「ほっ」と。キャンペーン

小六のB級A画館 by569.exblog.jp

ジュリアス・シーズー・小六です。ほぼネタばれ有り、ややB級寄りだから、ご注意を。ここでは気に入っている映画&海外ドラマを紹介してます。画像・イラストの無断持ち出しは禁止でございまする。


by by569
プロフィールを見る

カテゴリ:HEROES/ヒーローズ( 13 )

f0039573_20593179.jpg
■HEROES/ヒーローズ
#13 新たなる力 「Chapter Thirteen 'The Fix'」

■キャスト
ノア・グレイ=ケイビー (マイカ・サンダース→ニキの息子)
グレッグ・グランバーグ (マット・パークマン→警官)
アリ・ラーター (ニキ・サンダース/ジェシカ・サンダース→マイカの母)
マシ・オカ (ヒロ・ナカムラ→サラリーマン)
ヘイデン・パネッティーア (クレア・ベネット→高校生チアリーダー)
エイドリアン・パスダー (ネイサン・ペトレリ→議員候補)
センディル・ラママーシー (モヒンダー・スレシュ→インドの遺伝子学教授)
レナード・ロバーツ (DL・ホーキンス→マイカの父)
マイロ・ヴィンティミリア (ピーター・ペトレリ→介護士/ネイサンの弟)

ジャック・コールマン (ノア・ベネット→クレアの養父)
ジェサリン・ギルシグ (メレディス・ゴードン→クレアの母)
ジェームズ・カイソン・リー (アンドウ・マサハシ→ヒロの同僚)
ザッカリー・クイント (サイラー→殺人鬼)
アシュレイ・クロウ (サンドラ・ベネット→クレアの養母)
トーマス・デッカー (ザック→クレアの友人)
エリザベス・ラッキー (ジャニス・パークマン→マットの妻)
ポーラ・ニューサム (ウィザーソン精神科医)
ジミー・ジャン=ルイ (ハイチ人→ノアと共に行動する黒人)
ブラッド・グリーンクイスト (ナカムラの部下)
コルビー・フレンチ (ハンク→ノアの部下)
アレックス・フェルナンデス (Police Captain バルドウィン→マットの査問会担当)
ジェシー・コーティ (LAPD Police Captain Knox→マットの査問会担当)
ジョージ・タケイ (ヒロの父)
クリストファー・エクルストン (クロード・レインズ→透明人間)
ドミニク・テスタ (Attendant)


<ストーリー>

~NY~
突然ピーターに話しかけられ動揺を隠せないクロード。
「何故オレが見える!お前もなのか?オレに近づくな」

近づくなと言われても、ピーターは諦めない。
クロードの後を追うと、彼は、シモーヌの父親で先日亡くなったチャールズ・デヴォーが住んでいたビルの屋上に居た。
(このビルは、チャールズのビルらしい…)

そして再度クロードに「助けて欲しい、能力をコントロールする方法を教えて~」と訴えるが…

返事は、ダメ===!


~ロス~
マットは、妻ジャニスに、人の心が読めると告白する。
彼女に信じてもらおうと必死。

サイラー事件についての報告書を基に査問会が開かれる。
「ノアが殺人鬼を匿ってるって?」
お偉いさん方たちの痛い視線を浴び、つい「ヒーローになりたくてウソついてました」な~んて事を言ってしまったマット。
結果、半年の停職処分を受ける。

ガックシ…

肩を落とすマットに向かって、ジャニスの嬉しい告白。
「赤ちゃんが出来たのよ!」
ヤッタ===♪


~テキサス州オデッサ プリマテック製紙~
実験に次ぐ実験でサイラーは半分死んだ状態になっているが、ノアは「殺してはダメだ」と研究員に告げる。


~テキサス州オデッサ ベネット家~
クレアとザックは、父ノアの秘密を探ろうとしていた。
そこへノアが帰宅。
ザックが遊びに来ている事に、ちょっとビックリするノア。
(ザックの記憶を真っ白にしたから、クレアとはもう仲良しじゃないはずなのに~)

ノアに会社から電話が入る。
「サイラーが死にました」
急いで会社へ向かうノアだった。


プリマテック製紙の研究室には、シーツが掛けられている遺体があった。
もちろんサイラーの遺体だと確信しシーツをめくると!
何故か遺体は研究員だった。

ノアの背後に迫るサイラー。(オレはここだよ~ん)
「クレアは元気かい?」

サイラーの次なるターゲットは、クレアなのか?


~NY~
ヒロとアンドウは、駐車時間をたった2分間過ぎただけで罰金を払わされるハメに。
「よ~し、時間を戻してみせる」と頑張るヒロだが、全く効果なし。
ヒロの能力はどうなってしまったのか?

その時、駐車場の車の所に、怪しげな男の姿が…

急いで隠れるが、結局2人とも謎の男たちに捕まってしまう。

「ボクたちを一体どこへ連れて行くんだ?」
「私たちのトップはあなたの計画を知っています」
日本語で話し始める男にビックリのヒロ。

トップって誰さ…って思ったら、なんと、ヒロの父さんだった!


~留置場~
ニキにウィザーソン精神科医が面会にやって来る。
「諦めないで病気を治しましょう」
「あなたには治せないわよ」


~NYブルックリン~
モヒンダーを訪ねるネイサン。
「ピーターを探している」のネイサンに対して、モヒンダーも「オレもピーターを探しているんだ」と。

そして父チャンドラの研究をネイサンに説明する。
「36名の特殊能力者のリストを作った。この中にピーターもあなたもいる」

ネイサンの「治せるのか?」の問いに、
「ピーターは最重要人物です。彼を研究すれば全員治せるかも…」

ネイサンはモヒンダーと共にピーターを探しに出掛ける。

とりあえずピーターのアパートに行ってみたら、ピーターが居た!
(居たじゃん。すごいラッキー!)

ピーター、ネイサン、モヒンダーの3人で、あ~だこ~だと言い争うも何の解決も見い出せず、突然逃げ出すピーター。
すぐにその後を追うネイサン。
しかし、あっという間にピーターの姿は見えなくなってしまった。

(クロードがピーターのアパートにやって来ていたお陰で、ピーターは逃げ切れたようだよ)

クロードもやっと考え直して、ピーターに「能力のコントロール方法」を教える決心をしていた。
(ここからオレたち、仲良しよ、ピタ&クロ♪)


~留置場~
壁を通り抜けてニキに会いに来るDL。
「マイカを育てるのは、オレ1人じゃ難しい…」とニキに悩みを告白。
(そんな事言われても、ニキも困っちゃうぜ)

悩みを打ち明けるだけ打ち明け、DLは帰って行った。

ニキは、やはりマイカには自分が大切だと考え直し、ウィザーソン精神科医を呼び、「私の中のジェシカを追い出して、そして、留置場から出たい」と告げる。


一方、マイカは、自分の能力を生かして、ATMからバンバンお金を引き出す。
(いいなぁ、この能力…)


ニキに話を聞いてもらいスッキリしたDLは、「マイカ、2人で力を合わせて行こう」と力説!
「じゃ、これ使ってよ」とDLの目の前に大金を差し出すマイカくん。
「お前、このお金どうしたんだ?」
「ボクにも、パパやママと同じ秘密があるんだぁ♪」
(よ~し、よくやった!)←DL、心の声


~テキサス州オデッサ~
クレアは、今から14年前に起きた爆発事故で死亡した実母メレディス・ゴードンについて調べを進めていた。
電話帳を見てみると、ゴードン姓は12人。
せめてメレディスについて知る親戚でも見つけられれば…と、全員に電話を掛ける。

「14年前に死んだメレディスを探してます…」

電話に出た女性は、メレディスを知っている口ぶりだった。
「確か、彼女には18ヶ月の娘が居たけど、その時の事故で娘は死んだ」と…
(実は電話に出たその女性こそが、メレディス本人だった)

「死んでいません。私が、その時助かった「娘」です」
「私があなたのママよ」

(やっとクレアの実母登場!!メレディスさん、手から、火ぃ~出してたよ…)

(第14話へつづく…)


**********

やっとクレアの実母が登場しましたねー

本当にクレアの母っぽい~
キレイ、若い!
いや、養母のサンドラが老け過ぎ?

このドラマを観ていて、「この能力は遺伝する」という法則があるのか?と感じていたので、クレアの母親も何かしらの能力がありそうだ…と思っていたら、火を出せるのかぁ

以前、クレアが「本当の両親に会いたい」とノアに願い出た時に登場した両親は、完全に嘘っぽかったしね。
どうみても一般ピーポーだったよ。


サイラー、ついにプリマテック製紙を抜け出し、さ~、何処へ…

あぁぁ、ちょっと言ってもいいですか?
サイラー役、もうちょっとかっこよければなぁ

なんちゅ~か、製作側としては、ピーターをかっこ良さげなイメージに持って行ってる感がしませんか?
それは、それで良いとして…

サイラーがすっごく二枚目タイプだったら、これ、もっとヒットしたよ。

「ピーターを応援しなきゃイケナイけど、サイラーがカッコイイ!きゃぁ♪どうしよう~」みたいな…
[PR]
by by569 | 2008-09-28 20:56 | HEROES/ヒーローズ
f0039573_20581912.jpg
■HEROES/ヒーローズ
#12 神の贈り物 「Chapter Twelve 'Godsend'」

■キャスト
サンティアゴ・カブレラ (アイザック・メンデス→画家)
ノア・グレイ=ケイビー (マイカ・サンダース→ニキの息子)
グレッグ・グランバーグ (マット・パークマン→警官)
アリ・ラーター (ニキ・サンダース/ジェシカ・サンダース→マイカの母)
マシ・オカ (ヒロ・ナカムラ→サラリーマン)
ヘイデン・パネッティーア (クレア・ベネット→高校生チアリーダー)
エイドリアン・パスダー (ネイサン・ペトレリ→議員候補)
センディル・ラママーシー (モヒンダー・スレシュ→インドの遺伝子学教授)
レナード・ロバーツ (DL・ホーキンス→マイカの父)
マイロ・ヴィンティミリア (ピーター・ペトレリ→介護士/ネイサンの弟)

