小六のB級A画館 by569.exblog.jp

ジュリアス・シーズー・小六です。ほぼネタばれ有り、ややB級寄りだから、ご注意を。ここでは気に入っている映画&海外ドラマを紹介してます。画像・イラストの無断持ち出しは禁止でございまする。


by by569
プロフィールを見る

カテゴリ:サ行( 70 )

f0039573_21122370.jpg■ストレージ24 「Storage 24」 2012年・英

■監督・脚本 ヨハネス・ロバーツ

■キャスト
ノエル・クラーク(チャーリー)
コリン・オドナヒュー(マーク)
アントニア・キャンベル=ヒューズ(シェリー)
ローラ・ハドック(ニッキ)
ジェイミー・トーマス・キング(クリス)
アレックス・プライス(ジェイク)
ネッド・デネヒー(デヴィッド)


<ネタバレしてます~>

いやいや~
またマニアックな作品見つけちゃったなぁ
(〃゚~゚〃)

おいらの大・大・大好きなジャンル「閉ざされた狭い空間で何かが大暴れ」
好きだな~、こういうの

どうやら、大暴れしてるのは、地球外生命体っぽいんですがね
敵は、1体みたいですよ
しかしなかなか倒せない!!!!

ストーリーは、屋内の貸倉庫にやって来た若者たちが、停電により倉庫内に閉じ込められ、さ~、どうするって感じです
ピンチピンチ(゚д゚;)

エイリアンとの戦いと平行して描かれるのは、こんがらがった人間関係
チャーリーとシェリーの間で、別れる~別れたくない~とモメていまして…
チャーリーがすんご~く未練たらたらでちょっと驚きですよ
しかしシェリーは、隠れてチャーリーの親友マークと付き合いだしてたっ!
な~んて事もありつつ・・・

エイリアンに襲われた人間は、そりゃもう、恐ろしい状態に殺されてしまいます
怖いわぁ
━━(´・д・`川)━━ひぃ


最初は、「全く!チャーリーもウダウダしてるし、シェリーも可愛くないし~」って思っていた、わたくし
それなのに、映画観続けてるうちに、チャーリーが妙にかっこよく見えてきて、やっぱり男はこうじゃないとねー
その上、あら?不思議…シェリーも可愛いかも…って思っちゃった

一目見ただけじゃ、人って判らないものですね・・・
(゚-゚)しみじみ


いやいや、そんな事よりもっ
この作品を観てから何ヶ月も経ってしまったけど、いまだに忘れられないのはっ!

エイリアンをやっつけるために登場した刺客!

もう=♪
超可愛くて目が釘付けになってしまいました


あの白いワンちゃん


♪ピピピピピピピ、ワンワンワンワンワンワンワン♪

エイリアンも目がテン(゚д゚;)
心奪われてたよ


海外スター・ドラマ
[PR]
by by569 | 2015-03-25 00:10 | サ行
f0039573_20422565.jpg■ゼロ・グラビティ 「Gravity」 2013年・米

■監督 アルフォンソ・キュアロン
■製作 アルフォンソ・キュアロン、デヴィッド・ハイマン
■脚本 アルフォンソ・キュアロン、ホナス・キュアロン
■音楽 スティーヴン・プライス

■キャスト
サンドラ・ブロック(ライアン・ストーン)
ジョージ・クルーニー(マット・コワルスキー中尉)
エド・ハリス(宇宙管制センターからの声)


<ここからネタバレすー>

あぁぁぁ
宇宙の船外活動って、観てるだけで息苦しくなるぞー
映画の内容と同化しすぎる体質ってのも問題だな

基本的に乗り物酔いやすい体質なので、観てると気分悪くて吐きそうになっちゃったよ
映画館だったらヤバかった
自宅で良かったよ
(´・ω・`)


音が全くない世界って地球上ではなかなか体験出来ないんじゃないかな
しかし画面を通して何となくイメージ掴める
無音でたった独り、これは凡人では耐えられない恐怖だと思うね

このまま死のうか…という気持ちに自然と変化していくのはとってもよく判るぞ~
そんな時に登場のマット・コワルスキー中尉!!
これは酸欠による幻覚なのか、それともライアンが片足あちらの世界に入っちゃったせいでマットの意識と出会えたのか
いや~彼が出てきた時、マジにホッとしちゃった
(〃゚∇゚〃)


この映画を観て本当に宇宙飛行士ってすごい職業だなと痛感
おいらは絶対にダメだぁ
=ム=(´・д・`|||)=リ=

映画観ただけで酔っ払ってるくらいだもんね


宇宙管制センターからの声は、エド・ハリスだったんだってー
トム・ハンクス主演『アポロ13』(1995)の時からずっと管制センターに勤めてるのぉ?
クランツさん!


