小六のB級A画館 by569.exblog.jp

ジュリアス・シーズー・小六です。ほぼネタばれ有り、ややB級寄りだから、ご注意を。ここでは気に入っている映画&海外ドラマを紹介してます。画像・イラストの無断持ち出しは禁止でございまする。


by by569
プロフィールを見る

ザ・コア 「THE CORE」

f0039573_2052618.jpg
■ザ・コア 「THE CORE」 2003年・米/英

■監督 ジョン・アミエル
■製作 ショーン・ベイリー、デヴィッド・フォスター、クーパー・レイン
■脚本 クーパー・レイン、ジョン・ロジャース
■音楽 クリストファー・ヤング

■キャスト
アーロン・エッカート (ジョシュ・キーズ博士)
ヒラリー・スワンク (ベック/レベッカ・チャイルズ少佐)
デルロイ・リンドー (エドワード・ブラズルトン博士)
スタンリー・トゥッチ (コンラッド・ジムスキー博士)
DJ・クオールズ (ラット)
リチャード・ジェンキンス (トーマス・パーセル将軍)
チェッキー・カリョ (サージ・レベック博士)
ブルース・グリーンウッド (ロバート・アイバーソン船長)
アルフレ・ウッダード (スティックリー→NASA管制官)


<あらすじ>
方向感覚を失った鳥たち、制御不能になる電子機器。
これらの状況から、地球の磁場が狂い始まっていると推理する地球物理学のジョジュ博士。
原因は、地球のコアの回転が停止している為。
コアを回転されるにはどうしたらいいのか…



なんつーか、息苦しさを感じる映画ですねー
観ていて辛くなる~~
冷静に考えたら、これって宇宙じゃないんですよね?
なんだか、SF映画観てるような錯覚を起こしてしまったよ。

監督は、『コピーキャット』(1995)、『エントラップメント』(1999)のジョン・アミエル

シカゴ大学キーズ博士役に、『サスペクト・ゼロ』(2004)、『ブラック・ダリア』(2006)のアーロン・エッカート
副操縦士ベック役に、『ミリオンダラー・ベイビー』(2004)のヒラリー・スワンク
エドワード博士役に、『60セカンズ』(2000)のデルロイ・リンドー
ジムスキー博士役に、『Shall we Dande? シャル・ウィ・ダンス?』(2004)のスタンリー・トゥッチ
(彼って、アンディ・ガルシアに似てません?)
トーマス・パーセル将軍役に、『Shall we Dande? シャル・ウィ・ダンス?』(2004)のリチャード・ジェンキンス
サージ博士役に、『テイキング・ライブス』(2004)のチェッキー・カリョ
操縦士ロバート役に、『デジャヴ』(2006)のブルース・グリーンウッド
スティックリー役に、『フォーガットン』(2004)のアルフレ・ウッダードなど。

(民放テレビにて鑑賞)



<以下、ネタバレです>

今回の作品で画かれている地球の構造って、リアルなんですか?
地球の中って本当にこんなになってるの?
マジマジと観察してしまいましたよ。
まあ、実際に地球の中心を見に行った人居ないから、本当かどうかは不明だけど。
地球も生きているんだな~って感じますね。

「コアを回転させる」
この任務に参加した研究者たちの危険性はあまりに高く、映画序盤からいや~な予感はしてたんですよ。
案の定、次々と犠牲者が増え…
まあ、危険が伴わないと映画にならないけど。
みんな地球の為、お国の為に頑張ってるなぁ~。

しかも命の落とし方が、なんとも辛く悲惨なんですよ。

帰りの可能性がない灼熱地獄へ向かうエドワード博士、自分は死ぬと判っていて船を切り離せと命令するジムスキー博士、ジョシュに反対されても仲間を見殺しにしなければならなかったベック副操縦士。
みんな、このような状況下で、何故これ程までに冷静に判断出来るのか。

手に汗握るって本当にあるな~
もう力入っちゃって、観終わって体が固まってたー

疲れました…
[PR]
by by569 | 2007-11-15 20:08 | サ行