ジャック・コールマン (ノア・ベネット→クレアの父)
タウニー・サイプレス (シモーヌ・デヴォー→アイザックの彼女)
クレア・デュバル (オードリー・ハンソンFBI捜査官)
ジェームズ・カイソン・リー (アンドウ・マサハシ→ヒロの同僚)
ザッカリー・クイント (サイラー→殺人鬼)
クリスティン・ローズ (アンジェラ・ペトレリ→ネイサン&ピーターの母)
トーマス・デッカー (ザック→クレアの友人)
エリザベス・ラッキー (ジャニス・パークマン→マットの妻)
マシュー・ジョン・アームストロング (テッド・スプレーグ→核爆発男)
ジミー・ジャン=ルイ (ハイチ人→ノアと共に行動する黒人)
ケヴィン・チャンバーリン (アーロン・マルスキー)
ボビー・ホシー (刑事)
ジョン・ロス・ボウイ (弁護士)
コルビー・フレンチ (ハンク→ノアの部下)
ステイシー・ハイダック (エリザ・セイヤーFBI捜査官)
クリストファー・エクルストン (クロード・レインズ→透明人間)
リンク・ベイカー (鼻を骨折したガード)
アンジェラ・チー (ニュースレポーター)
ベン・マーレー (ルーファス→プリマテック製紙ガード)
D・エリオット・ウッズ (SWAT)
ベンジャミン・J・ケインJr. (博物館ガード)
スティーヴ・シュライヴァー (ガード)


<ストーリー>

2週間後…

~NY~
ネイサンと共に警察署を出て、突然気を失ったピーターは、依然、昏睡状態が続いている。

ピーターの見舞いに来たシモーヌは、ネイサンに「何故ピーターにあの絵を見えたんだ?」と責められ、「私はピーターを信じている」と強気。(ホントか?)
ネイサンとシモーヌは、アイザックのアパートへ向かう。


~ユタ州留置場~
ニキに向かってビクビクしながら怒鳴っている警官たち。
(恐らくこの2週間に、この人たち、ジェシカにイヤってほど吹っ飛ばされたんですね、きっと)
留置場でのニキの立場、危うし…

面会に来た弁護士から衝撃的な言葉を聞く。
「検察側は死刑を求刑するらしい」と…
最初は驚きを隠せずオドオドするニキだったが、いつしかジェシカが出て来て、またニキに戻り…を繰り返し、弁護士は気味悪がって早々に退室。


~テキサス州オデッサ~
ユニオンウェルズ高校で起きたジャッキー殺害事件のニュースを観ているクレアと父ノア。
「私、事件の事は覚えてないの…」とクレアはノアに告げるが、内心ドキドキ。
(ハイチ人がクレアの記憶を消さなかったのには、どんな意図が?)

クレアはハイチ人を呼び出し「ピーターと話をしたい」とお願いする。
「それはダメです」とあっさり反対。
「両親だと言って会いに来た人たちも嘘なんでしょう?」
「あれはお父さんの部下です」

「私たちの能力はギフトだ…」
ハイチ人はクレアに告げ、急いで去って行く。

孤独感に襲われるクレアは、ついに行動開始。
ザックを呼び出し、ビデオ撮影するよう頼む。

クレアは、ザックの目の前で飛び降りる。
慌てて駆け寄るザック。

あっという間に傷が治るクレアの姿を、驚きつつも録画するザックだった。


~プリマテック製紙~
サイラーは実験に次ぐ実験で、神経系統がイカレてしまっている。
「サイラーをどうしますか?」との研究者の問いに、「生かしておけ」と指示するノア。

サイラーの居所を探っていたマットとオードリーFBI捜査官は、ついにプリマテック製紙に捜査に入る。
しかし、残念ながらサイラーを発見出来なかった。
「絶対ここにサイラーが居るはず」との信念から、マットはノアの心を読もうとするが、ハイチ人がシールドをかけているため全く声が聞こえてこない。

サイラーの証拠が出てこず、エリザ・セイヤーFBI捜査官は怒り心頭。
オードリーを事件担当から外す。
担当を外されたオードリーの怒りの矛先はマットへ。
マットは信頼度ゼロとなる。


~NY~
ニューヨーク自然史博物館に来たヒロとアンドウ。
「あの剣があれば、ボクの力は回復するはず」

ついに展示してあるケンセイ・タケゾウの剣を見つける。
(剣にあるマークは、ジェシカの肩にある刺青と同じだね)
剣を見ていたヒロとアンドウは、マークが、「才」「与」の文字から成り立っている事に気づく。

「よし、この剣を盗むぞ、時間よ、止まれ!」
いまいちパワーが発揮できず、周囲はストップせず、微妙なスローモーション状態。
警報機が鳴り響く中、ヒロは剣を持ち出す。

博物館の外へ出て、ワクワクと刀を抜いてみると…そこには「複製品、リンダーマングループ」の文字が。
ヒロとアンドウ、ガックシ…


~ラスベガス~
ニキが逮捕された事により、マイカは学校でイジメを受けていた。

そこへ、リンダーマンの弁護士アーロン・マルスキーがやって来る。
「ニキの証言通り死体が発見されたから、DLの罪は追求しない事にした」
仕方なくDLは200万ドルをアーロンに渡す。
「金は返したからリンダーマンともお別れだ」
「いや、そうは行かない…」ニヤつくアーロン。
(早くリンダーマンと手を切りたいね~)


~NYブルックリン~
モヒンダーを訪ねるFBI捜査官。
(本当にFBIなのかは不明。だって、FBIならマットが来ればいいし…あ、マットはクビか?)

「君が持っていたリストの人が次々殺害されている。もしもあの時期、インドへ帰っていなかったら、君が容疑者だ」などと言い出す。

3日前にラムジー湖で見つかった女性サラ・エリスの写真を見せられ、驚くモヒンダー。
その女性は、イーデンだった。
(イーデンが死んだ?モヒンダー、ショック!!!)

後日、モヒンダーのアパートにやって来たノアは協力を願い出るが、「父さんの研究が必要なだけだろ?」と、モヒンダーはきっぱり断る。


~NYアイザックのアパート~
アパートにアイザックは居た。
しかも絵も戻っている。
(イーデンにこっそり渡されたIDによってプリマテック製紙から抜け出てきたって印象だったけど、普通に生活しているし…大丈夫だったのかね?)

アイザック、シモーヌ、ネイサンが顔を合わす。
「ピーターは自分が爆発を起こすと言ったんだ」とネイサンは告白。

そこへ、ヒロとアンドウがやって来る。
「Mr.アイザック!剣はなかったよ、リンダーマングループの複製品だった!」と叫ぶヒロ。
「何?リンダーマン!?」
リンダーマンという名前に反応して顔を出すネイサン。
ネイサンの顔を見て、「あ!フライングマン~!」とヒロは大喜び♪
(ヒロって、なんて可愛いんだろう~)


~ネバダ砂漠 某所~
テッドは独り山小屋にこもり、自分の能力をコントロールしようと訓練を重ねていた。


~ロサンゼルス~
マットは、FBIの捜査から外され、自宅へ戻る。

今まで内緒にしていた「人の心を読む力」の存在を妻ジャニスに告白。
「オレは人の心が判るんだ」


~NY~
自分が爆発する夢を見て、絶叫しながら目を覚ますピーター。
(しかし夢の内容は、以前見たのと少し違っていた。知らないキャラが増えてたよ。無精ヒゲのおっさんが…)

ネイサンがピーターの様子を見に来たが、ピーターは居ない。
「起きたと思ったら、あっという間に出て行ったわよ」
母アンジェラの言葉を聞いて唖然とするネイサン。


~NYアイザックのアパート~
アニメコミック「ナインスワンダー」を見ているヒロとシモーヌ。
漫画に登場するヒロと、目の前のヒロを見比べて、「みんなの言う事は真実なのかもしれない」と感じ始めるシモーヌだった。

「よ~し、剣を探しにベガスへ行こう~」と和気藹々♪


こん睡状態から目覚め、そのまま街を彷徨うピーター。
ある男に目が止まる。
「あれは、夢に出てきた男だ…」

その男は勝手に他人の財布や携帯を盗んでいる。
しかし誰も盗まれた事は気づいていないようだった。

「おい、お前!」ピーターは男の肩をガシッと掴み振り向かせる。
「オレが見えるのか?オレは誰にも見えないんだ!」
(これでピーター、透明人間になっちゃうね~)

(第13話へつづく…)


**********

透明人間って言うのも、ちょっと憧れちゃうなぁ
しかしクロード、もう少しカッコイイ俳優だったらよかったのに。
と、個人的な感想でスミマセン…

それはいいとして…
いつも疑問に感じるのは、シモーヌとネイサン。
シモーヌは未来を書くアイザックの絵画を見ているのに、いまだに「そんな事信じられないわ」の考えだし、ネイサンだって、自らが空を飛んじゃうんだよ~
そんな能力を持ってるのに、ピーターの言う事は絵空事…みたいな口調だし。
どうもみんな頭が固過ぎじゃね?


ちょっとストーリーと関係ない話だけど、先日テレビで放送していた「さんまのまんま」にマシ・オカがゲストで出演してたんです。
観ました?

