小六のB級A画館 by569.exblog.jp

ジュリアス・シーズー・小六です。ほぼネタばれ有り、ややB級寄りだから、ご注意を。ここでは気に入っている映画&海外ドラマを紹介してます。画像・イラストの無断持ち出しは禁止でございまする。


by by569
プロフィールを見る

カテゴリ:CSI:4( 20 )

■CSI:4 科学捜査班 #82(シーズン4-13)
牙を持つ人々 「Suckers」

■監督 ダニー・キャノン
■製作総指揮 ジェリー・ブラッカイマー他

■キャスト(レギュラー)
ウィリアム・ピーターセン(ギル・グリッソム→昆虫学)
マージ・ヘルゲンバーガー(キャサリン・ウィロウズ→血痕分析)
ゲイリー・ドゥーダン(ウォリック・ブラウン→オーディオ・ビジュアル分析)
ジョージ・イーズ(ニック・ストークス→毛髪・繊維分析)
ジョージャ・フォックス(サラ・サイドル→要素・元素分析)
ポール・ギルフォイル(ジム・ブラス)
ロバート・デヴィッド・ホール(アル・ロビンス)
エリック・ズマンダ(グレッグ・サンダース)

■キャスト(ゲスト)
ダニー・ヒューストン(タイ・カールフィールド→カジノマネージャー)
シャーマン・オーガスタス(セキュリティーチーフ)
ウェンディ・ガゼル(サマヴィル夫人→アンジェラの母)
アラン・ジェルファント(スコット・サマヴィル→アンジェラの父)
ジェームズ・ハヴェン(ラザルス・カーン→アンジェラの元彼)
スティーヴン・リー・アレン(ブランドン・ミラー→警備員)
ジョエル・ビソネット(ボビー・ジョーンズ→医師)
サム・ドゥミット(アンジェラ・サマヴィル/Daegana)
チェセルカ・リー(ジョイス→ヴァンパイア)
ジャッキー・マックスウェル(アリス→ヴァンパイア/Luminessa)
キンバリー・マックロー(ヴァンパイア)
デヴィッド・チャン(ユリ・ヤマモト/グレアム・チェン→骨董品収集家)
キャメロン・ベンダー(ライフガード)
マギー・イーガン(HIV検査の患者)
メイ・メランソン(ヴァネッサ・グリーン→展示品記録係)
デヴィッド・バーマン(デヴィッド・フィリップス→CSIスタッフ)
アンドレア・ロス(女性警官)


<ストーリー>

グリッソム、ニック、サラの事件は…
日本人実業家ヤマモト氏所有の17世紀の日本骨董展示会がカジノホテルで行われていた時、会場の外のプールに溺死体が浮いているのが発見される
しかし、その溺死体は心肺蘇生訓練用の人形を使ったイタズラであった

ここで、為になる知識が…
溺死は沈んでしまうんですって
腐敗してから浮いてくるそうです
勉強になりますっ!

のちに訓練用の人形がマコーレーって名がついていると言うエピソードあり
名前の由来は、常に口が開いてるから、マコーレー・カルキンだそうで…

しかし、みんな軽装なのに、サラだけボア付きのダウンジャケットって、どんだけ寒いんですか?



この溺死に見せかけたイタズラで全員の目をこちらに向けさせておき、実は犯人側の目的は、今回の展示品強奪だった
盗まれたものは日本刀

展示室にいた警備員ブランドン・ミラーは、ガムテープによって体を拘束された状態
「犯人の姿は見ていない、背後から突然殴られ気を失い、気づいたら縛られていた」と


現場の証拠品として…
鎧兜の展示ガラス前の床に、甘い香りのする液体→液体シロップだった
展示室内に警備員を拘束する為に使用したカムテープ(ガムテープは千切られずにキレイにカットしてある)
ガムテープの端に親指の部分指紋あり

「ここはカジノだ。普通は金を盗むのに何故刀を?」グリッソムはどうも腑に落ちなかった

グリッソム「サラ、日本史の知識は?」
サラ「全然っ!」
って答えていたけど、確かに全然判らないと思う
日本人のおいらだって、日本史、微妙だもん


調査後、展示品は、全て会場の金庫室へ移される

ガムテープの端に付着していた親指の指紋は、いすに縛られていた警備員ブランドン・ミラー本人のものと判明
彼は、回転イスに座り、自分でガムテープを体にぐるぐる巻きつけ、犯人に拘束されたように見せかけた自作自演だったのだ
とは言え、ブランドン・ミラーが自分の服の中に日本刀を隠していたとは思えない
となると、まだこの会場内に隠してあるのでは?
予想通り、天井裏に隠してあった日本刀を発見する

盗まれた日本刀が見つかった事を所有者のヤマモトに報告した際、ヤマモトから「私のコレクションに鎧兜はない」と言われ、戸惑うグリッソム
全ての展示物を保管してある金庫室を開けると、中は空になっていた

カジノマネージャーによると、「金庫の中には、ヤマモト氏の全コレクションと、現金1000万ドルが入っていた」と
1000万ドル分の紙幣帯が散乱している

展示品に紛れて、鎧兜の中に人が潜んでいた事になる
液体シロップは犯人の食料だったに違いない
また、金庫室内で尿パックと小型録音機も発見
金庫室の鍵は、キーコードの電子音を録音しておき、その音で暗証番号を割り出したと思われる


金庫室内には監視カメラはないが、廊下に出る所にある監視カメラをチェックし、犯人の姿を確認
犯人は、社員のIDカードで外へ出て、駐車場に移動し、車に乗り込んでいた
その時に運転席に座っていたのは…
警備員のブランドン・ミラーだった

鎧兜に入っていた犯人の顔は残念ながらサングラスを掛けていて確認できず


「ホテル従業員は3000人も居るんですよ!それを1人1人照合するなんて~」の半泣きニックに対して、「よ~し、頑張れ」と言いながら立ち去るグリッソムとサラ
ニック、頑張ったよなぁ~

ホテルの従業員全員と照合し、犯人は、ホテルのプール係ネイサン・ポラードと判明
彼はここ4日、無断欠勤をしていた


ヤマモトの全コレクションを押収し調べると、なんと、全部ニセモノと判明

「刀に指紋がある~」と喜んで指紋採取してたニックが、テープをベリッとはがした瞬間、刀の一部が剥げ落ちて真っ青になってましたよ、可哀想に


全てニセモノなら、ホテルの展示品記録係もさすがに気づくはず
しかし、記録係のヴァネッサ・グリーンは海外旅行中、それではヤマモトに話を聞きに向かうが、ヤマモトの姿もなかった

これで、警備員ブランドン・ミラー、鎧兜の中に入っていたプール係ネイサン・ポラード、展示品記録係ヴァネッサ・グリーン、展示品所有者ヤマモト、全員が行方をくらました事になる

どういう事?


押収した日本刀の鞘の部分も象牙ではなくエミューの骨を加工してあった
そこで、エミューの骨を輸入している輸入業者に確認し、ベガスの会社にそれを売ったと判明
その会社の倉庫へ向かう
倉庫内には誰もいなかったが、オペラ「ザ・ミカド」のポスターが貼られていた

この会社の社長グレアム・チェンの顔写真はヤマモト本人であり、キャストの顔も、ブランドン・ミラー、ネイサン・ポラード、ヴァネッサ・グリーンであった

グリッソムは、「ザ・ミカド」のテーマソングを口ずさむ
なんと、その音階は、ホテル金庫室の暗証番号の音と同じだった


グリッソム「ニック、オペラはきくか?」
ニック「いえ~」
確かに、ニックとオペラ
あり得ないと思う…



グリッソムはこの一連の事件は、カジノマネージャーの仕組んだ事だと確信

理由は、1000万ドルは99キロにもなる
鎧兜に入っていたネイサンが盗んだ事になっているが、監視カメラを見る限り、どう考えてもネイサンが99キロの現金を持って逃走したようには見えない
となると、紙幣帯は散乱していたが、現金が本当にあったかどうかは怪しくなる
1000万ドル盗難にあったと保険会社に申請して、保険金を受け取るつもりだったのでは?と追及

が、マネージャーは「全て憶測だ」とシラを切る

「ま、保険金はあてにしない方が良いよ」と言いながらグリッソムは立ち去る



キャサリン、ウォリックの事件は…

空き家の一室でアンジェラ・サマヴィルの遺体が発見される
頚部に刺し傷2ヶ所
検死官デヴィッドによると、2つの刺し傷の間隔は32ミリ、これは成人男性の犬歯の間隔と一致するらしい
死因は失血死、ただ血液はどこにも見当たらない

