手席のシートが後ろに動かされていた


スピードル、カリー
車内再調査
助手席の下にあったのは冷却用フィルムボックスだったが、空だった
ラルフが通報し、CSIが到着する間に、フィルムボックスに触れた人物がいる事は確かだ


ホレイショはジェリーの腕にあった傷の木片チェック
木片の正体はカポックの木だった
カリー「そう言えばカポックにゾウムシが大発生したニュース観たわ」
その時にアセフェートカリウム殺虫剤を散布したはず


~高級住宅地~
デルコ、スピードル
殺虫剤散布地区を調べ、カポックの木発見
木の幹に、アーモンドナッツチョコバーの包み紙が落ちていた
「ジェリーの胃の内容物と同じだ」

ジェリーがここに居た事は間違いないようだ
「張り込みしてたとか?」
早速、デルコ木に登ってみる
この木に登らないと見えない大豪邸があるが、誰の屋敷だろうか?

そこへいきなり地元警察のバロン巡査部長が登場

すごい偶然!
それとも見張ってたのか?


「不法侵入だぞ。オレはこの辺り一帯のプライバシーを守ってるんだ」
「この豪邸は誰の家?」
「教えられない!」
とりあえず引き下がるスピードルとデルコ

何だ、このバロンって人
妙に怪しいなぁ
誰の家なのかは教えられないって…?
住宅地図見れば、そんなのすぐに判っちゃうよ~


大豪邸の持ち主は、大スター、ブラッド・ダスティンと判明


~CSI~
スピードル、カリー
最新タブロイド誌をチェック
ジェリーの車から盗んだフィルムに写っていたと思われる写真が掲載されている
ブラッドと女性が一緒に芝生で日光浴をしている写真だが、こんな写真を盗むだろうか
「ちょっと、この足、女の足じゃないわね」

オレの彼女は、男だぜっ==!
ε=ε=(ノ≧∇≦) いえ~い



~雑誌社~
「この掲載されている写真を売った人物はだれだ?」
「匿名だったけど、電話は録音してあるよ」


~CSI~
電話の声にホレイショは聞き覚えがあった


~地元警察~
声の主は、巡査部長のバロン
追及すると白状
通報があり現場へ到着した時、CSIが到着する前に、フィルムと帽子を盗んだらしい

帽子?
なんで?
この人は一体何の為に?
それとも犯人?


帽子は、バロンの机の引き出しから出て来た


~CSI~
バロンから押収した帽子が凶器と判明
帽子は男性のものだが、ジェリーのではない

カリーデルコはタブロイド誌に持ち込まれた写真チェック
連続写真を見ると、ブラッドと恋人が同じ方を見ている
どこを見ているのか?
隣家のようだが…
それと同時に鳥が飛び立つ

隣家の窓に光の反射が写っていた
鳥が飛んだのは大きな音に驚いたから
「恐らく銃の発砲よ」

ジェリーがブラッドを盗撮していたら、偶然にも隣家の殺人を写してしまったという事かい?


~ダニー・ケイト宅~
ホレイショ、イエリーナ
ブラッド宅の隣人、ダニー・ケイトの家へ

ダニーはムービースターらしいですぜ

手の甲に傷があった
「その傷は?」
「撮影中の事故でね~」

写真拡大し判明した、女性に銃を突きつけているような写真の理由をダニーに確認
あくまで、映画「マイアミシールド2」のリハーサルだと言うが…

とりあえずDNAサンプルGET

後日、再度ダニーの家へ
すると背格好がダニーと全く同じ、ダニーのアシスタントであるゲイブ・ロッターが居た
彼のDNAが帽子のDNAと一致

ゲイブ曰く、ダニーは俳優としてのチャンスをくれた人
「あの男からカメラを奪え」と言われ追いかけたが、まさか衝突するとは思わなかった
まだ息があり、殺害したと…
「ダニーを守るのがオレの仕事だっ!」

すごい忠誠心ですな
だからって、殺人までしなくてもね~


女性に銃を突きつけている写真を見せると
「ここに写ってるのはダニーだ。女性は知らない」


その時、イエリーナから情報が
ダニーの家から3キロ下流で女性の遺体が発見された
被害者は、クロエ・ジャクソン26歳


~CSI~
再度、写真の画像補修を試みる
やはり銃を突きつけているのはダニーに見えるが…
ホレイショ「手をアップにしてくれ」
手の甲に傷があった

やっぱりダニー?


~取調室~
ダニーに写真を見せる
「クロエを射殺した時の写真だな」
証拠は手の傷

女とのトラブルで殺害し、それを写真に撮られた事に気づき、デイブにジェリーを追いかけさせたと認めはしたが…

「オレはスターだ!12人の陪審員を納得させられる自信がある=ふっふっふ」

超自信満々だな

「しかしオレを納得させられなかったぞ。幸先悪いな…フッフッフ」

ホレイショ、かっけー


(第16話へつづく)



<ちょいと新発見&簡単メモ>

1.ホレイショ、珍しく映画の話などしてます
「欲望」と同じだな
カリー「何の事?」
ホレイショ「60年代のあの映画だよ」
デルコ、一言
「聞いた事ねぇ~」
みんなもっとホレイショと楽しく語ろうぜ

2.カリーは、タブロイド誌を愛読してます
スピードルはそんなカリーを「そんなの買うなんて信じられない」と非難するような目つき
スピードルって難しい人だな

3.カリーは、ゲイ支持者
「今の時代ゲイだなんて、かっこいいじゃない?」とテンションアップ

4.カメラマン、ラルフ・ダースト役のサイラス・ウェイア・ミッチェルは、人気テレビドラマ『プリズン・ブレイク』のヘイワイヤーです
懐かしいなぁ

5.ダニーのアシスタント、ゲイブ・ロッター役のロブ・デリンジャーは、CSI:科学捜査班シーズン1の第22話「血塗られた足跡」で、フレッド・アップルホワイト役で登場しています

6.CSIスタッフ、キャリー役のニコール・デハッフは、CSI:2の第6話「冤罪 兄弟へのレクイエム」で、ティナ・コーラス役で登場しています
残念ながら30歳という若さでお亡くなりになりました


海外スター・ドラマ
[PR]
# by by569 | 2015-04-14 00:03 | CSI:マイアミ2
f0039573_2043596.jpg■HELIX-黒い遺伝子- #8 血族の絆 「Bloodline」

■キャスト
ビリー・キャンベル(アラン・ファラガットCDC研究主幹)
真田広之(ヒロシ・ハタケ北極バイオシステムズ所長)
キーラ・ザゴースキー(ジュリア・ウォーカー博士)
マーク・ガニーメ(セルジオ・バリエセロス少佐)
ジョーダン・ヘイズ(サラ・ジョーダンCDC研究員)
Meegwun Fairbrother(ダニエル・アエロフ北極バイオシステムズ警備主任)
ニール・ネイピア(ピーター・ファラガット北極バイオシステムズ研究員)
ルシアナ・キャロ(アナナ保安官)
ジェリ・ライアン(コンスタンス・サットン→イラリア社最高責任者)
クリスチャン・ジェイダ(クライン中佐)


<ストーリー>

~8日目~

地下から出てきたヴェクター、ダクト内移動しながら、研究棟をウロウロ

ヴェクターから見て、ジュリアは他の無機質のものと同じようにモノトーンで、普通の人間は緑色に発光して見えるようだよ


~ラボ~
無事レベルRから生還したジュリアと、アラン、サラがお食事
「美味しい~~」

食欲旺盛過ぎだよ、ジュリアたん
がつがつ食べ過ぎて、急に胃を押さえウウウ==
まさに映画『エイリアン』のケインだよ
と思ったら、マジでケインの真似してただけだった
「うふふ、ごめんなさい~」って…
あまりのハイテンションに、アランとサラ、目がテンよ


