小六のB級A画館 by569.exblog.jp

ジュリアス・シーズー・小六です。ほぼネタばれ有り、ややB級寄りだから、ご注意を。ここでは気に入っている映画&海外ドラマを紹介してます。画像・イラストの無断持ち出しは禁止でございまする。


by by569
プロフィールを見る

男はつらいよ

f0039573_10165032.jpg■男はつらいよ 1969年・日

■キャスト
渥美清(車寅次郎)
倍賞千恵子(さくら)
森川信(車竜造・おいちゃん)
三崎千恵子(車つね・おばちゃん)
前田吟(諏訪博)
笠智衆(御前さま)
太宰久雄(梅太郎・たこ社長)
佐藤蛾次郎(源さん)
光本幸子(冬子)
志村喬(諏訪○一郎)


<ねたばれ感想いろいろ>

今まで「男はつらいよ」シリーズには全く興味なかったけど、BSで一挙放送があるとの事で観てみたら、いや~、面白かった
やっぱり寅さん良いね~(今更?)
(o^-^o)

しかし渥美清、全く変わらないのよ
老けない秘訣、教えて欲しいものです
お肌つやつや
シリーズ最後の方まで、このツヤツヤ感保ってますよね

さくら役の倍賞千恵子さんの可愛らしさには、もうぶっ飛びました
(〃゚∇゚〃)可愛い♪
今の倍賞さんしか知らないものだから…
今はちょっと恐ろしいでしょう?
あ、ゴメン…汗

今回のヒロインは光本幸子さん演じる坪内冬子
おいら、光本さんと言う女優さん、全く存じ上げません
すまぬ…(´・ω・`;)

冬子さんは御前さまの娘だそうですが、そうなると、父さん、老け過ぎじゃね?って感じ

寅さんとヒロインの切ないエピソードはなかったかな
奈良で幼なじみの冬子と出会い、そのまま柴又へ戻って来て、酒飲みに行ったり…と、すっかり良い雰囲気~
と思ってたのは寅さんだけ!
釣りに行く約束してたのに、冬子さん「あ~、忘れてた」だもんね
釣れないのねん

やはりメインは、さくらと博の結婚式
志村喬演じる博の父親・諏訪○一郎(結局あまり名前が判らなかった…名刺映ったけど画数が多すぎて…汗)の挨拶シーンで涙してしまった
まさかこんな所で泣くとは、自分でも驚いちゃったよ
なんか、じ~~んと来た
それまでは寅さんってば、博の父さんに敵対心丸出しだったのに、父さんのスピーチ聞いてすっかり意気投合
いや、父さんは終始暗かったけどさ…
(〃゚∇゚〃)アハハ


寅さんシリーズの後半(40作目あたり)は何となく観た事あったけど、その頃の寅さんは、人情深くて誰にでも(特に女性)優しくて、憎めないキャラだよね
久しぶりに帰って来ると「寅さ~~ん、お帰り~」みたいな大歓迎でさ
でも、シリーズ開始当初の寅さんって、驚くほどハチャメチャなダメ男
おいちゃんもおばちゃんもウンザリしてる風もあり
(=´・∀・`=)特におばちゃん

寅さんって、さくらとは異母兄妹なんだぁ
このエピソードは知らなかった
寅さんのお母さんは芸者で、寅さんを産んですぐどこかへ行ってしまったらしい
団子屋「とらや」で世話になっていた寅さんも、20年前に(寅さんが18歳頃?)家を出てから行方不明
20年ぶりに帰って来たと言う所から物語が始まります

桜の花咲く季節に帰って来て、妹はさくら
なんともステキな演出

毎週土曜日にBSで寅さん放送してくれるようなので、観られるだけ観ようと思ってます

あ、それと、
秋野太作が寅さんの弟分で登場してるけど、当時は津坂匡章って名前だったんだわ
それも知らなかったぁ

いろんな発見があるなー
昔の映画を観るのもまた良いものですね


海外スター・ドラマ
[PR]
by by569 | 2015-01-31 00:13 | 男はつらいよシリーズ