小六のB級A画館 by569.exblog.jp

ジュリアス・シーズー・小六です。ほぼネタばれ有り、ややB級寄りだから、ご注意を。ここでは気に入っている映画&海外ドラマを紹介してます。画像・イラストの無断持ち出しは禁止でございまする。


by by569
プロフィールを見る

インターメディオ 「Intermedio」

f0039573_19432623.jpg
■インターメディオ 「Intermedio」 2005年・米

■監督 アンドリュー・ラウアー
■製作 デヴィッド・マイケル・ラット、デヴィッド・リマゥイー、シェリー・ストレイン
■脚本 グレイグ・ウェンマン

■キャスト
エドワード・ファーロング (マリク)
スティーヴ・レイルズバック (謎の老人)
セリナ・ヴィンセント (ジェン→マリクの幼なじみ)
アンバー・ベンソン (バービー→マリクの恋人)
コーラード・ハリス (ウェス→ジェンの恋人)
ポール・クラム (ジー・ウィルダンスキー)
マイケル・ラット (マリクの子供時代)
セリーナ・ラット (ジェンの子供時代)
アダム・ガブル (ウェスの子供時代)


<あらすじ>
アメリカとメキシコを繋ぐ洞窟では密かに麻薬売買が行なわれていた。
マリクとジェンの父親たちは、ヤクを受け取りに洞窟内に入ったが、洞窟からは戻って来なかった。
それから18年後…
マリクとジェンの元に麻薬売買の話が持ちかけられ、洞窟に入る事に。
一体、18年前に何があったのか。



監督は、アンドリュー・ラウアー
彼は監督としては、今作品がデビューですが、本業は俳優のようです。
出演作は、『スクリーマーズ』(1996)など。
マリク役に、『ターミネーター2』(1991)のエドワード・ファーロング
ジェン役に、『キャビン・フィーバー』(2002)のセリナ・ヴィンセント
エドワード・ファーロング、久々に観たなぁ
やっぱり老けたね。

(レンタルDVDにて鑑賞)



<ここからネタバレしてます>

面白い設定ですよね~
洞窟に入ったまま戻らなかった父親。
それから18年後、自分たちがその洞窟へ入る事に…
さて、そこで父親たちに一体何があったのか!

マリクは、友人たちと洞窟に入るんですが、想像通りウェスとバービーは犠牲になってしまいますー
しかもバービーの死に方が結構グロテスクでしょう?
いきなり胴チョンパはね~

ああ~~、しかし、何かの儀式か判らないけど、ニワトリを殺すシーンは苦手…
たとえ演技だとしても、苦手です。
何回も登場するんだものー
しかも忘れた頃にやってくるのよ、このシーンが。
止めれ…

洞窟からは出られないし、友達は死ぬし、みんなパニックになってるのは、よ~く判りますよ。
しかしもっと落ちつこうぜ、みんな!
全体的に怒鳴ってる感じでイマイチ声が聞き取れないよぉ。

特に、マリク役のエドワード・ファーロングくん。
声がガラガラ…
もしかして大声出してばかりいるから声がかすれてるんじゃなくて、酒のせいでノドが潰れたって?
彼って、アルコール依存症か何かで、一時期映画に出てなかったですもんね。

もっと驚いたのは、顔は『ターミネーター2』の時の面影がバッチリ残ってますが、全身像が映ってビックリ!
背、ちっちゃっ!
小太りでチビ?
しかも、微妙にジェンの足手まといになってないかい?

彼の今後に期待します。

いや~、一番気になってしまったのは、ジェンの胸の大きさですね。
マリクをふっ飛ばしそうな勢いでしたよ。
しかもあんなに短いTシャツ着て。
風邪引きますぜ…
[PR]
by by569 | 2008-02-12 19:45 | ア行