ジュリアが完全に治ったと知れ渡ると、治療薬が存在すると思われ暴動が起きるのでは?と心配するアラン
アラン「どうやって戻れたんだ?」
ジュリア「ハタケがここに戻してくれたのよ」
アラン「ハタケが地下に居たのか?」

突然、緊急ベルが鳴り響く


~食料庫~
緊急ベルは食料庫に侵入したヴェクターが原因だった
とりあえずヴェクターを殺害し、危機は回避されたが、食料汚染の心配が残る
「食べ物は廃棄し、この部屋を殺菌しよう」

レベルRから上階にやって来たヴェクターって全部で何体だったんだろう


~ラボ~
サラがジュリアの健康診断
「あら?カラーコンタクトしてるの?」

さすが、サラ
気づくの早いわ


秘密を口外しないしない約束をし、ジュリアはコンタクトを外し銀色の目をサラに見せる


~所長室~
ハタケの宝物♪「ジュリア写真集」をまたしても閲覧するサットン
そこへクライン中佐登場「食料庫がヴェクターに汚染されました!」

サットン「ヴェクターは野放しにして。CDCの恐怖心をあおって治療薬を急がせるのよっ」

また~怒ってるよ
ジュリア写真集見て嫉妬?
「ジュリアの価値って一体何なのかしら?」とブツブツ



~ロッカールーム~
ハタケ、ついに拘束される
治療薬の存在についてハタケに問い詰めに来たアラン
「レベルRでジュリアに何をしたんだ?」
「治療薬はない。彼女は回復したんだ」

ジュリアが回復した事によって、イラリア社の実験台にされるとアランに警告する
「ジュリアから離れるな」


~ジュリアの部屋~
ハタケの警告を聞き、アランがジュリアの部屋へ向かうと、サットンに先を越されていた
「彼女はイラリア社の所有物になったわ」

ジュリアには会わせてもらえない


~倉庫~
バリエセロスの傷が悪化
アナナが治療する
「ダニエルと一緒にすぐに逃げろ」

バリエセロスっ親切じゃん


~所長室~
拘束されているハタケ、そしてサットン
ジュリアの目が銀色だった理由を問い詰めても答えようとしないハタケ
「真相は突き止めるわよ、そして罰を与える」

コンスタンスが取り出したのは怪しげな器具類

何々?
拷問用?


ハタケ「私に耐えられぬものはない」
コンスタンス「あなた用じゃないわ。ジュリア・ウォーカーよ」

こんな道具を持ち歩くって、只者じゃないわ、あーた


~ラボ~
アラン、サラ
サラがジュリアを診断した結果は「免疫反応なし、抗体もウィルスもない健康体」だった

アランはこのまま大人しくサットンの言う事を聞く気はない

塩化カリウム、塩酸、硝酸アンモニウム
爆発性の高い不安定な薬品集めに取り掛かるアランとサラ

ついに、やっちまうんですか、アランさん
意外に過激



~ジュリアの部屋~
監禁状態のジュリア
その時、ダクトから音が…

この音は、他のヴェクター?
なんでヴェクターご一行様ったら、打ち合わせしたみたいに、みんなダクト移動なのさ


ジュリア、ダクトへ入り部屋から脱出する


~所長室~
ハタケ、サットン
サットンの無線にもジュリア逃走の報告が入る
「生け捕りにしなさい==!!」

ハタケがジュリアに熱心な事に嫉妬の炎メラってるサットン
「彼女は特別な女性なのね?愛してるの?」
ハタケ「し~~ん…」

ここで、ハタケとサットンが過去に愛し合った仲だと判明する
この2人がね~
まあ、サットンも相当魅力的なお顔ですが…

化粧道具持ち歩くように拷問道具を持ってる女なんてヤダわ



~ダクト内~
ジュリア、ダクト移動
どこからかヴェクターの唸り声が響く

近くにいんのか?

ダクトのカーブからヴェクターが姿を見せる
ジュリアに大接近!!

ジュリア危ない~~

あれ?


ジュリアの目の前をヴェクター通過

ダクト移動もまるで、映画『エイリアン』だね
ダラス船長がダクトに入った時のシーン思い出すわ



~ラボ~
アラン「備品倉庫に行きたい」
クライン中佐に申し出るが、ラボから出してもらえなかった
「こちらで調達する。リストを…」


~廊下~
ダニエル、アナナ
アナナ「一緒に早く逃げましょう」
ダニエル「オレは行かない」

ダニエルに写真を渡し、アナナだけ施設から脱出する

一人で帰れるのかな~


~ラボ~
ジュリアがラボの真上に到着した

ジュリア「私よ、上を見ないで話して」
アランは不審に思われないよう監視の目を盗んでジュリアと会話
「ハタケは拘束されてる。助けてやってくれ。こっちはサットンを殺した後、ハタケに指揮を執ってもらうつもりだ」

ジュリアにハタケ救出を頼み、アランはサットンをラボに呼ぶ

ついにやるんすね?
ちょっと大丈夫なのかい
失敗したら、ヤバイよ


「治療薬が完成した。顕微鏡を見てくれ」
サットンが顕微鏡を覗いた瞬間!

爆発!!!

アランとサラはラボから逃走


汚染警告放送が施設内に響き渡る


サラ「サットンは死んだかしら」
アラン「よく見えなかった」

いや、残念ながら、爆発の威力はそれほどでもなかったと思うぞ

しかし、この2人の会話、変じゃね?
サラ「殺人は初めて?」
アラン「そうだ」

そりゃそうだよねー

でも吹き替えでは、こんなセリフじゃなかった…



館内放送が入る
声の主はサットンだった

生きてたわい
しぶといのぉ~


「アラン・ファラガット博士、隔離室に来て頂戴!来なければピーターはおしまいよ!」

相当怒ってるわなぁ
隔離室へ行くべきか止めるべきか、それが問題だ…


恐らく隔離室へ言ったら殺されるだろう

他に方法は?
ここは耳科学ラボ
サラ「反撃くらいは出来るかも。これは大音響発生装置、音の大砲よ」

こういうの大好き♪って楽しそうだな、サラ
天才が居ると、次々と案が出てくるよね



~所長室~
所長室へ到着したジュリア「アランに協力して」
「判った、ただし条件がある」

ジュリアには隠れていて欲しいハタケは、鎮静剤を打ち監禁する

君は昔から頑固だったなとか言ってるよ
昔から?
昔ってどのくらい昔よ



それからしばらくして
ジュリア目を覚ます
彼女の胸の上に写真がそっと置かれていた
写真の左半分は破られていて、右半分の写真だったが…
そこに写っているのはハタケと少女
場所は小さい頃にジュリアが夏の間だけ住んでいたモンタナの家だ
「まさか…」

突然、背後から銃を突きつけられる
クライン中佐「ゆっくり後ろを向け」

ジュリア拘束


~隔離室~
アランがピーターの居る隔離室へ
サットン「本当に失望したわ。もう一緒に仕事は無理ね」
ピーターのチューブを抜きながらクライン中佐に命令「ピーターが死んだらアランを射殺して」

その瞬間、サラは大音響発生装置を作動
サットン、クライン中佐、傭兵は身動きできず…

そこへどこからか数体のヴェクターが隔離室へ侵入しピーターを拉致する

おいおい、ドサクサに紛れて、どこ連れて行くんだよぉ
ヴェクターには音の大砲も効果ないようでっす



~所長室~
無事に隔離室から逃げ出したアランサラは、助けに来てくれたハタケと共に所長室へ
しかし…
「ジュリアが居ない!」


~隔離室~
ジュリアをゲットしたイラリア社は、60分後、緊急脱出を決定する


~所長室~
ダニエルからの情報でサットンが逃げると知ったハタケは、アランにジュリア捜索を依頼「彼女を連れて行かれたらもう二度と会えない」
アラン「サットンはどうする?」
ハタケ「私に任せてくれ」

任せますっ!


