小六のB級A画館 by569.exblog.jp

ジュリアス・シーズー・小六です。ほぼネタばれ有り、ややB級寄りだから、ご注意を。ここでは気に入っている映画&海外ドラマを紹介してます。画像・イラストの無断持ち出しは禁止でございまする。


by by569
プロフィールを見る

ヒューマン・キャッチャー/JEEPERS CREEPERS 2

■ヒューマン・キャッチャー 「JEEPERS CREEPERS 2」 2003年・米
ヒューマン・キャッチャー

■監督 ヴィクター・サルヴァ
■製作 トム・ルーズ
■製作総指揮 フランシス・フォード・コッポラ他
■脚本&キャラクター原案 ヴィクター・サルヴァ
■音楽 ベネット・サルヴェイ

■キャスト
レイ・ワイズ (ジャック・タガート→復讐に燃える男)
ルーク・エドワーズ (ジャック・タガート・Jr→ジャックの長男)
ジョナサン・ブレック (ザ・クリーパー)
ギャリカイ・ムタンバーワ (D→生徒)
エリック・ネニンジャー (スコッティ→生徒)
ニッキー・エイコックス (ミンクシー→生徒)
マリエ・デルフィノ (ロンダ→生徒)
ダイアン・デラノ (ベティ→バス運転手)
トム・ゴッソム・Jr (チャーリー→コーチ)
ビリー・アーロン・ブラウン (バッキー→生徒)
レナ・カードウェル (チェルシー→生徒)
アル・サントス (ダンテ→生徒)
トラヴィス・スチフナー (イジー→生徒)
カサン・バッチャー (キンボール→生徒)
ジョシュ・ハモンド (ジェイク→生徒)
トム・タランティーニ (バーンズ→コーチ)
(おまけ)ジャックの愛犬=マック


<あらすじ>
タガードは畑仕事中、息子が何者かに連れ去られるのを目撃する。
同時期、高校生を乗せたスクールバスが9号線でパンクの為に停車。
バスから降りた先生やコーチが、次々と、あっという間に天高く連れ去られる姿を見た生徒たちはパニックを起こす。




ご存知『ジーパーズ・クリーパーズ』(2001)の続編。

「23年ごとの春に現れ、23日間、人間を食べ続ける」習性のクリーパーが今回も大暴れ!

前作に引き続き、フランシス・フォード・コッポラが製作総指揮を、ヴィクター・サルヴァが監督を担当しています。

ダカード家の父さん役は、レイ・ワイズ。
レイ・ワイズを見た時『どこかで観たな~、誰だっけ??』ってずっと気になってて…
観終わってだいぶ経ってからです、思い出したのは。
『ツインピークス』だー!!!!
懐かしい~
ローラ・パーマーのお父さんですよね!?



<ここからネタ・バレ♪です>

まさにパート1から続いているお話。
パート1の終わりから、すぐの設定です。
「教会の地下から時代背景がまちまちの遺体、大量発見」と言うニュースをやっていたので…

そして今回のお話は、なんと、クリーパーの23日目の出来事なんですっ!
この日を境に、また23年間の眠りにつくようになるので、ここでたくさん食べておかないとね~


今回は高校生がたくさん登場!
キャラクターの名前を覚えるのが大変でした。
とりあえず観ながらメモ、メモっと。
観続ける内に、だんだん頭にくるキャラもいたのですが、まあ、クリーパーに気に入られ連れ去られたので良いでしょう。(良いのか?)

スクールバスに乗っていた生徒の1人、ミンクシーは、やや霊能力があり被害者たちからのメッセージが見えます。
そのお陰で少しはクリーパーの正体について判るのですが、他のガキどもがミンクシーの言う事を全然聞かないし。

キャラが増えただけ、ちょっとまとまり悪い印象もあり…ですね。


クリーパーは、不死身。
何か自分の体に不具合が起こったら、誰かのその部分を食べれば良いんです。
例えば、足がバキッと折れて無くなってしまうと、人間を捕まえ足を食らう。
そうすると、新しい足が生えてくるんですよ~
なんて巧いシステムなんだ。
だから死なない…
と言う事は、これまた『ジーパーズ・クリーパーズPART999』もありうる訳でして。(ない、ない)


パート1はホラー色が強く、パート2はアクション色が強い印象です。
個人的には、パート1の方が好みですね。
しかし一般的に言われている「パート2は駄作」なんてイメージを吹っ飛ばすくらいは面白かったと思います。
パート3も出来て良さそうですが、どうなる事か。
出来れば作って欲しいです!!
[PR]
by by569 | 2006-12-26 09:51 | ハ行