小六のB級A画館 by569.exblog.jp

ジュリアス・シーズー・小六です。ほぼネタばれ有り、ややB級寄りだから、ご注意を。ここでは気に入っている映画&海外ドラマを紹介してます。画像・イラストの無断持ち出しは禁止でございまする。


by by569
プロフィールを見る

SHINOBI

■SHINOBI 2005年・日
SHINOBI

■監督 下山天
■製作 久松猛朗
■製作総指揮 迫本淳一
■原作 山田風太郎 『伊賀忍法帖』
■脚本 平田研也
■音楽 岩代太郎

■キャスト
仲間由紀恵 (朧・伊賀)
オダギリジョー (甲賀弦之介・甲賀)
黒谷友香 (陽炎・甲賀)
椎名桔平 (薬師寺天膳・伊賀)
沢尻エリカ (蛍火・伊賀)
りりィ (お幻・伊賀)
寺田稔 (甲賀弾正・甲賀)
坂口拓 (夜叉丸・伊賀)
升毅 (室賀豹馬・甲賀)
虎牙光揮 (小四郎・甲賀)
木下ほうか (左衛門・甲賀)
伊藤俊 (蓑念鬼・伊賀)


<あらすじ>
互いに戦う事を禁じられていた伊賀と甲賀。
だが家康は、伊賀と甲賀からそれぞれ5名を選出し、互いに戦わせ、伊賀が勝利したら兄の竹千代を、甲賀が勝利したら弟の国千代を跡取りにすると言う。
そして恋に落ちた、伊賀の後継者・朧と甲賀の後継者・甲賀弦之介もその5名の中に含まれているのだった。



あれ?
あんまり評判が良くないのかい?
CGも衣装もキャラも凝っていて、なかなか良かったと思いますよ~
わたくしは好きですね。

監督は、『弟切草』(2000)の下山天。
主演は、今バリバリ輝いている仲間由紀恵とオダギリジョー。
この2人が並ぶと、とても絵になる。

ふ~む、こんな瞬間は、「やはり人間は顔だな…」などと考えてみたりもする。

(民放テレビにて鑑賞)



<以下ネタバレでニンニン>

この映画、不評をかってしまった所は、もしかしてストーリーがアッサリし過ぎたという事と、2人の恋愛についてはそれ程掘下げていなかった事かもしれません。
何となく淡々と過ぎて行った2時間と言う感じも判らないでもない…

でもそれはそれでいいと思いますよ~

2人の恋愛をバッチリと描いていたら、戦いのシーンが少なくなってしまう。
だからと言って、1対1の戦いを5回戦も見せられても、それはそれで疲れる。
となると、どうしてもこのような内容になるのではないでしょうか。


朧と弦之介は、伊賀・甲賀の後継者として仲間から信頼を受けている立場。
しかも、今回の戦いの第5回戦は、朧vs弦之介ですからね~
なんとしても避けたいが避けられない運命。

そんな状況でも、弦之介は、何とかすべく徳川家に異議申し立てに向かおうとします。

ただ他の忍者たちは、戦う気満々で、道中に戦い始め、自滅…
あっという間に弦之介と朧だけに。

そして最後、弦之介の遺言とでも言うべき、伊賀・鍔隠れと甲賀・卍谷の現存の為に、単独徳川に謁見する朧。

とまぁ~このようなお話です。


結ばれる事のない2人ではございましたが、今もなお、朧の心の中には弦之介が生き続けているのです。


しかし、この映画を観て、本気で忍者になりたいって思う子供たちも居るんじゃないですか?
どんなに頑張って修行しても、このような能力を身につける事は不可能ですよね~(当たり前だっ!)

でも何か習得出来るとしたら、みなさん、どれが良いですか?
[PR]
by by569 | 2007-03-20 16:18 | サ行