小六のB級A画館 by569.exblog.jp

ジュリアス・シーズー・小六です。ほぼネタばれ有り、ややB級寄りだから、ご注意を。ここでは気に入っている映画&海外ドラマを紹介してます。画像・イラストの無断持ち出しは禁止でございまする。


by by569
プロフィールを見る

カテゴリ:CSI:3( 22 )

f0039573_2145451.jpg
■CSI:3 科学捜査班
#69(シーズン3-23) 封印された過去 「Inside the Box」

■監督 ダニー・キャノン
■製作 ウィリアム・ピーターセン他
■製作総指揮 ジェリー・ブラッカイマー他

■キャスト(レギュラー)
ウィリアム・ピーターセン (ギル・グリッソム→昆虫学)
マージ・ヘルゲンバーガー (キャサリン・ウィロウズ→血痕分析)
ゲイリー・ドゥーダン (ウォリック・ブラウン→オーディオ・ビジュアル分析)
ジョージ・イーズ (ニック・ストークス→毛髪・繊維分析)
ジョージャ・フォックス (サラ・サイドル→要素・元素分析)
ポール・ギルフォイル (ジム・ブラス)
ロバート・デヴィッド・ホール (アル・ロビンス)
エリック・ズマンダ (グレッグ・サンダース)

■キャスト(ゲスト)
スコット・ウィルソン (サム・ブローン→ランパートホテルオーナー)
マイケル・シェイマス・ワイルズ (ロバート・ルビオ→ランパートホテル警備主任)
デヴィッド・セルバーグ (ベニー・マードック→サムの古い友人)
エミリオ・リヴェラ (銀行強盗犯)
ローレンス・マクニールⅢ (銀行強盗犯)
クリスティ・リン・スミス (ジミーの母→銀行客)
ジミー・ピンチャク (ジミー→銀行客)
スコット・デフォー (SWATリーダー)
デヴィッド・バーマン (デヴィッド・フィリップス→CSIスタッフ)
ロミー・ローズモント (ジャッキー→CSIスタッフ)
ジェラルド・マックローチ (ボビー→CSIスタッフ)
ジェフリー・D・サムズ (ロックウッド刑事)


<あらすじ>

ファーストモニュメント銀行に数人の強盗犯が押し入り、729番の貸金庫を強奪。
たまたま銀行に居合わせたロックウッド刑事は、客をかばって射殺されてしまう。

犯人たちが逃走用に使用した車が近くで発見される。
車内の運転席に死体が…
死体の身元はラリー・ホワイティング。
カジノのランパートホテルのボーイだった。
用済みになった運転手が殺害されたのだろうか?

ランパートホテルのオーナーは、キャサリンの母親の元彼氏であり、キャサリンも小さな頃から知っているサム・ブローン氏。

貸金庫729番の借り手はベニー・マードック。
ベニーはサム・ブローンの古い友人であり、彼は半月前に脳動脈瘤で死亡している。


グリッソムが、貸金庫内で見つけた起爆装置から指紋の採取に成功。
指紋から、強盗犯の1人はロバート・ルビオと判明。
ロバート・ルビオもまた、ランパートホテルで警備主任として勤務する人物であった。

ロバートの自宅へ向かうと、不在。
自宅から、銀行強盗に使用したと思われるコートと盗んだ貸金庫が発見される。
貸金庫の中はもちろん空であったが、中から小さな青い布切れと、数滴の血痕を見つける。

後にその小さな青い布は、ある未解決事件…2年前に殺害されたランパートホテルのカクテルウェイトレス、ビリアンのスカーフの一部と判明。

貸金庫には、スカーフとそのスカーフに包まれたビリアン殺害の凶器であるハサミがあったと思われた。
何故それほどまでに凶器のハサミを貸金庫から取り出したかったのか…


事件の全てを知るのは、サム・ブローン。
キャサリンはサムに話しを聞きに向かう。

サムは、「私とビリアンが浮気をした。怒ったベニーが彼女をハサミで刺した」と告げる。
死んだベニーの為に、ルビオに後始末を頼んだと言うのか?

キャサリンは自分の推理をサムに伝える。
「殺したのはあなたよ。貸金庫から検出した血液は2種類。1つはビリアンのもの。あともう1つは不明。」

今までずっと疑問に思っていたサムとキャサリンの関係。
キャサリンはオフレコでグレッグにある依頼をしていた。
それは、貸金庫から見つかった身元不明の血痕と、キャサリン自身の血液を鑑定する事。

結果は、7つの対立遺伝子が一致。
これで、キャサリンとサムが血縁関係にあるとハッキリする。

サムが自分の父親だと判明した上、ハサミについていた不明の血痕はサムのものだと確定。
科学の証拠が、全て、犯人はサムだと導いている…
しかしサムは、「君のお母さんに誓う。殺したのは私じゃない」と。


事件は解決へとは向かわずに終了…


**********

今回でシーズン3が終了です。
寂しいです。
よ~し、早速シーズン4にとりかからないと!

キャサリンとサム・ブローンの関係がここでハッキリした訳ですね。
この2人が親子かぁ
キャサリンは大富豪の娘だったと言う事だ。

しかし、事件の犯人は、一体…
果てしなくクロに近いサムでしたが、逮捕までは行きませんでした。
サムの犯行なのかどうか、ロバート・ルビオは告白する様子もないようですし、このままロバートが独りで計画した事として済んでしまうのでしょうか。



<ちょいと新発見&簡単メモ>

1.グリッソムは、耳がほとんど聞こえず、今回の事件でも相当苦戦
ロビンス先生に耳を診てもらい、「かなり進行している。このままでは完全に耳が聞こえなくなるぞ。一刻も早く手術を…」とアドバイスを受けています
そしてグリッソム、一大決心、ついに手術をする事になりました!
頑張れ、主任!
2.キャサリンの父親はサム・ブローンと判明
キャサリンの母親は、今でもサムからの連絡を待っているらしい
3.グレッグ、無事退院して仕事復帰していますが、爆発の後遺症でしょうか?
手の震えがあり、ちょっと心配です…
4.CSIのみなさん、割り箸使って食事してましたね♪
みんな、箸の使い方上手!
[PR]
by by569 | 2008-10-15 10:05 | CSI:3
f0039573_20564930.jpg
■CSI:3 科学捜査班
#68(シーズン3-22) 傷だらけのCSI 「Play with Fire」

■監督 ケネス・フィンク
■製作 ウィリアム・ピーターセン他
■製作総指揮 ジェリー・ブラッカイマー他

■キャスト(レギュラー)
ウィリアム・ピーターセン (ギル・グリッソム→昆虫学)
マージ・ヘルゲンバーガー (キャサリン・ウィロウズ→血痕分析)
ゲイリー・ドゥーダン (ウォリック・ブラウン→オーディオ・ビジュアル分析)
ジョージ・イーズ (ニック・ストークス→毛髪・繊維分析)
ジョージャ・フォックス (サラ・サイドル→要素・元素分析)
ポール・ギルフォイル (ジム・ブラス)
ロバート・デヴィッド・ホール (アル・ロビンス)
エリック・ズマンダ (グレッグ・サンダース)

■キャスト(ゲスト)
オリヴィア・ローズウッド (アリソン・カーペンター→被害者)
マックス・マーティーニ (ジェイソン・ケント→シリアルキラー)
ルイス・アントニオ・ラモス (ジェイシス・カーディナス→囚人)
レイモンド・クルツ (ミゲル・ドゥラド→ジェイシスの一味)
レベッカ・マクファーランド (ジェイソン・ケイトの弁護士)
ジョシュ・ジェイコブソン (オープニングの少年)
ダニエル・パナベイカー (オープニングの少女)
デヴィッド・バーマン (デヴィッド・フィリップス→CSIスタッフ)
アーチー・カオ (アーチー・ジョンソン→CSIスタッフ)
ロミー・ローズモント (ジャッキー→CSIスタッフ)
ウォレス・ランガム (ホッジス→CSIスタッフ)
ボブ・ガントン (ロバート・カーバッロ部長)