キャサリン、ウォリック、デヴィッド…
無言で顔を合わせて
「まさか…吸血鬼?」

「でもノドを咬まれたならDNA採れるね」と冷静なキャサリン
さすが~



空き家の別の部屋には、床一面赤いペンキで書かれたアンク十字のシンボルが残されていた
アンジェラの足首にも同じアンク十字のTATTOOあり
また、アンジェラの犬歯に牙のような尖った歯がつけてあり、ヴァンパイアマニアと思われる

アンジェラのヴァンパイア仲間から、アンジェラの彼氏ラザルスの存在を知る
しかし、ラザルスはアンジェラとは「別れた」と
アンジェラの傷に残っていたDNAとラザルスのDNAは一致しなかった

ヴァンパイアと同じように血液を飲用していたアンジェラは、HIV検査を行っていた
彼女が検査に通った病院へ

血は飲むけど、やっぱりHIVは怖い訳だ
じゃ、飲むなよ…



ジョーンズ医師の個人用の冷蔵庫を開けると、中には血液を入れたボトルが
調べるとその血液はアンジェラの血であった
しかもアンジェラが検査に訪れたのはもう1ヶ月以上も前になるのに、冷蔵庫の中の血液は1週間未満の新しいもの

ジョーンズを追及すると、「ボクは本物のヴァンパイアだ。ずっとアンジェラを見てた。彼女の血を吸ってボトルに詰めたんだぁ~。彼女は今、ボクの中に居る~」

ヤバイ、ヤバイよ…こいつ



<ちょいと新発見&簡単メモ>

1.グリッソムはオペラに強い、そしてニックはオペラに弱い

2.グリッソムは日本史に強い、そしてサラは日本史に弱い
[PR]
by by569 | 2012-02-21 00:39 | CSI:4
CSI:4 科学捜査班 #81(シーズン4-12)
蝶の亡霊 「Butterflied」

■監督 リチャード・J・ルイス
■製作総指揮 ジェリー・ブラッカイマー他

■キャスト(レギュラー)
ウィリアム・ピーターセン(ギル・グリッソム→昆虫学)
マージ・ヘルゲンバーガー(キャサリン・ウィロウズ→血痕分析)
ゲイリー・ドゥーダン(ウォリック・ブラウン→オーディオ・ビジュアル分析)
ジョージ・イーズ(ニック・ストークス→毛髪・繊維分析)
ジョージャ・フォックス(サラ・サイドル→要素・元素分析)
ポール・ギルフォイル(ジム・ブラス)
ロバート・デヴィッド・ホール(アル・ロビンス)
エリック・ズマンダ(グレッグ・サンダース)

■キャスト(ゲスト)
エリン・ヘイズ(デビー・マーリン→被害者)
ジョシュ・スタンバーグ(トリプトン医師)
ジェイムズ・パトリック・スチュアート(アダム・マシューズ弁護士)
ティンズリー・グライムズ(ケリー・マクニール→デビーの友人)
リッチ・ハッチマン(ジェフ・パイク→デビーの隣人)
カイル・セコー(ヴィンセント・ルーリー医師)
ジェフ・スガーマ(マリガン医師)
マイケル・ディーズ(マイケル・クラーク医師→デビーの恋人)
デヴィッド・バーマン (デヴィッド・フィリップス→CSIスタッフ)
ロミー・ローズモント (ジャッキー・フランコ→CSIスタッフ)


<ストーリー>

若い看護師デビー・マーリンが自宅のシャワールーム内で殺害
遺体は、正座をし、お辞儀をするような不自然な姿であった

しかもデビーの腰には蝶のTATTOO♪グリッソムは虫好き♪この事がより一層グリッソムの関心を引いたのか?


グリッソムは、初めてデビーの遺体に対面した際、デビーの顔がサラにソックリな事に気づく

グリッソム、デビーの顔をガン見してましたねー
確かに、デビー役の女優さん、サラに顔似てます


事件担当は
ウォリックはデビーの車内
キャサリンは室内
サラは屋外

サラは、屋外調査にやや不満気味
グリッソムに「サラは外」と言われ、「何でよ~」と不満を口にするも却下
この時の、グリッソムのサラに対する態度が変過ぎる~
グリッソムって淡々としているようで、すごい子供っぽいですよねー



ウォリックは、デビーの愛車ホンダと、デビーの親友であり通報者でもあるケリーの愛車ワーゲンの調査担当
しかしブラスが「デビーのホンダ車だけで良いんじゃね?」と手抜きのアドバイス

デビーの隣人パイクの証言から、デビーには、同病院に勤務する医師マイケル・クラークという名の恋人がいた事、また、死亡当日にもマイケルの黒のメルセデスが彼女の家の前に駐車してあった事が判明する

ウォリックとサラは、特に「これ!」と言う決め手もなくブラブラ…
デビーの冷蔵庫を開けてみたり~



グリッソムとキャサリンは殺害場所と思われるバスルームの調査

またしてもグリッソムったら、デビーの顔をジロジロ
見すぎだっつの



バスルームに充満する漂白剤の香り
バスタブと洗面台から漂白剤と血液が検出される
殺害場所のシャワールーム以外は全てきれいに掃除してあったが、デビーの自宅には、掃除用クレンザーもスポンジも一切なく、犯人が持ち去ったか、外のゴミ箱か?

ゴミ箱から、血液の付着した証拠品と共に、バラバラに切断されたマイケルの遺体が発見される
グリッソム以下全員が、マイケルを容疑者と考えていたが、彼が殺害されていたとは…

マイケルの解剖の結果は、
切断面は鋭利な刃物で切られている=手術用メス?
犯人は解剖の知識のある人物

↑もう犯人は「医師」って言ってるようなものですな
「メキシコ沖で10キロのフエダイを3枚に下ろすのに30分かかったよ~」と何気に釣り自慢をするロビンス先生もまたグー♪
グレッグは「看護師だなんて、いっぱい男居たんだろうなぁ~」としみじみ



マイケルのメルセデスがマッカラン空港の駐車場で発見される
もちろん車内もきれいに掃除済み
運転席のシートの位置から、身長は175センチ以上である事が判明する


ここで、CSI全員でオフィス内ミーティング
グリッソムだけ、現場に居て電話で参加

現場の状況から見て、デビーはシャワールーム内で殺害、マイケルはバスルームで殺害された
デビーは首をメスで切られ即死
何故デビーは一瞬で殺害し、マイケルの事は半日もかけてバラバラにする必要があるのか
犯人が憎んでいたのはマイケルだったのでは?

グリッソムだけ電話で参加だなんて、一体どこにいるのかと思ったら、単独でまだデビーの家に居たんです~
デビーの写真や蝶のインテリアなどを見つめ、ぼ~っとしてます
大丈夫かいね、主任

キャサリンがデビーの家に来て、グリッソムが居たもんでビックリ!
「主任、もしかしてずっと帰ってないの?」
「お腹空いちゃったよ~」
って、主任とキャサリンって、母と図体のでかい子供みたいだ…



グリッソムとキャサリンは二人でデビーの家の調査
ベッド周辺の調査時、グリッソムが、ベッドマットの下からヒモを発見
これは?

キャサリンってば「主任は知らないかもしれないけど、こんな事もこんな所も使うのよ」と何の説明だ
しかもグリッソムも真面目に聞いてるし
やっぱりこの二人、母と息子だ…



グリッソムは、デビーの宝石箱から千切れた蝶のアクセサリーを見つける
「犯人は自分が彼女に贈ったプレゼントを取り戻そうとしたのかもしれない」
また、宝石箱が置かれていた棚から、1本の毛髪を採取

その毛髪は、デビーの勤める病院に勤務するヴィンセント医師のものであった
また、蝶のアクセサリをデビーに贈った事は認めはしたが、医師は「殺人事件に関しては知らない」と否定
結局、証拠が揃わずに逮捕には至らなかった


グリッソムがリキ入って語ってましたが、ドクターの心には響かなかったようですな
「動機は確信している。自分を捨てた彼女と彼氏に嫉妬したんだろう。彼女の為に全てを捨てる事が果たして出来るのか…私には出来ない、あなたはした。」
逮捕できずに、グリッソムの深いため息でおしまいでしたー
残念です
主任、お疲れさま…



**********


<ちょいと新発見&簡単メモ>

1.グリッソム、事件の被害者がサラ似だったせいか、捜査にのめりこみ過ぎ

2.キャサリンは、デートの時は必ずベッドシーツを取り替えるらしい
それをグリッソムは真面目に聞いてるし…

3.ウォリックの身長は、188センチ

4.ニックは、全く出演なし
一応、「法科学の会議に行っている」と言う設定になっていました

5.ロビンス先生は、釣りが趣味
メキシコの沖で10キロのフエダイを釣った経験あり(やや自慢気味)