ジュリア、箱詰めされる


~サットンの部屋~
サットンは帰り支度
そこへハタケ登場「ジュリアはどこだ?」

ハタケの時計、サットンが昔プレゼントしたものだってー
今でもその時計をはめているのを見て、チョイ嬉しそうだぞ


サットン「2人で世界を変えられると思っていたのに」
ハタケ「そんな世界はいやだ」
サットン「娘を守るために全てを捨てたわね」

ジュリたん、やっぱりハタケの娘なのかい?

ハタケ、サットンを絞殺する

絞殺の武器は、なんとっ、時計ですぜ
時計にワイヤーが仕込んであったよ
必殺仕事人かぁ?

すげー
かっこいい~
素早い動きだー
さすが、ラストサムライ



ハタケの声で、館内放送が流れる
「研究所はイラリア社の管理下を外れる。彼女の部下は全て拘束した。私の指揮下に戻る」

この時点で、コンスタンス・サットンが既に亡き者だと理解したクライン中佐は自殺する

なんちゅー、忠誠心
クライン、なかなかカッコ良かったぞー
さようなら…



~施設の外~
ハタケ、ダニエル
ダニエル「あなたの事は一生許しません」
ハタケ「理解してくれると信じてる」

と言ってもね~
ハタケ、理解してもらうのは難しいかもね
おいらはハタケを理解してるよ~
頑張れ=


真っ白な世界
スイッチを押し、ヴィット博士が眠っていた場所にサットンの頭部を沈める

そうそう!
そう言えば、ヴィット博士の頭ってどうなったの?
あれ以来何も語られないけど…
放置?
おいおい、(゚д゚;)ノノ



(第9話へつづく)


海外スター・ドラマ
[PR]
# by by569 | 2015-04-07 00:01 | HELIX-黒い遺伝子-
f0039573_2014211.jpg■HELIX-黒い遺伝子- #7 完治者 「Survivor Zero」

■キャスト
ビリー・キャンベル(アラン・ファラガットCDC研究主幹)
真田広之(ヒロシ・ハタケ北極バイオシステムズ所長)
キーラ・ザゴースキー(ジュリア・ウォーカー博士)
マーク・ガニーメ(セルジオ・バリエセロス少佐)
ジョーダン・ヘイズ(サラ・ジョーダンCDC研究員)
Meegwun Fairbrother(ダニエル・アエロフ北極バイオシステムズ警備主任)
ニール・ネイピア(ピーター・ファラガット北極バイオシステムズ研究員)
ルシアナ・キャロ(アナナ保安官)
ジェリ・ライアン(コンスタンス・サットン→イラリア社最高責任者)
クリスチャン・ジェイダ(クライン中佐)


<ストーリー>

~7日目~
イラリア社最高責任者コンスタンス・サットンが北極バイオシステムズに到着
事態の収束に来たと言っているが…

イラリア社って、北極バイオシステムズの親会社らしいです
その最高責任者が金髪美人!!
ちょっと怖そうだけど…



~所長室~
ハタケ、アラン、サットン
今後の話し合い
アラン「RNA構造専門のジュリアの知識が必要だ」

レベルRにいるジュリア救出する事で落ち着く

サットンが乗って来たヘリは帰っちゃったよ
また2日後に来るらしいけど、その時にはどうなっているんだか


その後、ハタケとサットンだけ残り、いきなり怒られるハタケ
彼女の指示は、ウィルスとその治療薬を開発する事であって、ハタケがウィルスしか開発していない事に苛立ちを感じていた
「ウィルスだけじゃダメなのよ。裏切ったらあなたも研究所も消えてなくなるわよ」

怖すぎる…
この女、ハタケを殴ってたよ



~ラボ~
アラン「サットンは信用できない」
サラ「治療薬は渡さないのね」
アラン「切り札だ」

そりゃ、そうだな…


~レベルRトリアージ室~
ジュリア目を覚ます

肌がきれいになってるぞ=

この頃からピーターの幻影を見るようになる
優しく微笑むピーター
「あなたが本物なら良いのに…この銀色の目のせいであなたが見えるのかしら?」

ピーターが見える理由は、一体何なんだろう


~施設の外~
バリエセロスがアナナを連れ、北極バイオシステムズに戻って来た
迎え出たのはダニエル

アナナ「あなたは、私の双子の弟ミクサよ!」
バリエセロス「彼女の家に同じ顔の男が居るぞ」

アナナが持参した写真を見てダニエル愕然


~レベルRトリアージ室~
ジュリアの目が銀色になった時から、目に激痛が走る
目隠しをして対処していたが…

ガタガタ~~

女ヴェクターがトリアージ室に侵入

このままじゃ、ジュリア襲われるよ=
どうする、どうする…(゚д゚;)
目痛くて逃げられないし、ヴェクターはすぐそこに居るし


気づいたら、目の前にヴェクターが迫っていた

ピンチ!!( ̄ロ ̄川)

だが、ヴェクターは、ジュリアの銀色の目を見て逃げて行った

この目の意味は何??


~所長室~
ハタケが大切にしていたジュリア写真集をサットンに発見されてしまった!
「CDC全員の調査をしてただけで、ジュリアが特に重要人物という訳ではない」

と言い訳したが、果たして納得するかい?

サットン、いきなりコンタクト外す
目が銀色だ===

「あなたはこっち側の人間なのよ」と言い放ち、所長室から出て行く

ハタケもサットンもこの目はどうしちゃったのよー
薬の副作用とか?



~Nー81ルーム~
拘束されたバリエセロス
いきなりサットンに殴られる

バシ===

また殴る
なんつー暴力女だ


「知能の4分の1を殺したわね(怒)私は研究の邪魔しろとは言ってない。ハタケの裏切りの証拠を探せって言ったのよっ!」

バリちゃんは、この女の指示でここに潜り込んだ訳ね


~レベルRトリアージ室~
すばやく、隠し扉からトリアージ室にやって来たハタケ

すっかり元に戻ったジュリアを見て、超嬉しそうだ=

「ヴェクターが私を襲おうとしたのに、やめたのよ」
「すっかり元気そうだ素晴らしい」

ハタケ、嬉しさのあまり、ジュリアの話を全く聞いてません…

「目がとても痛いのよ、ぼやけて見える」
ジュリアの銀色に光る目を見て、動揺

彼女の痛みが和らぐよう、目に包帯巻く

ちょっと~
ハタケ、泣いてるよぉぉ

もうこれ以上ハタケを苦しめないで==
ΣΣ┏(|||`□´|||;;)┓


「ある女が君を殺しに来る。早くここから逃げよう」


~レベルR~
アラン、サットン、クライン中佐ほか2名
ジュリア救出のため地下へ

レベルRの通路、荒れてる~
どこからか音が…
この状況に似合わない、妙に楽しそうな音楽
「ツインピークス」の挿入曲に似てる=
あの赤いカーテンの部屋でクーパー捜査官がローラに会うシーンで流れる曲♪
って、マニアックな話しすぎて、誰も知らないか…


トリアージ室に突入===

ヴェクターが次々襲い掛かる

「退避==」

退避かよ、早っ!
結局隊員2人はやられてしまった



~所長室~
無事地下から戻ったハタケとジュリア
ホッとしたのも束の間
そこへ、ダニエル、アナナ登場

ダニエルとアナナの顔が怖いよぉ
そんなに怒らないで~


察したハタケは、ジュリアに何かを手渡しラボに行くよう指示する


~ラボ~
ラボに到着したジュリア
ハタケが手渡したものは、コンタクトレンズだった

そこへアランがやって来る

オマイガー===
ジュリア====


「ジュールス、症状が消えてるじゃないか」
「私、完治したの」

良かった、良かった

とか言ってる場合じゃない



レベルRから逃げ出したヴェクターがすぐそこに迫っていた


(第8話へつづく)


海外スター・ドラマ
[PR]
# by by569 | 2015-04-05 00:12 | HELIX-黒い遺伝子-

男はつらいよ 純情篇

f0039573_2202817.jpg■男はつらいよ 純情篇 1971年・日

■キャスト
渥美清(車寅次郎)
倍賞千恵子(諏訪さくら)
森川信(車竜造・おいちゃん)
三崎千恵子(車つね・おばちゃん)
前田吟(諏訪博)
笠智衆(御前さま)
太宰久雄(梅太郎・たこ社長)
佐藤蛾次郎(源さん)
中村はやと(諏訪満男)

若尾文子(明石夕子)
森繁久弥(千造)
宮本信子(絹代)
松村達雄(山下医師)
垂水悟郎(夕子の夫)
水木涼子(たこ社長の妻)


<ねたばれ感想などいろいろ>

シリーズ第6作目!

