小六のB級A画館 by569.exblog.jp

ジュリアス・シーズー・小六です。ほぼネタばれ有り、ややB級寄りだから、ご注意を。ここでは気に入っている映画&海外ドラマを紹介してます。画像・イラストの無断持ち出しは禁止でございまする。


by by569
プロフィールを見る

ファンタスティック・フォー[超能力ユニット] 「FANTASTIC FOUR」

f0039573_20323039.jpg
■ファンタスティック・フォー[超能力ユニット] 「FANTASTIC FOUR」 2005年・米/独

■監督 ティム・ストーリー
■製作 アヴィ・アラッド、マイケル・バーナサン、クリス・コロンバス、ベルトン・アイヒンガー、ラルフ・ウィンター
■製作総指揮 スタン・リー
■原作 スタン・リー、ジャック・カービー
■脚本 マイケル・フランス、マーク・フロスト
■音楽 ジョン・オットマン、ミリ・ベン=アリ

■キャスト
ヨアン・グリフィズ (リード・リチャーズ)
ジェシカ・アルバ (スーザン・ストーム→リードの元彼女)
クリス・エヴァンス (ジョニー・ストーム→スーザンの弟)
マイケル・チクリス (ベン・グリム→リードの友人)
ジュリアン・マクマホン (ヴィクター・ヴァン・ドゥーム社長)
ハミッシュ・リンクレイター (レオナルド→ヴィクターの秘書?)
ケリー・ワシントン (アリシア→盲目の女性)
ローリー・ホールデン (デビー→ベンの妻)
デヴィッド・パーカー (アーニー→バーテンダー)


<あらすじ>
宇宙嵐の研究の為、宇宙に飛び立った研究者たち。
その調査中、宇宙嵐の放射線を受けてしまい、妙な特殊能力を持ってしまったリード・スーザン・ジョニー・ベン・ヴィクターの5人。
ヴィクター以外の4人は、各自違う超能力を駆使し、世の為に力を発揮するのだが…



かなり面白い!
笑えます。

監督は、『TAXI NY』(2004)のティム・ストーリー

そして脚本はマーク・フロスト
あれ?マーク・フロスト?
とても名前に聞き覚えがあって、「一体誰だっけ~?」としばし悩む。
わたくしの青春!
海外テレビドラマ『ツイン・ピークス』の監督ですよね!!
わ~懐かしい。
それだけで嬉しくなってしまいました。

キャストは、『キング・アーサー』(2004)のヨアン・グリフィズ、『シン・シティ』(2005)のジェシカ・アルバ、『セルラー』(2004)のクリス・エヴァンスなど、若手俳優が頑張っています!

(WOWOWにて鑑賞)



<以下、ネタバレ・で・フォ~>(最近、HG見ないね…)

また言っちゃいますが、この作品かなり面白い!
特にジョニーとベンのやり取り。

彼らは、最初は自分の能力に戸惑いつつも、徐々にコントロールできるように成長。
これからは世のため人のために、世直し必殺仕事人で頑張ってもらいたいです。
続編も出来るようなので、期待ですね!


彼らを雇っていた会社社長ヴィクターも、宇宙嵐の放射線を受けて、えっと、彼は…あれは一体何に変化したのだ?
電磁波金属マン?

彼も、あんなに怒り憎しみまみれにならずに、彼らと一緒にファンタスティック・ファイブにでもなれば良かったのに。
どうせリストラされちゃったんだしね~
ヴィクターのキャラ、とっても強そうだったなぁ

彼が悪役に回ってしまって、さ~対決!
「熱々のものを一気に冷やしたらどうなる?」のシーンで、「粉々?」って思っていたけれど、固まったままでした。
「鉄は熱いうちに打て」のように、熱々の時に叩けば形が変わったのかも。
と言う事は、また適度に熱すれば復活なんてね~

あ…もしかして続編にもヴィクター出るのでしょうか!


まあ、個人的には、スーザンのインビジブル・ウーマンと、ジョニーのヒューマン・トーチは良いけど、リードのゴムはイヤです。
ゴムですよ、ゴム。


「とにかく楽しみたい!」ってな時に最高の作品だと思います。

パート2も期待!
[PR]
by by569 | 2007-02-21 20:42 | ハ行