小六のB級A画館 by569.exblog.jp

ジュリアス・シーズー・小六です。ほぼネタばれ有り、ややB級寄りだから、ご注意を。ここでは気に入っている映画&海外ドラマを紹介してます。画像・イラストの無断持ち出しは禁止でございまする。


by by569
プロフィールを見る

ディープ・インパクト 「DEEP IMPACT」

f0039573_20482237.jpg
■ディープ・インパクト 「DEEP IMPACT」 1998年・米

■監督 ミミ・レダー
■製作 リチャード・D・ザナック、デヴィッド・ブラウン
■製作総指揮 スティーヴン・スピルバーグ、ジョーン・ブラッドショウ、ウォルター・F・パークス
■脚本 マイケル・トルキン、ブルース・ジョエル・ルービン
■音楽 ジェームズ・ホーナー

■キャスト
ロバート・デュヴァル (フィッシュ/ターナー船長)
ティア・レオーニ (ジェニー・ラーナー)
イライジャ・ウッド (レオ・ベイダーマン)
ヴァネッサ・レッドグレーヴ (ロビン・ラーナー)
モーガン・フリーマン (トム・ベック)
マクシミリアン・シェル (ジェイソン・ラーナー)


<あらすじ>
地球に、彗星が衝突する事実を突き止めたアメリカ政府は、彗星に向けて核爆発を起こし軌道修正を願うも失敗。
最終手段として、国民と政府関係者100万人を地下シェルターに移動する計画を発表する。



あの有名な、高波が押寄せてくるシーンに釣られ、つい観てしまいました。
迫力ありましたよ~!!

監督は、『ピースメーカー』(1997)、『ペイ・フォワード 可能の王国』(2000)のミミ・レダー

ターナー船長役に、『ゴッドファーザー』(1972)のロバート・デュヴァル
キャスターのジェニー役に、『天使のくれた時間』(2000)、『ディック&ジェーン 復讐は最高!』(2005)のティア・レオーニ
彗星の衝突を予測した青年レオ役に、『ロード・オブ・ザ・リング』シリーズのイライジャ・ウッド
ジェニーの母親ロビン役に、『ミッション:インポッシブル』(1996)のヴァネッサ・レッドグレーブ
ベック大統領役に、『ミリオンダラー・ベイビー』(2004)のモーガン・フリーマン
ジェニーの父ジェイソン役に、『ジュリア』(1977)のマクシミリアン・シェルなど。

(民放テレビにて鑑賞)



<ここよりネタバナシです>

迫力ありです。
ロバート・デュヴァルの優しい瞳が印象的。
また登場時間は多くないものの、モーガン・フリーマンの演技も残りますね~

ただし、意外と本題に入るまでが長く、少~~~しばかりテンポ悪し。

その上、やはりこの手の作品に必要な「人と人の繋がり」を詰め込んだために、何となく全体的な印象としては「浅い」
ディープなインパクトの筈なのにね。


まあ、作品についていろいろと言ってしまいましたが、現実的に考えると怖いですよ。
100万人だけが地下シェルターへの切符を受け取れる訳です。
あとの人たちは、さようなら…
しかも50歳以上は、最初っから、切符をもらえる権利すらなし。

わたくしも、どう考えても選ばれし人材ではない&クジ運全く無しなので、さようなら組ですね~




自分がシェルター行きの権利をもらったのに、人に譲れますか。
自分がシェルター行きの権利をもらったのに、シェルターに入らずに大切な誰かを探しに行けますか。

作品を通して、結構ディープな質問を投げかけています。
[PR]
by by569 | 2007-09-05 20:49 | タ行