小六のB級A画館 by569.exblog.jp

ジュリアス・シーズー・小六です。ほぼネタばれ有り、ややB級寄りだから、ご注意を。ここでは気に入っている映画&海外ドラマを紹介してます。画像・イラストの無断持ち出しは禁止でございまする。


by by569
プロフィールを見る

<   2008年 01月 ( 29 )   > この月の画像一覧

f0039573_20414768.jpg
■DEATH GAME デスゲーム 「Stay Alive」 2006年・米

■監督 ウィリアム・ブレント・ベル
■製作 ゲイリー・バーバー、ロジャー・バーンバウム、マックG、ジェームズ・D・スターン
■製作総指揮 ジョナサン・グリックマン、ダグラス・ハンセン
■脚本 ウィリアム・ブレント・ベル、マシュー・ピーターマン
■音楽 ジョン・フリッゼル

■キャスト
ジョン・フォスター (ハッチ)
サミーラ・アームストロング (アビゲイル)
フランキー・ムニッズ (スウィンク)
ジミ・シンプソン (フィニアス)
ウェンデル・ピアース (ティボドー刑事)
マイロ・ヴィンティミリア (ルーミス・クロウリー)
ソフィア・ブッシュ (オクトーバー)
アダム・ゴールドバーグ (ミラー・バンクス→ハッチの上司)
ビリー・スローター (レックス→ルーミスの友人)
ニコール・オッパーマン (サラ→レックスの彼女)
エイプリル・ウッド (ロレッタ→事務員)
モニカ・モニカ (ルーミスの母)
リオ・ハックフォード (キング刑事)
ローレン・ローベック (エマ→ルーミスの妹)


<あらすじ>
不可解な死を遂げた友人ルーミスの葬儀に出席したハッチ。
そこで、ルーミスの妹から形見としてテレビゲームのソフトをもらう。
追悼の意味を込めて、ルーミスが最後にプレイしていたゲームをみんなで開始。
ゲーム中で一番最初に死んだキャラをプレイしていたミラーが、その夜、ゲームと同じ姿で死亡する。



近頃のお約束で、残虐をウリとした映画かな~と思っていたら、思った以上にすっごく良かったんですよね~
テレビゲームをやる人の方が、全くゲームしない人よりも面白いと感じると思う!
これがまたハマりそうなゲームなんですよ。
劇場未公開作品です。

ハッチ役に、『海辺の家』(2001)のジョン・フォスター
ちなみに、ジョンの弟は、『ホステージ』(2005)のベン・フォスターです。
写真家のアビゲイル役に、ドラマ『The OC(シーズン1)』のサミーラ・アームストロング
サンバイザーを被っていたスウィンク役に、『ふたりにクギづけ』(2003)のフランキー・ムニッズ
オクトーバーの兄フィニアス役に、『バービー/機械じかけのキューピット』(2005)のジミ・シンプソン
ティボドー刑事役に、『マルコムX』(1992)のウェンデル・ピアース
ハッチの友人ルーミス役に、ドラマ『HEROES/ヒーローズ』のマイロ・ヴィンティミリア
フィニアスの妹オクトーバー役に、『ヒッチャー』(2007)のソフィア・ブッシュ
ちなみに、ソフィアの元夫は、『蝋人形の館』(2005)のチャド・マイケル・マーレイですぇ。
ハッチの上司ミラー役に、『デジャヴ』(2006)のアダム・ゴールドバーグ

(WOWOWにて鑑賞)



<ここからネタバレで~す>

友人から譲り受けた発売前のテストソフト。
ゲームの内容が面白そうだったなぁ~
プレイしてみたい。
ゲームオーバーだと死ぬ!のはもちろんイヤだけど…
わたくし、結構ゲーム操作が下手なもので~

エリザベス・バートリーについて調べてみました。
彼女は、実在する人物で、生まれは1560年。
徐々に老いて行く自分の美貌を保つ為に、処女の血を集め、血の風呂に入ったとか。
その後、城に幽閉され54歳で死亡。

これが元となって作られてゲームソフトなんですね~
怖いですね~(淀川長治風で…)

ゲームの内容としては、まず、悪霊は薔薇が苦手。
悪霊が近づいた時に薔薇の花を投げると霊が遠ざかる仕掛け。
こりゃ、薔薇が何本あったって足りないよ~
また、霊が近づくとコントローラーが振動。
この振動音が良い効果となって、映画を盛り上げました。

ゲームの中の進行状況と現実の状況がリンクしているのもGOOD!

ラストはお約束の、封印されていたゲームがついに発売!
世界各国で変死が続出しそう~

あ…わたくしも、このソフト売ってたら買っちゃうね、きっと。
[PR]
by by569 | 2008-01-31 20:48 | タ行
f0039573_9324692.jpg
■ミディアム 霊能者アリソン・デュボア 「Medium」
#6 未知からのメッセージ 「Coming Soon」 2005年・米

■監督 ヴィンス・ミシアーノ
■製作総指揮 グレン・ゴードン・キャロン
■脚本 モイラ・デッカー

■キャスト
パトリシア・アークエット (アリソン・デュボア)
ジェイク・ウェーバー (ジョー・デュボア→アリソンの夫)
ソフィア・ヴァジリーヴァ (アリエル・デュボア→長女)
マリア・ラーク (ブリジット・デュボア→次女)
マディソン&ミランダ・カラベッロ (マリー・デュボア→三女)
ミゲル・サンドヴァル (マニュエル・デヴァロス検事)

リード・ダイアモンド (ジャレッド・スワンストロム→善人)
キャムリン・グライムス (シャローナの少女時代)
ケンダール・キング (ソンドラ→検事局職員)
ヴィンセント・デゥヴァル (警官)


<事件>

アリソンが見た夢。
ある男が、アリソンに向かって、少女誘拐を仄めかす言葉を投げかけています。
「おれはゴーレムだ。娘はトランクの中にいる」

翌日検事局に出勤したアリソンは、デヴァロス検事が、夢に出てきた少女誘拐犯と親しげに会話する姿に愕然とします。
アリソンは、デヴァロス検事に夢の話を打ち明けますが、「彼はジャレッド・スワンストロム。彼ほどの善人は居ない」と信じてはもらえず…

その夜、また夢にジャレッドが登場します。
彼は、標的にした好みの女性を薬で眠らせ、監禁。
レイプして最後には殺害し、遺棄…

ジャレッドの犯行を誰も信じてくれないならと、アリソンは単独でジャレッドの尾行を開始。
しかし、ジャレッドの身辺に怪しい所は発見できず、アリソンは戸惑いますが…


***** 小六メモ *****

★アリソンの見た夢…

今回アリソンが見た夢は、すぐに起こる事件ではなく、なんと、7~10年先の事件を夢で予知してしまったのです。

誰も疑わない善良な市民ジャレッドを、アリソンは連続少女誘拐殺人犯だと疑い、身辺調査を行ないますが何も証拠が出ず…
証拠なんて出てくる訳がないですよね。
7~10年も先の事件では…

ただ夢に何度となく登場した最初の被害者シャローナ。
彼女は現在14歳。

アリソンは自分が不審人物だと思われるのを覚悟で、シャローナを訪ね、「7~10年後、あなたは男性に声をかけられる。その男は一見親切な人に見えるかもしれないけれど、その男の車に絶対乗ってはダメ!」と言います。
案の定、シャローナはアリソンの事を「変な人」と言う目をして去って行きますが…
果たして彼女は大丈夫なのか。


★アリソン妊娠?

