小六のB級A画館 by569.exblog.jp

ジュリアス・シーズー・小六です。ほぼネタばれ有り、ややB級寄りだから、ご注意を。ここでは気に入っている映画&海外ドラマを紹介してます。画像・イラストの無断持ち出しは禁止でございまする。


by by569
プロフィールを見る

CSI:科学捜査班 #7 惨劇の家「Blood Drops」

■#7 惨劇の家「Blood Drops」
Csi: Crime Scene Investigation - First Season

■製作 ウィリアム・ピーターセン他
■製作総指揮 ジェリー・ブラッカイマー他

■キャスト(レギュラー)
ウィリアム・ピーターセン (ギル・グリッソム)
マージ・ヘルゲンバーガー (キャサリン・ウィロウズ)
ゲイリー・ドゥーダン (ウォリック・ブラウン)
ジョージ・イーズ (ニック・ストークス)
ジョージャ・フォックス (サラ・サイドル)
ポール・ギルフォイル (ジム・ブラス)

■キャスト(ゲスト)
アリソン・ラング (ティナ・コリンズ→姉)
ダコタ・ファニング (ブレンダ・コリンズ→妹)
エリック・ネニンジャー (ジェシー・オヴァートン→ティナの恋人)
ティモシー・カーハート (エディ・ウィロウズ→キャサリンの元夫)
マディソン・マクレイノルズ (リンゼイ・ウィロウズ→キャサリンの娘)
ロバート・デヴィッド・ホール (アル・ロビンス→検死解剖医)
エリック・ズマンダ (グレッグ・サンダース→CSIスタッフ)
ジョン・チャーチル (シブリー→CSIスタッフ)
デヴィッド・バーマン (デヴィッド・フィリップス→CSIスタッフ)
マーク・バーン (エクリー→CSIスタッフ)
グレン・モーシャワー (ブライアン保安官)
スキップ・オブライアン (オライリー刑事)
ジョナサン・T・フロイド (救急救命士)


<あらすじ>

一家惨殺事件が発生する。
被害者は、その家に住む両親と、2人の10代の息子たち。
女子高生の姉と幼い妹は、ショック状態で保護される。



今回は珍しく、CSIメンバー全員が一つの事件を担当してます。
殺害現場は、惨殺極まりない状況で、担当刑事や若手CSI職員達みんな気持ちが悪くなってしまって、そこら辺でゲーゲー。
現場確保だぞ!
そんな所に吐いちゃって良いのか。。(素朴な疑問)

グリッソムは細かい現場検証ほか諸々、キャサリンは血痕の見取り図作成、ニックとウォリックは庭で証拠探しなどを担当。
サラは、家でテレビニュースを見て現場に駆け付けます。
すごい仕事魂!
もともと休みだったのか、それとも仕事が終わって帰った所だったのか。
どちらにしても、自分だったら現場に来たくないなぁ~
やっぱりみんな、結局は仕事が好きなんですねー

被害を逃れた姉妹の妹・ブレンダ役で、まだ若干6歳のダコタ・ファニングが登場しています。
事件のショック状態が続いているため、セリフもあまりなく、表情も乏しい役ですが、存在感はバッチリ。
目がクリクリしていて可愛いですね。

サラは、グリッソムからブレンダを見るよう指示されます。
サラは子供が好きじゃないし、どうして子守をしなければならないのかとグリッソムに反抗してみますが、結局は子守役決定~
ブレンダもサラに懐き、だんだん面倒を見るようになって来るサラなのでした。

しかし、ガールフレンドに頼まれたからって、一家惨殺出来ますか?
そこまで自分を犠牲にして殺人者になれるのかな~と疑問に思います。
ティナとブレンダは本当に可哀想だと思いますが。。

これから先、ブレンダは大丈夫なのでしょうか。
精神的な安定や、人間的な生活を手に入れる事が出来るのでしょうか。
今回のお話は、いろいろ突詰めて考えると、なんだか暗~くなってしまいますね。



<ちょいと新発見&簡単メモ>

1)グリッソムは、クロスワードパズルが好き(第4話でキャサリンが言ってたセリフは事実だったと判明)
※第4話の<ちょいと新発見&簡単メモ>参照
2)グリッソム、キャサリン、ニック、ウォリック、サラは同じチームだが、このメンバーは夜間担当らしい(。。って、この方達、昼夜関係なく仕事やってるけどね)
ちなみに、エクリー率いるグループが昼間担当
3)キャサリンが、元夫エディに養育義務違反で訴えられる
4)ニックは、シャロン・ストーンのような女性は好みじゃない
5)サラは、子供が好きじゃない
[PR]
by by569 | 2006-03-06 09:44 | CSI:科学捜査班