アンドウって、日本語下手だな~と思いません?
実は、アンドウ役の人って、日本人じゃないんだって!
韓国人だと言ってました。
だから、日本語が下手とかそう言う次元じゃなくて、全く日本語知らないらしい。
アメリカにもたくさんの日系人の俳優が居るだろうに、何故にアンドウ役があの人なのだろう。
製作者が、イメージにピッタリだ!とピンと来たのかな…
[PR]
by by569 | 2008-09-02 21:03 | HEROES/ヒーローズ
f0039573_13261674.jpg
■HEROES/ヒーローズ
#11 交錯する能力 「Chapter Eleven 'Fallout'」

■キャスト
サンティアゴ・カブレラ (アイザック・メンデス→画家)
ジャック・コールマン (ノア・ベネット→クレアの父)
ノア・グレイ=ケイビー (マイカ・サンダース→ニキの息子)
グレッグ・グランバーグ (マット・パークマン→警官)
アリ・ラーター (ニキ・サンダース/ジェシカ・サンダース→ネットストリッパー)
マシ・オカ (ヒロ・ナカムラ→サラリーマン)
ヘイデン・パネッティーア (クレア・ベネット→高校生チアリーダー)
エイドリアン・パスダー (ネイサン・ペトレリ→議員候補)
センディル・ラママーシー (モヒンダー・スレシュ→インドの遺伝子学教授)
レナード・ロバーツ (DL・ホーキンス→マイカの父)
マイロ・ヴィンティミリア (ピーター・ペトレリ→介護士/ネイサンの弟)

タウニー・サイプレス (シモーヌ・デヴォー→アイザックの彼女)
クレア・デュバル (オードリー・ハンソンFBI捜査官)
ノラ・ゼヘトナー (イーデン・マケイン→モヒンダーの隣人)
ジェームズ・カイソン・リー (アンドウ・マサハシ→ヒロの同僚)
ザッカリー・クイント (サイラー→殺人鬼)
トーマス・デッカー (ザック→クレアの友人)
ジミー・ジャン=ルイ (ハイチ人→ノアと共に行動する黒人)
コンロー・ブルックス (保安官)
ランドール・ベントレー (ライル・ベネット→クレアの弟)


<ストーリー>

~テキサス州オデッサ~
クレアは信じてくれるとは思えなかったが、父ノアに自分の特殊能力の秘密を打ち明ける決心をする。
しかし逆に、「実はクレアの力は知っていた。クレアの力を狙っているヤツがいるんだ」と告げられ驚く。

ノア「この力を知ってる人は?」
クレア「ザックとライルしか知らない」

弟ライルにはノアから、ザックにはクレアから、それぞれ口止めしようと約束する。


~ユニオンウェルズ高校~
ジャッキー殺害事件の捜査に訪れたマットとオードリー。
マットは直感的に「ピーターは犯人じゃない」と気づき、サイラーの他にあと2人の足跡がある事をオードリーに告げる。
(その2人の足跡は、イーデンとハイチ人ね~)

マット、捜査中にいきなり頭痛薬を服用。
(大丈夫かな~、マットさん)

同じく殺人事件現場に駆けつけたヒロとアンドウ。
「おれたち、チアリーダーを救えなかったな…」
がっくり肩を落とす。


~テキサス州警察の留置場~
ユニオンウェルズ高校での殺人事件容疑者として拘留されているピーターの所に、ネイサンが会いに来る。
ピーターは「おれはヒーローになる。チアリーダーを助けて、世界を救うんだ!」とネイサンに熱く語るが、「どうやって止める?」と、ネイサンの姿がいきなりサイラーに変化。
ビックリして目覚めるピーター。
夢か…

その後、ピーターは、マットとオードリーに取調べを受ける。

「頭痛ぇよぉ~~、ボクに何をしたんだ?」
(ピーターにマットの頭痛が移ってしまったのか?)
その上、マットと一緒に居る事によって、人の心が読めるようになるピーター。
「犯人を捕まえたきゃ、クレアを護衛しろっ!あぁ、頭痛ぇ~」

(マットとピーター、お互いに「お前、もしや?」ってな表情してます)

次に、オードリーは、クレアに事情聴取を行なう。
父ノアも同席。
マットは、隣の部屋からこっそりクレアとノアの心を読もうと試みるが、全く心の声は聞こえず。
「何でだ?」戸惑うマット。
(それは、すぐそこにハイチ人が居て、シールドかけてるからさ…マットは知るよしもない)

その足で、クレアとノアは、拘留されているピーターに面会。
「パパ、外で待ってて」とノアを追い出し、ピーターと2人だけで会話をする。
お互い特殊能力を持っていると知り、何となく親近感を覚える。
(とにかくピーターは具合が悪そうで、クレアの健康美が眩しいぜ!って感じ?)


~ユタ州の外れ~
ジェシカは、DLに向けて発砲。
DL、右肩を撃たれる。
(射撃の腕バッチリだったから、絶対に外さないと思ったのに…)

「このままでは、ジェシカに殺される」
DLとマイカは森の中へ逃げる。
野性のカン冴え渡るジェシカは、足跡を追ってDLとマイカを追跡。

ついにDLたちに追いつくジェシカ!
ジェシカとDLの普通じゃ考えられない夫婦喧嘩勃発!!
(飛ばされ過ぎだよ~君たち)
力入りすぎて、ジェシカがマイカを突き飛ばしてしまう。

傷ついたマイカの姿を見て、ニキが現れ、3人は抱き合う。

ニキはある決心をする。
「ジェシカは私よりもずっと強いの。私、自首する」


~プリマテック製紙社内~
イーデンに「あなたは眠くなる~」と暗示をかけられ、プリマテック製紙の実験ルームに監禁されたサイラーに会いに来るノア。
「サイラー、君はDNAをいじりすぎて壊れる」
(そんなの知らないね~的な態度のサイラー)

ノアは、クレアの命がサイラーに狙われた事が心のどこかにあるのだろうか、サイラーが憎いようだ。
さっそく《誰か》に電話し「サイラーを殺しましょう」と提案するが、その《誰か》は「いや、生かしておく」と告げる。
《誰か》は、誰だ!?

(ノアがこの計画の中心人物かと思ってたら、ノアの上に、さらにお偉いさんがいると判る)

ノアが電話を切ると目の前にイーデンが…
「どうしてサイラーを殺さないの?もしも殺せないなら、私がサイラーを自殺させるわよ」と強気のイーデン。

イーデンは、プリマテック製紙内で保護しているアイザックの所に行き、「あなたの絵のお陰で、クレアが助かったわよ」と言い、こっそり携帯電話とプリマテック製紙のIDカードを渡す。

アイザックは早速ヒロに電話し、会う約束をする。


~テキサス州ミッドナイト~
アイザック、ヒロ、アンドウが顔を合わせる。

ヒロ「アイザックさんの絵は本当にすごいよ」
アイザック「でも、ハイじゃないと描けないんだ」
ヒロ「実は、アイザックさんは床で死んでた、頭を取られて…」
と、未来で見てきた映像をアイザックに告げる。
「犯人は捕まったよ」とアイザックは言うが…

とにかく絵を描いてみて!とアイザックに依頼するヒロ。
いきなりアイザックは描き始まる。
(アイザックの目がいきなり真っ白に変化…ヒロ「スッゲー」と感動♪ヤクなしでも描けるじゃん、アイザックたん)

アイザックの描き終えた絵は…

『恐竜に向かって剣を持つヒロ』

「あの剣を探さなきゃ!」次なる目標を持つヒロ。

「つーか、お前、死ぬよ」恐竜に闘いを挑んでいるヒロの絵を見て呟く、アンドウ。
(↑このシーン、微妙に笑える)


~テキサス州オデッサ~
クレアはノアとの約束事を果たすために、ザックに口止めし、今まで撮影したビデオテープを全て壊す。

家に帰ると、弟ライルがリビングに居た。

「パパはライルに口止めをしたんだろうか…」
クレアは、様子を探る為にライルに声を掛ける。
だが、ライルは「パパとは会ってない」と言うし、彼の記憶は曖昧で、完全に様子がおかしい。

慌てたクレアは、急いでザックを呼び出すが、「6年生以来、話した事ないのに、なんで急にオレを呼び出したの?」とザックに言われ、クレア大パニック。
「ザックもライルも記憶を消されてる!」

クレアは父ノアに電話をかける。
「きっと、やつらが2人の記憶を消したのよ」
クレアの背後に忍び寄る、怪しげな影が!!

影の正体は、ハイチ人だった。
ハイチ人は「君の記憶も消すつもりだったが…、君には覚えていて欲しい。秘密を守れるか?」と告げる。
(ハイチ人、口利けないって言ってたのに!!何よりもこのシーンが一番のビックリだよ)


~プリマテック製紙~
イーデンは銃を持ち、サイラーの監禁ルームへ向かう。
サイラーに向かって「私が銃を渡したら、あなたは自殺する」と暗示をかけるが、サイラーはイーデンの能力を奪い(?)、逆にイーデンに暗示をかけ自殺させる。
(サイラーって基本的には、《相手を殺害して能力を身につける》じゃなかった?イーデンを殺害する前に、イーデンの暗示能力をすでに身につけてるような…。どういう事?)


~テキサス州警察~
ピーター保釈。
(ネイサンが何とかしてくれたようです)

警察署を出た所で、ピーター、突然気を失う。

その時に見た映像…
NYのど真ん中、誰も居ない。
1人で街を彷徨うと、自分を取り囲む数名の姿が…(いわゆるレギュラー陣ね)
みんなは、自分の事を驚きの眼差しで見つめながら遠ざかる。
何故みんなは去っていくのか?
自分自身を見つめると、体から眩い光が現れ、ついに爆発する…

気を失っていたピーターは、一瞬目を覚まし、「爆発するのは、ボクだった…」とネイサンに告げ、また気を失う。

(第12話へつづく…)


**********

イーデン、死んじゃったのかぁ
何となく、イーデンは危ういな~とは思っていたけど。
プリマテック製紙に利用され、死んでしまった…という感じですね。

この会社は、特殊能力者を集めてどうするの?
ただの研究なんかじゃないよね~
アメリカ的イメージだと、戦士?兵士?


