小六のB級A画館 by569.exblog.jp

ジュリアス・シーズー・小六です。ほぼネタばれ有り、ややB級寄りだから、ご注意を。ここでは気に入っている映画&海外ドラマを紹介してます。画像・イラストの無断持ち出しは禁止でございまする。


by by569
プロフィールを見る

CSI:マイアミ #7 ブレスレス 危険な戯れ「Breathless」

f0039573_12504920.jpg
■#7 ブレスレス 危険な戯れ「Breathless」

■製作総指揮 ジェリー・ブラッカイマー他

■キャスト(レギュラー)
デヴィッド・カルーソ (ホレイショ・ケイン→CSI チーフ)
エミリー・プロクター (カリー・デュケーン→CSI 捜査官)
アダム・ロドリゲス (エリック・デルコ→CSI 捜査官)
カンディ・アレクサンダー (アレックス・ウッズ→CSI 検死官)
ロリー・コクレイン (ティム・スピードル→CSI 捜査官)
キム・デラニー (メーガン・ドナー→CSI 捜査官)

■キャスト(ゲスト)
サラ・ラファエティー (メリッサ・スター→パーティー主催者)
ジェミー・ルナー (ニッキー・オルソン→パーティーの客)
バロン・ロジャース (ノエル・ピーチ→被害者)
イオン・オヴァーマン (ソフィア・アナノーヴァ→パーティーの客)
リチャード・グロス (メリッサ・スター家の庭師)
クリス・ペイン (カーソン・キャシディ→アダムの弟)
クリス・A・ジェフェリー (アダム・キャシディ→被害者)
ミハエル・アービー (イグナシオ・パエス→フリーダイバー)
トム・ジョーデン (マーク・タッパー→リサの夫)
ローラ・ハジース (リサ・タッパー→マークの妻)
ワンダ・デ・ジーザス (アデル・セヴィーラ刑事)
アレックス・パーズ (プィグ刑事)


<あらすじ>

プールサイドで盛大に開かれたパーティー。
そこには、若い男性をゲットしようと、たくさんの自立した女性が集まっていた。
翌朝、一人のナイスガイのダンサーが遺体で発見。
ホレイショ、スピードル、カリーが事件を担当する。

1組の夫婦が船で寛いでいると、どこからか船に乗り込んで来た男性。
大海原の真ん中で一体どこから進入したと言うのか。
その男性は腹部から血を流し、その場に倒れこんで死亡した。
メーガンとデルコが事件を担当する。



プールサイドで若い男性を相手にバカ騒ぎする大勢の女性。
しかし翌朝、清掃員がプールサイドを掃除していると、若い男性が全裸で死亡しているのを発見します。
被害者は、21歳のノエル・ピーチ。

現場の状況と証拠品…
1.死亡推定時刻は今朝の5:00~7:00
2.コンドームの空き袋
3.ノエルの近くに複数の蚊の死骸(蚊がノエルの血を吸っていたら、血から何かが検出できるかも)

検死結果…
殺人事件だと思っているホレイショに対して、検死官のアレックスは、外傷もなく自然死としか思えない遺体だと報告。


証拠品をラボに持ち帰り調べると、残念ながら、蚊から採取した血液は乾燥しきっていて証拠は採れませんでした。

その時、複数の蚊の死骸を前に、ホレイショとカリーは、不審点に気づきます。
蚊は普通叩いて殺すが、死んでいた蚊はつぶされていない…
被害者のノエルと同じように突然死んだような?
もしもノエルの血を吸って死んだなら、血に何かあるのだろうか。
毒だろうか?

一般人が入手出来る毒と言えば、ストリキニーネか砒素か青酸カリです。
毒の特徴として…
ストリキニーネで死ぬと顔が歪む
砒素は、毛が落ちて黄疸が出る
青酸カリは、苦いアーモンドの香りがする

以上の点を考えると、ノエルの姿からは、どの毒でもない事が判ります。
では一体何なのか…


ノエル殺害の可能性のある女性数名から聞き取りします。
その中の一人、ソフィアから事情聴取をしていると、彼女はしきりに貧乏揺すりをしたりブレスレットを触り続けたり落ち着きがありません。
その姿を見たホレイショは、彼女に禁煙しているのか?と確認します。
彼女の、「ニコチンパッチを貼っている」と言う言葉にピ~ンと来るホレイショ。

