小六のB級A画館 by569.exblog.jp

ジュリアス・シーズー・小六です。ほぼネタばれ有り、ややB級寄りだから、ご注意を。ここでは気に入っている映画&海外ドラマを紹介してます。画像・イラストの無断持ち出しは禁止でございまする。


by by569
プロフィールを見る

ホワイトチャペル 終わりなき殺意 #1 蘇生

f0039573_1031322.jpg■ホワイトチャペル 終わりなき殺意 #1 蘇生

■キャスト
ルパート・ペンリー=ジョーンズ(ジョセフ"ジョン"・チャンドラー警部補)
フィリップ・デイヴィス(レイ・マイルズ捜査官)
アレックス・ジェニングス(アンダーソン警視)
スティーヴ・ペンバートン(エドワード・バッカン→事件マニア)
クリストファー・フルフォード(レオ・フィッツジェラルド捜査官)
ジョニー・ハリス(サンダース捜査官)
サム・ストックマン(エマーソン・ケント捜査官)
ジョルジュ・ロッシ(マコーマック捜査官)
クレア・ラッシュブルック(Dr.キャロライン・ルウェイン)
ソフィ・スタントン(メアリー・ボースフィールド→路上警官)
ダッチ・ドレ=ボイジー(ロブ・リース→被害者の夫)
ポール・ヒッキー(Dr.コーエン)
ジェーン・リリー(サラ・スミス→売春婦)



<ストーリー>

ウィルクス通りで火災発生
現場のメアリー・ボースフィールド警官は、交通整理や野次馬を追い払うのにテンヤワンヤ
無事仕事を終え、暗い夜道を歩いていると、どこからか呻き声が…
メアリーは、小学校の校庭で倒れている女性を発見する

女性に駆け寄ったメアリーの背後に、ナイフを持った人影が…



ジョン・チャンドラーはエリート街道まっしぐらの若手警部補
「現場も経験しておかないと」のアンダーソン警視の計らいで、ホワイトチャペル署に着任する事に

(これがまた大変なのだよ…ベテラン刑事たちが非協力でさ~イヤミなの)


ジョン・チャンドラーの最初の事件は、昨夜起きた女性の刺殺事件である

被害女性はキャシー・レイン43歳 子供は3人
メアリー・ボースフィールドがキャシーを発見した時にはまだ息があったが、その後死亡

メアリーの証言によると、犯人らしきナイフを持った男は、
黒っぽいスーツと変な帽子を着用
身長180センチ弱
との事だった


検死の為にキャシー・レインの衣服を脱がせてみると、腹部には多数の傷が見られた
レイプはされていない
腹部の傷は内臓を取り出そうとしたと思われる
凶器はよく切れるナイフを使用

キャシーの元夫ロブ・リーズは彼女に虐待した過去があり、現在は肉屋に勤務
犯人はロブ・リースだと確信したレイ・マイルズ捜査官は彼を取り調べるが、確固たるアリバイがあり、結局ロブ・リースは容疑者リストから外れる
(あんなに張り切ってたのに~レイ・マイルズ爺さんショ~~ック!)


そんな時、ちょうど良いタイミングで「事件の詳細を知っている男」が署を訪れる
名は、エドワード・バッカン
「昨夜の被害者は、ノドを裂かれ腹部を切られていたんじゃないですか?」
(バッカン氏、いきなり正解!)

「この事件は、1888年に起きた切り裂きジャック事件の被害者メアリーと一緒だ!完璧な再現ですよ(熱弁)」

ジョン・チャンドラー&レイ・マイルズ、目がテン

切り裂きジャックマニアと付き合ってはいられない…
バッカンをさっさと追い払う

進展しない捜査にイライラが募るジョン・チャンドラーは一気にイライラ大爆発!

「一体何だっていうんだ!お前たちは刑事に見えないぞっ!ネクタイくらい締めろ!それにここは臭すぎる!お前たちデオドラントしろぉ==!」

(ホワイトチャペル署員、し~~ん
しまいに、「あいつゲイだな」
う~ん、確かに…、チャンドラーってゲイっぽいかも)



キャシー・レイン殺害事件時刻、通りにある監視カメラに映り込んでいた犯人らしき人物は、メアリー・ボースフィールドの目撃証言とほぼ同じであり、さらに、黒っぽいスーツの下にレザーエプロンを着用している事が判明する

レザーエプロン…
先ほど署に来たエドワード・バッカンの事が過ぎり、切り裂きジャックの本を手に取るジョン・チャンドラー
「確かに、本の内容と事件は同じだ」


深夜、バッカン主催の「切り裂きジャックツアー」に参加するチャンドラー
(さっきは話聞く気もなかったくせに、プライド全くなし、この素直な所が魅力かいな?
いやいや、チャンドラーの事なんてどうでも良い
個人的には切り裂きジャックツアーが気になる~
徒歩2時間程度のツアーらしいが、参加してみたいぞ!)



バッカンから切り裂きジャック情報を仕入れ、妙にやる気満々のチャンドラーが翌朝出勤すると、レイ・マイルズ以下全捜査員がネクタイを締めているではないかっ
(チャンドラーに嫌がらせしているようでいて、結果的にみんなチャンドラーの言う事を聞いているような?)