デヴァロス検事の前で吐いてしまったアリソン。
すっかり妊娠したものだと大喜びのジョー。
しかし残念ながら妊娠はしていませんでしたね~

ジョーは、男の子が欲しいと密かに思っているらしい。


★長女アリエル9歳の能力…

数学が苦手なアリエルの勉強を手伝うジョー。
ジョーと一緒だとスラスラ答えられるアリエルに、もしかして天才かも?と喜ぶジョーでしたが、実はアリエルにも不思議な能力が。

もしかして、相手の考えが読める…?

第4話「新しい友達」では、次女ブリジットが霊と友達になるエピソードがありましたし、一体子供たちにどんな能力が備わっているのか。


(第7話へつづく…)
[PR]
by by569 | 2008-01-29 09:35 | ミディアム
f0039573_10301785.jpg
■ザ・インターネット2 「THE NET 2.0」 2006年・米

■監督 チャールズ・ウィンクラー
■製作 ロブ・コーワン、アーウィン・ウィンクラー
■脚本 ロブ・コーワン
■音楽 スティーヴン・エンデルマン

■キャスト
ニッキー・デローチ (ホープ・キャシディ)
サブネム・ドーンメズ (ロクサリーナ→客室乗務員)
デメット・アクバッグ (カヴァク医師)
ニール・ホプキンス (ジェームズ・ヘイヴン→ホープの彼)
グヴェン・キラック (オスマン→タクシー運転手)
キーガン・コナー・トレイシー (Z・Z・ジャクソン→ホテルで知り合った女性)


<あらすじ>
ある日、トルコの大企業からヘッドハンティングされたホープは、単身イスタンブールへ向かう。
しかし現地に到着すると、ホープを名乗る人物が既に企業に存在し、自分自身のIDが消されていた。



題名からも判るように、サンドラ・ブロック主演の『ザ・インターネット』(1995)の第2弾です。
とは言え、ストーリーは続いている訳ではないし、サンドラも出てないし、全く別モノと考えても良いでしょう。

意外に面白かったんですよ~
個人的には、サンドラの『ザ・インターネット』よりも上を行くかも…?

(WOWOWにて鑑賞)



<ここよりネタバナシです>

興味深い話ですよ、これは。
突然自分が別の人間になってしまうなんて。
サンドラ・ブロック版の「ザ・インターネット」は、オタクの為に知人が1人も居ない孤独な女性が事件に巻き込まれるタイプ、ニッキー・デローチ版の「ザ・インターネット」は、いわゆる引き抜きで単身イスタンブールへ行った為に、現地には彼女の事を知っている人物が1人もいないと言う設定です。

まぁ、設定は、似てるといえば似てます。

しかし異国の地だと余計に不安になりませんか?
全く知人は居ないですからね。
警察にまで捕まってしまって、取調べの毎日。
あれでは気が変になってしまいますよー
意志の弱い人間だったら、やってない事を「やりました…」ってなりそう~

とにかくホープは、追われて逃げて走っての連続でした。
女優さんって大変です。

客室乗員役のロクサリーナが良いんですよ~♪
彼女がいたお陰で助かったようなものです。
カッコイイしキレイだし完璧!


★『ザ・インターネット』のレビューは、こちら
[PR]
by by569 | 2008-01-28 10:33 | サ行
f0039573_9203487.jpg
■CSI:3 科学捜査班 #55(シーズン3-09) 流血ストリート「Blood Lust」

■監督 チャールズ・コレル
■製作 ウィリアム・ピーターセン他
■製作総指揮 ジェリー・ブラッカイマー他

■キャスト(レギュラー)
ウィリアム・ピーターセン (ギル・グリッソム→昆虫学)
マージ・ヘルゲンバーガー (キャサリン・ウィロウズ→血痕分析)
ゲイリー・ドゥーダン (ウォリック・ブラウン→オーディオ・ビジュアル分析)
ジョージ・イーズ (ニック・ストークス→毛髪・繊維分析)
ジョージャ・フォックス (サラ・サイドル→要素・元素分析)
ポール・ギルフォイル (ジム・ブラス)
ロバート・デヴィッド・ホール (アル・ロビンス)
エリック・ズマンダ (グレッグ・サンダース)

■キャスト(ゲスト)
ミシェル・グリーン (ブランソン夫人)
マイケル・ウェルチ (トッド・ブランソン→ブランソン夫人の息子)
ブランドン・マウロ (エリック・ブランソン→トッドの弟)
ジェームズ・マクドナルド (ジョナサン・ルアーク→ブランソンの元夫)
マシュー・カミンスキー (スチュワート・ブラッドリーブランソンの彼)
アンジュール・ニガム (ラジーブ→タクシー運転手)
ジーナ・フィリップス (タクシー乗客)
キャンディス・エドワーズ (監察医)
パルマー・デイヴィス (マーガレット・フィン→クーパーの弁護士)
メアリー・ジョー・モーチンスキー (エリックの代理人)
エリック・リッター (グラハム・クーパー→チンピラ)
ブライアン・フライデー (リック・ミッドジェン→チーマー)
デヴィッド・ムーニエ (バリー・ローレンス→チーマー)
ティム・マイクレッキー (クロード・アレン→チーマー)
デヴィッド・バーマン (デヴィッド・フィリップス→CSIスタッフ)
ジェラルド・マックローチ (ボビー→CSIスタッフ)
ヴィクトリア・プレスコット (ジュディー→CSIスタッフ)


<あらすじ>

タクシー運転手が客を乗せ移動中、突然目の前に飛び出してきた少年を轢いてしまいます。
少年は死亡。
運転手が慌てて車内に戻るのを見たチーマーは、「逃げるつもりか!」と運転手を車内から引きずり出し殴りつけ、そのため、運転手は意識不明の重体となります。

轢かれた少年の遺体を確認すると、腸が飛び出した状態に。
「いくら車に轢かれたとは言え、今まで腸が出ていた事なんてあった?」「ないよね~」とお互い確認するグリッソムとブラス刑事。

タクシーに乗車していた女性客から話を聞くと、「運転手は少年を轢いた後、車に戻って無線で助けを呼ぼうとしていた」と。
その時、あの若者たちに襲われたと証言します。
運転手は逃げようとした訳ではなかったのです。