海外スター・ドラマ
[PR]
by by569 | 2015-03-17 00:40 | サ行
f0039573_22224550.jpg■ザ・レッジ -12時の死刑台- 「The Ledge」 2011年・米

■監督 マシュー・チャップマン
■製作 モシュ・ディアマント、マイケル・メイラー、マシュー・チャップマン
■脚本 マシュー・チャップマン
■音楽 ネイサン・バー

■キャスト
チャーリー・ハナム(ギャビン・ニコルス)
テレンス・ハワード(ホリス・ルセティ巡査)
リヴ・タイラー(シェイナ)
パトリック・ウィルソン(ジョー→シェイナの夫)
ジャクリーヌ・フレミング(アンジェラ→ホリスの妻)
クリストファー・ゴーラム(クリス→ギャビンの同居人)


<ここから、キャスト話&ネタバレしてます>

監督、脚本、製作を担当してるマシュー・チャップマンは、ケヴィン・クライン主演の『隣人』(1992)や、ブルース・ウィリス主演の『薔薇の素顔』(1994)の脚本なども担当しています
なかなか名作ですな
特に『薔薇の素顔』好きです

ギャビン役のチャーリー・ハナム…
知らないぞ~
この作品で初めて知ったわ

と言ってた矢先、チャーリー・ハナム出演作『デッドフォール 極寒地帯』(2012)観ました
この人って、超可愛い目してる
ワンコみたい
(=´・∀・`=)

ギャビンと恋に落ちるシェイナ役は、リヴ・タイラーなんですがね~
ポーッとしてるのに大胆という、何ともこれは罪な女ですな
罪といえば、『ロード・オブ・ザ・リング』シリーズでは女子に大人気のヴィゴ様を奪い…
死刑じゃ!

シェイナの夫ジョー役は、パトリック・ウィルソン
こいつがね~
厄介なのさ
見ただけで何かやらかしそうな厄介顔だけどさ
ちょいとイラッとしたぞ
風吹いても動かない感じの前髪もどうかと…
『ハードキャンディ』(2005)では、アソコをちょん切られそうになったり、『インシディアス』(2010)では、あちらの世界へ行っちゃったりと、へんな役多し

ちょっと嬉しかったのは、ギャビンの同居人クリス役のクリストファー・ゴーラムを久々に観られた事!
しかもホモ役
似合うぜ(ノ≧∇≦)
テレビドラマ『ハーパーズ・アイランド 惨劇の島』夢中で観てましたよ!


さてさて~
先日観た『崖っぷちの男』(2012)と似た感じかい?と思ったら、内容は全く違ってました
なかなか面白いよ!

最初ギャビン役のチャーリー・ハナムが全然かっこよく見えなくて、どうしてシェイナはこんな男に惹かれた訳?とちょい疑問だったんですが~
それがどうして!
観ているうちに何故だかギャビンの愛嬌ある顔が妙に可愛くてねー
愛すべきキャラだよ

それに引きかえ、「誰かぁー!ジョーを何とかして~」
押し付け宗教家の執着心MAX状態は誰にも止められません
どこか一点を見つめ、瞬きしねぇし
おおぉ、怖っ
(゚д゚;)


ギャビン、シェイナ、ジョーの三角関係だけじゃなく、ホリス巡査の家庭問題も描かれていましたね
それに関しては賛否両論だと思いますが、まあ時間的にホリス巡査問題を掘り下げるのには限界があるかもしれませんので、ここはバッサリとホリス巡査はただの交渉人という設定でも良かったかもね~

しかし、特に着飾ってる訳でもないのに、妙にむっちり色気ムンムンのリヴ・タイラー様
スゴイす
とは言え、ギャビンも死ぬ事はないよね~

何とも切ない話です


「誰か、ジョーを止めて~」


↑これに尽きる!


