小六のB級A画館 by569.exblog.jp

ジュリアス・シーズー・小六です。ほぼネタばれ有り、ややB級寄りだから、ご注意を。ここでは気に入っている映画&海外ドラマを紹介してます。画像・イラストの無断持ち出しは禁止でございまする。


by by569
プロフィールを見る

CSI:科学捜査班 #17 心の闇 多重人格「Face Lift」

■#17 心の闇 多重人格「Face Lift」
Csi: Crime Scene Investigation - First Season

■製作 ウィリアム・ピーターセン他
■製作総指揮 ジェリー・ブラッカイマー他

■キャスト(レギュラー)
ウィリアム・ピーターセン (ギル・グリッソム)
マージ・ヘルゲンバーガー (キャサリン・ウィロウズ)
ゲイリー・ドゥーダン (ウォリック・ブラウン)
ジョージ・イーズ (ニック・ストークス)
ジョージャ・フォックス (サラ・サイドル)
ポール・ギルフォイル (ジム・ブラス)

■キャスト(ゲスト)
ブリジッド・ブラナー (タミー・フェルトン/ネリッサ・マーロー)
ジェームズ・ウェリントン (ジョセフ・フェルトン→タミーの父)
トム・ギャロップ (ランディ→タミーの弁護士)
ジェームズ・エックハウス (ハンク・マーロー→ネリッサの父)
ジョアン・マクマートリー (マーロー夫人→ハンクの妻)
ラリー・ホールデン (ダリン・ハンソン→ジョセフの友人)
レジナルド・ヴェル・ジョンソン (フィリップ精神科医)
ロバート・デヴィッド・ホール (アル・ロビンス→検死解剖医)
エリック・ズマンダ (グレッグ・サンダース→CSIスタッフ)
パメラ・ギドリー (テリー・ミラー→CSIスタッフ・復元担当)
デヴィッド・バーマン (デヴィッド・フィリップス→CSIスタッフ)
スキップ・オブライアン (オライリー刑事)


<あらすじ>

陶器店で金庫が破られ、その脇で男性の死体が発見される。
店に残された指紋の中に、今から21年前に誘拐され行方不明になった女の子・メリッサのものが紛れ込んでいた。
果たして同一人物なのか。
グリッソム、キャサリン、ニックが、殺人事件と同時に行方不明者の捜索を開始する。

骨まで灰になるほど焼け焦げた女性の死体が発見させる。
ソファーに座ったまま、一気に高温で焼けた様子から、サラは人体自然発火ではないかと疑う。
自然発火なんて存在するはずがないと主張するウォリックと意見が対立。



まだ開店前の陶器店で、店主らが男性の死体を発見。
そして、その店の金庫は破られ、前日の売り上げ500ドルも盗まれています。
死体の身元は、ジョセフ・フェルトンと判明。
金庫の開け方が独特で、以前にも同じような事件が発生している事に気づき、その手口から、先月出所したばかりのダリン・ハンソンの名前が浮かびます。
ダリンと今回の被害者のジョセフは、15年来の付き合いで、仲間割れからジョセフを殺したのでは?とグリッソムたちは疑います。

また、この店で採取した指紋の中に、今から21年前に誘拐され行方不明になった女の子・メリッサの指紋が出てきます。
当時の写真から、21年後の今、どんな顔に成長しているか復元するために、またまたここでテリー・ミラーの登場です。
前回、テリーとのお食事中に、グリッソムの急な仕事のせいでデートが中断でしたので、ちょっと気まずい雰囲気?
と思いきや、グリッソム、またしても食事に誘ってます。
懲りてないね。
グリッソム。。こう言うキャラなのかぁ

キャサリンは、遺体確認のために、ジョセフの娘・タミーを呼び出します。
その時、タミーの服に、陶器店の裏口にあったシダ植物の胞子が付いている事に気づき、昨晩、陶器店にジョセフと共に行ったのでは?と問い詰めます。
タミーに、色々とはぐらかされてしまいますが、どうも怪しいと勘ぐるキャサリン。

その場はタミーを帰し、キャサリンはグリッソムの元へ。
そこで、テリーが完成させた21年前に行方不明になったメリッサの復元写真を見て、キャサリンびっくり!
メリッサは、さっきまで会っていたタミーだったのです。

タミーはジョセフの本当に娘ではなく、誘拐された少女と言う事です。
その事実を本当の両親に知らせ、実際会うことになりますが、タミーは、両親に会っても全然覚えておらず、むしろ拒否。

この事件は、タミーが自分の過去を知って、義理の父親を殺したのでは。。と言う事になり逮捕されます。
その後、実の両親は、多額の保釈金を払い娘を保釈させ、自宅に招き入れますが、すぐに姿を消し、また行方不明に。
両親は、娘を逃がしたら逮捕されると判っていても、家と貯金を全部注ぎ込み、娘を自由にさせてあげたかったのです。

ウォリックとサラの担当事件は、ソファーに座ったまま、骨まで灰になり焼け焦げた死体の調査です。
またこの二人ペアになってます。
最近ペアになる確立高いですね。

サラは、人体の自然発火では?と言い出します。
まさにこの死体は、自然発火の状況にピッタリの状態で発見されていて、サラ大興奮!
人体の自然発火説を唱えるサラに対して、現実的なウォリックは、自然発火なんてありえないと絶対反対。
ここから二人の実験が始まります。

ソファーに座っている人体だけが灰になり、ソファーの真上の天井に穴が開くほど焼けたのに、それ以外はそんなに燃えていない。
遺体を検死室に運び入れ、検死官の意見を聞くことに。
デヴィッドに状況を確認すると、「骨髄まで燃えてると言う事は、相当強烈に一気に焼かないとこんな風にはならない」と証言。
ほら~だから自然発火だと言ったでしょう~?のニンマリ顔のサラ。
「なんだ~?サラの事が好きだから味方するのか?」とデヴィッドに八つ当たりするウォリックです。
デヴィッドがサラを好きだと、みんな判ってるのか?
ここって、何にも秘密に出来ない部署ですね。
みんな何でも知ってるって感じ。

今度はどうやったらこんな風に燃えるのか豚で実験。
豚にナイトガウンを着せて燃やしてます~
サラは、「また豚~!?」とうんざり顔。
うじ虫の実験の為、第10話で豚を使ってから、サラは豚が食べられなくなったそうです。

ウォリックとサラが実験をしていたら、グリッソムがやって来て、ナイトガウンにタバコの火が引火し、ガウンを芯にして内側に向かって焼けたから、こうなったんでしょう?とすぐに回答と言っちゃってます。
ウォリックとサラはガ~ンみたいな。
主任、判ってるなら早く教えてくださいよ!

ここで主任の良い話~「科学者は実験から勉強していくものだ。」だそうです。
この実験も無駄にはならないでしょう。



<ちょいと新発見&簡単メモ>

1)グリッソム、めげずにテリーを食事に誘ってますが、いまいちテリーの反応悪し
2)サラは、うじ虫の実験で豚を丸焼きにした時から、豚肉が食べられなくなった
3)パメラ・ギドリー演じるテリー・ミラーは、第6話・第14話に続いて3度目の登場。今後、グリッソムとの関係はどうなる?
[PR]
by by569 | 2006-05-26 20:16 | CSI:科学捜査班