小六のB級A画館 by569.exblog.jp

ジュリアス・シーズー・小六です。ほぼネタばれ有り、ややB級寄りだから、ご注意を。ここでは気に入っている映画&海外ドラマを紹介してます。画像・イラストの無断持ち出しは禁止でございまする。


by by569
プロフィールを見る

<   2009年 09月 ( 2 )   > この月の画像一覧

■CSI:4 科学捜査班
#74(シーズン4-05) 心優しき獣たち 「Fur and Loathing」

■監督 リチャード・J・ルイス
■製作総指揮 ジェリー・ブラッカイマー他

■キャスト(レギュラー)
ウィリアム・ピーターセン(ギル・グリッソム→昆虫学)
マージ・ヘルゲンバーガー(キャサリン・ウィロウズ→血痕分析)
ゲイリー・ドゥーダン(ウォリック・ブラウン→オーディオ・ビジュアル分析)
ジョージ・イーズ(ニック・ストークス→毛髪・繊維分析)
ジョージャ・フォックス(サラ・サイドル→要素・元素分析)
ポール・ギルフォイル(ジム・ブラス)
ロバート・デヴィッド・ホール(アル・ロビンス)
エリック・ズマンダ(グレッグ・サンダース)

■キャスト(ゲスト)
エヴァン・アーノルド(ロバート・ピット/あらいぐまロッキー→被害者)
トレーシー・L・クラウチ(リンダ・ジョーンズ/子羊リンダ)
ウィリー・ガーソン(バード・シモンズ/青いキティ)
パトリック・フィッシュラー(Mr.リー/ウルフ)
チャド・エインビンダー(タイガー)
スティーヴン・バー(森林警備隊)
キム・ロビラード(トラック運転手)
トッド・ロバート・アンダーソン(ピーティー→食品会社夜間担当)
ブラッド・ウィリアム・ヘンケ(ジョージ→食品会社昼間担当)
ロバート・ベイカー(ヴァージル→ジョージのいとこ)
ポーラ・フランシス(ニュースキャスター/本人役)
デヴィッド・バーマン(デヴィッド・フィリップス→CSIスタッフ)
ウォレス・ランガム(デヴィッド・ホッジス→CSIスタッフ)
ポール・フランシス(リッチ→CSIスタッフ)
ジェフリー・リヴァス(ヴェガ刑事)


<ストーリー>

トラックと乗用車の正面衝突事故が発生する。
乗用車に乗っていた女性は即死。
女性は何かにぶつかり対向車線にはみ出したもよう。
一体何にぶつかったのか?
グリッソム、キャサリンが事件を担当する。

食品倉庫のフリーザー室で射殺体が発見。
ニックとサラが事件を担当する。

----------

夜間、乗用車とトラックの正面衝突事故が発生する。
乗用車に乗っていたリンダ・ジョーンズは即死。
何故、対向車線にはみ出してのか?
リンダのタイヤ痕から、何かにぶつかった事が判明する。

事故現場近辺を捜索すると、道路からやや草地に入り込んだ場所に、あらいぐまの着ぐるみを着て倒れている人間を発見。

被害者は、ロバート・ピット。
着ぐるみを脱がせると、中には大量の血が…
背中を撃ちぬかれた痕が発見される。

状況から判断するに、ピットは銃で撃たれた後に車に轢かれた事になる。

ピットの自宅を捜索。
部屋の中にはたくさんのあらいぐまのぬいぐるみが並べられていた。
彼のカレンダーに「コンベンション」という書き込みが。

グリッソムとキャサリンが、現在開催期間中のコンベンションに向かうと、なんと、動物の着ぐるみを着た人たちのイベントであった。

また、交通事故に遭ったリンダの車のトランクから子羊の着ぐるみが出て来た事から、ピットとリンダは顔見知りであると確信。
コンベンション会場の駐車場係は「確かに、リンダの車に、あらいぐまが同乗した」と証言。

この状況から導かれる答えは、リンダとピットが車内で口論になり、途中でピットを車から降ろしリンダは走り去る。
しかしUターンし、ピットを乗せようと思ったが誤ってピットを轢いてしまった…という事になる。

さて、ピットは誰に撃たれたのか?