海外スター・ドラマ
[PR]
by by569 | 2015-03-13 00:21 | サ行

ゾンビ特急"地獄"行

f0039573_2284835.jpg■ゾンビ特急"地獄"行 「Horror Express」 1972年・イギリス/スペイン

■監督/原案 ユージニオ・マーティン
■脚本 アルノー・デュッソー、ジュリアン・ヘールヴィ
■音楽 ジョン・カカヴァス

■キャスト
クリストファー・リー(アレキサンダー・サクストン)
ピーター・カッシング(ウェルズ博士)
テリー・サヴァラス(カザン)


<以下ネタバレです>

あー、またすごい作品に出合っちゃったなぁ
何がすごいって、いろいろあるけど

ゾンビ特急"地獄"行

この邦題考えた人、すごいわ


アレキサンダー役は、『ロード・オブ・ザ・リング』のサルマンで有名なクリストファー・リー
1922年生まれですよ!
2014年で92歳?
すごい、すごすぎる

さっきから「すごい」連発のおいら
(=´・∀・`=)にひ

テリー・サヴァラスも超かっこいいです
刑事コジャック!!
昔は吹き替えが多かったから、彼のイメージって、森山周一郎なんだよね~
渋っ


ストーリーは、
約200万年前の猿人類のミイラを発見してしまう訳ですよ
これ聞いただけでもB級感プンプンでしょう?

ミイラの存在を隠したまま、シベリア横断鉄道の貨物室に乗せちゃうってのが現代では考えられないけど、この時代は何でもありなのね
しかもそのミイラが甦り人間を襲い始める
公開が1972年でしょう?
いや~、頑張ってるなー

ミイラの目が怪しげに光る☆
見つめらた人間は、自分の目から鮮血がダ===ッ
(T■T)

怖いす


まあ、なんというか、じわりと恐怖に包まれつつも、微妙にテンポはゆっくりめ
ちょっと休憩しようかな…と録画止めたら、数日経っちゃったよ
しかし、あら不思議
1週間くらい経ったある日、無性に続きが観たくなって、ジ・エンド迎えましたー
めでたし、めでたし


やっぱりこれだけは言っておこう
200万年前の大発見を滅ぼしてはいけない!
もう少し大切に扱って=


海外スター・ドラマ
[PR]
by by569 | 2015-02-24 00:06 | サ行
f0039573_13221633.jpg■サイレント・ハウス 「Silent House」 2011年・米

■監督 クリス・ケンティス、ローラ・ラウ
■製作 アニエス・メントレ、ローラ・ラウ
■脚本 ローラ・ラウ
■音楽 ネイサン・ラーソン

■キャスト
エリザベス・オルセン(サラ)
アダム・トレーズ(ジョン→サラの父)
エリック・シェファー・ステョーヴンス(ピーター→サラの叔父)
ジュリア・テイラー・ロス(ソフィア)
アダム・バーネット(男)
ヘイリー・マーフィ(少女)


<ここからネタバレよ>

監督は、私の大好きな『オープン・ウォーター』(2004)の監督さんでもあった、クリス・ケンティス&ローラ・ラウ御夫妻
今回もステキな作品を本当にありがとうございます
(〃^-^〃)感謝

いや~良かった、怖かった
特にワンカット撮影と言うのがすごいですよ
最初のシーンからずっと演技を続けないといけない訳ですからね
ほぼ全シーンに登場していたサラ役のエリザベス・オルセン、大変だったと思います
(ノ≧∇≦)ノ ブラボ

有名なオルセン姉妹の妹さんなんですって?
彼女の出演作を観たのはこれが初めてでしたが、気に入っちゃいますた


さてさて、この作品はウルグアイで実際に起きた殺人事件が元ネタという事ですが、どんな事件だったのかと思い検索してもヒットしなかったな
事件が1940年代と昔だったから?

