小六のB級A画館 by569.exblog.jp

ジュリアス・シーズー・小六です。ほぼネタばれ有り、ややB級寄りだから、ご注意を。ここでは気に入っている映画&海外ドラマを紹介してます。画像・イラストの無断持ち出しは禁止でございまする。


by by569
プロフィールを見る

"アイデンティティー" 「IDENTITY」

■”アイデンティティー” 「IDENTITY」 2003年・米
アイデンティティー

■監督 シェームズ・マンゴールド
■脚本 マイケル・クーニー

■キャスト
ジョン・キューザック (エド→元刑事)
レイ・リオッタ (ロード→刑事)
アマンダ・ピート (パリス→娼婦)
ジョン・ホークス (ラリー→モーテル管理人)
アルフレッド・モリーナ (マリック医師)
クレア・デュバル (ジニー→若いカップルの彼女)
ジョン・C・マッギンレー (ジョージ・ヨーク→ファミリー・父親)
レイラ・ケンズル (アリス・ヨーク→ファミリー・母親)
ブレット・ローア (ティミー・ヨーク→ファミリー・息子)
ウィリアム・リー・スコット (ルー→若いカップルの彼氏)
ジェイク・ビューシイ (ロバート→囚人)
レベッカ・デモーネイ (キャロライン→女優)
プルイット・テイラー・ヴィンス (マルコム・リバース)


<あらすじ>
激しい嵐の夜。
とあるモーテルで足止めとなった見ず知らずの男女11名が、次々と不可解な死を遂げる。
彼らは、ふとしたキッカケで、自分たちの共通点に気づく。



おおぉ~、良かったです。
エンディングが近づくほど、あまりの面白さに、興奮して手が震えたました。

まず、映画の最中は、まったり~する時間はありませんよ。
序盤から、テンポ良し!展開早し!
時間がさかのぼったり、また戻ったり、頭がゴチャゴチャになりそう~
絶対にトイレ休憩なんてしてはいけませんよ。
一気に観るのがポイントです!

レビューなどを見ると、意外と評判が良くないんですね。
こんなに面白いのに!
何で?

「映画」に対しては、あまり期待し過ぎず、前評判に左右されず、無知のままに、頭を真っ白にして、与えられた上映時間を堪能したいと思ってます。
すると、思った以上に素晴らしい作品に出会えるものですよ。
まあ、オチを想像するのも楽しいですけどね。

自分としては、どんな映画もそれなりには面白いと感じてます。
本当に心から「面白くなかった」と感じた作品は、ホンの数本だけです。(あるのかよ!)

(WOWOWにて鑑賞)



<ネタばれに突入です>

主役のジョン・キューザックを初めて観たのは『シュア・シング』(1985)。
バリバリの青春映画でした。
この手の映画は、あまり好みじゃないので絶対観ないのですが、どうして観たのか??
何かの同時上映だったのかもしれません。

甘い顔立ち、少年のような、大人のような、微妙な感じが魅力の彼でしたね~
・・・って、今も、少年のような、オッサンのような、変な顔じゃん!!
と言う事で、あまり好きな俳優さんではありませんでしたが、この作品で、彼が、モーテルから現実に戻った時の驚き、戸惑いの表情が巧いな~と感じました。
やはり長年ハリウッドで活躍する俳優さんだけありますね。(今頃、褒めてます)

この映画に、レベッカ・デモーネイが出演していたのですよ!
知ってました?
全く!!気づきませんでした。
映画を観終わった後、キャストを見て、初めて、レベッカ・デモーネイが出てたって知ったんです。
一体どれが彼女だったんだ??
あの役デモネ~、この役デモネ~。。
って遊んでる場合じゃなく、本当にどの役?ってくらい影が薄いんです。
ちょっとショックでした。
なんと言っても、一番最初に殺されてしまう女優さんですから。
その後は全く登場しませんし。
レベッカ・デモーネイの顔も知ってるつもりでしたが、どうして判らなかったのか。
もう一度よ~~く観て確認してみたいです。

この作品、じっくり見てみると、いろいろとヒントが散りばめられています。
残念ながら、観ている時は「なんで?」くらいにしか気づかない馬鹿な自分です。

例えば。。
囚人のロバートが逃げて逃げて逃げまくり、ライトアップされたちょっとした繁華街(って言って良いものか?)に辿り着き、ダイナーに逃げ込みますが、そのダイナーが、どうして今までいたモーテルのダイナーなのだ?
ロバート、結構走ったよね~
何で?

あと、ロード刑事が、ジャケットを羽織るシーン。
ジャケットの下に着てるシャツの背中に、どうして穴開いてんの?
破けてるの気づかずに着てるのかい?

なんて、真面目に考えてしまった。。

徐々に理由が判って来ますので、途中でたくさんの疑問を抱いて下さった方が、より一層楽しめるかもしれません。

最後の最後に犯人の姿が明らかに。

出たなーーー!!
お前が犯人か!
しかし、何だってまぁー。
主役は、永遠の少年の顔をしたオッサンだったけど、犯人は、既にやや中年入ってる子供…
そのきっちり7:3は、最初からヤバイと思ってましたよ。
[PR]
by by569 | 2006-02-27 21:02 | ア行