<あらすじ>

高校のグランド観覧室で死亡していた女性アリソン・カーペンター。
肝臓温度が36.7度=死後1時間も経っていない事から、アリソンの遺体ににビニールをかけてその場で指紋採取を行なうCSI。

現場の状況と証拠品は…
1.アリソンの足首から欠けた指紋1つ発見
2.犯人は右手だけでアリソンの首を絞め殺害
3.アリソンの体内から検出された精液から、相手はジェイソン・ケイトと判明

ジェイソン・ケイトとは、過去に女性を殺害したシリアルキラー。
アリソンは殺人鬼の追っかけであると言う事になる。
またアリソンは、ジェイソンとの会話を全て録音すると言うマニアぶり。

彼女が録音していたテープから、ジェイシス・カーディナスの名が登場する。
ジェイシストは、ジェイソンと同じ西ネバダ刑務所にいる囚人。

西ネバダ刑務所の監視カメラをチェックして判った事実は、ジェイシス・カーデョナスがジェイソン・ケイトにヤクを手渡し、ジェイソンはヤクの代金を支払うはずが、払う金がなく、自分の追っかけであるアリソンを提供したと言う事であった。


さて、アリソンの足首から見つかった欠けた指紋が、ミゲル・ドゥラドのものと一致。
ミゲル・ドゥラドは、囚人ジェイシス・カーディナスの一味である。
ジェイソン・ケイトが金を支払わずに出所。
その後の回収屋がミゲル・ドゥラドだと確信したブラスは、ミゲル逮捕に向かう。

これで完全にミゲルがアリソン殺害の犯人だと思ったのだが…

アリソンの首を右手だけで絞殺した痕…親指から小指までのサイズが22センチと判明。
しかしミゲルの手の幅は19センチしかなかった。
ジェイソン・ケイトの手の幅を調べたら22センチ。

同じ頃、CSI内で爆発事故が発生。
グレッグが爆発の近くにいて大火傷を負う。

その爆発の原因となった液体は、キャサリンが置いた証拠品のひとつ。
キャサリンには無給5日間の停職処分が下された。

爆発事故により多数の証拠品が消滅、または汚染され、証拠として使えなくなったものもあった。

アリソン殺害事件の証拠も多数消滅し、恐らくジェイソン・ケイトは釈放になってしまうだろうと、ガッカリするグリッソムとブラスだった…


*****

証拠が消滅するなんて、恐ろしい事です。
キャサリンは逆切れしてましたが、そんな逆切れしてる場合じゃないよ。
事の重大さを考えるとさ。

普通だったらクビだよなぁ~

退職願出さないとダメなほど大変な事をしでかしたような気がするー
想像しただけで、怖い…

あぁ、怖い…

グレッグは大丈夫でしょうか。
オチャラケてないグレッグなんてつまらない…

そして、サラですよ。
彼女は一体何を思ってグリッソムを誘ってるのか?
以前から、グリッソムの事を、上司としてではなく尊敬、はたまた愛?を持っているような気はしてましたが、こんなに一気に突っ走ってしまうなんてね~

今回の爆発事故で身の危険を感じ、急に心の安定が欲しくなったのでしょうか。



<ちょいと新発見&簡単メモ>

1.グリッソムは、サラに夕食に誘われ困ってます…
グリッソムとサラってどうなるの?
主任!あなたには、レディー・ヘザーがいるでしょ!
2.CSI職員は、みんな、1日16時間も勤務しているらしい
自宅に帰る時間なんてあるんだろうか?
3.キャサリンは、娘リンゼイのシッター料がかかるとぼやいてます
4.キャサリンの不注意により、CSI内の重要な証拠品が消滅
キャサリンは無給5日の停職処分となりました
5.グレッグ、爆発事故で大火傷を負い入院
[PR]
by by569 | 2008-10-10 20:30 | CSI:3
f0039573_20433292.jpg
■CSI:3 科学捜査班
#67(シーズン3-21) 黒衣のジュリエット 「Forever」

■監督 デヴィッド・グロスマン
■製作 ウィリアム・ピーターセン他
■製作総指揮 ジェリー・ブラッカイマー他

■キャスト(レギュラー)
ウィリアム・ピーターセン (ギル・グリッソム→昆虫学)
マージ・ヘルゲンバーガー (キャサリン・ウィロウズ→血痕分析)
ゲイリー・ドゥーダン (ウォリック・ブラウン→オーディオ・ビジュアル分析)
ジョージ・イーズ (ニック・ストークス→毛髪・繊維分析)
ジョージャ・フォックス (サラ・サイドル→要素・元素分析)
ポール・ギルフォイル (ジム・ブラス)
ロバート・デヴィッド・ホール (アル・ロビンス)
エリック・ズマンダ (グレッグ・サンダース)

■キャスト(ゲスト)
クリスティーナ・チャウンシー (ローリー・ハッチンス→被害者)
エレイン・ヘンドリックス (ハーパー・フィッツジェラルド→飛行機所有者)
パトリック・ファビアン (ローン・キンゼイ・コンファー→コンシェルジュ)
スーザン・ウォルターズ (メレディス→馬のオーナー)
ジョナサン・スラヴィン (ジェイソン・バンクス→スチュワード)
マイケル・マンテル (スティーヴン→獣医)
ナイジェル・ギブス (機長)
シェリル・マクウィリアムズ (キンゼイダイアモンド店主)
ジル・ノエル (ジル・フロマー)
マイケル・ローソン (トビー・ウェルストーン→フロマー家の里子)
リー・ガーリントン (フロマー夫人)
オリヴィア・フリードマン (アリッサ→ジルの友人)
リサ・ウィルホイト (ジルの友達)
カーラ・ヒューストン (ジルの友達)
アリエラ・ケッベル (ジルの友達)
キース・マケクニー (パイロット)
ドアン・リー (CSIスタッフ)
ジェフリー・D・サムズ (ロックウッド刑事)


<あらすじ>

グリッソム、キャサリン、ニックの事件は…

大富豪ハーパーの飛行機で大騒ぎをしていた乗客たち。
貨物室にいた馬の足元で、馬の調教師ローリー・ハッチンスが死亡していた。

当初は、馬に蹴られた事故と思われたが、司法解剖の結果、ローリーの体内から馬の鎮静剤が検出。
鎮静銃で自分の腕に鎮静剤を打つのは不可能と判断したグリッソムたちは、殺人事件に切り替えて捜査を開始する。

現場の状況と証拠品…
1.床に茶色の削りかすが落ちていた事→葉巻の削りかす?
2.床に縫合用のハサミが落ちていた事


貨物室の入口の手すりについていた指紋は、飛行機の所有者ハーパー、食事を運んだジェイソン、コンシェルジュのローンの3名。

床にキューバ産の葉巻の削りかすが落ちていた線から捜査を開始。
違法の葉巻を依頼して持ち運びできるのは?
コンシェルジュ…と判断したキャサリン。
しかし、コンシェルジュのローンの事情聴取を行なっても、決定的な証拠を見つける事は出来なかった。


そんな時、輸送していた馬が急死したとの連絡が入る。
死因は慢性子宮炎。
ローリー遺体発見現場の床に縫合用のハサミが落ちていた事実から、グリッソムは、もしやローリーは馬の異常に気づいて緊急手術でも行なおうとしていたのでは?
と言う事で、馬の解剖をする事に。

すると馬の子宮から、なんと麻袋に入ったダイヤの原石が発見される。
馬は運び屋にされていたのだった。

この事が原因で、ローリーと犯人が争い、ローリーが死亡したのは決定的に。
その相手は誰なのか…

キャサリンの気転で、機内に乗り合わせていた乗客を再度調べる事に。
すると、コンシェルジュのローンの旧姓が、キンゼイと判明する。
有名なキンゼイ宝石店店主の息子ではないか?

