小六のB級A画館 by569.exblog.jp

ジュリアス・シーズー・小六です。ほぼネタばれ有り、ややB級寄りだから、ご注意を。ここでは気に入っている映画&海外ドラマを紹介してます。画像・イラストの無断持ち出しは禁止でございまする。


by by569
プロフィールを見る

パニッシャー 「THE PUNISHER」

f0039573_14402443.jpg
■パニッシャー 「THE PUNISHER」 2004年・米/独

■監督 ジョナサン・ヘンズリー
■製作 アヴィ・アラッド、ゲイル・アン・ハード
■製作総指揮 クリストファー・エバーツ、スタン・リー他
■脚本 ジョナサン・ヘンズリー
■音楽 カルロ・シリオット

■キャスト
トーマス・ジェーン (フランク・キャッスル/パニッシャー)
ジョン・トラヴォルタ (ハワード・セイント→資産家)
ウィル・パットン (クエンティン・グラス→ハワードの部下)
エディ・ジェイミソン (ミッキー・デュカ→ハワードの部下)
レベッカ・ローミン (ジョアン→フランクの隣人)
ベン・フォスター (デイブ→フランクの隣人・ピアス)
ジョン・ピネット (バンボ→フランクの隣人・おデブ)
ローラ・ハリング (リヴィア・セイント→ハワードの妻)
ジェームズ・カルピネロ (ボビー・セイント→ハワードの息子)
サマンサ・マシス (マリア・キャッスル→フランクの妻)
マーカス・ジョーンズ (ウィル・キャッスル→フランクの息子)
ボニー・ジョンソン (ベティ・キャッスル→フランクの母)
ロイ・シャイダー (フランク・キャッスルSr.→フランクの父)
ヴェリル・ジョーンズ (カンデラリア呪術師)


<あらすじ>
悪の資産家ハワード・セイントの息子が麻薬取引現場でFBIに銃殺される。
今回の麻薬取引に、FBIの潜入捜査官フランク・キャッスルが関与している事実を掴んだハワードは、フランクの家族皆殺しを指示。
フランクは、目の前で親族そして愛する妻と息子を殺害され、ハワードへの復讐を誓うのだった。



本当の事を言いますと、そんなに真剣に観るつもりはなかったんですが、観始まったら面白くて止められなくなってしまいました。
シリーズ化もありそうな感じですね!


監督は、『アルマゲドン』(1998)の脚本や、『60セカンズ』(2000)で製作総指揮を担当したジョナサン・ヘンズリー

キャストは、パニッシャー役に、『ドリーム・キャッチャー』(2003)のトーマス・ジェーン
『パルプ・フィクション』(1994)でアカデミー主演男優賞にノミネートされたジョン・トラヴォルタ
その他に、『追いつめられて』(1987)のウィル・パットン
『オーシャンズ11』(2001)のエディ・ジェイミソン
『X-MEN』シリーズのレベッカ・ローミン
『ホステージ』(2005)で印象的なマース役を演じたベン・フォスター
『マルホランド・ドライブ』(2001)のローラ・ハリング
『アメリカン・サイコ』のサマンサ・マシス
『ジョーズ』(1975)のロイ・シャイダーなど…

(WOWOWにて鑑賞)



<これよりネタバレです>

目の前で親戚一同皆殺しですよ。
なんと言う悪夢…
そして極めつけは、愛する妻と息子の死。
もちろんフランクも命を狙われます。

ハワード・セイントの部下がフランクを殺害したと確信し立ち去る訳ですが…
だがフランクは死んでいなかった。
カンデラリアのお陰で。

そう、カンデラリアの献身的な看護で一命を取りとめたと言っても過言ではありません。


しかし、しかしですよ!
セイントの部下は、一流の殺し屋なのでしょう?(一応…)
それなら、どうして胸を撃ったんでしょうね。
以前、某海外テレビドラマを観てて、「これはプロの殺し屋の仕業だ。頭に1発」ってセリフを聞いた事があります。
それが絶対的な殺し屋の殺害方法なのかは不明ですが、確かに頭部に1発で完全に殺害出来ますよね~
どうして胸だったのか。
(死んじゃったらパニッシャーにならないからね!)

…で、可愛い息子にもらった魔除け印の黒Tシャツを着て、セイント殺害に日々精進するフランクなのであった。


フランクが自室を改装して、家具の陰や引き出しの下に武器を隠し敵の襲来に備えたり、ミッキーをセイント邸に潜り込ませ情報を得たり、セイントの妻とクエンティンが不倫しているように見せかけたりと、この辺りはとって~~も面白く感じたのですが、それ以外のシーンは、興味が半減しました。

例えば、アパートのみんなでお食事したり。
このシーン、もっと短くても良かったよ。
また、せっかく自室にあんなに銃やナイフを装備していたのに、やけにデカイ敵がアパートにやって来て格闘になった際、装備が全然生かされていなかった~
残念だ。
もっとかっこよく武器を使ってスカッとさせて欲しかったですよ、フランク。


この手の復讐劇は、綿密な計画と大胆な攻撃に尽きます。
これに限りますね~

襲撃に備え、まず計画を練り、準備をし、敵のアジトに侵入し、危機に陥りながらも目的を達成!
この過程に時間を割いて欲しかった…

ま、フランクの目的は達成されたので良しとしますか!
魔除けマークに車を爆破させる辺り、フランクもなかなか凝り性ですね。

これからはパニッシャーとして活躍するのでしょうか?
続編も出来そうな感じ。
期待してます。
[PR]
by by569 | 2007-03-04 14:45 | ハ行