しかしチーマーたちは、「逃げようとした運転手を逃がさないようにしただけだ!」と英雄気取り。
グリッソムは、とりあえず全員のDNAと写真を撮ります。

少年の身元は、トッド・ブランソン。
解剖の結果、トッドの死亡原因は、約12センチのナイフで腹部を刺された事。
トッドは腹部を刺され血を流しながら道路まで歩いて来たのです。

一体トッドがどこで刺されたのか?
グリッソムとサラが、交通事故現場から血痕を追って行くと、ある公園のバスケコートでナイフからの滴下血痕を発見します。

凶器のナイフが捨てられている可能性があるので金属探知機と警察犬で公園内を調査。
探知機が反応!
しかし、その場から見つかったのは、何故かナイフではなく拳銃。
警察犬がある場所で騒ぎ出し、次に見つかったのは、誰かの死体…
ナイフを見つけに来たのに、拳銃やら死体やら。
これらがトッドの事件を関係あるのか?

公園で見つかった男性の死体は…
右手の掌に切り傷あり
これは、ナイフで人を刺した時に出来た傷ではないか?
男性の死因は、銃で撃たれた事による失血死であり、公園で見つかった銃が凶器であると判明します。
また、その銃には、焼けた皮膚が付着。
犯人は、銃を撃った際に、掌に火傷を負っているはずです。

銃の登録番号から、持ち主は、ジョナサン・ルアーク。
彼は、ブランソン夫人の元夫で、今回の被害者トッドの父親です。
もしや、公園で見つかった死体は、ジョナサン・ルアークではないか?
ブランソン夫人に確認してもらうと、銃で撃たれて死んでいたのは、ジョナサンではなく、ブランソン夫人の現在の彼氏スチュワートだったのです。

ブランソン夫人によると、
「もう何年も、ジョナサンから逃げている生活を続けているが、どこに引っ越しても、ジョナサンが追いかけて来ては脅迫めいた嫌がらせをする。
ただ、子供たちにはジョナサンの事は内緒にしているから、たびたび引っ越すのを誤魔化すのが大変だ」との事。

スチュワート殺害に使用した銃に付着していた上皮組織のDNAは、腹部を刺されて見つかった少年トッドと血縁関係にあることが判明。
犯人は母親?
ブランソン夫人に会いにグリッソムとブラスは向かいます。

しかし残念な事に、ブランソン夫人の掌には火傷の痕はありません。
その様子を見ていたトッドの弟エリックの掌を見せてもらうと、掌に火傷の痕が…

エリックは、「もう引っ越したくなかった」と罪を告白。

今度引っ越さなければならないのは、母親が付き合っているスチュワートのせいではないかと思ったエリックは、夜、スチュワートを呼び出します。
エリックの様子が変だと気付いた兄のトッド。
エリックのあとをトッドが追跡している事に、エリックは気付いていません。

公園に到着。
エリックは持って来た銃を取り出し、瞬間的に危険を察知したスチュワートはナイフを取り出します。
その間に割って入るトッドの事を、間違って刺してしまったスチュワート。
エリックは銃でスチュワートを射殺。

トッドは、エリックに、スチュワートの遺体を木陰に隠すよう指示し、そのまま1人で歩いて去り、その後、タクシーに轢かれたと言う事です。


**********

殺人の理由が引越ししたくないから…って。
子供の動機って、本当に些細な事ですよね~
今回の事によって、兄は刺され死亡、自分だって母親の彼氏を射殺したというのに、普段通りの生活を送っていられるエリックって一体。
将来不安です。



<ちょいと新発見&簡単メモ>

1.今回、ほとんどキャサリン、ウォリック、ニックが登場しません。
何で?
2.キャサリンは休暇中…
娘リンゼイのバースデーらしい
3.ウォリックの体重は、88キロ
[PR]
by by569 | 2008-01-27 09:16 | CSI:3
f0039573_21525677.jpg
■スーパーナチュラル 「SUPERNATURAL」
#13 ルート666 「Route666」 2006年・米

■監督 ポール・シャピロ
■製作総指揮 エリック・クリプキ
■脚本 ユージニー・ロス=レミング、ブラッド・バックナー

■キャスト
ジャレッド・パダレッキ (サム・ウィンチェスター)
ジェンセン・アクレス (ディーン・ウィンチェスター)

メガリン・エキカンウォーク (キャシー・ロビンソン→ディーンの元彼女)
ゲイリー・ヘザーリントン (ハロルド・トッド市長)
キャスリーン・ヌーン (Mrs.ロビンソン→キャシーの母)
アルヴィン・サンダース (ジミー・アンダーソン→新聞記者)
ディ・ジェイ・ジャクソン (サイラス・ドリアン→行方不明者)


<今回の事件>

ミズーリ州ケープジラード
ディーンの携帯に元彼女キャシーから「父が変死したから調べに来てほしい」との連絡が。

キャシーの話しによると、「ここ数週間で黒人が2人死亡、しかも同じ場所で。1人目は父の共同経営者クレイトン。2人目が父だった…」
以前キャシーの父が、「無人の黒いトラックに追いかけられる…」と言う幽霊話をしていたそうですが、警察では普通の事故として処理し、殺人事件の調査を行なうつもりはないようです。
しかし、サムとディーンが到着してすぐ、3人目の犠牲者が…
被害者は新聞記者のジミー、やはり黒人です。
地元の人の話では、「1960年代、黒人だけトラックに殺される事件が数件発生した」と。

数日後、今度は、トッド市長が死亡。
トッド市長は、白人である上、いつもの事故現場とは違う道での出来事です。
市長夫婦が最近購入した家と土地の所有者は、ドリアン・サイラスなる人物。
サイラスについて調べると…彼は1963年に失踪。
1960年代の黒人が狙われた連続殺人と1963年のサイラスの失踪の関連は?