6.トリプトン医師役のジョシュ・スタンバーグは、CSI:マイアミの第6話「魔の手」と第11話「吸血の森」で、(たぶん)CSIスタッフ役で登場しています
[PR]
by by569 | 2011-02-21 12:38 | CSI:4
■CSI:4 科学捜査班 #80(シーズン4-11)
地獄の12人 「Eleven Angry Jurors」

■監督 マット・アール・ビーズレイ
■製作総指揮 ジェリー・ブラッカイマー他

■キャスト(レギュラー)
ウィリアム・ピーターセン(ギル・グリッソム→昆虫学)
マージ・ヘルゲンバーガー(キャサリン・ウィロウズ→血痕分析)
ゲイリー・ドゥーダン(ウォリック・ブラウン→オーディオ・ビジュアル分析)
ジョージ・イーズ(ニック・ストークス→毛髪・繊維分析)
ジョージャ・フォックス(サラ・サイドル→要素・元素分析)
ポール・ギルフォイル(ジム・ブラス)
ロバート・デヴィッド・ホール(アル・ロビンス)
エリック・ズマンダ(グレッグ・サンダース)

■キャスト(ゲスト)
エヴァー・キャラダイン(フェイ・ミンデン→リタの妹)
ビリー・ワース(アーロン・ウェストンソン→容疑者)
ディーン・ノリス(ボブ・ダーハム→陪審員)
ジャック・ロイファー(Mr.ベル→陪審員)
スーザン・メイ・プラット(タラ・ニューサム→陪審員)
アンディ・バーマン(Mr.ジャーヴィス→陪審員)
アンディ・パワース(クリス・ギボンス→陪審員)
サラ・ラファティ(テリー・ミンデン→フェイの妹)
サラ・バクストン(ラナ・デイヴィス→陪審員)
アン・ベタンコート(リゼッテ→陪審員)
ダリル・アラン・リード(セキュルティガード)
チェルシー・ボンド(リタ・ミンデン・ウェストンソン→アーロンの元妻)
エディ・ジェイミソン(ドーシー→CSIスタッフ)
アレックス・カーター (ヴァルタン刑事)


<ストーリー>

陪審員12名のうち、クリス以外は全員有罪を確信していたが、クリスのみが「有罪とは言えない」と主張し、約20日間、缶詰め状態の陪審員たちのイライラはピークに達していた。

ある日、休憩をはさみ陪審員たちが部屋へ戻ると、クリスが死亡しているのが発見される。

グリッソム、キャサリン、サラ、ウォリックが事件を担当。

11名の陪審員に事情聴取したが、結局はクリスが首をハチに刺されたアレルギーショック死と判明し、事件は解決!


グリッソムが、「外部の犯行だな」と冷静に語ってるのが妙に可笑しいですね~
確かに…

しかしハチアレルギーって怖いんですね。
何度か刺されると慣れるって養蜂場の人が言ってたけど…その辺り、どうなんでしょう。

「オレはアレルギーは専門じゃないよ~」と泣いていたグレッグも、キャサリンの「調べろ」の一言で調べてましたが、専門外でも大丈夫なものなんですね。
現場に出たいとグレッグ訴えるも、キャサリンに流され~
グレッグは現場主義なのか。
事件は現場で起きているんだ!
やっぱりグレッグが現場に出るには、人事異動扱いになるんでしょうね。
人事異動の人選もグリッソムの仕事?




さて、ニックの事件は、今から5年前に起きたリタ・ウェストンソンの失踪事件の再調査。
調査を依頼してきたのは、リタの妹フェイ・ミンデン

当時は殺人も視野に入れ捜査し、一時期、リタの夫であるアーロン・ウェストンソンが容疑者になったが、彼のアリバイが成立した為に、結局はリタの失踪として捜査打ち切りになっていた。

「5年前に捜査打ち切りを決定したのはグリッソムだ」と、な~んとなく遠まわしにチクチク嫌味風なニック
でも昇格したいなら、グリッソムを責めちゃダメだぞ~と同僚に言われてます。
「ニックが昇格すべきだったね」と同僚に言われた時には、ニックもちょいと嬉しそう?な感じ。



「当時はウソの証言をしていた。本当の事を話したい」とフェイがやって来る。
彼女の話によると、実はリタの夫アーロンとフェイは不倫関係にあり、その事をリタに見つかり、逆上したアーロンがリタを殴り殺害。
リタの遺体をドラム缶に詰め、近くの川まで運び焼いた…との事。

ニックは、遺体を焼いたとフェイが証言した現場へ向かい、そこの土と、焼いた場所の真上にある木の枝を証拠品として押収。
枝から、無鉛ガソリンの成分が検出される。

この地区一帯は使用燃料を環境庁に登録する事になっている。
調べを進めると、アーロンの燃料はディーゼルであった。
枝の成分とは不一致。
環境庁の登録を再調査し、無鉛ガソリンを登録していたのは、フェイ・ミンデン

ニックはフェイの自宅へ行き燃料を調査
その時ふと納屋が目に入る。

すごい、ニック!
感が冴えてる~


納屋の中を調べると、凶器と思われるハサミを発見。
リタの殺人事件は、アーロンではなくフェイの犯行であった。

アーロンがフェイの妹テリーと婚約したと聞き、姉リタの殺害をアーロンの犯行に見せかけ、テリーと別れさせる計画だったと告白。


このフェイさん、怖いですねー
顔はとっても可愛いんだけど。
そんなにアーロンの事が好きだったのかなぁ

しかし、アーロンも、リタと言う奥さんが居ながらリタの妹フェイと不倫し、その後、フェイの妹のテリーと結婚って…
この人、ミンデン姉妹とつきあってばっかりだね。
もっと他にも居るだろうに~
それとも狭い土地柄で、過疎化が進み若者不足?

リタ失踪事件も無事解決し、ホッとしたニック~
グリッソムに対して、「オレは関係者に感情移入しがちだと言われているけど、それでも構わないと思ってます」
おぉ~、強気は発言!

しかも、ニックってば「主任、ボクは、あなたとは違うんです」なんて事までグリッソムに言っちゃったよ。

ん?
なんか「あなたとは違うんです」
最近…(2009年頃?)聞いたな、これ。




**********



<ちょいと新発見&簡単メモ>

1.グリッソム、ついにニックを昇格させるために推薦状を作成!
やったね、ニック~♪
ま、その推薦が通るかどうかは判りません

2.CSIスタッフのホッジスは、サンフランシスコで行われている会議のため不在

3.ドーシー役のエディ・ジェイミソンって、今回CSIスタッフの役だったのかなぁ?
CSI:2の第18話「暴走バス 24人の運命」でも、エディ・ジェイミソンは(たぶん)CSIスタッフ役で登場していますが、名前がヴィンセントだった…
この情報は、微妙~です
すみません
[PR]
by by569 | 2010-06-23 21:53 | CSI:4
■CSI:4 科学捜査班 #79(シーズン4-10)
歪んだ果実 「Coming of Rage」

■監督 ネルソン・マコーミック
■製作総指揮 ジェリー・ブラッカイマー他

■キャスト(レギュラー)
ウィリアム・ピーターセン(ギル・グリッソム→昆虫学)
マージ・ヘルゲンバーガー(キャサリン・ウィロウズ→血痕分析)
ゲイリー・ドゥーダン(ウォリック・ブラウン→オーディオ・ビジュアル分析)
ジョージ・イーズ(ニック・ストークス→毛髪・繊維分析)
ジョージャ・フォックス(サラ・サイドル→要素・元素分析)
ポール・ギルフォイル(ジム・ブラス)
ロバート・デヴィッド・ホール(アル・ロビンス)
エリック・ズマンダ(グレッグ・サンダース)

■キャスト(ゲスト)
ブライアン・オースティン・グリーン(グレゴリー・カートウェル→建設現場勤務)
キンバリー・ピーターソン(アシュリー・カートウェル→グレゴリーの妹)
ジャック・コンレー(Mr.リッジオー→ベニーの父)
ブライアン・サイツ(ベニー・リッジオー→高校生)
チップ・ジーン(弁護士)
ベイジル・ウォレス(校長)
ジェフリー・J・ダシュナウ(ブライアン・ハディック→被害者)
ジェームズ・デュモン(Mr.ハディック→ブライアンの父)
バリ・ホックワルド(ハディック夫人→ブライアンの母)
ジャスティン・ラニング(アーロン・ギルバート→高校生)
コナー・ロス(ジャレッド・ギルバート→アーロンの弟)
トッド・ジェフリーズ(建設現場監督)
ウィル・スキャッブ(建設現場作業員)
マーカス・ミッチェル(スチュワート・ミッチェル→マーリーンの夫)
ロクサーヌ・ベックフォード(マーリーン・ミッチェル→被害者)
クリス・フォグルマン(ジョニー→銃の練習をする男)
ニコラス・ロイ(トッド→マーリーンの元夫)
ミランダ・ブラック(大声で叫んだ女性)
デヴィッド・バーマン(デヴィッド・フィリップス→CSIスタッフ)
アーチー・カオ(アーチー・ジョンソン→CSIスタッフ)
ジェラルド・マックローチ(ボビー→CSIスタッフ)
ジェフリー・リヴァス(サム・ヴェガ刑事)
スーザン・チャン(警察犬を連れた女性警官)


