「ほっ」と。キャンペーン

小六のB級A画館 by569.exblog.jp

ジュリアス・シーズー・小六です。ほぼネタばれ有り、ややB級寄りだから、ご注意を。ここでは気に入っている映画&海外ドラマを紹介してます。画像・イラストの無断持ち出しは禁止でございまする。


by by569
プロフィールを見る

カテゴリ:男はつらいよシリーズ( 8 )

f0039573_11354341.jpg■男はつらいよ 寅次郎恋歌 1971年・日

■キャスト
渥美清(車寅次郎)
倍賞千恵子(諏訪さくら)
森川信(車竜造・おいちゃん)
三崎千恵子(車つね・おばちゃん)
前田吟(諏訪博)
笠智衆(御前さま)
太宰久雄(梅太郎・たこ社長)
中村はやと(諏訪満男)

梅本泰靖(諏訪毅)
穂積隆信(諏訪修)
吉田義夫(坂東鶴八郎座長)
岡本茉莉(大空小百合)
志村喬(諏訪ひょう一郎)
池内淳子(六波羅貴子)


<ネタバレです~>

シリーズ第8作!
今回のマドンナは池内淳子さん
とても美しいけれど…
小学校3年生の息子が居るお母さんなのかぁ
どうも、昔の女優さんって落ち着いてるよねー
今だったら、祖母じゃね?って感じだよ
(´・ω・`)ごめん

最近の寅さんの傾向として、映画の内容が、2部構成になってますね!
前半は、諏訪博のお母さんが亡くなったって事で、葬式に出席
そこに寅さんも登場し、いつものようにテンヤワンヤ~
その後、博の父さん、ひょう一郎との交流
ってな感じです

博の兄さん役の穂積隆信、何か妙に懐かしいなぁ
(=´・∀・`=)

後半は柴又に帰り、池内淳子演じる貴子さんに一目惚れ~♪

おいちゃんもおばちゃんも、もちろん、さくらも、貴子さんのタイプが絶対に寅さんの好みだと確信し、「寅が居なくて良かったな」って言ってる矢先に…
ほら~、寅さん帰って来ちゃう
それでまたテンヤワンヤですよ
おいちゃんとのケンカも凄まじい(´°д°`)

何かこの頃は、おいちゃんもおばちゃんも、寅さんの事がストレスになってるみたいですね
「うわ=帰って来たぁ~」
嫌々感丸出し


ただちょっと今回はいつもの寅さんじゃなかったですね
いつもの寅さんだとマドンナに対してニッコニコ
たとえ気分の悪い事があってもマドンナに話しかけられれば「ハイハイハイ~♪」

それなのに、彼女のためにお金工面したいあまり、強引な叩き売りしてみたり
イライラして当り散らし、沈み込んだり
最終的には、ヤクザな家業してる自分が一人の女性を幸せに出来るわけがないと痛感したのか、柴又の町で健気に頑張る彼女を遠くから見つめ、何も言わず旅に出てしまいます
渋い、寅さん!!


このシリーズ辺りから、満男役の中村はやとくんの表情や動きがとっても可愛くなって来た=
全然演技っぽくないのね
寅さんを見て笑ったり、一人で遊んだり、さくらに抱きついたり、このスタジオの中がすっかり自分の居場所になってリラックスしてるようです
もう、満男から目が離せないわ
(*´・∀・`*)


あれれ?
源さん役の佐藤蛾次郎さんが登場していないな~と思ったら、撮影直前に交通事故に遭い出演中止になったそうです
残念~

そしてもっと残念なのが…
今作品が、おいちゃん役の森川信さん、最後のシリーズとなりました
1971年12月29日公開
1972年3月26日にお亡くなりになっています
享年60歳
映画を観ると、60歳よりももっとお年を召してる印象ですね
昔の俳優さんは見た目がだいぶ落ち着いているなぁ
そう言われれば、最近のシリーズを思い返してみると、結構寝ているシーンが多かったような気がします
「暑くて参っちゃうよ~」って昼寝してたり、ゴロゴロ横になってたり…
大変だったのかな

