小六のB級A画館 by569.exblog.jp

ジュリアス・シーズー・小六です。ほぼネタばれ有り、ややB級寄りだから、ご注意を。ここでは気に入っている映画&海外ドラマを紹介してます。画像・イラストの無断持ち出しは禁止でございまする。


by by569
プロフィールを見る

フライトナイト/恐怖の夜 「Fright Night」

f0039573_21485646.jpg■フライトナイト/恐怖の夜 「Fright Night」 2011年・米

■監督 クレイグ・ギレスピー
■原案 トム・ホランド
■脚本 マーティン・ノクソン
■オリジナル脚本 トム・ホランド
■音楽 ラミン・ジャヴァディ

■キャスト
アントン・イェルチン(チャーリー・ブリュースター)
コリン・ファレル(ジェリー)
トニ・コレット(ジェーン・ブリュースター)
デヴィッド・テナント(ピーター・ヴィンセント)
イモージェン・プーツ(エイミー)
クリストファー・ミンツ=プラッセ(エド・リー)
サンドラ・ベルガラ(ジンジャー)
エミリー・モンタギュー(ドリス)


<キャスト話やネタバレなど>

チャーリー役は、最近話題作に出演のアントン・イェルチン
『スター・トレック』シリーズ、『ターミネーター4』(2009)などで有名
ロシア出身だけあって、色が白~い

ジェリー役は、コリン・ファレル
コリン・ファレルが吸血鬼役~?
大丈夫かいな…と思ったけど、まあ、良かったぞ

コリン・ファレルは『フォーン・ブース』(2002)、『S.W.A.T』(2003)、『マイアミ・バイス』(2006)辺りがピークだったのかもしれないなぁ
この頃は、飛ぶ鳥を落とす勢いだったもんね
そういう点で言えば、最近は大人しめか
「飛ぶ鳥落とす」が「落ちた」にならないように~合掌

チャーリーの母ジェーン役に『シックス・センス』(1999)、『リトル・ミス・サンシャイン』(2006)のトニ・コレット
彼女の演技って、妙に可笑しくて好きです
それにしても今作品時には、まだ39歳?
ちょいと老けすぎじゃないですか?(すまぬ)


オリジナル版の『フライトナイト』(1985)も観てますが、登場人物キャラや展開は同じ様な感じでしょうかね

それでは、新旧対決!!

(旧作観てない人は、ご注意ください)

チャーリー役は、完璧に(新)のアントン・イェルチンの方が好みだな~
(旧)のウィリアム・ラグズデールは、残念ながらイマイチだった
顔が…(それを言っちゃぁ、おしまいよ)

ジェリー役は~~…う~ん、ミステリアス度&イヤラシさで(旧)クリス・サランドン勝利か?
どうもコリン・ファレルは怖くないんだよね

ちなみに、クリス・サランドン、このリメイク版に出てますぜ
交通事故を起こしてコリンに襲われる人
是非、ご覧下さい

エイミー役は、絶対に(新)イモージェン・プーツ♪
可愛すぎる=
ε=ε=(ノ≧∇≦)いえ~い
(旧)のアマンダ・ビアースは…
まあ、普通?

この作品の要、ピーター・ヴィンセントは...
悩む==
(旧)のロディ・マクドウォールも良いよね
あのワンコのような可愛らしい目を見ると憎めない
情けない感じも、また良し!

…が!

キャラ強すぎのデヴィッド・テナントも良い
これは選ぶの難しいぞ!!
ピーター・ヴィンセントになりきってる時のカリスマ性と、ズラとヒゲ取って、股のあせもが痒いオヤジな彼に一票!
(新)デヴィッド・テナントの勝利=

全く関係ないネタで、こんなにスペース割いちゃった
(=´・∀・`=)てへ


で、感想は…
まあまあ良かったよ

大体この手の映画って、主役の青年だけが怪しさに気づいて、周囲からは信じてもらえないパターンが多いでしょ
それで結構イラッとしちゃう事あるけど、まあ、母さんも意外に早く信じてくれたし、一致団結して吸血鬼に立ち向かう設定は良かった

とは言え、吸血鬼はコリンなので、怖くない
妙にシツコイ
暴れまくってます
やる事、派手過ぎ~


オリジナル版の『フライトナイト』の方が、強烈に覚えてるかも
もうかれこれ30年も前の映画なのに、内容ばっちり記憶に残ってるもんね
当時は、ホラーのハシリとでも言いましょうか
結構衝撃的だったんですよ

でもリメイク版は、既に所々内容が薄れつつある
今の時代、あらゆるジャンルの映画が溢れてますからね
その中の1本と言う位置づけで埋もれちゃうんですよ、よっぽど面白くない限り

ちょっとした内容でも、怖かったり、夜眠れなくなってしまったり、そんな純粋な時に観た映画が、自分にとって一番の作品であって、忘れずにいつまでも記憶に残ってるのかもしれないですね
そう考えると、映画のせいじゃなく、自分が変わってしまったのかもしれませんな


海外スター・ドラマ
[PR]
by by569 | 2015-03-11 00:47 | ハ行