小六のB級A画館 by569.exblog.jp

ジュリアス・シーズー・小六です。ほぼネタばれ有り、ややB級寄りだから、ご注意を。ここでは気に入っている映画&海外ドラマを紹介してます。画像・イラストの無断持ち出しは禁止でございまする。


by by569
プロフィールを見る

<   2007年 03月 ( 24 )   > この月の画像一覧

f0039573_21103563.jpg
■#2 SOS「Pilot Part2」

■キャスト
マシュー・フォックス (ジャック→医師)
エヴァンジェリン・リリー (ケイト→犯罪者?)
ドミニク・モナハン (チャーリー→ヤク中毒)
ホルヘ・ガルシア (ハーリー→太っている男)
ジョシュ・ホロウェイ (ソーヤー→けんかっ早いヤツ)
ナヴィーン・アンドリュース (サイード→機器類に強い)
マギー・グレイス (シャノン→ブーわがまま娘)
イアン・サマーハルダー (ブーン→シャノンの兄)
ハロルド・ペリノー (マイケル→ウォルトの父)
マルコム・デヴィッド・ケリー (ウォルト→マイケルの息子)
テリー・オクィン (ロック→誰とも交流持たず1人でゲーム)
エミリー・デ・レイヴィン (クレア→妊婦)
ダニエル・デイ・キム (ジン→韓国人)
ユンジン・キム (サン→ジンの妻)
L・スコット・コードウェル (ローズ→機内でジャックの隣に座っていた女性)
フレデリック・レーン (エドワード→連邦捜査局の人間?)


今日は第2話です。
みんなそれぞれに過ごしているようですね。


それでは、みなさんの行動などを書き留めておきましょうか。

★ジャック
腹部に飛行機の残骸が刺さった男性乗客の治療に専念します。
この男性は、放置すれば数日で死亡する可能性大!
そのため緊急手術を実施。
ジャックの活躍でこの男性は一命を取り止めます。

★ケイト&チャーリー&サイード&ブーン&シャノン&ソーヤー
トランシーバーを使用する為、6人で標高の高い所まで登山。
サイードは、過去に軍の通信担当者で機器類に強い事が判明します。
ケイトは、機内で手錠をかけられいたようです。
移送中だったのか?

★ハーリー
ジャックに頼まれ、事故で散乱したバッグの中から抗生物質を探し出す作業。
ジャックの緊急手術にも立ち会います。

★マイケル&ウォルト親子
どうも、この親子、イマイチ仲が悪いような?
ウォルトは、愛犬ラブラドールレトリバーのヴィンセント探しに夢中です。
その最中、森の中で手錠を発見。
ウォルトは、ロックに「ママは少し前に死んだ」と告白します。

★ロック
誰にも協力する事なく単独行動。
ゲームに興じます。
ウォルトに話しかけられ、ロックがウォルトに一言!『秘密を知りたいか?』
(秘密って何だ!!??はい!知りたいです)

★クレア
臨月なのにお腹の赤ちゃんが動かないと心配。

★ジン&サン夫妻
海から貝類などを見つけ、他の乗客たちに振舞うが、みんなに断られ可哀想~
アメリカ人は生ものを食べる習慣がないからね。
サンが男性と会話したり、サンの肌が少しでも見えると、注意するジン。
お国柄かな?

★ジャックが手術して助けた男性
ケイトを移送していた連邦捜査局の人間?


今回の目玉は!!
コックピットから見つけたトランシーバーです。
ビーチでは電波が届かないので、ここは勇気を出して、トランシーバーが繋がると思われる山の上へ向けて出発!

登山に希望したメンバーは、機器類に強いサイードを中心に、ケイト、ブーン&シャノン兄妹、チャーリー、そしてソーヤー。
このソーヤー、何とかして~
うるさいっつーの。

あれだけサイードに突っかかっていたのに、「メンバーに参加するのかよ」って、本当に驚いたっ!
もしかして、実は寂しがりや?(冷汗


登山中もあれこれと衝突する6名。
その時、草原の遥か向こうから、こちらへ突進してくる物体が…
ソーヤーが、どこからか手に入れた銃を取り出し、正体不明の物体に向かって銃を撃ちまくり射殺。
その正体は・・・ホッキョク熊だって?
この南国の島に?

戸惑うサイードたちでした。


山の中腹まで来た頃、トランシーバーの電源を入れてみる事にします。
すると、衛星回線か携帯電話か…この近くで電波を使って発信しているメッセージを傍受。
言語はフランス語。
メッセージは女性の声で、「誰か助けて、私は島に1人。他の人はあれに殺された」と言っているではありませんか。
しかも、遭難信号後に入るカウント数で、彼女は16年5ヶ月もの間、誰にも発見されず、遭難信号を発信し続けている計算になります。

果たして、彼女はどこにいるのか?


(第3話へ続く…)
[PR]
by by569 | 2007-03-31 21:12 | LOST
f0039573_20211212.jpg
■#11 吸血の森「Camp Fear」

■製作総指揮 ジェリー・ブラッカイマー他

■キャスト(レギュラー)
デヴィッド・カルーソ (ホレイショ・ケイン→CSI チーフ)
エミリー・プロクター (カリー・デュケーン→CSI 捜査官)
アダム・ロドリゲス (エリック・デルコ→CSI 捜査官)
カンディ・アレクサンダー (アレックス・ウッズ→CSI 検死官)
ロリー・コクレイン (ティム・スピードル→CSI 捜査官)

■キャスト(ゲスト)
ダニカ・スチュワート (ダラ・ウィンターズ→被害者)
ブライアー・ブラウン (ダラの母親)
トニー・トッド (コードリー軍曹→ファロスアカデミー教官)
アンバー・タンブリン (ヴァレリー→アカデミー学生)
スティーヴン・N・ライダー (ウィリー・スタンゴ→被害者)
ジェフ・ディアゴスティーノ (ティミー・ディール→ウィリーの知人)
ワンダ・デ・ジーザス (アデル・セヴィーラ刑事)
マイケル・マックグラディ (デラクロイア刑事)


<あらすじ>
ゴミ拾いに来た学生ボランティアの生徒2名が、森で若い女性の死体を発見。
身元不詳、全身に虫に刺されたような痕が多数残っていた。
死斑は2箇所あり、他の場所で殺され、ここに移動させられた事が判る…