ご冥福をお祈りいたします


映画
[PR]
by by569 | 2015-05-22 00:32 | 男はつらいよシリーズ

男はつらいよ 奮闘篇

f0039573_1116572.jpg■男はつらいよ 奮闘篇 1971年・日

■キャスト
渥美清(車寅次郎)
倍賞千恵子(諏訪さくら)
森川信(車竜造・おいちゃん)
三崎千恵子(車つね・おばちゃん)
前田吟(諏訪博)
笠智衆(御前さま)
太宰久雄(梅太郎・たこ社長)
佐藤蛾次郎(源さん)
中村はやと(諏訪満男)

榊原るみ(花子)
光本幸子(冬子)
ミヤコ蝶々(菊)
田中邦衛(副士先生)
大塚弘(おまわりさん)
柳家小さん(ラーメン屋)


<ネタバレです~>

シリーズ第7作!

今回のマドンナは榊原るみさん
頭がちょっと弱い役なんだけど、可愛いですね~
(〃゚∇゚〃)

今回は、シリーズ第1作のマドンナだった冬子さんが登場しましたね
寅さんが一目惚れした冬子さんも、今ではすっかりお母さんでしたー

そして、寅さんの実母、お菊さんも柴又にやって来ます
「寅が結婚するって、葉書をもらった」って言ってますが…
葉書をもらったのが1年くらい前らしい

で、おいちゃん、おばちゃん、さくらは…
「1年前って言ったら誰かしら、冬子さん?」
「夏子さんでしょう?」
「いや、春子さんじゃない?」

もう誰だか判んなくなったよ===
==(´・д・`|||)==


いつもは寅さんが一目惚れして、さてどうなるか~ってな展開だけど、今回はちょっと違って、やや頭が弱いかな?の若~い女の子
気になっちゃっていろいろ世話焼きしてますねー

もしや寅さんには超美人の高嶺の花マドンナよりも、寅さんが心配で仕方がないような、寅さん以上にズレてるような(すみません…汗)、そんな危なっかしい子の方が、合ってるのかもしれないな…なんて思ってみたり

残念ながら、学校の恩師が花子を迎えに来て、あっさりと帰ってしま~
サヨナラも言わずに…

その後、寅さんが花子ちゃんの様子を見に、わざわざ青森まで向かった事を考えると、想像以上に、花子ちゃんは寅さんの気になる存在になっていたのかもしれませんね

まるで、自殺してしまうかのような内容の葉書が届き、心配でいてもたってもいられないさくらも青森へ

柴又から青森まで…
当時は大変な移動だったでしょうねー

しかし心配をよそに、現地のおばちゃんたちと賑やかにお話してる寅さんと無事会えて、良かった良かった♪

とは言え、今作品は何となくもの寂しい悲しい雰囲気に包まれたラストだったかな?
そんな印象も残りました


海外スター・ドラマ
[PR]
by by569 | 2015-05-14 00:15 | 男はつらいよシリーズ

男はつらいよ 純情篇

f0039573_2202817.jpg■男はつらいよ 純情篇 1971年・日

■キャスト
渥美清(車寅次郎)
倍賞千恵子(諏訪さくら)
森川信(車竜造・おいちゃん)
三崎千恵子(車つね・おばちゃん)
前田吟(諏訪博)
笠智衆(御前さま)
太宰久雄(梅太郎・たこ社長)
佐藤蛾次郎(源さん)
中村はやと(諏訪満男)

若尾文子(明石夕子)
森繁久弥(千造)
宮本信子(絹代)
松村達雄(山下医師)
垂水悟郎(夕子の夫)
水木涼子(たこ社長の妻)


<ねたばれ感想などいろいろ>

シリーズ第6作目!