ローンが怪しいと確信したグリッソムは、別件で令状を取り、再度ローンを警察に呼び取り調べる。
服を脱いでもらうと、腹部に空気銃で撃たれた痕が。
これはローリーと争った時に出来たものであるのは確実。

ローン逮捕となりました~


*****

馬が運び屋にされたって件は、聞いていて可哀想になりました。
人間って本当に物欲の塊だな。
実際にこう言う事があるんでしょうね。
妙に、落ち込むなぁ~

*****


ウォリックとサラの事件は…

デス・バレーで正装した少年トビー・ウェルストーンの遺体が発見。
その少し先で、今度はドレスを来た少女ジル・フロマーの遺体が発見される。

2人は、お互いに麻薬性のパッチを手に貼り付けて死亡していた。
遺書などは見つからなかったが、恐らく自殺だろうと判断される。

ジルの母親に遺体確認をしてもらい、この事件は解決と思われたが…


トビーとジルの服に付着していた白い液体。
それは、赤ちゃんの唾液であった。
しかもDNA鑑定の結果、トビーとジルの赤ちゃんと判明する。

急いでジルの母親の元へ行き、家宅捜索を行なうと、部屋には生後間もない赤ちゃんの姿が。
母親を問い詰めると、2人が自殺するよう仕向け、最終的に自殺をほう助したと告白。

何故そこまでして?
赤ちゃんを手に入れたかった…と言う理由であった。


*****

この母親のふてぶてしさには参りました。
さすが役者さんですね。
本当にヤな奴なんですよ~

赤ちゃんが欲しかったんですね、彼女は。
でも本当の娘を自殺に見せかけ、新しい赤ちゃんを再度育て直すなんて、一体何を考えているんだか。
サラは、「2人を自殺に追い込んだのだから殺人罪で起訴してやる~」と頑張っていましたが…
どうなる事か。



<ちょいと新発見&簡単メモ>

1.キャサリンは、割り算が弱い
紙に書いて割り算してましたが、思った以上に解くのが遅かった…
[PR]
by by569 | 2008-10-05 20:35 | CSI:3
f0039573_1339614.jpg
■CSI:3 科学捜査班 #66(シーズン3-20)
残酷な笑い 「Last Laugh」

■監督 リチャード・J・ルイス
■製作 ウィリアム・ピーターセン他
■製作総指揮 ジェリー・ブラッカイマー他

■キャスト(レギュラー)
ウィリアム・ピーターセン (ギル・グリッソム→昆虫学)
マージ・ヘルゲンバーガー (キャサリン・ウィロウズ→血痕分析)
ゲイリー・ドゥーダン (ウォリック・ブラウン→オーディオ・ビジュアル分析)
ジョージ・イーズ (ニック・ストークス→毛髪・繊維分析)
ジョージャ・フォックス (サラ・サイドル→要素・元素分析)
ポール・ギルフォイル (ジム・ブラス)
ロバート・デヴィッド・ホール (アル・ロビンス)
エリック・ズマンダ (グレッグ・サンダース)

■キャスト(ゲスト)
ボブ・ゴールドスウェイト (マイケル・ボーランド→売れないコメディアン)
ジェフェリー・ロス (ダギー・マックス→人気コメディアン)
ブライアン・カレン (バーテンダー)
アラン・ブルーメンフェルド (コメディクラブ店長)
モリー・ウェバー (ウェイトレス)
ポーラ・フランシス (ニュースキャスター)
ギルバート・ゴットフィールド (コメディアン)
マギー・ホイーラー (コメディアン)
ラリー・トーマス (コンビニ店員)
サンドラ・パプロ (シェリー・スターク→被害者)
ジェフ・ペリー (ジョージ・スターク→シェリーの夫)
トム・ギャロップ (ジョージの弁護士)
デヴィッド・バーマン (デヴィッド・フィリップス→CSIスタッフ)
ウォレス・ランガム (ホッジス→CSIスタッフ)
レスリー・ベガ (レア→CSIスタッフ)


<あらすじ>

グリッソムとキャサリン、ウォリックの事件は…

コメディアンを多数送り出しているコメディアンクラブ。
ここで一躍人気者になったダギー・マックスがステージ上で急死する。
死因は、偏頭痛薬ナラトリプタミン。
彼は通常の12倍の量を摂取し死亡していた。

ダギーがステージで飲んでいたイノコウォーターボトルの水から検出される。

その後、コンビニで少年が突然倒れたとの通報が入り、ウォリックが現場へ。
少年はコンビニ内でイノコウォーターを飲んでいた事が判明。

無差別殺人の可能性もあるので、全部の水を回収する。

回収したボトルを調べると、キャップ裏の溝に白い結晶が付着。
また、ダギーが飲んだボトルと少年が飲んだボトル、どちらも同じロット番号であった。
このロット番号は、コメディクラブから回収した箱と一致。
と言う事は、犯罪はコメディクラブで起き、無差別殺人に見せかけた犯人が、コンビニにボトルを置いた…それをたまたま少年が飲んでしまった…
と言う事になる。

偏頭痛薬をキャップに裏に注射などで注入するには、コーヒーミルなどで薬を粉末にする必要がある。
その点から、グレッグが、ボトルのキャップに付着していた偏頭痛薬の他にカフェインが混入している事実を掴む。

カフェインに含まれるアミノ酸化合物からコーヒー豆の特定に成功。
そのコーヒー豆は、ジャコウネコの糞から作られる超高級コーヒー豆コピルアックであった。

コメディクラブで、コピルアックを飲んでいる人が怪しい!!!
と言う事で、ダギーの人気に嫉妬したマイケルが犯人と判明し、事件は無事解決!


**********

脚本がイマイチなのか、吹替えの雰囲気が悪いのか?
超人気コメディアンだと言われているダギーのギャグ。
あんまり笑えなかったけどなぁ
ダギーの噴出した水なんて、浴びたくない~~涙

*****


さて、ニックとサラは、ブラス警部から事件の再調査を依頼される。
ブラスが再調査を願い出た根拠は…

バスタブ内で水死したシェリー。
彼女の事故死にあれほど絶望していた夫のジョージが、高級ホテルにフェラーリを乗りつけ、女と楽しそうにホテルへ入って行く所をブラスは目撃してしまう。
ジョージのあまりの変わりように怪しいものを感じたブラス。

ニックとブラスは、シェリーの墓を掘りおこし、ロビンス先生に再度検死を依頼。
すると、最初の解剖時にはなかった黒い痣が背中や腕、また彼女の顔面に左手で押さえつけたような痕が…
これで完全に事故死ではなく他殺であると確信するニックとサラ。

ジョージに事情聴取を行なうが、「妻が全てだった」の一点張り。

シェリーは誰かに頭を押さえつけられ殺害された事、
シェリーの顔についた痣から、犯人は左利きである事、
これらの事実から明らかに夫ジョージが怪しいのだが…


**********

今回のジョージの事件は、完全に怪しい事は怪しいけれど、逮捕までは出来ませんでしたね~
これからも調査を続けるぞ!とブラスは頑張っていましたが、どうなる事か。
ただ、ジョージは、一旦警察の調査が入ったと言う事で、妻の保険金は没収されるそうです。
フェラーリももちろん没収ですね。