深夜、キャシーが1人で家に居る時、突然外からエンジン音が…
窓から外を覗くと、黒いトラックが家に向かって威嚇する動きを見せます。
命の危険を感じたキャシーはディーンに電話でSOSを。
その後、トラックは忽然と消えてなくなりました。

ディーンは、キャシーとキャシーの母に「トラックはあなたたちを狙ってます。何故ですか?」
すると、今までディーンたちと話をしようとしなかったキャシーの母親が、「トラックの持ち主はサイラス。40年前に死んだ人…」と。
「死んだ人?サイラスは失踪では?」の問いに、やっと真相を語り始めます。

…私は、サイラスではなくマーティン(キャシーの父)を選んだ。サイラスは嫉妬に狂い、黒人を襲い始まった。私たちの結婚式の予定日、サイラスは教会に放火。教会内で合唱の練習をしていた子供たちが全員死亡した。
ある日、マーティンがサイラスに殺されそうになった時、逆にサイラスを殴り殺してしまった。マーティンとクレイトンとジミーは、サイラスの遺体と共にトラックを沼に沈めた。当時保安官だったトッド市長は真相を知っても何も言わなかった…と。

家の建築または解体で霊が暴れるケースもある…
最近サイラス所有の建物が老朽化により解体が始まった為に、サイラスの霊が活動を始めたのかもしれません。
サムとディーンは沼をさらいトラックを発見。
運転席で発見されたサイラスの遺体を燃やしますが、何故か幽霊トラックは姿を消しません。

ディーンが車に乗り幽霊トラックを引き付けている間、サムはトラックを焼却。
それでも幽霊トラックはディーンの車を追跡。
幽霊トラックが、焼けた教会跡地(聖地)を通り過ぎた瞬間に、トラックは消えてなくなりました。


***** 小六のメモ *****

今回のエピソードは、映画「激突」や「ザ・カー」風でしたね。

ディーンの元彼女が登場!
しかし何だってまぁ、ここでディーンのベッドシーンって必要なのか?
悪魔退治好きの少年少女だってテレビを観てますよ!

ディーンファンにとっては、封印してしまいたいエピソードになったのではないでしょうか…
ご愁傷様…チ~ン


★ディーンの好みって?

ディーンは基本的にはきれいな女の子が好みですね。
今回のキャシーだって美しくて頭が良くて完璧?
ただちょいと気が強そう。
ディーンは尻に敷かれたいタイプなのか?

サムは、そんなディーンを見てニヤニヤが止まりませんでしたよ。
「キャシーの父さんが死んだ!」「ジミーが死んだ!」って時に、ディーンとキャシーが会話する姿を見てはニヤニヤ…
おい、ここはお悔やみの場所だぞ、サム。
自粛しなさ~い!

キャシーってば、ディーンの事を大学時代の友人て…
その紹介はディーンにキッツイね~
しかも、事件の調査を依頼してさ~、その上全て解決してもらってね~、「ずっと後悔していたの!」ってディーンを惑わしておいてだよ~。
「私は現実的なの。私たち、やっぱり無理ねっ」って、そんなぁ、オロロ~ン…
なんつー女だ…
悪霊より怖いね。


★家業は秘密?

ウィンチェスター家の家業「悪霊退治」は誰にも言ってはいけない秘密事項。
つ~か、誰に言っても信じてもらえないだろうけど。
それなのに、ディーンが元彼女キャシーに家業をバラしていた事実に、「僕らの仕事を喋ったな!」とご立腹のサムでした。


(第14話へつづく…)
[PR]
by by569 | 2008-01-26 21:53 | スーパーナチュラル
f0039573_19414311.jpg
■スーパーナチュラル 「SUPERNATURAL」
#12 死神との取引 「Faith」 2006年・米

■監督 アラン・クローカー
■製作総指揮 エリック・クリプキ
■脚本 セラ・ギャンブル、ラエル・タッカー

■キャスト
ジャレッド・パダレッキ (サム・ウィンチェスター)
ジェンセン・アクレス (ディーン・ウィンチェスター)

ケヴィン・マクナティー (ロイ・ル・グレンジ→盲目の信仰療法術師)
レベッカ・ジェンキンス (スー・アン・グレンジ→ロイの妻)
ジュリー・ベンツ (レイラ・ルーク→脳腫瘍の患者)
ジリアン・バーバー (レイラの母)
ジム・コドリントン (ザ・リーパー)
アーロン・クレイヴン (デヴィッド・ライト→チラシ配りの男)
コリン・ローレンス (スポーツジムのスタッフ)
リッキ・ガニュ (ジョギングしていた女性)
ティファニー・リンドール=ナイト (ドクター)
エリカ・キャロル (ナース)
スコット・E・ミラー (警官)
コンラッド・ウィテカー (警官)
ケイナン・ウィーブ (オープニングの少年)


<今回の事件>

ディーンは悪霊退治中に感電し、病院へ運ばれます。
医師の診断の結果、心臓の機能が低下し、余命2週間、長くて1ヶ月と…

サムは、一縷の望みに託して、ネブラスカで見つけた信仰療法術を試してみようとディーンを誘います。
その手の技術を全く信用しないディーンは、嫌々参加。
しかし教祖のロイ・ル・グレンジは、ディーンを指名し壇上へ導きます。
ディーンの頭部にロイが手をかざした瞬間、ディーンは気絶。

再度病院で検査すると、「何も異常なし」との結果が。
ディーンがロイに治してもらった同時期に、健康な男性が急に心臓発作で死亡したと聞き、何か怪しいと疑いを持つディーン。

ロイの能力を調べようと、彼の自宅へ。
ロイと妻スー・アンの話によると、「ロイは余命1ヶ月のガンだった。とにかく祈り、結果ロイは目覚めガンも消えた。人を治す力は突然備わった」と。

サムは、ディーンが治った頃に死亡した男性について調べを始めます。
トレーニングジムのスタッフは、「彼は、何かに追われているようだった」と当時を振り返り「彼が死んだ4時17分で時計が止まったまま」と証言。
4時17分…それはまさにディーンがロイの儀式を受け気絶した時間と一致します。
他にも、ロイが患者を治したと同時刻に、他の誰かが死亡している事実を掴んだサムとディーンは、命の交換が可能なリーパーの仕業だと確信。

リーパーを動かす力=黒魔術の呪いを解くには、祭壇と十字架を壊す事…

サムは証拠探しにロイの家に忍び込みます。
そこで、新聞記事を発見。
「ゲイの教師が勝訴」「中絶を支持」など、信仰を汚す対象者が犠牲者だったのです。

次なる犠牲者は…
「地元の教会をカルトと非難」の記事。
今この教会の外でチラシ配りをしているデヴィッドがターゲット。
ロイが治そうとしている患者は、ディーンが教会で出会ったレイラ。
彼女は脳腫瘍で余命半年を宣告されています。

レイラの脳腫瘍がデヴィッドに移るのを阻止する為に、ディーンは、「火事だ」と嘘をつき、儀式を中断。
しかし、まだリーパーはデヴィッドを追いつめます。
儀式は中断したのに、何故リーパーが消えない?
教会のテントの陰で、十字架を手に何かを唱えているスー・アンの姿が…
リーパーを操っているのはスー・アン!
ディーンは、スー・アンの呪文を邪魔し、危機一髪の所でリーパーの魔の手からデヴィッドを救います。

今夜、再度レイラの儀式が行なわれると聞き、教会へ向かうサムとディーン。
スー・アンの姿がない!
サムは、ロイの自宅の地下室から明かりが洩れているのを発見し忍び込みます。
地下室に設置された祭壇の中央に、ディーンの写真が…
レイラの命と引き換えにディーンの命が危ない!