森で若い女性の死体が発見されます。
身元を判別するような遺留品は全くなし。
爪の手入れがキチンとされている事から、家出人ではないと推理するホレイショ。

現場の状況と証拠品…
1.死亡推定時刻は午前3:00~5:00
2.頭部を強打
3.死斑が2箇所ある→殺害現場は他の場所で、ここに移動された可能性
4.体中に、虫に刺されたような痕がある
5.現場近くに4輪バギーのタイヤ痕


被害者が着ていたTシャツに表示されていた、「ファロスB-2」と言う洗濯マークから、近くの「ファロスアカデミー」のものと判明します。
ファロスアカデミーとは、非行少女の強制施設。
ホレイショとカリーは早速ファロスアカデミーへ向かいます。

アカデミー教官コードリーに、被害女性の写真を見せるが「ここの少女ではない」との事。
カリーはその時、施設内で、若い女性が4輪バギーを運転しているのを目撃します。
4輪バギーのタイヤを確認すると、死体遺棄現場に残されていたタイヤ痕と一致。
4輪バギーを運転していたのは、ヴァレリー。
生徒の中のリーダーでした。


Tシャツは、第二兵舎の生徒の服と言う事で、全員の持ち物検査をしてみると、ジュリー・モラレスと言う生徒のTシャツが1枚不足している事が判ります。
しかしジュリーは、何故1枚足りないかは知らないと証言。

ここで、ホレイショとカリーは、第二兵舎の床で白い粒を発見。
後に、その白い粒は食塩でした。
何故床に食塩が?

また、4輪バギーを調べると、血痕を拭き取ったような痕を発見。
バギーのエアコンフィルターを持ち帰り、フィルターに証拠となる何かが付着していないか調べる事にします。


ここで被害者が、ダラ・ウィンターズと言うモデルと判明し、彼女の母親に話を聞きに行くと、発見された時の服装とは全く違い、彼女は赤いトップに黒のミニスカートを身に着けていたと言います。
服は一体どこへ行ったのか?

ダラの部屋から、たくさんの手紙を発見。
ダラは母親にも内緒で私書箱を設置し、小学校の時のクラスメート、ジュリー・モラレスから手紙を受け取っていたようです。


4輪バギーのエアコンフィルターから、興味深い証拠が…
黄色い花粉が発見されます。
この花粉は、とても珍しいユソウ木のもので、もちろんアカデミーには無い木です。
しかもこの花粉が、ダラの鼻の中から発見された事により、このバギーが殺害現場へ行ったと言う確実な証拠となりました。

当日の風の状況から、この花粉がある場所から約45メートルの場所を捜索すると、沼周辺にバギーらしきタイヤの痕が見つかります。
沼の中を捜索し、ダラのものを思われるバッグと、その中に、母親が証言していた通りの赤いトップと黒いミニスカートを発見。

バッグを見つけたのはカリー。
そしてカリーの足には、真っ黒いヒルが…ぎゃー
肌にはり付いたヒルを引っ張ってはイケナイらしい。
ヒルに食塩をかけるとすぐに取れるそうです。

え?食塩?
第二兵舎に落ちていたのも食塩。
ここでホレイショの一言「これだ!」

しかしヒルに集られてもカリーは余裕。
「ヒルって満腹になると10倍にも膨れるのよ。ヒルって本当に面白い~」ですって。
すごいよ、カリーって。


★ここでアレックスから為になるお話…
「ヒルの唾液には、血管拡張の酵素が入ってる」そうです。

って事は、ダラの体中にあった虫に刺されたような痕って、もしかして、ヒルに吸われた痕って事ぉ!!
ザワザワザワザワ
死因はヒルですか?


再度アカデミーへ行き、ヒルによる傷が足にないか、全員のズボンをまくってもらうと!
なんと、リーダーのヴァレリーの足にヒルに吸われた傷が…


さてさて、ここで、みなさんからの証言をまとめてみましょう。

まず、ダラの小学校のクラスメートで、現在アカデミーに居るジュリー・モラレスは「実は、事件当夜ダラがアカデミーに来て、モデルの仕事がイヤだと打ち明けられた。しかし母親がモデルを止めさせてくれない」と証言。
だから、彼女の髪を切ってあげ、モデルの着飾った服を脱がせ自分のTシャツをあげた・・・と。

次に、ヒルに吸われた傷があったヴァレリーは「兵舎の見回りに行くと、ジュリーの所に知らない子が居たから、出て行くように言った」
昔の悪かった時のように、ダラにヤキ入れたんじゃないのか?
そして、後で、バギーにダラを乗せて別の場所に捨てに行ったんじゃないのか?
と刑事達は詰め寄ります。

ここまで来ると、犯人がヴァレリーで解決のようですが!

実は、ダラの母親の車のヘッドレストから、何故かユソウ木の花粉が検出されます。
これで、母親も事件のあったあの場所へ行ったと言う事が判明します。
母親に確認すると…「ダラがジュリーの所へ行ったと思いアカデミーへ行った。その時、道路をフラフラと歩いているダラに出会い、追いかけようとしたが、ダラが全力でどこかへ逃げていってしまったのでそのまま帰った」と。

ダラは母親から逃げ、暗闇の森を走っている時に転び頭を強打後、ヒルに吸われ死亡(で良いのかな?)。
そして翌朝、ヴァレリーは、ダラの遺体を見つけ移動…死体遺棄



★ちょっと待った!!!!!

ダラは母親に追いかけられたから走って逃げた訳でしょう?
そして勝手に転んで頭を打って倒れた。
ヴァレリーは、わざわざダラの遺体を運ぶ必要があったでしょうか。
ダラがアカデミーに侵入した事によって、ヴァレリーの管理力が問われると言う不安からそこまでするならば、アカデミーのTシャツも脱がせないと。

ちょいとモヤッと感が残る印象ですな。


さて、スピードルとデルコは、キャンピングカーで死んでいた男性の捜査。
スピードルとデルコのペアって、もしかして初めての事件でないかい?
男同士、頑張ってくれ!

被害者は、ウィリー・スタンゴ、通報者は元妻。
室内は侵入された形跡はなし、テーブルの上や流しには牛乳の空箱が散乱、携帯電話には不在着信ばかりが記録されています。

ウィリーの口周りは熱傷、胃液が赤く変色していました。
この状況から、体内から出火して出来た火傷の痕と判明します。
体内から燃えるとは一体?