**********



<ちょいと新発見&簡単メモ>

1.コメディアンにやじを飛ばしている役で、CSIの脚本で有名なアンゾニー・E・ズイカーが出演しています。
よく判らなかった…(汗
[PR]
by by569 | 2008-07-15 13:50 | CSI:3
f0039573_19483032.jpg
■CSI:3 科学捜査班 #65(シーズン3-19)
見知らぬ観客「A Night at the Movies」

■監督 マット・アール・ビーズレイ
■製作 ウィリアム・ピーターセン他
■製作総指揮 ジェリー・ブラッカイマー他

■キャスト(レギュラー)
ウィリアム・ピーターセン (ギル・グリッソム→昆虫学)
マージ・ヘルゲンバーガー (キャサリン・ウィロウズ→血痕分析)
ゲイリー・ドゥーダン (ウォリック・ブラウン→オーディオ・ビジュアル分析)
ジョージ・イーズ (ニック・ストークス→毛髪・繊維分析)
ジョージャ・フォックス (サラ・サイドル→要素・元素分析)
ポール・ギルフォイル (ジム・ブラス)
ロバート・デヴィッド・ホール (アル・ロビンス)
エリック・ズマンダ (グレッグ・サンダース)

■キャスト(ゲスト)
スコット・ベルスキー (ガス・シュガーマン→被害者/歯科医)
ミーガン・ウォード (オードリー・ヒルデン→シュガーマンの患者)
サイア・バッテン (ケリー・グッドソン→ダンサー)
ピーター・ドブソン (アンソニー・ヘインズ→ダンスショー支配人)
トッド・ギーベンハイン (映画館店員)
ケヴィン・クリスティ (映画館の目撃者)
エルシス・メンデス (映画館清掃員)
エリック・スミス (ティミー・マッキャラム→被害者)
チャーリー・ホフハイマー (ケヴィン・マッキャラム→ティミーの兄)
ネイト・グワルトニー (JJ→ケヴィン&ティミーの仲間)
エリック・マークエット (アール→ケヴィン&ティミーの仲間)
マシュー・スコロン (ザック→ケヴィン&ティミーの仲間)
フィン・カーター (マッキャラム夫人→ケヴィン&ティミーの母)
アーチー・カオ (アーチー・ジョンソン→CSIスタッフ)
ウォレス・ランガム (デヴィッド・ホッジス→CSIスタッフ)
ロミー・ローズモント (ジャッキー→CSIスタッフ)
マイケル・ヘネシー (CSIスタッフ)
スキップ・オブライアン (オライリー刑事)


<あらすじ>

グリッソムとキャサリンの担当事件は…
映画館上映中に何者かに首の後ろを刺され死亡した男性が発見される。
被害者は、歯科医のガス・シュガーマン。

現場の状況と証拠品は、
1.ガスの首には、何かネックレス状のものを引きちぎった痕
2.死亡時刻頃、ガスの携帯電話にかかってきた非通知の番号
3.床に凶器と思われるドライバー
4.皮手袋をした赤毛の女が、上映中にロビーに出て来て公衆電話を使用する所を目撃される→皮手袋は映画館のゴミ箱から発見

ガスの携帯電話にかかってきた非通知の電話番号を割り出したアーチー。
電話の主は、オードリー・ヒルデン。
ガスとオードリーは、歯科医と患者の関係だった。

グリッソムとキャサリンが、オードリーの家へ向かい、ガスの事を聞き出す事に。
オードリーは、「その日、ガスと映画を観る約束をしていたが、行けなくなったので電話をした。彼は電話に出なかった」と証言する。

映画館の床から発見された凶器と、映画館の公衆電話から、皮手袋を通しての掌紋が検出。
これで、映画館のロビーで目撃された赤毛の女が犯人である可能性が濃厚となる。

オードリーについて調べを進めるうち、興味深い事実が判明。
「麻酔の間、ガスにイタズラされた」と、オードリーはガスの事を訴えている過去が。
訴えた相手と果たして映画に行く約束をするだろうか…
疑問に思ったグリッソムたちは、再度オードリーの家へ。

すると、自宅で首を吊って死んでいるオードリーを発見する。
床には、ネックレスが。
このネックレスが、ガスの首についていた「何か引きちぎった痕」のネックレスだとグリッソムは感じる。

オードリーの首を見ると、1度首を絞められてから吊るされた形跡がある。
また、彼女に部屋に貼ってある映画の予定表に、ホテル名と駐車場スペースのナンバーのメモ書きが…

その駐車場を借りている人物は、ホテルのダンスショーの支配人アンソニー・ヘインズ。
彼に話を聞きにホテルへ行ったグリッソムは、たまたま会ったダンサーのケリー・グッドソンが怪しいとピンと来る。

根拠は、
1.ケリーがダンスをする際に赤毛のカツラをつけている事
2.ケリーのロッカーに弁護士事務所の名刺があった事
3.オードリーの家にあったものと同じ映画の予定表があった事
など…

調べると、ケリーもヘインズの事を訴えていた過去があり、これでオードリーとケリーの共通点が見つかる。
オードリーはガスを訴え、ケリーはヘインズを訴え、2人とも同じ弁護士事務所を利用していた、2人は映画好きなど。
それで、グリッソムは、交換殺人をしたのでは?と考える。
ケリーはガスを殺害、オードリーはヘインズを殺害しようと。

ケリーは実行した証拠として、ガスのネックレスを引きちぎり持ち帰るが、オードリーはヘインズを殺す気がなかった…だからケリーはオードリーを殺した…

決定的な証拠として、ケリーがダンスショー用に使用しているオイルの成分が、オードリーの首を絞めていた延長コードや皮手袋から検出され、無事事件は解決!


**********

交換殺人なんて、そう出来るものじゃないですよ。
ケリーはガスの事を映画館で殺害。
ま~、映画館は暗いのでチャンスはありそうですが、オードリーが駐車場でヘインズを殺害するのは難しそうでしたからね~
ヘインズ、体格もでかかったし。

女性は怖いね。

目撃情報を証言してたメガネの兄ちゃんのTシャツが気になってしまって…
イレイザーヘッドのリンチ監督の顔がバーンと入った黒のTシャツ。
あれ、欲しいな…

**********


さて、ウォリック、ニック、サラの事件は…
倉庫の内で死亡していた15歳のティミー・マッキャラム。
倉庫の壁は穴だらけ、床には無数の薬きょう。
薬きょうを数えたら109発も存在した。

ティミーの体にはたくさんの痣やかさぶたが。

倉庫内にあったビール瓶から、5人のDNAが検出される。
1人はティミーのもの、あともう1人は、ティミーの血縁者、恐らく、ティミーの兄ケヴィンだと思われる。

ケヴィンに話を聞くと、「ティミーは大のドキュメンタリー番組ファンで、仲間5人でよくドキュメンタリーごっこをやっていた。あの日も、銃で遊んでいて、偶然、弾がティミーに当ってしまった」と。

はい、これで御用となりましたとさ!!


**********

偶然弾があたったって、そんな…
弟が死んだっているのに、全く兄ちゃんは~
そのままシラを切ろうとしてたのかい?