儀式は開始され、ロイがレイラの頭に手を乗せます。
同時に、ディーンに近づくリーパー。
ディーンの生気は徐々に失われ危険な状態に…
サムがスー・アンを見つけ、十字架を粉々に壊すと、リーパーはディーンから離れスー・アンの所へ。
暴走したリーパーは、誰の声も聞かず、スー・アンの命を奪って消えて行きました。


***** 小六のメモ *****

第6話の「もう一人の自分」で、ディーンは死亡した事になってるからね~
今回の入院の支払いは大変だったのではないでしょうか、サム。
病院の受付で、サムが「じゃ、これで…」ってクレジットカード(かな?)を出してましたよね。

ディーンの心臓が弱りはて、余命1ヶ月ですよ。
運よく心臓が治ったと思ったら、またしてもリーパーに命を吸い取られる所でしたし。
ディーンの体は大丈夫なんですか?
長生き出来そうもない感じだな…


★ジョンにメッセージは届いたか?

ディーンの余命が1ヶ月と判り、サムはジョンの留守電に報告してましたが…
ジョンからは何のコンタクトもなし。
留守電は聞いていると思うんですけどね~
草葉の陰からこっそり覗いてるかもしれません。


★レイラとの出会い

レイラが余命半年と知り、ディーンは助けてあげたい気持ちが沸々と湧き上がっていたようです。
リーパーを阻止すると言いながらも、「今回だけは目をつぶる?」ってサムに言われてるし…
悩みどころですね。
結局リーパーの呪いを封印してしまったので、レイラの病気は治らず。
可哀想でした…


★ちゃっかりモノのサムちん

「ディーンを心から助けたい!」
サムのその気持ちはよ~~く判ります。
一生懸命に探して、信仰療法術を見つけたんですよね。

そこで運よくロイに心臓病を治してもらったディーン。
周囲の信者からは羨望と嫉妬の嵐でしょう。
みなさんだって、藁にもすがる思いでここに来ているはずですから。

しかしその後、この療法術はリーパーの仕業で第三者の命を奪うと知ってから、今度はロイの儀式の邪魔をし始めるわけですよ。
この行動は、信者にしたら、なんて恩知らず!って映るでしょうね~

サムが、ディーンを治したいと強く思ったと同じように、レイラの母だって娘を治したいはず。
今回の儀式でレイラの命と交換するのはデヴィッド。
レイラを助けたい気持ちもちょこっとだけあるディーンは?

サムは、そのディーンの気持ちを察して、「どうする?今回だけ見逃す?」って安易に提案してるし。
お~い、良いのか、そんな事で。

その後、再度行なわれるレイラの儀式で、レイラの命と交換するのは…ディーン?
それを知っちゃったからには、サムは、思いっきりスー・アンの持つ十字架を破壊。

良かった!ディーンが助かったぁ♪
レイラは助からなかったぞ、サムよ。
「兄ちゃんだけ元気なら良いんだ~」(そうだね…汗)


(第13話へつづく…)
[PR]
by by569 | 2008-01-25 19:46 | スーパーナチュラル
f0039573_7544326.jpg
■スーパーナチュラル 「SUPERNATURAL」
#11 出会い 「Scarecrow」 2006年・米

■監督 キム・マナーズ
■製作総指揮 エリック・クリプキ
■脚本 ジョン・シャイバン、パトリック・ショーン・スミス

■キャスト
ジャレッド・パダレッキ (サム・ウィンチェスター)
ジェンセン・アクレス (ディーン・ウィンチェスター)
ジェフリー・ディーン・モーガン (ジョン・ウィンチェスター→サムとディーンの父)

ニッキー・エイコックス (メグ・マスターズ→ヒッチハイクの女性)
トム・バトラー (ハーリー・ジョージソン→雑貨店経営)
P・リン・ジョンソン (ステーシー・ジョージソン→ハーリーの妻)
タニア・ソルニア (エミリー・ジョージソン→ハーリーの姪)
ティム・オハロラン (スコッティ→カフェオーナー)
デヴィッド・オース (保安官)
ウィリアム・B・デイヴィス (大学教授)
クリスチャン・シャロフ (ヴィンス→昨年の被害者)
ララ・ギルクリスト (ホリー→昨年の被害者)
ブレンダン・ペニー (スティーヴ→カフェで食事中の若者)
リア・グラハム (ポーリー→カフェで食事中の若者)
アンジェラ・ムーア (バスステーション受付)
マイク・カーペンター (案山子)


<今回の事件>

インディアナ州バーキッツビル
父ジョンからの電話を取ったサム。
電話の内容は、毎年4月の第2週、3年連続で若いカップルが行方不明になっている事件の調査依頼でした。

ジョンの指示通り事件の調査に向かいたいディーンと、ジョンが追っているメアリー殺害の悪魔をジョンと共に戦いたいサムは、意見が対立。
ついに、サムはディーンの車から降り、単独でカリフォルニアへ向かいます。

一人で調査しなければならなくなったディーンは、とりあえず去年の犠牲者カップル、ヴィンスとホリーの写真を持ってバーキッツビルへ。
ガソリンスタンドのあるジョージソン雑貨店で聞き込み開始。

するとジョージソン雑貨店の姪っ子エミリーが、ヴィンスの事を記憶しており、「彼らは、ハイウェイ方面へ走って行った」と教えてくれます。

ディーンもヴィンスと同じようにハイウェイ方面へ行ってみる事に。
すると、途中の広い果樹園で重要な手がかりを発見。
果樹園に立っている案山子の腕に、ヴィンスの入れ墨が…

木々を守る案山子…
ディーンは地元の教授に、偶像崇拝についての資料を見せてもらいます。
案山子と同じイラストの神は、繁栄の神ヴァーナー、つまりこの町では木の守り神…
男女の生贄を捧げ、豊作を願う儀式なのだと知り、ディーンは、ヴァーナー退治にバーキッツビルへ戻ります。

一方サムは、ディーンからの電話でヴァーナーの話を聞いても、カリフォルニアへ行く決心は変わりませんでした。
目的地が一緒のメグと出会ったサムは、バス出発まで話をして過ごします。
しかしその後、3時間もディーンが電話に出ない事を不審に思ったサムは、急遽カリフォルニア行きを取り止めディーンの所へ。

ディーンは、ジョージソン雑貨店のエミリーと共に、今年の生贄カップルに選ばれます。
辺りが暗くなり始めた頃、木に縛られたディーンとエミリーの耳に届いたのは、静かに近づく何者かの足音。
しかし足音の主は、サム。
ディーンとエミリーのロープを解き、ヴァーナーの魔の手から逃げようとしたその時、ヴァーナーは、目の前にいたジョージソン夫妻を殺害。
闇へ連れ去ってしまいます。

翌朝、明るくなった果樹園へ向かったサム、ディーン、エミリー。
彼らは、聖なる木を燃やしヴァーナーを封印するのでした。


***** 小六のメモ *****

本日、1月24日は、ディーン・ウィンチェスターの誕生日です。
1979年生まれなので、29歳ですか?
しかし第6話「もう一人の自分-Skin-」で死んだ事になっているので、享年27歳ですが…
ファンのみなさま、お祝いしましょう♪

今回のエピソードは、映画「ジーパーズ・クリーパーズ」タッチでしたね~
見上げるほどの大きな案山子、そして人間を食べると食べた部分が自分の肉体になるなどの共通点がありました。
ヴァーナー案山子もヴィンスの腕になってましたしね。

しかし、生贄は若いカップルじゃないとダメだ!と思い込んでいたんですが、ジョージソン夫妻でもOKですか、ヴァーナー殿?