再度、交通事故現場へ戻ったグリッソムは、ピットが撃たれた場所で森林警備隊の車を見掛ける。
森林警備隊員の話によると、「あの夜、コヨーテが居た。愛犬が襲われたら大変だからコヨーテを撃った」と。

あらいぐまのピットは本物の獣に間違われて撃たれたしまったという事だった。


さて、ニックとサラの事件は…

食品会社のフリーザー室で射殺体が発見される。
犯人は、盗みに入った時にたまたま居合わせた人物をフリーザー室まで連れて行き射殺するという事件でした。
(まとめが短くてごみん)


**********


(感想)

グリッソムの事件ですが…
なんか微妙に間抜けな事件ですね。
夜中に着ぐるみなんか着て歩いてるから撃たれるんですよっ!
全くね~

しかしコンベンションに参加したグリッソムの目が、やけにキラキラ輝いていたのが印象的でした。
主任、楽しそう~
何か衣装着てみますか?

グリッソムだったら何の衣装がいいだろう。
グリッソムと言ったら、蝶?
あ…、獣の集まりですから、蝶はダメですな。


ニックとサラの事件は、これは至ってシンプルな事件でしたね。
もしや、グリッソムの着ぐるみ事件に重点を置いた為に、こっちが手薄になったか?
いや、個人的には、CSI全員で、着ぐるみ事件を担当しても良かったくらいですよ。



<ちょいと新発見&簡単メモ>

1.キャサリンは、着ぐるみの男性とデートをした事が過去にあるらしい
キャサリンのあまりの豊富な経験に、グリッソム感心してます

2.検死官のデヴィッドは、「小さい頃、あらいぐまのぬいぐるみが大好きだった…」と、あらいぐまの着ぐるみ遺体を前に、しみじみ語ってます
[PR]
by by569 | 2009-09-09 15:03 | CSI:4
■CSI:4 科学捜査班
#73(シーズン4-04) 灼かれて眠れ 「Feeling the Heat」

■監督 ケネス・フィンク
■製作総指揮 ジェリー・ブラッカイマー他

■キャスト(レギュラー)
ウィリアム・ピーターセン(ギル・グリッソム→昆虫学)
マージ・ヘルゲンバーガー(キャサリン・ウィロウズ→血痕分析)
ゲイリー・ドゥーダン(ウォリック・ブラウン→オーディオ・ビジュアル分析)
ジョージ・イーズ(ニック・ストークス→毛髪・繊維分析)
ジョージャ・フォックス(サラ・サイドル→要素・元素分析)
ポール・ギルフォイル(ジム・ブラス)
ロバート・デヴィッド・ホール(アル・ロビンス)
エリック・ズマンダ(グレッグ・サンダース)

■キャスト(ゲスト)
アリー・グロス(ポール・ウィンストン→ジョシュアの父)
ステーシー・エドワーズ(ビッキー・ウィンストン→ポールの妻)
エリック・ジェンセン(ジェフェリー・シンクレア地方検事補)
カルロス・ジャコット(ガードナー医師→ジョシュアの主治医)
カム・ジガンデ(マーク・ヤング容疑者)
ライアン・スター(ソフィア・レナッタ→被害者)
クリス・マルキー(Mr.ヤング→マーク・ヤングの父)
ポール・レイ(ウェスリー・ジョーンズ→被害者)
デヴィッド・バーマン(デヴィッド・フィリップス→CSIスタッフ)
アーチー・カオ(アーチー・ジョンソン→CSIスタッフ)
ウォレス・ランガム(デヴィッド・ホッジス→CSIスタッフ)


しまった==!
第3話を録画するのを忘れたっ!あばば…
ですので、第2話から第4話に飛んでます~汗



<ストーリー>

猛暑続きのラスベガス。
スーパーの駐車場で、車内に取り残された赤ちゃんを発見。
グリッソム、キャサリンが事件を担当する。

巡回中、水面に浮かぶ若い女性の死体が発見される。
ニックとサラが事件を担当する。

居間でマッサージチェアに座ったまま死亡している男性が発見される。
グリッソム、ウォリックが事件を担当する。

----------

連日38度以上のラスベガス。

駐車場に停められた車内で、赤ちゃんが置き去りにされる事件が発生。
車の持ち主はポール・ウィンストン。
「仕事の事で頭がいっぱいで、息子ジョシュアを車に乗せているのを忘れていた」と、なんとも信じがたい理由で、ジョシュアを熱中死させてしまった父ポール。