<ストーリー>

グリッソム、ウォリック、サラの担当事件…
ある建設現場で少年の死体が発見される。

現場の状況と証拠品…

1.被害者の手には引き裂かれた布が握られていた
2.被害者のズボンは膝まで下がっていた
3.ハンマーのようなもので頭部を強打された事による死亡
4.血のついたスニーカーの靴跡

ハンマーが凶器だとしても、ここは建設現場。
作業員全員、ハンマーを持っている。
サラは、全員からハンマーを回収。

1つのハンマーから血液反応が出る。
持ち主は、グレゴリー・カートウェル。

しかしグレゴリーは、事件のあった日は「泊りがけで釣りに行っていた」と事件への関与は否定。

被害者が握り締めていた布の匂いを警察犬に追跡させると、その足どりは近くのショッピングセンターへ向かい、その後、ショッピングセンターの裏手から外へと続く。
警察犬は、近くのゴミ箱の前で停止。
ゴミ箱には、紙袋があり、その中には引き裂かれた布と同じ色の女物の洋服が入っていた。
紙袋の中からレシートも発見。
新しい洋服以外に、カプチーノとイヤリングを購入していた。

ショッピングセンターの監視カメラから、脱ぎ捨てられていた服を着て来店した少女を特定する。
その少女は、アシュリー・カートウェル。
血液反応が出たハンマーの持ち主グレゴリーの妹だった。

アシュリーに話を聞くと、「あの建設現場は危ないと言われていたけど、ショッピングセンターの近くだからよく通っていた。あの日、ブライアンに猫を一緒に探してほしいと声を掛けられ建設現場の中へ連れて行かれ、いきなり襲われた。その時に服が破れたから新しい服を買った」と。
「襲われてショックだとは思うけど、イヤリングやコーヒーを買ったの?」のサラの問いに「よく覚えてない…」の返事。

ブライアンの両親は、「ブライアンは毎日荒れてて困ってた。外出禁止にしたら少しずつ良くなり、バイトも始めて、2週間で500ドルのいい仕事だった」と話す。

現場で見つけたスニーカーの靴跡は、スケボー用の29センチ、ティーンエイジャーが履くタイプの靴と判明。
ウォリックは、ブライアンが通っていた高校に行き、生徒たちの靴をチェックする。
ある少年のスニーカーに血液が付着しているのを発見。
少年はベニー・リッジオー。
付着していた血液は、ブライアンと一致する。

ベニーは、「建設現場にはよく行くし、あの日も行った。ブライアンが倒れていたのを偶然見つけた」と。
しかし事件の関与は否定。

ベニーの自宅を捜査する。
彼の部屋にはスイカを幾つも割った残骸が放置され、そのスイカの全てがギルバート有機栽培のものだった。
また部屋から、ハンマーや歯の矯正ゴム、リップグロス、アーロン・ギルバート宛の宅配便など発見。
歯の矯正ゴムからは、アーロンの弟ジャレッドのDNAが、検出。

ジャレッドを問い詰めると、ベニー、アーロン、ジャレッドの3人がハンマーで殴った実行犯で、計画を立てたのがアシュリーと判明。
突然、真面目になり付き合いが悪くなったブライアンに頭に来た仲間の犯行だった。
その上、ブライアンが2週間に1度もらえるバイト代500ドルを、アシュレー、ベニー、アーロン、ジェレッドの4人で分けていた事も判明する。

しかしアシュレーは、「レイプされそうになった可哀想な被害者を演じて無罪を勝ち取るわ」と反省の色は全くなかった。


一方、ニックとキャサリンの担当事件は…
マーリーン・ミッチェルが胸を撃たれ死亡する。
現在の夫スチュワートと前夫トッドが庭でケンカをしていた時に仲裁に入ったマーリーン。
その瞬間突然マーリーンが倒れ、スチュワートとトッドがマーリーンを見ると既に撃たれていたという証言だった。
スチュワート、トッド、どちらからも発射残渣は見当たらない。
検死の結果、弾の位置は10センチと浅いものであった。

ニックとキャサリンは、ラボで、どうしたら10センチの浅さで弾が停止するか実験。
実験の結果は、
現場から550メートル離れた距離から撃たれた事になる。

その地域を聞き込み調査をすると、2.3日前にジョニーが銃の練習をしていた事が判明する。
本人は10発撃ったと言うが、的に当たったのは9発しかなかった。

的から外れたその1発が、不運にも550メートル離れたマーリーンに当たってしまった事になる。


**********


<感想>

アシュリーには本当に困ったものですね~
サラは怒り心頭!
絶対に有罪にしてやる~と言ってたけど、どうなる事やら。

マーリーンは本当に災難でした。
たまたま弾に当っただけでしょう?
ツイてない…
こんな事もあるんですね。



<ちょいと新発見&簡単メモ>

1.サラは、建設現場員に「こんな可愛い子ちゃん」って言われてましたが…
サラってアメリカ人から見て、可愛い子ちゃんなのかな~?
日本人のおいらから見ると、魅力的ではありそうだけど、可愛い…可愛い…?
微妙…
それとも、お世辞?(ゴメンよ、サラ…)

2.グレッグは、小さい頃に歯の矯正をしていた

3.CSIスタッフのアーチーには彼女がいて、一緒にショッピングに行くらしい
いいね~ヒュ=♪ヒュ=♪
[PR]
by by569 | 2010-04-04 14:43 | CSI:4
■CSI:4 科学捜査班
#78(シーズン4-09) 愛の毒薬 「Grissom Versus the Volcano」

■監督 リチャード・J・ルイス
■製作総指揮 ジェリー・ブラッカイマー他

■キャスト(レギュラー)
ウィリアム・ピーターセン(ギル・グリッソム→昆虫学)
マージ・ヘルゲンバーガー(キャサリン・ウィロウズ→血痕分析)
ゲイリー・ドゥーダン(ウォリック・ブラウン→オーディオ・ビジュアル分析)
ジョージ・イーズ(ニック・ストークス→毛髪・繊維分析)
ジョージャ・フォックス サラ・サイドル→要素・元素分析)
ポール・ギルフォイル(ジム・ブラス)
ロバート・デヴィッド・ホール(アル・ロビンス)
エリック・ズマンダ(グレッグ・サンダース)

■キャスト(ゲスト)
ビリー・キーン(ロジャー・ダンバー→レンタカー使用者)
スーザン・ディオール(ベス・ダンバー→ロジャーの妻)
ベンジャミン・ブライアン(ティミー・ダンバー→ベスの息子)
トム・ギャロップ(ロジャー・ダンバーの弁護士)
トリシア・オケリー(デビー・ダンバー→ロジャーの妻)
アシュレー・ローラン・カニングハム(エイミー・ダンバー→デビーの娘)
ベニー・ニエヴェス(アダム・ワトソン→被害者)
ヴィンス・コラッザ(レンタカー社従業員)
ランディ・J・グッドウィン(マイルズ・ルーベン→歌手)
ダフネ・デュプレ(アメリア・ルーベン→マイルズの妻)
ドン・スターク(サム・ホプキンス→マイルズのマネージャー)
ルイス・ロンバルディ(ウェイター)
ジョセフ・パトリック・ケリー(警官)
ザンダー・バークレー(ロリー・アトウォーター保安官)
アレックス・カーター(ヴァルタン刑事)
デヴィッド・バーマン(デヴィッド・フィリップス→CSIスタッフ)
ジェラルド・マックローチ(ボビー・ドーソン→CSIスタッフ)
エリック・ストーンストリート(ロニー→CSIスタッフ)


<ストーリー>

グリッソム、キャサリン、ニックが担当した事件は・・・

ラスベガスのとあるホテル前で車が大爆発。
爆発は車の後部から前へ抜け、ドライバーのアダム・ワトソンは即死する。

グレッグが起爆装置を探すと、ワイヤーが燃料タンクからダッシュボードに繋がり、デジタル時計の時限爆弾だと判明するが、爆発した車はレンタカーである上、ホテルの前にたった9分しか停車していなかった事から、爆発物を仕掛けたのは時間的にもっと前だと判る。

とすると、アダムの前にこの車を借りていた人物ロジャー・ダンバーが、狙われていたとも言える。

ロジャーの着衣からロケット燃料など使われる物質が検出されるが、「これは子供の火山の工作を手伝った時に付着したものだ」と事件との関連は否定。
彼の自宅に行き、妻ベスに話を聞くと、「息子ティミーの科学コンテスト用に火山を作ったのは確かだが、ロジャーは作っていない」と証言する。
どうもロジャーなる人物に違和感を感じるグリッソムたち。