ウィリーのボートを調べると、ボートに大量のガソリンタンクが乗っています。
こんなにガソリンが要るボートでもないのに。
スピードルとデルコは、もしかしてウィリーはガソリン泥棒なのではないかと推理します。
ホースでガソリンを吸い上げ、自分のタンクに入れる…
だからガソリンが体内に残り、発火したのかもしれない。
しかしどうやったら発火するのか。

携帯に100件近く入っていた不在着信の内、ほとんどが「モーター」なる人物からと判り、モーターを探します。
モーターとは、1250ccのボートを乗りまわしていたティミー・ディール。
彼に話を聞くと、「ウィリーが全く電話に出なかったが、事件当日の朝、1回だけ電話に出た。しかしすぐに切れた」との事。
携帯電話のリチウム電池からは、微量の電気を放出している…
それで、1回だけ電話に出た時、放出された電気が、体内のガソリンに引火し発火!
…でした。


事件解決し、みんなで飲みに行こう~って事になり、セヴィーラ刑事がホレイショを誘いに来ます。
しかしホレイショは「また今度にする」と。

ここでホレイショから衝撃の一言が!
「メーガンが辞めた」
何ーー!!??辞めた?
じゃ、もしかして、もう出てこないの?

ホレイショの哀しげな横顔が印象的でした。
わたくしも哀しい…



<ちょいと新発見&簡単メモ>

1.ホレイショには、「レイモンド・C・ケイン」と言う弟がいるらしく、またその人物は殉職しているようです
詳しくは追々エピソードの描かれると思いますので、それを期待!
2.メーガンがついに退職!
「仕事をしていると死んだ夫を思い出すから」と言う理由
メーガンの今回の登場は全くなしだったので、前回の第10話が最後の登場となりました~残念…
3.大量のヒルに吸われた被害者ダラ・ウィンターズを演じたダニカ・スチュワートは、「CSI:科学捜査班」のエピソード31(第2シーズン第8話)「倒錯の館」にも出演していますが、何の役だったか記憶にない…
役名は「Teenage Girl」これじゃ判らん!!
[PR]
by by569 | 2007-03-29 20:25 | CSI:マイアミ
■天使が街にやって来た! 「WHEN ANGELS COME TO TOWN」 2004年・米

■監督 アンディ・ウィーク
■製作 ケン・グロス、アイリーン・リチンスキー
■製作総指揮 ダニエル・H・ブラット
■脚本 マイケル・J・マーレイ
■音楽 パトリック・ウィリアムズ

■キャスト
タミー・ブランチャード (サリー→おもちゃ屋店員)
アレクサンダー・コンティ (ジミー→サリーの弟)
ピーター・フォーク (マックス→謎の男)
ショーン・ギャラガー (カール→サリーの友人)
ケイティ・セイガル (ジョー→謎の女)


<あらすじ>
サリーが勤務するおもちゃ屋は、クリスマスシーズンだと言うのにお客はゼロ。
そんな時、レジで暇そうにしているサリーの所に、忙しそうな背広姿のおじさんがやって来ます。
手にはたくさんの荷物を持って。
彼は、その中の1つの荷物を、サリーの所に忘れて行ってしまい…



この作品は、テレビ映画のようですね。
クリスマスのステキな心温まるストーリーです。

『刑事コロンボ』シリーズのピーター・フォークが謎の男で出演しています。
撮影当時、御年77歳、まだまだお元気でお変わりない活躍で嬉しゅうございます…

(WOWOWにて鑑賞)



<ネタバレです>

何と言っても目玉は『刑事コロンボ』のピーター・フォークですね。
コロンボの時と同じような飄々としたおもろいオジサン…

マックスの正体は一体???
時にサラリーマン、時に香水売り場の女店員、またある時はホームレス老人。

マックスが香水売り場の女店員に化けた時の顔!
何故か、ロバート・デ・ニーロにソックリで笑ってしまった。

もしも観る機会がございましたら、是非ご確認下さい。


この物語は、クリスマスの夜、サンタからの奇跡です。
サリーもカールもジミーもみんな幸せいっぱいで本当に良かった…

やはり人の為になる事をすると、その心は必ず自分に戻ってくる。
そんなメッセージを込めた作品だと思います。

小さな子供に観せるのも良いかもしれませんねー
[PR]
by by569 | 2007-03-28 19:54 | タ行
f0039573_19504549.jpg
■未知との遭遇 ファイナルカット版 「CLOSE ENCOUNTERS OF THE THIRD KIND」 1977年・米/英

■監督 スティーヴン・スピルバーグ
■製作 ジュリア・フィリップス、マイケル・フィリップス
■脚本 スティーヴン・スピルバーグ
■音楽 ジョン・ウィリアムズ

■キャスト
リチャード・ドレイファス (ロイ・ニアリー→電気工事技師)
フランソワ・トリュフォー (クロード・ラコーム→科学者)
テリー・ガー (ロニー・ニアリー→ロイの妻)
メリンダ・ディロン (ジリアン・ガイラー)
ボブ・バラバン (デヴィッド・ローリン→科学者)
ランス・ヘンリクセン (ロバート→デヴィッドの部下)


<あらすじ>
ある日、UFO目撃情報が相次ぎ、ロイも光に導かれ山の上に行って見る事に。
そこでジリアンとバリー親子に出会う。
以降、ロイはデビルズ・タワーの幻影に悩まされるようになるのだった。



監督はご存知、スティーヴン・スピルバーグ。
キャストもまたまた豪華です。
デビルズ・タワーに引き寄せられるようにやって来るロイ・ニアリー役に、『陽のあたる教室』(1995)でアカデミー主演男優賞にノミネートされたリチャード・ドレイファス
超常現象を研究し続けている科学者ラコーム役に、『大人は判ってくれない』(1959)でカンヌ国際映画祭監督賞を獲得した、かの有名なフランソワ・トリュフォー
彼はほとんど映画監督として名を広めましたが、今作品では、重要な役どころで出演してくれました!
ロイ・ニアリーの妻ロニー役に、『トッツィー』(1982)でアカデミー助演女優賞にノミネートされたテリー・ガー
ロイと共にデビルズ・タワーにやって来たジリアン役に、当作品でアカデミー助演女優賞にノミネートされたメリンダ・ディロン
科学者のラコームと同行し通訳もこなしているデヴィッド役に、『レディ・イン・ザ・ウィーター』(2006)のボブ・バラバン
そして、科学者に同行する新米スタッフに、『エイリアン2』(1986)のランス・ヘンリクセンが!

