小六のB級A画館 by569.exblog.jp

ジュリアス・シーズー・小六です。ほぼネタばれ有り、ややB級寄りだから、ご注意を。ここでは気に入っている映画&海外ドラマを紹介してます。画像・イラストの無断持ち出しは禁止でございまする。


by by569
プロフィールを見る

D-TOX 「D-TOX」

f0039573_21114089.jpg
■D-TOX 「D-TOX」 2002年・米/独

■監督 ジム・ギレスピー
■製作 ブライアン・グレイザー、ロン・ハワード、カレン・ケーラ、リック・キドニー、ケヴィン・キング
■製作総指揮 モーリーン・ペイロット
■原作 ハワード・スウィンドル
■脚本 ロン・L・ブリンカーホフ
■音楽 ジョン・パウエル

■キャスト
シルヴェスター・スタローン (ジェイク・マロイFBI捜査官)
チャールズ・S・ダットン (ヘンドリックス→マロイの親友)
ポリー・ウォーカー (ジェニー→施設の看護師)
クリス・クリストファーソン (ドック→施設長)
クリストファー・フルフォード (スレイター→患者)
ジェフリー・ライト (ジャウォースキー→患者)
トム・ベレンジャー (ハンク→施設の配管担当)
スティーヴン・ラング (ジャック→施設の雑務係)
アラン・C・ピーターソン (ギルバート→施設員)
ホロスガー・マシューズ (マニー→施設の調理担当)
アンジェラ・アルヴァラード (ロペス→患者)
ロバート・プロスキー (マッケンジー→患者)
ロバート・パトリック (ノア→患者)
コートニー・B・ヴァンス (ジョーンズ→患者)
ショーン・パトリック・フラナリー (コナー→患者)
ディナ・メイヤー (メアリ→マロイの彼女)


<あらすじ>
愛する恋人を殺されたショックで、酒びたりの日々を送るジェイク・マロイ。
そんな彼を心配した友人ヘンドリックスは、治療センターへ行く事を勧める。
ヘンドリックスに言われるままセンターへ入所したマロイだったが、施設内で次々と殺人が起こり始めるのだった。



すんごく面白かったんですけど~
みんなのレビュー見ると、あれ…評判イマイチ?

監督は、『ラストサマー』(1997)のジム・ギレスピー
FBI捜査官マロイ役に、『ロッキー』(1976)のシルヴェスター・スタローン
マロイの親友ヘンドリックス役に、『シークレット ウインドウ』(2004)のチャールズ・S・ダットン
施設の看護師ジェニー役に、『パトリオット・ゲーム』(1992)のポリー・ウォーカー
施設長ドック役に、『ブレイド』(1998)のクリス・クリストファーソン
ロンドン市警察スレイター役に、『ミリオンズ』(2004)のクリストファー・フルフォード
麻薬課の捜査官ジャウォースキー役に、『ブロークン・フラワーズ』(2005)のジェフリー・ライト
施設の配管ボイラー担当ハンク役に、『山猫は眠らない』(1992)のトム・ベレンジャー
施設の雑務係ジャック役に、『Re:プレイ』(2003)のスティーヴン・ラング
カナダ騎馬警察マッケンジー役に、『マッド・シティ』(1997)のロバート・プロスキー
SWATノア役に、『ターミネーター2』(1991)のロバート・パトリック
通称「牧師」と呼ばれているジョーンズ役に、『デンジャラス・マインド/卒業の日まで』(1995)のコートニー・B・ヴァンス
患者コナー役に、『処刑人』(1999)のショーン・パトリック・フラナリー
マロイの彼女メアリ役に、『ソウ』(2004)のディナ・メイヤーなど。

(レンタルビデオにて鑑賞)



<ここからネタバレ>

雪に閉ざされた施設で、次々と殺人事件がっ!
わたくし、「閉ざされた空間で事件が…」系の作品が大好きなもので、これもハマりました。
以前WOWOWでも放映してて、何度も観ちゃいましたから。

結構、有名どころの俳優も揃ってますよ。
すぐに殺されちゃうけれど、スタローンの彼女役は、『ソウ』のディナ・メイヤーだし。
とても魅力的でしたね~

施設内の登場人物も多いです。
しかし、キャラ被ってない所がGOOD!
ややキャラが目立ってない人も数名居たんですが、そんな人たちは、早めにご臨終されますので大丈夫!(何が大丈夫なんだか…)

そんな時、殺人が起きはじめます。
施設の外は豪雪で外出は困難。
という事は、外から犯罪者が入ってくると言う事も困難。
イコール
犯罪者はこの中に居るっ!!

いや~大好きです、こんな展開。
みんなで疑心暗鬼なり、殺人鬼から身を守りつつ、殺人鬼探し。
さ~て、誰が犯人なのか!

あ…犯人は、あなたなの?
推理出来なかった…
…つ~か、推理出来ないよね。
特に伏線ないし。
これははっきり言って、誰が犯人かなんて推理する系の映画じゃないんですな。(じゃ、どんな映画なんだ?)

主役のマロイと一緒に、何が何だか判らないまま犯人に迫っていくと言いますか…
本格的な犯人当ての心理サスペンスではなく、殺人鬼なんて誰か判んねぇ~けど殺人が起きてるよ~系のスプラッター風です。

そのB級スプラッターの雰囲気を漂わせつつ、主演がシルベスター・スタローンってのが、評判がイマイチの原因でしょうかね。

いや、作品は最高に面白かったですよ~
お勧めします。
[PR]
by by569 | 2007-11-10 21:13 | タ行