小六のB級A画館 by569.exblog.jp

ジュリアス・シーズー・小六です。ほぼネタばれ有り、ややB級寄りだから、ご注意を。ここでは気に入っている映画&海外ドラマを紹介してます。画像・イラストの無断持ち出しは禁止でございまする。


by by569
プロフィールを見る

CUBE ZERO 「CUBE ZERO」

f0039573_21452077.jpg
■CUBE ZERO 「CUBE ZERO」 2004年・カナダ

■監督 アーニー・バーバラッシュ
■製作 スザンヌ・コルヴァン・グールディング、ジョン・グールディング
■製作総指揮 アーニー・バーバラッシュ、ピーター・ブロック、マイケル・パセオネック
■脚本 アーニー・バーバラッシュ
■音楽 ノーマン・オレンスタイン

■キャスト
ザカリー・ベネット (エリック・ウィン→キューブ監視員)
ステファニー・ムーア (カサンドラ・レインズ→被験者)
マイケル・ライリー (ジャックス→片目の男)
マーティン・ローチ (ハスケル→被験者・殺人部隊メンバー)
デヴィッド・ヒューバンド (ドッド→キューブ監視員・チェス男)
マイク・ナーギャング (メイヤーホルド→被験者・デブ男)
リチャード・マクミラン (バートック→被験者・白人男)


<あらすじ>
被験者となったカサンドラ・レインズが目覚めた場所は、ある立方体の一室だった。
ほとんどの被験者は記憶喪失していたがレインズだけ微かな記憶を残しており、その事を不審に思う他の被験者たち。
そして、その被験者たちの様子をモニタでチェックしている監視員のウィンとドッドが居た。
ウィンは何故か被験者のレインズが気になって仕方がなかったのだった。



有名な『CUBE』(1997)の誕生の秘密(と言っても良いのか?)も、ちょこっとだけ明かされています。
CUBEシリーズの第3弾であり、『CUBE』の序章ですねー
今回は、被験者側からだけでなく、監視員側からのCUBEも見られますよ。


今作品で監督&製作総指揮&脚本を担当しているのは、『CUBE2』(2002)でも製作&脚本を担当したアーニー・バーバラッシュです。
キャストは、わたくしが知っている俳優さんは居りませんでした…汗

(WOWOWにて鑑賞)



<ここからネタばらしてます>

みなさんのレビュー見たら、散々の言われようですが、『CUBE』と比べずに、この作品だけ考えてみると、そんなに悪くないと思いますがどうでしょう。

被験者側から見た恐怖だけでなく、監視側の心情の変化も垣間見れ、ホラー色のみならず、妙に人間ドラマを感じました。

だって、だって!!!!!!
レインズの事が気になるからって、自らこの恐怖のトラップに入って行っちゃうんですから~
それって、あり得なくない?
または、監視モニタで何度も見たキューブだから、どう動けば出られるって自信でもあったのか!?

う~む、どっちにしても危険すぎる…


モニタ監視員の仕事ってどんなのか、とても興味がありましたが、ちょっとだけ仕事の内容が見られましたね。
出口に出てきた被験者が居たら、質問をするんですよ。

質問1.あなたの名前は?
質問2.神を信じるか?

これだけですよ!
たった、これだけ。
あんなに命を懸けて出口まで辿り着いたと思ったら、突然この質問を浴びせられ、誰が神を信じると言うんだっ!
と、お怒りのオーウェン氏。

結局、神なんか信じねぇ~と叫び、即刻、火あぶりの刑!!
あぁ、恐ろしい…

それでは「神を信じます」と答えてたらどんな変化があったのか、とても知りたいですね。


レインズだけ、同意書がなかったというのは、何か理由があるのでしょうか。
同意書にサインしていた被験者たちは、全く記憶を消された状態でキューブに存在していましたが、レインズは、微かに記憶が残っていました。
記憶を消す手術を受けずにこの実験に送り込まれたのか?
そして、無事逃げ切ったかのような展開になったのもレインズのみ。
実際本当に逃げられたかは、謎…

また、最後にウィンがまた捕えられ手術を受けたら、『CUBE』のアンドリュー・ミラーが演じていたカザンのようになっていましたよね。
…えっ、と言う事は?
ウィンのあの姿は、その後に続く…で、『CUBE』のカザン役ってイメージで作ったのかな。
ズバリ、ウィン=カザン?
それも謎だ。


まぁ~今回判った事は、
その1.キューブの実験は、大きな組織(政府かな…?)が運営している。
その2.1度キューブ内に入ったら、基本的には逃げられない。
ですね。
[PR]
by by569 | 2007-06-28 21:48 | カ行