わたくしが今回観たのは「ファイナルカット版」なのですが、それ以外にも、「オリジナル版」と「特別編」があります。
見比べてみるのも、また良いかもしれません。

とにかく、感動作です。
もう何度も観ましたが、その都度感動してしまうんですよね~
わたくしも、宇宙人は存在すると思っていますから!

(WOWOWにて鑑賞)



<ここからネタバレです~>

この『未知との遭遇』には、オリジナル版・特別編・ファイナルカット版が存在します。
どのように違うかと言うと…

特別編では、新たに撮り直されたシーンの追加、またロイの家庭崩壊に至る過程がより詳しく表現され、巨大なマザーシップ内の映像や広大な砂漠の真ん中に置き去りにされている船の映像などが追加されています。

その後に編集されたファイナルカット版では、特別版で追加したマザーシップ内の映像がまたカットされています。

わたくし、一番観ているのが「特別編」なんですよね。
で、先日WOWOWで「ファイナルカット版」を観たんです。
そこで、「あ、マザーシップ内の映像がない!!」とすぐに気づきました。
実は、以前、マザーシップ内のシーンを観た時に、とてつもない感動を味わったもので。
あの光眩い広大なシップ内…
だからカットされてしまった事に、ちょっとショックを覚えました。
何でカットしたのかなぁ~?


この物語は、政府が秘密裏に進めていた、地球外生命体と人間の交流劇なんです。
そこには一般人は全く蚊帳の外!

しかしロイは選ばれし者だったんです。
政府が選んだ人材ではなく、エイリアン自身が選んだ地球人がロイでした。
彼が、一歩一歩踏みしめ、マザーシップ内へ足を運んだ時の感動。
どうしてあのシーンをカットしちゃったのかな。(←まだ言ってます)


長年UFOを研究してきたラコーム教授が、ロイに向かって「あなたが羨ましい」と言うセリフがあります。
「そりゃ、ずっと研究してきた人としては、研究対象のエイリアンに、こんなにも気に入られたロイの事が羨ましいよね」と思いましたが。

ロイがマザーシップに乗り込む瞬間、後ろを振り向き、ラコームと目が合います。
ラコームは、「さ~シップの中へ」と目で合図を送りますが、その時の表情が本当に「なんて素晴らしい事だ!君が羨ましいよ」と言ってるんですね~
(実際には言ってないけど)

その時の顔が、心から羨ましそうで、この時の演技の巧さに、わたくしは感動しましたよ。
本業監督のトリュフォー氏を演じさせたら、こんなにも巧いものかと驚きました。

わたくしはこの作品を何回も観てますが、何回観てもラストは感動します。
個人的には、始まって1時間15分ほど過ぎてからが良いです(何じゃそりゃ)


さぁ、みなさんも、エイリアンと交信してみましょう♪
♪レ・ミ・ド・(1オクターブ下がった)ド・ソ~♪♪ですよ!



★『未知との遭遇』トリビア

その①
なんと、なんと!
この「未知との遭遇」に「スター・ウォーズ」のキャラクターが映っています。
残念ながら、このファイナルカット版ではカットされてしまっているので、確認するには特別編を観ないとダメかな?
巨大マザーシップ内の映像に、R2-D2が逆さまに吊り下がっていると言う事ですが…果たして!!

その②
デビルズ・タワーの背後から登場する巨大マザーシップのデザインは、スピルバーグが考えたもの。
マザーシップのイメージは、ロケに行ったインドで見た工場のコンビナートの灯りと、ロスの眩いホテル群の夜景を、ベッドから逆さまに見た時に閃いたそうです。
[PR]
by by569 | 2007-03-27 19:52 | マ行
f0039573_2193171.jpg
■終身犯 「BIRDMAN OF ALCATRAZ」 1962年・米

■監督 ジョン・フランケンハイマー
■製作 スチュアート・ミラー、ガイ・トロスパー
■原作 トーマス・E・ギャディス
■脚本 ガイ・トロスパー
■音楽 エルマー・バーンスタイン

■キャスト
バート・ランカスター (ロバート・F・ストラウド→終身犯)
カール・マルデン (ハーヴィー・シューメイカー→アルカトラズ刑務所長)
セルマ・リッター (ストラウド夫人→ロバートの母)
ネヴィル・ブランド (ランサム→レヴンワース刑務所看守)
ベティ・フィールド (ステラ・ジョンソン→ロバートの妻)
テリー・サヴァラス (フェト・ゴメス→囚人)
エドモンド・オブライエン (トム・ギャディス→この映画の原作者)


<あらすじ>
ロバートに、殺人罪で死刑の判決が下る。
だが、死刑制度反対派の大統領夫人にロバートの母親が懇願したお陰で、ロバートは死刑を免れれた。
その代わり、終身独房生活、他人との交流は一切行なわず、食事も独り、休憩時間の屋外運動も独りという日々を送っていた。
ある雨の日に、ロバートが屋外で休憩していた所、落ちた鳥の巣に1羽のスズメのヒナを発見。
その日以降、ロバートは必死になってヒナを育て始めるのだった。



なんと、素晴らしい映画なのでしょう。
久々に感動しました。
特に派手な演出も盛り上がりも、ないと言えば、ない。
しかし何とも言えぬ良い雰囲気が漂ってる作品なんです。

監督は、『セコンド/アーサー・ハミルトンからトニー・ウィルソンへの転進』(1966)でカンヌ国際映画祭パルム・ドールにノミネートされたジョン・フランケンハイマー。
彼の作品として、『フレンチ・コネクション2』(1975)、『RONIN』(1998)などがあります。

