小六のB級A画館 by569.exblog.jp

ジュリアス・シーズー・小六です。ほぼネタばれ有り、ややB級寄りだから、ご注意を。ここでは気に入っている映画&海外ドラマを紹介してます。画像・イラストの無断持ち出しは禁止でございまする。


by by569
プロフィールを見る

CSI:マイアミ #9 狙撃者 静なる殺し「Kill Zone」

f0039573_20504953.jpg
■#9 狙撃者 静なる殺し「Kill Zone」

■製作総指揮 ジェリー・ブラッカイマー他

■キャスト(レギュラー)
デヴィッド・カルーソ (ホレイショ・ケイン→CSI チーフ)
エミリー・プロクター (カリー・デュケーン→CSI 捜査官)
アダム・ロドリゲス (エリック・デルコ→CSI 捜査官)
カンディ・アレクサンダー (アレックス・ウッズ→CSI 検死官)
ロリー・コクレイン (ティム・スピードル→CSI 捜査官)
キム・デラニー (メーガン・ドナー→CSI 捜査官)

■キャスト(ゲスト)
エディ・J・フェルナンデス (ジェイソン・グローヴス→被害者・株の仲介人)
クラウデーテ・ジェームス (マイヤー・フランクリン→被害者・秘書)
デヴィッド・D・レナード (ルー・ブレイク→被害者・用務員)
ボビー・ドッジ (マイケル・コーデー→被害者・大学教授)
カイ・ワード (ディー・ローレンス→バス乗客)
シャーン・エリオット (レイ・サントーヤ→事件現場に居た人物)
ラファエル・サルディナ (グスタヴォ・サントーヤ→レイの息子)
マーカス・フラナガン (スナイパーエキスパート→カリーの元彼?)
ネルソン・J・ペレス (クリストファー・ハーウッド→元海兵隊員)
ワンダ・デ・ジーザス (アデル・セヴィーラ刑事)


<あらすじ>

男性2名、女性1名が、突然、頭部を撃たれ死亡した。
朝の出勤ラッシュ時、犯人は、誰にも姿を見られず、どこから撃ったのか?



朝の出勤ラッシュ、ごった返す通りで、突然3名が射殺されます。
周りの人々はパニックに。

被害者は、ジェイソン・グローヴス=株の仲介人、マイヤー・フランクリン=秘書、ルー・ブレイク=用務員。
ジェイソンは左の額1発、マイヤーは眉間1発、ルーは右目1発で全て即死状態です。

悲惨な事件現場で、ホレイショ一言「バーン、バーン、バーン、即死ゾーンだ!」って、意外に軽口ですね、チーフ。

関連性は全く見えてこない3名。
まずは、付近の監視カメラを全て回収してチェック!

カリーは、3名が一体どこから撃たれたのか調査。
スピードルは、現場で見つけた証拠品を全部ラボに持ち帰り、この3名がどうして撃たれたのか関連性を調べます。

カリーが、殺人に使用された弾を調べると、ライフルマークのない特殊な弾と判明。


この3名の狙撃事件が発生した同時間(朝の9:15頃)、同じように頭部を撃たれた女性の事件が報告されます。
被害者は、ディー・ローレンス。
最初の3人は歩行者だったのに、何故4人目は、バスの乗客だったのか?


ホレイショとカリーが、現場で弾道の調査です。
被害者が撃たれた場所に人形を立たせ、弾の射入角度から狙撃した場所を割り出すと、遥か遠く、ホテルの屋上からだと判明します。
屋上からここまで、距離は595メートル。

狙撃現場の状況と証拠品…
1.屋上へのドアが開かないように貼られたテープ
2.火薬の燃えかす
3.砂が吹きつけてある麻の繊維

麻の繊維の服を身にまとうのは砂漠用戦闘服であり、銃口の微妙な調整が出来るから砂を使用する…
これらの証拠から、事件はプロの仕業だとハッキリします。


★ここでカリーから為になるお話…
「スナイパーは忍耐強く何日だって待てる。条件が悪いと無理して撃たない」そうです。

ホレイショが「スナイパーに詳しいな」と言うと、カリーが一言「元彼がスナイパーなの♪」って。
(↑これって妙にカッコよくないかい?元彼がスナイパーって…日本じゃありえないセリフ)

そこで早速ホレイショとカリーは、元彼の経営する射撃場に行き、ライフルを撃ったりして。
これも捜査?
でも密かに楽しんでる風…
そこで、ライフルについていろいろ教えてもらいます。
まず、弾はまっすぐ飛ぶと思っている人が多いが、実は弧を描く事。
そして、風にとても左右される事。


ここで次の犠牲者が…
マイケル・コーデー、39歳、大学教授。
ホットドッグを購入して射殺。
マイケルは、890メートルも離れたビルから撃たれています。


狙撃現場で見つけた砂は、サンゴ礁である事が判明。
この近辺で細かいサンゴ礁がある場所は、採掘場。
犯人はここで射撃の練習している可能性があります。

ホレイショとカリーは、マイアミ空港近くにある採掘場に向かい証拠探し。
すると、風を測る旗のポールから1つの指紋が。
その指紋から、元海兵隊員のクリストファー・ハーウッドと判明します。

彼の家に直行すると、彼は不在。
室内はキチンと整理整頓され、几帳面だという事が判ります。
引き出しから重要な証拠が…
彼は、自分が撃った全ての記録を残していました。
そして、今朝の記録が書いてある用紙が見つかります。

用紙の裏に何かが付着しているのを発見します。
犯人が下見に行った時に着いたものか?

ラボに持ち帰り調べると、2年前起こった大型ハリケーン時に大量に売れた強力な接着剤だったのです。
この接着剤を使用したと思われる近隣のビルは3つ。
その3つのビルの中で、一番高いビル=ハンターがハンティングしやすいビル…に向かいます。

そのビルと繁華街の中間地点で、デルコを乗せたヘリが低空飛行します。
ヘリのせいで強風が起こり、犯人はなかなか撃てません。

そうしている内に、SWATとカリーがビルの屋上に昇り、犯人の確保に成功!
無事、一件落着!!


カリーの行動にホレイショ一言「SWATに移ったらどうだ?」
カリー「わたし、黒が似合わないの♪」
ホレイショ「よく似合うよ」とか言ってるしー
この2人のやり取り、結構面白い。


★小六が勝手に選ぶ、ホレイショの決めゼリフ!★
ホレイショが犯人に向けた言葉
「お前は人の死を楽しんだ。今度は自分の死を楽しむ事だな…」
悪に厳しいホレイショ・ケイン。
渋い!!!



<ちょいと新発見&簡単メモ>

1.メーガンの髪型がウェーブじゃなくなった…
2.はっきり言って、メーガンの登場シーンが極端に少ない
前回の第8話では内勤だったし、今回も聞き込みに行った程度(どうしたのだ?)
3.カリーの元彼はスナイパー!
元彼は、以前は海兵隊の狙撃大隊に所属し、現在は郊外で射撃場を経営
今も仲良くお友達みたいです…
4.カリーの実家はルイジアナ州
5.デルコには妹がいる
妹は、今回の狙撃事件が心配で何度もデルコに電話をかけてくる
デルコの事が心配なのではなく、「父親に仕事を休んで家に居て欲しいからお兄ちゃんからそう言って!」ってな内容
[PR]
by by569 | 2007-02-20 20:57 | CSI:マイアミ