小六のB級A画館 by569.exblog.jp

ジュリアス・シーズー・小六です。ほぼネタばれ有り、ややB級寄りだから、ご注意を。ここでは気に入っている映画&海外ドラマを紹介してます。画像・イラストの無断持ち出しは禁止でございまする。


by by569
プロフィールを見る

南極日誌 「Antarctic Journal」

f0039573_20392295.jpg
■南極日誌 「Antarctic Journal」 2005年・韓国

■監督 イム・ピルソン
■製作 チャ・スンジェ、ノ・ジュンユン
■製作総指揮 チェ・ワン
■脚本 イム・ピルソン、ポン・ジュノ、イ・ヘジュン
■音楽 川井憲次

■キャスト
ソン・ガンホ (チェ・ドヒョン隊長)
ユ・ジテ (ミンジェ→探検隊新入り)
パク・ヒスン (イ・ヨンミン副隊長)
ユン・ジェムン (キム・ソンフン→登山家)
チェ・ドクムン (ソ・ジェギョン→ビデオ・電子機器担当)
カン・ヘギョン (イ・ユジン→ベースキャンプ待機)
キム・ギョンイク (ヤン・グンチャン→探検隊員)


<あらすじ>
過酷な南極の「到達不能点」を目指す6名の探検隊員。
途中、今から80年も前に遭難したと思われるイギリス探検隊員が書き残した日誌を入手する。
それ以降、彼らに、不思議な現象や事故が相次いで発生するのだった。



最高に面白かった!!!!
まさにわたくしの好み、ズバっとストライクです。

監督は、イム・ピルソン。
彼は、『グエムル -漢江の怪物-』(2006)に、監督としてではなく、出演をしています。
何の役なんだろう~

南極「到達不能点」を目指す探検隊チェ・ドヒョン隊長役に、『シュリ』(1999)、『グエムル -漢江の怪物-』(2006)のソン・ガンホ
探検隊で一番の下っ端ミンジェ役に、『オールド・ボーイ』(2003)、『親切なクムジャさん』(2005)のユ・ジテ
探検隊副隊長イ・ヨンミン役に、『ファミリー』(2004)のパク・ヒスン
登山家で通信担当のキム・ソンフン役に、『ユア・マイ・サンシャイン』(2005)のユン・ジェムン
ベースキャンプで隊員たちと通信をしていたユジン役に、『オールド・ボーイ』(2003)、『トンマッコルへようこそ』(2005)のカン・ヘギョン
探検隊員グンチャン役に、『ディナーの夜に』(1998)のキム・ギョンイク

(レンタルDVDにて鑑賞)



<以下ネタバレですぅ>

あぁぁ~~、またしても良い映画見つけちゃったなぁ~

このブログでは、個人的に面白い!と思った映画を紹介していますが、その中でも、たま~に大ヒットを見つけてしまいます。

まさに今回のこれ…『南極日誌』
南極物語じゃないよぉ。(判ってます!)
いや~面白かった。
誰が何と言おうと、最高♪


登場人物は至って少なめ。
隊員の6名と、ベースキャンプに待機している女性1名と、回想シーンなどで出てくる数名の人物のみ。
このシンプルさがまた良いですね~
余計なものがない。

ゴチャゴチャしていて惑わされる作品が多い中、状況も設定もシンプル。
おのずと隊員たちの心情の変化がスムーズに伝わってきます。


ただ、何となく韓国人って、キャラがかぶりますね。
名前や人物像を理解する為にメモってしまいましたよ。

一応、書いておこうかな。

1.隊長のチェ・ドヒョンは、有名なソン・ガンホなのですぐに理解できました。
2.副隊長のヨンミンは、アルピニストって紹介されてましたよ。
やはり特徴はメガネでしょう。
しかし、メガネ外されると判りづらい!
3.ミンジェは、探検隊の新入りで、みんなに「ミンジェ、ミンジェ」と連呼されているので結構大丈夫。
すぐに覚えられます。
イギリス探検隊のノートを所持してる人です~
4.ジェギョンは、あまり特徴ないけど、ヘアバンドしてますね。
ビデオ撮影などをしてます。
5.グンチャンは、くりくりパーマヘアーで、顔が微妙に森本レオ
6.ソンフンは、まぁ、彼も特徴がないんですが、やや小太りの登山家

まあ、こんなメモを取りながらの鑑賞でした。


彼ら探検隊は、南極の到達不能点を目指している訳ですが、途中、今から80年前のイギリス探検隊が残したと思われる南極日誌を発見。

これを境に、彼らに災難が起こり始めます。
だからと言って、イギリス探検隊員の怨念とか、隊員による猟奇殺人とか、そんな事ではなく、やはり、この地点辺りから、人間が立ち入ってはならない領域になりつつあると、わたくしは判断しました。

「到達不能点」
結局、到達するのは不可能な地点なんですよ。
それだけ過酷であり、誰も立ち入らせない不思議な力がある…と。


最後まで平常心を失わず、冷静だったのは、一番の下っ端ミンジェでした。

ミンジェが、ドヒョン隊長に憧れ、隊員になろうと思った瞬間の話をしていたのが印象的でした。
「過酷な探検に成功して、その感想は?と聞かれた隊長は、何も語らず、ただニヤ~っと笑ったんですよ」と言ってましたね。
最後にグンチャンの足を切った隊長が振り返り、ミンジェに向かってニヤ~っと笑うシーンを観た時、このミンジェのセリフを思い出した、わたくしです。
[PR]
by by569 | 2007-10-21 20:47 | ナ行