更にロジャーについて調べると、借りているアパートと自宅の他に、もう1件、彼名義の住所が存在する事が判明する。
その住所へ行ってみると、ロジャーの妻だという女性デビーが出てくる。
「娘エイミーの為にロジャーは火山を作ってくれた」と。

妻ベスの所には土日に帰り、平日は妻デビーの所に住んでいるロジャー。
重婚は犯罪である。
その上、近くに安いアパートまで借りているのは一体どういうつもりなのか。

火山に関しても、
ベスは「ロジャーには作れない」と言い、デビーは「ロジャーが作った」と言うし…


後に、爆弾を作った時のプライヤー痕と、ベスの家のホースジョイント修理に使ったプライヤー痕が一致し、ベスが爆弾を仕掛けたのでは・・・との疑惑が浮上。
彼女に話を聞くと、「彼に女が居る事は知っていたけど、まさか子供までいるなんて。20:30に爆発するよう時間をセットしたはずだったのに。」と罪を告白。

グリッソムの「何故爆弾を?」の問いに「だって火山の噴火くらい簡単に作れるのよ」と一言。



ウォリック、サラが担当した事件は…

人気歌手マイルズ・ルーベンの妻アメリアが滞在先ホテルの部屋のジャグジーで死亡。
当初溺死と見られたが、検死の結果、毒殺の可能性が出てくる。
後に、ジャグジーに置いてあったワインボトルからフッ化水素酸が検出される。

ルーベン夫妻の自宅を捜索中、ガラス窓掃除用の洗剤を発見、その成分にフッ化水素酸が含まれている事に気づく。
マイルズは、「オレは窓ガラスに音符を書くから、そのために洗剤を買ってる」と。

マイルズがアメリアを殺害したとは思えないウォリックは、再調査を行なう。
そこで、洗剤を使う際に使用するゴム手袋に焦げ痕を発見する。
死亡したアメリアの手の甲にも火傷の痕があり、ゴム手袋の焦げ痕と火傷の痕が一致。
洗剤をワインボトルに混入させたのはアメリア本人であり、彼女の自殺であった。


**********


(感想)

重婚をしている旦那もダメダメだけど、爆死させようとする妻ベスってすごいよね~
爆死だよ、爆死!
だって爆発時に他にも犠牲者が出るかもしれないのに…
発想がすごすぎる。

グリッソムの「どうして爆弾を?」の問いに、
「あんなの簡単に作れるんですのよ…なにか?」的な自信にあふれた態度が、あっぱれ!
ベスにとっては火山作りなんて朝飯前な訳ですな。

アメリカって科学コンテストが盛んなんですね~
いろんなテレビドラマで科学コンテストのエピソード登場しますから。
アメリカ国民で火山が作れる人の割合って、すごく多いよ、きっと。
ちなみに、おいらは作れんっ!


アメリアはどうして自殺なんて思いついちゃったんでしょうねー
なんとも勿体ない(何が?)

「おれは窓ガラスに音符を書くのさ」
観てたら、カッコイイ~って一瞬思ったけどさ~
ガラスに書かずに紙に書いてくれ~とも思う。

ガラス掃除するの、超大変なんだよぉ
それがアメリアの自殺の原因かもな…


しかし、しかし!!
シーズン4の第7話&8話、録画してたはずなのに、見当たらない!
どこ行っちゃったのだ?
「科学捜査班のみなさん、探してください」


ですので、第6話から、いきなり第9話に飛んじゃいました。
機会があったら、第7~8話、レンタルしようと思いまふ…



<ちょいと新発見&簡単メモ>

1.みんなで科学コンテスト自慢
グリッソムは科学コンテストでアルゼンチンの黒蟻コロニーを製作
キャサリンとニックは火山を作って優勝候補だったらしい

2.ウォリック、久々にピアノの腕を披露

3.グレッグは、珍しく捜査に参加
[PR]
by by569 | 2010-03-24 22:06 | CSI:4
■CSI:4 科学捜査班
#75(シーズン4-06) 埋められた秘密 「Jackpot」

■監督 ダニー・キャノン
■製作総指揮 ジェリー・ブラッカイマー他

■キャスト(レギュラー)
ウィリアム・ピーターセン(ギル・グリッソム→昆虫学)
マージ・ヘルゲンバーガー(キャサリン・ウィロウズ→血痕分析)
ゲイリー・ドゥーダン(ウォリック・ブラウン→オーディオ・ビジュアル分析)
ジョージ・イーズ(ニック・ストークス→毛髪・繊維分析)
ジョージャ・フォックス(サラ・サイドル→要素・元素分析)
ポール・ギルフォイル(ジム・ブラス)
ロバート・デヴィッド・ホール(アル・ロビンス)
エリック・ズマンダ(グレッグ・サンダース)

■キャスト(ゲスト)
スコット・ウィルソン(サム・ブローン→ランパートホテルオーナー)
ヘンリー・ツェニー(アラン・ブルックス警部補)
キャメロン・ダイ(リーランド・ブルックス→アランの弟)
ネイサン・ウェザリントン(エリック・ブルックス→リーランドの息子)
ブランドン・ビーマー(ロス・ジェンソン→エリックのルームメイト)
ジェフリー・コムス(デイル・スターリング獣医)
アリソン・リード(ドリス→ウェイトレス)
マイケル・ボウエン(マーティ・クーパーマン→スタンドの店員)
ロジャー・ヒューイット(バリー警官)
ハルジー・ダーシー(金物店店員)
クリスティーナ・カルリーシ(シルヴィア・ロジャース→犬の飼い主)
ウォレス・ランガム(デヴィッド・ホッジス→CSIスタッフ)
ヴィクトリア・プレスコット(CSI事務員)


<ストーリー>

CSI検死官のもとへ頭部のみが届けられる。
頭部には獣に噛み付かれた傷と、ナイフで切り裂かれた傷が。
また、顔に付着しているアスペンなどの落ち葉から頭部発見場所を割り出し、グリッソムは単独、ジャックポットへ向かう。

現地のアラン警部補と共に、頭部を発見した犬の飼い主に会いに行く事に。
飼い主シルヴィアの話によると、「頭部を見つけてきてから犬の元気がない」と…

シルヴィアの家の近くで、殺害現場を発見。
頭部が引き千切られた状態で、体はすっぽり土に埋まった死体があった。

慎重に死体を掘り出す。

体に縛られた痕はなく、薬物か毒物で体の自由が効かない状態だった可能性が。
それが原因で、頭部を咥えてきた犬の具合が悪い可能性がある。
またポケットの中から丸めた紙切れを発見。
その紙切れをキャサリンへ送り内容を確認してもらうと、ベガス大学のレシートであった。
購入物は1冊100$もする高額書籍。

本の内容と、発見された死体の特徴から、被害者は、ベガス大学生ロス・ジェンソンと判明。
キャサリンとウォリックが、ロスのルームメイトのエリックに話を聞くと、「今から1週間前からロスは帰ってない」と証言。
部屋を捜索すると、エリックの机の上に少量のドラッグと、ロスの置き靴にアスペンの葉が付着しているのを発見する。


グリッソムは、遺体発見場所から程近い無人の小屋の中に、ロスの車を発見。
解決に向けて進みそうな時、グリッソムの鑑識用具のバッグが盗まれる。
誰の仕業なのか?

鑑識道具がなくても、グリッソムは金物屋であり合せの材料を購入し、ロスの車のハンドルから指紋採取、小屋から靴跡、また、車内からコーヒーポットを押収する。


グレッグが重要な証拠を発見。
「ロスはジャックポットの住人と親しくしていた。ラブラブメールを見つけた~」

ロスはメールで、ジャックポットの行き方を確認しているので、初めて行く場所のようであった。
それでは、寮にあったロスの置き靴にアスペンの葉が付着していたのはどう説明するのか?
ロスの靴を履いたのは、ルームメイトのエリックと言う事か…?