**********



<ちょいと新発見&簡単メモ>

1.事件解決したグリッソムとキャサリンは、一緒に映画を観に行ってます
グリッソムの映画の好みは、無声映画だそうです…
[PR]
by by569 | 2008-07-09 19:50 | CSI:3
f0039573_20421644.jpg
■CSI:3 科学捜査班 #64(シーズン3-18) 機械じかけの殺意「Precious Metal」

■監督 デラン・サラフィアン
■製作 ウィリアム・ピーターセン他
■製作総指揮 ジェリー・ブラッカイマー他

■キャスト(レギュラー)
ウィリアム・ピーターセン (ギル・グリッソム→昆虫学)
マージ・ヘルゲンバーガー (キャサリン・ウィロウズ→血痕分析)
ゲイリー・ドゥーダン (ウォリック・ブラウン→オーディオ・ビジュアル分析)
ジョージ・イーズ (ニック・ストークス→毛髪・繊維分析)
ジョージャ・フォックス (サラ・サイドル→要素・元素分析)
ポール・ギルフォイル (ジム・ブラス)
ロバート・デヴィッド・ホール (アル・ロビンス)
エリック・ズマンダ (グレッグ・サンダース)

■キャスト(ゲスト)
ウィリー・M・ピケット (クリスチャン・カトラー→被害者)
キャサリン・ラナサ (ジンジャー→ロボットファイトのオーナー)
マット・ウィンストン (ブライアン・ケルソ→マシンプレーヤー)
ギャレット・ディラハント (ルーク→マシンプレーヤー)
クリストファー・クロティ (ロボットファイトの用心棒)
ピッピ (オープニングのライダー)
サラ・ランカスター (被害者キースの妻)
マット・デカロ (ジョーンズ→コインコレクション経営者)
ブレイク・アダムス (ウィリー・レディントン→キースのカード使用者)
ジェフリー・リヴァス (ヴェガ刑事)


<あらすじ>

キャサリン、ニック、サラの事件は…

ドラム缶に入れられた脂漏死体が発見される。
身元は、クリスチャン・カトラー。
頭部と足に一撃を食らっているのが死因である。

化学物質用のドラム缶につけられている番号から、ジンジャーという女性が所有している倉庫が出所と判明。
現在その倉庫は、ロボット・ファイトと言うマシン対戦会場として使用されている。
キャサリンたちが倉庫に向かった時も、対戦の真っ最中!
数台のマシン同士がぶつかり壊し合い、観覧者たちは賭けに興じていた。

ジンジャーに話を聞くと、クリスチャン・カトラーは最強のプレーヤーだったと。
キャサリンは、クリスと対戦した男たちのマシンを押収。
なんと、全てのマシンから、カトラーの血液反応が出る。
それらの部品を調達しているブライアンから話を聞くため、ブライアンの作業場へ。

ブライアンの作業場の床に、ドラム缶が置いてあったと思われる痕が地面に残っていた。
それらの事実をブライアンに問い詰めると、「カトラーと一緒にマシンの調整をしていたら、マシンが突然暴走し制御できなかった。マシンが誤作動を起こしカトラーを殺してしまった」と。

証言の裏付けをする為、ニックとサラは、マシンの誤作動が事実かどうか実験をする事に。
しかし、誤作動どころか、マシンは全く動かず。

リモコンとマシンを分解してみると!

リモコンでマシンを動かす為、リモコンのトランスミッターとマシンのレシーバーの周波数は同じ番号のはず。
また、自分のマシンだけ動かせるように、各プレーヤーにはそれぞれ違う周波数を与えてプレーしているはず。
…が、カトラーを殺害したリモコンとマシンの周波数番号が違う…

と言う事は、誤作動を起こしたと思われたマシンは、ブライアンが持っていたリモコンでは動くはずがない。
ブライアン以外の人物が、マシンを別の場所から動かしていた事になる。

カトラー殺害は、ブライアンが犯人ではなかった…
犯人は、カトラーにマシンをボコボコに壊された対戦相手だった。


**********

倉庫のオーナーのジンジャー役の女優さん、とてもきれいな方でしたねー
妙に見入ってしまいました。

**********


一方、グリッソムとウォリックが担当した事件は…

ヨセミテにハイキングに行ったはずのキース・マーサの荷物が、何故か自宅に残されたまま。
もしや行方不明?って事で、心配になったマーサ夫人が警察へ。

残念ながらキースは遺体で発見される。

自宅を捜査すると、床にルミノール反応が。
キースは自宅で殺害され遺棄されたと思われる。
マーサ夫人に、自宅からなくなっているものを確認してもらうと、コインコレクションが紛失している事実を掴む。

キース・マーサの通話記録に、「ジョーンズ・コイン・コレクション」の名が。
コインに詳しいグレッグがジョーンズの店に行き下調べ。
マーサ夫人が言っていた珍しいコインが、ジョーンズの店にあり、一気に事件解決!

ジョーンズの車内を調べ、中から、血痕を発見。

キースが貴重なコインを持っていると知り、コインを盗みに入ったジョーンズ。
しかし家の中でキースを鉢合わせし、殺害…


**********

単純な事件でしたねー
登場人物もマーサ夫妻とジョーンズのみかい?

メインはキャサリンの担当した事件で、こちらは付録的な感じも否めませんが、グレッグが現場へ出て活躍してたので、良しとしましょう♪

**********



<ちょいと新発見&簡単メモ>

1.ニックは、「おれの知り合いで誰とも付き合ってない男が一人居るけど、紹介しようか~」とサラに言ってます。
サラが振られたって、もうみんな知ってるんだぁ
2.グレッグは、コインに詳しい
3.グレッグは、現場に出たがっている
グレッグ「やはり現場は良いですね~」
グリッソム「その代わり給料は減るぞ」
と言ってますが、現場の方が収入が少ないものなのかい?
[PR]
by by569 | 2008-06-03 21:03 | CSI:3
f0039573_20304929.jpg
■CSI:3 科学捜査班 #63(シーズン3-17) 憎しみのパズル「Crash and Burn」

■監督 リチャード・J・ルイス
■製作 ウィリアム・ピーターセン他
■製作総指揮 ジェリー・ブラッカイマー他

■キャスト(レギュラー)
ウィリアム・ピーターセン (ギル・グリッソム→昆虫学)
マージ・ヘルゲンバーガー (キャサリン・ウィロウズ→血痕分析)
ゲイリー・ドゥーダン (ウォリック・ブラウン→オーディオ・ビジュアル分析)
ジョージ・イーズ (ニック・ストークス→毛髪・繊維分析)
ジョージャ・フォックス (サラ・サイドル→要素・元素分析)
ポール・ギルフォイル (ジム・ブラス)
ロバート・デヴィッド・ホール (アル・ロビンス)
エリック・ズマンダ (グレッグ・サンダース)

■キャスト(ゲスト)
サンドラ・リー・ギンペル (ダイアン・ランバート→被害者)
クリストファー・ゴーラム (コーリー→ダイアンの孫)
ケヴィン・リチャードソン (フレッド・ライコック→バーの支配人)
ジェームズ・ストリウス (シルモント生命保険顧客担当者)
ダリア・セイラム (エレン→ハンクの彼女)
キム・ギリンガム (バネッサ・アーツ→被害者)
ジェレミー・ロバーツ (アーツ→バネッサの夫)
ジョナサン・タッカー (ピーター・アーツ→バネッサの息子)
デヴィッド・バーマン (デヴィッド・フィリップス→CSIスタッフ)
ウォレス・ランガム (デヴィッド・ホッジス→CSIスタッフ)
クリストファー・ワイル (ハンク→救急隊員)
ジェフェリー・D・サンズ (ロックウッド刑事)


ひぃぃ===!
第16話、録画時間を間違った!
撮れてなかった~~~


なんちゅう事をしてしまっただ。
あ~あ、残念。
ですので、第15話から第17話に飛んでます。


<あらすじ>

キャサリン、サラ、ウォリックの事件は…

72歳の女性ダイアン・ランバートが、ランチで混雑していたバーに、車ごと突進する事件が発生。
車ジャガーの異常なのか、ダイアン自身にトラブルがあったのか?
サラが、ダイアンのジャガーを点検するも、車からは全く異常は見つけられなかった。

今回の事件で、バーでランチを取っていた客36名の内、12名は、シルモント生命保険会社の社員。
ダイアンとシルモント生命保険の関連を調査すると…

ダイアンは約2ヶ月前から、シルモント生命保険に電話をした回数が一気に増えている事。
また、その頃、自分の預金を解約したり、遺言状を書き換えたりする行動が見られた事。
…など不審な点が明らかになる。

キャサリンとサラは、シルモント生命保険に行き、ダイアンについて確認。
すると、ダイアンはシルモント生命保険の健康維持プログラムのメンバーであった。
彼女は、大腸癌を再発していて診断書には至急治療と記載。
にもかかわらず、シルモント生命保険の担当者は、ダイアンにこの事をすぐには告げなかった事実が発覚。
キャサリンは、「ダイアンに治療費を出す前に、彼女が亡くなれば良いと思ってたのでは?」と担当者を問い詰めるが、彼らはまさかそんな事は認めるはずもない。

これで、ダイアンはシルモント生命保険に対して恨みを持っていたと言えるが…

しかし何故、ダイアンの車はシルモント生命保険に突進したのではなく、バーに行ってしまったのか?