こちら、『サイレント・ハウス』はリメイクで、ウルグアイ映画『SHOT/ショット』がオリジナル版らしいので、こちらも機会があったらぜひ観てみたいです


もう~、観ていてとってーも心拍数上がりましたよ
妙に息が苦しかった
「これ、最後どうなんの~」って感じよ

サラが本当に可哀想でねー
あの怖がり方はもちろん演技なんでしょうけど、もう「演じてる」とかそんなもん吹っ飛んじゃって、神経がプチっといっちゃうんじゃないかと心配になるほどの迫力よ
途中までは、もう自分にとっては最高の上質のホラーだったなぁ

しかしある時「あれ?こう来たか!と言う事は…???」
最後は、「サラ、病気?」でしたが…
その点を考えても、GOOD作品です

みなさま、是非ご覧下さいませ


海外スター・ドラマ
[PR]
by by569 | 2015-02-18 00:21 | サ行

幸福の黄色いハンカチ

f0039573_1403542.jpg■幸福の黄色いハンカチ 1977年・日

■監督 山田洋次
■原作 ピート・ハミル
■脚本 山田洋次、朝間義隆
■音楽 佐藤勝

■キャスト
高倉健(島勇作)
倍賞千恵子(島光枝)
武田鉄矢(花田欽也)
桃井かおり(小川朱実)
渥美清(渡辺警察署課長)


<ネタばらしてま~す>

あまり邦画は観ないのですが、健さん追悼番組が始まり、何となく観始まったら、最後まで観ちゃった…
(〃゚∇゚〃)にひ

思った以上に良かったなぁ

武田鉄也と桃井かおりが、若い!!!
2人とも可愛いんだー
まだ人生経験も浅い2人は、ガチャガチャしてて、不安定で、もう観ていられない~って雰囲気
ストーリーが進んで行くにつれ、少しずつ大人になって行く…その過程が面白いんだな、これが
人生には転機がいくつかある
彼らには、今回の事が人生においてとても重要な経験になったでしょう

渥美清が登場するのも、何だか~ほのぼのしてて良い
しかし、警察署内でオイオイ泣いてたのが三崎千恵子だとは気づかなかったなぁ

いや~
しかし驚いたのは、健さんが演じる島耕作…
違う、島勇作さんよ
なんちゅ~、煮え切らない男
半ば強引に結婚したにもかかわらず、彼女が流産し、流産が初めてじゃないと判ったら何となく面白くなて、チンピラを殺してしまい刑務所送り
彼女に「離婚したい」と言い出しておいて~
出所したら「もしまだオレの事を思ってたら…」って?

これってさ
この時代背景で、このセリフ言ってるのが「高倉健」だから、みんなスルー出来るのかな
しかも「健さんカッコイイ~」なんて言っちゃってさ
よ~く考えてみると、相当ダメダメ男だよ
(´・ω・`)

その上、角曲がったら、もう家はすぐそこなのに「やっぱり戻ろう」って
ガク~ンだよ
(_д_;)あれ~

ちっさい男よのぉ
どんだけ不器用なのさ

でも良かった(強引過ぎるまとめで終了!)


海外スター・ドラマ
[PR]
by by569 | 2015-01-08 00:58 | サ行

死霊館 「The Conjuring」

f0039573_1384630.jpg■死霊館 「The Conjuring」 2013年・米

■監督 ジェームズ・ワン
■脚本 チャド・ヘイズ、ケイリー・W・ヘイズ
■音楽 ジョセフ・ビシャラ

■キャスト
ヴェラ・ファーミガ(ロレイン・ウォーレン→霊能者)
パトリック・ウィルソン(エド・ウォーレン→ロレインの夫)
リリ・テイラー(キャロリン・ペロン)
ロン・リヴィングストン(ロジャー・ペロン→キャロリンの夫)
シャンリー・キャズウェル(アンドレア・ペロン→長女)
ヘイリー・マクファーランド(ナンシー・ペロン→次女)
ジョーイ・キング(クリスティーン・ペロン→三女)
マッケンジー・フォイ(シンディ・ペロン→四女)
カイラ・ディーヴァー(エイプリル・ペロン→五女)
シャノン・クック(ドルーエド、ロレインの助手)
ジョン・ブラダートン(ブラッド巡査)
スターリング・ジェリンズ(ジュディ・ウォーレン→エド、ロレインの娘)
Marion Guyot(ジョージアナ→ロレインの母)
ダスティ(セイディ→ペロン家の愛犬)


<キャストやネタバレ話いろいろ~>

監督はもう超有名なので今更説明もないですが、『ソウ』(2004)、『デッド・サイレンス』(2007)、『インシディアス』(2010)の監督であるジェームズ・ワン
今回調べてみて判ったんですが、マレーシア人なんですねー

