小六のB級A画館 by569.exblog.jp

ジュリアス・シーズー・小六です。ほぼネタばれ有り、ややB級寄りだから、ご注意を。ここでは気に入っている映画&海外ドラマを紹介してます。画像・イラストの無断持ち出しは禁止でございまする。


by by569
プロフィールを見る

クリムゾン・リバー 「THE CRIMSON RIVERS」

■クリムゾン・リバー 「THE CRIMSON RIVERS」 2000年・仏
クリムゾン・リバー

■監督・脚本 マチュー・カソヴィッツ
■原作 ジャン・クリストフ・グランジェ

■キャスト
ジャン・レノ (ニーマンス刑事)
ヴァンサン・カッセル (マックス刑事)
ナディア・ファレス (ファニー)
ドミニク・サンダ


<あらすじ>
フランスのある町・ゲルノンで、バラバラ殺人事件が発生。
この奇怪な事件の捜査に派遣された、ニーマンス刑事。
そして、同じ時期に起こった、墓荒らしと小学校での盗難事件を追うマックス刑事。
後に、この別々の事件が絡み合い、驚愕の事実が判明する。



いろんな所で、不評と聞いていたのですが、個人的にはとっても面白かったですよ。
ジャン・レノとヴァンサン・カッセルのコンビがとても良い!
当時は、ヴァンサン・カッセルの事は、『顔は知っている』程度の役者さんでしたが、とても魅力的ですね。
かっこいい!

ただ、内容が込み入っているので、ビデオやDVDをレンタルして、メモしながら観た方が良いかもしれません。
そう言う私も4~5回は観てます。

まず、フランス人の名前って、どうも馴染めないんですよね。
くぅ~!!
一度聞いても、頭に入って来ない!
ケロワ? シュルヌゼ?
『えっと、この人は何した人だったっけ?』と、頭が『??』状態になってしまうんです。
思い出そうとしているうちに、テンポ良くストーリーは進んでしまうし。。
また、誰と誰が親子で、誰が何の職業で、何をした人で。。等もメモしておいた方が良いでしょう。
何度か観ると、よ~く分かります。


<ここらからネタバレオンパレード>

ヴァンサン・カッセル演じるマックスは、とてもケンカっ早いヤンチャな刑事なのですが、町のチンピラとケンカするシーンは、イマイチの感じがしませんでしたか?
この映画全体の雰囲気と、どうもかみ合っていないような気がするのは自分だけでしょうか。
ケンカのシーン長過ぎ!
でも、監督のこだわりのシーンだとか。。

あと、マックスがカッパを着た犯人を追いかけるシーンも長かった。。
相当疲れたでしょうね。

だからと言って、この追いかけるのがマックスではなくて、ニーマンスだった。。って言うのは絶対不可能ですよね。
体が重くて、走れなさそうだし。

そう、カッパを着た犯人と言えば、眼科医のオフィスに潜んで居るのには驚きました。
『そこ!そこに居る~』
ニーマンスもマックスも気づかず、急に動き出した黒い影にマジに驚いている姿が印象的です。
まるでお化け屋敷に入った子供みたいな。
確かに驚きますよね、人体や標本の一部になってましたもの。

そうそう、眼科医と言えば、眼科医役を演じていたジャン=ピエール・カッセルは、ヴァンサン・カッセルの実のお父様なんですね。
でも実際、この作品中の2人の絡みはほとんどなし。
残念~!
あるとすれば、眼科医の死体を見つけるシーンくらい。
『お父さんが死んでる~』
やはり、カッパを着た犯人を追いかけるのはヴァンサン・カッセルじゃないとダメでしょう。

画面を通して観る、フランスの田舎町。
とても幻想的な景色です。
空がとても低くて、常に湿った感じ。
ヒンヤリ感が伝わります。
そこで発見される死体!
これがまたリアルで美しく仕上がっています。

最初は、胎児のような格好で発見される大学司書の死体。
それは次の殺人のヒントとなっています。
胎児=次の犠牲者は産婦人科医
産婦人科医の死体には、義眼が入っています。
義眼=次の犠牲者は眼科医
眼科医の死体は、心技体の完全なる肉体を意味する大学のシンボルマークの形に、はり付けられています。
学校のシンボル=学校全体の崩壊

今までの学校の歴史や過去、全てを破壊するのが、犯人の最終の目的だったんだと思います。
しかし、計画も終わりに近づいた時に、想像以上に有能(?)な刑事達の存在で、最終計画まで実行できずに自滅。。
可哀相な犯人です。

ひとつ、スタッフが映り込んでいるシーンを発見。
マックスが、『墓荒らしがあった』と通報を受け、2人の制服警官と一緒に墓で捜査するシーン。(だったかな?)
墓場を歩くマックスと平行して画面が移動するのですが、ツルツルピカピの墓石に、カメラを腰の位置に構えて撮影しているカメラマンが映ってしまってます~
是非そのシーンを見つけてみて下さい。
[PR]
by by569 | 2006-01-14 21:39 | カ行