今回のマドンナは若尾文子さん
まあ、美しいっちゃー美しいけど
(´・ω・`)

「団子屋の手伝いする」って言うからどんな人かと思ったら、若尾さんかぁ
ちょっとイメージ違うなぁ~
団子屋っぽくないですよ…ね?
どちらかというと、料亭の女将って感じかな
三崎千恵子さん演じるおばちゃんの遠縁との設定でした
なんでも~
おばちゃんのいとこが嫁いだ先の姪っ子、らしいです
遠っ!


数年前、NHK朝の連続ドラマ「おひさま」に若尾さん出演した時って、寅さんのマドンナの時からすると、たぶん40年以上経ってるでしょう?

しかし、アラ不思議(=´・∀・`=)

お変わりなく、あんまり老けてないじゃないですか?
別の言い方すると、昔から落ち着き過ぎ?
ごみん…(謝


夕子さんには夫が居ると既に知ってるだろうけど、そんなのお構いなしで夕子さんの世話焼きをする寅さん
そんなお兄ちゃんの姿に不安がよぎるさくら
なんか…
さくらの気持ち判るなぁ
嫌な予感するよね~

案の定、夕子さんは夫が迎えに来て、あっさりと帰っちゃう訳です
寅さんとの恋…って感じではなかったですね


今シリーズのサイドストーリーだったけど、森繁久弥と宮本信子が父娘役で登場
顔ぶれ豪華ですねー
父娘の親子愛に触れ、寅さんも急に柴又へ帰りたくなってしまって…
最初と最後にちょっとだけ出てくる千造と絹代
この2人のストーリーで、もう一本映画作れそうな感じですね
(〃゚∇゚〃)


また、博の独立問題も勃発!
たこ社長の印刷会社を辞めて、独立したい博
絶対に辞めほしくない、たこ社長

さ=どうする(゚д゚;)

ここで登場は寅さんですよー
しかし、話を上手く進めるはずが、全くいい加減~
めちゃくちゃ ヾ(`Д´*)ノ

シリーズ6作まで観たけど、寅さんって、この頃は本当に無責任で、ダメダメなんだね
まだ若いって事かな

まあ、この独立騒動によって、たこ社長は、もう暴れ出すわ~、泣き出すわ~
博が仕方なく「独立は諦めます」って折れるしかないし…
折角の飲み会の場が、シ~ンだよ
(´・ω・`)気まずい

そのシラけた雰囲気を「社長、これからは大丈夫だよ!タコタコ揚がる~って言うだろう?」の一言で笑いの渦にしちゃうんだからさ
寅さんって凄い

あの寅さんのセリフってアドリブ?

な~んか言い方が自然で、その後のみんなの吹き出す感じが「素」みたいで、観ているこっちも和みました


(気になった点、いくつか)

1.たこ社長の奥さんが登場してたけど、やけに老けてね
最初、社長の母さんかと思っちゃったよ
たこ社長って子供4人も居るんだ~
やっぱり頑張って働かないとね

2.今まで団子屋手伝ってた源さんが、お寺の手伝いになってた
今後ずっとお寺の人だよね

3.寅さんの舎弟・川又登(津坂匡章)は登場しませんでしたぁ
第5作では、寅さんと海辺で再会して大ハシャギだったのにな


海外スター・ドラマ
[PR]
by by569 | 2015-03-27 00:59 | 男はつらいよシリーズ

男はつらいよ 望郷篇

f0039573_20162759.jpg■男はつらいよ 望郷篇 1970年・日

■キャスト
渥美清(車寅次郎)
倍賞千恵子(諏訪さくら)
森川信(車竜造・おいちゃん)
三崎千恵子(車つね・おばちゃん)
前田吟(諏訪博)
笠智衆(御前さま)
太宰久雄(梅太郎・たこ社長)
佐藤蛾次郎(源さん)
津坂匡章(川又登)
中村はやと(諏訪満男)