主演は、この『終身犯』(1962)でヴェネチア国際映画祭男優賞を獲得したバート・ランカスター。

その他のキャストとして、アルカトラズ刑務所長ハーヴィー役に、『欲望という名の電車』(1951)でアカデミー助演男優賞を獲得したカール・マルデン
ロバートの母親役に、当作品でアカデミー助演女優賞にノミネートされたセルマ・リッター
ロバートがレヴンワース刑務所に居る時の看守ランサム役に、『第十一号監房の暴動』(1954)で英国アカデミー男優賞にノミネートされたネヴィル・ブランド
ロバートがレヴンワース刑務所に居る時の隣の房に居た囚人ゴメス役に、当作品でアカデミー助演男優賞にノミネートされたテリー・サヴァラス
当作品の原作者トム・ギャディス役に、『裸足の伯爵夫人』(1954)でアカデミー助演男優賞を獲得したエドモンド・オブライエンなど。

(NHK衛星第2にて鑑賞)



<ここからネタバレでっす>

ロバート役のバート・ランカスターは、この作品で、若き青年役から70歳代まで役をこなしています。

ロバートの若かりし頃は血の気が多く、自分の意志が通らないとカッと頭にして、暴れたり、物を壊したり。
しまいに、看守を刺殺。
この時点で、ロバートは要注意人物としてマークされ、死刑が言い渡されます。

ここで頑張ったのはやっぱり母親ですね。
でも大統領夫人に相談して、ある殺人犯の判決を死刑から終身刑に覆す事って、実際出来るのでしょうか?
それともこの時代は可能だったという事?
この辺りは疑問ではありますが、ま~映画なのでそんなに厳しく突っ込むつもりもありません。

死刑を取り消す代わりに、彼は終身独房生活で、誰とも会話が出来なくなってしまいます。


そんな時、彼の元に神様からの贈り物が…

嵐の中、ピーピー鳴いているスズメのヒナを見つけたロバート。
「生き物なんて絶対に刑務所長に反対されるよ~」と思ってたら、OKだって!
昔って、意外に寛大だったのですね。

ヒナを育てやがて成鳥に。
それからと言うもの、刑務所内で小鳥を飼う事がブームになります。
育てられない~と言う囚人のSOSが出ると、その小鳥はロバートの房へ…
いつしかロバートの部屋中、鳥小屋だらけ。


ロバートと小鳥の交流を描くだけではなく、この作品では、囚人同士、または囚人と看守の繋がりも盛り込まれていて、やはり人間はたった独りでは生きていけない生き物なんだと痛感。


何十年と言う長期にわたる小鳥の飼育を通じて、ロバートはついに鳥類愛好家の間ではカリスマ的存在になってしまうんですね~
まさに鳥類学博士ですよ。

その後、残念ながら、アルカトラズ刑務所に移送されてからは小鳥の飼育は禁止されてしまいます。

生涯、刑務所から出る事が叶わなかったロバート。
しかし、彼は生涯を通して、たくさんのものを世に広め、名声を手に入れた訳です。
たとえそこが刑務所だったとしても…
[PR]
by by569 | 2007-03-26 21:10 | サ行
f0039573_10441816.jpg
■デッドマンズ・カーブ 「DEAD MAN'S CURVE / THE CURVE」 1998年・米

■監督 ダン・ローゼン
■製作 マイケル・アマト、セオドア・シッパー、ジェレミー・ルー
■脚本 ダン・ローゼン
■音楽 シャーク

■キャスト
マシュー・リラード (ティム→ティム&クリス&ランドはルームメイト)
マイケル・ヴァルタン (クリス)
ランダル・バティンコフ (ランド)
ケリー・ラッセル (エマ→クリスの恋人)
タマラ・クレイグ・トーマス (ナタリー→ランドの恋人)
アンソニー・グリフィス (シッパー捜査官)
ボー・ディエット (アマト捜査官)
ケヴィン・ラフ (アーニー警備員)
ダナ・デラニー (アシュレー精神科医)


<あらすじ>
ハーバード大学院を目指す秀才クリスは、今期の成績が「A」ではなく「B+」だった事を悩んでいた。
クリスの姿を見たティムは、とても恐ろしい「デッドマンズ・カーブ」を提案するのだった。



「デッドマンズ・カーブ」とは?
アメリカで秘密裏に実行されている制度で、もしもルームメイトが何らかの原因で自殺した時、同室の生徒の精神的なショックを考え、試験の結果に関係なく全て「A」にする事。

f0039573_10445274.jpg
ティム役は、『スクリーム』(1996)のマシュ・リラード。(写真参照→)
マシュー・リラードの事は、今更ではございますが、注目してるんですよね~
なかなか面白い俳優さんですよ。
表情豊かで、ややおふざけキャラな所が気に入っています。

ティムのルームメイトのクリス役は、『25年目のキス』(1999)のマイケル・ヴァルタン。
同じくルームメイトのランド役は、『ピースメーカー』(1997)のランダル・バティンコフ。
『ピースメーカー』では、ニコール・キッドマン演じるケリー博士の助手を演じていたのが彼です。

秀才タイプの彼らが起す騒動が、何とも恐ろしい…
是非、機会があったらご覧下さい。

(レンタルビデオにて鑑賞)



<ここからネタバラシてマンズ>

面白かったですね~
デッドマンズ・カーブなるシステムが存在するのですか?
アメリカだけ?

最初はティムたちも、本当にデッドマンズ・カーブが存在するのか確信が持てなかったようですが、とりあえずランド殺害計画を実行。
運よくランドが自殺したかのように崖から落ち、ティムとクリスは、ウワサ通りオールAを貰えました!
ティムはオールAにルンルンのようですが、クリスは罪の意識で浮かない顔。

ランド自殺にショックを受けたランドの彼女ナタリーも、ランドと同じ場所から飛び降りて自殺。
これにはまたまた学生たちも驚いた!
ナタリーはランドの子供を妊娠していたのです。


さてさて、ここまでは計画大成功!

しかし、まだ映画の残り時間もたくさんあるし、「これ、どんな結末になるわけ!?」と、全く想像出来ませんでしたが…

ランドの後追い自殺をしたナタリーの遺体はあがったシーンで、ランドの方が先に死んだのに遺体が依然不明。
何でナタリーの遺体しか見つからないんだ?と疑問に…

その後のシーンでも、ナタリーは妊娠してたはずなのに、検死官が「彼女は妊娠なんてしていなかった」と。
何で?とまたまた疑問に。

ナタリーが行なった妊娠検査薬の結果を確認したのは、ナタリーの友人のエマ。
エマが彼女に「妊娠しているわよ」と教えてあげたのに。
となると、エマがウソをついていた事になります。
何でウソつかなきゃならないのだ?

