小六のB級A画館 by569.exblog.jp

ジュリアス・シーズー・小六です。ほぼネタばれ有り、ややB級寄りだから、ご注意を。ここでは気に入っている映画&海外ドラマを紹介してます。画像・イラストの無断持ち出しは禁止でございまする。


by by569
プロフィールを見る

悪魔の棲む家 「THE AMITYVILLE HORROR」 (2005)

f0039573_211012.jpg
■悪魔の棲む家 「THE AMITYVILLE HORROR」 2005年・米

■監督 アンドリュー・ダグラス
■製作 マイケル・ベイ、アンドリュー・フォーム、ブラッド・フラー
■製作総指揮 デヴィッド・クロケット、テッド・フィールド
■原案 ジェイ・アンソン
■脚本 スコット・コーサー
■オリジナル脚本 サンドール・スターン
■音楽 スティーヴ・ジャブロンスキー

■キャスト
ライアン・レイノルズ (ジョージ・ラッツ→キャシーの夫・子供たちの義父)
メリッサ・ジョージ (キャシー・ラッツ→子供たちの母親)
ジェシー・ジェームズ (ビリー・ラッツ→長男)
ジミー・ベネット (マイケル・ラッツ→次男)
クロエ・モレッツ (チェルシー・ラッツ→長女)
レイチェル・ニコルズ (リサ→ベビーシッター)
フィリップ・ベイカー・ホール (キャラウェイ神父)


<あらすじ>
1974年11月13日、午前3時15分、ある一家の長男ロナルドが、ライフルで家族全員を射殺する事件が発生する。
その1年後、ジョージはキャシーと暮らすための家を探し、破格の値がつけられていた大邸宅を購入。
引越し後、ジョージにある変化が現れ始める。



79年に公開された『悪魔の棲む家』のリメイク。

この映画の象徴と言えば、やはり「家」。
オリジナル版の家を見た時、ザワザワと恐怖心が膨らみましたが、リメイク版はそれがなかったんですよねー
確かに家の外観は似てますけど、何かが違うなぁ~


キャストは、父親ジョージ役に、『ブレイド3』(2004)のライアン・レイノルズ
母親キャシー役に、『イギリスから来た男』(1999)、『マルホランド・ドライブ』(2001)のメリッサ・ジョージ
長男ビリー役に、『メッセージ・イン・ア・ボトル』(1999)、『ブロウ』(2001)のジェシー・ジェームズ
次男マイケル役に、『ホステージ』(2005)のジミー・ベネットなど。

新旧、どのような違いがあるのか楽しみですね~

(WOWOWにて鑑賞)



<以下ネタバレです!>

ストーリーの大筋は、オリジナル版と同じですね。

やはり時代の違いでしょうか。
残忍さや恐怖心をあおるような演出は、リメイク版の方が派手です。

どちらが良いかは、観る人の好みの問題でしょう。
わたくしは、どちらも気に入りました。

ジョージ役のライアン・レイノルズも、キャシー役のメリッサ・ジョージもGOOD!
イメージ通りですね~


さてさて、1年前に射殺事件が起きた恐怖の家に引っ越してきたラッツ一家。
引越し早々にジョージに変化が現れ始めます。
まずは目が怖い!
やけにギラギラしています。
しかし、力がみなぎっているようでいて、顔色は悪く痩せ細るジョージ。

ジョージが薪木割りする時、他の人に薪木を持たせるのは止めれ~


キャシーも、ジョージの異常な変化に気づき、気分転換に外食に誘ったり~(そんな状況じゃないけどね)
いや、効果ありましたよ。
だって、家から離れるとジョージの異常さが陰を潜めるんですよ。
普通のジョージだぁ~~
キャシー、嬉しい♪

家から離れると元のジョージに戻るけど、家に帰ると凶暴なジョージに変身!
キャシーも、この変わり身の早さを目撃している訳だから、何とかジョージを説得して家から離れれば、もっと子供たちの心の被害も少なくて済んだかもしれません。
だって、ジョージがあんなんじゃ、トラウマになっちゃうと思うな。
たとえキャシーがジョージを愛していたとしても、子供たちは、この先、ジョージと一緒に住める訳ないじゃん。

この一家に幸せは戻ってくるのだろうか…



<はい、ここからは、オリジナル版を含んだネタバレです>

オリジナルと違ってショックだったのは、犬のハリー。

オリジナル版でも、狂気にさらされたジョージでしたが、最後は、愛犬を助ける為にわざわざ危険な地下室まで降りて行くんですよ。
それで今までの奇行もチャラになったような感じもありましたよね。
勇気ある行動のお陰で、子供たちの信頼も得られたんじゃないかと思うんですよ。

しかし、リメイク版のジョージは、愛犬ハリーを、なななんと…惨殺。
何かに憑依され、我を見失ってしまっての行動なのでしょうがね~
犬を殺しちゃダメでしょう。

やはり時代の流れなのかな。
オリジナル版には残酷なシーンなどはなく、心理戦で勝負。
動物を殺すなんてのも、何となくタブーって感じ?

それでも十分怖かったですよ。


また、オリジナル版では、「神父=神VS悪魔」を中心としたドロドロ感が漂い、リメイク版では、「悪魔に取り付かれた一家の主人VS家族」を描いていたと思います。

今回、神父もチョイと登場しますが、それ程重要な役どころではありません。
奥さんの相談に乗る神父…ってくらいです。

どちらが面白いかは見比べてみて下さい。



しかしなぁ~愛犬を殺さなくってもね~(←まだ言ってます)




★オリジナル版 『悪魔の棲む家』(1979)のレビューは、こちら
[PR]
by by569 | 2007-07-19 21:11 | ア行