小六のB級A画館 by569.exblog.jp

ジュリアス・シーズー・小六です。ほぼネタばれ有り、ややB級寄りだから、ご注意を。ここでは気に入っている映画&海外ドラマを紹介してます。画像・イラストの無断持ち出しは禁止でございまする。


by by569
プロフィールを見る

CSI:マイアミ #19 プールサイドの処刑「Double Cap」

f0039573_10345077.jpg
■#19 プールサイドの処刑「Double Cap」

■製作総指揮 ジェリー・ブラッカイマー他

■キャスト(レギュラー)
デヴィッド・カルーソ (ホレイショ・ケイン→CSI チーフ)
エミリー・プロクター (カリー・デュケーン→CSI 捜査官)
アダム・ロドリゲス (エリック・デルコ→CSI 捜査官)
カンディ・アレクサンダー (アレックス・ウッズ→CSI 検死官)
ロリー・コクレイン (ティム・スピードル→CSI 捜査官)

■キャスト(ゲスト)
ネスター・セラーノ (フランク/エドワード・ヒンクル→マリーの夫)
アル・サピエンザ (ジェームズ・ヒュークス→フランクの幼なじみ)
ノア・ティシビー (グロリア・タイナン/ジーナ・キューザック→被害者)
アン・デ・サルヴォ (キューザック夫人→ジーナの母)
ローリー・オブライアン (マリー・ヒンクル→エドワードの妻)
アラーナ・ダーガン (ジェシカ・ヒンクル→エドワードの娘)
ジャック・ガズマン (ヒューゴ→プールサイド従業員)
ジョディ・カーライズル (ウェイトレス)
ジョン・ハード (デューク・デュケーン→カリーの父)
サリー・リチャードソン (ローラ→CSIスタッフ)
ブライアン・ポス (タイラー→CSIスタッフ)
リフ・ハットン (アーディン連邦保安官)
トム・ヒルマン (ザックハイムFBI捜査官)
ソフィア・ミロス (イエリーナ・サラス刑事)
ホルト・マッキャラニー (ジョン・ヘイゲン刑事)


<あらすじ>
ホテルのプールサイドで、若い女性が頭部を撃たれ死亡していた。
たくさんの人が泳いでいるプールで、どのようにして誰にも知られずに殺害したのか?



ホテルのプールサイドで若い女性が射殺されていました。
頭部を2発。
プロの殺し屋の仕業なのか?

被害者はグローリア・タイナン。
毎週火曜日にペントハウスを借りている客だとの事。
宿泊の翌日、プールに泳ぎに来て殺害されてしまった訳です。

グローリアをデーターベースで調べると、勤め先は、リーガルハーバーボート旅行社。
それ以外に重要な事実が…
彼女は連邦政府にマークされている事が判明。


グローリアを撃った銃弾を調べると、その銃は、ユリータでの強盗事件で使用された物と同じ銃。
その事件とは、銀行に目出し帽を被った2人組が強盗に入り、60万ドルを奪った挙句、警備員を射殺し逃走。
事件は未解決のままです。


グローリアがプールサイドから1件、電話をかけていた事実を掴み、発信先を突き止めます。
その番号の家へ尋ねると、出てきた夫人は、グローリアの母親でした。
ただし、グローリアと言うのは偽名で、本名はジーナ。
ジーナが最近付き合っていたボーイフレンドは金持ちで、いつも高価なプレゼントをもらっていたと、そして、そのボーイフレンドは、彼女の母親にまで宝石類を送っていたと聞き、ホレイショは、母親から宝石が入っていた箱を預かります。

その宝石箱に付着していた指紋は、エドワード・ヒンクル。
ジーナのボーイフレンドと言う事になります。


エドワードの行方は不明ですが、彼の妻マリーに会う事が出来たホレイショ。
マリーは、既に夫の悪行を知っているようです。

マリーは「彼はたくさんの金を持っていたが私にはくれようともしない。逮捕して欲しい」と訴えます。
「彼が強盗した紙幣があれば逮捕できるかもしれない」と言うホレイショの言葉に、彼の所からくすねた紙幣を取り出すマリー。


同時期に、プールサイドの監視カメラをチェックしていて、怪しい人物が映りこんでいるのを発見。
プール監視員の衣装を着ているが、監視員としてのルール違反であるサングラスを着けている男が1名。
そして、その男は、バスタオルを持ちながら、プールで横になっている客に順番に近づき、グローリアの所へも行き屈んで何かしている素振り。
この時に射殺したに違いありません。

カリーはホテルのバスタオルを全部調べ、血液反応の出たバスタオルから毛髪を1本見つけます。
毛髪のDNAは、ジェームズ・ヒュークスと言う人物のもの。


ホレイショは、恐らくヒュークスとエドワードの2人は、銀行の現金強奪犯であり、ヒュークスが銃を隠し、エドワードが金を隠した。
しかしエドワードの行方が判らなくなった為、エドワードの彼女グローリアを射殺し「これだけでは済まない」と言うメッセージをテレビを通して、ヒュークスがエドワードに伝えたのだろうと推測。


マリーから預かった紙幣を調べると、表面にある合成洗剤の成分が検出されます。
この洗剤は、ウィルスを防ぐ為に船内消毒に使用する洗剤と一致。
と言う事は、グローリアが勤務していたリーガルハーバーボート旅行社の遊覧船に金を隠したのではないか?
エドワードが金を手に入れるために遊覧船に乗り込んでいる可能性が急浮上。
全員で港に向かいます。

ホレイショの感が当り、遊覧船から現金入りのバッグを持ち出して来たエドワード。
その場で逮捕します。


ヒュークスの身柄も確保し、凶悪犯2人を逮捕。
しかし、安堵するホレイショの所にFBIのザックハイムがやって来て、「彼らは他のもっと重要な事件の証言者として連邦政府が証言保護対象にしている人物たちなので、逮捕は出来ない」と…

マイアミでも銀行の警備員とグローリアが死んでいるのに、それよりも連邦政府の事件を優先するのか!
と怒りを露にするホレイショだったが、大きな組織には勝てず、自分1人の力ではどうにもならない事実に悲しみを覚えるホレイショでした。



<ちょいと新発見&簡単メモ>

1.前回の第18話で、カリーが「私のあだ名はラムチョップよ。まあ、そう呼ぶのは父親のみだけど」と言うシーンがあったが、今回、カリーの父親が初登場。
「おぉ~ラムチョップ!」と本当に呼んでました
2.カリーの父親役は、なんと、ジョン・ハード氏!
なんかだいぶ年取っちゃいましたね
[PR]
by by569 | 2007-08-26 10:33 | CSI:マイアミ