ポールの車を押収し調べると、後ろのトランクから「ハワード・アシュトン・ウィンストン」と書かれたタオルを発見する。
ポールと妻ビッキーに、ハワードの存在を問い詰めると、数年前に3歳で死亡した息子だと…

ハワードの主治医だったガードナーに話を聞きに行ったキャサリンは、ジョシュアの死は熱中症による事故死ではないと感じる。

ハワードは、遺伝子疾患の不治の病で3歳までしか生きられなかった事、ジョシュアもハワードと同じ病気に掛かっているのではないかとポールたちが日々心配していた事。
そして、ジョシュアが亡くなる数日前、ハワードと同じような症状に陥ったジョシュアを慌てて病院につれてきている事実を掴む。

ジョシュアを殺害したのでは?とポールとビッキーに確認すると、「ハワードのようにジョシュアを苦しめたくなかった」と告白。
しかし、ジョシュアの抗体検査は陰性。

ジョシュアが健康体だったにもかかわらず、自分たちの被害妄想により赤ちゃんを死に至らしめてしまったと言う悲しい事件だった。


水面に浮かぶ若い女性の死体が発見される。
被害者はソフィア・レナッタ。
原因は、首の骨折と頭部が割れたことによる失血死であった。

ニックとサラは、近くのマリンスポーツ場で、ソフィアとマークがウェーブランナー(水上ボート)をレンタルしている情報を掴む。
2人でウェーブランナーを高速で飛ばしている時、ソフィアが何らかの原因で水中に落下、マークはそのまま逃走…という線で捜査を開始する。

しかしあまりに捜索範囲が広すぎて頭を抱えるニックとサラ。

ここでグレッグ登場!

「この周辺でいちゃつける場所はここと、ここだよ」
とのグレッグからのアドバイスで周辺を捜索。
すると、とある入り江に放置されたウェーブランナー発見!
砂浜から2人の足跡が続き、跡を辿ると、その先は崖。
もしや崖から転落?
水底を捜索すると、マークの遺体が発見される。

ここからは、全部ニックの想像…

2人で崖まで来て、まずはソフィアが落下、その時に頭部を強打し即死。
水面に浮かんでこないソフィアを心配し、マークが飛び込み、水底を捜索中、鼓膜が破れ溺死。
マークの死は、恐らくソフィアを探している時の事故だと…

真実は誰にも判らず。


ウォリックは、居間で死亡した男性の捜査。
被害者はウェスリー・ジョーンズ。
マッサージチェアに座ったまま死亡していた。

ウェスリーの指先に小さな黒い傷が1つ。
足元は素足、床には水、溶けたコンセント。
これらの事実からウェスリーは感電死と判明。

あまりの連日の猛暑で、扇風機の前に氷を置いて冷風を浴びていたウェスリー。
そのまま寝入ってしまい、解けた氷の水が床に落ちての感電であった。


**********


(感想)

若者がはしゃいでウェーブランナーで死亡しても、自分のせいで感電してしまっても、それもありかな…と思うけど、赤ちゃんを熱中症で殺害なんて、もう観ていられませんでしたよ~

以前にも、このエピソードを観た時にイヤ~な印象があったのですが、今回また再見してやっぱりダメでした。
もうこの話は観たくないです。

大人のエゴですよ。
勝手にジョシュアが病気だと勘違いして、彼の為を思って殺したって?
聞いていられません…
自分たちが悲しい思いをするのがイヤだっただけですよね。

数日待てば、検査の結果が出たのに!!

あぁ。ジョシュアちゃん、可哀想…涙



<ちょいと新発見&簡単メモ>

1.キャサリンのロッカーの中には、娘リンゼイが書いたキャサリンの似顔絵が飾られています
「スーパーマミー」と書かれているように、リンゼイはキャサリンの仕事をとても応援しているようですね

2.ウォリックは、事件担当がグリッソムと一緒で、一瞬ガッカリしてます

3.今回のニックとサラの事件、グレッグがとても土地勘に詳しくて事件解決の糸口となりましたが…
グレッグってあんなに忙しそうなのにマリンスポーツなんてやっちゃうのでしょうか

4.アーチーは、感電死だけは嫌だそうです
[PR]
by by569 | 2009-09-06 15:44 | CSI:4