脚本のチャド・ヘイズとケイリー・ヘイズは双子の兄弟
人気テレビドラマ『スーパーナチュラル』のサム役ジャレッド・パダレッキ出演作『蝋人形の館』(2005)や、『リーピング』(2007)など書いてますよ
『蝋人形の館』は、結構好きです
(o^-^o)

音楽担当のジョセフ・ビシャラは、ジェームズ・ワン監督の『インシディアス』(2010)、『インシディアス第2章』(2013)の音楽も担当してます

エド役は、最近ジェームズ・ワン監督の『インシディアス』(2011)で大活躍のパトリック・ウィルソン
だいぶ頭が薄くなってきたな~って印象だったけど、この作品では毛増えてないかい?


いや~、良かった良かった
面白かったー(ノ≧∇≦)v
中だるみなし、飽きずに一気に観られました
本格的なオカルトですね

ジェームズ・ワン最高♪

暗闇の地下室でマッチ一本の灯りが頼り
マッチが消え、またマッチを擦って、また消え~
次にマッチが点いた時、何か居るんじゃないの?

とか…

オルゴールが鳴り終わると鏡にローリーが映るって?
もう少しで音楽終わりそうだけど、出てくるの?
どうなの!

とかね~

目隠しして、かくれんぼ?
パンパン手を叩いてるの、ちょっと誰よ
そっちに行かない方が良いって!

みたいなね~

ホラー映画でありがちな、観客が勝手に「来るか来るか」って力入って観てるんだだけど、そういう時はあまり出て来なくて、「良かった…何も出て来なかった…」って力抜いた瞬間に!
来た===!!!
ΣΣ┏(|||`□´|||;;)┓

マジ驚いたのは、階段に飾られた写真が落下した時だよ
いや~、ビックリした
それ以上にもっと驚いたのは、この音で子供たち誰も起きない…
信じられないす


これだけは言わせて~
映画と全然関係ないって言えば関係ないけど、今作品、女子レベル高し!
主役のベラ・ファーミガ、ステキ過ぎる~
高得点GETす
そして、ペロ~ン家の五人姉妹
全員可愛い
ε=ε=(ノ≧∇≦)ノ どんちゃん♪どんちゃん♪

これだけ高得点女子を揃えられるのに、キャロリン母さん、もう少し何とかならなかったのかねー
清楚な花の中に居るゴリラって感じ(言い過ぎだべ?)


そう言えば、この映画を観始まった時、コーヒー淹れようと思って一時停止したんですよ
で、用事が終わったから観ようと画面に目を向けたらっ!
ペロン家の新居の窓(1階の一番左側の窓)に人の顔が映ってますぜ
新居への引越しで、みんなで荷物を運び入れているシーンです
早戻ししてもう一度普通に観たら映ってない…
画面を停止しないと顔が現れないと判明
是非、お暇な方はチャレンジしてみて下さい


ジェームズ・ワンって、カラクリ人形的なものに何か思い入れでもあるんでしょうかね
あんな感じの人形が好みなら、大阪のくいだおれ太郎も気に入っていただけるのではないでしょうか
『死霊館』のスピンオフでアナベルを主役(?)にした映画があるらしいです
これも観てみたい
ゲオに探しに行ってみようっと
(((((((((((っ・ω・)


今回、ペロン家が引越しした新居について、ロレインが説明していた部分を書いておきます
--------
この家は、1863年にジェドソン・シャーマン(農夫)が建てた家
彼は後にバスシーバと結婚する

バスシーバの親類にはメアリー・エスティという人物が居た
彼女はセイラムの魔女裁判の公判中に死亡する

その後、バスシーバは出産
生後7日目の子を生贄にした所を夫に見つかった
彼女は家の庭にある木に登り、悪魔に忠誠を誓い「土地を奪う者は呪う」と叫び首を吊った

バスシーバが死亡した時刻が、3:07だった

1930年代、ここの住人はウォーカー夫人に代わっていた
ウォーカー夫人の息子ローリーが森で失踪(そのまま見つからず?)
彼女は地下室で自殺した

後に、ここ200エーカーの土地は分割され売却

少年が池で溺死
近隣のメイドが自殺
と、いろいろ怪しい死亡がその後も続いた

この土地に住む彼らは、バスシーバから見ると「土地を奪った者たち」なのだろう

--------

という事は、ペロン一家が、もう少し早く、この家から引っ越していれば、こんなに被害が大きくならなくて済んだのかなぁ
だってさー
キャロリン母さんの顔、怖かったもん
お母さんが普通に戻っても、小さい子たちはトラウマになるわい
ゴリラが悪魔になっちゃったんだぜ

