小六のB級A画館 by569.exblog.jp

ジュリアス・シーズー・小六です。ほぼネタばれ有り、ややB級寄りだから、ご注意を。ここでは気に入っている映画&海外ドラマを紹介してます。画像・イラストの無断持ち出しは禁止でございまする。


by by569
プロフィールを見る

ブレア・ウィッチ・プロジェクト 「THE BLAIR WITCH PROJECT」

■ブレア・ウィッチ・プロジェクト 「THE BLAIR WITCH PROJECT」 1999年・米
ブレア・ウィッチ・プロジェクト

■監督 ダニエル・マイリック、エデゥアルド・サンチェス
■脚本 ダニエル・マイリック、エデゥアルド・サンチェス

■キャスト
ヘザー・ドナヒュー
マイケル・ウィリアムズ
ジョシュア・レナード


<あらすじ>
魔女伝説の映画を製作するために、人里離れた森でキャンプをしていた3人の大学生。
しかしその後、3人の消息は不明。
捜索したが、手がかりなしで捜索は打ち切られる。
事件から1年後、3人が映したとされるフィルムとビデオテープが発見される。



この作品は、いろんなサイトで、結構、酷評されているんですよね。
何で?
個人的には、なかなか良かったと思ってます。

前評判がとても良かった訳で、恐らくその期待が膨らみ、実際映画を観てみると「みんなが面白いって言うほど面白くない」って感じるのでしょうか。

怖い映画を見た日の夜、トイレに起きるのが怖い!と感じる想像力豊かな方だったら、この映画を面白いと思うのではないかな?


<ここらで早速ネタバレです>

ストーリーは単純で、魔女伝説の残る森へ撮影キャンプに出掛け、『何か?』に怯え、最後に廃墟に入り込んで行方不明になります。

しかし、この作品、自分は異様に怖いと感じました。

ひとつの映画作品を観るのではなく、画面を通して、『今、この人たちと一緒にテントの中に居る。。同時に経験している。』と感じながら観るのです。
森深く明かり一つない真夜中、テントのすぐ外で聞こえる足音と微かな笑い声。
はるか遠くから聞こえるジョシュの叫ぶ声。
自分からは見えないその場所で、一体何が行われているのか、誰の仕業なのか。。
それを映画を観ながら体感するのです。

この作品はビデオに録画して何度も観てしまいました。
何故か何度も観たくなっちゃったんですよね~
最初の2~3回は、ハッキリ言って酔いました。
ま~、もともと乗り物に酔いやすい性質なもので。
画面が、揺れる~
ヘザーよ、走るでない!

ラストのマイクの後姿のシーン、いまだに思い出すとゾッとします。
一人の人を殺す時、もう一人が怖くないように、部屋の角に後ろ向きに立たせる。。
あぁ、ザワザワ鳥肌立つ~

この映画を何回か観て気づいたのですが。。
もう終盤も終盤。
画面には、廃墟内の景色しか映ってないけれど、ヘザーの叫び声がずっと聞こえ続けるシーンがあります。
あれって、だんだんとヘザーの声のボリュームが大きくなって来るんですよ。
気づきましたか?

スクリーンを通して観ている画面は、マイクとヘザーが廃墟に持ち込んだカメラですよね?
ずっとマイク&ヘザーと一緒にあるはずのカメラ。

二人が地下室に居るにもかかわらず、カメラに写る画像は、2階から1階、1階から地下へ移動して行きます。
そのカメラの画像が移動している間、ずっと響くヘザーの声。
ヘザーの声が徐々に大きくなってくると言う事は、カメラがヘザーに近づいて行っていると言う事です。

あぁ怖い!
一体誰が撮影しているのか!(それは、映画のカメラマンです。と言うのはダメですぞ)

あくまで、想像力に語りかける作品と言う事で…
それでは失礼致します。



★ 『ブレアウィッチ2~刻印バージョン』 のレビューは、こちら
[PR]
by by569 | 2006-01-25 20:32 | ハ行