このエピソードで、ディーンが父に向かって、「イエス・サー」って言ったよ。
ジョンは元海兵隊だと第1話で言ってましたが…
返事が「サー」だとは。


★また出た!電磁波探知機

果樹園で、またしても登場した電磁波探知機。
ピーピー鳴りっぱなしでしたね。


★メグ・マスターズなる人物は?

サムと同じくカリフォルニアへ向かおうとしていたメグ・マスターズ。
両親からの逃避で、単身カリフォルニアで出直すと夢見ていた少女だと思っていたんですがね~

簡単に人を殺しちゃうんですな。
んで、その血を杯に滴らせ、交信するって?
きみ、何者よ。
「何故サムをディーンの所へ行かせたのです?2人とも殺せたのに…」
あんた誰と交信してんのさ。

ここで言ってる「2人とも殺せたのに」って、サムとディーンの事?
それともサムとジョンの事?

あ、ちなみにメグ役のニッキーは、「ジーパーズ・クリーパーズ2/ヒューマンキャッチャー」にも出演しています。
まさに「ジーパーズ・クリーパーズ」繋がりですな。


★サムとディーンの絆

衝突の多いサムとディーン。
今回のケンカは、別行動にまで発展してしまってます。
しかし、サムは、「ディーンが3時間も電話に出ないんだっ==!!」

どうするのかと思ったら、カリフォルニア行きをすっぱり諦めて、戻るのかよっ!
「電話が繋がらないだけで戻るの?」ってメグもビックリさ。

ディーンとエミリーが木に縛り付けられて大ピンチ。
そこに登場するサム!
早く縄を解いてあげないとね~

…って!
ディーンの縄と解くのが先かいっ!!
普通女の子の方から助けてあげないかい、サムよ。
本当にサムにはビックリだよ。


(第12話へつづく…)
[PR]
by by569 | 2008-01-24 08:08 | スーパーナチュラル
f0039573_147874.jpg
■LOST2 #17 封鎖「Lockdown」

■キャスト
マシュー・フォックス (ジャック・シェパード)
エヴァンジェリン・リリー (ケイト・オースティン)
ドミニク・モナハン (チャーリー・ピース)
ホルヘ・ガルシア (ハーリー/ヒューゴ・レーネス)
ジョシュ・ホロウェイ (ソーヤー/ジェームズ・フォード)
ナヴィーン・アンドリュース (サイード・ジャラー)
ハロルド・ペリノー (マイケル・ドーソン)
テリー・オクィン (ジョン・ロック)
エミリー・デ・レイヴィン (クレア・リトルトン)
ダニエル・デイ・キム (クウォン・ジン)
ユンジン・キム (クウォン・サン)
ミシェル・ロドリゲス (アナ・ルシア)
アドウェール・アキノエ=アグバエ (ミスター・エコー)
シンシア・ワトロス (リビー)
マイケル・エマーソン (ヘンリー・ゲール)
ケヴィン・タイ (アンソニー・クーパー→ロックの父)
ケイティ・サガール (ヘレン→ロックの恋人)
ジェフリー・リヴァス (神父)
アンドレア・ガブリエル (ナディア→イラクでのサイードの恋人)
テオ・カウンビズ (ジミー・ベイン→アンソニーを追っている男)


シーズン2の第17話「封鎖」です。
今回はロックの過去でしたね~
またっ、あの例の…ヅラが登場してしまいましたっ!
別にロックさんは、スキンヘッドのままでも良いと思うんですけど。


今回のみなさんの行動チェック!

★ジャック
ソーヤー、ハーリー、ケイトとポーカーゲーム
ソーヤーとの賭けポーカーで、ソーヤーの持っている薬をGET

★ケイト
ソーヤー、ハーリー、ジャックとポーカーゲーム

★チャーリー
サイード、アナと共にヘンリーの気球を探しに行き、ついに発見

★ハーリー
ソーヤー、ケイト、ジャックとポーカーゲーム

★ソーヤー
ケイト、ハーリー、ジャックとポーカーゲーム

★サイード
チャーリー、アナと共にヘンリーの気球を探しに行き、ついに発見

★マイケル
登場なし

★ジョン・ロック
ハッチ内の防護ドアが下り、大腿部を挟まれてしまいます
数字入力をヘンリーに依頼

★クレア
アーロンの熱がまた出てきて心配

★ジン
登場なし

★サン
登場なし

★アナ・ルシア
サイード、チャーリーと共にヘンリーの気球を探しに行き、ついに発見

★ミスター・エコー
登場なし

★リビー
ウニを獲った時に手を刺され腫れてしまい、ソーヤーの洗濯10回と交換に軟膏をもらいます


今回の目玉は!!

ロックの過去です。
彼女ヘレンとピクニックに行こうとルンルンのロック。
そんな時、新聞に父アンソニー・クーパーの死亡記事を発見します。
ピクニックは中止して葬儀に参加。

それなのに、後日、アンソニーが車から「おーい、ジョン~」って。
生きてんのかっ!
なんちゅー悪玉だ…

ロックって、父さんに振り回されっぱなしの人生ですね。
しかも、「オレは年金詐欺だ。あの男たちから金を盗んで、銀行の貸金庫に保管してあるから、ジョン、お前が取りに行って来い」だって~~?
断れ、ロックよ!
取りに行くのかいっ!!!

そんなロックに三行半のヘレンはついに去ります。
勇気を出してプロポーズしたのに、可哀想なロック…

ロックって健康な時は、不動産鑑定士みたいな仕事してたんですね。
売り家を購入した女性に「この家、調査して下さい~」って言われて。
あれ?この女性って、ナディアですよね?
サイードが探し続けている、あのナディア。
こんな所に彼女居たよ~~、サイードォ~

そう言えば、以前ロックが「オレは箱を作る仕事をしていた」って言ってた記憶が…
あれは車椅子生活になってからの仕事だったのかな?

