小六のB級A画館 by569.exblog.jp

ジュリアス・シーズー・小六です。ほぼネタばれ有り、ややB級寄りだから、ご注意を。ここでは気に入っている映画&海外ドラマを紹介してます。画像・イラストの無断持ち出しは禁止でございまする。


by by569
プロフィールを見る

フランケンフィッシュ 「FRANKENFISH」

■フランケンフィッシュ 「FRANKENFISH」 2004年・米
フランケンフィッシュ

■監督 マーク・A・Z・ディッペ
■製作 アッシュ・R・シャー他
■脚本 サイモン・バレット、スコット・クレヴェンジャー
■音楽 ライアン・ビヴァリッジ

■キャスト
トリー・キトルズ (サム・リヴァース検視官)
K・D・オーバート (イライザ→グロリアの娘)
チャイナ・チャウ (メアリー→生物学者)
マシュー・ローチ (ダン→イライザの上司)
ドナ・ビスコエ (グロリア・クランクトン→イライザの母)
トマス・アラナ (ジェフ→悪玉)
マーク・ボーン・ジュニア (ベン→ジェフの仲間)
レジー・リー (アントン→ジェフの取引相手)
ノエル・エヴァンス (ボビー→グロリアの隣人)
リチャード・エドソン (ローランド→ボビーの彼)
ミューズ・ワトソン (エルマー→グロリアの義弟)
ラウル・トルジーロ (リカルド→グロリアの隣人)


<あらすじ>
南部の川の奥地で千切れた死体が発見された。
歯形を見る限りでは、今まで見たこともない生物のもの。
検視官と生物学者が、現場へ向かうが…



今この時代に、魚に襲われる映画なんて売れるのか?
なんて思っていたら、なんだ、なんだ!面白いじゃないの。
このB級感プンプン、且つ低予算風の雰囲気大好きです。

さすがB級映画。
誰も知っている俳優さん居ないなぁと思ったら、居ました!
ミューズ・ワトソン氏。
『ラストサマー』(1997)、『ラストサマー2』(1998)に登場したスリッカーコートの殺人鬼ではありませんか!
お久しぶりでございます。

(WOWOWにて鑑賞)



<ここからネタです~>

さて、物語はアメリカ南部の奥地、川にボートハウスで住んでいる数軒の家で巻き起こる巨大魚の恐怖。
ですので、登場人物の少ない事!
だからすぐにキャラクターを覚えられるので良いですね。

主役は検視官のサムですか?
彼は一応この作品では、もしかして、かっこいいキャラ?
グロリア母さんにも気に入られてしまうし、もちろんイライザの心も。

まあ、一見かっこ良さげに活躍してますが、気になるシーンがいくつか。
巨大魚に襲われピンチになってから、サムがみんなを助けようと案を次々出します。
それが何と言いますか、失敗の連続なんですよね~

ダンのボートのエンジンをかけようとしたら巨大魚にボートをひっくり返され、また別の小型ボートに乗り込もうとしたら巨大魚にボートをひっくり返され、終いには、ローランドとボビーのボートハウスにイライザを送り込ませるっちゅ~危険を次々思いつきまくってます。
どれも成功してないし。
そして誰のボートもなくなった…
どうする~

あれ?これ川ですよね?
じゃ、岸に逃げれば良いんじゃない~って言ってやろうかと思ったら、メアリー生物学者の「雷魚のように肺もあるのよ。陸でも大丈夫」のセリフ。
なるほど…
陸に逃げても追い掛けて来るのですね~

そして登場人物があれよあれよと言う間に巨大魚に襲われ、数が減って行きます。
最終的に誰が生き残るのか!!
まあ、サムは大丈夫でしょう。
主役なので。
この展開だと、イライザも大丈夫そう。
2人だけなのか?
まだ居るとしたらメアリーかな…と予想してたら、なんともビックリの死に方。
リカルドの銃の暴発?

いつも思うのですが、巨大魚の映画なら巨大魚に襲われないといけません。
全然関係ない事故やトラブルで死ぬのは勿体無いです。
しかもメアリー。
生き残ると思ったんだけどなぁ。

ラストシーンで一言物申す!
サム、イライザよ。
2人でそんな周りも気にせずイチャイチャしてたら危ないですって。

今まで何度となく、もう居ない、もう居ないって言いながら巨大魚が出て来たじゃないですか!
君たち、もう少し警戒しなさい!!
全く、もう~


(おまけ)
スタッフが映りこんでいるかな~?シーンを発見。
一番最初の被害者、ジョン・クランクトンが川から網を引き上げているシーン。
濁った川に彼のシルエットが映ってますが、その隣に微妙にもう一人、スタッフらしい姿がチロッと映ってます。
[PR]
by by569 | 2006-09-15 10:46 | ハ行