プリマテック製紙を張り込んでいたマットとオードリーのシーン、笑っちゃったなー

思わずマットの事を「彼ってキュート」と考えてしまったオードリー。
すっかりその心の声を本人に聞かれてしまい、ドキドキ…
まあ、ここまでは良いです。

その後、プリマテック製紙からノアとハイチ人が出て来て、マットは頑張って心を読もうと必死。
「サイラー」とだけ聞こえた~と言ってたけどさ。

振り返った時、鼻血ブーだったよ、マットさん。

果たして、この時も、「彼ってキュート」ってオードリーが心の中で思ったかどうかは、定かではない…汗
[PR]
by by569 | 2008-08-19 13:39 | HEROES/ヒーローズ
f0039573_2026486.jpg
■HEROES/ヒーローズ
#10 6ヶ月前 「Chapter Ten 'Six Months Ago'」

■キャスト
ノア・グレイ=ケイビー (マイカ・サンダース→ニキの息子)
グレッグ・グランバーグ (マット・パークマン→警官)
アリ・ラーター (ニキ・サンダース/ジェシカ・サンダース→ネットストリッパー)
マシ・オカ (ヒロ・ナカムラ→サラリーマン)
ヘイデン・パネッティーア (クレア・ベネット→高校生チアリーダー)
エイドリアン・パスダー (ネイサン・ペトレリ→議員候補)
センディル・ラママーシー (モヒンダー・スレシュ→インドの遺伝子学教授)
レナード・ロバーツ (DL・ホーキンス→マイカの父)
マイロ・ヴィンティミリア (ピーター・ペトレリ→介護士/ネイサンの弟)

ノラ・ゼヘトナー (イーデン・マケイン→モヒンダーの隣人)
ジェームズ・カイソン・リー (アンドウ・マサハシ→ヒロの同僚)
グラハム・ベッケル (ハル・サンダース→ニキの父)
ザッカリー・クイント (サイラー→殺人鬼)
エリック・アヴァリ (チャンドラ・スレシュ→モヒンダーの父)
クリスティン・ローズ (アンジェラ・ペトレリ→ネイサン&ピーターの母)
ジェイマ・メイズ (チャーリー・アンドリュース→ダイナーのウェイトレス)
アシュレイ・クロウ (サンドラ・ベネット→クレアの母)
エリザベス・ラッキー (ジャニス・パークマン→マットの妻)
ディアドレ・クイン (ティナ→ニキの友人)
ダニエル・サヴレ (ジャッキー・ウィルコックス→チアガール)
リック・ピータース (トム・マクヘンリー→マットの相棒)
ジミー・ジャン=ルイ (ハイチ人→ノアと共に行動する黒人)
デヴィッド・バーマン (ブライアン・デイヴィス→サイコキネシス)
レナ・ソファー (ヘイディ・ペトレリ→ネイサンの妻)
ジャック・コールマン (ノア・ベネット→クレアの父)
ジョシュ・クラーク (保安官)
マイケル・モーリー (Deputy Lloyd)
ロバート・リガモンティ (外科医)
サリー・チャンプリン (リネット→ダイナーのウェイトレス)
ユキ・マツザキ (ヒロとアンドウの同僚)
ライアン・スミス (保安官)


<ストーリー>

ストーリーは現在から6ヶ月前に遡る…

~テキサス州ミッドランド~
チャーリーを救うために過去にやって来たヒロ。
数日前の過去に戻るつもりが半年前の4月24日に遡ってしまった事に、ヒロ自身、驚きを隠せなかった。

しかしすぐにチャーリーと意気投合し、今日開かれるチャーリーのバースデーパーティーに参加。
2人で写真を撮る。
(その写真が、前回のエピソードでアンドウが見つけた写真だった訳ですね)

ヒロとチャーリーは仲良くなり、ヒロはそのままダイナーの手伝いをする事に。
チャーリーのバースデープレゼントとして日本語の辞書を贈る。

自分が未来からやって来た事をチャーリーに信じてもらおうと、いろんな魔法を見せ頑張るヒロ。
「一緒に日本に行こう!」

チャーリーはヒロに告白する。
「私は脳に血栓があってもう少しで死ぬの」
(そんな~、チャーリーはどっちにしても死ぬ運命か?)


~NYブルックリン~
モヒンダーの父チャンドラは、ある時計屋に入る。
店内に居た時計職人ガブリエルに向かって自分の著書を差し出し「探したよ。私と話したければ本の中に連絡先が書いてある」と告げる。
(この時点では、ガブリエル、状況飲み込めず呆然…)

後日チャンドラを訪れるガブリエル。
ガブリエルの脳波により特殊能力の存在について調べるが、その兆候は見当たらなかった。
「君には能力は無さそうだ」

納得がいかないガブリエルは、特殊能力リストにあったブライアン・デイヴィスの連絡先を盗む。
チャンドラに内緒で、ガブリエルは勝手にブライアンに電話をし、会う約束をする。

ガブリエルの時計店にやって来たブライアン。
この時、ブライアンに向かってガブリエルは「サイラー」と名乗る。
(サイラー誕生!!!)

ブライアンはサイコキネシスの能力をなくしたいとサイラーに打ち明ける。
「君は脳の部品が壊れてる」サイラーはブライアンの頭部を殴り殺害。
彼の能力を吸収する!


~ロサンゼルス~
巡回中のマットは、駐車禁止の場所に停車しているイーデンに職務質問をする。
車から降りるよう指示しても動こうとしないイーデン。
彼女が「あなたは今すぐパトカーに戻ってドーナツが食べたくなる」と告げると、何故かマットは言われるままに車へ戻ってしまうのだった。

マットが立ち去りホッとしたイーデンの目の前に登場したのは、なんと!ハイチ人。
イーデン、拉致される。

イーデンの目の前にはノアとハイチ人。
「私を解放しなさい」とノアに言っても、ノアには命令が入らない。
ハイチ人がノアにシールドをかけ、イーデンの能力が効かないようにしているのだった。
ノアはイーデンに提案する。
「人生をやり直せるぞ。スレシュ博士に近づいて、リストからクレアの名を消してくれ」
(イーデンもその気…)

一方、マットはイーデンに言われた通り、ドーナツを食べていた。
(ドーナツ食ってる場合ではないぞ、この後、昇進試験ですぞ)

でも、またしても試験に落ちてしまった…
ドンヨリするマットを励ますジャニス。


~テキサス州オデッサ~
クレアの家で仲良く過ごすクレアとジャッキー。
(本当にこの頃は仲良かったみたいだね~)

ジャッキーがチアリーダーにクレアを誘い、クレアも満更ではなさそうだが、何となく自信がない。
クレアの煮え切らない態度にイライラしたジャッキーは、ユニフォームを取り上げようとする。
それを奪い返そうとするクレア。
二人でもみ合いになりクレアは手に深い傷を負うが…数日後にはすっかり治癒。

自分の回復力に驚くクレアだった。


~ラスベガス~
ニキは依存症セミナーに参加。
そこにニキの父ハルが面会にやって来る。

ハルは、久しぶりに会った孫のマイカにパソコンのプレゼント。
みんなで楽しい時を過ごすが、突然ハルがニキに向かって「何もなかったフリはやめろ」と言い出す。
一体何の事か判らず戸惑うニキ…
その上、今プレゼントしたばかりのパソコンを分解し始めたマイカの行動に怒り、出て行くハルだった。

ハルが滞在中のホテルにやって来るニキ…いや、ジェシカ。
「もう二度と私たちの前に現れるんじゃね~」と脅す。
(カッコイイ~)


~NYマンハッタン~
ピーターの看護師資格取得パーティーが開催♪
ネイサン&ヘイディ夫妻などがピーターのお祝いで大盛り上がり。
この時点では、まだヘイディは車椅子ではない。

パーティーから帰る途中、ネイサンとヘイディの乗った車をあおる1台の車。
執拗に追いかける車は、ネイサンとヘイディの命を狙っているようだ。
次の瞬間、ネイサンは空に飛び上がり、ヘイディを1人車内に取り残したまま車は柱に激突。
ヘイディは車椅子生活を余儀なくされる。
命を狙った相手の車はリンダーマンの手下だった。

その光景そのままを夢に見るピーター。


~現在のテキサス州ミッドランド~
過去に戻ったヒロをずっとダイナーで待つアンドウ。
ダイナーのドアが開く…
「ヒロ!」
やっとヒロが戻って来た。

「彼女を救えなかった…」ヒロは肩を落とす。

(第11話へつづく…)


**********

ここで、ドラマは一気に過去に戻り、みんなが自分の能力に徐々に気づき始めるという感じですね。
まるで『LOST』だな。
テレビドラマって必ず10話あたりで過去に戻りますよね~
『プリズン・ブレイク』もそうだったしな。


あぁ、ヒロはチャーリーを救う事が出来なかった~
チャーリーは死ぬ運命だったんですね。
残念…
ヒロ、頑張りました!

しかしヒロが時空を超えた先は、日本の自分の勤務先ではないですか~
同僚の「あれ?アンドウと一緒にバケーションじゃなかったのかよ」のイントネーションも怪しい…
つーか、全体的に怪しい。


ちょい役だったけど、ブライアン・デイヴィス役を演じていたのは、テレビドラマ「CSI:科学捜査班」で活躍中のデヴィッド・バーマンでした~
あれ?これだけの役?とやや残念な気もしますが。
ここで殺害されちゃったし、もう登場しないよね?
[PR]
by by569 | 2008-08-14 20:29 | HEROES/ヒーローズ
f0039573_20315577.jpg
■HEROES/ヒーローズ
#9 チアリーダーを救え 「Chapter Nine 'Homecoming'」

■キャスト
サンティアゴ・カブレラ (アイザック・メンデス→画家)
ノア・グレイ=ケイビー (マイカ・サンダース→ニキの息子)
アリ・ラーター (ニキ・サンダース/ジェシカ・サンダース→ネットストリッパー)
マシ・オカ (ヒロ・ナカムラ→サラリーマン)
ヘイデン・パネッティーア (クレア・ベネット→高校生チアリーダー)
エイドリアン・パスダー (ネイサン・ペトレリ→議員候補)
マイロ・ヴィンティミリア (ピーター・ペトレリ→介護士/ネイサンの弟)
センディル・ラママーシー (モヒンダー・スレシュ→インドの遺伝子学教授)
レナード・ロバーツ (DL・ホーキンス→マイカの父)

タウニー・サイプレス (シモーヌ・デヴォー→アイザックの彼女)
ノラ・ゼヘトナー (イーデン・マケイン→モヒンダーの隣人)
ジェームズ・カイソン・リー (アンドウ・マサハシ→ヒロの同僚)
アシュレイ・クロウ (サンドラ・ベネット→クレアの母)
ザッカリー・クイント (サイラー→殺人鬼)
エリック・アヴァリ (チャンドラ・スレシュ→モヒンダーの父)
ジェイマ・メイズ (チャーリー・アンドリュース→ダイナーのウェイトレス)
トーマス・デッカー (ザック→クレアの友人)
サキナ・ジャフリー (Mrs.スレシュ→モヒンダーの母)
シシラ・クループ (ニランド→モヒンダーの父の友人)
マット・ランター (ブローディ・ミッチャム→クウォーターバックの人気選手)
クレイ・ウィルコックス (射撃場の男)
ジミー・ジャン=ルイ (ハイチ人→ノアと共に行動する黒人)
ダニエル・サヴレ (ジャッキー・ウィルコックス→チアガール)
ジャック・コールマン (ノア・ベネット→クレアの父)
カール・T・ライト (校長)
ダニエル・モロー (少女)
ブレント・ターノル (男子学生)
オシー・メイヤー (インドの行商人)
サリー・チャンプリン (リネット→ダイナーのウェイトレス)
ジョシュ・クラーク (保安官)
ティファニー・ハインズ (チアリーダー)
ライアン・スミス (保安官)
ジャヴィン・リード (サンジョク→インドの超能力少年)
アラン・エヴラード (ユタ州ハイウェイパトロール)


