小六のB級A画館 by569.exblog.jp

ジュリアス・シーズー・小六です。ほぼネタばれ有り、ややB級寄りだから、ご注意を。ここでは気に入っている映画&海外ドラマを紹介してます。画像・イラストの無断持ち出しは禁止でございまする。


by by569
プロフィールを見る

トランスフォーマー 「TRANSFORMERS」

f0039573_14142574.jpg
■トランスフォーマー 「TRANSFORMERS」 2007年・米

■監督 マイケル・ベイ
■製作総指揮 スティーヴン・スピルバーグ、マイケル・ベイ、ブライアン・ゴールドナー、マーク・ヴァーラディアン
■脚本 アレックス・カーツマン、ロベルト・オーチー
■音楽 スティーヴ・ジャブロンスキー

■キャスト
シャイア・ラブーフ (サム・ウィトウィッキー)
メーガン・フォックス (ミカエラ・バーンズ)
ジョシュ・デュアメル (レノックス大尉)
タイリース・ギブソン (エップス軍曹)
レイチェル・テイラー (マギー・マドセン)
アンソニー・アンダーソン (グレン)
ジョン・ヴォイド (ジョン・ケラー国防長官)
ジョン・タトゥーロ (シモンズ)
マイケル・オニール (トム)
ケヴィン・ダン (ロン・ウィトウィッキー)
ジュリー・ホワイト (ジュディ・ウィトウィッキー)
アマウリー・ノラスコ (フィグ)
ピーター・カレン (オプティマスの声)
マーク・ライアン (バンブルビーの声)
ヒューゴ・ウィーヴィング (ネガトロンの声)


<あらすじ>
高校生のサムは、父親に中古車を買ってもらったが、その車がある夜、巨大ロボットに変形するのを目撃してしまう。
巨大ロボットの目的は一体…




<いきなりネタバレです>

4月か5月頃だったかな?
テレビで、スティーヴン・スピルバーグとマイケル・ベイが、「ニホンのミナサン、コンニチハ。スティーヴン・スピルバーグで~す」「マイケル・ベイで~す」って日本語で自己紹介してた2人の姿を観てから、ずっと「トランスフォーマー」楽しみにしてましたよ。

それが運よく、この作品を試写会で観る事が出来ました!

あ…作品とは全然関係ないかもしれませんが…
試写会に来てた客層がヤバかったです。
普通の映画は、会社帰りのサラリーマンやOL、大学生風の客が多いですが、今回は、オタク風の人材多数。
よれてるTシャツにリュック。
やや太め、額に汗あり。
極めつけは、前に並んでた奴、首が荒れてた。
あれは、あせも?タムシ?
隣の席の男性は、スクリーン観ながら独りで喋ってたよ~~(涙


さてさて、作品の全体的な印象としては、子供から大人まで楽しめる娯楽映画ではないでしょうか。
面白かったですよ。
特に、最初の1時間はテンポ良し、ハラハラドキドキで楽しめました。
トタンスフォームシーンは、何回観ても感動。


巨大ロボットがメインの映画なのに、こんな事言っちゃっていいのかな…
わたくしは、中東の砂漠で、巨大サソリのロボットが登場し隊員を襲うシーンや、エアフォースワン内で悪巧みしている小型のロボットのシーンの方が興味深かったんですよね~
この辺は、何となく個人的な好みのB級の風を感じます。

やはり巨大ロボットが出て来てからは、B級風なんて陰を潜め、おもいっきりハリウッド超大作に変身!
CGってスゴイ。

しかしあんなに巨大なロボットが何体も、大都会の真ん中で戦っちゃダメでしょう。
『人間の犠牲は最小限に止めるんだっ!』って。


無理…


彼らはあのまま地球に留まって、サムと過ごすの?
地球公認の異星人トランスフォーマーって訳ですね♪


いや~とにかく、ミカエラ役のミーガン・フォックスが魅力的でした~
今後の活躍に期待!
もちろん、日本好きのスピルバーグ&マイケル・ベイだけあって、『ロボットだ!たぶん日本製だ、いや絶対そうだ!』、『この携帯電話は日本製』、『サムライの国』など、日本が何度となくセリフに登場してましたよ。

ただなぁ~。
シャイア・ラブーフってどう?
微妙じゃないかい?
『コンスタンティン』(2005)の時はいい感じだったんだけどな~
フジテレビ系『クイズ・ヘキサゴンⅡ』の回答者、つるの剛士に見えちゃうんですよねー
あ…つるの剛士、知らない?
なら良いです(^^)
[PR]
by by569 | 2007-08-15 14:25 | タ行