小六のB級A画館 by569.exblog.jp

ジュリアス・シーズー・小六です。ほぼネタばれ有り、ややB級寄りだから、ご注意を。ここでは気に入っている映画&海外ドラマを紹介してます。画像・イラストの無断持ち出しは禁止でございまする。


by by569
プロフィールを見る

スーパーナチュラル2 #22 選ばれし者たち(後編) 「All Hell Breaks Loose:Part 2」

■スーパーナチュラル2
#22 選ばれし者たち(後編) 「All Hell Breaks Loose:Part 2」

■キャスト
ジャレッド・パダレッキ(サム・ウィンチェスター)
ジェンセン・アクレス(ディーン・ウィンチェスター)

サマンサ・フェリス(エレン)
ジム・ビーヴァー(ボビー・シンガー)
フレデリック・レーン(イエローアイの悪魔)
ジェフリー・ディーン・モーガン(ジョン・ウィンチェスター)
オルディス・ホッジ(ジェイク)



<ストーリー>

~コールド・オーク~
サムが死んでしまった
「守ってあげられなかった…」ディーン放心状態

ボビーが食料を調達して来たが…

一体どこで食料を?
何キロもの森を抜け~車で近くの町まで買いに行き~また何キロも森を歩き~なのかい?
それともエヴァが5ヶ月も生きていたわけだから、貯蔵庫とかあるのかな?
そういう所が気になっちゃうんだよね~


「サムの埋葬を考えないと」
「いやだ!もうたくさんだ、狩りはやめたっ!」

今は何を言ってもダメだとばかりにボビーは静かに出て行く


~森~
1人森を歩くジェイク
そこへ黄色い目の悪魔登場!
「オレの予想とは違ったが…お前で決まりだな…フフフ」

やっぱり予想はサムちんだよね~!
なんてったってお気に入りだもんね


ジェイク「地獄へ落ちろっ!」
悪魔「もう経験済みだっムフフ」(この翻訳イキだな~)
ジェイク「お前を殺すっ」
悪魔「お前には老いた母親と妹が居たよな…」(脅しか!?)

仕方なく悪魔に従うジェイクだった


~クロスロード~
ディーンが取った行動は…
クロスロードで悪魔との契約だった

サムの命と引き換えにディーンは自分の命を差し出す
「オレに10年くれ」
「そんな汚れた命は要らないわ~」(赤い目の悪魔、きっついな~)
「じゃ、5年」
「本当はこんな事しちゃだめなんだけど~、あなたには弱いわ~1年だけあげる」

って、ディーンの余命1年!?
そりゃ、あまりに短かすぎじゃね?


「1年だけよ、小細工したら即刻中止!サムはすぐに腐るわよ」(怖~)


~コールド・オーク~
サム目覚める
背中の刺された傷も塞がっている
そこにディーン戻り、サムを見て感慨深げ

そりゃ、そうだよね~

サム「一体何があったんだ?背中の傷は?」
ディーン「ボビーが治療してくれたよ」
サム「そうか…でも悪魔は1人だけ生かすって言ったのに、なんで2人なんだろう?」

そうかって…ボビーにそんな技あるのか?
ちょっと考えれば判りそうなものだけど、あまり疑ってない辺り、サムのディーンへの信頼が疑心を曇らせてしまうんでしょうかね


ディーンは、ロードハウスが全焼した事、アッシュの遺体を発見した事、恐らくエレンも死んでいるだろうと、サムに報告する


~ボビー宅~
ボビーを訪れるサムディーン
生きているサムの姿に目がテンのボビー
「ボビーのおかげだ、ありがとう~」(素直なサム)

『お前~~、あれをやったのか!?』とディーンに怒り目で語るボビー

しかしここは大人なボビー、何事もなかったように接してるぞ


ディーンがサムの死を悲しんでいる頃、ボビーは単独で悪魔の行動について調べていた
「ワイオミングの南部だけ何も起きていないんだ」

悪魔が近づけない何かがあるのだろうか?


ボビーは理由をつけてディーンを外へ呼び出す
「お前、悪魔と取引したんだな?何年だ」
「1年だ…」

1年!ってボビー驚いたかな、でもジョン父ちゃんは1年どころか、即死だったもんね

「一体…なんて親子なんだ!ディーン、お前が地獄へ落ちたらサムはどう思う?」

そうだよねー、もしも知ったら、サム喜ばないさー

2人であーだこーだ言ってると、背後から登場したのは、エレン!
「生きてたのか?」
「プレッツェルが切れてしまって買いだしに行っているホンの15分の間に全焼よ」

悪魔がエレンに化けているのかもしれない…
一応、聖水チェック

大丈夫だ~本物のエレンだった~


「金庫を見て!とアッシュが言ってたのよ」
「金庫は?」
「地下にあるわ」

早速金庫の中身調査
ワイオミングの地図だった

ワイオミング?
さっきもワイオミング出てきたよね


地図に5箇所、印が書かれていた

「すごいぞ!!」(ボビー珍しく興奮気味)

この点は、19世紀半ば開拓時代の教会の場所だ
それらの教会を造ったのは、サミュエル・コルトだった
コルトは鉄道も造っていて、5箇所の点を繋ぐとペンタグラムの形に!

