小六のB級A画館 by569.exblog.jp

ジュリアス・シーズー・小六です。ほぼネタばれ有り、ややB級寄りだから、ご注意を。ここでは気に入っている映画&海外ドラマを紹介してます。画像・イラストの無断持ち出しは禁止でございまする。


by by569
プロフィールを見る

ブラインド・フィアー 「Penthouse North」

f0039573_118538.jpg■ブラインド・フィアー 「Penthouse North」 2012年・米 

■監督 ジョセフ・ルーベン
■製作 デヴィッド・ロッカリー、ジョセフ・ルーベン、マイケル・ベイカー、ロバート・メンジーズ
■製作総指揮 ジョン・シフマン、マイケル・キートン他
■脚本 デヴィッド・ロッカリー
■音楽 マーク・マンシーナ

■キャスト
ミシェル・モナハン(サラ・フロスト)
マイケル・キートン(ホランダー)
バリー・スローン(チャド)
アンドリュー・ウォーカー(ライアン→サラの彼氏)
Kaniehtiio Horn(ブレイク→サラの妹)
トレヴァー・ヘイズ(ダニー→ブレイクの夫)
フィリップ・ジャレッド(アントニオ→ドアマン)


<ネタバレてまし>

監督は、『愛がこわれるとき』(1990)、『フォーガットン』(2004)のジョセフ・ルーベン
どっちもおっとろしい作品でしたよね
『愛がこわれるとき』はあのにっくき旦那がね~
『フォーガットン』では、人が目にもとまらぬ速さでビュ==ンってぶっ飛んでいくシーンで、いや~そりゃおいらもぶっ飛んじゃいましたよ

サラ役は、『ミッション:8ミニッツ』(2011)、『ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル』(2011)のミシェル・モナハン
彼女って魅力的なの?
「ライアンが惚れるのも判るな」とか言われてたよ
おいらにはイマイチ彼女の魅力が判らん
いまだに、白人化した頃のマイケル・ジャクソンに見えんだよねー


さて、ストーリーは、盲目のサラVS家に押し入った強盗団
彼らの狙いは?
と、スリリングぅ~なんですが、どうにもこうにもヒロインが盲目なため、要領よく逃げられないのが切ない所

で、考えたんだけど、こんなに広いペントハウスに住むなら、ボタン1つで警備室や警察に繋がるようにした方が良いんじゃないかなー
だってここに住める時点で、超金持ちって事だし、厳重にしないとね
あまりに危険でしょう
その階に自分たちだけしか住んでいない訳だから

セコム入ってないのかな
(〃゚~゚〃)


もしや、妹とその旦那さまがサラの様子があまりに変だな?と気づき、一応警察に電話しておいた…なんてオチだとありがたいと思ったが、それはなかったか…
(´・ω・`)残念っ!

まあ、自分だったら、たとえ親類の家だとしても、一応、訪問する直前にもう一回電話するけどなぁ
もしも、訪問して、相手がちょっと外出してた…なんて嫌だし
それに玄関口で相手と対面した時(その相手が家族なら尚更)、「これは何かあったな?」と判る自信がある

おいらって慎重派だから
(〃゚∇゚〃)えへ


サラ、盲目ながらも何回か攻撃してるよね
ライアンの遺体の傍にあるナイフだったり、テラスにある鋭利な刃物、極めつけは銃!
でもね~敵に武器を持ってるって判られてはダメなのよ
襲われて、接近戦になった時に攻撃しなきゃ!
もう~
ホント、良かった、死ななくて~
シャドウが生きていてホッとしたよぉ(そこかいっ!)


海外スター・ドラマ
[PR]
by by569 | 2015-02-16 00:04 | ハ行