小六のB級A画館 by569.exblog.jp

ジュリアス・シーズー・小六です。ほぼネタばれ有り、ややB級寄りだから、ご注意を。ここでは気に入っている映画&海外ドラマを紹介してます。画像・イラストの無断持ち出しは禁止でございまする。


by by569
プロフィールを見る

羊たちの沈黙 「THE SILENCE OF THE LAMBS」

f0039573_20181364.jpg
■羊たちの沈黙 「THE SILENCE OF THE LAMBS」 1991年・米

■監督 ジョナサン・デミ
■製作 エドワード・サクソン、ケネス・ウット、ロン・ボズマン
■製作総指揮 ゲイリー・ゲッツマン
■原作 トマス・ハリス
■脚本 テッド・タリー
■音楽 ハワード・ショア

■キャスト
ジョディ・フォスター (クラリス・スターリングFBI捜査官訓練生)
アンソニー・ホプキンス (ハンニバル・レクター博士)
スコット・グレン (クロフォードFBI捜査官)
アンソニー・ヒールド (チルトン博士)
テッド・レヴィン (バッファロー・ビル/ジェミー・ガム)
フランキー・フェイソン (バーニー刑務員)
ケイシー・レモンズ (マップ→クラリスの友人)
ブルック・スミス (キャサリン→被害者)
ダイアン・ベイカー (マーティン上院議員→キャサリンの母)
おまけ…バッファローの愛犬・プレシャス


<あらすじ>
女性を誘拐し、殺害後に皮を剥ぐ連続殺人事件が発生。
なかなか犯人に行き着かず焦るFBIは、若き訓練生のクラリスに、連続殺人鬼のレクター博士に面会し事件の糸口を見つけるよう使命を与えるのだが…



久々に『羊たちの沈黙』観ましたが、今観ても、本当に本当に!素晴らしいです。
事件そのものも面白い上に、レクター博士とクラリスの会話も魅力的。

今作品は、1991年のアカデミー賞総なめ。
まずは、作品賞。
次いで、アンソニー・ホプキンスの主演男優賞、ジョディ・フォスターの主演女優賞、ジョナサン・デミの監督賞、テッド・タリーの脚色賞。

基本的にB級映画好きのわたくしは、アカデミー賞獲得作品を面白いと思った事はそれ程ないのですが、これは本当に傑作です!

先日レンタルビデオ屋に行って気づいたのですが、パッケージの写真…
クラリスの口元にスズメ蛾が写ってますよね。
スズメ蛾の背中の黒い点…ただの点としか思ってなかったんですけれども、良~く見ると女性たちの裸体なんですね~
芸が細かい!!

(WOWOWにて鑑賞)



<ここから沈黙破ってネタバラシ!>

久々に良い作品を観たって感じです。

今観ても、レクターとクラリスの会話シーンは素晴らしい。
特にクラリスが、子羊の悲鳴を聞き、1匹の子羊を抱っこして逃走した過去を、レクター博士に告白するシーン。
彼女は今まで誰にも、この出来事を話した事はないと思います。
ずっと胸にしまい込み封印していた辛い過去。

今回改めて感じたのですが、このシーンの時に、「自分は息をしていたのかと」途中で我に返るくらい集中して観てたんですよー
そして感動シーンでもないのに、この時、涙が出る感覚に襲われるほど心が揺さ振られました。
それは、アンソニー・ホプキンスとジョディ・フォスターの演技力以外の何ものでないと思います。
吹き替えでなんて、決して観てはイケマセン。


この2人には、他者では理解出来ない親近感、とてもお互いに近づいた感覚に陥ったのではないでしょうか。
ですのである意味「愛」です。
サスペンスホラーでありながら人間ドラマにさえ感じます。


そしてこのシーンの次に来るのが、レクター博士の逃走劇です。
この時も興奮しました!
警官2人とレクター博士の居た部屋に、今は、警官1人の吊られた遺体と、顔の皮を剥がされた重体警官1人。
そうなればレクター博士が逃走したとしか思わないですよね~
まさか、こんなにもアッサリと逃げられてしまうとは。


残念なのは、バッファーロー・ビルかなぁ
もっと残忍で怪奇の世界を見せて欲しかったです。
ちょ~~っと影が薄いか?
勿体無いです。
関係ない話ですが、彼の飼っていたトイプードルのプレシャスはとても可愛かった。


そしてこの作品に、なんと!
ゾンビ界のカリスマ監督ジョージ・A・ロメロ氏が俳優として出演してるんですよ!!!
どこっ!どこだっ!!
観終わってから、彼が出演していたと知ったので…
あぁ~観る前に知りたかった。

しかし、待てよ~
FBI捜査官の役らしいんです。
そこでいろいろ思い出してみた。

序盤のシーンで、「クロフォード捜査官が呼んでるよ」ってクラリスが声を掛けられ、彼のオフィスに向かった時に、隣の部屋に2人のFBI捜査官が居ましたよね。
「クロフォードかい?すぐ来ると思うよ~」みたいなセリフがあって…
あの2人の内のどっちかじゃないですか?

知ってる方、教えて下さい!!


ラストは、ビクビクしているチルトンの後ろを、ゆっくりと歩いて行くレクター博士のシーンで締めくくりです。
2人の姿が判別出来ないほど遠く離れて行きますが、それでも1カットのままエンドロールが続きます。
印象的なテーマ曲がバックに流れ…

そしてエンドロールも終わり、テーマ曲も終わり、しかしまだ映像は続き…静寂。
その時に、テーマ曲に遮られ聴こえなかった音が聞こえてきます。
この土地にそよぐ静かな風の音と、なんともノン気な可愛い小鳥の囀り。

画面から外界の音が耳に届いた時が、今まで観てきた緊張が解けた瞬間でした。



★ハンニバル・レクター博士シリーズ2作目 『ハンニバル』 のレビューは、こちら
[PR]
by by569 | 2007-02-14 20:29 | ハ行