ヘンリーの食事の時間に、武器庫からヘンリーを出してあげたジャック。
アナたちが気球の場所に向かったと知り、「もう一度気球の場所を書け!」とカンカンのジャックに対して、「オレがやつらの仲間って話はウソだよ」とヘンリー。
「またこいつを武器庫へ入れとけっ!」ってロックに命令してたけどさ~
武器庫からヘンリーを出したのはジャック、お前だろっ!
「オレが掟だ」風の態度はどうかと思いますが…

そうかと思えば、ジャックさん、だいぶ穏やかな表情でポーカーゲームを楽しんでましたね~
自分のマンゴーを賭けるってのも平和だなぁ。
ジャックとソーヤーの会話が今回の大ヒットですね。
ソーヤー「どこでポーカー覚えた?」
ジャック「プーケット」
ジャックってプーケットをフラフラしてた時期もあるんだぁー
その時に腕に入れ墨を?
漢字ですよね。
あれってなんて書いてあるんでしょう。
いつも読もうと思って見てますが、どうもイマイチ判りづらい。
なんかね~「魔之長●」(4文字目は判りませぬ)風な漢字の羅列なんですよ。

ソーヤーにとってのプーケットの思い出は、妙な病気を移された事。
アモキシシリンを服用する病気って…
梅毒とか?
止めれ~~汗

ハッチにロックとヘンリーしか居ない時、スピーカーから突然ハウリング音が…
スピーカーに近づいて聞いて見ると「……準備を完了して下さい…」と。
何の準備よ~~
焦るロックの目に飛び込んできたのは…いきなり閉まる防護ドア。
ヘンリーを武器庫から出し、2人力を合わせて、防護ドアを60センチほど持ち上げる事に成功~
開いた隙間に道具箱を挟んでっと。
ロックがドアの隙間から出ようとした瞬間、道具箱が潰れてドアが閉まった…
大腿部を挟まれ身動きが取れなくなってしまったロック。
ここでコンピューターに数字を入力しなければならない警告音が~~
ひぃ==

「ヘンリー!食料庫の通気口を通って向こうの部屋に行ってくれ!コンピューターに『4、8、15、16、23、42』と入力するんだー」
とヘンリーに依頼。
もう間に合わないよね、あのタイミングでは。
ほら~間に合わなかった…ハッチ内が真っ暗闇になっちゃったし。
程なくして非常灯が点き、その時、ロックの目の前に現れたあの図は一体何なんでしょう。
電気が消えなければ見えなかった図。
謎ですね…

しかし数秒後にまた電気が点き、防護ドアも開き、「数字を入力したよ」と戻ってくるヘンリー。
ロックは、「逃げてしまったのかと思ったよ。見捨てないでくれてありがとう~ヘンリー」とすっかりヘンリーを信じきっているご様子。

真っ暗闇の森を懐中電灯1つで歩くジャックとケイト。
森の奥から微かな明かりが見えます。
明かりの方へ行ってみると、パラシュートで落下された物体が…
中身は、ダーマ社のマカロニチーズ。
誰のための食料?
誰がここに落としたのか?

ハッチに戻って来たサイードたち。
ヘンリーを、怒りにみちた目で見つめるサイード。
「ヘンリーの言う通り確かに気球はあった。墓も…。私は墓を掘った。入っていたのは男の遺体だった。
ヘンリー・ゲイルと言う名の…」


(第18話へ続く…)
[PR]
by by569 | 2008-01-23 14:21 | LOST2
f0039573_10191116.jpg
■ラストマップ/真実を探して 「AROUND THE BEND」 2004年・米

■監督 ジョーダン・ロバーツ
■製作 ジュリー・カーカム、エリオット・ルウィット
■製作総指揮 マーク・ギル、ロン・スミス、ボブ・ヤーリ
■脚本 ジョーダン・ロバーツ
■音楽 マイケル・グラッディ

■キャスト
マイケル・ケイン (ヘンリー)
ジョナ・ボボ (ザック→ヘンリーのひ孫)
ジョシュ・ルーカス (ジェイソン→ヘンリーの孫)
グレン・ヘドリー (カトリーナ→看護師&家政婦)
クリストファー・ウォーケン (ターナー→ヘンリーの息子)


<あらすじ>
妻と別居中のジェイソン。
ジェイソンは、1人息子ザック、祖父ヘンリーと住んでいた。
ある日、ずっと行方不明だった父ターナーが突然姿を現し、と同時に祖父ヘンリーが死亡。
ヘンリーの遺言通り、遺灰を撒く旅に出る3人だったが…



劇場未公開作品なんですよね。
でもキャストが妙に豪華!
マイケル・ケイン、クリストファー・ウォーケン、ジュシュ・ルーカスが揃っていて何故に公開されなかったのか…
キャストはGOODだったけど、内容が…とか?
誰か、真実を探して~

ヘンリー役に、『バットマン ビギンズ』(2005)のマイケル・ケイン
ヘンリーの息子ターナー役に、『キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン』(2002)のクリストファー・ウォーケン
ヘンリーの孫ジェイソン役に、『ステルス』(2005)のジョシュ・ルーカス
ヘンリーのひ孫ザック役に、『ザスーラ』(2005)のジョナ・ボボなど。

(WOWOWにて鑑賞)



<ここからネタバレです>

ヘンリーが突然亡くなってしまい戸惑うターナー、ジェイソン、ザック。
まるで死期を悟っていたかのようだったヘンリーの行動に戸惑いながらも、彼の言う通りに遺灰を撒きに旅に出るお話し。
フラフラ遊び人風のターナー。
足の不自由なジェイソン。
曾お爺ちゃんっ子のザック。
この3人が仲良く居られるはずはないんですが、ケンカしながらも自分に正直に、お互いを思いやり(?)ながら、最終目的地へ向かいます。

この手の映画って、すんごい盛り上がるシーンがある訳ではないんですが、何となくジーンと心に染み入りますよね。
最後にザックが音楽に合わせてノリノリに踊っている姿を見て、ターナーとダブってしまった~
まさに隔世遺伝だな。

作中、結構ケンタッキーフライドチキンが登場して、観てたら妙に食べたくなってしまった~
サブリミナル効果ありですな。
ちなみに、ホラー映画好きのカトリーナが観ていた映画は、「ゴーストシップ」でした。

映画と直接関係ないんですが、ブルドックのスカイが可愛くってね~
ついニヤニヤしてしまいました。
あと旅に出る時に乗っていた車。
思いっきりわたくしのツボです。
あの車欲しい…
[PR]
by by569 | 2008-01-22 10:20 | ラ行
f0039573_1421268.jpg
■クリミナル・マインド2 FBI行動分析課
#2 闇のネットオークション 「P911」

■キャスト
マンディ・パティンキン (ジェーソン・ギデオン)
トーマス・ギブソン (アーロン・ホッチナー)
ローラ・グラウディーニ (エル・グリーナウェイ)
シェマー・ムーア (デレク・モーガン)
マシュー・グレイ・ギュブラー (ドクター・スペンサー・リード)
A・J・クック (ジェニファー・ジャロウ/JJ)
カーステン・ヴァングスネス (ペネロープ・ガルシア)