※お詫び※
最後の最後まで失礼極まりないおいらを、どうかお許し下さい


海外スター・ドラマ
[PR]
by by569 | 2015-01-04 00:06 | サ行
f0039573_13223959.jpg■サイレント・ウェイ 「Blind Alley」 2011年・スペイン/コロンビア

■監督 アントニオ・トラショラス
■脚本 アントニオ・トラショラス
■音楽 アルフォンス・コンデ


(あらすじ)
深夜、アルバイト先のユニフォームを洗濯するためにコインランドリーを訪れたローサ
そこで殺人鬼と出くわし、コインランドリーに閉じ込められるハメに…




<ネタバレすー>

これは怖いですね
いや、何が怖いって…
オープニングで元気いっぱいに踊ってるラテンのノリがね
(≧3≦)ブー
作品を間違って録画したかと思ったぜ
思わず早回ししちゃった
(*´▽`*)ハハ
ちょっと、ダリオ・アルジェント風でもありましたな


連日発生している恐ろしい殺人事件
それなのに、ローサよ
こんな夜中に何故にコインランドリーへ?
おいらだったら絶対に行かない!
翌日も汚い制服着まふ…

最初、殺人鬼か?と思った大男は、ただのコインランドリーのコイン泥棒で、まさか次に入ってきた爽やか青年ガブリエルがね~
ローサもガブちゃんと意気投合しちゃって、ちょいといい感じ~♪

それがっ!
突然悲劇は起こる
ガブリエル豹変!!!


バカな女だな=
だいたいこんな目に遭うのは愚かな女なんだ

ランドリーから出て、やっと車まで逃げてガブちゃんを攻撃したあと、どうして前に逃げないでまた袋小路のコインランドリーに戻るかな=
ガブに痴漢スプレーした間に逃げれなばいいのに~
( ゚`Д´゚)ノノ バカたれ

携帯電話壊れてるって言ってたにもかかわらず、何故か運よく彼氏から電話掛かってきたのにさ~
彼氏の言葉に切れて携帯窓に投げつけるなんてするかい?
唯一の連絡手段なのに
マジ、バカだなー

などと突っ込みながらダラダラ観てたら!!!!!!

精神科医の女が出て来たあたりで~




え??



(  ゚ ▽ ゚ ;)フリーズ



これってホラーかいっ?



いや~、驚いた
マジ驚いた

最近の映画の中で一番の衝撃さ

今まで何となく観てたのに一気に画面に惹きつけられちゃったぜぃ
すげ==
まあ、ジャンル知らずに観てたおいらが悪いんだけどさ
r(≧~≦) ポリポリ


とても短い映画で、サクッと観られます
是非、どうぞ~

この衝撃を、あなたにも…(*^-^*)うふ


海外スター・ドラマ
[PR]
by by569 | 2014-01-01 00:21 | サ行
f0039573_1553995.jpg■世界侵略:ロサンゼルス決戦 「Battle Los Angeles」 2011年・米

■監督 ジョナサン・リーベスマン
■製作 ニール・H・モリッツ、オリ・マーマー
■脚本 クリストファー・バートリニー
■音楽 ブライアン・タイラー

■キャスト
アーロン・エッカート(マイケル・ナンツ2等軍曹)
ラモン・ロドリゲス(ウィリアム・マルティネス少尉)
ウィル・ロスハー(リー・イムレイ伍長)
コリー・ハードリクト(ジェイソン・ロケット伍長)
ジム・パラック(ピーター・カーンズ分隊長)
ジーノ・アンソニー・ペシ(ニック・スタヴロー伍長)
Ne-Yo(ケヴィン・ハリス伍長)
James Hiroyuki Liao(スティーヴン・モトーラ)
ブリジット・モイナハン(ミシェル)
ノエル・フィッシャー(レニハン)
アデトクンボー・マコーマック(Corpsman Jibril Adukwu)
ブライス・キャス(ヘクター・リンコン)
マイケル・ペーニャ(ジョー・リンコン)
ミシェル・ロドリゲス(エレナ・サントス曹長)



