小六のB級A画館 by569.exblog.jp

ジュリアス・シーズー・小六です。ほぼネタばれ有り、ややB級寄りだから、ご注意を。ここでは気に入っている映画&海外ドラマを紹介してます。画像・イラストの無断持ち出しは禁止でございまする。


by by569
プロフィールを見る

ダイヤルM 「A PERFECT MURDER」

■ダイヤルM 「A PERFECT MURDER」 1998年・米
ダイヤルM

■監督 アンドリュー・デイヴィス
■製作 ピーター・マクレガー=スコット、クリストファー・マンキウィッツ、アーノルド・コペンソン、アン・コペンソン
■脚本 パトリック・スミス・ケリー
■音楽 ジェームズ・ニュートン・ハワード

■キャスト
マイケル・ダグラス (スティーヴン)
グウィネス・パウトロー (エミリー→スティーヴンの妻)
ヴィゴ・モーテンセン (デヴィッド→エミリーの愛人)
サリタ・チョードリー (ラケル→エミリーの同僚)
デヴィッド・スーシェ (モハメド・カラマン刑事)
コンスタンス・タワーズ (エミリーの母)


<あらすじ>
妻エミリーの不倫を知った夫スティーヴンは、妻殺しを、なんと妻の不倫相手デヴィッドに依頼。
しかし殺害は計画通りには行かなかった…



アルフレッド・ヒッチコックの名作『ダイヤルMを廻せ!』(1954)のリメイク版です。
しかしオリジナルとは少し内容が違うようですね。

監督は『逃亡者』(1993)でゴールデン・グローブ賞にノミネートされたアンドリュー・デイヴィス。

キャストは、豪華ですよぉ!
『ウォール街』(1987)でアカデミー主演男優賞を獲得したマイケル・ダグラス、『恋におちたシェイクスピア』(1998)でアカデミー主演女優賞を獲得したグウィネス・パウトロー、『ロード・オブ・ザ・リング』シリーズのアラゴルン役で一躍有名になったヴィゴ・モーテンセン、『レディ・イン・ザ・ウォーター』(2006)のサリタ・チョードリーなど。

みなさんのレビューを見ると「眠くなった」とか「つまらない」などと言ってますね。
いえいえ、そんな事ないです。
面白かったですよ。

いつも思うのですが、わたくし、他の方よりも許容範囲が広いのかな…



<さっそく"ネタ"をばらせ!>

超金持ちって、良いような悪いような。

夫スティーヴンもお金持ちではあるんでしょうが、事業に成功した金持ちですね。
その点、奥さんのエミリーは、お金持ちの令嬢。
しかも桁外れの資産家。

もしも彼女が亡くなったら1億ドルが夫の手に入るとか…
1億円が手に入るんじゃないですよ、1億ドルですよ。
100億円です。
そりゃ、スティーヴンも頑張っちゃいますね。

スティーヴンがデヴィッドに向かって発した言葉。
「妻の前から姿を消してくれ。または、50万ドルで妻を殺害してくれ」
って、どうなのこの選択は。

もしもデヴィッドが「はい判りました。姿を消します」って言って、陰でまた逢ってた…と言う設定だったらどう?
今までいろんな資産家からお金を巻き上げ、もうお金は要らないや~って思ってて、エミリーの事は本当に好きだから会っちゃおう~みたいな。
ヴィゴ・モーテンセンはそんなキャラじゃないか…


スティーヴンに、エミリーの殺害を依頼されたデヴィッドは、やはりどうしてもエミリーの事は殺害できそうもなく、学生時代の同級生にエミリー殺害を依頼します。
気になって事件現場へ行って見ると、袋詰めされた遺体が運び出される所を目撃してしまい、デヴィッドは完全にエミリーが死んだものと…

しかしその後、エミリーから電話が入り、あの慌てた感じと安堵の声で、やはりデヴィッドはエミリーを愛していたのかな…と感じました。
確かにお金は欲しいけれど、それとは別にエミリーの事は特別な存在だったのではないでしょうか。
そう思いたいですが。


エミリーも、スティーヴンの巧みな言葉に騙されそうになったり、デヴィッドを疑いかけたりしましたが、やはり自分の感を頼りに一人で調べ始めます。
エミリーが、誰かに言われるまま鵜呑みにするような女じゃなくて良かったですね~
心のどこかに、「本当にスティーヴンは怪しくないんだろうか?」の疑惑と、「デヴィッドは本当に自分を騙したんだろうか?」の信じたい気持ちが、彼女を行動させたのでしょう。


最後にデヴィッドは、スティーヴンが殺人依頼した時の録音テープを、スティーヴン宛に郵送していましたよね。
エミリー宛ではなくて。
だから、デヴィッドは本当にそのままエミリーの前から姿を消すつもりだったと考えられるのでは?
しかしスティーヴンは、デヴィッドにエミリーの心を奪われただけでも超頭に来てるのに、40万ドルまで奪われてたまるか!って嫉妬心むき出しで殺害。

狂気に襲われた表情させたら、マイケル・ダグラスはホント巧いですね。


全然関係ないんですけど、マイケル・ダグラスの口元って、どうも入れ歯を外した爺ちゃんの口元に見えちゃうんですよね。
あ、こんな事言ったら怒られてしまいそうですね。
失礼しました。
[PR]
by by569 | 2007-02-02 13:33 | タ行