小六のB級A画館 by569.exblog.jp

ジュリアス・シーズー・小六です。ほぼネタばれ有り、ややB級寄りだから、ご注意を。ここでは気に入っている映画&海外ドラマを紹介してます。画像・イラストの無断持ち出しは禁止でございまする。


by by569
プロフィールを見る

ソウ 「SAW」

■ソウ 「SAW」 2004年・米
SAW ソウ

■監督 ジェームズ・ワン
■原案 ジェームズ・ワン、リー・ワネル
■脚本 リー・ワネル

■キャスト
リー・ワネル (アダム)
ケイリー・エルウィズ (ローレンス・ゴードン医師)
ダニー・グローヴァー (タップ刑事)
ケン・レオン (シン刑事)
ディナ・メイヤー (ケリー刑事)
マイケル・エマーソン (ゼップ→病院の雑役係)
ショウニー・スミス (アマンダ→被害者)
モニカ・ポッター (アリソン・ゴードン→ローレンスの妻)
マッケンジー・ヴェガ (ダイアナ・ゴードン→ローレンスの娘)
トビン・ベル (ジョン→患者)
ベニート・マルティネス (ブレット→ローレンスの弁護士)


<あらすじ>
廃墟と化した地下のバスルームで目覚めたアダムとゴードン。
二人の足には鎖がかけられていた。
そして、二人の間には、血まみれで倒れる死体。
犯人の仕組んだゲームが開始する。



久々に興奮する作品に出会えました!
こう言うの大好きです~

オーストラリア出身の監督ジェームズ・ワンと、脚本&出演を果たしているリー・ワネルが、3週間弱の低予算で作り上げた作品。
なんだか巷で話題のようです。

レンタルビデオ屋に行っても、いつも貸し出し中。
絶対にレンタルOKの時なし!
そうこうしてる内に、『ソウ2』(2005)も、とうの昔に上映終了ですし。
アメリカでは『ソウ3』(2006)の話も出ています。
まだ『ソウ』を観ていないなんて、すっかりブームに乗り遅れ気味。

しかし、チャンスは突然やって来るものです。
ついに、WOWOWで放送してくれましたぁ~
ありがとう!WOWOW♪

ビデオに録画して、キッチリ何度も拝見させていただきましたよ。
観れば観るほど発見があり、奥が深いです。
みなさん、一度だけでなく、出来れば何度も観てみましょう。

(WOWOWにて鑑賞)



<回りくどい事は止めてネタに入ります>

これは、話の内容が単純そうでいて、単純じゃない。
時間設定が、現在だったり、数日前の話だったり、5ヶ月前に遡ったりするので、意外に「何々??」状態に陥る事もありました。
やっぱりビデオ録画に限りますね~
録画なら、疑問に思った箇所は、何度も観られますし。
これ、映画館で観ていたら、判ったようで判ってない部分も出てくるのではないでしょうか?
あれ?みんな、ソウでもなかった?

レビューを読むと『イマイチだった』って答えてる人が結構多いのには驚きました。
何で??
気にかかったコメントは『前評判が良かったから、どれだけ面白いのかと思ったら、それ程でもなかった』とのお答え。
こう言う観方って、一番残念だと思います。
前評判が良いと言う事は、クチコミなどで『面白かった』と広まっているから。
だからやっぱり面白い映画なんだと思いますよ。
そんなに宣伝もなく、大スターを起用しているわけでもなく(なんて言ったら怒られる?それなりの俳優さん出てましたものね)、しかしここまで認知度が上がるのは、斬新で衝撃を受ける映画だからではないでしょうか。

さて、一番最初のシーンで、ライトの点いた何かがお風呂の排水溝から流れて行くじゃないですか。
あれ、何?
もしかして、後々大切な物だったりして~
なんて考えてたら、やっぱり!!
あんなに浅いお風呂だったんだですもん~。
焦って暴れて、水、抜かなくたってー
偶然、足に排水溝の栓のチェーンが引っかかっちゃった訳ですから仕方がありませんが。
もしも水抜かずに起き上がれれば、また展開も違ったでしょうね。
恐らく、アダムは勝ちゲームだったのではないですか?

でも風呂から上がって、ホンのちょっとしか時間が経っていないのに、何故かアダムの着ているTシャツが全然濡れてないんですよ~
あまりの蒸し暑さに速乾したのだった。。

あと、最後の方のシーンで、(え?もう最後のシーンの話? はい。) ゴードン医師が拳銃を取るために自分の足をぉぉ~。。
『何で切る必要がある! 銃は、シャツで手繰り寄せろ!』と思わず叫んでました。
あ、でもシャツじゃ拳銃は引き寄せられないか~
絶対出血多量で死んじゃうと思うな~ゴードン先生!
助けを呼ぶのは無理だと思うな~ゴードン先生!!
あ~あ、行っちゃった。

あの時のあの人たちの敗因は、ジグソウの用意したゲームのスタート時点で既に慌てまくっている事です。
冷静になれば、もっと回避出来た事もあったかもしれません。(それは無理!冷静になんてなれない…)

まあ、何がどうあれ、結末は同じでしょうが。

彼らは、強迫観念に襲われ、我を見失っていたんでしょう。
そう言う極限状態の時って、自分でも信じられない行動取っちゃったりしますからね。
心中お察しします。

さて、事件は残虐極まりないものばかり。
もしも自分だったらと考えただけでもパニックになっちゃいます。
しかも、どの人に与えられたゲームも、心の準備がないんですよ。
ちょっとでも時間があれば、イメージトレーニング出来るのに~(したくないけど。。)
『これは一体何?』と、頭で理解しようとしている間に、突然プチッっと電源が入りカウントダウン開始!
ちょ、ちょっと待って~(待てません)
キッツイね、このゲーム。

わ~ん。
ジグソウが起き上がった時には、鳥肌モノでした。
怖いのか感動したのか自分でもよく判らない感情がグルグルぐるぐる!
何故か心の中で「やったー!」みたいな。
どうして喜んでいるのか判らん(冷静さを失うな!)

で、何故にジグソウ、Tシャツにトランクスなの!!
やっぱり暑いから?
アダムもゴードン先生もすっごく汗かいてましたものね。(特にゴードン氏)

ジグソウさ~ん。
その格好で病院へ帰るんですか?
それとも自宅へ?

病院に入院して、体調が安定したら一時帰宅して、「生きる事」に感謝しろ!と世直しして、また入院して、「次はどんなゲームにしようかな~、どんな材料を調達しようかな~」なんて考えながら、機会を待つ。。ってソウ言う生活パターンですか、ジグソウさ~ん。

あ~あ、行っちゃった。



★勝手に「ソウ」に関して、あれこれ書いてます

ソウ 「SAW」 番外編! 勝手に「ソウ研究所」
ソウ 「SAW」 番外編! 勝手に「ソウ研究所」その2
ソウ 「SAW」 番外編! 勝手に「ソウ研究所」その3

ニュース 「ソウ3」公開危機?(2006.10.09)

★ 「ソウ2」のレビューは、こちら
[PR]
by by569 | 2006-07-19 20:14 | サ行