今回の事件は、1888年に起きた切り裂きジャックの事件に似ていると発表するチャンドラーに対し、全く信じようとしないマイルズたち

キャシー・レインは、切り裂きジャックの犠牲者メアリと殺害内容が酷似していて、メアリが殺害されたのは1888年8月31日
キャシーも同じく8月31日に襲われている
それでは、メアリ事件のひとつ前、1888年8月7日に起きたマーサ殺害の類似事件は、8月7日に起きていないのだろうか?

「39箇所刺された事件がなかったか調べてくれ」
チャンドラーの指示に渋々調べていたサンダースとケントは驚く
事件は起きていた!

8月7日発生、エマ・ジョーンズ殺人未遂事件
39箇所の刺し傷により現在意識不明

エマが襲われてすぐ、まだ意識のある時に「犯人は若い男、髪は黒、連隊のTATTOOがあったから兵士だと思う」と証言していた


切り裂きジャックの模倣犯説確定~
ジョン・チャンドラーは切り裂きジャックマニアのエドワード・バッカンをバーに誘い「助けて欲しい」と素直に求める
(何回も言っちゃうけど、この素直さが憎めない所かね~)


次の事件は、切り裂きジャックを参考にすると、9月8日になる
しかし、アンダーソン警視は、ジョン・チャンドラーの推理に納得いかない様子


9月8日深夜
チャンドラー、ケント、サンダース組、マイルズ、フィッツジェラルド、マコーマック組の二手に分かれ張り込み開始
(マイルズ組では「どうせ何も起こらね~、今夜はチャンドラーの送別会だ、ヘヘヘ」とか言ってるし…)

何も起きないまま、AM5:00になろうかと言う時、遠くから微かに聞こえる女の叫び声
チャンドラー走る!

慌てて飛び出してくる売春婦
「中で死んでる!」
ゆっくりと建物の中へ入ると、ノドを切られ腹部を裂かれた女の死体が転がっていた

遅れて到着したマイルズたちも動揺を隠しきれない
「チャンドラーが正しかったな…」


(第2話へつづく)



***** 小六メモ *****

WOWOWさんで、ホワイトチャペル シーズン1・2・3一挙放送~
…で「一応録画だけしておいて」っと…
ちょっと観てみて面白くなかったら録画削除すればいいか~と軽い気持ちで観始まったら、なんじゃ~これっ、面白い~!

と一気観しちゃったよ…(*^^*)


ホワイトチャペルって地名なんですね
無知でスミマセン~

詳しくどこかと言うと?(Wikipediaより)
ホワイトチャペル (Whitechapel) は、イングランドのロンドン市街、タワーハムレッツ特別区にあるインナーシティ地区。
チャリング・クロスの5.5 km (3.4 mi)東に位置し、西側では概ねビショップスゲート、北側ではファッション・ストリート、東側ではブレイディ・ストリートとキャヴェル・ストリート、南側ではザ・ハイウェイと、それぞれの通りが境界となっている。
バングラデシュ系英国人を中心に、多様な民族が居住している。
1880年代後半の悪名高い連続殺人鬼、切り裂きジャック(ジャック・ザ・リッパー)の犯行現場としてよく知られる。
これまでに100人以上の容疑者が犯人の候補に挙げられてきたが、真犯人は事件から1世紀余りを経た2012年現在も未だ判明していない。



ジョン・チャンドラー警部補役のルパート・ペンリー=ジョーンズって有名なんですか?
おいら、初ルパートでっす!
最初観た時は、全然オーラのない奴…(ゴメンよ)って印象だったんですが、観ているうちに、あれあれれ~?結構良いかも?と思ってしまうから不思議

彼のふんわりボンヤリいきなり逆切れ当り散らしキャラが妙にツボ

しかも、携帯の位置はここ、ペンはここ、手帳はここ!
と置き場所がキッチリ決まってるんですよ~

それを見たホワイトチャペル署の捜査官たちは「あいつ強迫性障害だ、へへへ」とうわさ話に花が咲きまくり
「あいつ、ゲイだぜ」
「最短着任期間」
「エリート脱落だな」
などさんざんな言われよう


イギリス俳優さんばかりなので、ほとんど知らない方たちでしたが、唯一、レオ・フィッツジェラルド捜査官役のクリストファー・フルフォードは知ってま~す
『D-TOX』(2002)のスレイター役が印象的でしたぁ
一度観たら忘れない顔ですね


いや~、この先、チャンドラーVSマイルズはどうなるのかなぁ

つーか、全体的に年齢層高くね?
な~んだか草臥れた爺サマ軍団なんですけどー

よしっ!
100歩譲って、年齢高めなのは許そう

せめて爺サマ軍団じゃなく、ステキなオジサマ軍団だったらもっと視聴率上がるのでは?ゴニョゴニョ



とりあえず、みんな、ネクタイ締めるようになったみたいで、良かったですな
(〆の感想、これかい)
[PR]
by by569 | 2012-05-09 00:28 | ホワイトチャペルシリーズ