ロスの衣服に、アビシニアンの毛が付着していた。
獣医のデイルに、この付近でアビシニアンを飼っている人物を聞くと、アラン警部補の弟リーランド・ブルックスのみ。
これでロスが会いに行った人物がリーランドと確定する。

ロスのルームメイトであるエリックについて調べると、なんとエリックは、リーランド・ブルックスの息子であると判明。
ロスの車のハンドルから採取した指紋は、エリックと一致、小屋で発見した靴跡もエリックの靴と一致する。

エリックは、「ロスと、自分の父親の恋愛関係に気づいた。ロスのコーヒーポットの中にドラッグを混入し、ロスが運転中に眠くなり車を停めた時に殺害。掘っておいた穴に埋め、顔に傷をつけて獣が近づきよう仕向けた」と告白。


キャサリンは、「何故、そんな酷い殺し方を?もっと楽に死なせようとは思わなかったのか?」と疑問に…
「もしかしてエリック、君の愛を拒んだから?」
キャサリンのその問いに、エリックは答えなかった。

無事、事件は解決。
グリッソムは、近づいてきたアランに向かって、「もしや弟リーランドの仕業かと思っていたのか?」と。
「被害者のシャツを見た時から、リーランドの恋人だと薄々気づいていたが…」とアランは答える。

グリッソムが乗り込んだ車の後部座席には、盗まれていた鑑識用具入れのバッグがそっと戻されていたのだった。


**********


(感想)

なんか、今回の事件は面白かったな~
グリッソムが現地へ出向き、単独で捜査。
自然いっぱいの景色を堪能できました。

閉鎖的な小さな町で起こった殺人事件。
地元警察も非協力的ですが、そんなの気にするグリッソムではないですね。

さすが~


しかし!!
だいぶ久しぶりの記事アップとなってしまいました。

前回アップしたのは…??
2009年9月9日!?
今日は、2010年3月21日ですぜ。

こんなに放置プレイのブログですが、どうかどうか今後ともよろしくお願いします~



<ちょいと新発見&簡単メモ>

1.グリッソムは、アラン警部補に「昆虫マニアか?」と言われてますね~
まさに、その通りでございます!

2.キャサリンに、サム・ブローン氏から25万$の小切手が渡されます
サムに返却しに行きますが、サムは「娘リンゼイの為に使ってくれ。もし本当に要らないなら破ってくれ」と…
リンゼイの事を言われると弱いキャサリンでした

3.グレッグは、パソコンマニアらしい

4.検死官のデヴィッドは、コンサートに行く為に休暇中

5.ニックとサラは、今エピソード全く登場なし
[PR]
by by569 | 2010-03-21 21:13 | CSI:4
■CSI:4 科学捜査班
#74(シーズン4-05) 心優しき獣たち 「Fur and Loathing」

■監督 リチャード・J・ルイス
■製作総指揮 ジェリー・ブラッカイマー他

■キャスト(レギュラー)
ウィリアム・ピーターセン(ギル・グリッソム→昆虫学)
マージ・ヘルゲンバーガー(キャサリン・ウィロウズ→血痕分析)
ゲイリー・ドゥーダン(ウォリック・ブラウン→オーディオ・ビジュアル分析)
ジョージ・イーズ(ニック・ストークス→毛髪・繊維分析)
ジョージャ・フォックス(サラ・サイドル→要素・元素分析)
ポール・ギルフォイル(ジム・ブラス)
ロバート・デヴィッド・ホール(アル・ロビンス)
エリック・ズマンダ(グレッグ・サンダース)

■キャスト(ゲスト)
エヴァン・アーノルド(ロバート・ピット/あらいぐまロッキー→被害者)
トレーシー・L・クラウチ(リンダ・ジョーンズ/子羊リンダ)
ウィリー・ガーソン(バード・シモンズ/青いキティ)
パトリック・フィッシュラー(Mr.リー/ウルフ)
チャド・エインビンダー(タイガー)
スティーヴン・バー(森林警備隊)
キム・ロビラード(トラック運転手)
トッド・ロバート・アンダーソン(ピーティー→食品会社夜間担当)
ブラッド・ウィリアム・ヘンケ(ジョージ→食品会社昼間担当)
ロバート・ベイカー(ヴァージル→ジョージのいとこ)
ポーラ・フランシス(ニュースキャスター/本人役)
デヴィッド・バーマン(デヴィッド・フィリップス→CSIスタッフ)
ウォレス・ランガム(デヴィッド・ホッジス→CSIスタッフ)
ポール・フランシス(リッチ→CSIスタッフ)
ジェフリー・リヴァス(ヴェガ刑事)


<ストーリー>

トラックと乗用車の正面衝突事故が発生する。
乗用車に乗っていた女性は即死。
女性は何かにぶつかり対向車線にはみ出したもよう。
一体何にぶつかったのか?
グリッソム、キャサリンが事件を担当する。

食品倉庫のフリーザー室で射殺体が発見。
ニックとサラが事件を担当する。

----------

夜間、乗用車とトラックの正面衝突事故が発生する。
乗用車に乗っていたリンダ・ジョーンズは即死。
何故、対向車線にはみ出してのか?
リンダのタイヤ痕から、何かにぶつかった事が判明する。

事故現場近辺を捜索すると、道路からやや草地に入り込んだ場所に、あらいぐまの着ぐるみを着て倒れている人間を発見。

被害者は、ロバート・ピット。
着ぐるみを脱がせると、中には大量の血が…
背中を撃ちぬかれた痕が発見される。

状況から判断するに、ピットは銃で撃たれた後に車に轢かれた事になる。

ピットの自宅を捜索。
部屋の中にはたくさんのあらいぐまのぬいぐるみが並べられていた。
彼のカレンダーに「コンベンション」という書き込みが。

グリッソムとキャサリンが、現在開催期間中のコンベンションに向かうと、なんと、動物の着ぐるみを着た人たちのイベントであった。

また、交通事故に遭ったリンダの車のトランクから子羊の着ぐるみが出て来た事から、ピットとリンダは顔見知りであると確信。
コンベンション会場の駐車場係は「確かに、リンダの車に、あらいぐまが同乗した」と証言。

この状況から導かれる答えは、リンダとピットが車内で口論になり、途中でピットを車から降ろしリンダは走り去る。
しかしUターンし、ピットを乗せようと思ったが誤ってピットを轢いてしまった…という事になる。

さて、ピットは誰に撃たれたのか?

再度、交通事故現場へ戻ったグリッソムは、ピットが撃たれた場所で森林警備隊の車を見掛ける。
森林警備隊員の話によると、「あの夜、コヨーテが居た。愛犬が襲われたら大変だからコヨーテを撃った」と。

あらいぐまのピットは本物の獣に間違われて撃たれたしまったという事だった。


さて、ニックとサラの事件は…

食品会社のフリーザー室で射殺体が発見される。
犯人は、盗みに入った時にたまたま居合わせた人物をフリーザー室まで連れて行き射殺するという事件でした。
(まとめが短くてごみん)


**********


(感想)

グリッソムの事件ですが…
なんか微妙に間抜けな事件ですね。
夜中に着ぐるみなんか着て歩いてるから撃たれるんですよっ!
全くね~

しかしコンベンションに参加したグリッソムの目が、やけにキラキラ輝いていたのが印象的でした。
主任、楽しそう~
何か衣装着てみますか?

グリッソムだったら何の衣装がいいだろう。
グリッソムと言ったら、蝶?
あ…、獣の集まりですから、蝶はダメですな。


ニックとサラの事件は、これは至ってシンプルな事件でしたね。
もしや、グリッソムの着ぐるみ事件に重点を置いた為に、こっちが手薄になったか?
いや、個人的には、CSI全員で、着ぐるみ事件を担当しても良かったくらいですよ。



<ちょいと新発見&簡単メモ>

1.キャサリンは、着ぐるみの男性とデートをした事が過去にあるらしい
キャサリンのあまりの豊富な経験に、グリッソム感心してます

2.検死官のデヴィッドは、「小さい頃、あらいぐまのぬいぐるみが大好きだった…」と、あらいぐまの着ぐるみ遺体を前に、しみじみ語ってます
[PR]
by by569 | 2009-09-09 15:03 | CSI:4
■CSI:4 科学捜査班
#73(シーズン4-04) 灼かれて眠れ 「Feeling the Heat」

■監督 ケネス・フィンク
■製作総指揮 ジェリー・ブラッカイマー他

■キャスト(レギュラー)
ウィリアム・ピーターセン(ギル・グリッソム→昆虫学)
マージ・ヘルゲンバーガー(キャサリン・ウィロウズ→血痕分析)
ゲイリー・ドゥーダン(ウォリック・ブラウン→オーディオ・ビジュアル分析)
ジョージ・イーズ(ニック・ストークス→毛髪・繊維分析)
ジョージャ・フォックス(サラ・サイドル→要素・元素分析)
ポール・ギルフォイル(ジム・ブラス)
ロバート・デヴィッド・ホール(アル・ロビンス)
エリック・ズマンダ(グレッグ・サンダース)

■キャスト(ゲスト)
アリー・グロス(ポール・ウィンストン→ジョシュアの父)
ステーシー・エドワーズ(ビッキー・ウィンストン→ポールの妻)
エリック・ジェンセン(ジェフェリー・シンクレア地方検事補)
カルロス・ジャコット(ガードナー医師→ジョシュアの主治医)
カム・ジガンデ(マーク・ヤング容疑者)
ライアン・スター(ソフィア・レナッタ→被害者)
クリス・マルキー(Mr.ヤング→マーク・ヤングの父)
ポール・レイ(ウェスリー・ジョーンズ→被害者)
デヴィッド・バーマン(デヴィッド・フィリップス→CSIスタッフ)
アーチー・カオ(アーチー・ジョンソン→CSIスタッフ)
ウォレス・ランガム(デヴィッド・ホッジス→CSIスタッフ)


