小六のB級A画館 by569.exblog.jp

ジュリアス・シーズー・小六です。ほぼネタばれ有り、ややB級寄りだから、ご注意を。ここでは気に入っている映画&海外ドラマを紹介してます。画像・イラストの無断持ち出しは禁止でございまする。


by by569
プロフィールを見る

アサルト13 要塞警察 「ASSAULT ON PRECINCT 13」

f0039573_1424779.jpg
■アサルト13 要塞警察 「ASSAULT ON PRECINCT 13」 2005年・米/仏

■監督 ジャン=フランソワ・リシェ
■製作 パスカル・コーシュトゥー、ジェフリー・シルヴァー、ステファーヌ・スペリ
■製作総指揮 ドン・カモーディ、ジョセフ・カウフマン、セバスチャン・クルト・ルメルシエ
■脚本 ジェームズ・デモナコ
■オリジナル脚本 ジョン・カーペンター
■音楽 グレーム・レヴェル

■キャスト
イーサン・ホーク (ジェイク・ローニック→警官)
ローレンス・フィッシュバーン (マリオン・ビショップ→凶悪犯)
ガブリエル・バーン (マーカス・デュヴァル→組織犯罪対策班警部補)
マリア・ベロ (アレックス→カウンセラー)
ドレア・ド・マッテオ (アイリス→13分署秘書)
ジョン・レグイザモ (ベック→犯罪者)
ブライアン・デネヒー (ジャスパー→老人警官)
ジャ・ルール (スマイリー→犯罪者)
アイシャ・ハインズ (アンナ→犯罪者)
マット・クライヴン (キャプラ→ローニックの同僚)
キム・コーツ (護送車監視員)
ドリアン・ヘアウッド (護送車運転手)


<あらすじ>
13分署は、あと数時間で閉鎖の運命。
署員の、ローニック、ジャスパー、アイリスは残務整理に追われながらも、ここで新年を祝おうとしていた。
そこへ、猛吹雪の為に護送不可能になった凶悪犯を、一時的に牢へ入れて欲しいと依頼が入る。



ジョン・カーペンター監督の『要塞警察』(1976)のリメイク版。
カーペンター監督、大好きなんですよね~
是非オリジナルも観てみたい!
この間、レンタルビデオ屋に行って探したけど無かった…
残念~

13分署警官ローニック役に、『トレーニング デイ』(2001)のイーサン・ホーク
凶悪犯ビショップ役に、『マトリックス』(1999)のローレンス・フィッシュバーン
警部補マーカス役に、『ユージュアル・サスペクツ』(1995)のガブリエル・バーン
ローニックのカウンセリングドクター・アレックス役に、『シークレット ウィンドウ』(2004)のマリア・ベロ
13分署秘書アイリス役に、テレビドラマ『ザ・ソプラノズ/哀愁のマフィア』シリーズのドレア・ド・マッテオ
凶悪犯ベック役に、『ランド・オブ・ザ・デッド』(2005)のジョン・レグイザモ
ローニックの同僚ジャスパー役に、『コクーン』(1985)のブライアン・デネヒー
凶悪犯スマイリー役に、『奪還 DAKKAN アルカトラズ』(2002)のジャ・ルール
ローニックの同僚キャプラ役に、『デジャヴ』(2006)のマット・クレイヴンなど。

(WOWOWにて鑑賞)



<以下ネタ>

この作品って、やはりB級ですか?
でも出演者が、イーサン・ホーク、ローレンス・フィッシュバーン、ガブリエル・バーン、マリア・ベロ、ジョン・レグイザモ、ブライアン・デネヒーですよ~
超豪華じゃないですか!
なんか、得した気分…


オープニング、ヤクの売人が自分の飼っている犬(ボクサーかな?)をバンバン殴りつけてるシーンは可哀想だった。
あの犬、その後どうなったかな~とチラッと考えていたら、ローニックと一緒のベットに居て甘えん坊になってた…
妙に、嬉しくなってしまいましたよ。
ローニックが飼ってくれたんだね~良かった、良かった。

さて、物語は、大都会の真ん中にもかかわらず、猛吹雪&新年が重なって、静まり返っている13分署周辺。
そこで繰り広げられる、「署員+凶悪犯VS謎の集団」
あの謎の集団はなんだっ!

最初、あの集団は、凶悪犯のビショップを奪還しに来た彼の仲間なのかと思い込んでいたんですよ。
だから、「数名の警官VS凶悪犯たち」
ザ・アクション映画!
派手な銃撃戦、双方の知恵比べ…みたいな。

そうしたら、ビショップが、「あんな奴ら知らない」って言うじゃないですか。
…え?じゃ、あれは誰?

まさかね~こう言う展開ですか。
でもこの方が断然っっ!!!好みです。
面白かった~~


ハリウッド的に考えると、絶対にアレックス先生は死なないよね~
ローニックと一緒に助かると思う。
でも死んじゃう…
この辺りがスゴイ。
ヒロイン、一切なし!

もしもこんな事がなかったら、絶対に敵なるはずの男と男の心の交流。
ビショップがカッコイイです。
[PR]
by by569 | 2007-10-19 14:04 | ア行