小六のB級A画館 by569.exblog.jp

ジュリアス・シーズー・小六です。ほぼネタばれ有り、ややB級寄りだから、ご注意を。ここでは気に入っている映画&海外ドラマを紹介してます。画像・イラストの無断持ち出しは禁止でございまする。


by by569
プロフィールを見る

アンタッチャブル 「THE UNTOUCHABLES」

f0039573_2013017.jpg
■アンタッチャブル 「THE UNTOUCHABLES」 1987年・米

■監督 ブライアン・デ・パルマ
■製作 アート・リンソン
■原作 オスカー・フレイリー
■脚本 デヴィッド・マメット
■音楽 エンニオ・モリコーネ

■キャスト
ケヴィン・コスナー (エリオット・ネス財務省特別捜査官)
ショーン・コネリー (ジム・マローン保安官)
チャールズ・マーティン・スミス (オスカー・ウォーレス→経理担当者)
アンディ・ガルシア (ジョージ・ストーン捜査官/ジョゼッペ・ペドリ)
ロバート・デ・ニーロ (アル・カポネ)
リチャード・ブラッドフォード (マイク警察署長)
ビリー・ドラゴ (フランク・ニティ)
パトリシア・クラークソン (キャサリン・ネス→エリオットの妻)


<あらすじ>
時は1930年代。
暗黒街のボス、アル・カポネの不正摘発に乗り出した財務省特別捜査官エリオット・ネスだったが、徐々に仲間や家族に危険が迫り始めるのだった。



昔、この映画を観た時には、正直そんなに面白いと思わなかったんですよね。
しかし先日観たら、以前の印象とは違って、とても面白く感じました。
この手の内容は、あまり若い時に見ても良さが判らないのかもしれません。
それだけ自分も年を取ったという事でしょうか。
寂しぃ===


監督は、『キャリー』(1976)、『ブラック・ダリア』(2006)のブライアン・デ・パルマ
音楽に、わたくしの大好きなエンニオ・モリコーネ

キャストは、エリオット・ネス役に、『ダンス・ウィズ・ウルヴズ』(1990)でアカデミー監督賞を獲得したケヴン・コスナー
エリオットに協力する地元の保安官役は、今作品で、アカデミー助演男優賞を獲得したショーン・コネリー
オスカー役は、『アメリカン・グラフィティ』(1973)のチャールズ・マーティン・スミス
ジョージ・ストーン役に、『ゴッドファーザーPARTⅢ』(1990)でアカデミー助演男優賞にノミネートされたアンディ・ガルシアなど。

(民放テレビにて鑑賞)



<これよりネタバレしてます>

いや~、みなさん若いですね。
と言ってもショーン・コネリーあたりは、そんなに印象変わらないか…(^^)

この作品は、大人のドラマですね。
公開当時に観た時は、全然面白いと思えなくて、何となく現在まで封印してました。
先日テレビで放送するってんで、何となく観てみたら、「あれ~?すごく面白い!」とビックリ。


内容は、簡単に言うと、新任の捜査官エリオット・ネスが、アル・カポネの不正を立証し逮捕するために奔走するドラマです。
そのために集まってくれた仲間は3人。
地元のマローン保安官、会計士のウォーレス、若手捜査官のストーン、そしてエリオット・ネス。

初めは、悪を退治するヒーロー気分を楽しんでいる風の4人。
酒の密輸取引の情報を聞きつけ、国境近くの橋に向かったエリオットたちは、どことなくはしゃいだ感じがしますね。
このシーン、個人的には大好きです。
音楽もいい!
エンニオ・モリコーネの曲が、壮大な景色を背景に、取引の緊張感をより一層引き立てています。
やはり音楽を担当した『遊星からの物体X』(1982)のメインテーマにも似てますよ。
是非聞き比べてみて下さい。


4人で始まったアル・カポネ摘発への道も険しく、徐々に危険度が増し、ついにはウォーレスとマローン保安官が命を落とす事に。
ショックを受けたエリオットとストーンでしたが、たった2人になっても諦めません。


アル・カポネの金の動きを把握する会計士を保護する為に駅で待ち伏せするシーンは有名ですよね。
例の…ベビーカー階段落ちです。

改めて観てみると、あれは、エリオットが悪い!

「奥さん、手伝いますよ」って言ったのはエリオットなんだから、さっさと階段の一番上まであげちゃってから銃撃戦始めろっつーの。
あと1段って所までベビーカー引き上げているんですよ。
あと1段で階段終わりですよっ!!(何回も言っちゃいますが)
あと1段なのに、そこから手を放してベビーカー階段落ちなんですから。
奥さん、怒るわ。
ストーンが居なかったら、本当に赤ちゃんは危なかったと思います。

意外にエリオットを見ていてイライラするシーンが多々あった事にも、驚いた…
それだけ若造って役作りなのかもしれません。


個人的に印象に残ったのは、殺し屋のフランク・ニティです。
眼つきが鋭いですね~
あの目で見られたら金縛ってしまいそう。
殺し屋って、存在消しつつ、サッと登場し、サクッと殺して去る…ってイメージですが、なんてったって全身白スーツに白ハットですぜ。
目立つだろう~あれは。
[PR]
by by569 | 2007-07-08 20:14 | ア行