<ストーリー>

~テキサス州オデッサ~
ホームカミングのクイーンに選ばれたクレアは大喜び。
チアリーダー仲間のジャッキーは頭に来てクレアに嫌味タラタラ。
あまりのジャッキーの態度に切れたクレアは、ついに彼女の顔面にパンチを見舞う。

アイザックの描いた絵を見たノアは、ユニオンウェルズ高校の正面玄関でクレアに危険が迫ると知っている為にクレアを外出禁止にしてしまう。

最初は外出禁止令を守っていたクレアだが、「やっぱりクイーンが居なくちゃダメだよ」のザックの言葉に、こっそり部屋を抜け出し学校へ向かう。


~NYアイザックのアパート~
アイザックの行方はいまだ判らず…
ガランとした部屋にシモーヌとネイサンが居た。

以前ネイサンがピーターに頼まれていた件。「リンダーマンが購入したアイザックの絵画1枚を買い戻して欲しい」
ネイサンはピーターの依頼通り買い戻しをしたが、その絵の内容を見て「これはピーターには見せない方がいい」と判断し、シモーヌの反対を無視し、絵をペンキで塗りつぶしてしまう。


~ネバダ砂漠 某所~
ジェシカは、夫DL殺害の準備の為に射撃訓練を行なう。
(射撃の腕もバッチリよ~)


~ユタ州12号線~
ジェシカから逃げたDLとマイカは、どこへとも判らない旅に出ていた。
「これからは2人で頑張って行こう!」

マイカは父DLに、母ニキの秘密を告白。
「ママは時々ジェシカになるんだ」


~インド チェンナイ~
モヒンダーは、何度となく夢に現れる少年サンジョクをついに見つけた。
「みんながボクの所に来るんだ。質問の答えが知りたいから」
「どちらへ進めば良いのか」モヒンダーは質問する。
「答えは見つけたはずだよ」と少年は微笑む。

父のオフィスに戻り、目の前にパソコンに目をやると、相変わらずパスワードの入力画面のまま。
パスワードが判らなければ、父が一体どんなデータを残していたのか知る事は出来ない。
ふと、5歳で死んだ自分の姉の名が浮かぶ。「シャンティ」
パスワード欄に入力すると、一気に画面が変わり、人名のリストが登場する。
「こんなに見つけていたんだね」
特殊能力を持つ人物データであった。


~NY~
ピーターとシモーヌは、黒く塗りつぶされた絵画の前に佇む。
「ここに何が描いてあったんだ?」

シモームはバッグから写真を取り出す。
ネイサンが塗りつぶした絵画のオリジナルを写真に写していたのだ。
そこには、ユニオンウェルズ高校の正面玄関で死亡しているピーターの姿が描かれていた。
絵の背景は、「ホームカミング」の垂れ幕と午後8:12を指す時計。

「ホームカミングは今夜よ」シモームは呟く。

ピーターは、ヒロに電話をかける。
過去に戻っている不在のヒロに代わってアンドウが電話に出る。
「今、ヒロは居ない。おれはテキサスに居る」
「じゃ、今からそっちに行く」


~テキサス州ミッドランド~
1人ダイナーに取り残されたアンドウは、まだヒロの事を待っていた。
ふと壁に目をやると、客を写したフォトが飾られている。
その中に、チャーリーのバースデーパーティーに写り込んでいるヒロの姿が!
アンドウはその写真をウェイトレスのリネットに見せ「この男を知っているかい?」と興奮気味。
「あぁ、ヒロよ。その写真は半年前のチャーリーのバースデーパーティー。ヒロはチャーリーと親しくてね。でもヒロは数週間前に消えたの」と…

半年前に無事時空を超えたんだ…
ホッとするアンドウだった。

ダイナーにピーターが到着する。
「ヒロは?」
「過去に戻ってしまったんだ」
「チアリーダーがどこで襲われるか判った。オレは他人の能力を吸収出来るんだ」と告げ、1人でユニオンウェルズ高校へ向かう。


ピーター、高校に到着。
壁に貼られていた新聞記事から、チアリーダーがジャッキーだと勘違いするピーター。
同じく、高校にやって来ていたサイラーも記事を見てターゲットをジャッキーだと確認。

その頃クレアは更衣室でジャッキーと口げんか。
2人の背後に黒い影が迫る。
嫌な予感がするクレアは逃げようとするが、目の前に登場したサイラーは、クレアを突き飛ばし、ジャッキーの首を掴み殺害する。

飛ばされた勢いで腕が折れたクレアは、自力で治癒。
その瞬間を目撃したサイラーは「??」
特殊能力の持ち主は、ジャッキーじゃなくてクレアと気づく。

逃げるクレアは偶然にピーターと出会う。
クレアを追いかけるサイラー。
これはただ事じゃないと気づいたピーターは囮になりクレアを逃がす事に…
ピーターとサイラーはもみ合いになり窓から地上に転落。
(普通の人間だったら2人とも死亡のはず…)

アイザックが描いた通りに死亡?するピーター。

クレアは、倒れるピーターに駆け寄る。
と同時にピーターの意識が戻り、折れた足や傷が治癒していく。
「あなたの名は?」
「ピーター」
「わたしはクレア」
「君を助ければ世界が救える」
(ここで初めて特殊能力の持ち主がジャッキーじゃなくてクレアだと気づくピーター)

クレアは助けを呼びに向かう。
その途中に父ノアを見つける。
「家から抜け出してごめんなさい。ピーターが助けてくれたの」
「ピーターの所に戻ってはダメだ」
何故か止めるノア。
(そして何故かそのままノアと帰るクレア。帰っちゃうのかよっ)

一方、逃げ出したサイラーの目の前にはイーデンが。
「私には手は出せない。まずは眠ってもらうわ」
そう告げると、言われるままにサイラーはその場で眠り込む。
(イーデンの能力もスゲー)

1人正面玄関に居たピーターは、何故か警察に拘束される。
(通報早いね)


モヒンダーはNYへ戻って来た。


マイカはDLに「ママに居場所を知らせたんだ」と告げる。
と同時に、銃声が響く。


6ヶ月前…
ヒロはテキサス州ミッドナイトのダイナーに居た。
メニューを聞きに来たチャーリーに向かって「君を助ける為に戻ってきたよ」と明るく告げるヒロだった。

(第10話へつづく…)


**********

なんと言うか、ヒロって可愛い。
目がキラキラしてて、小さなワンコみたいだなぁ
人気が出たのも判る!

イーデンの能力もなかなか素晴らしいじゃないですか。
まるで、「スーパー・ナチュラル」のアンディだね。
言うままに相手が動いてくれるんだよ~
使い方次第では世界中平和になるね。
この能力も、良いなぁ

個人的には、ニキよりもジェシカを演じているアリ・ラーターの方が断然魅力的!
カッコイイね~
[PR]
by by569 | 2008-08-04 20:42 | HEROES/ヒーローズ
f0039573_2085697.jpg
■HEROES/ヒーローズ
#8 0時7分前 「Chapter Eight 'Seven Minutes to Midnight'」

■キャスト
サンティアゴ・カブレラ (アイザック・メンデス→画家)
グレッグ・グランバーグ (マット・パークマン→警官)
ヘイデン・パネッティーア (クレア・ベネット→高校生チアリーダー)
センディル・ラママーシー (モヒンダー・スレシュ→インドの遺伝子学教授)
マシ・オカ (ヒロ・ナカムラ→サラリーマン)

クレア・デュバル (オードリー・ハンソンFBI捜査官)
ノラ・ゼヘトナー (イーデン・マケイン→モヒンダーの隣人)
ジェームズ・カイソン・リー (アンドウ・マサハシ→ヒロの同僚)
エリック・アヴァリ (チャンドラ・スレシュ→モヒンダーの父)
マシュー・ジョン・アームストロング (テッド・スプレーグ→容疑者)
エリザベス・ラッキー (ジャニス・パークマン→マットの妻)
ステイシー・ハイダック (エリザ・セイヤーFBI捜査官)
シシラ・クループ (ニランド→モヒンダーの父の友人)
サキナ・ジャフリー (Mrs.スレシュ→モヒンダーの母)
カヴィ・ラドニール (ミラ→モヒンダーの知人)
ザッカリー・クイント (サイラー→殺人鬼)
ジャック・コールマン (ノア・ベネット→クレアの父)
ジョシュ・クラーク (保安官)
マイケル・モーリー (Deputy Lloyd)
ジャヴィン・リード (サンジョク→インドの超能力少年)
ベン・マーレー (ルーファス→ノアの会社の受付)
ペイトン・ヒンソン (ウェイトレス)


<ストーリー>

~インド カニャークマリ~
父の遺灰を埋葬しに帰郷したモヒンダー。

父が使っていたチェンナイ大学のオフィスで、ついうたた寝をする。
夢には、何かを訴えているような、または導こうとしているような少年の姿を見る。
彼は一体何者なのか。実在するのか…
その他にも、父が研究をするキッカケとなった娘(5歳で死亡したモヒンダーの姉)の存在などを語っている夢を見る。
モヒンダーは自分に姉がいた事は知らなかった。

最後に見た夢は、NYでタクシーの運転手をしていた父親チャンドラが何者かに殺害されるシーン。
モヒンダーの目には、父親の時計がはっきりを見えた。
時計の針は0時7分前を指していた。
そしてまたあの少年が…
少年はゆっくりと手を差し出し、握り締めた指をゆっくりと開く。
掌にはキーが。