(あらすじ)
ある日、大量の隕石が地球に降り注ぐ
しかしそれは単なる隕石ではなかった
数時間後、世界中の都市は未知の敵による大規模かつ容赦のない攻撃によって次々と陥落していく
そしてロサンゼルスも、もはや壊滅寸前に
そんな中、ロサンゼルス西警察署に逃げ遅れた民間人5人が取り残されていた
彼らを救出すべく、退役間近のベテラン兵士ナンツ軍曹をはじめ10人からなる海兵隊2-5小隊が、瓦礫の山と化した市街地へと進入していくのだが…
<allcinemaより>




<ネタバレで~す>

当作品の主役!マイケル・ナンツ役は、『ザ・コア』(2003)、『ペイチェック消された記憶』(2003)、『サスペクト・ゼロ』(2004)のアーロン・エッカート
彼って全然軍人にイメージじゃないな~と思ってたけど、結構イケルかも

で、軍隊モノには欠かせないミシェル・ロドリゲス
『バイオハザード』(2002)、『S.W.A.T.』(2003)などに出演してますね


沖合い15キロの位置にいきなり機械的なものがドバ~~ンと落下し、人影のようなものが徐々に接近してくる訳ですよ

「あれ何?」
「ET?」
一体何か判らないけどとりあえず行くしかない兵士たち

ってな感じなんですがね

その主役がアーロン・エッカートなんですよ~
アーロン、大丈夫かいな?

と最初は思いましたが、あれれ…
意外に良いかもしんね


アーロン演じるマイケル・ナンツは、残念ながらチームからの信頼はゼロ
しかしエイリアンとの戦いのなか、徐々に信頼を得て行く

なんか、青春だな~('-'*)


彼らの任務は
「19:30の空爆前に、防衛線を越え、警察署に行き、避難してる人の救助」
ゲームみたいじゃないですか
メタルギア・ソリッドだ=


で、軍隊モノのレギュラー、ミシェル・ロドリゲス登場~
しかし彼女は現場主義じゃなく、攻撃プランで司令部の調査をしてた役だった…
内勤?
まあ、マイケル・ナンツと共に大活躍だったから良しとしましょう


これって素晴らしい映画じゃないですか?

ただのエイリアンものじゃない!
戦闘シーンも見ごたえあり、人情ものでハッキリ言って泣いてしまったシーンもある(泣くか?)
エイリアン相手だからB級の香りぷんぷんだけどね
(  ゚ ▽ ゚ ;)

これは最近ではナンバーワンです



海外スター・ドラマ
[PR]
by by569 | 2013-05-17 00:04 | サ行
f0039573_9202038.jpg■スクリーム4:ネクスト・ジェネレーション 「Scream 4」 2011年・米

■監督 ウェス・クレイヴン
■製作 ウェス・クレイヴン、ケヴィン・ウィリアムソン、イヤ・ブランカ
■脚本 ケヴィン・ウィエイアムソン
■音楽 マルコ・ベルトラミ

■キャスト
ネイブ・キャンベル(シドニー・プレスコット)
アリソン・ブリー(レベッカ・ウォルターズ→編集者)
デヴィッド・アークエット(ドゥーイ・ライリー保安官)
エマ・ロバーツ(ジル・ロバーツ→シドニーのいとこ)
コートニー・コックス(ゲイル・ウェザース=ライリー→ドゥーイの妻)
ヘイデン・パネッティーア(カーヴィ・リード→ジルの友達)
ニコ・トルトレッラ(トレヴァー→ジルの元彼?)
マーリー・シェルトン(ジュディ→ドゥーイの同僚)
ロリー・カルキン(チャーリー→映画部部長)
エリック・ヌードセン(ロビー→映画部部員)


(あらすじ)
カリフォルニア州の田舎町ウッズボロー
10年前に起こった連続殺人事件の生き残りシドニーは、事件のトラウマを克服し、自らの体験を基にした自叙伝を書き上げ、作家として成功する
そして、本のキャンペーンのため故郷へと戻ってきたシドニー
事件の恐怖はすっかり過去のものとなり、映画やキャラクターグッズとなって人々を楽しませていた
シドニーは、保安官のデューイと結婚した元レポーターのゲイルとも再会し旧交を温める
ところがそれも束の間、2人の女子高生が惨殺される事件が発生、10年前の悪夢が新たな世代を巻き込み、再び甦ってしまうのだった
<allcinema>




