小六のB級A画館 by569.exblog.jp

ジュリアス・シーズー・小六です。ほぼネタばれ有り、ややB級寄りだから、ご注意を。ここでは気に入っている映画&海外ドラマを紹介してます。画像・イラストの無断持ち出しは禁止でございまする。


by by569
プロフィールを見る

デイブレイク 「Daybreak」

f0039573_14125469.jpg
■デイブレイク 「Daybreak」 2000年・米

■監督 ジーン・ペレリン
■製作 ケネス・オランド、ジェフリー・ビーチ、フィリップ・ロス
■原案 ジェリ・クディア・バーガー、フィリップ・ロス
■脚本 ジョナサン・レイモンド

■キャスト
ロイ・シャイダー (スタン・マーシャル)
テッド・マッギンレー (ディロン)
ケン・オランド (ジョン・エリス市議)
ウルスラ・ブルックス (サヴァンナ→看護師)
アダム・ウィーリー (ニュートン天才少年)
マーク・キーリー (グリフィン)
ジェイミー・バーグマン (スージー)


<あらすじ>
アメフトで一世を風靡したディロン。
事故をきっかけにアメフト選手を引退し、現在は地下鉄の管理会社に勤務していた。
ある日、地下鉄事故が起こり中に閉じ込められてしまい…



地下鉄内に取り残されたパニックものです。
基本に忠実なB級映画って感じですね~
とは言え、激流あり、爆発ありで、なかなか迫力ありますよー

乗客たちは如何にして逃げるのか!

監督は、『アンダー・プレッシャー』(1999)のジーン・ペレリン
実はわたくし、『アンダー・プレッシャー』も観た事あります。
確かに、どちらの作品も同じ香りがします…はい。
スタン役に、『JAWS/ジョーズ』(1975)のロイ・シャイダー
元アメフトの選手で、現在は地下鉄の管理会社に勤務するディロン役に、『メジャーリーグ3』(1998)のテッド・マッギンレー
スージーの彼氏グリフィン役に、『ブルース・オールマイティ』(2003)のマーク・キーリーなど。

(ビデオにて鑑賞)



<ここからネタバレしてます>

地下鉄に閉じ込められたパニックものです。
好きなんですよね~閉じ込められ系の作品って。
でもこの映画は、閉じ込められては居ますが、行動範囲が結構広いので、閉塞感はありません。

しかもテンポ良く災難が降りかかるんですよねー
1つ災難をクリアすると、また次の災難と言う感じに…
テレビゲームっぽいですね。

登場人物が少ない所が気に入ってます。
キャラもかぶってないし。
地下鉄の乗客が4名、あとは地下鉄に詳しいディロンで、総勢5名のパニックもの~
スージーの彼氏グリフィンが、無性にムカつく役どころなのが可哀想な感じもしますね。
パニック系にお約束の調和を乱す男。
やはり想像通りグリフィンが逝っちゃいました。
さようなら…


ちょいと、いくつか言っちゃっても良いですか?

まず…

「地下鉄内で電車から火がっ!」
あなたたち、火を消す事だけ考えてるでしょう?
火が消えた後の事を考えていないんですね~
水の止め方とかさ。
そのせいで、地下鉄内水攻めになったと言っても過言ではありませんぞ。
水害は彼らのせいだ…

閉じ込められた空間で、放電の危険を回避する為に「アースを使えば良い!」
さすが天才少年!
ただ、もうちぃ~っと早くこの事に気づけばね~

グリフィンが死んでしまった原因だって、男2人でケンカしていたせいだし。
ケンカで時間のロスが生じ、グリフィンが水に流されてしまいましたよ。
はしごを昇る時、グリフィンがディロンに先を譲っていたのが印象的。
さっきまであれほどケンカしてたのに。
あれ?良い奴じゃん、先を譲るなんて。
(脚本に「先を譲れ」って書いてあったのかな…)

まあ、いろんな事を言っちゃってますが面白かったなぁ。
B級映画好きな方!
たまらないマニアックの香りがプンプンですよ~
[PR]
by by569 | 2007-12-20 14:13 | タ行