ここで目覚めたモヒンダーは、NYから持参したどこのキーかも判らぬキーを取り出す。
何気に目の前にあるデスクの引き出しにキーを差し込むと、開いた。
そこに保管されていたのは、サンジョクのファイル。
サンジョクは、夢にたびたび登場したあの少年である。
実在する人物だった。


~テキサス州ミッドランド~
ダイナーに到着したヒロとアンドウ。
ここのウェイトレスであるチャーリーと親しくなり会話をするが、超人的なチャーリーの暗記力と記憶力の驚くばかり。
日本語もスラスラ話してしまう。

しかしその後、チャーリーが奥のキッチンで死亡している姿が発見される。
彼女の遺体は、脳を切り取られていた。
「未来で見たアイザックさんの遺体と同じだ」
ヒロは過去に戻ってチャーリーを救おうと考える。

アンドウをその場に残し、ヒロは独りで時空を超え過去へ向かう。
すぐ戻るはずのヒロは、なかなか戻って来ず、アンドウは心配で仕方がない。


~ロサンジェルス FBI本部~
全身から放射能を発する男テッドを拘束し、取調べをするマットとオードリー・ハンソン捜査官。
テッドは、自分の放射能のせいで妻カレンを死なせてしまった事への罪悪感でいっぱいだった。

マットはテッドの特殊能力について追求する。
自分の能力に気づいたのはいつか…
テッドの話に出てきた「大柄のスキンヘッドの黒人」にはマットも見覚えがあった。
バーで飲んでいた時に出会っている。


~テキサス州オデッサ~
ノアの仕事先であるプリマテック製紙の1室にイーデンとアイザックが居た。
「未来を書いてほしい」
しかしアイザックは描けない。
(結局、ヤクがないと描けないアイザックさん)

アイザックに対し、ノアは自分の娘クレアの話をする。
「君の描いた絵に登場する少女は私の娘なんだ。この絵の通りだとすると、明日、ホームカミングでサイラーはクレアを殺す。彼は特別な人間を殺しているんだ」

描けないならまたヤク漬けにするしかない。

(第9話へつづく…)


**********

モヒンダーが無精ヒゲを剃って顔がサッパリしてたものだから、最初モヒンダーだって気づかなかったよ、ごめん。
徐々にヒゲが濃くなって行って「あれ?モヒンダーかぁ」ってな感じでした。
鈍すぎです…私。

ちなみに彼の故郷カニャークマリは、インドの最南端にあるヒンズー教の聖地です。

モヒンダーのかつての同僚ミラが、工藤静香にしか見えないんですけど~
顔の長さと言い、顔の曲がり具合といい、口の脇のシワと言い、全く同じ。
世の中にはそっくりな人物が3人いるって言われてるけど、2人目を見つけたって感じだね。

モヒンダーの姉も何かの能力があったのだろうか。
父チャンドラが研究をするキッカケと言っていたけれど。

インドの超能力少年サンジョクって、本当に能力持ってそうな眼力でしたね。

なんか…こんなにインドネタで引っ張っちゃったよ。


ヒロの「場違い」ロゴの上着ってアメリカ人にウケそう~
漢字入りのTシャツとか流行ってるものねー
しかし…「場違い」て。
[PR]
by by569 | 2008-07-23 20:10 | HEROES/ヒーローズ
f0039573_10313122.jpg
■HEROES/ヒーローズ
#7 偽り 「Chapter Seven 'Nothing to Hide'」

■キャスト
エイドリアン・パスダー (ネイサン・ペトレリ→議員候補)
マイロ・ヴィンティミリア (ピーター・ペトレリ→介護士/ネイサンの弟)
ヘイデン・パネッティーア (クレア・ベネット→高校生チアリーダー)
センディル・ラママーシー (モヒンダー・スレシュ→インドの遺伝子学教授)(voice)
アリ・ラーター (ニキ・サンダース/ジェシカ・サンダース→ネットストリッパー)
マシ・オカ (ヒロ・ナカムラ→サラリーマン)
ノア・グレイ=ケイビー (マイカ・サンダース→ニキの息子)
グレッグ・グランバーグ (マット・パークマン→警官)
レナード・ロバーツ (DL・ホーキンス→マイカの父)

タウニー・サイプレス (シモーヌ・デヴォー→アイザックの彼女)
クレア・デュバル (オードリー・ハンソンFBI捜査官)
ジェームズ・カイソン・リー (アンドウ・マサハシ→ヒロの同僚)
エリザベス・ラッキー (ジャニス・パークマン→マットの妻)
クリスティン・ローズ (アンジェラ・ペトレリ→ネイサン&ピーターの母)
アシュレイ・クロウ (サンドラ・ベネット→クレアの母)
マシュー・ジョン・アームストロング (テッド・スプレーグ→容疑者)
トーマス・デッカー (ザック→クレアの友人)
ディアドレ・クイン (ティナ→ニキの友人)
リック・ピータース (トム・マクヘンリー→マットの相棒)
スティーブン・スピネラ (オリヴァー・デニソン→マスコミの男)
レナ・ソファー (ヘイディ・ペトレリ→ネイサンの妻)
リチャード・ラウンドトゥリー (チャールズ・デヴォー→シモーヌの父)
ジャスティン・エヴァンス (サイモン・ペトレリ→ネイサンの息子)
ジャクソン・ウルト (モンティ・ペトレリ→ネイサンの息子)
ケイト・コナー (看護師)
ランドール・ベントレー (ライル・ベネット→クレアの弟)
マーク・アンソニー・ケイジ (ハイウェイパトロール)
イライザ・コールマン (事故車に乗っていた女性)


<ストーリー>

~NY~
シモーヌの父チャールズと会話するピーター。
「ボクは飛べるんだ」
自分の秘密をチャールズに話し、窓から飛び出す…

それは、ヒーターが今朝見た夢だった。

目覚めると同時にピーターのアパートへやって来たシモーヌから「父が死んだの」と告げられ驚く。


~テキサス州オデッサ~
今まで紛失していたクレアの秘密を録画したテープが、何故かザックのベッドの下から発見される。
「何度も探した場所なのに…」

無事テープが戻った事にホッとしたクレアは、テープを無造作にテーブルに放置。
弟ライルが興味本位でテープに録画されている映像を見てしまい、ついにクレアの秘密を知る。


~ラスベガス~
夫DLとの戦いの末、気を失ってしまったニキ。
目覚めるとDLとマイカの姿がなかった。
なんとしてもマイカを取り戻したいニキは、鏡に向かって「助けて」とジェシカに訴える。


~カリフォルニア州ロサンゼルス~
サイラーによる殺人事件が発生。
今回駐車場で発見された遺体は、9人目の被害者。
身元は癌専門の医師ロバート・フレスコと判明する。
司法解剖の結果、フレスコの体からは多量の放射能が検出された。
遺体の骨に付着していた指紋から、容疑者が割り出される。
テッド・スプレーク。

マットとオードリー・ハンソン捜査官がテッドの自宅へ向かうが不在。
ある部屋の一室は焼けただれ、室内は高レベルの放射能が検出される。

テッドについて詳しく調べると、テッドの妻カレンは重体で入院している事実を掴む。
彼女に薬を処方していたのはフレスコ医師。
入院先に向かうと、カレンのベッドサイドに佇むテッドの姿があった。
マットはテッドを一目見て「彼はサイラーじゃない」と呟く。

カレンの病気の原因は、放射能を浴びた事。
彼女がこのような状態になったのはテッドのせいである。
悔やんでも悔やみきれないテッドの目の前でカレンは息を引き取る。

そのまま容疑者として拘束されるテッド。
マットはテッドの肩に、自分と同じ痣があるのを見つける。

警察署に戻り、相棒トムとの会話中に、突然トムの心の声が聞こえて来る。
「女房を寝取られた事も知らないで…」
ついカッとなりトムを殴りつけるマットだった。



ピーターとシモーヌはアイザックのアパートへ行くが、アイザックの姿も絵画も全て無くなっていた。
(前回のエピソードでイーデンがアイザックを訪れてたよね~イーデンの仕業だな?)

シモーヌの父チャールズが死ぬ間際に話していた言葉をシモーヌはピーターに伝える。
「ピーターと一緒に空を飛んだ。力のある1人が、世界を救う」と。

シモーヌが持って行った1枚の絵画はリンダーマンに売却済みだった。


とりあえず車で遠くまで逃げるDLとマイカ。
DLは、ハイウェイで車の事故を見つけ停車。
その後ろからヒロとアンドウが乗った車も偶然やって来る。

事故車には車内に閉じ込められている女性が1名。
彼女は気を失っている。

DLは通り抜ける能力を使い、車のドアロックを外し彼女を救い出そうとするが、車から漏れ出したオイルに引火する危険がある。
爆破する一瞬前にヒロは時間を止め、DLと女性を車から遠ざけ命を救う。

あるモーテルの前にある故障中の公衆電話。
マイカは受話器をとるが、もちろん故障している為に繋がらない。
…が、マイカが電話に触れると繋がる。
(マイカの能力もすげー)

「ママ、元気?」
「どこにいるの?」
「ホントにママ?ママを出して」
(マイカはニキじゃなくジェシカだと気づいちゃってるし…さすが~)

マイカから居場所を聞きだしたジェシカは行動開始!

(第8話へつづく…)


**********

初登場のネイサンの家族。
ネイサンの妻ヘイディは車椅子生活でした。
車の事故の後遺症のようですが…
彼女がこうなってしまった原因は、ネイサン本人?

ヘイディはネイサンの浮気を気づいているような。
さて、どうなることか?