なんかこの辺り、いろいろ怪しげ…


最後には、ティムがクリスに対しても「ランドの遺体が見つからないなら、お前に自殺したように死んでもらうしかない!」と言い出し、クリスの彼女だったはずのエマがティムに付いて。
お前たち、一体どうなってるんだっ~?????

次のシーンでは、何故か、死んだはずのランドがいきなり出て来て、クリス側に付いたぞ。
クリスとランドが、逆にティムに対して「自殺に見せかけて死ね」だと?

ランドはずっとどこかに隠れていた訳?
自分の彼女のナタリーは自殺しちゃったよ~良いのか!?


追い詰められたティムは、ジリジリ後ずさりし、ついに崖から転落してしまいます。


結局、ティムに操られていたように見えたクリスでしたが、クリスが一番の黒幕だった訳ですな。
一度ティムに寝返ったエマに対して「ティムも死んじゃったし、さ~どうする?」と言ってるシーンがあったので、エマがどこまで知っていて荷担していたのかが判ったような…
ある程度は知っていたけど、全体像は見えていなかったという事。

優等生たちの「高成績をとるためには手段を選ばない」残酷さが見え隠れした作品でした。


何とも恐ろしい映画です。

…が、何となく「間」が可笑しい。
[PR]
by by569 | 2007-03-25 10:51 | タ行
f0039573_20224860.jpg
■オーロラの彼方へ 「FREQUENCY」 2000年・米

■監督 グレゴリー・ホブリット
■製作 ビル・カラッロ、トビー・エメリッヒ、グレゴリー・ホブリット、ホーク・コッチ
■製作総指揮 リチャード・サパースタイン、ロバート・シェイ
■脚本 トビー・エメリッヒ
■音楽 マイケル・ケイメン

■キャスト
デニス・クエイド (フランク・サリヴァン→消防士)
ジェームズ・カヴィーゼル (ジョン・サリヴァン→フランクの息子/刑事)
ショーン・ドイル (ジャック・シェパード→刑事)
エリザベス・ミッチェル (ジュリア・サリヴァン→フランクの妻/看護師)
アンドレ・ブラウアー (サッチ→ジョンの同僚刑事)
ノア・エメリッヒ (ゴード→ジョンの幼馴染み)
メリッサ・エリコ (サム→ジョンの彼女)
ダニエル・ヘンソン (ジョン・サリヴァン→ジョンの少年期)
ジョーダン・ブリッジス (ギブ→フランクの後輩消防士)


<あらすじ>
1969年10月、ニューヨーク上空に数十年ぶりにオーロラが出現したある日、消防士のフランクは、美しい妻と6歳の息子ジョンを残し殉職した。
それから30年後の10月…
30年ぶりにオーロラがニューヨーク上空に出現。
36歳に成長したジョンは、父親が当時愛用していた無線機を物置から見つけ、電源を入れてみる。
すると、無線機から誰かの声が。
それはなんと、死んだはずの父親フランクの声だった。



なんて、なんて素晴らしい映画なんでしょう。
わたくし、本当に感動しました。
何がどう!って細かい事はなし!
この作品に出会えて良かったです。

監督は、『真実の行方』(1996)、『ジャスティス』(2002)のグレゴリー・ホブリット
父親のフランク役に、『エデンより彼方に』(2002)でNY批評家協会助演男優賞を獲得したデニス・クエイド
クランクの息子ジョン役に、物議をかもした話題作、『パッション』(2004)でMTVムービー・アワード男優賞にノミネートされたジム・カヴィーゼル

また、フランクの消防士時代の後輩ギブ役を演じているジョーダン・ブリッジスは、ボー・ブリッジスの息子であり、ジェフ・ブリッジスの甥っ子です。
顔似てる?

(NHK衛星第2にて鑑賞)



<ここからネタバレです>

とにかくステキなストーリー!
感動作です。

「こんな事したら未来が変になってしまうじゃないか!」とか、「矛盾がある!」なんて言ってる方も居るようですが、良いじゃないですか、そんなに細かい所まで突かなくても。
本当に良い話しなんですから。
しかもハッピーエンドでホッとしました~

まず、アイデアが凝ってますね。
「オーロラ」と言う神秘的なものとの組み合わせで、過去と交信が出来るなんて…

また過去と現在、30年も月日が流れているのに、キャストは同じ人物を起用。
年を重ねた年輪を上手くメークしてると思いませんか?
父親のフランクはもちろんの事、母親のジュリアもちゃんと老けてるじゃないですか。
息子役のジム・カヴィーゼルよりも年下の女優さんなのに…

ちなみに、ジム・カヴィーゼルは1968年生まれ、エリザベス・ミッチャルは1970年生まれです。


無線機を通して、1969年へ語りかける1999年のジョン。
1999年のジョンが1969年の少年時代のジョンに話しかける事が出来るのだろうか?と不安に思いましたが、普通に話していましたね。
そして、ジョンの親友ゴードに対して「ヤフー」とだけ一言プレゼントする辺り、ラストに繋がってきます。
おおぉ~、ゴードが高級車に乗ってる~


まず、父親と無線機で語り合えた日から2日後に、フランクは殉職するはず。
それを何とか阻止すべく、ジョンはフランクに気をつけるよう警告します。
初めは半信半疑だったフランクも、ジョンの言う通りに事が進んでいくので信じるしかありません。

フランクの殉職は巧く免れましたが、そのせいで未来が変わり、母親ジュリアの命が危うくなります。

それを30年の時を超えて、父と息子が力を合わせてジョリアを守る!

しかしそのために、フランクにもジョンにも危険が…
しかも!!犯人が同一人物。
え~~これって、一体…この先、どうなってしまうのだ!