今回のマドンナは若尾文子さん
まあ、美しいっちゃー美しいけど
(´・ω・`)

「団子屋の手伝いする」って言うからどんな人かと思ったら、若尾さんかぁ
ちょっとイメージ違うなぁ~
団子屋っぽくないですよ…ね?
どちらかというと、料亭の女将って感じかな
三崎千恵子さん演じるおばちゃんの遠縁との設定でした
なんでも~
おばちゃんのいとこが嫁いだ先の姪っ子、らしいです
遠っ!


数年前、NHK朝の連続ドラマ「おひさま」に若尾さん出演した時って、寅さんのマドンナの時からすると、たぶん40年以上経ってるでしょう?

しかし、アラ不思議(=´・∀・`=)

お変わりなく、あんまり老けてないじゃないですか?
別の言い方すると、昔から落ち着き過ぎ?
ごみん…(謝


夕子さんには夫が居ると既に知ってるだろうけど、そんなのお構いなしで夕子さんの世話焼きをする寅さん
そんなお兄ちゃんの姿に不安がよぎるさくら
なんか…
さくらの気持ち判るなぁ
嫌な予感するよね~

案の定、夕子さんは夫が迎えに来て、あっさりと帰っちゃう訳です
寅さんとの恋…って感じではなかったですね


今シリーズのサイドストーリーだったけど、森繁久弥と宮本信子が父娘役で登場
顔ぶれ豪華ですねー
父娘の親子愛に触れ、寅さんも急に柴又へ帰りたくなってしまって…
最初と最後にちょっとだけ出てくる千造と絹代
この2人のストーリーで、もう一本映画作れそうな感じですね
(〃゚∇゚〃)


また、博の独立問題も勃発!
たこ社長の印刷会社を辞めて、独立したい博
絶対に辞めほしくない、たこ社長

さ=どうする(゚д゚;)

ここで登場は寅さんですよー
しかし、話を上手く進めるはずが、全くいい加減~
めちゃくちゃ ヾ(`Д´*)ノ

シリーズ6作まで観たけど、寅さんって、この頃は本当に無責任で、ダメダメなんだね
まだ若いって事かな

まあ、この独立騒動によって、たこ社長は、もう暴れ出すわ~、泣き出すわ~
博が仕方なく「独立は諦めます」って折れるしかないし…
折角の飲み会の場が、シ~ンだよ
(´・ω・`)気まずい

そのシラけた雰囲気を「社長、これからは大丈夫だよ!タコタコ揚がる~って言うだろう?」の一言で笑いの渦にしちゃうんだからさ
寅さんって凄い

あの寅さんのセリフってアドリブ?

な~んか言い方が自然で、その後のみんなの吹き出す感じが「素」みたいで、観ているこっちも和みました


(気になった点、いくつか)

1.たこ社長の奥さんが登場してたけど、やけに老けてね
最初、社長の母さんかと思っちゃったよ
たこ社長って子供4人も居るんだ~
やっぱり頑張って働かないとね

2.今まで団子屋手伝ってた源さんが、お寺の手伝いになってた
今後ずっとお寺の人だよね

3.寅さんの舎弟・川又登(津坂匡章)は登場しませんでしたぁ
第5作では、寅さんと海辺で再会して大ハシャギだったのにな


海外スター・ドラマ
[PR]
# by by569 | 2015-03-27 00:59 | 男はつらいよシリーズ
f0039573_21122370.jpg■ストレージ24 「Storage 24」 2012年・英

■監督・脚本 ヨハネス・ロバーツ

■キャスト
ノエル・クラーク(チャーリー)
コリン・オドナヒュー(マーク)
アントニア・キャンベル=ヒューズ(シェリー)
ローラ・ハドック(ニッキ)
ジェイミー・トーマス・キング(クリス)
アレックス・プライス(ジェイク)
ネッド・デネヒー(デヴィッド)


<ネタバレしてます~>

いやいや~
またマニアックな作品見つけちゃったなぁ
(〃゚~゚〃)

おいらの大・大・大好きなジャンル「閉ざされた狭い空間で何かが大暴れ」
好きだな~、こういうの

どうやら、大暴れしてるのは、地球外生命体っぽいんですがね
敵は、1体みたいですよ
しかしなかなか倒せない!!!!

ストーリーは、屋内の貸倉庫にやって来た若者たちが、停電により倉庫内に閉じ込められ、さ~、どうするって感じです
ピンチピンチ(゚д゚;)

エイリアンとの戦いと平行して描かれるのは、こんがらがった人間関係
チャーリーとシェリーの間で、別れる~別れたくない~とモメていまして…
チャーリーがすんご~く未練たらたらでちょっと驚きですよ
しかしシェリーは、隠れてチャーリーの親友マークと付き合いだしてたっ!
な~んて事もありつつ・・・

エイリアンに襲われた人間は、そりゃもう、恐ろしい状態に殺されてしまいます
怖いわぁ
━━(´・д・`川)━━ひぃ


最初は、「全く!チャーリーもウダウダしてるし、シェリーも可愛くないし~」って思っていた、わたくし
それなのに、映画観続けてるうちに、チャーリーが妙にかっこよく見えてきて、やっぱり男はこうじゃないとねー
その上、あら?不思議…シェリーも可愛いかも…って思っちゃった

一目見ただけじゃ、人って判らないものですね・・・
(゚-゚)しみじみ


いやいや、そんな事よりもっ
この作品を観てから何ヶ月も経ってしまったけど、いまだに忘れられないのはっ!

エイリアンをやっつけるために登場した刺客!

もう=♪
超可愛くて目が釘付けになってしまいました


あの白いワンちゃん


♪ピピピピピピピ、ワンワンワンワンワンワンワン♪

エイリアンも目がテン(゚д゚;)
心奪われてたよ


海外スター・ドラマ
[PR]
# by by569 | 2015-03-25 00:10 | サ行
f0039573_20354336.jpg■HELIX-黒い遺伝子- #6 兄妹 「Aniqatiga」

■キャスト
ビリー・キャンベル(アラン・ファラガットCDC研究主幹)
真田広之(ヒロシ・ハタケ北極バイオシステムズ所長)
キーラ・ザゴースキー(ジュリア・ウォーカー博士)
マーク・ガニーメ(セルジオ・バリエセロス少佐)
ジョーダン・ヘイズ(サラ・ジョーダンCDC研究員)
キャサリン・レミュー(ドリーン・ボイルCDC研究員)
Meegwun Fairbrother(ダニエル・アエロフ北極バイオシステムズ警備主任/トゥルーク)
ニール・ネイピア(ピーター・ファラガット北極バイオシステムズ研究員)
ルシアナ・キャロ(アナナ保安官)
ジュリアン・ケイシー(ヴィクター・エイドリアン北極バイオシステムズ研究員)
シエナ・マッツォーネ(少女)


<ストーリー>

~6日目~
~施設の外~
気を失っているバリエセロスを何者かが移動させている
一体誰なのか?