しまった==!
第3話を録画するのを忘れたっ!あばば…
ですので、第2話から第4話に飛んでます~汗



<ストーリー>

猛暑続きのラスベガス。
スーパーの駐車場で、車内に取り残された赤ちゃんを発見。
グリッソム、キャサリンが事件を担当する。

巡回中、水面に浮かぶ若い女性の死体が発見される。
ニックとサラが事件を担当する。

居間でマッサージチェアに座ったまま死亡している男性が発見される。
グリッソム、ウォリックが事件を担当する。

----------

連日38度以上のラスベガス。

駐車場に停められた車内で、赤ちゃんが置き去りにされる事件が発生。
車の持ち主はポール・ウィンストン。
「仕事の事で頭がいっぱいで、息子ジョシュアを車に乗せているのを忘れていた」と、なんとも信じがたい理由で、ジョシュアを熱中死させてしまった父ポール。

ポールの車を押収し調べると、後ろのトランクから「ハワード・アシュトン・ウィンストン」と書かれたタオルを発見する。
ポールと妻ビッキーに、ハワードの存在を問い詰めると、数年前に3歳で死亡した息子だと…

ハワードの主治医だったガードナーに話を聞きに行ったキャサリンは、ジョシュアの死は熱中症による事故死ではないと感じる。

ハワードは、遺伝子疾患の不治の病で3歳までしか生きられなかった事、ジョシュアもハワードと同じ病気に掛かっているのではないかとポールたちが日々心配していた事。
そして、ジョシュアが亡くなる数日前、ハワードと同じような症状に陥ったジョシュアを慌てて病院につれてきている事実を掴む。

ジョシュアを殺害したのでは?とポールとビッキーに確認すると、「ハワードのようにジョシュアを苦しめたくなかった」と告白。
しかし、ジョシュアの抗体検査は陰性。

ジョシュアが健康体だったにもかかわらず、自分たちの被害妄想により赤ちゃんを死に至らしめてしまったと言う悲しい事件だった。


水面に浮かぶ若い女性の死体が発見される。
被害者はソフィア・レナッタ。
原因は、首の骨折と頭部が割れたことによる失血死であった。

ニックとサラは、近くのマリンスポーツ場で、ソフィアとマークがウェーブランナー(水上ボート)をレンタルしている情報を掴む。
2人でウェーブランナーを高速で飛ばしている時、ソフィアが何らかの原因で水中に落下、マークはそのまま逃走…という線で捜査を開始する。

しかしあまりに捜索範囲が広すぎて頭を抱えるニックとサラ。

ここでグレッグ登場!

「この周辺でいちゃつける場所はここと、ここだよ」
とのグレッグからのアドバイスで周辺を捜索。
すると、とある入り江に放置されたウェーブランナー発見!
砂浜から2人の足跡が続き、跡を辿ると、その先は崖。
もしや崖から転落?
水底を捜索すると、マークの遺体が発見される。

ここからは、全部ニックの想像…

2人で崖まで来て、まずはソフィアが落下、その時に頭部を強打し即死。
水面に浮かんでこないソフィアを心配し、マークが飛び込み、水底を捜索中、鼓膜が破れ溺死。
マークの死は、恐らくソフィアを探している時の事故だと…

真実は誰にも判らず。


ウォリックは、居間で死亡した男性の捜査。
被害者はウェスリー・ジョーンズ。
マッサージチェアに座ったまま死亡していた。

ウェスリーの指先に小さな黒い傷が1つ。
足元は素足、床には水、溶けたコンセント。
これらの事実からウェスリーは感電死と判明。

あまりの連日の猛暑で、扇風機の前に氷を置いて冷風を浴びていたウェスリー。
そのまま寝入ってしまい、解けた氷の水が床に落ちての感電であった。


**********


(感想)

若者がはしゃいでウェーブランナーで死亡しても、自分のせいで感電してしまっても、それもありかな…と思うけど、赤ちゃんを熱中症で殺害なんて、もう観ていられませんでしたよ~

以前にも、このエピソードを観た時にイヤ~な印象があったのですが、今回また再見してやっぱりダメでした。
もうこの話は観たくないです。

大人のエゴですよ。
勝手にジョシュアが病気だと勘違いして、彼の為を思って殺したって?
聞いていられません…
自分たちが悲しい思いをするのがイヤだっただけですよね。

数日待てば、検査の結果が出たのに!!

あぁ。ジョシュアちゃん、可哀想…涙



<ちょいと新発見&簡単メモ>

1.キャサリンのロッカーの中には、娘リンゼイが書いたキャサリンの似顔絵が飾られています
「スーパーマミー」と書かれているように、リンゼイはキャサリンの仕事をとても応援しているようですね

2.ウォリックは、事件担当がグリッソムと一緒で、一瞬ガッカリしてます

3.今回のニックとサラの事件、グレッグがとても土地勘に詳しくて事件解決の糸口となりましたが…
グレッグってあんなに忙しそうなのにマリンスポーツなんてやっちゃうのでしょうか

4.アーチーは、感電死だけは嫌だそうです
[PR]
by by569 | 2009-09-06 15:44 | CSI:4
CSI:4 科学捜査班
#71(シーズン4-02) 狂気の仕置人 「All for Our Country」

■監督 リチャード・J・ルイス
■製作総指揮 ジェリー・ブラッカイマー他

■キャスト(レギュラー)
ウィリアム・ピーターセン (ギル・グリッソム→昆虫学)
マージ・ヘルゲンバーガー (キャサリン・ウィロウズ→血痕分析)
ゲイリー・ドゥーダン (ウォリック・ブラウン→オーディオ・ビジュアル分析)
ジョージ・イーズ (ニック・ストークス→毛髪・繊維分析)
ジョージャ・フォックス (サラ・サイドル→要素・元素分析)
ポール・ギルフォイル (ジム・ブラス)
ロバート・デヴィッド・ホール (アル・ロビンス)
エリック・ズマンダ (グレッグ・サンダース)

■キャスト(ゲスト)
ジョン・ドーマン (スレーター判事)
スコット・アラン・スミス (スチュアート・ガードナー→スレーター判事のスタッフ)
デヴィッド・アンドリュース (フロマンスキー刑事)
ロンバルド・ボイアー (コモンズ私服警官)
マイケル・ロペス (ノーリン私服警官)
マリソル・ニコルズ (ジェーン→911緊急電話窓口)
パトリック・ストグナー (ブラッドリー少年→目撃者)
ネイト・トーレンス (ダニエル・オハニシー→アメフトファン)
パトリス・フィッシャー (スポーツバーのウェイトレス)
アンドリュー・リーズ (トム→ダニエルの友人)
ダン・チェイス (フットボールファン)
デヴィッド・バーマン (デヴィッド・フィリップス→CSIスタッフ)
アーチー・カオ (アーチー・ジョンソン→CSIスタッフ)
ポール・フランシス (リッチ→CSIスタッフ)
スキップ・オブライアン (オライリー刑事)


<ストーリー>

(第1話からのつづき…)

容疑者であるクラインフェルド夫妻の家へ入ると、キャメロンとマンディは銃で撃たれ既に死亡。
外には私服警官も配備していたにもかかわらず…
私服警官に話を聞くと、「23時頃、近くで警官への発砲事件が発生したと言う無線が入り、事件現場に向かった」と。

私服警官がその場を離れた隙に殺害が行われた事、しかも警察の情報をすぐに掴んでいる事、また、はっちょく(=発生直後)などの専門用語を使って通報している事から、グリッソムは、内部の犯行を疑う。


現場の状況と証拠品…
1.キッチンの勝手口付近にあった靴跡
2.クラインフェルド家へ入っていった警官の制服姿の男

今回は証拠探しにグレッグも現場へ。

グレッグは重要な証拠を発見する。
堀の水路に捨ててあった警官の制服である。
本物の制服ではなく、何処かの店で購入したものと判明。
その制服からに染み付いていた汗=DNAの採取に成功するが、一致するDNA登録者は存在しなかった。

しかし、キッチンの勝手口で見つけた靴跡を調べると、ある文字が浮かび上がる。
そこから導かれた犯人は、スレーター判事のスタッフであり元警官のスチュアート・ガードナー。

グリッソムは当初、事件の情報をいち早く知りすぎている事から、犯人は内部の人間だと疑っていたが、事件を知りうる人物には、令状を行使する判事も該当する。
そのスタッフであるステュアートは、釈放される恐れのある凶悪犯などを、私的に制裁を加えていたと告白。
世の為に行なっていると信念を持っての行動であった。


