小六のB級A画館 by569.exblog.jp

ジュリアス・シーズー・小六です。ほぼネタばれ有り、ややB級寄りだから、ご注意を。ここでは気に入っている映画&海外ドラマを紹介してます。画像・イラストの無断持ち出しは禁止でございまする。


by by569
プロフィールを見る

CSI:マイアミ #4 汚れた血 欲望の海「Just One Kiss」

f0039573_11143032.jpg
■#4 汚れた血 欲望の海「Just One Kiss」

■製作総指揮 ジェリー・ブラッカイマー他

■キャスト(レギュラー)
デヴィッド・カルーソ (ホレイショ・ケイン→CSI チーフ)
エミリー・プロクター (カリー・デュケーン→CSI 捜査官)
アダム・ロドリゲス (エリック・デルコ→CSI 捜査官)
カンディ・アレクサンダー (アレックス・ウッズ→CSI 検死官)
ロリー・コクレイン (ティム・スピードル→CSI 捜査官)
キム・デラニー (メーガン・ドナー→CSI 捜査官)

■キャスト(ゲスト)
ジェイミー・ブラウン (ジェーン・レンショー→被害者)
ジェレミー・ガレット (ポール・バーネット→ジェーンの彼)
デヴィッド・デンマン (タイラー・ハミルトン→ポールの大学の同級生)
ケヴィン・キルナー (ドレイク・ハミルトン→タイラーの伯父)
ジョー・ドゥエル (エステヴァン・オルドネス→バーテンダー)
トム・エヴェレット (ライアン→ポールの弁護士)
モニカ・ガルシア (看護師)
エリック・キング (フェン・ウィック刑事)


<あらすじ>

夜、海を見ていた男女のカップルが何者かに襲われた。
男性は鋭利な物で首を切られ死亡、女性はレイプされ頭を強打され重体。
顔見知りの犯行か?



夜の海辺で男女が何者かに襲われます。
男性は死亡。
首にはギザギザの裂傷、頬には火傷の痕があります。
女性の名はジェーン・レンショー。
重体で病院に運ばれます。
被害は、レイプされた痕跡と頭部強打。

現場証拠品は、グリーン色をしたガラス片…


メーガンは、病院に運ばれたジェーンに襲われた時の事を聴きますが、頭部を強打したせいか思い出せないとの事。
ジェーンは、一緒に居たはずの彼氏のポールの心配をしています。
…とすると、殺された男性はポールなのか…
ジェーンのDNAを採取するため口を開けさせると、歯の矯正器具を装着している事に気づき、メーガンは矯正器具も一緒に預かる事にします。


デルコは、ポールの遺体があった周辺の砂を調べます。
砂の中からメガネの鼻あてを発見。
しかもその鼻あてには、微量の血痕が付着しています。


次にポールの検死解剖です。
ギザギザに切られた首の傷の中にグリーンのガラス片が挟まっています。
これは、現場の砂浜で見つけたガラス片と同じ色。

また、手には炎症が、爪の間にはライムの皮がこびり付いています。
検死官アレックスは、恐らくポールはバーテンダーの仕事をしている人ではないかと推測します。
直射日光の下で柑橘系の果物を搾ると、このような炎症が起こると。

しかし、被害女性ジェーンの証言では、彼氏のポールの職業は経理士。
経理士をしながらバーテンのバイトなんてするだろうか?
疑問に思ったホレイショは、被害男性と、ジェーンが証言したポールの特徴を照らし合わせてみます。

(職業)
被害男性はバーテンダー、ポールは経理士。

(髪の毛の色)
被害男性は黒、ポールはライトブラウン。

(目の色)
被害男性はグリーン、ポールはブラウン。

被害男性はポールじゃない!!
って事は、誰?

ポールが宿泊しているホテルを訪ねると、ポールは普通に部屋に居るじゃないですか。
昨夜の事を聴くと、「大学の同級生だったタイラー・ハミルトンの招待で、ハミルトン家のパーティーに行って、酒を飲み、ゲストハウスで爆睡してしまったから記憶がない」と証言。
ポールが持っていた葉巻がキューバの密輸品だったので、とりあえず押収!