それは単純。
ただ、カーナビが、住所のノースとサウスを間違っただけだった。

**********

今回のバーの怪我人の中に、サラの彼氏のハンクが居ましたね~
しかも女とランチをしていたというではないですかっ!
ハンクは新しい彼女が出来たようです。
サラ、振られてしまった…
可哀想!!!!

**********

さて、グリッソムとニックの事件は…

ガス洩れ死亡事件が発生。
被害者はその家の妻バネッサ。
死因は、一酸化炭素中毒。
夫と息子ピーターは無事であった。

暖炉の煙突が詰まっていた事、また暖炉内に活性炭素の小さな粒が落ちていた事から、殺人事件だと直感するグリッソム。
3人家族の内、両親の部屋が一酸化炭素で充満となれば、おのずと怪しいのは息子のピーター。

グリッソムはピーターについて調べる事に。
どうしても解せない点は、ピーターは相当優秀で大学進学も決まっている上、もう少しで家を出て両親とは別に暮らせるはず。
それなのに何故両親を殺害しようとしたのか?

ピーターに話を聞くと、「大学に行くなと言われ、夢を潰されたから。中卒の父に命令されても聞けない」と告白。

ただ1つの誤算は、父親は3週間前から禁煙をしていた為、一酸化炭素の濃度が徐々に下がり死に至らなかったという事。
ピーターは、父親が禁煙している事実を知らなかったのだった。

**********

中卒の父親をバカにするな==!!
しかし、あの両親からピーターのような秀才が何故生まれたのか。
それが一番の疑問点だ…ふーむ…



<ちょいと新発見&簡単メモ>

1.サラは、マリファナの事を大麻と言って、「古い言い方だ」とグレッグに突っ込まれていた
2.サラ、やっと出来た彼氏だったのに、ハンクに振られてしまった…可哀想~
[PR]
by by569 | 2008-04-22 20:43 | CSI:3
f0039573_21274054.jpg
■CSI:3 科学捜査班 #61(シーズン3-15) 永遠の別れ「Lady Heather's Box」

■監督 リチャード・J・ルイス
■製作 ウィリアム・ピーターセン他
■製作総指揮 ジェリー・ブラッカイマー他

■キャスト(レギュラー)
ウィリアム・ピーターセン (ギル・グリッソム→昆虫学)
マージ・ヘルゲンバーガー (キャサリン・ウィロウズ→血痕分析)
ゲイリー・ドゥーダン (ウォリック・ブラウン→オーディオ・ビジュアル分析)
ジョージ・イーズ (ニック・ストークス→毛髪・繊維分析)
ジョージャ・フォックス (サラ・サイドル→要素・元素分析)
ポール・ギルフォイル (ジム・ブラス)
ロバート・デヴィッド・ホール (アル・ロビンス)
エリック・ズマンダ (グレッグ・サンダース)

■キャスト(ゲスト)
リック・パスカローン (クラブオーナー)
デヴィッド・フォグ (クラブDJ)
エリザベス・バークレー (バブルパーティーVIP)
メリンダ・クラーク (レディ・ヘザー)
マイケル・ライリー (スティーヴン・マコーミック→レディ・ヘザーの館の出資者)
エイミー・ピエーツ (レベッカ・マコーミック→スティーヴンの妻)
ケイタ・ドーボ (クロエ・サムズ→レディ・ヘザーの館のスタッフ)
リブ・ヒルズ (クロイ・リチャーズ→レディ・ヘザーの館のスタッフ)
ポーリー・ペレット (キャンディース/ピンクヘアーのお姉さん)
サミュエル・ボール (カイナー→キャンディースの男友達)
アリミ・バラード (音楽プロデューサー)
ベンジャミン・ベニテズ(サウンドエンジニア)
ティモシー・カーハート (エディ・ウィロウズ→キャサリンの元夫)
マディソン・マクレイノルズ (リンゼイ・ウィロウズ→キャサリンの娘)
パトリシア・ベスーン (リンゼイの学校の先生)
アーチー・カオ (アーチー・ジョンソン→CSIスタッフ)
レスリー・ベガ (CSIスタッフ)
ジェフリー・リヴァス (ヴェガ刑事)


<あらすじ>

泡プールが売りのバブルパーティーで、男性の死体が発見。
泡まみれのプール底で死亡していた被害者は、トレイ・バックマン。

検死結果で気になる点は、肩に虫刺されのような痕が。
調べると、皮下注射を打った痕と判明。
トレイ・バックマンは糖尿ではなかったので、インスリンショックによる死亡と考えられる。

同時期、アパートの一室で男性の腐乱死体が発見。
部屋にあったパスポートから、身元はクロイ・リチャーズ。
検死結果から、大腿部に針(金属片)が見つかり、針のサイズからインスリンの針と判明。

これで、トレイ・バックマンとクロイ・リチャーズ殺害は同一犯の可能性が濃くなった。

クロイ・リチャーズの部屋から押収したパソコンに、彼の仕事の予定表を発見。
内容から、彼は、「レディ・ヘザーの館」のスタッフだと判明する。


★ちなみに、レディ・ヘザーと言えば…
シーズン2の第8話「倒錯の館」ですよね~
レディ・ヘザーのあまりの美しさにぶっ飛んでしまいましたよ。
今回も相変わらずお美しい…
グリッソムも無口になっちゃってます。
レディ・ヘザーの「私の口紅が気になる?」の質問に「美しいからです」って…ちょっと主任、どうしてしまった?
今回ちょいとキャラ違いますね。


さて、レディ・ヘザーに確認すると、トレイ・バックマンもクロイと共にここのスタッフと判明。
トレイ、クロイ、どちらにも面識があり、しかも事件当日、トレイと会う約束をしていたレベッカに事情を聴きに行く事に。

今まで集めた証拠から導かれる結論は、レベッカ犯人説が濃厚。
しかしその後、レベッカの絞殺遺体が発見される。
レベッカの首から、ナイロンの糸にダチョウの羽がついた繊維を発見。
グリッソムは、咄嗟に、レディ・ヘザーの館へ行った時にすれ違ったクロエ・サムズという女性を思い出す。

急いでレディ・ヘザーの館へ行き、クロエの部屋を見せてもらうと、トレイ殺害現場の泡と同じ成分がついたヒールなどを発見。
クロエに話を聞くと、
スティーヴンの為にやった。奥さんのレベッカが浮気したトレイもクロイも、そして最終的にはレベッカも殺害したと。

**********

いや~、今回は事件なんてどうだって良いんですよ。
気になるのは、主任とレディ・ヘザーはどうなったんだっ!
実はこのエピソードを観るのは2度目。
1度目の時は、主任とレディ・ヘザーは怪しそうで居て、実は夜通し話をしてたってオチじゃないかな~と思ってたんですが、今回じっくり観て感じたのは、やっぱりこの2人は怪しい…