まさか、こんな形でジャック・シェパードをやっつけるとは…
いやはや。

発想力に拍手です。
[PR]
by by569 | 2007-03-24 20:32 | ア行
f0039573_20783.jpg
■サイバーネット/ハッカーの逆襲 「HACKERS」 1995年・米

■監督 イアン・ソフトリー
■製作総指揮 イアン・ソフトリー
■脚本 アファエル・モロー

■キャスト
ジョニー・リー・ミラー (デイド・マーフィー/クラッシュ/ゼロ・クール)
アンジェリーナ・ジョリー (ケイト・リビー/アシッド・バーン)
ジェシー・ブラッドフォード (ジョーイ)
マシュー・リラード (エマニュエル/シリアル・キラー)
ローレンス・メイソン (ポール/ロード・ニコン)
レノリー・サンティアゴ (ラモン/ファントム・クリーク)
フィッシャー・スティーヴンス (ベルフォード/ザ・プレーグ→ギブソン保安担当)
アルベルタ・ワトソン (ローレン・マーフィー→デイドの母)
ダレン・リー (レザー)
ピーター・Y・キム (ブレイド)
ロレイン・ブラシコ (マーゴ→ギブソン幹部)
ウェンデル・ピース (リチャード・ギル捜査官)
マイケル・ガストン (ボブ捜査官)
マーク・アントニー (レイ捜査官)


<あらすじ>
少年デイトは、天才的なコンピューターの技術を使って、ネットに侵入しウィルスをばら撒いた。
その影響でウォール街全体がパニックに陥り多大な被害を被り、デイトの両親は多額の賠償金を払わねばならず、デイトは18歳になるまで一切キーボードに触れてはならない判決を言い渡される。
それから7年後、晴れて18歳になったデイトは、徹夜でコンピューターをし、楽しい高校生活を送っていたのだが、大企業の天才保安担当でありハッカーのベルフォードに汚名を着せられるはめに…



いつもこの手のコンピューター系の映画を観ると、コンピューターに強いのって良いな~と羨ましく思います。

監督は、『光の旅人 K-PAX』(2001)、『スケルトン・キー』(2005)のイアン・ソフトリー。

キャストは、天才ハッカーのデイド役に、『トレインスポッティング』(1996)のジョニー・リー・ミラー。
同じく天才ハッカーのケイト役に、『17歳のカルテ』(1999)でアカデミー助演女優賞を獲得したアンジェリーナ・ジョリー。
この『サイバーネット』で共演したジョニー・リー・ミラーとアンジェリーナ・ジョリーはその後に結婚、しかし残念ながら4年後の1999年に離婚しました。

デイドとケイトの友人には、『父親たちの星条旗』(2006)のジェシー・ブラッドフォード、『スクリーム』(1996)のマシュー・リラードなど。

劇場未公開作です。

高校生のネットハッカーグループと、大企業に所属する天才ハッカーとの対決!
若きアンジェリーナ・ジョリーに注目~

(レンタルビデオにて鑑賞)



<以下ネタバレです>

この作品を通じて結婚したと思われる、アンジェリーナ・ジョリーの最初の旦那様、ジョニー・リー・ミラーとの共演作です。

ジョニー・リー・ミラー…
う~ん、あまり良く知らないなぁ~
最近の彼の作品は、『イーオン・フラックス』(2005)で、わたくしこれ観たんですけれどもねー
なんか彼の印象があまりありませぬ。
トレヴァー8世の弟オーレンの役だったらしいですが。


さて、今から7年前、若干11歳の若さでウォール街を恐怖のどん底に陥れた天才ハッカー少年デイト・マーフィー、通称ゼロ・クール。
コンピューターに一切接触してはならない判決を言い渡され、いつしか世間もゼロ・クールの存在を忘れかけ…

晴れてデイトも18歳になり、転校し、心機一転、高校生活を謳歌している所、はやり類は類を呼ぶ…
あっという間にデイトの周りにはネットに詳しい学生が集まってきます。

そして、あの有名なゼロ・クールが、今目の前に居るデイトだと知って、ネット仲間一同驚愕…
ネット界ではまだまだ伝説的存在なのですね。

デイトの仲間のジョーイが偶然にもギブソンのコンピューターに侵入でき、”ゴミ箱”の中身をコピーしてしまったから、さ~大変!

ギブソン社の天才保安担当のベルフォードが、高校生ネットハッカーグループの存在に気づき、デイトの仲間たちが次々逮捕されてしまいます。

このどさくさに紛れて、ベルフォードはタンカー事故を引き起こし、金を要求。
自分だけ金を手にし高飛びする計画を思いつきます。

それらの罪を全て高校生ハッカーグループのせいにしようとするベルフォードと、陰謀を暴こうとするデイトたち。

これが、なかなか面白いんですよ~


面白い事は認めるんですがね、自分の頭脳処理能力が追いつかなくて、ストーリーだけがテンポ良く進んで行ってしまい、まじヤバイ…
な~んか、もしかして置いてきぼり状態っての?

十分楽しめた感はあるものの、やや消化不良気味感も残る。
あっ、誤解のないように~
この消化不良気味は、作品のせいではありませんよ!!

あくまで、わたくしの脳細胞の死滅化が加速してるって事ですので、ご安心を。
[PR]
by by569 | 2007-03-23 20:11 | サ行
f0039573_15321760.jpg
■#1 墜落「Pilot Part1」

■キャスト
マシュー・フォックス (ジャック→医師)
エヴァンジェリン・リリー (ケイト→ジャックと共に行動する女性)
ドミニク・モナハン (チャーリー→ロックバンド[ドライブ・シャフト]のメンバー)
ホルヘ・ガルシア (ハーリー→太っている男)
ジョシュ・ホロウェイ (ソーヤー→ワイルド系)
ナヴィーン・アンドリュース (サイード→中東系)
マギー・グレイス (シャノン→ブーンの妹)
イアン・サマーハルダー (ブーン→シャノンの兄)
ハロルド・ペリノー (マイケル→ウォルトの父)
マルコム・デヴィッド・ケリー (ウォルト→マイケルの息子)
テリー・オクィン (ロック→誰とも交流持たず)
エミリー・デ・レイヴィン (クレア→妊婦)
ダニエル・デイ・キム (ジン→韓国人)
ユンジン・キム (サン→ジンの妻)
L・スコット・コードウェル (ローズ→機内でジャックの隣に座っていた女性)
フレデリック・レーン (エドワード→機内でケイトの隣に座っていた男性)
マディソン (ヴィンセント→ラブラドールレトリバー)


話題の「LOST」
ついに第1話目の放送を観ました。
面白いですね~
人気が出たのも判ります。

今回は、何故このような状況に陥ったかの説明、現在居る場所の状態、そして鍵を握る怪しい怪獣(?)の存在などを織り交ぜつつ、人物紹介を何気にわたくしたちに教えてくれていますね。

