小六のB級A画館 by569.exblog.jp

ジュリアス・シーズー・小六です。ほぼネタばれ有り、ややB級寄りだから、ご注意を。ここでは気に入っている映画&海外ドラマを紹介してます。画像・イラストの無断持ち出しは禁止でございまする。


by by569
プロフィールを見る

ブレアウィッチ2~刻印バージョン 「BOOK OF SHADOWS : BLAIR WITCH 2」

■ブレアウィッチ2~刻印バージョン 「BOOK OF SHADOWS : BLAIR WITCH 2」 2000年・米
ブレアウィッチ2 ~刻印バージョン

■監督 ジョー・バーリンジャー
■製作 ビル・カラッロ
■製作総指揮 ダニエル・マイリック他
■脚本 ディック・ビーブ、ジョー・バーリンジャー、ニール・スティーヴンス、エドゥアルド・サンチェス
■作曲 カーター・バーウェル
■音楽 マリリン・マンソン

■キャスト
キム・ディレクター (キム)
ジェフリー・ドノヴァン (ジェフ)
エリカ・リーセン (エリカ)
トリステン・スカイラー (トリステン)
スティーヴン・バーカー・ターナー (スティーヴン)
ラニー・フラハーティー (クレイヴンス保安官)


<あらすじ>
『ブレア・ウィッチ・プロジェクト』の映画ヒットにより、観光客が殺到しているバーキッツヴィル。
ガイドのジェフは、客のキム・エリカ・トリステン・スティーヴンを連れて、森の奥深い廃墟跡でキャンプを張り、あらゆる所にカメラをセットし夜を明かす。



前作の『ブレア・ウィッチ・プロジェクト』(1999)の続編として作られた『ブレアウィッチ2』。
今回も、若者が好奇心から森へ入り、怪しい世界へ迷い込んでしまいます。

しかし内容はあまり『ブレア・ウィッチ・プロジェクト』に関係ないような…?
続編と思わずに、全く違う映画として観た方が良いかもしれませんね。


キャストはほとんど知らない方ばかりでしたが、エリカ役のエリカ・リーセンは、『テキサス・チェーンソー』(2003)でペッパー役を演じている方です。



<以下ネタバレですのでご注意を>

『ブレア・ウィッチ・プロジェクト』の大ヒットにより、バーキッツヴィルには好奇心いっぱいの観光客が殺到。
森に入り込むツアーもたくさんあるようです。

今回ジェフが連れてきた客は、キム・エリカ・トリステン・スティーヴンの4名。
全員で、森の廃墟にテントを張り一晩過ごします。
そこで一体何が行われていたのか!

それはその時は判らないのですが、徐々に明らかになっていきます。


この映画のポイントは、やはりお約束の録画されたビデオ、そして、集団ヒステリーが関係してきます。

森で一晩過ごした彼らには、夜中、全く記憶のない時間帯がありました。
その時に何が起こったのか、ビデオを観ながら自ら検証。

実は、彼らは魔女に操られた訳です。
だから記憶がなくなってしまって…
ただ、トリステンだけ魔女に触れた徴(しるし)がありません。

彼女だけが魔女に操られていないのか、それともトリステンが魔女本人と言う事なのか?


「みんなが信じるものが真実になる事もある」と言っていたトリステン。
彼らにはトリステンが殺人を犯した魔女に見え、トリステンを魔女狩りの対象と考えてしまった瞬間、すぐに処刑が始まっています。
「みんなが信じるもの=トリステンが魔女だ」との考えが、彼らの中では真実だった訳です。

レビューを見ると散々な言われようですが、意外に奥が深いですよ。


エンドロールが始まっても最後まで観て下さい。
ちょっとしたイベントがあります。

まずは、カットされてしまった3シーンの紹介がされています。
それらのシーンには、怪しい映像が映り込んでいるんですね~
えっ、霊?
それともスタッフの遊び心なだけ?

みなさんの目でお確かめ下さい。


また「最後まで観てからビデオを巻き戻してみると、画面右下に字が登場し、それらを繋げて読むと意味のある文字になるよ~」ってな説明が。

早速、実際にビデオを巻き戻して文字を繋げてみましたよ。
「ドア」「ラグ」「グレイヴ」「ミラー」「ウォーター」でした。

それらが画面に映っている時に、何か不可思議なモノが映ってるらしいですが、この映画を再度観る元気がないので・・・

またの機会にします~(^^;)



★ 『ブレア・ウィッチ・プロジェクト』 のレビューは、こちら
[PR]
by by569 | 2007-01-30 20:04 | ハ行