長山藍子(三浦節子)
井川比佐志(木村剛)
杉山とく子(三浦富子)
松山省二(石田澄雄)
木田三千雄(親分)


<ねたばれ感想などいろいろ>

シリーズ第5作でーす

おいちゃんがついにっ、あの世へ!?
と言う夢で、寅さん目覚め、心配で電話してみたら「おいちゃんがもう死にそうなのよ」って言うじゃないか
正夢===(゚д゚;)

こうなったら葬式は自分が仕切らねば!
力んで帰って来るが、まあ、それはみんながついたウソで、またしてもテンヤワンヤですよ
もう葬儀屋や仕出し屋に手配しちゃってんだよ
寅さんらしいといえば寅さんらしいけど、流石に気が早すぎるよね


今回のマドンナは、豆腐屋の娘・長山藍子
おばさんになってからの長山藍子しか知らないからなぁ
あんなに若い頃もあったんだな(当たり前っ)
可愛いね~
顔、まん丸
(〃゚ー゚〃)

テレビドラマ版の寅さんでは、さくら役が長山藍子なんでしょ?
で、おばちゃん役は杉山とく子
諏訪博役は井川比佐志という
テレビ版ファンにはたまらないシリーズだったのではないでしょうか

まあ個人的には井川比佐志さんのキャラがちょっと苦手なので、おいらは、完璧に前田吟の方が良いっ!
だって井川さん、顔怖いでしょう
イライラ顔っての?


「寅さん、カタギになる」←今シーズンのキャッチフレーズ
どんな仕事したらいいか、団子屋のみんなでいろいろ考えてあげても、あれはダメ、これはイヤって…
寅さんったら、どんな仕事ならいいのさ~
一応彼のイメージとしては、「汗して働く」のが希望みたい
機関車の運転士みたいなね~

で、結局、たこ社長の印刷所で働くって…
だいぶ近い場所で見つけたね~
残念ながら、あっという間にクビだけど

あのオーバーオール姿の寅さん、超可愛かった
何故か『Drスランプ アラレちゃん』の則巻千兵衛が思い浮かんだぞ


団子屋を後にして、寅さんがカタギの仕事として見つけたのは豆腐屋職人
もしもこのまま節子と結婚…なんて事になったら、本当に普通の暮らしが出来たかも~ってくらい豆腐屋が馴染んでたよ
すっかり豆腐作りも出来てるし、地域にも溶け込んでるしね

いけなかったのは節子さんの態度よ
あんな言い方では勘違いするさ
まるで告白みたいだもの~
源さんも「おめでとうございます」って言ってたしね
誰もがそう思うよ
これは寅さんが可哀想だった…

こうなるだろうと、さくらは判ってたから、心配だったんだろうな
お兄ちゃん想いだなぁ

やっぱりさくらは絶対に倍賞千恵子じゃないとダメだなと今作品観て痛感したわ
もしもさくらが長山藍子だったら、う~ん、観なかったかも…


海外スター・ドラマ
[PR]
by by569 | 2015-03-15 00:14 | 男はつらいよシリーズ

新・男はつらいよ

f0039573_19591810.jpg■新・男はつらいよ 1970年・日

■キャスト
渥美清(車寅次郎)
倍賞千恵子(諏訪さくら)
森川信(車竜造・おいちゃん)
三崎千恵子(車つね・おばちゃん)
前田吟(諏訪博)
笠智衆(御前さま)
太宰久雄(梅太郎・たこ社長)
佐藤蛾次郎(源さん)

栗原小巻(春子)
津坂匡章(川又登)
横内正(隆太)
財津一郎(泥棒)


<ねたばれ感想などいろいろ>

シリーズ第4作まで来ましたねー

シリーズ1作目のマドンナは、御前さまの娘さんである、冬子さん
シリーズ2作目は、近所の散歩先生の娘さんである、夏子さん
今シリーズは、転任してきた幼稚園の先生、春子さん
春夏秋冬シリーズなの?
マドンナの名前、安直~
(〃゚∇゚〃)