DLの能力には驚いたけど、マイカの能力も凄すぎ。
ちょっと羨ましい能力である事は確か!
マイカの手にかかれば、どんな電子機器も故障知らずよ。

今回初登場テッド・スプレーグ。
彼は体から放射能放出する能力を持つ危険人物。
この能力は…ちょっとなぁ
アイザックが絵に描き、ヒロが時空を超えて目撃したNY大爆破は、このテッドが関わっているのだろうか。

また、マットが発見したテッドの肩にある痣。
ニキにも痣があったけど、…というよりもニキがジェシカに変化した時に出てくる痣なのかな?
なんとなく、ニキの痣は、テッドの痣の進化系の形のような気がするけどどうだろう。
進化系と言うのは、テッドの痣に書き足された感じ?
よく判らないけど。

みんなはどう思ったかな!?
[PR]
by by569 | 2008-07-17 10:35 | HEROES/ヒーローズ
f0039573_1601480.jpg
■HEROES/ヒーローズ
#6 分身 「Chapter Six 'Better Halves'」

■キャスト
マイロ・ヴィンティミリア (ピーター・ペトレリ→介護士/ネイサンの弟)
ヘイデン・パネッティーア (クレア・ベネット→高校生チアリーダー)
サンティアゴ・カブレラ (アイザック・メンデス→画家)
センディル・ラママーシー (モヒンダー・スレシュ→インドの遺伝子学教授)
アリ・ラーター (ニキ・サンダース/ジェシカ・サンダース→ネットストリッパー)
マシ・オカ (ヒロ・ナカムラ→サラリーマン)
ノア・グレイ=ケイビー (マイカ・サンダース→ニキの息子)
レナード・ロバーツ (DL・ホーキンス→マイカの父)

ノラ・ゼヘトナー (イーデン・マケイン→モヒンダーの隣人)
ジェームズ・カイソン・リー (アンドウ・マサハシ→ヒロの同僚)
アシュレイ・クロウ (サンドラ・ベネット→クレアの母)
トーマス・デッカー (ザック→クレアの友人)
カリー・ターナー (リサ→クレアの実母)
コルビー・フレンチ (ハンク→クレアの実父)
ジャック・コールマン (ノア・ベネット→クレアの父)
マーク・アラン・スチュワート (ポーカー対戦相手)
ディーン・ナポリターノ (ラスベガス市警)
ポール・ラッシ (アーニー→ポーカー対戦相手)
スティーブン・フル (ポーカー対戦相手)


<ストーリー>

~NY~
ピーターとアイザックは、完成した絵を見つめていた。
その時アイザックの携帯が鳴り、ピーターが電話を取る。
「ヒロ・ナカムラです~」
「剣を持った未来のヒロ・ナカムラからのメッセージを受け取った。チアリーダーを救え、世界を救え」
ヒロはすぐにピーターの話を信じる。

しかし、ピーターたちは相変わらずチアリーダーの居場所が判らず…
何か見落としているかも…
アイザックの絵が数枚足りない。
「そう言えば、シモーヌが絵を売ろうとして何枚か持って行った」


~テキサス州オデッサ~
ついにクレアは実の両親と会う事になる。
クレアは以前から気になっていた特殊能力について探りを入れるが、両親には変わった能力はないようだ。

しかし、その両親とは、ノアが調達したニセモノの両親である事は、クレアは知るよしもなかった…
クレアの実の両親が帰り、ホッとしたのか、サンドラはクレアが小さい頃にかかった病気の話を始める。
「あなたが小さい頃、染色体の病気が見つかったの。でも体は正常で…ただ、咳が酷かったけど」


~ラスベガス~
自宅前に警察が監視して居ると言うのに、ニキの夫DLはどうやって家の中に?
「オレはリンダーマンから金なんて盗んでいない。何者かが金を盗み、仲間を殺した。殺害したのは女だ。女の名を聞き出してみせる!!」とDLは告げる。

翌朝、DLに「夜中にベッドから抜け出してどこへ行ってた?」と聞かれ、全く身に覚えのないニキは戸惑う。


ヒロとアンドウの前に、以前ポーカー対戦した男が現れ、見知らぬ場所に連れて来られる。
ここでポーカー対戦をしろと言うことらしい。
しかし、ポーカー対戦相手の1人アーニーが銃を隠し持っているのを偶然観てしまったアンドウは、ヒロを連れてトイレに逃げ込む。
2人でトイレに行っている隙に、ドアの向こうでは人の争う声が…
「どうする?助ける?」
そんな相談をしている間に、銃声が響く。
急いでトイレの窓から逃走するヒロとアンドウ。


ニキとDLは、女の情報を握る人物のアジトに潜入。
しかしそこにはバラバラにされた男たちの死体が転がっていた。
(アジトは、昨夜ヒロとアンドウがポーカーをしていた倉庫でした。偶然トイレに行ってて良かったよぉ~)


~NYブルックリン~
もうすっかり父親の研究を調べる気が失せてしまったモヒンダーはインドへ帰る準備を進めていた。
「未来から男が来てチアリーダーを助けろってピーターに言った」とイーデンに教えるモヒンダー。
(イーデンにそんなにペラペラ喋っていいのかなぁ~。この人あんまり信用出来ない感じ…どこから見ても怪しい顔してるよ!)

イーデンからノアに電話が入る。
(ほらな~。やっぱり怪しかったよ、この女)
「モヒンダーが言ってたけど、時間を止める男が居たそうよ。その人が、チアリーダーを救えとピーターに言ったらしい」
この報告にはノアも衝撃を受ける。


ニキは、ついにもう1人の自分ジェシカと対面。
「ニキ、私たち協力しましょう」
はじめは反発するニキだったが、「DLをハメて200万ドル奪って仲間を殺したのは、私よ。お金を持ってマイカを連れてDLから離れるのよ」とジェシカから聞き、ジェシカの言う通りにした方が良いかも…と思い始まるニキ。

別の部屋では、マイカは「パパには秘密があるね。ママにもあるんだ」とDLに告げる。

ジェシカが天井裏に隠した現金と銃を見つけたニキは、こっそりマイカを連れて逃げようとしていた…が、DLが既に背後に迫っている。
「お前が殺したのか?」
2人は言い争いになり、お互いの能力を目の当たりにする。
(マイカも目がテンだよ)


一方、NYでは、アイザックのアパートを訪ねるイーデンの姿があった…

(第7話へつづく…)


**********

観れば観るほど、ヒロって可愛いですね。
「剣を持って未来から来たボク?」
ピーターが話した内容があまりにも突飛で、怪訝そうなアンドウに対して(←これが通常の反応)、ヒロは1人でニヤニヤしてます。

また、ヒロとアンドウが2人でトイレに立つシーンで「日本ではそう言う習慣なんだ」ってセリフがあったけど、本当にそうだと思ったアメリカ人、多いと思うよ~

ニキの夫DLの能力にはマジ驚いた。
「オレを閉じ込める事は出来ない」とか、掛かっていたはずの鍵を開けて「いや、開いてたよ」などのシーンから、この男、何かある!とは思っていたけど、まさか…「通り抜けの術」かいっ!
この能力、ほすぃ~


なんだか、イーデン、嫌い…
[PR]
by by569 | 2008-06-22 16:12 | HEROES/ヒーローズ
f0039573_20305543.jpg
■HEROES/ヒーローズ
#5 ヒロ 「Chapter Five 'Hiros'」

■キャスト
エイドリアン・パスダー (ネイサン・ペトレリ→議員候補)
マイロ・ヴィンティミリア (ピーター・ペトレリ→介護士/ネイサンの弟)
ヘイデン・パネッティーア (クレア・ベネット→高校生チアリーダー)
サンティアゴ・カブレラ (アイザック・メンデス→画家)
センディル・ラママーシー (モヒンダー・スレシュ→インドの遺伝子学教授)
アリ・ラーター (ニキ・サンダース/ジェシカ・サンダース→ネットストリッパー)
マシ・オカ (ヒロ・ナカムラ→ジャパニーズビジネスマン)
ノア・グレイ=ケイビー (マイカ・サンダース→ニキの息子)
グレッグ・グランバーグ (マット・パークマン→警官)

レナード・ロバーツ (DL・ホーキンス→マイカの父)
ジェームズ・カイソン・リー (アンドウ・マサハシ→ヒロの同僚)
エリザベス・ラッキー (ジャニス・パークマン→マットの妻)
アシュレイ・クロウ (サンドラ・ベネット→クレアの母)
マット・ランター (ブローディ・ミッチャム→クウォーターバックの人気選手)
ユージン・バード (ネイサンの秘書)
アーチー・カオ (ドクター)
ディアドレ・クイン (ティナ→ニキの友人)
マイケル・ライリー・バーク (刑事)
ニコール・ビルダーバック (サカモト→ホテル支配人&リンダーマンの部下)
ジャック・コールマン (ノア・ベネット→クレアの父)
ジミー・ジャン=ルイ (ハイチ人→ノアと共に行動する黒人)
アダム・ハリントン (救急隊員)
マイク・フォイ (コンビニ強盗をしようとした男)


<ストーリー>

~NY~
「チアリーダーを救え。彼女を死なせるな。彼女の居場所はアイザックが知ってる。」
戸惑いながらもヒロの言葉を聞くピーター。
「ボクから連絡が入ったら、どこで会うか教えてくれ」と告げヒロは立ち去る。
と同時に制止していた時間は動き出す。
訳が判らず挙動を繰り返すピーターに冷たい視線のモヒンダー。
「もう一度アイザックに会いに行こう!」
ピーターの説得も空しく、モヒンダーの協力は得られなかった。
(本当にいざという時、モヒンダーってダメダメだな)


~ラスベガスのホテル~
ニキと楽しい時を過ごし、ご機嫌(?)のネイサンの前に登場した謎のサラリーマン風の男(ノア)と怪しい黒人。
ネイサンは下着姿のまま、ノアとハイチ人から逃げ回り、ついにホテルの外へ。
前方には金網の高い壁…
これまでか!
と思った瞬間、ノアとハイチ人の目の前で、ネイサンは空高く飛び、逃げ切る。
(残った2人の男は唖然~)

ネイサンが行方不明に秘書は大慌て。
キチンと仕事をしたと思われたニキは、借金を帳消しにしてもらう。


~ラスベガス郊外のカフェ~
アンドウとケンカをして1人っきりになったヒロは、ネバダの砂漠の真ん中にあるカフェへ入る。
窓の外をぼんやり見ていると、空から人間が降りてくる。
下着姿のネイサンだった。
そのままカフェに入ってくるネイサンに、店員と客は目がテン…

ヒロは早速ネイサンに話しかける。
「今、飛んだでしょ?ボクらは特別です…ムフフ」
ネイサン、ヒロに冷たい視線。
(自分だって空飛んだくせに、ヒロの事そんな目で見るなー!)