ちょっと、誰の仕業よ??
ダニエル?
じゃないよね~
ハタケは重体だし…
アランも違うよねー


****

一方、アランたちは、亡くなった仲間や研究員たちを遺体袋に入れ、屋外に安置する

なるほど~
外なら遺体が腐らないし、ナイスアイデア♪


バリエセロスの姿が見えない事を不審に思うアラン


~廊下~
サラの部屋に居たヴァンの遺体も屋外へ移動
アラン「なぜベクター化せずに死んだんだ?」
サラ「モルヒネの過剰投与で死にました」

サラが殺したんだろう~的なダニエルの疑惑の視線


~レベルRトリアージ室~
ジュリアの目の前に人形を抱えた少女が現れ、そしてピーターも現れ…

幻覚かい?
ピーターって、いっつも感染メイクだけど、普段はこういう雰囲気なのねー
意外に背が小さいかな?

なんかピーターとジュリアって顔似てる


全てジュリアの夢だった

廊下からは激しい叫び声が…

みんな感染して大暴れなんだなぁ
野獣化してるぜ


ジュリアは鏡で自分を見て愕然とする
感染して皮膚は変色、目は充血
自分の意識がしっかりしてるうちに、ハタケの傷の手当を行なう
「すごい速さで回復してる…どうして?」

どうしてでしょう


ジュリア「ジェイの存在が幻覚だと知っていて何故言わなかったの?」
ハタケ「真実は必要ない。ジェイと話す事で君は落ち着いてたから」

素晴らしい~
さすがハタケ

廊下では相変わらず大暴れのベクターご一行様
お静かに…



~レベルR~
アラン、サラ
実験にはジュリアの知識が必要だ
ジュリアを捜しに、鉄格子を破り(無茶すんなよ)、強引にレベルRへ向かう

静まり返った暗闇の廊下

ドアのガラス窓から向こう側を照らしても何も見えず
「廊下の突き当りに何か居るわ」

その瞬間、どこかからかゾンビ化した何体もの研究員が、ドアの隙間からサラに掴みかかる

「逃げろ==」

いったん上階へ

おいおい、ドア越しだったから良かったようなものの、無茶はいけませんアラン博士

「ドリーン、ジュリアの次に、君まで失ったら大変だ。患者たちの治療が最優先だが、それが無理なら隔離だ。我々もろとも」


~レベルRトリアージ室~
ジュリア、ハタケ
痙攣するジュリアに鎮静剤を打つハタケ
「君はすぐに元気になるから大丈夫だ」

これって、本当に鎮静剤かい?
なんか赤い液体す


「眠るといい」
ジュリアは眠りにつく

あぁぁ~~
相変わらず、素晴らしき微笑みの貴公子だ
癒される=

んで、ハタケ、いきなり隠し扉の奥に消えていったぞい

この研究所、いくつ隠し扉あんだろう
テレビゲームみたいで面白い~



~某建物~
バリエセロス目を覚ます

バリちゃん、いきなり裸?

手錠で拘束されていた

どこかの小屋っぽいけど、北極にこんな所あったのかい?

そこは、トンラー地区保安官アナナの家だった

なんだか普通の家…
こんな酷寒の地で?
しかも、女?
そりゃ、大変だね

バリエセロスが「セルジオです」って自己紹介してたよぉ
セルジオだなんて初めて聞いたし==


アナナの目的は、北極バイオシステムズの調査だった


~ラボ~
アラン、サラは、ウィルスが細胞を攻撃し運搬するメカニズムを探る
「一体何を運んでいるのか?」

そこへ、ハタケ登場!!

良くぞご無事で
レベルRからの復活おめでとうございます
傷はもう大丈夫すか?


アラン怒り爆発!!
「ウィルスの中身は一体何なんだ!ピーターをラットにしやがって=!」

まぁまぁ~(*゚∇゚;)ノノ

アランの剣幕に、ハタケついにウィルスについて説明する
「ナルヴィクは運搬メカニズムだ」
「目的は?」
「治療不可能な病の治療だ。まだ未完成だが」

不治の病を治せるかもしれないのは凄いけど、あんなゾンビみたいになっちゃったら困るなぁ


~所長室~
ハタケ、ダニエル
ハタケがレベルRに行っていた間に起きた事を報告するダニエル
バリエセロスの目的がヴィット博士だった事
バリエセロスを始末した事

「何~~始末しただと!?バリエセロスからの報告が途絶えたら、彼らが来るだろっ」
ハタケはダニエルを平手打ち

おおぉー
素早い手の動き
ダニちゃん避ける暇なかったね~
微笑みの貴公子がついに変身したぞ
(゚д゚;)きょわい



~アナナ宅~
アナナが知りたいのは、北極バイオシステムズで行われている研究の内容と、子供たちの行方だった
「子供たち?」
一体何の事を言っているのか全く判らないバリエセロス


~レベルRトリアージ室~
ジュリア目覚める
「ここどこ?」

暖炉
フカフカのソファー

いい所~
幻覚?


向かい側のソファーには人形を抱っこしている少女
ピーターも居る

これは…
完璧に幻覚でしょう


ジュリアは少女に話しかける
「私はジュリア」
「私と同じね」

つーか、この少女はジュリアなんだね?


~ラボ~
アラン、サラ
ドリーンが研究してた時と同じ黒い細胞が爆発的繁殖力を示す
細胞の消滅は冷気だった

「人間も冷気によって感染を消滅できるだろうか?」

よ~し、ピーターを冷却するぞー

レベルGに寒冷療法のラボがある
担当は、エイドリアン博士


~アナナ宅~
アナナによると、「ここ20年間で31人の子供が行方不明になっている」と
施設に入ってから子供の姿を全く見ていないバリエセロスはいまいち信じきれていないようだが…


~レベルG~
エイドリアンに寒冷療法の依頼

エイドリアンってば、のんびりテレビ観て~酒飲んで~
「隔離状態はいつまで続くんだ?私を一番に脱出させてくれよ」←この条件で寒冷療法をやってくれそう

私の友人たちに挨拶をしてくれ~
と何を見せられるのかと思ったら!
水槽の中で普通に生活するラットたち
すご==
このラットは、肺で呼吸してないって事?



~アナナ宅~
アナナが外に出た隙に、ピッキングで手錠外すバリエセロス
窓から外を覗うと…
アナナとダニエルが笑顔で挨拶を交わしていた

ダニちゃんの爽やかな笑顔ー
北極バイオシステムズでのダニエルは難しい顔して笑顔ないもんね


バリエセロス、外に飛び出しダニエルに襲い掛かる!
「お前たち2人とも、ハタケの手下か?」
「何するのよ、彼は私の弟よ。トゥルークよ」

トゥルーク?
あれ?
ダニエルじゃないのかい


アナナが一枚の写真を見せる
そこには子供が3人写っていた
1人はアナナ
そして、双子の男の子
「私と弟たちよ。トゥルークとミクサ。ミクサは4歳の時に行方不明になったの」

バリエセロスはここで初めて、自分も知らない何か大きな事が起きていると悟る「研究所に戻らないと…」
「私も行くわ」


~レベルG~
ピーターの寒冷療法開始
「低体温法、臨床試験テイク1!」

注水~

ちょっとー
水死しないのかい?


肺にも水が入り込み、呼吸は一旦止まる

死んだ?