前シリーズ出演なかった川又登がまた登場
今度は旅行代理店員
寅さんの100万円に目がくらんだ旅行会社社長が持ち逃げしたから、さ~大変
せっかくのハワイ旅行がパー
(´・ω・`)あ~あ

ご近所には見送られちゃったし、まさかハワイに行ってないなんて思われないように、家の中でも、音立てず~電気点けず~頑張りました!!
いや~、笑ったー

おいちゃん、おばちゃん、寅さん、博さんの会話が妙にハマって、映画観ながらあんなにゲラゲラ笑ったの久しぶりだわ
(ノ≧∇≦)ノ

おばちゃんのスカート姿も貴重じゃないかい?
この姿見て初めて、おばちゃんって結構若いかもって思った
着物って落ち着いて見えるもんね
寅さんのハワイ用に新調した真っ白なスーツも決まってたー
完璧にヤクザな人だよね~
胸ポケットの日の丸も良い♪

ヒロイン春子役は、栗原小巻さん
可愛いのなんのって!
今の、本仮屋ユイカっぽい?

寅さんもすっかり幼稚園児に戻っちゃってるし
子供に混じってお遊戯したり、折り紙したり
平和だわぁ


泥棒役だった財津一郎って、シリーズ2作目で、寅さんの隣のベッドに入院してた患者だったけど、まさか、同一人物役ではないんでしょうね
「あ!お前、あの時の!」みたいなセリフはなかったから、別人役?
[PR]
by by569 | 2015-02-19 00:57 | 男はつらいよシリーズ
f0039573_1381313.jpg■男はつらいよ フーテンの寅 1970年・日

■キャスト
渥美清(車寅次郎)
倍賞千恵子(諏訪さくら)
森川信(車竜造・おいちゃん)
三崎千恵子(車つね・おばちゃん)
前田吟(諏訪博)
笠智衆(御前さま)
太宰久雄(梅太郎・たこ社長)
佐藤蛾次郎(源さん)

新珠三千代(お志津)
香山美子(染奴)
花沢徳衛(清太郎)
春川ますみ(駒子)
野村昭子(お澄)
悠木千帆(女中)
左卜全(徳爺)
河原崎建三(信夫)


<ねたばれ感想などいろいろ>

今回もハチャメチャやってる寅さんでしたねー
おいちゃんと殴り合いのケンカしたり
お志津の弟の信夫とナイフが登場するケンカシーンがあったり
物騒だわー
(´・д・`|||)

晩年の寅さんは、若者に優しく(?)説教し、良い方向へ導く人情深いおじさんって感じですが、まあ、若い頃は寅さんも「表へ出ろ~」なんてカゲキな事をしてたんだな

寅さんは温泉街でも既に有名人(o^-^o)
しかも、客にもすっかり存在知られてるみたいで、寅さんの寸劇を楽しみにしてる宿泊客多し
必ず、ステージ最後に、寅さんが「お志津~」と叫んで「幕」!って感じで、みんな寅さんのお志津コールを待ってる
柳沢慎吾の「あばよっ」みたいなもの
来る~来る~と判っていても待っちゃうんだよねー
(o^-^o)

いや~、河原崎建三、若い頃、カッコイイねー
端正な顔立ち
今は、・・・
う~ん、(^-^;)どうかな


(ちょっと気になった点いくつか)

1.いきなり寅さんが少女を抱っこして登場するシーンには「これ、誰?誰?」ってなりませんでした?
今考えると、お志津の娘なんだろうか~?
って視聴者であるおいらが勝手に解釈したけどさー
あの少女の一切説明なかったなぁ
突然だったよね
(´・ω・`)むむむ

2.香川美子演じる染奴の心残りは、半身不随の父・清太郎の存在だったけど、「大丈夫、大丈夫~親父さんの事は心配するな」と寅さんが柴又へ連れて帰り、世話してくれる所を紹介すると約束してくれた
寅さんって良い人~
これで心置きなく信夫と出発できる~♪

しかし、またしても一人旅に出た寅さんの後姿に「清太郎さんの事は忘れてないよね~」と声を掛けたくなったのは、私だけだろうか
寅さん、大丈夫~?

