「ほっ」と。キャンペーン

小六のB級A画館 by569.exblog.jp

ジュリアス・シーズー・小六です。ほぼネタばれ有り、ややB級寄りだから、ご注意を。ここでは気に入っている映画&海外ドラマを紹介してます。画像・イラストの無断持ち出しは禁止でございまする。


by by569
プロフィールを見る

失踪 「THE VANISHING」 1993年・米

■失踪-妄想は究極の凶器 「THE VANISHING」
失踪

■監督 ジョルジュ・シュルイツァー
■原作 ティム・クラッベ
■脚本 トッド・グラフ
■音楽 ジェリー・ゴールドスミス

■キャスト
ジェフ・ブリッジス (バーニー)
キーファー・サザーランド (ジェフ)
ナンシー・トラヴィス (リタ)
サンドラ・ブロック (ダイアン)


<あらすじ>
恋人同士で旅行中、彼女が突如行方不明に。
彼女を探し続けて3年。
ついに彼女を見つける糸口が。。



もう何年も前に、一度だけテレビで観た映画でしたが、この度、WOWOWで放送があり、また観る事が出来た作品です。
やはり面白いですね。

あれれ?
今気づいたんですが、この映画には、「妄想は究極の凶器」なんちゅ~サブタイトルが付いていたんですか?
昔観た時は、こんなタイトル、くっ付いていなかったような気がしますが。。

キーファー・サザーランドは、80年代~90年代前半は、結構売れている役者さんでした。
『フラット・ライナーズ』(1990)で共演したハリウッドの大スター★ジュリア・ロバーツと婚約していたのに、結婚数日前に突然ジュリアから一方的に婚約解消され傷心のキーファー。
その後からあまり活躍しなくなった気がします。

この80年代~90年代前半って、ハリウッドの若手男性スターが続々登場した時期だったと思いませんか~?
キーファー・サザーランドもそうですが、エミリオ・エステヴェス、チャーリー・シーン、ルー・ダイアモンド・フィリップス、クリスチャン・スレーター、ロブ・ロウ、アンドリュー・マッカーシーなど。

『セント・エルモス・ファイアー』(1985)、『ヤングガン』(1988)は、この手の俳優さんがたくさん出ていて、花盛り~って感じでした。

でもみなさん、現在はどうか?と考えると、やはりハリウッドで活躍し続けると言うのは至難の業なのですね。

まあ、キーファーに話を戻しまして。。
この役者ももうブームが去ったか。。と思いきや!
只今アメリカTVドラマ『24』で再ブレイク中!

そして、サンドラ・ブロック!
今ではもうハリウッドのスター格に大成長ですが、この頃はあまり知名度も高くなかったのですね。
初めてこの映画を観た時には、サンドラ・ブロックの事は知りませんでした。
彼女が映るのは、最初の30分くらいで、あとは、写真や回想シーンのみの登場。
それでも、可愛らしさの印象は、バッチリ残してくれましたよ。

この間、サンドラ・ブロック主演の『デンジャラス・ビューティー2』を観ました。
今も昔もほとんど変わらず若さを保っているのがスゴイ!



<さてさてネタ話に突入ですぅ>

しかし、ジェフ・ブリッジス演じるバーニーのキモイ事。
あの髪型!
乱れた長い前髪を、手で、かきあげ~かきあげ~それを耳にかける…
その前髪がまた落ちる~
くぅ~イライラする。
もっと短く切ってくれ!

バーニーは、学校の先生と言う地位もあり、自分を支える妻も、美しい娘も居る。
娘に尊敬されればされるほど、まるで自分が神にでもなったかのように善を感じるが、善と悪の両方を経験しなければ、真の善は理解出来ないと考え、悪を証明するための実験に使われるアンラッキーなダイアン。

彼女は、本当にツイテなかった。
ダイアンは、自分でも認識しない内に悪の歯車にハマってしまい、気づいた時にはもう戻れなくなっています。

でも人間が思いもしない事件に巻き込まれる瞬間とは、こんな簡単な事なのかもしれません。
今でも行方不明の未解決事件が多々ありますが、居なくなった本人には、ちゃんと現実に見えている景色があり、時間が経過しているのに、こちら側の人間には『あっという間に居なくなった。』と一瞬の出来事でしかない上に、時間がその時から止まってしまっているのです。

何故居なくなったのか、今どうしているのか、ダイアンの身に起こった出来事を体感する選択をしたジェフ。
体感できるチャンスが目の前にあるのは、ある意味ラッキーですか?
恐らくそれを選択してしまったら、後に待っているのは『死』である事は想像出来ます。
それでも、薬入りのコーヒーを飲む行為は、今まで努力し探して来た「問い」への「答え」が知りたいからなのでしょうか。
それとも、ただダイアンの事を愛しているからでしょうか。

現在のジェフの彼女・リタには、『もしも今、ダイアンが生きていたとしても、ダイアンではなくて君を選ぶ』と言ってましたが、いや、本当に目の前にダイアンが出て来たら、絶対にダイアンを選ぶと思います。

このような経験をしたからこそ、ジェフにとってのダイアンが、何か特別な存在になっているような気がします。
逆に、変な事件に巻き込まれず、ジェフとダイアンが恋人同士のままだったら、ケンカばかりして、あっさり別れていたかもしれませんしね。

一番最初にこの映画を観た時に、原作を読んでみたくなり、・・と言ってもじっくり読んでいませんが・・図書館で原作の最後の方をちょっと読みました。
映画とは違ったラストなんですよ。
なんか、絶望的な感じだったと記憶してます。

でも本当は現実ってこんなものかもしれません。
[PR]
by by569 | 2006-04-03 20:50 | サ行