「大丈夫?普通は水死よ」
「サルやラットもそうだったから大丈夫さ」

ちょっとー
心停止しちゃったけど…



ピーーーーーーーーー(ご臨終)


「もう少し待ってみよう」


心臓が動き出す

やったね、ピーター♪

アランたちを盗み見するハタケとダニエル
「CDCは突破口を見つけたみたいだな」


~施設の外~
ハタケ、ダニエル
バリエセロスの遺体を確認しに向かうが、残されていたのは血痕のみ
「上着もブーツも脱がして、ここに放置したのに…」
「誰かが運んだな」

徐々に近づくヘリの音
「彼らが来た」


~アランの部屋~
アランとサラにもフライト接近音が聞こえていた
サラ「良かった。助けが来た」
アラン「私は呼んでない…」

って、お前たち、イチャイチャしてる場合じゃないぞ

だいたいアランなんて、50歳くらいでしょう?
こんな26歳の小娘に手を出すなんて…



~レベルRトリアージ室~
ジュリア目を覚ます
激しい頭痛

彼女の目が銀色に輝いていた

かっけー(〃゚∇゚〃)


(第7話へつづく)


今回のタイトルは「兄妹」
最初、アナナたちの事?って思ったけど、そうならば「姉弟」だよね

となると…
ハタケとジュリアって、もしや、兄妹なのかい?

まあ、さすがに、父娘ではないよね~


海外スター・ドラマ
[PR]
# by by569 | 2015-03-23 00:33 | HELIX-黒い遺伝子-
■CSI:4 科学捜査班
#91(シーズン4-22) 潰れた手 「No More Bets」

■監督 リチャード・J・ルイス
■製作総指揮 ジェリー・ブラッカイマー他

■キャスト(レギュラー)
ウィリアム・ピーターセン(ギル・グリッソム→昆虫学)
マージ・ヘルゲンバーガー(キャサリン・ウィロウズ→血痕分析)
ゲイリー・ドゥーダン(ウォリック・ブラウン→オーディオ・ビジュアル分析)
ジョージ・イーズ(ニック・ストークス→毛髪・繊維分析)
ジョージャ・フォックス(サラ・サイドル→要素・元素分析)
エリック・ズマンダ(グレッグ・サンダース)
ロバート・デヴィッド・ホール(アル・ロビンス)
ポール・ギルフォイル(ジム・ブラス)

■キャスト(ゲスト)
スコット・ウィルソン(サム・ブローン→カジノオーナー)
モーリー・チェイキン(ジョセフ・グリーン/ジョー・ランダース→セスの父)
ニコラス・リー(クリス・ベジッジ→アシッドクラブオーナー)
エディ・ケイ・トーマス(セス・ランダース→西ラスベガス大学院生)
マーク・ダーウィン(ジェイムズ・マンデルバウム弁護士)
ウォレス・ランガム(デヴィッド・ホッジス→CSIスタッフ)
ジャスティン・ユーリック(アーニー・メンロ/テディ・ケラー→被害者)
デヴィッド・バーマン(デヴィッド・フィリップス→CSIスタッフ)
ジョセフ・パトリック・ケリー(ジョー・メトカーフ警官)
エドマンド・ワイソン(ディヴァイン警官)


<ストーリー>

~ネオン廃棄場~
男性の遺体が発見される
現場担当は、グリッソム、キャサリン、ブラス

現場の状況と証拠品は…
1.死因は後頭部にうけた銃弾2発(近距離から発射)
2.被害者はアーニー・メンロ(偽名らしい)
3.高級腕時計ロレックスや財布は取られていない
4.金髪のカツラ着用(変装用)
5.薬莢なし(プロの仕業?)
5.手の甲に裂傷
6.遺体周辺にネオンの破片多数
7.遺体周辺にタイヤ痕

アーニーの衣服からランパートカジノの利用書が出て来た
それによると、相当の金額を勝っていたようだが、現在、遺体のそばに現金はない

おいおい、金はどこ行った?
強盗が目的?
でもロレックスは盗まれてないし…


ランパートカジノ、ネオン廃棄場、どちらもカジノ王サム・ブローン所有の為、キャサリンには捜査から外れてもらう

ちなみに、
みなさま、もう知ってると思うけど、サムはキャサリンの父さんだぜ

キャサリン、いきなりの休暇GET?
やったね!(〃゚∇゚〃)



~検死室~
デヴィッド、ウォリック、サラ
アーニーのロレックスは本物、にもかかわらず靴下が穴開きで一同ビックリ
ウォリック「貧乏くせぇ=」


~ランパートカジノ~
グリッソム、ブラス
サム・ブローンに話を聞く
「ルーレットであんなに稼げる訳がない。あの男はイカサマしたが殺してはいない」

ホールディングルームで話を聞いたって言ってたけど、なんか怖い部屋だよ
防音っぽいし、無機質な拷問室って感じ


ホールディングルームから血液反応は出なかった


~検死室~
ロビンス、ウォリック
アーニーの検死結果は…
1.足の裏に痣(その痣は靴下の穴と符合)
2.唇が腫れている=死ぬ1~2時間前に殴られている(ホールディングルームでやられたか?)
3.頭部から摘出した弾は銅メッキ
4.両手甲は鈍器で潰されている

ウォリック「ハンマーかな?」
なんでも、昔はイカサマするとハンマーで殴られたんだってー
賭け事に詳しいウォリックのプチトリヴィア披露でした



~CSI~
ウォリックがアーニーの靴を調査
中敷を外すと靴底から小型コンピューターが見つかる
「算出方法は?」
「アーチーが調べてる」

って言ってたけど、アーチーは登場しなかったなぁ
残念…


アーニー・メンロの本当の名が、テディ・ケラーと判明


~テディ・ケラーの部屋~
グリッソム、ウォリック、ブラス
テディの部屋調査
室内には本物のルーレットホイールが設置してあり、本格的にルーレットの研究をしていたようだ

奥のベッドルームへ
すると、テディのルームメート、デイヴィス・マリンズが死亡していた

デイヴィスの検死結果は…
1.頭部に銃弾2発
2.襟に血痕
3.右肩に白い付着物
4.室内で、靴底にコンピューター内蔵した靴発見
5.部屋の外通路から、テディの殺害現場に落ちていたものと同じようなネオンの破片発見


~CSI~
グリッソム、ホッジス
部屋の外通路に落ちていたネオンガラスの破片と、テディ殺害現場の廃棄場に散乱していたネオンガラスが一致した

また、靴底から見つかったコンピューター内蔵送信機に残されていた指紋は、セス・ランダースと判明


早速セス・ランダースの事情聴取「殺人については全く知らない、靴に仕込むコンピューターを作っただけ」と証言する


捜査から外されたキャサリンだったが、テディの殺害現場に残されていたタイヤ痕が、大型の車キャデラックだと突き止めグリッソムに報告
「サムはキャデラックが好きで今も乗ってるわよ~」


よ~し、これまた早速キャデラック押収
タイヤ溝にネオンガラス発見!!

廃棄場に行ったって事だよね
状況証拠だけど


キャデラック後部座席から血痕が見つかる

「サム・ブローン、テディ殺害容疑で逮捕する!!」


ホッジスからの報告
デイヴィスの右肩に付着していた白い物質はナバホホワイトだった


~ランパートカジノ~
ウォリックが電子ノイズを計測
ランパートのような古いカジノだとシールドが完全ではない為、ノイズが半端ない
新しいカジノでイカサマした方がコンピューターの性能を発揮できるはずだが…
セスたちが、サムのカジノだけを狙ったとなると、何か理由があるのかもしれない


~CSI~
ウォリックは、セスの父ジョー・ランダースに会いに行く


~ジョー・ランダース宅~
ジョーの手の甲にも潰された痕が残っていた
「その手の傷はどうした?」
「昔、事故で…」

怪しい!!!
ウォリックのトリヴィアが正しければ、ジョーも昔イカサマし、手を潰されたと考えられる



~CSI取調室~
サム・ブローンとジョー・ランダースを対面させてみる

「あの2人は顔見知りだな」遠くから観察するグリッソムたち

次に、ジョーの取調べ
「イカサマなんてした事ない。実力で勝ってたのにカジノから追放されたんだ」
セスの友達テディ&デイヴィスの殺害は否定
ジョーは「サムを疑え」と言うが…


~セスの寮~
ニック、ウォリック
セスの寮調査
すると…
いきなりゴミ箱から凶器と思われる銃発見!!!