ヒロの時空を超えられるという話を聞いて、ネイサンはつい聞かずには居られない質問を投げかける。
「オレは当選するかな?」
「大差で勝ちましたよ!」
ニヤつくネイサン。


~テキサス州オデッサ~
クレアは助手席にブローディを乗せ、アクセル全開で壁に車を激突。
クレアもブローディも重傷で病院に運ばれる。
病室にクレアと父ノアが2人きりになった時、クレアは告白する。
「実はブローディにレイプされそうになった。被害者がこれ以上増えないようにこんな事をした」と…
それを聞いたノアは、ブローディの病室に!
ブローディはノアを見て「あいつはわざと車をぶつけた。人間じゃない!」
「クレアは特別な子なんだ」
ノアの目がキラリと光る「過去の記憶を消してやる。全部空っぽにしろ」
いきなり登場するハイチ人。
(この2人は必ずセットなのね~)

回復の早いクレアは歩いてブローディの病室に来る。
しかし彼の反応は驚くべきものだった。
「君、誰?」


~NY~
ピーターはやっとアイザックに会う事が出来た。
「君の絵の通り、ボクは空を飛んだんだ!」
(あんた何言ってんの?的なアイザックの冷たい視線…)

クレアの絵を見つけたピーター。
「アイザック、このチアリーダーは誰?」
「知らないよ」
「この爆発が起きたらみんな死ぬ。この絵を完成させてくれ」
「ヤクがないと描けない…」

ピーターはジッと絵を見つめる。
「絵が見える!!」
「絵心があるのか?」
「ないよ」(ガクッ)
(この時初めてピーターの特殊能力を知ったんですよ!)

ついに絵が完成する。

アイザックの電話が鳴る。
「どうせ日本人からの間違い電話だよ」
…日本人から?
電話に出るピーター。
「あ、アイザックさんですか?」
「あなたは?」
「ヒロ・ナカムラで~す!」
「ボクはピーター・ペトレリだ。君に伝えたい事がある」

(第6話へつづく…)


**********

今回、吹替えじゃなく、DVDを借りて二ヶ国語版で観たんですが、なんか…二ヶ国語版の方が面白く感じるのは私だけでしょうか?
だって吹替えだと、ヒロもアンドウもずっと日本語なんですよね~

二ヶ国語版で観たのが良かったのか、そもそも面白くなりかけてきた頃なのかはハッキリ言えないけど、第5話が終わって、初めて「なんだこれー。超面白い~~!」と感じました。
これからはお金掛かるけど、DVD借りようっと。
やっぱ、吹替えはダメだね。

↑のストーリーでは割愛させていただきましたが、マットがコンビニ強盗を直前で阻止したり、ネイサンとニキが「部屋の中は全て録画されてたみたい」と話し合ったり、ニキの夫DLが登場したり、アンドウがニキに会いに自宅へ押しかけたり(まるでストーカー)、などなどのエピソードもありましたよ。

しかし、何回も言っちゃうけど、モヒンダー使えね~
インドへ帰れ!(もう帰ったか?)

いや~、ピーターの特殊能力には驚いた。
最初は、ネイサンと共に空が飛べるのかと思ってたんですよ。
だって本当に飛んだし。
しかしその後、公園で飛ぶ練習しても落下するばかり。
今回アイザックと一緒に居たピーターが、アイザックのように絵を描き出したシーンで、初めて彼の能力を知った訳でして~
ピーターってすごいじゃん!
ちょっと感動…
だから、モヒンダーに向かって「ボクは空を飛べる」って言っても無理だわね。
「じゃ、飛んでみ」って言われても飛べないもんね、ネイサンが近くに居ないと…


テレビドラマ「CSI:科学捜査班」で活躍のアーチー・カオが登場した!!
ドクター役で…
ちょい嬉しいぞ。
[PR]
by by569 | 2008-06-18 20:39 | HEROES/ヒーローズ
f0039573_1442058.jpg
■HEROES/ヒーローズ
#4 遭遇 「Chapter Four 'Collision'」

■キャスト
エイドリアン・パスダー (ネイサン・ペトレリ→議員候補)
マイロ・ヴィンティミリア (ピーター・ペトレリ→介護士/ネイサンの弟)
ヘイデン・パネッティーア (クレア・ベネット→高校生チアリーダー)
サンティアゴ・カブレラ (アイザック・メンデス→画家)
センディル・ラママーシー (モヒンダー・スレシュ→インドの遺伝子学教授)
アリ・ラーター (ニキ・サンダース/ジェシカ・サンダース→ネットストリッパー)
マシ・オカ (ヒロ・ナカムラ→サラリーマン)
ノア・グレイ=ケイビー (マイカ・サンダース→ニキの息子)
グレッグ・グランバーグ (マット・パークマン→警官)
タウニー・サイプレス (シモーヌ・デヴォー→アイザックの彼女)

ノラ・ゼヘトナー (イーデン・マケイン→モヒンダーの隣人)
ジェームズ・カイソン・リー (アンドウ・マサハシ→ヒロの同僚)
マット・ランター (ブローディ・ミッチャム→クウォーターバックの人気選手)
ユージン・バード (選挙運動マネージャー)
ダニエル・サヴレ (ジャッキー・ウィルコックス→チアガール)
アシュレイ・クロウ (サンドラ・ベネット→クレアの母)
ディアドレ・クイン (ティナ→ニキの友人)
トーマス・デッカー (ザック→クレアの友人)
ニコール・ビルダーバック (サカモト→リンダーマンの秘書?)
ジミー・ジャン=ルイ (ハイチ人→マットがバーで見掛けた男)
ジャック・コールマン (ノア・ベネット→クレアの父)
トニー・ルイス (検死医)
マット・ブシェル (リンダーマンの部下)
クリスティン・ヴィッチ (ルーレットディーラー)
マーク・アラン・スチュワート (アンドウのポーカー対戦相手)
アシュレー・ギレスピー (ロリ・トラメル→クレアの同級生)
マーク・ニアリング (ネバダ州警察官)
ランドール・ベントレー (ライル・ベネット→クレアの弟)
ペイデン・ロパーチン (ブローディの次なる被害者)
マーティン・マチュー (ルーレットプレーヤー)


<ストーリー>

~ 現在地不明 ~
マットは見知らぬ施設の一室で目を覚ます。
最後の記憶は、バーで飲んでいたはず…
薬で眠らされここまで連れて来られた。
彼の体には検査器具が装着され、彼の能力について検査を行なっている。
目の前にはバーで見掛けた黒人の男と、初めて見るメガネをかけた男…(←これ、クレアの父ちゃんね~)

~ ネバダ州ラスベガス カジノ ~
ニキとマイカはリンダーマンに呼び出され、とあるカジノの一室へ向かっていた。
(その時、ニキはヒロとすれ違う)
リンダーマンの頼みを聞けば借金はチャラにしてくれるらしい。
その条件とは、これからラスベガス入りをする議員の相手をする事だった。
金のためと割り切り、カジノで偶然を装いネイサンに近づいたニキは、彼の部屋へ。

ヒロとアンドウはカジノに興じていた。
ついヒロは自身の能力を使い、金儲け。


~ テキサス州オデッサ ~
解剖中に目覚めたクレアは、裂かれた胸をあっという間に繋ぎ合わせ、解剖医の目を盗み部屋を出る。
今まで解剖していた死体が突如消えて、慌てふためく解剖医。
クレアが死んだと思っていたブローディは普通に学校に現れたクレアに驚く。
(そりゃ驚くわ~まだ1日しか経ってないのに、クレア元気なんだもの)
ブローディーが次々と女を誘っては襲いまくってると知ったクレアは、ついに復讐に出る。
彼の車をクレアが運転し、ブローディーを助手席へ座らせる。
アクセル全開の猛スピードで壁に激突する。
(このスピードなら普通なら即死…?)

~ マンハッタン ~
アイザックは薬を打ち、またしても絵を描く。
少女(クレア)が黒い影から逃げる絵…など。

~ ミッドタウン ~
最近支持率が上昇中のネイサン。
リンダーマンに会うためにラスベガスへ向かうネイサンに近づく1人の男、それはモヒンダーだった。
「最近変化はありませんか?」
ネイサンのSPがモヒンダーを近づけないようにする。
もちろんネイサンもモヒンダーをシカト…

~ ブルックリン ~
モヒンダーの荷物を預かっていたイーデンは、彼に箱を届ける。
箱の中身は、モヒンダーの父の遺灰だった。
ピーターがモヒンダーのアパートにやって来て、「ボクは、スレシュ博士が言っていた特殊能力を持つ1人だ」と告げる。
また、ピーターは「アイザックが未来を描く画家である」とモヒンダーに伝え、2人はアイザックのアパートへ向かう。
…が、アイザックとは結局会えず。
そのまま戻るしかないピーターとモヒンダー。

彼らが地下鉄に乗っていると、突如時間が制止。
動くものはピーターだけ。
一体何が起きたのが状況が飲み込めないピーターは恐怖を感じる。
すると突然、自分以外の人間の気配が…

1人の男がピーターの前に現れ告げる。
「ピーター・ペトレリ?まだ傷がないんだな。ヒロ・ナカムラだ。未来から来た。メッセージがある」

(第5話へつづく…)


**********

なんだって、まぁ~ヒロってば、だいぶ今のヒロとイメージが違いますね。
カッコイイー♪
微妙にジャッキー・チェンの息子に顔似てたな…
もしや刀を背負ってた?

今回のモヒンダー、ちょいと共感できなかった。
サイラーの家に不法侵入してまで父ちゃんの研究を追及しようとしてた彼なのに、目の前に捜し求めていた「特殊能力を持ってる男(ピーター)」が現れた瞬間、どうして「嘘つくな!」って態度なの?
「アイザックも未来を描くよ」とピーターが教えてあげても「そんな話、俄かには信じられない」ってさ。
あんたの信念は何なのよって感じ?
インドへ帰れ!
(結構モヒンダー、好きだったのになぁ…ブツブツ)

個人的には、シモーヌって好みじゃないなー
ピーターとアイザックを両天秤だって!?
もっと可愛い女性だったら判るけど、男2人が奪い合うような女じゃないよ…ね?
(シモーヌのファン、ごめん)
[PR]
by by569 | 2008-06-09 14:22 | HEROES/ヒーローズ