3.理由は判らないが、さくらの登場するのが、だいぶ遅かったぞ
体調でも悪かったのかな…

4.寅さんの弟子的な存在・川又登役の津坂匡章(秋野大作さん)は登場しませんでしたねー


海外スター・ドラマ
[PR]
by by569 | 2015-02-17 00:06 | 男はつらいよシリーズ

続・男はつらいよ

f0039573_16111662.jpg■続・男はつらいよ 1969年・日

■キャスト
渥美清(車寅次郎)
倍賞千恵子(諏訪さくら)
森川信(車竜造・おいちゃん)
三崎千恵子(車つね・おばちゃん)
前田吟(諏訪博)
笠智衆(御前さま)
太宰久雄(梅太郎・たこ社長)
佐藤蛾次郎(源さん)
津坂匡章(川又登)

ミヤコ蝶々(お菊)
佐藤オリエ(坪内夏子)
東野英治郎(坪内散歩先生)
山崎努(藤村医師)
財津一郎(患者)
風見章子(お澄)


<ねたばれ感想いろいろ>

寅さんが近所をウロウロしている時、学生時代に英語を習った散歩先生に出会い意気投合
その家の娘・夏子に一目惚れして!
と言う展開でしたね

1作目も2作目も近所の幼なじみに一目惚れしてるなぁ~
「旅先での出会い」ってパターンはこれからのようです


いや~、英語の先生が黄門様だったー
ハッキリ言って、まげ姿の東野英治郎しか知らないもんで、毛がある東野英治郎は、おいらの中に存在する東野英治郎じゃねぇ~って感じ

佐藤オリエは知ってるぞ
なんだか、上野樹里っぽい雰囲気だなー
可愛いね
今はあまりお見かけしないけど、幾つくらいになったんだろうか~

藤村先生は山崎努
若い頃から眼力すごいっすね
メークをすんごく濃くした江口洋介風もあり
救命病棟24時に患者が寅さん
これじゃ、相当作風変わりますな

愛しの夏子さんが藤村先生とお付き合いしてるって知った時や、実の母親がいい加減な女だと判った時の寅さん、かなりダメージ受けてましたね
しかも、周囲にもバレバレで、みんな寅さんに気ぃ~使いっぱなしで

「寅ちゃんには、母さんはNGワードよ」
なんて言ってる時に限って、お母さんやおふくろ~の連呼でさ
これってこの時代のお約束って感じ
ドリフもこのノリだもんね
「志村~、後ろ後ろ」みたいな
(〃゚ー゚〃)


今回も寅さん、ハチャメチャやってます
いきなり食べ過ぎて病院騒ぎ、入院しても病室で大騒ぎ、飲み屋に行ったら無銭飲食
おいおい~(´・ω・`)

そして、噂の、寅さんの母親登場
ミヤコ蝶々でしたよ
なるほどね~
そんな感じかもー
最初は、おしとやかで静かなお澄さんを母親と勘違いし、もう~てんやわんや
あの女優さん、風見章子って言うんだね
最近見ないけど、今現在92歳
ご存命のようです

源さんはこの当時は、団子屋とらやの店員なんだ~
ずっと、帝釈天の掃除やら何やらやってる人だと思ってた
シリーズ最初から観るのって、やっぱり面白いね


素朴な疑問シリーズ
散歩先生と夏子さんは、坪内さん
前回の冬子さんも坪内さん
柴又って、坪内姓が多いのかい?