ハミルトン家か…
ホレイショは苦虫をつぶすような顔をして「厄介な事件になりそうだ」とひと言。
ハミルトン家とは、この周辺では有名な金持ちで、日々パーティーなどを開き豪勢に暮らしている一族。

ホレイショ&カリーがハミルトン家を訪れ、家主ドレイクに話を聴きに行きます。
中から出てきた家主ドレイクが、なんとホレイショと顔見知り。
「久しぶりー」などと言ってます。

この2人、以前、何かの事件で会った事があるようですが、どんな事件かはここでは話していません。

令状がないので、ドレイクも詳しく調べさせてくれませんが、カリーが中庭にあるシャンペンのビンを見て、凶器のガラス片と一緒だと確認します。

同時に、ハミルトン家の周辺を聞き込みしていたデルコ。
重要な情報をGETです。
昨夜のパーティーで、バイト代を取りに来ていない人物が1名いる事、名前は、エステヴァン・オルドネス、グアテマラ人。
その情報を聞いたホレイショは、「グアテマラ人なら、黒髪でグリーンアイだな!被害男性はエステヴァンだ!」と確信します。


スピードルは、凶器を思われるガラスの欠片から指紋の採取に成功。
指紋は、ポールのものと判明。
メーガンとスピードルは、エステヴァンとのジェーンの浮気を見たポールが殺したのか?と推測します。

しかし、ここで1つハッキリしている事は、ジェーンから預かった矯正器具に付着していた皮膚組織が、ポールのものではなかったという事実。
ジェーンをレイプしたのはポールではない…
複数犯の可能性も出てきました。

その後、エステヴァンの遺体の頬にあった火傷の痕が、ポールから押収した葉巻と一致。
ポールに事情を聴きます。

すると、経理士にはとても購入できないような高級時計をしているポール。
この時計は、タイラーにもらったとの事。
詳細は、「タイラーが、一度だけジェーンにキスしたいから、お前からジェーンにお願いして欲しい。お礼にこの時計をあげる」と。
ポールは時計欲しさに、ジェーンにタイラーとキスするように言い、ジェーンを怒らせてしまった…彼女はその後、ビーチに行ったようだが後を追わなかったと証言します。


やっとの事で令状が取れ、ハミルトン家を訪れると、なんとゲストハウスの部分を壊しているではないですか!
元々テニスコートを作る予定があったから…なんて白々しい事を言うドレイク。

たとえ壊されていても証拠を見つけてみせる!!

ホレイショは、瓦礫の下から吸いかけの葉巻を発見します。
これは、エステヴァンの頬に押し付けた葉巻と同タイプです。
すぐに持ち帰りDNAを調べると、唾液はタイラーのものと判明。

カリーは、ジッパーを見つけます。
一部燃えているが、珍しいジッパーで、メーカーはフーブー。
パーティー時に写した写真から、フーブーのジャンパーをタイラーが着ている事が判ります。
しかもジッパーの隙間に細かいガラス片が。
このガラスは、凶器のガラスと一致します。

しかし、何故強行に及んだのか…
タイラーはジェーンに気があり、やっとの事でキスできたが、バーテンダーのエステヴァンは、いとも簡単にジェーンを誘い出していた。
それに嫉妬して2人を襲ったのだろうと想像できます。


これで、一気に犯人はタイラーだと言いたい所ですが、1つだけ疑問点が…
現場で見つけたメガネの鼻あて。
タイラーはメガネをかけていません。

メガネと言えば、ドレイク。
ドレイクからメガネを押収し調べると、メガネのレンズの隙間に付着した血痕が!
血痕はエステヴァンのものと判明。
これで、動かぬ証拠が揃いました!

ドレイクを問い詰めると、「ビーチから悲鳴が聞こえ行ってみると、タイラーがエステヴァンに飛び掛っていた。エステヴァンが助けを求める声をあげたので、咄嗟にエステヴァンの首を切った」と。
ハミルトン家に傷がつくのを恐れ口封じをしたのか…
ドレイクは逮捕されました。


最後に、ホレイショが、何故ドレイクと顔見知りなのかが明らかに。

ドレイクの逮捕後、カフェで寛ぐホレイショ。
そこへメーガンが来て、ドレイクの事件の話になります。

「今から15年前の87年7月25日、ドレイクの車が事故をおこした。
フロントの女性は死亡、ドレイクの姿はどこにもなかった。
ドレイクの家に行くと、弁護士を3人も従え、死んだ女に車を貸しただけ…と証言。
捜査はすぐに打ち切り、起訴も逮捕もなし。
もしも、ドレイクが救急車を呼んでいれば助かったのに…」


ずっとホレイショの胸の中にあった悔しさが伝わってきますね。
ホレイショの話を静かに聞くメーガン。
メーガンって本当に重要な役どころなんですね。

何度も言うようですが、どうしてシーズン2になるとメーガンが居ないのか、知りたい!!



<ちょいと新発見&簡単メモ>

1.ジェーンを診た看護師役のモニカ・ガルシアは、「CSI:2 科学捜査班」のエピソード41(第2シーズン第18話)「暴走バス 24人の運命」で、バスの乗客パーカー夫妻の妻役を演じてます
[PR]
by by569 | 2006-12-27 11:19 | CSI:マイアミ