~CSI~
ニック、ウォリック
ゴミ箱から発見した銃の線条痕が犯行に使われたものと一致する
しかし、イカサマ用の装置を作り、仲間を殺して、自分の寮のゴミ箱に凶器を捨てるだろうか…
テディを殺害した弾は、銅メッキ
デイヴィスの弾は、真鍮メッキ
弾の装填位置から、デイヴィスが先に死んで、その後でテディと判明する
「ずっとテディが先だと思ってた!」

おいらもそう思ってたよ


グレッグ「寮で見つかった銃を包んでいたシャツの血痕はデイヴィスのもの、シャツの裏面の上皮組織はセスのもの」
と言う事は、
セスが着てたシャツで、セスがデイヴィスの血痕に触れたと言う事だ

「じゃ、サム・ブローンは無実だな」
なんとも悔しそうに呟くグリッソム


~拘置所~
ウォリック「このままだと犯人は君になるぞ」
セスはやっと口を開く
「テディとデイヴィスのアパートに行ったら、デイヴィスが死んでた。その時、デイヴィスの血液がシャツに付着した。一度も銃なんて使った事ないよ」

セスによると、シャツに血がついてしまった経緯を話し、父親にシャツを渡したと

自分の父親にはめられたって事?
まさかねー
でもあの親父だったら、やらかしそうだ



~ジョー・ランダース宅~
グリッソム、ウォリック
ジョーの自宅を家宅捜査
しかし、何も出ない
すでに証拠隠滅した後だろう

しかし!!
グリッソム、重要な証拠発見!!
キーフックのキーに白いペンキを見つける


~改装中のジョーの家~
つや消し塗料ナバホホワイトが置かれていた

デイヴィスの右肩に付着してたペンキだね

クローゼットから黒いバッグ発見
中には札束

これで殺人犯は父ちゃんと確定~

でも、ジョーは、サム・ブローンを殺人犯に仕立てるため、デイヴィス、そしてテディを殺し、サムのやり方でテディの手の甲を傷つけ放置したんでしょう?
それなのに、凶器の銃を息子の寮に捨てて、息子が犯人になっちゃっても良かったって事?
一体何を考えてるんだか…
よく判らん

その後、セスとサムが一緒に居てキャサリン愕然
「イカサマ対策にセスを雇ったんだ」
サムすごいわ
自分のとこでイカサマしてた人物を雇い入れちゃうんだからね

それ以上に、友達を殺され、父ちゃんに罪を擦り付けられても気にしないセスって、たくましいわ~




<ちょいと新発見&簡単メモ>

1.グリッソムは、足の指や裏がどれだけ器用なのか電話のプッシュダイヤルで試してます
それを見つけたキャサリン、目がテン
グリッソムってお茶目~

2.キャサリンは、急遽休みになり、クリスとデートしてます♪
そこへ、突然サム・ブローン登場し、キャサリンと口論
しかもサムってば、去り際にクリスに「君はキャサリンとは不釣合いだ」と失礼な事言っちゃって~
ひど過ぎるっ!!
クリス悲しい…

クリス「ブローン氏とどういう関係?」
キャサリン「母と寝た男よ」
さすがに自分の父さんだとは言わなかったですねー

3.ニックは、せっかくグリッソムに昇格の推薦状を出してもらったのに、予算の関係で昇格出来ませんでした(シーズン4の第11話「地獄の12人」参照)
残念だったなぁ
しかも、ニックの推薦状を出したと知ったサラは、グリッソムにイヤミタラタラ

4.検死官デヴィッド・フィリップスは、ランパートカジノと相性が良いようで、結構な金額をGETしてるとプチ自慢
グリッソム、全くスルーしてますけどね

5.キャサリンの彼クリス・ベジッジ役のニコラス・リーは、シーズン4の第15話「盛者心衰」、第16話「向こうの世界を見た女」に続いて、3度目の登場です

6.警官ジョー・メトカーフ役のジョセフ・パトリック・ケリーは、準レギュラー的にこれからも登場しますが、シーズン1の第1話ではホテルセキュリティー役で出ています


海外スター・ドラマ
[PR]
# by by569 | 2015-03-21 00:04 | CSI:4

英国王のスピーチ

f0039573_218426.jpg■英国王のスピーチ 「The King's Speech」 2010年・英/豪

■監督 トム・フーパー
■製作総指揮 ジェフリー・ラッシュ、ティム・スミス、ポール・ブレット他
■脚本 デヴィッド・サイドラー

■キャスト
コリン・ファース(ジョージ6世)
ヘレナ・ボトム=カーター(エリザベス)
ジェフリー・ラッシュ(ライオネル・ローグ)
マイケル・ガンボン(ジョージ5世)
ガイ・ピアース(エドワード8世)


<ネタバレしてますぅ>

基本的にB級映画が好きだし、観るのもB級が圧倒的に多いんだけど、何故か観てしまった
こんな大作を…

テレビつけたら、やってたんだよね
で、何気に観てたらやめられなくなっちった
やっぱり面白いな
(〃゚∇゚〃)


言語聴覚士ライオネル・ローグ「私はオーストラリア出身です」って言ってたけど、ローグ役演じるジェフリー・ラッシュもオーストラリア出身なんだって
ジェフリー・ラッシュと言えば、ホラー映画『TATARIタタリ』(1999)のプライス役ですぜ
しかも主役よ
一方はアカデミー賞GETする作品だし、もう一方はB級ホラーだし…
この人、なんでも挑戦しますね

シンプソン役のイヴ・ベスト、ちょいブスじゃね?
と思ったけど、『ナース・ジャッキー』シリーズに出演してる有名な女優さんだったんですね
ナース・ジャッキーの時はそんなに変に見えないんだけどなぁ
シンプソンはありえなかった


さて、ジョージ6世は、超あがり症の癇癪持ちの頑固者(どんだけよ)
何かある度に、ライオネルに対してイライラぶつけ、「大丈夫だよ」「簡単な事だよ」と言われてやっと落ち着く~みたいな、ビックリする程、まるで子供だった

ライオネルの存在は、「これがあれば絶対に大丈夫!」の御守り的な感じですね

もしもライオネルにもし出会ってなかったら、この人、どうなっちゃったんだろうか
それを考えると恐ろしいわ
(o´・ω・`o)


海外スター・ドラマ
[PR]
# by by569 | 2015-03-19 00:04 | ア行
f0039573_20422565.jpg■ゼロ・グラビティ 「Gravity」 2013年・米

■監督 アルフォンソ・キュアロン
■製作 アルフォンソ・キュアロン、デヴィッド・ハイマン
■脚本 アルフォンソ・キュアロン、ホナス・キュアロン
■音楽 スティーヴン・プライス

■キャスト
サンドラ・ブロック(ライアン・ストーン)
ジョージ・クルーニー(マット・コワルスキー中尉)
エド・ハリス(宇宙管制センターからの声)


<ここからネタバレすー>

あぁぁぁ
宇宙の船外活動って、観てるだけで息苦しくなるぞー
映画の内容と同化しすぎる体質ってのも問題だな

基本的に乗り物酔いやすい体質なので、観てると気分悪くて吐きそうになっちゃったよ
映画館だったらヤバかった
自宅で良かったよ
(´・ω・`)


音が全くない世界って地球上ではなかなか体験出来ないんじゃないかな
しかし画面を通して何となくイメージ掴める
無音でたった独り、これは凡人では耐えられない恐怖だと思うね

このまま死のうか…という気持ちに自然と変化していくのはとってもよく判るぞ~
そんな時に登場のマット・コワルスキー中尉!!
これは酸欠による幻覚なのか、それともライアンが片足あちらの世界に入っちゃったせいでマットの意識と出会えたのか
いや~彼が出てきた時、マジにホッとしちゃった
(〃゚∇゚〃)


この映画を観て本当に宇宙飛行士ってすごい職業だなと痛感
おいらは絶対にダメだぁ
=ム=(´・д・`|||)=リ=

映画観ただけで酔っ払ってるくらいだもんね


宇宙管制センターからの声は、エド・ハリスだったんだってー
トム・ハンクス主演『アポロ13』(1995)の時からずっと管制センターに勤めてるのぉ?
クランツさん!