グリッソムは、頭が切れる秀才タイプ、お堅い雰囲気の女性が好みなのかと。
現に、復元担当のテリー・ミラーとも良い感じになってましたし。
まぁ、結局はテリーが別の男性と結婚したので、この話もなくなってしまいましたがね~

それなのに、倒錯の館の女主人とは…
主任の女性の好み、判んない~
ちょっと、しかもラスト観ました?
主任が、レディ・ヘザーの館の真ん前に車停めて、館をジッと見つめてるシーンで終了ですよ。
これ、主任じゃなかったら、完全にストーカーですよね~

この話し続けたら終わりそうもないんで、この辺で終了。

もう1つの事件は、キャサリンの元夫エディと娘リンゼイが登場。
でもグリッソムの話で疲れちゃったなぁ
(↑良いのか?こんなんで)

**********

エディがリンゼイを預かっていた時、車が横転してエディが死亡。
ただし、死因は交通事故ではなく、腹部を銃で撃たれた事による失血死であった。

その時、車を運転していたキャンディースと言う女性が犯人なのか、はたまた、キャンディースの男友達カイナーが犯人なのか。
2人とも、お互いに相手が銃でエディを殺したと主張。

事件を担当していたサラは、凶器が見つからない事には、キャンディースとカイナー、どちらが怪しいかは特定出来ず…

**********

キャサリンの心情察すれば「そんな事言わないでよ~」って感じですよね。
サラちんよ、これで事件の捜査終了なのかい?

なんとも中途半端な感じでエディ殺害事件はお終い~
キャサリン、可哀想に。



<ちょいと新発見&簡単メモ>

1.グリッソムとレディ・ヘザーの今後はどうなるのか!
注目ですね
2.イヤフォンで音楽聴いているグリッソムに対して、「耳が悪くなるぞ」とアドバイスするロビンス先生
実はグリッソムはもう耳が悪いんです
3.キャサリンの元夫エディが死亡
[PR]
by by569 | 2008-03-29 21:40 | CSI:3
f0039573_20183271.jpg
■CSI:3 科学捜査班 #60(シーズン3-14) 狙われた部屋「One Hit Wonder」

■監督 フェリックス・エンリケス・アルカラ
■製作 ウィリアム・ピーターセン他
■製作総指揮 ジェリー・ブラッカイマー他

■キャスト(レギュラー)
ウィリアム・ピーターセン (ギル・グリッソム→昆虫学)
マージ・ヘルゲンバーガー (キャサリン・ウィロウズ→血痕分析)
ゲイリー・ドゥーダン (ウォリック・ブラウン→オーディオ・ビジュアル分析)
ジョージ・イーズ (ニック・ストークス→毛髪・繊維分析)
ジョージャ・フォックス (サラ・サイドル→要素・元素分析)
ポール・ギルフォイル (ジム・ブラス)
ロバート・デヴィッド・ホール (アル・ロビンス)
エリック・ズマンダ (グレッグ・サンダース)

■キャスト(ゲスト)
チャド・モーガン (ジョアン・クロック→被害者)
イングリッド・レインズ (ドリーン・ベインブリッジ→ジョアンの隣人)
デヴォン・ガマーソール (タイラー・リード→挙動不審で事情聴取された男)
レスリー・グロスマン (ウェンディ→リードを捕まえた女)
ジョセフ・マゼロ (ジャスティン・ラモンド→盗撮容疑で逮捕)
ハリー・ランバート (スージー・スピードル→レイプ被害者)
エリザベス・ミッチェル (メリッサ・ウィンターズ→検事)
ジェフ・コバー (ロジャー・ワイルダー→過去にメリッサの家に押し入った強盗犯)
リック・ワーシー (スチュワート医師)
フランク・ノヴァク (裁判官)
ジェラルド・マックローチ (ボビー→CSIスタッフ)
ロミー・ロズモント (ジャッキー→CSIスタッフ)


<あらすじ>

若い女性が1人で住んでいる家を狙って侵入する事件が発生。
被害者はジョアン。
だが、命には別状なく、レイプもされてはいなかった…

現場の状況と証拠品は…
1.外の庭にスニーカーの跡
2.外壁に精液

庭で見つけたスニーカーのサイズは、26センチ
外壁に付着していた精液からDNAは採取できたものの、データーベースに入っていないため身元は判明出来なかった。

犯人に全く近づけないまま、次の事件が発生。
今回はレイプ事件にまで発展している。
手口が同じなので同一犯の可能性大だが、徐々に犯行がエスカレートしている。

レイプ事件の捜査中、近くで女性の叫ぶ声が聞こえる。
声のする方へ行ってみると、怪しい行動をとっていた男性を、若い女性が捕まえていた。
女性に押さえつけられていた男は、タイラー・リード。

一応話を聞くために署に連行されるリード。
不審な点は見当たらないと言う事で、取調べ後リードを帰すが、後に、リードのDNAが、今から5ヶ月前に発生した不法侵入事件のDNAと一致。

今回の事件との関連は不明だが、過去の事件の容疑者である事は確実。

とにかく犯人の行動範囲内の住宅を1軒ずつ周り、危険である事を口頭で知らせに回るキャサリンたち。
キャサリンとブラスが、ある家のインターフォーンを押すと、中から出てきたのは、なんとリード本人!
免許証の住所と違うじゃないかと詰め寄るブラスに対して、「引っ越したばかりだから」と言い訳をするリードだが…

何か変だと感じたキャサリンは、強引に家の中に…
奥の部屋に若い女性が監禁されているのを発見し、リード逮捕に成功!

**********

この手の犯罪は、どんどんエスカレートすると言う設定でしたが、実際もそうなのかもしれません。
初めは女性の部屋を覗くだけで満足していても、次に、女性に直に触れたい、家に侵入しレイプ、もしも騒がれたら殺害…と。

リードを一番最初に取り押さえた若い女性のお手柄じゃないですか?
感謝状ものですね~

キャサリンが、「何か変だ」と感じたシーンは、鳥肌モノでした。
女性のカンとでも言いましょうか。
カッコイイですね。

**********

さて、サラは、単独で過去の事件の捜査。
サラの親友であり検事のメリッサは、首の動脈に埋まっている弾の摘出手術を受ける事に。
この弾は、以前自宅に強盗が押し入った際に撃たれたもの。
メリッサの夫は、その時、犯人に撃たれ死亡。
彼女は、下半身不随の後遺症が残るほどの重体だった。

手術成功率は10%ほどと言われていたが、無事手術も成功。

サラは、メリッサを襲った強盗犯を捕まえたいと思い、彼女から摘出した弾を証拠として調べ始める。

弾は、今から半年前の強盗事件で使用された銃と一致。
この時の犯人はロジャー・ワイルダー。
彼に、メリッサ宅への強盗事件に関与しているか確認するが、「家に行った事はあるが不在だった。メリッサには頭に来ていたから室内をめちゃくちゃにしてやった。銃は、その時見つけて拾った」と犯行を否認。

それでは強盗事件の犯人は、メリッサと夫を撃って、銃を置いて行ったと言うのか?
サラは不審に思う。

事件の捜査資料を再確認すると、メリッサの夫の射出口が表皮剥奪している…
これは撃たれた時に、背中が壁に押し付けられている状態、または床に寝ている状態だった事を示している。
しかし、メリッサの証言は「強盗犯と格闘し撃たれた」と記載。

夫が死亡時着ていたシャツの血痕も、血液の流れから判断するに、彼は横になった状態で撃たれていると物語っている。

もしや、強盗犯の存在はなく、彼女と夫だけの事件では?との疑念が…

サラは、麻酔の覚めたメリッサの病室を訪れ、証拠から導かれた答えを直接ぶつける事に。
メリッサは、「夫に虐待を受けていた。夫がソファーで寝ている所を銃で撃ち、その銃で逆に自分も撃たれた。銃が見つかっては手の発射残さを調べられると思い、テーブルの陰に隠した」と。

