小六のB級A画館 by569.exblog.jp

ジュリアス・シーズー・小六です。ほぼネタばれ有り、ややB級寄りだから、ご注意を。ここでは気に入っている映画&海外ドラマを紹介してます。画像・イラストの無断持ち出しは禁止でございまする。


by by569
プロフィールを見る

プレデター 「Predator」

f0039573_10111284.jpg■プレデター 「Predator」 1987年・米

■監督 ジョン・マクティアナン
■製作 ローレンス・ゴードン、ジョエル・シルヴァー、ジョン・デイヴィス
■脚本 ジェームズ・E・トーマス、ジョン・C・トーマス
■音楽 アラン・シルヴェストリ

■キャスト
アーノルド・シュワルツェネッガー(ダッチ少佐)
カール・ウェザース(ディロン)
エルピディア・カリーロ(アンナ)
ビル・デューク(マック)
ジェシー・ヴェンチュラ(ブレイン)
ソニー・ランダム(ビリー)
リチャード・チェイヴス(ポンチョ)
R・G・アームストロング(フィリップス将軍)
シェーン・ブラック(ホーキンス)
ケヴィン・ピーター・ホール(プレデター)



<キャストやネタバレ話いろいろ~>

監督は、『ダイ・ハード』(1988)、『閉ざされた森』(2003)のジョン・マクテョアナン

ダッチ少佐役に、『ターミネーター』(1982)、『トータル・リコール』(1990)のアーノルド・シュワルツェネッガー
ダッチ少佐に調査を依頼するディロン役に、『ロッキー』シリーズのカール・ウェザース
現地の少女アンナ役に、『サルバドル/遥かなる日々』(1986)、『美しい人』(2005)のエルピディア・カリーロ
カミソリが手放せない罠仕掛け名人のマック役に、『コマンドー』(1985)、『X-MEN:ファイナル ディシジョン』(2006)のビル・デューク
彼は監督業でも活躍していますねー
ガムが主食?のブレイン役に、『バトルランナー』(1987)、『ふたりにクギづけ』(2003)のジェシー・ヴェンチュラ
インディアン系ビリー役に、『48時間』(1982)のソニー・ランダム
フィリップス将軍役に、『天国から来たチャンピオン』(1978)のR・G・アームストロング
メガネが特徴のホーキンス役に、『ロボコップ3』(1992)のシェーン・ブラック
彼は、俳優としてよりも、脚本『リーサル・ウェポン』(1987)、『ラスト・アクション・ヒーロー』(1993)や、監督『キスキス,バンバン』(2005)で活躍しています

んで、シュワ氏を除いて、特殊部隊員の中では一番好きなキャラだったポンチョなんだけど…
みなさん、ポンチョ覚えてます?
現地語が話せてアンナと会話してた人~
彼について語りたかったんだけどさ、あまり俳優として活躍してないみたいで代表作があんましない…涙
この作品では結構良い役だなぁ~と思ったんだけれどもな

プレデター役に、『ハリーとヘンダスン一家』(1987)のケヴィン・ピーター・ホール

一時期、ジャン・クロード・ヴァンダムがプレデターを演じているって噂ありましたよね?
でも「おれはプレデターじゃない」とヴァンダムが言ったとか言わないとか…
実際は、ケヴィン・ピーター・ホールでした~
彼は、プレデター役以外にもヘリのパイロットとしても出演
二役ですよ!
すげー
そして、ケヴィンは35歳と言う若さでこの世を去りました
素晴らしい演技をありがとう…


個人的には、この作品は、人生においての映画ベスト10に入るかも…
とにかく大好きです

まだ学生の頃、映画館に観に行きました!
当時の映画はほとんど二本立て上映だったのですが、みなさんの所も同時上映だったのかな?

で、本当の事をバラしてしまうと、実は『プレデター』を観に行ったんじゃないんですよ
『プレデター』と同時上映されていた方の映画がメインだったんです

さて、一体何の作品だったでしょうか?

答えは、ミッキー・ローク主演の『エンゼル・ハート』
これが観たくてね~
前売り券を購入して観に行きましたよ!

まあ、予想通り『エンゼル・ハート』は面白かったですけれどもね

それなのにっ!
それ以上に『プレデター』にハマってしまって♪
いや~、マジ興奮した
面白かった==!
シュワルツェネッガー最高!
いぇ~い♪
プレデター最高!!
(落ち着け、おいら)


んで、「とても蒸し暑い夏にだけ起こる」らしい残忍な殺害方法で、一体何の目的なのか、一体何者の仕業なのかは全く語られず、もうひたすら訳の判らない状態でダッチ率いる救出隊が戦うわけですよ

その正体は!

カメレオンみたいに背景と同化出来る「何か」
「森が襲ってきました…」←これ名言

もうとにかく当時は斬新だったんですね~


『プレデター』の作品がここまで名作なのは、もちろんシュワ氏の人気もあったのはもちろんの事、絶対にプレデターのキャラが魅力的だからだと思ってます
なんか、ゆる~く抜けてる感じが可愛らしくまで見えるさ…

おっと、ここでひとつ言っておきたいのは、プレデターキャラは超気に入ってるけど、『エイリアンvs.プレデター』は断然エイリアンLOVEですぜ


当作品のジャンルはエイリアン物なのでしょうが、特殊部隊系の作品ってのも好きなもんで、特殊部隊ダッチの統率力がとにかくかっこよくて心拍数上がる~
したがって、好きなエイリアン物+特殊部隊物
これが揃えば、面白くない訳がないっ!


人間対プレデターのタイマン勝負に打ち勝ち、爆破による荒野でたった一人佇むダッチ少佐のあまりのかっこよさにシビれた~
くぅぅ~
迎えのヘリで茫然自失の彼を見ると、どれだけ過酷で凄まじかったのかが判りますね

あ、あと、ヘリの中にアンナも乗ってたけど、彼女は現地人だから乗せる必要なくね?
どこに連れて行くんだよ~
ダッチがどの辺りにいるか案内役だけかな…

あの大爆発、きのこ雲になってましたね
あれってやっぱり高放射能なんだろうね
爆発元が宇宙から来たエイリアンだもんなぁ
現地のみなさん、お体には気をつけてくださいね


プレデターが何故地球にやって来てこんな事をするのか?
当作品では何も触れていませんが、『プレデターズ』(2010)を観て何となく理解できたような気がする
まだ『プレデターズ』を観てない方もいると思うので詳しくは書きませんが…

確実に地球人よりはレベルが上のエイリアンである事は確かですね


最後にひとつだけ
泥を塗ると体温って消せるの?
消せると仮定しても、シュワ氏、眼球広げてあんなにガン見したら、プレデターに皮膚温度察知されちゃうんじゃないのって観ててヒヤヒヤしちゃったぞ



★「プレデターズ」(2010)のレビューは、こちら
[PR]
by by569 | 2012-04-06 00:09 | ハ行