ニコチンで人を殺せる!
ニコチンパッチを1枚貼ったくらいでは致死量にならないが、3~4枚の量であれば十分、発作を誘発できる量であるはず。
しかし、ソフィアのニコチンパッチの購入在庫数から、彼女が犯人ではない事が明らかに。

そこでノエルの遺体のどの部分にニコチン量が多いか調べると、なんとペニスだったのです。

ここで、蚊が叩かれずに死んでいた謎と繋がります。
強い殺虫剤に、ニコチンが含まれるものがある…
その殺虫剤を吸った蚊は死ぬ。

そして、誰かがコンドームにその殺虫剤を入れ使用したら、ノエルを殺害できるのではないか?

現場のパーティー会場へ行き、庭師に殺虫剤を見せてもらいます。
庭師の道具箱からは、硫酸ニコチン入りの強力な殺虫剤が。
殺虫剤の瓶から指紋を採取します。

その指紋は、パーティー主催者のメリッサ。
問い詰めると、ノエルにしつこくされ殺したと自供します。
意外とアッサリと認めたものですねー



★面白いシーン発掘!

ある女性が、「ノエルに、自分の下着を着せて踊らせた」と証言した件について。

ホレイショ『男に、自分の下着を着せるなんて理解出来ない』
カリー『私はレザーのパンツが良いわぁ。上は裸で… 冗談よ♪』
ホレイショ『…シーン…』(無視かよ!!)

ここでオシャレな決めゼリフをもらいたかったよ、チーフ!


一方、メーガンとデルコは、船で見つかった男性の死体の調査です。
タッパー夫妻が出航中、突然船尾を登って来た男性が、その場に倒れこみ死亡。
夫妻の証言によると、男性は、既に腹部から血を流し、フラフラと船を歩いていたとの事。

アレックスの検死によると、死因は肝臓を刺された事による失血死。
内臓の特徴として…
脾臓が平均より2割小さめ、逆に心臓と肺が平均より大きい事が判明。
その特徴から、アスリートではないかとデルコは想像します。

また、傷口から胞子が検出されます。
その胞子は、水深15メートルより深い場所にしか居ない微生物である事から、今朝、クランドンマリーナで行なわれたフリーダイビングのコンテスト出場者の可能性が。

メーガンとデルコが会場に向かうと、カーソンと言う若者が、「兄が行方不明になっている」と訴えます。
カーソンに、船で見つかった男性の写真を見せると、カーソンの兄アダムであると判明。

被害者は、アダム・キャシディ。
ダイビングコンテスト中に行方が判らなくなったとの事。

メーガンとデルコは、アダムやカーソンの船を捜査します。
そこで、コンテストに使用したスピアガンの先端に、皮膚組織が付着しているのを発見。
しかしその皮膚組織は、死亡したアダムのものではありませんでした。
また、アダムの傷はナイフでさされたものですが、押収したナイフからは、どれも血液は出てきません。
凶器は一体どこへ行ったのか?

デルコは、アダムがタッパー夫妻の船に乗り込んだ場所周辺の海底に潜り、ついにナイフを発見します。
ナイフに付着していた血痕は、アダムのものでした。

アダムの弟カーソンの上半身には、スピアガンのようなもので傷つけた痕が…
ここからはあくまで推測の域ですが、ダイビングコンテストの為、アダムとカーソンは水深15メートルは沈んでいたはず。
アダムが獲物を見つけ狙いを定めている時、カーソンが前を横切る。
アダムはあくまで獲物を狙ったが、カーソンのわき腹にスピアガンによる傷が出来た。
カーソンはカッとし、アダムを刺した…

状況を説明するメーガンに対して、カーソンは全く記憶がないと言う。
水深15メートル以上沈むと、低酸素の症状になり、記憶が曖昧になってしまうはず。
結局、確実にカーソンが犯人だと言う自供は得られませんでした。

証拠はカーソンが犯人だと物語っています。
それで十分だとは思いますが…はたして。



<ちょいと新発見&簡単メモ>

1.メーガン&デルコのペアでの捜査は、今回が初仕事。
メーガンは普通スピードルとペアを組む事が多い
2.デルコは、魚の卵が嫌い
[PR]
by by569 | 2007-01-21 12:56 | CSI:マイアミ