さて、キャサリンとサラの事件は、バスタブで数倍にも膨れ上がって死亡したダニエル・オハニシーの調査。

恐らく高温のお湯にさらされた事による火傷が原因。
しかし死因は火傷ではなく頭部損傷による脳内出血であった。
頭部を強打してから死亡するまでの時間は、約12~24時間前である事が判明する。

死亡推定時刻から逆算して、12~24時間前頃にダニエルに何があったか。

ダニエルは熱狂的なアメフトファンで、その日もスポーツバーの大画面でアメフトの試合を観戦していたと言う情報をキャッチ。

スポーツバーで話を聞くと…
ダニエルたちのグループと、相手チームを応援しているグループでちょっとしたケンカがあり、その時、頭部をいきなり殴打されたと判明する。

死因は、その時の傷が徐々に内出血を起こした為であった。


**********


(感想)

今回の事件は前回からの続きものでした。
たまには「つづく…」も良いですね。

ただ、事件に関係しているはず!と睨んだフロマンスキーが全然関係なかった訳ですか?
すごくもったいぶった態度の警官ですね~
あの強烈さからして、のちのち再登場があるかもしれませんね。

グリッソムも珍しくフロマンスキーが犯人に違いないと突っ走っていたようで、主任の別の一面を垣間見れて、妙に嬉しくなってしまいましたよ。
主任もやはり人間なんだなぁ~

キャサリンとサラが担当した事件の遺体。
あんなに膨れ上がってしまうものなんですね。
普通の姿のダニエルを見たらスッキリした青年で、いや~驚きましたよ。
恐ろしい……



<ちょいと新発見&簡単メモ>

1.グリッソムは、「このわたしが証拠を無視した」と落ち込んでます

2.フロマンスキー刑事に脅されても、グリッソムは全然平気そうな顔をしてましたが!
実は怖かったらしい…こっそり射撃練習してるし…
意外に命中率高し!

3.珍しくグリッソムとブラスが口げんかしてます
以前はブラスって嫌味で嫌われキャラでしたよね~
最近はずっといい関係を築いていたようだったけれど、実はお互い腹の中では言いたい事もあったと言う事か…

4.キャサリンが「CSIのみんなで一軒家を借りて住んでみる?」と言ったら、サラは「主任はイヤ」って言ってます
本心じゃないだろ~

5.私服警官ノーリン役のマイケル・ロペスは、前回のエピソード「終末の淵まで」では、殺害されたドミンゲス夫妻の夫役ですぜ
続きモノ2話に、違う役で出演?
なんと言うチャレンジャーなんだっ!
[PR]
by by569 | 2009-08-27 15:26 | CSI:4
CSI:4 科学捜査班
#70(シーズン4-01) 終末の淵まで 「Assume Nothing」

■監督 リチャード・J・ルイス
■製作総指揮 ジェリー・ブラッカイマー他

■キャスト(レギュラー)
ウィリアム・ピーターセン (ギル・グリッソム→昆虫学)
マージ・ヘルゲンバーガー (キャサリン・ウィロウズ→血痕分析)
ゲイリー・ドゥーダン (ウォリック・ブラウン→オーディオ・ビジュアル分析)
ジョージ・イーズ (ニック・ストークス→毛髪・繊維分析)
ジョージャ・フォックス (サラ・サイドル→要素・元素分析)
ポール・ギルフォイル (ジム・ブラス)
ロバート・デヴィッド・ホール (アル・ロビンス)
エリック・ズマンダ (グレッグ・サンダース)

■キャスト(ゲスト)
スコット・ウィルソン (サム・ブローン→ランパートホテルオーナー)
ルドルフ・マーティン (キャメロン・クラインフェルド)
サンドラ・ヘス (マンディ・クラインフェルド→キャメロンの妻)
マイケル・ロペス (チッコ・ドミンゲス→被害者)
ガルシア・ハイド (アリス・ドミンゲス→被害者/チッコの妻)
ブレック・ウィルソン (フレッド・ラッガーマン→被害者)
メラニー・H・ガサウェイ (ウェンディ・ラッガーマン→被害者/フレッドの妻)
ブライアン・ブルーム (ケント・リフキン→カジノで大儲け)
ニコール・ヒルズ (ナターシャ・リフキン→ケントの妻)
ジョシュ・ホロウェイ (ケニー・リッチモンド→ニックの友人)
ジョン・ドーマン (スレーター判事)
スコット・アラン・スミス (スチュアート・ガードナー→スレーター判事のスタッフ)
テリー・ボーズマン (ブラッド・ルイス→サム・ブローンの弁護士)
ポーラ・フランシス (ニュースキャスター/本人役)
モーリーン・マルドゥーン (リンダ・ダービー→レポーター)
ジョン・カッサー (ホテル宿泊客)
リディア・ブランコ (ホテルメイド)
ムーン・ブラッドグッド (ストリッパー)
デヴィッド・バーマン (デヴィッド・フィリップス→CSIスタッフ)
アーチー・カオ (アーチー・ジョンソン→CSIスタッフ)
ロミー・ローズモント (ジャッキー→CSIスタッフ)


<ストーリー>

ホテルの1室で女性が首を切られて死亡しているのが発見される。
身元は、アリス・ドミンゲス。
アリスが死んでいた部屋は彼女の予約した部屋ではなく、別の人物の部屋であった。

また、ホテル駐車場に停車しているの車の中で、アリスの夫がやはり首を切られて死亡していた。
車内からは凶器のナイフがあり、血痕は、ドミンゲス夫妻のものと判明。

類似した事件がもう1件発生。
ザ・フェズモーテルで、やはり女性ウェンディが部屋で首を切られ死亡。
夫は、モーテル製氷機の箱の中で発見される。

この2つの事件を結びつけるものは、監視カメラに映っていたキャメロン&マンディ・クラインフェルド夫妻。
キャメロンとマンディは、目をつけた夫婦に声を掛け、スワッピングを持ちかける…
そして、その夫婦に、互いにどれだけ愛しているのかを確認させる為、夫に妻の殺害を強要するゲームを行なっていると判明する。

令状を取り、クラインフェルド夫妻の家に向かうと…

2人とも、何者かに殺害されているのが発見される。
一体陰に潜む犯人は誰なのか?

つづく…


**********


ついにシーズン4です!
なんつ~か、第1話で力入ってるのでしょうか。
登場人物が妙に多いんですが…
なかなか名前が一致しなかったなぁー

しかも、「To be Continued」って出ちゃいましたぜ。
続きモノなんですね。
続編も楽しみです。


あ…ちなみに、わたくしが観ているWOWOW版のCSIだと、オープニングで、レギュラーにキャッチフレーズをつけて紹介するんですがね。
観た事ありますか?

その時のキャッチフレーズが、シーズン3と今回のシーズン4では若干変更してました。
一応書いておこうかね~

★シーズン3では…
CSI主任、ギル・グリッソム
戦うシングルマザー、キャサリン・ウィロウズ
褐色の貴公子、ウォリック・ブラウン
笑顔が魅力の、ニック・ストークス
ハーバード卒のインテリ、サラ・サイドル
ミステリアスな雰囲気の殺人課警部、ジム・ブラス

★シーズン4では…
長いキャリアのCSI主任、ギル・グリッソム
元ストリッパーでシングルマザー、キャサリン・ウィロウズ
ベガス育ちの上層志向家、ウォリック・ブラウン
笑顔輝く情熱家、ニック・ストークス
ハーバード大卒の才女、サラ・サイドル


あら、ちょっとちょっと、ブラスはどうしたの。
削除?
可哀想~

しかし、ニックはいつも「笑顔」の事ばかりですね。
他にも色々いい所あるのに。
例えば……


例えば…?


少年のような笑顔?(やっぱり笑顔かいっ!)



<ちょいと新発見&簡単メモ>

1.グリッソム、耳の手術が成功し、完全復活!

2.グリッソムがヒゲを伸ばしました
ヒゲ、カッコイイですよ、主任

3.ロビンス先生は、ストリップクラブの常連らしい…(眼つきが確かにいやらしいね)

4.シーズン3の最後に、キャサリンが暴いた事件のせいで、サム・ブローン氏がマスコミに追われる羽目に陥ってます

5.ニックの学生時代の友人で、被害にあったホテルに勤務していたケニー・リッチモンド役が、なんと、テレビドラマ『LOST』シリーズで大人気のソーヤー役、ジョシュ・ホロウェイでしたよ
悲しいくらい、ちょい役…汗

6.ナターシャ役のニコール・ヒルズは、CSI:科学捜査班の第15話「歪んだ愛」で、ダンサー役で登場しています
[PR]
by by569 | 2009-08-23 10:54 | CSI:4