小六のB級A画館 by569.exblog.jp

ジュリアス・シーズー・小六です。ほぼネタばれ有り、ややB級寄りだから、ご注意を。ここでは気に入っている映画&海外ドラマを紹介してます。画像・イラストの無断持ち出しは禁止でございまする。


by by569
プロフィールを見る

男はつらいよ 純情篇

f0039573_2202817.jpg■男はつらいよ 純情篇 1971年・日

■キャスト
渥美清(車寅次郎)
倍賞千恵子(諏訪さくら)
森川信(車竜造・おいちゃん)
三崎千恵子(車つね・おばちゃん)
前田吟(諏訪博)
笠智衆(御前さま)
太宰久雄(梅太郎・たこ社長)
佐藤蛾次郎(源さん)
中村はやと(諏訪満男)

若尾文子(明石夕子)
森繁久弥(千造)
宮本信子(絹代)
松村達雄(山下医師)
垂水悟郎(夕子の夫)
水木涼子(たこ社長の妻)


<ねたばれ感想などいろいろ>

シリーズ第6作目!

今回のマドンナは若尾文子さん
まあ、美しいっちゃー美しいけど
(´・ω・`)

「団子屋の手伝いする」って言うからどんな人かと思ったら、若尾さんかぁ
ちょっとイメージ違うなぁ~
団子屋っぽくないですよ…ね?
どちらかというと、料亭の女将って感じかな
三崎千恵子さん演じるおばちゃんの遠縁との設定でした
なんでも~
おばちゃんのいとこが嫁いだ先の姪っ子、らしいです
遠っ!


数年前、NHK朝の連続ドラマ「おひさま」に若尾さん出演した時って、寅さんのマドンナの時からすると、たぶん40年以上経ってるでしょう?

しかし、アラ不思議(=´・∀・`=)

お変わりなく、あんまり老けてないじゃないですか?
別の言い方すると、昔から落ち着き過ぎ?
ごみん…(謝


夕子さんには夫が居ると既に知ってるだろうけど、そんなのお構いなしで夕子さんの世話焼きをする寅さん
そんなお兄ちゃんの姿に不安がよぎるさくら
なんか…
さくらの気持ち判るなぁ
嫌な予感するよね~

案の定、夕子さんは夫が迎えに来て、あっさりと帰っちゃう訳です
寅さんとの恋…って感じではなかったですね


今シリーズのサイドストーリーだったけど、森繁久弥と宮本信子が父娘役で登場
顔ぶれ豪華ですねー
父娘の親子愛に触れ、寅さんも急に柴又へ帰りたくなってしまって…
最初と最後にちょっとだけ出てくる千造と絹代
この2人のストーリーで、もう一本映画作れそうな感じですね
(〃゚∇゚〃)


また、博の独立問題も勃発!
たこ社長の印刷会社を辞めて、独立したい博
絶対に辞めほしくない、たこ社長

さ=どうする(゚д゚;)

ここで登場は寅さんですよー
しかし、話を上手く進めるはずが、全くいい加減~
めちゃくちゃ ヾ(`Д´*)ノ

シリーズ6作まで観たけど、寅さんって、この頃は本当に無責任で、ダメダメなんだね
まだ若いって事かな

まあ、この独立騒動によって、たこ社長は、もう暴れ出すわ~、泣き出すわ~
博が仕方なく「独立は諦めます」って折れるしかないし…
折角の飲み会の場が、シ~ンだよ
(´・ω・`)気まずい

そのシラけた雰囲気を「社長、これからは大丈夫だよ!タコタコ揚がる~って言うだろう?」の一言で笑いの渦にしちゃうんだからさ
寅さんって凄い

あの寅さんのセリフってアドリブ?

な~んか言い方が自然で、その後のみんなの吹き出す感じが「素」みたいで、観ているこっちも和みました


(気になった点、いくつか)

1.たこ社長の奥さんが登場してたけど、やけに老けてね
最初、社長の母さんかと思っちゃったよ
たこ社長って子供4人も居るんだ~
やっぱり頑張って働かないとね

2.今まで団子屋手伝ってた源さんが、お寺の手伝いになってた
今後ずっとお寺の人だよね

3.寅さんの舎弟・川又登(津坂匡章)は登場しませんでしたぁ
第5作では、寅さんと海辺で再会して大ハシャギだったのにな


海外スター・ドラマ
[PR]
by by569 | 2015-03-27 00:59 | 男はつらいよシリーズ