小六のB級A画館 by569.exblog.jp

ジュリアス・シーズー・小六です。ほぼネタばれ有り、ややB級寄りだから、ご注意を。ここでは気に入っている映画&海外ドラマを紹介してます。画像・イラストの無断持ち出しは禁止でございまする。


by by569
プロフィールを見る

CSI:4 科学捜査班 #71(シーズン4-02) 狂気の仕置人 「All for Our Country」

CSI:4 科学捜査班
#71(シーズン4-02) 狂気の仕置人 「All for Our Country」

■監督 リチャード・J・ルイス
■製作総指揮 ジェリー・ブラッカイマー他

■キャスト(レギュラー)
ウィリアム・ピーターセン (ギル・グリッソム→昆虫学)
マージ・ヘルゲンバーガー (キャサリン・ウィロウズ→血痕分析)
ゲイリー・ドゥーダン (ウォリック・ブラウン→オーディオ・ビジュアル分析)
ジョージ・イーズ (ニック・ストークス→毛髪・繊維分析)
ジョージャ・フォックス (サラ・サイドル→要素・元素分析)
ポール・ギルフォイル (ジム・ブラス)
ロバート・デヴィッド・ホール (アル・ロビンス)
エリック・ズマンダ (グレッグ・サンダース)

■キャスト(ゲスト)
ジョン・ドーマン (スレーター判事)
スコット・アラン・スミス (スチュアート・ガードナー→スレーター判事のスタッフ)
デヴィッド・アンドリュース (フロマンスキー刑事)
ロンバルド・ボイアー (コモンズ私服警官)
マイケル・ロペス (ノーリン私服警官)
マリソル・ニコルズ (ジェーン→911緊急電話窓口)
パトリック・ストグナー (ブラッドリー少年→目撃者)
ネイト・トーレンス (ダニエル・オハニシー→アメフトファン)
パトリス・フィッシャー (スポーツバーのウェイトレス)
アンドリュー・リーズ (トム→ダニエルの友人)
ダン・チェイス (フットボールファン)
デヴィッド・バーマン (デヴィッド・フィリップス→CSIスタッフ)
アーチー・カオ (アーチー・ジョンソン→CSIスタッフ)
ポール・フランシス (リッチ→CSIスタッフ)
スキップ・オブライアン (オライリー刑事)


<ストーリー>

(第1話からのつづき…)

容疑者であるクラインフェルド夫妻の家へ入ると、キャメロンとマンディは銃で撃たれ既に死亡。
外には私服警官も配備していたにもかかわらず…
私服警官に話を聞くと、「23時頃、近くで警官への発砲事件が発生したと言う無線が入り、事件現場に向かった」と。

私服警官がその場を離れた隙に殺害が行われた事、しかも警察の情報をすぐに掴んでいる事、また、はっちょく(=発生直後)などの専門用語を使って通報している事から、グリッソムは、内部の犯行を疑う。


現場の状況と証拠品…
1.キッチンの勝手口付近にあった靴跡
2.クラインフェルド家へ入っていった警官の制服姿の男

今回は証拠探しにグレッグも現場へ。

グレッグは重要な証拠を発見する。
堀の水路に捨ててあった警官の制服である。
本物の制服ではなく、何処かの店で購入したものと判明。
その制服からに染み付いていた汗=DNAの採取に成功するが、一致するDNA登録者は存在しなかった。

しかし、キッチンの勝手口で見つけた靴跡を調べると、ある文字が浮かび上がる。
そこから導かれた犯人は、スレーター判事のスタッフであり元警官のスチュアート・ガードナー。

グリッソムは当初、事件の情報をいち早く知りすぎている事から、犯人は内部の人間だと疑っていたが、事件を知りうる人物には、令状を行使する判事も該当する。
そのスタッフであるステュアートは、釈放される恐れのある凶悪犯などを、私的に制裁を加えていたと告白。
世の為に行なっていると信念を持っての行動であった。


さて、キャサリンとサラの事件は、バスタブで数倍にも膨れ上がって死亡したダニエル・オハニシーの調査。

恐らく高温のお湯にさらされた事による火傷が原因。
しかし死因は火傷ではなく頭部損傷による脳内出血であった。
頭部を強打してから死亡するまでの時間は、約12~24時間前である事が判明する。

死亡推定時刻から逆算して、12~24時間前頃にダニエルに何があったか。

ダニエルは熱狂的なアメフトファンで、その日もスポーツバーの大画面でアメフトの試合を観戦していたと言う情報をキャッチ。

スポーツバーで話を聞くと…
ダニエルたちのグループと、相手チームを応援しているグループでちょっとしたケンカがあり、その時、頭部をいきなり殴打されたと判明する。

死因は、その時の傷が徐々に内出血を起こした為であった。


**********


(感想)

今回の事件は前回からの続きものでした。
たまには「つづく…」も良いですね。

ただ、事件に関係しているはず!と睨んだフロマンスキーが全然関係なかった訳ですか?
すごくもったいぶった態度の警官ですね~
あの強烈さからして、のちのち再登場があるかもしれませんね。

グリッソムも珍しくフロマンスキーが犯人に違いないと突っ走っていたようで、主任の別の一面を垣間見れて、妙に嬉しくなってしまいましたよ。
主任もやはり人間なんだなぁ~

キャサリンとサラが担当した事件の遺体。
あんなに膨れ上がってしまうものなんですね。
普通の姿のダニエルを見たらスッキリした青年で、いや~驚きましたよ。
恐ろしい……



<ちょいと新発見&簡単メモ>

1.グリッソムは、「このわたしが証拠を無視した」と落ち込んでます

2.フロマンスキー刑事に脅されても、グリッソムは全然平気そうな顔をしてましたが!
実は怖かったらしい…こっそり射撃練習してるし…
意外に命中率高し!

3.珍しくグリッソムとブラスが口げんかしてます
以前はブラスって嫌味で嫌われキャラでしたよね~
最近はずっといい関係を築いていたようだったけれど、実はお互い腹の中では言いたい事もあったと言う事か…

4.キャサリンが「CSIのみんなで一軒家を借りて住んでみる?」と言ったら、サラは「主任はイヤ」って言ってます
本心じゃないだろ~

5.私服警官ノーリン役のマイケル・ロペスは、前回のエピソード「終末の淵まで」では、殺害されたドミンゲス夫妻の夫役ですぜ
続きモノ2話に、違う役で出演?
なんと言うチャレンジャーなんだっ!
[PR]
by by569 | 2009-08-27 15:26 | CSI:4