**********

せっかく親友の為に犯人逮捕を誓ったサラだったのに、サラの行動により、メリッサが今まで隠し通した事件の真実を明らかにしてしまった訳です。
メリッサは、「事件を隠したまま手術が失敗に終わり死んでも良かった」と言う思いがあったのでしょう。
ただ、自分の死後、サラは必ず事件の真相に辿り着くだろうと、メリッサも思っていたようです。

夫の虐待に耐えられない、しかし、他人に知られたくない。
誰にも相談出来ずにいたエリート検事の悲しさですね。



<ちょいと新発見&簡単メモ>

1.キャサリンは、テレビ映りが良い…とグリッソムが言ってます
まあ、グリッソムより良い事は確かでしょう(^^)
2.サラには、兄が居る
3.裁判官役のフランク・ノヴァクは、「CSI:科学捜査班」のエピソード36(第2シーズン第13話)「第4の殺人 衝撃の結末」でも同じ裁判官役で登場しています
[PR]
by by569 | 2008-03-08 20:38 | CSI:3
f0039573_13355426.jpg
■CSI:3 科学捜査班 #59(シーズン3-13) グリッソムとの対立「Random Acts of Violence」

■監督 ダニー・キャノン
■製作 ウィリアム・ピーターセン他
■製作総指揮 ジェリー・ブラッカイマー他

■キャスト(レギュラー)
ウィリアム・ピーターセン (ギル・グリッソム→昆虫学)
マージ・ヘルゲンバーガー (キャサリン・ウィロウズ→血痕分析)
ゲイリー・ドゥーダン (ウォリック・ブラウン→オーディオ・ビジュアル分析)
ジョージ・イーズ (ニック・ストークス→毛髪・繊維分析)
ジョージャ・フォックス (サラ・サイドル→要素・元素分析)
ポール・ギルフォイル (ジム・ブラス)
ロバート・デヴィッド・ホール (アル・ロビンス)
エリック・ズマンダ (グレッグ・サンダース)

■キャスト(ゲスト)
キース・デヴィッド (マット・フェルプス→青少年センター長)
ショウン・スミス (トラヴィス→マットの息子)
ドウェイン・L・バーンズ (ジーン・ジェイコブス→万引き犯)
ダニエル・ファリス (タイレル・コンスタンティン→元センター員)
パルマー・デイヴィス (マーガレット・フィン→タイレルの弁護士)
トム・ヴァーチュ (ドクター)
ケヴィン・チャップマン (バーテンダー)
サイモン・リー (ガレット・クワン→IT企業チーフ)
モーリー・スターリング (アンダース→IT企業社員)
メリッサ・マルサーラ (セリーナ→IT企業社員)
ジム・ラッシュ (ベントン→IT企業社員)
デヴィッド・パッカー (カーリン→ビル空調担当)
デヴィッド・バーマン (デヴィッド・フィリップス→CSIスタッフ)
アーチー・カオ (アーチー・ジョンソン→CSIスタッフ)
ジェラルド・マックローチ (ボビー→CSIスタッフ)
ロミー・ロズモント (ジャッキー→CSIスタッフ)
ジェフリー・リヴァス (ヴェガ刑事)
バリー・シギスモンディ (警官)
タイ・アップショー (警官)


<あらすじ>

ウォリックの恩師であるマットの家に何者かが銃を乱射し、マットの娘エミーが死亡。
マットの悲しむ姿に、絶対に犯人を見つけてみせると誓ったウォリックだが、この事件に関して、あまりにウォリックが感情的なため、私情に流されるのでは?と、やや心配になるグリッソムだった。

現場の状況と証拠品は…
1.銃は、走る車内から撃たれている
2.犯行に使われた車はスピードを出し過ぎ、マット家の敷地角のあるポストを倒して走り去っている
3.マットの家は、今から1週間前に空き巣に入られている…また、青少年センターの車も盗まれている

時を同じくして、ある男がバーで銃を振り回しているとの通報が入り、急行するグリッソムとウォリック。
ウォリックはその男に見覚えが…
ジーン・ジェイコブス。
昔、同じ学校に通っていた同級生で、ジーンはその後、退学…

ジーンに話を聞くと、「銃は拾ったが、撃ってない」との事だが、ウォリックは、絶対に犯人はジーンだと確信する。
ジーンの使用している車を調べると、イスの下から、マットの家から無くなった物が次々見つかり、マットの家に入った空き巣は、ジーンの仕業と確定。
グリッソムは「空き巣の犯人はジーンだが、殺人犯がジーンとは限らない」と言っても、ウォリックは聞こうとしない。

また、ウォリックと同様に、犯人はジーンだと思い込んだマットは、ジーンに重傷を負わせ逮捕される。

青少年センターの盗難に遭った車が路上で発見。
ウォリックが車内を調べると、薬きょうが…この事実から、マットの家の襲撃に使用された車が、青少年センターの車だったといえる。

ジーンが拾ったと言っていた銃から、1発の未使用の弾が。
弾から、装てんした時についたと思われる親指の指紋が検出される。
指紋の身元は、タイレル・コンスタンティン、以前センターに居た15歳の少年だった。
マットにタイレルについて聞くと「マリファナを吸ったからセンターから除名した」と。

タイレルは、「センターから車を盗んだ。みんなの前で説教されて恥をかかされたから、マットの家に向かって適当に撃った」と証言。

**********

結局、犯人は、ジーンではなかった訳です。
ウォリックの勝手な思い込みで、犯人像に近づくのが遅かったような気がしますねー。
やはり私情が挟まると、本質が見えなくなってしまいます。
ウォリックの冷静さを欠いた行動には、ちょっとガッカリな感じもする~~
そして、さすが主任!
主任のロボットのような冷静さは尊敬です。

**********

さて、ニックは、IT企業内で起きた殺人事件の捜査。
事件当時、社内に居たのは、被害者のクワンの他に夜勤社員の3人のみ。
おのずと、犯人はこの3人の中に居る…という答えが導かれるが…

現場の状況と証拠品は…
1.犯行現場は、サーバールーム
2.鈍器による頭部損傷
3.頭部の傷の中に、黒いプラスチックの破片

クワンの私物の中に、たくさんのDVDが…
DVDに入っていた内容から、社員がパソコンで何をしているのかを常時監視するソフトを入れていた事が判明。
すると、犯行時間、なんと!3人とも仕事をしていた事になり、3人とも犯人ではない…
それでは誰が犯人なのか?

ニックは、犯行現場のサーバールームに入り、再捜査。
容疑者はゼロ、窓もない、凶器もない部屋。
あるのは?

空調ダクト…

空調ダクトの中は黒いプラスチック製のビニール。
これは、ビルの空調を管理しているカーリンに話を聞かなければ!

と、カーリンの持っていた金槌に血痕が。
これで犯人確定~

カーリンは、「空調点検中、どうしてか金槌が落ちてしまい、たまたま真下に居たクワンの頭に直撃」
事故だった…と告白し事件解決。

**********

IT企業の社員3人、全員が怪しげだったけれど、結局、全く関係ない空調点検の人が犯人。
その人が、すぐに救急車を呼んでいれば事故で済んだと思うけれど、黙っていたから、犯罪ですよね。



<ちょいと新発見&簡単メモ>

1.キャサリンとサラは、全く登場なし(寂しい~)
2.ウォリックは子供の頃、青少年センターにお世話になっていた
3.アーチーから見たら、グレッグは主任らしい
4.CSIのアーチーは、ゲームフリーク
[PR]
by by569 | 2008-02-27 14:08 | CSI:3