<キャスト話やネタバレいろいろ>

もちろん主役は、シドニー役のネイブ・キャンベル
彼女は本当に可哀想ですよね=
帰ってきた途端、殺人が発生してさ
しかし、町中、これをネタに観光地化してるわけです
みんな強いわ

もう1人の主役といっても過言ではない
シドニーのいとこジル!
可愛いね~(*^-^*)オホ
ジル役のエマ・ロバーツって、エリック・ロバーツの娘なんですって!
いや~、驚いた
うん、確かに…エリック・ロバーツに顔似てる…
ちなみに、エリックの妹は、ジュリア・ロバーツです
ジュリア・ロバーツはエマのおばたんだね

シーズン通してのレギュラー、ドゥーイ役のデヴィッド・アークエット
セカンドネームを見て判るように、霊能者アリソン・デュボア役が大ヒットのパトリシア・アークエットの弟になります
この人、全然変わらないね
若いよ

ドゥーイと言ったら、ゲイルでしょう
ゲイル役のコートニー・コックスは、実生活でもドゥーイ役のデヴィッド・アークエットと夫婦です
1999年にご結婚されてます~
この間、別居?って報道されていましたが、どうなったんでしょうね
離婚した?

ジルの友達カーヴィ役は、人気テレビドラマ『HEROES/ヒーローズ』クレア役のヘイデン・パネッティーア
ヒーローズの時は長い髪が可愛い子でしたが、今回はバッサリと髪を切りボーイッシュな感じで登場
髪が短くても可愛い

相当イカレまくってた映画部部長チャーリー役は、なんと!
マコーレー・カルキンくんの弟、ロリー・カルキン
そういえば、マコーレーに似てるかも~

映画部部長チャーリーといつも一緒にいた映画部のロビー役は、エリック・ヌードセン
彼は、『ソウ2』(2005)で、エリック・マシューズ刑事の息子ダニエル役を演じてましたね

ちょっとちょっと、アンナ・パキンが出演していたの、全く気づかなかった=
どの役ですか?
知ってる方、教えてください!

『ヴェロニカ・マーズ』で有名になったクリステン・ベルや、監督のウェス・クレイヴンが検死官役で出てたようですが、全く判らなかったです、はい…
すんません(-_-;)


さてさて~
シドニー、やや老けたか?
いや…まだ何とか大丈夫でしょう(どうだ?)

パート4の犯人の動機が「そんなバカな…」って感じもしないでもないけど、やっぱり定番ですねー
いいんですよ、こんな感じで
既にお祭り化してるので、もしもパート5が出来たら、また観るよぉ
(≧▽≦)いえーい

今回はシドニーのいとこ、ジルという可愛い女の子登場
シドニーの若い頃に、マジでちょっと似てるかも?と思わせるところで、もしや本当にシドニーの後継者?って思ったんだけどなぁ
まさかあんなに毒だとは…
人は見かけによらんわ~


自分の予想では、ドゥーイの同僚ジュディが怪しいんじゃないかとずっと思ってたんですよ
レモンケーキ作ってた人ね

その次に怪しいと睨んだのは、やっぱりお約束のストーカー男トレヴァー?

警官ホスも怪しいオーラ出てるような?
と思ったら、あっという間に死んだ凹
ホスじゃなかったか~

その後、ジュディもドゥーイと一緒にいたアリバイがあり、犯人ではないと判明


誰よ、犯人はっっ!!


映画部部長チャーリーか?

やっぱりトレヴァーしかいないか

と、頭の中ぐるぐるm(_ _;)m


結局犯人は、そう来たか=

最後は犯人同士が刺しあい?
これパート1の再現ですね(*^-^*)


ジルが言ってた
「ヒロインは1人よ。あなたの時代は終わり」
のセリフ、シドニーおばちゃんの耳には、痛いわぁ

「まだまだ若い者には負けないわよっ」byシドニー

だよね!!


★「スクリーム」 のレビューは、こちら


海外スター・ドラマ
[PR]
by by569 | 2013-02-05 00:17 | サ行