小六のB級A画館 by569.exblog.jp

ジュリアス・シーズー・小六です。ほぼネタばれ有り、ややB級寄りだから、ご注意を。ここでは気に入っている映画&海外ドラマを紹介してます。画像・イラストの無断持ち出しは禁止でございまする。


by by569
プロフィールを見る

コラテラル 「COLLATERAL」

■コラテラル 「COLLATERAL」 2004年・米
コラテラル

■監督 マイケル・マン
■製作 マイケル・マン、ジュリー・リチャードソン
■脚本 スチュアート・ビーティー
■音楽 ジェームズ・ニュートン・ハワード

■キャスト
トム・クルーズ (ヴィンセント)
ジェイミー・フォックス (マックス→タクシー運転手)
ジェイダ・ピンケット=スミス (アニー)
マーク・ラファロ (ファニング刑事)
ピーター・バーグ (リチャード)
ブルース・マッギル (ペドロサ)


<あらすじ>
タクシー運転手のマックスは、ある日、ヴィンセントと言う名の男性客を乗せる。
彼に、「高額のチップを支払う代わりに、専属のドライバーになって欲しい」と依頼され引き受けるが・・・



主演は、ご存知トム・クルーズ。
今回は珍しく悪役に徹したトム。
ヒゲも伸ばしてみたぜぃ…

ヒーローのイメージが強いので、どのように演じるのか楽しみですね。
共演者は、『Ray/レイ』(2004)のジェイミー・フォックス、『マトリックス レボリューションズ』(2003)のジェイダ・ピンケット=スミスなど。
ジェイダの夫は、かの有名なウィル・スミスです。

(WOWOWにて鑑賞)



<ここからネタバレしてますのでご注意を…>

なんか、悪役がトム・クルーズだとどうなんでしょう。
どうしてもヒーロー的イメージが強すぎて、殺し屋役と知ってても、トムに、最後まで任務を遂行させたあげたら?なんて甘く思ってしまうわたくしは、イケナイ人間?

3人目殺害までは、順調に進んでいたんですがね~
4人目で、あれだけ大騒ぎになってしまったら目立ってしまいますよ。
まあ、選んだタクシー運転手が悪かったのでしょう、ヴィンセントさん。


いや!もっとさかのぼれば!
これだけ用意周到な殺し屋なのに、どうしてタクシーを利用するのですか!?
誰にも分からないように静かに一人で移動した方が良いと思いますが。
いやいや!!
暗殺を依頼する方が、車くらい用意してあげればいいんですよねー
あまりにセコイでしょう。

この映画、一応主役は、トム・クルーズなのですが、どうみても、ジェイミー・フォックスが主役な感じ。
やっぱりトム・クルーズよ、悪役は止めた方が良いかもね。


ヴィンセントが豪語していた、「自分は今まで一度も失敗がない」みたいな事。
『本当か、それは!?』ってなシーンが、てんこ盛り。
もっと憎たらしいほど完璧で、最強の殺し屋像をお願いしたかったです。

最期は孤独に死んでいくヴィンセント。

悪役の殺し屋が死んだと言うのに、個人的には、どうもスッキリ感がなかったような気がします。
[PR]
by by569 | 2006-12-10 13:58 | カ行