海外スター・ドラマ
[PR]
by by569 | 2015-02-08 00:08 | 男はつらいよシリーズ

男はつらいよ

f0039573_10165032.jpg■男はつらいよ 1969年・日

■キャスト
渥美清(車寅次郎)
倍賞千恵子(さくら)
森川信(車竜造・おいちゃん)
三崎千恵子(車つね・おばちゃん)
前田吟(諏訪博)
笠智衆(御前さま)
太宰久雄(梅太郎・たこ社長)
佐藤蛾次郎(源さん)
光本幸子(冬子)
志村喬(諏訪○一郎)


<ねたばれ感想いろいろ>

今まで「男はつらいよ」シリーズには全く興味なかったけど、BSで一挙放送があるとの事で観てみたら、いや~、面白かった
やっぱり寅さん良いね~(今更?)
(o^-^o)

しかし渥美清、全く変わらないのよ
老けない秘訣、教えて欲しいものです
お肌つやつや
シリーズ最後の方まで、このツヤツヤ感保ってますよね

さくら役の倍賞千恵子さんの可愛らしさには、もうぶっ飛びました
(〃゚∇゚〃)可愛い♪
今の倍賞さんしか知らないものだから…
今はちょっと恐ろしいでしょう?
あ、ゴメン…汗

今回のヒロインは光本幸子さん演じる坪内冬子
おいら、光本さんと言う女優さん、全く存じ上げません
すまぬ…(´・ω・`;)

冬子さんは御前さまの娘だそうですが、そうなると、父さん、老け過ぎじゃね?って感じ

寅さんとヒロインの切ないエピソードはなかったかな
奈良で幼なじみの冬子と出会い、そのまま柴又へ戻って来て、酒飲みに行ったり…と、すっかり良い雰囲気~
と思ってたのは寅さんだけ!
釣りに行く約束してたのに、冬子さん「あ~、忘れてた」だもんね
釣れないのねん

やはりメインは、さくらと博の結婚式
志村喬演じる博の父親・諏訪○一郎(結局あまり名前が判らなかった…名刺映ったけど画数が多すぎて…汗)の挨拶シーンで涙してしまった
まさかこんな所で泣くとは、自分でも驚いちゃったよ
なんか、じ~~んと来た
それまでは寅さんってば、博の父さんに敵対心丸出しだったのに、父さんのスピーチ聞いてすっかり意気投合
いや、父さんは終始暗かったけどさ…
(〃゚∇゚〃)アハハ


寅さんシリーズの後半(40作目あたり)は何となく観た事あったけど、その頃の寅さんは、人情深くて誰にでも(特に女性)優しくて、憎めないキャラだよね
久しぶりに帰って来ると「寅さ~~ん、お帰り~」みたいな大歓迎でさ
でも、シリーズ開始当初の寅さんって、驚くほどハチャメチャなダメ男
おいちゃんもおばちゃんもウンザリしてる風もあり
(=´・∀・`=)特におばちゃん

寅さんって、さくらとは異母兄妹なんだぁ
このエピソードは知らなかった
寅さんのお母さんは芸者で、寅さんを産んですぐどこかへ行ってしまったらしい
団子屋「とらや」で世話になっていた寅さんも、20年前に(寅さんが18歳頃?)家を出てから行方不明
20年ぶりに帰って来たと言う所から物語が始まります

桜の花咲く季節に帰って来て、妹はさくら
なんともステキな演出

毎週土曜日にBSで寅さん放送してくれるようなので、観られるだけ観ようと思ってます

あ、それと、
秋野太作が寅さんの弟分で登場してるけど、当時は津坂匡章って名前だったんだわ
それも知らなかったぁ

いろんな発見があるなー
昔の映画を観るのもまた良いものですね


海外スター・ドラマ
[PR]
by by569 | 2015-01-31 00:13 | 男はつらいよシリーズ