教会を繋ぐように張り巡らされたレールがデビルズ・トラップとなり、中に入れない状態になっていたのだった
「コルトが守っているのは一体?何か封印されているのだろうか…」


~ワイオミング州 線路沿い~
ジェイクと黄色い目の悪魔
「80キロ先に霊廟がある。そこを開けろ!鍵はこれだ」
悪魔は、コルトをジェイクに渡す
「コルトは唯一オレを殺せる銃だ…ムッフッフ」
ジェイクは一瞬コルトを悪魔に向ける
「お~~っと…よ~く考えろ~、任務を遂行すれば、お前の家族の安全は必ず保証するぞ~」
それを確認し、ジェイクは霊廟へ向かう

ジェイクって360キロのものを持ち上げる怪力だよね~、さすがに360キロじゃレールは壊せないのか?
つーか、それじゃここでストーリー終わっちゃうか



~霊廟~
ジェイク、霊廟に到着

ちょっと待って~
80キロ先って言ったよね?
もう着いたの?

あまり考えるな!スルーしよう


「は~い♪ジェイク」
武器を手にジェイクを待ち構えるサムディーン、ボビー、エレン

サムを見て目がテンのジェイク
「お前は死んだはずだ、脊髄を切ったんだからな」

『え?そうなの?』的なワンコのような目でディーンを見るサミー…
誤魔化すディーン、ちょい可哀想だ


ジェイクはエレンに向かって指示する「自分の持っている銃を頭に向けろ!」
自分の意思とは関係なく、銃口を頭に向けるエレン

「自分の置かれた状況を受け入れれば力が増すんだ」
ジェイクは怪力のギフト以外にも、洗脳力を身につけていた

エレンを人質に取られ、サムディーン、ボビーは、武器を地面に置く

その間に、ジェイクは霊廟の扉の前に立ち、コルトの銃口を霊廟の鍵穴に突っ込む

扉が…開く~


ディーンとボビーはエレンを助け、サムは恨みを晴らすかのようにジェイクを射殺

生き返る前のサミーとは全く違う攻撃的サミーだぞ~

ボビー叫ぶ
「まずい!地獄の扉だ!悪魔が出てくるぞ」

次々と黒煙が霊廟扉から地上へ流れ出る
サム、ボビー、エレンは扉を閉じようとするが、力が激しくてなかなか閉じる事が出来ない
ディーンはその隙に、扉に刺さったままのコルト銃を引き抜く

地獄の力によって、レールが切断
その切れ目からたくさんの悪霊がデビルズ・トラップの外へ、そして黄色い目の悪魔がデビルズ・トラップ内へ侵入してくる


ディーンに語りかける黄色い目の悪魔

もう80キロ移動してきたのか?
瞬間移動?
徒歩でデビルズ・トラップ内に入って来たようだけど?

深く考えるな!スルースルー


「ありがとう~君のお蔭でサムが復活してくれたよ。お前が戻したサムは、ピュアなサムだと思うか?フッフッフ」

悪魔がディーンを撃とうとした瞬間!!!!

ジョン父ちゃん登場~~♪♪

父ちゃんが悪魔を羽交い絞めにし、ディーンはコルトで黄色い目の悪魔を撃つ

あれ?
コルトの弾は抜いておかなかったの?
だって、鍵穴に突っ込むのは銃口だけで良いんだからさ

まあまあまあ~、スルー、スルーっとね

やった=やった=ついに悪魔撃退!

地獄の扉が開いたから、ジョン父ちゃん出て来られたの?
良かった、良かった。父ちゃん、成仏してくれよ…涙


そしてジョンは光に包まれる…

さようなら~父ちゃん!

おいらにも声掛けて欲しかったなぁ…byボビー



サム「ジェイクはボクを見て心底驚いてたよ、何があったの?もしかして父さんみたいに魂売ったの?何年?」
ディーン「1年」

正直に答えっちったよ

ディーン「オレはお前を守るのが仕事だ」
サム「1年なんかじゃ死なせない」(かっこいい~)

エレン「あの扉からたくさんの悪魔が放たれたわよ」

よ~~し、これからが戦争だ==おぉ==!!


(シーズン3へつづく…)



***** 小六のメモ *****


当初、シーズン2で終了予定だったらしいので、ここでこんな終わり方もありかな~という雰囲気もありますね
今まで探し続けた黄色い目の悪魔も滅んだし、父ちゃんも成仏?出来たし…
悪魔の計画を阻止したぞ!っと

ディーンの命、あと1年、どうなるのか?
母メアリーはどうして悪魔の存在を知っていたのか?
など気になりますね

サムは「ディーンを死なせない!頑張る!!」って言ってましたが、小細工したら、即刻サミー腐っちゃうんだぜ
どうしたらいいんだろう~?


しかし、黄色い目の悪魔のサミー贔屓はすんばらしいですねー

「気に入ってるんだ」ってサミー本人に告白!!
でもこれは、やる気を出させるために、悪魔訓練生全員に言ってる口説き文句だろ?

とは思うんだけど…さてどうだか

「ディーン、サムを生き返らせてくれてありがとう~」
って悪魔に礼を言われちったよ

可哀想なのはジェイクだな
せっかく最後の1人に残ったのに「う~~ん、オレの予想とは違ったなぁ~まあ、いいか」的な投げやり感を浴びせられ~の
「ジェイクよりもサムの方が好きだから…」ってさ
良かったよ、そのセリフをジェイクが聞いてなくて…

全く…

みんな、サミーが好きだよね!(どんなまとめじゃ)



はい、それでは、それでは~

~最終回すぱなつイラスト~

f0039573_2124736.jpg




海外スター・ドラマ
[PR]
by by569 | 2013-02-23 00:51 | スーパーナチュラル2