海外スター・ドラマ
[PR]
# by by569 | 2015-03-17 00:40 | サ行

男はつらいよ 望郷篇

f0039573_20162759.jpg■男はつらいよ 望郷篇 1970年・日

■キャスト
渥美清(車寅次郎)
倍賞千恵子(諏訪さくら)
森川信(車竜造・おいちゃん)
三崎千恵子(車つね・おばちゃん)
前田吟(諏訪博)
笠智衆(御前さま)
太宰久雄(梅太郎・たこ社長)
佐藤蛾次郎(源さん)
津坂匡章(川又登)
中村はやと(諏訪満男)

長山藍子(三浦節子)
井川比佐志(木村剛)
杉山とく子(三浦富子)
松山省二(石田澄雄)
木田三千雄(親分)


<ねたばれ感想などいろいろ>

シリーズ第5作でーす

おいちゃんがついにっ、あの世へ!?
と言う夢で、寅さん目覚め、心配で電話してみたら「おいちゃんがもう死にそうなのよ」って言うじゃないか
正夢===(゚д゚;)

こうなったら葬式は自分が仕切らねば!
力んで帰って来るが、まあ、それはみんながついたウソで、またしてもテンヤワンヤですよ
もう葬儀屋や仕出し屋に手配しちゃってんだよ
寅さんらしいといえば寅さんらしいけど、流石に気が早すぎるよね


今回のマドンナは、豆腐屋の娘・長山藍子
おばさんになってからの長山藍子しか知らないからなぁ
あんなに若い頃もあったんだな(当たり前っ)
可愛いね~
顔、まん丸
(〃゚ー゚〃)

テレビドラマ版の寅さんでは、さくら役が長山藍子なんでしょ?
で、おばちゃん役は杉山とく子
諏訪博役は井川比佐志という
テレビ版ファンにはたまらないシリーズだったのではないでしょうか

まあ個人的には井川比佐志さんのキャラがちょっと苦手なので、おいらは、完璧に前田吟の方が良いっ!
だって井川さん、顔怖いでしょう
イライラ顔っての?


「寅さん、カタギになる」←今シーズンのキャッチフレーズ
どんな仕事したらいいか、団子屋のみんなでいろいろ考えてあげても、あれはダメ、これはイヤって…
寅さんったら、どんな仕事ならいいのさ~
一応彼のイメージとしては、「汗して働く」のが希望みたい
機関車の運転士みたいなね~

で、結局、たこ社長の印刷所で働くって…
だいぶ近い場所で見つけたね~
残念ながら、あっという間にクビだけど

あのオーバーオール姿の寅さん、超可愛かった
何故か『Drスランプ アラレちゃん』の則巻千兵衛が思い浮かんだぞ


団子屋を後にして、寅さんがカタギの仕事として見つけたのは豆腐屋職人
もしもこのまま節子と結婚…なんて事になったら、本当に普通の暮らしが出来たかも~ってくらい豆腐屋が馴染んでたよ
すっかり豆腐作りも出来てるし、地域にも溶け込んでるしね

いけなかったのは節子さんの態度よ
あんな言い方では勘違いするさ
まるで告白みたいだもの~
源さんも「おめでとうございます」って言ってたしね
誰もがそう思うよ
これは寅さんが可哀想だった…

こうなるだろうと、さくらは判ってたから、心配だったんだろうな
お兄ちゃん想いだなぁ

やっぱりさくらは絶対に倍賞千恵子じゃないとダメだなと今作品観て痛感したわ
もしもさくらが長山藍子だったら、う~ん、観なかったかも…


海外スター・ドラマ
[PR]
# by by569 | 2015-03-15 00:14 | 男はつらいよシリーズ
f0039573_22224550.jpg■ザ・レッジ -12時の死刑台- 「The Ledge」 2011年・米

■監督 マシュー・チャップマン
■製作 モシュ・ディアマント、マイケル・メイラー、マシュー・チャップマン
■脚本 マシュー・チャップマン
■音楽 ネイサン・バー

■キャスト
チャーリー・ハナム(ギャビン・ニコルス)
テレンス・ハワード(ホリス・ルセティ巡査)
リヴ・タイラー(シェイナ)
パトリック・ウィルソン(ジョー→シェイナの夫)
ジャクリーヌ・フレミング(アンジェラ→ホリスの妻)
クリストファー・ゴーラム(クリス→ギャビンの同居人)


<ここから、キャスト話&ネタバレしてます>

監督、脚本、製作を担当してるマシュー・チャップマンは、ケヴィン・クライン主演の『隣人』(1992)や、ブルース・ウィリス主演の『薔薇の素顔』(1994)の脚本なども担当しています
なかなか名作ですな
特に『薔薇の素顔』好きです

ギャビン役のチャーリー・ハナム…
知らないぞ~
この作品で初めて知ったわ

と言ってた矢先、チャーリー・ハナム出演作『デッドフォール 極寒地帯』(2012)観ました
この人って、超可愛い目してる
ワンコみたい
(=´・∀・`=)

ギャビンと恋に落ちるシェイナ役は、リヴ・タイラーなんですがね~
ポーッとしてるのに大胆という、何ともこれは罪な女ですな
罪といえば、『ロード・オブ・ザ・リング』シリーズでは女子に大人気のヴィゴ様を奪い…
死刑じゃ!

シェイナの夫ジョー役は、パトリック・ウィルソン
こいつがね~
厄介なのさ
見ただけで何かやらかしそうな厄介顔だけどさ
ちょいとイラッとしたぞ
風吹いても動かない感じの前髪もどうかと…
『ハードキャンディ』(2005)では、アソコをちょん切られそうになったり、『インシディアス』(2010)では、あちらの世界へ行っちゃったりと、へんな役多し

ちょっと嬉しかったのは、ギャビンの同居人クリス役のクリストファー・ゴーラムを久々に観られた事!
しかもホモ役
似合うぜ(ノ≧∇≦)
テレビドラマ『ハーパーズ・アイランド 惨劇の島』夢中で観てましたよ!


さてさて~
先日観た『崖っぷちの男』(2012)と似た感じかい?と思ったら、内容は全く違ってました
なかなか面白いよ!

最初ギャビン役のチャーリー・ハナムが全然かっこよく見えなくて、どうしてシェイナはこんな男に惹かれた訳?とちょい疑問だったんですが~
それがどうして!
観ているうちに何故だかギャビンの愛嬌ある顔が妙に可愛くてねー
愛すべきキャラだよ

それに引きかえ、「誰かぁー!ジョーを何とかして~」
押し付け宗教家の執着心MAX状態は誰にも止められません
どこか一点を見つめ、瞬きしねぇし
おおぉ、怖っ
(゚д゚;)


ギャビン、シェイナ、ジョーの三角関係だけじゃなく、ホリス巡査の家庭問題も描かれていましたね
それに関しては賛否両論だと思いますが、まあ時間的にホリス巡査問題を掘り下げるのには限界があるかもしれませんので、ここはバッサリとホリス巡査はただの交渉人という設定でも良かったかもね~

しかし、特に着飾ってる訳でもないのに、妙にむっちり色気ムンムンのリヴ・タイラー様
スゴイす
とは言え、ギャビンも死ぬ事はないよね~

何とも切ない話です


「誰か、ジョーを止めて~」


↑これに尽きる!


海外スター・ドラマ
[PR]
# by by569 | 2015-03-13 00:21 | サ行