小六のB級A画館 by569.exblog.jp

ジュリアス・シーズー・小六です。ほぼネタばれ有り、ややB級寄りだから、ご注意を。ここでは気に入っている映画&海外ドラマを紹介してます。画像・イラストの無断持ち出しは禁止でございまする。


by by569
プロフィールを見る

小説家を見つけたら 「FINDING FORRESTER」

f0039573_20342921.jpg
■小説家を見つけたら 「FINDING FORRESTER」 2000年・米

■監督 ガス・ヴァン・サント
■製作 ショーン・コネリー、ローレンス・マーク、ロンダ・トレフソン
■製作総指揮 ジョナサン・キング、ダニー・ウルフ
■脚本 マイク・リッチ
■音楽 マイルス・デイヴィス

■キャスト
ショーン・コネリー (ウィリアム・フォレスター→孤独な老人)
ロブ・ブラウン (ジャマール・ウォレス→高校生16歳)
F・マーレイ・エイブラハム (ロバート・クロフォード教授)
アンナ・パキン (クレア・スペンス→ジャマールの同級生)
バスタ・ライムズ (テレル・ウォレス→ジャマールの兄)
エイプリル・グレース (ジョイス→ジャマールの母)
マイケル・ピット (ジョン・コールリッジ→ジャマールの同級生)
マイケル・ヌーリー (スペンス博士→クレアの父)


<あらすじ>
ニューヨーク・ブロンクスで、仲間とバスケに明け暮れる日々を送っていた高校生のジャマール。
バスケ仲間に、近所に住む怪しい老人の家に忍び込むよう言われ、ジャマールは窓から侵入するが、慌てて自分のリュックを置き忘れてしまう。
後日、老人の家の窓から投げ捨てられたリュックをジャマールは家に持ち帰り、中身を確認すると、ジャマールが書いた詩に対して、びっしりとコメントが書き添えてあるのだった。
一体あの老人は何者なのか?



たった16歳の黒人少年と、偏屈老人の交流劇。
とにかく感動…
オススメです。

監督は、『グッド・ウィル・ハンティング/旅立ち』(1997)でアカデミー監督賞にノミネートされたガス・ヴァン・サント

キャストは、
孤独な老人だが、実は…?謎の老人ウィリアム・フォレスター役に、『アンタッチャブル』(1987)でアカデミー助演男優賞を獲得したショーン・コネリー
ジャマール少年役に、『コーチ・カーター』(2005)のロブ・ブラウン
ジャマールの通う学校の教授クロフォード役に、『アマデウス』(1984)でアカデミー主演男優賞を獲得したF・マーレイ・エイブラハム
ジャマールの同級生クレア役に、『ピアノ・レッスン』(1993)でアカデミー助演女優賞を獲得したアンナ・パキンなど。

こんな事を言っては失礼かもしれませんが、ショーン・コネリーって結構髪の毛がフサフサなんですね。
薄いイメージだったんですけども…あれ?

(WOWOWにて鑑賞)



<以下ネタバレ>

とにかく良い!
幸せを感じる作品でした。

オープニングは黒人のラップ、エンディングは名曲で〆。
ここにもセンスを感じます。


ショーン・コネリー演じる偏屈じいさんの所に、何故か通い詰める16歳の黒人少年。
始めは会話もなく、なんか…居心地悪そうだな~って感じがするのですが、それでも不思議にジャマールは学校が終わるとウィリアムの家へ直行します。

お互いに、何か近いもの、共鳴するものがあるのかもしれません。

いつしかウィリアムはジャマールへ、ものを書くことの「いろは」を教え、ジャマールの作文の才能は、より一層飛躍。

しかし、その成長ぶりに疑問を持ったクロフォード教授が何だかんだとイチャモンつけ始まり、彼の才能の芽をつぶしにかかります。
実際、こんな先生って居るよなぁ。
すっかり指導者と言う立場を忘れてます。

はっきり言って、ジャマールに嫉妬しているんでしょう?

クロフォードの奴め~
なんとかギャフン(←死語?)と言わせてやる~
と思ったら、ウィリアムがギャフンと言わせてくれました!
あぁ~スッキリしたぁ

メイラー高校にウィリアムが登場し、朗読した時は泣きました!

もしも、ウィリアムが居なかったら、このままジャマールの才能はつぶされていたかも知れません。


ウィリアムもジャマールも、お互いの存在が、日常をガラッと変えてしまう出会いだった訳ですね。


このまま枯れて滅びるだけの人生を送っていたウィリアム。
最後に素晴らしい夢が見られた事に拍手。

人生、本当に何があるか判らないものですね。



★ちょっと疑問

最後に自転車でメイラー高校を去るウィリアム。
交通渋滞の中をスイスイと自転車こいでましたが、あの後ろ姿は、ショーン・コネリーではないような?
もしや、スタントさん?


↓ここっ、注目!!

その1.ロバーツ&カーター事務所の弁護士・サンダーソン役を、マット・デイモンが演じています。
しかし観た時は、全くマット・デイモンだと気づきませんでした。残念ながら…
わたくし、マット・デイモンの事は知っているつもりですが、う~ん、彼ってどうもインパクトが無いんですよね。

その2.図書館のアシスタント役を、ガス・ヴァン・サント監督が演じています。

是非チェックしてみて下さい!
[PR]
by by569 | 2007-04-05 20:38 | サ行