メアリー・ペイジ・ケラー (ケイティ・コール捜査官)
ティーシャ・テラシーニ・バンカー (ジャッキー→ダスティンの母)
マイケル・レン (ピーター/ダスティン)
ジョディ・リン・オキーフ (アマンダ捜査官)
デヴィッド・ペヴスナー (マイケル→ピーターの父)
ジョン・ルビンステイン (ヘイデン・ローリングズ校長)
ダリル・サバラ (ケヴィン)
ローラ・レイヴァ (グレイシー・ヘンドリックス校長)
ディグ・ウェイン (ジャクソン・ハリス神父)
ジョナサン・ラニアン (ダン・アッシュ→チャットルーム仲介人)


<事件>

~メリーランド州カレッジパーク~
最近横行している青少年の売買。
子供対象犯罪捜査班のケイティ・コールは、数年前から小児愛好家に成りすまし、チャットに参加しながらピーターと言う名の少年の捜索を続けていました。
今回、またピーターについての画像を発見。
すぐにチャットに参加し、ピーターに関する情報を書き込むと、あるサイトを教えてもらいます。
そこにアクセスすると、ピーターのライブ映像と共にピーター自身のネットオークションが開始されていました。
残り時間は17時間。

チャットの発信者は、ハンドルネームハグズ(HUGZ)。
コールはホッチナーに連絡し、応援を要請します。

~ヴァージニア州クワンティコFBI本部~
FBI行動分析課(BAU)にやって来たコール捜査官。
「ピーターは今から1年前に小児性愛サイトに登場。最初の画像は、クリープランドにあるウェブ会社のチャットルームから…」

早速ガルシアにサイトを辿ってもらい証拠収集に取りかかります。
エルとリードは、子供対象犯罪捜査班に出向き、アマンダ捜査官と協力しピーターが居る部屋の観察。
ホッチ、ギデオン、モーガン、コールは、最初にピーターの画像が登場したウェブ会社へ。

~オハイオ州クリープランド オンラインリスティングサービス~
ウェブ会社に到着したホッチたち。
オンラインリスティングサービス社のチャットを利用しているデータベースからHUGZを探し出し、そこからガルシアは身元割り出し。
クレジットカード追跡の結果、住所はハウザー通りのグレアム・ローズ。

ホッチたちはローズ家へ。
家に居たのは14歳のケヴィンのみ。
グレアム・ローズはケヴィンの父で、8ヶ月前から刑務所行き。
ケヴィンは、「ピーターの画像は、チャットで知り合った客MEHTOVAS(メトヴァス)から入手した。彼から「会おう」と言われている」と告白。
ケヴィンにMEHTOVASを誘い出してもらう事に。

一方、ガルシアとJJは、オークションのライブ映像から、ピーター少年の着ている服がボーイスカウトのシャツだと言う事に気づきます。
襟に、少年団の名前とナンバーが微かに見えてはいるけれど、どうも不鮮明。
「マウント?」4桁の数字の1番目は3、4番目が6…
ガルシアは、「マウント???団」&「3××6」のナンバーの少年団を検索。
そしてついに「マウントプレザント団」だと突き止めます。

指定された場所で待機するケヴィンに、ある男性が近づいてきます。
モーガンが男性に飛びつき身柄確保。
男性は、小学校のローリングズ校長でした。
エルとリードも小学校へ急行します。

校長室で見つけたパソコンには、ケヴィン宛にピーターの画像を送った形跡が…
ローリングズは「ピーター少年を助けたかったから、ケヴィンにリンク先を送った。ケヴィンならピーターを救えるかと思って…」と。
しかし彼のパソコンには青少年のワイセツな画像が多数見つかります。
「オークション画像は、ピーターを監禁している男から送られて来た。ハンドルネームはマンチャイルド。

~ヴァージニア州マウントプレザント~
モーガン、エル、リードは、マウントプレザント団があった教会を訪ねます。
当時の写真を見せてもらうと、たしかにピーターが写っています。
通称ピーターの本当の名前は、チャーリー。

~ヴァージニア州マウントプレザント フェアヴェール小学校~
小学校を訪れたギデオン、ホッチ、コール。
1年生から2年生に転校などで進級しなかった生徒を調査。
その中にチャーリー・スパークスが居ました。
チャーリーは、父親が引き取りに来てそれきり…との事。

しかし残念な事に、スパークスは電話帳にない名で、ガルシアも追跡不可能。
振り出しに戻ったか?
ここでリードが提案…
「1年前まではチャーリーを学校や少年団に入れていたのに、それが今は監禁。何故行動が変化したのか?」
捜査の手が自分に迫ったのだろうか?
コール捜査官が聞き込みをした人物の可能性は?

コールが1年前に面接した東海岸の犯罪者の現在を、ガルシアに追跡してもらいます。
面接したのは12名、内8名は服役中、1名は死亡、残り3人の中でこの近くに住んでいる人物は2名。
フォレストとマイケル・アールソン。
コールは、恐らくマイケル・アールソンだと…

今まさにオークションを終了し出掛ける所のマイケルを逮捕。
彼の車内に置いてあった道具入れから、チャーリーを無事救出する事に成功!

チャーリーは、1歳の時に誘拐。
本当に名は、ダスティン。
母親をFBI本部に呼び、我が子ダスティンと7年ぶりに再会出来たのでした!


**********

幼児対象の性的虐待。
現実に起こっている出来事なので目を瞑る訳にはいきませんが、とても可哀想で観ていられませんでした。
最後は実の母親と再会出来、一件落着!

しかしダスティンの試練はこれからではないでしょうか。
母親の愛情である程度カバー出来ても、心の闇はなかなか消える事はないと思います。
将来が心配だなぁ~

コール捜査官が言ってた性犯罪者の特徴は判りやすくて参考になりました~
「小児性愛者には2通り、状況型と選択型がある。
状況型は、状況が揃った時だけ子供を狙う。選択型は、年齢や髪の色などで標的を決める、この場合は子供に近い職業に就いてるケースが多い。」
なるほどね~


★エル復帰!

前回のエピソードでエルは重体に陥り、その後ずっと仕事は休んでいたようです。
今回事件後初めての復帰。
休職期間は4ヶ月。
早く復帰したくて、医師の診断より早くFBI本部へ来てしまいました。

エルの髪が短くなって、可愛かったですねー

f0039573_9445851.jpg
★今回のドクター・リード

ドクター・リードも前回のオカッパ風から短髪に。
エルから「似合ってるよ~」と言われ、ムフフ…
まあ、実際は似合ってるような気もするけど、変なような気もする。(コラ==!)
リードくんはどんな髪型でも良いのである。


(第3話へつづく…)
[PR]
by by569 | 2008-01-21 14:04 | クリミナル・マインド2