早くキャラクターを覚えたいですな~
こればっかりは、何度か観ないと把握できそうもありません。
だって、生き残りが48人もいるらしいですから。


一応、目立っていたキャラの注目点を書きとめておきましょうか。

ジャック→ケイト&チャーリーと共に機首探しへ向かう
ケイト→ジャックの背中の傷の縫合をする
チャーリー→ジャック&ケイトと機首探しへ向かう
ハーリー→妊婦クレアを助ける
ソーヤー→今回はあまり目立ってない
サイード→夜、チャーリーに「火を燃やせ!」と指示していた
シャノン→ブーンがチョコを差し出すがチョコ嫌い!とわがままを言う
ブーン→ジャックに指示されボールペンを探す
マイケル&ウォルト親子→今回はあまり目立ってない
ロック→それ程活躍していないが、雨に打たれて瞑想など妙に目立っていた
クレア→ほぼ臨月を迎えている(いつ生まれるんだ!?)
ジン&サン夫妻→もしや英語が話せないのか?

ま~こんな感じでしょうか。


飛行機がある島に墜落。
生き残った48名はビーチで過ごす事に。
夜も深まったある時、ジャングルの方から木のなぎ倒される轟音と地響きがおき、何かの存在を感じ取ります。

ただ、この時点ではまだ、何が暴れているのかは判りません。
何、何なの~?
怪獣?恐竜?
わたくし、イマイチまだ「LOST」の内容を把握してないんですよ。
何系のドラマなの、これ?

翌朝、ジャックが離れた場所に墜落したと思われる機首部分を探しにジャングルの中へ向かいます。
目的はコックピット内にあるトランシーバー。
彼は本当に行動派ですね。
その行動派に影響され、ケイトとチャーリーも行動を共にします。
(あ…このチャーリーって、もしかして『ロード・オブ・ザ・リング』のメリー?)


どのくらい歩いたのか、やっと機首を見つけコックピットに入ると、まだ機長が生きているではありませんか!
ジャック、ケイト、チャーリー、機長が、コックピット内で話していると、外で何かの気配が…
昨夜目撃した、正体不明の生き物が機首の周りをウロウロ~
機長が割れた窓から身を乗り出すと、一気に窓から外へ連れ去られてしまったのです。

パニくるジャックとケイトとチャーリーは、一目散にコックピットから出て森を走りぬけます。

逃げる途中で、高い木の上に引っかかっている機長の遺体を発見。
正体不明の生き物の目的は何なのだ!?
人間を食べるのか?
それともただ殺すだけ?

そして、今回一番気になったのは…
あの思わせぶりのラブラドール・レトリバーは何なのだ~?


(第2話へつづく…)
[PR]
by by569 | 2007-03-21 15:34 | LOST

SHINOBI

■SHINOBI 2005年・日
SHINOBI

■監督 下山天
■製作 久松猛朗
■製作総指揮 迫本淳一
■原作 山田風太郎 『伊賀忍法帖』
■脚本 平田研也
■音楽 岩代太郎

■キャスト
仲間由紀恵 (朧・伊賀)
オダギリジョー (甲賀弦之介・甲賀)
黒谷友香 (陽炎・甲賀)
椎名桔平 (薬師寺天膳・伊賀)
沢尻エリカ (蛍火・伊賀)
りりィ (お幻・伊賀)
寺田稔 (甲賀弾正・甲賀)
坂口拓 (夜叉丸・伊賀)
升毅 (室賀豹馬・甲賀)
虎牙光揮 (小四郎・甲賀)
木下ほうか (左衛門・甲賀)
伊藤俊 (蓑念鬼・伊賀)


<あらすじ>
互いに戦う事を禁じられていた伊賀と甲賀。
だが家康は、伊賀と甲賀からそれぞれ5名を選出し、互いに戦わせ、伊賀が勝利したら兄の竹千代を、甲賀が勝利したら弟の国千代を跡取りにすると言う。
そして恋に落ちた、伊賀の後継者・朧と甲賀の後継者・甲賀弦之介もその5名の中に含まれているのだった。



あれ?
あんまり評判が良くないのかい?
CGも衣装もキャラも凝っていて、なかなか良かったと思いますよ~
わたくしは好きですね。

監督は、『弟切草』(2000)の下山天。
主演は、今バリバリ輝いている仲間由紀恵とオダギリジョー。
この2人が並ぶと、とても絵になる。

ふ~む、こんな瞬間は、「やはり人間は顔だな…」などと考えてみたりもする。

(民放テレビにて鑑賞)



<以下ネタバレでニンニン>

この映画、不評をかってしまった所は、もしかしてストーリーがアッサリし過ぎたという事と、2人の恋愛についてはそれ程掘下げていなかった事かもしれません。
何となく淡々と過ぎて行った2時間と言う感じも判らないでもない…

でもそれはそれでいいと思いますよ~

2人の恋愛をバッチリと描いていたら、戦いのシーンが少なくなってしまう。
だからと言って、1対1の戦いを5回戦も見せられても、それはそれで疲れる。
となると、どうしてもこのような内容になるのではないでしょうか。


朧と弦之介は、伊賀・甲賀の後継者として仲間から信頼を受けている立場。
しかも、今回の戦いの第5回戦は、朧vs弦之介ですからね~
なんとしても避けたいが避けられない運命。

そんな状況でも、弦之介は、何とかすべく徳川家に異議申し立てに向かおうとします。

ただ他の忍者たちは、戦う気満々で、道中に戦い始め、自滅…
あっという間に弦之介と朧だけに。

そして最後、弦之介の遺言とでも言うべき、伊賀・鍔隠れと甲賀・卍谷の現存の為に、単独徳川に謁見する朧。

とまぁ~このようなお話です。


結ばれる事のない2人ではございましたが、今もなお、朧の心の中には弦之介が生き続けているのです。


しかし、この映画を観て、本気で忍者になりたいって思う子供たちも居るんじゃないですか?
どんなに頑張って修行しても、このような能力を身につける事は不可能ですよね~(当たり前だっ!)

でも何か習得出来るとしたら、みなさん、どれが良いですか?
[PR]
by by569 | 2007-03-20 16:18 | サ行