小六のB級A画館 by569.exblog.jp

ジュリアス・シーズー・小六です。ほぼネタばれ有り、ややB級寄りだから、ご注意を。ここでは気に入っている映画&海外ドラマを紹介してます。画像・イラストの無断持ち出しは禁止でございまする。


by by569
プロフィールを見る
f0039573_1105886.jpg■X-ファイル #8 氷 「Ice」

■監督 デヴィッド・ナッター
■脚本 クリス・カーター

■キャスト
デヴィッド・ドゥカヴニー(フォックス・モルダー)
ジリアン・アンダーソン(ダナ・スカリー)

サンダー・バークレイ(ホッジ→医者)
フェリシティ・ハフマン(ナンシー・ダ・シルヴァ→毒物学者)
スティーヴ・ハイトナー(デニー・マーフィー→地質学者)
ジェフ・コバー(ベア→ヘリ操縦士)
ケン・カージンガー(リヒター→アイスコア研究所所員)
ソニー・スロウィック(キャンベル→アイスコア研究所所員)



<ストーリー>

~アラスカ州アイシー岬 北極アイスコア研究所~
北極アイスコア研究所は暗く人の気配がなかった
研究所内をどこへ行くともなくフラフラと歩き回る犬

好きだな~この雰囲気…
ほとんど、映画『遊星からの物体X』ですね

誰も居ないのかと思いきや、おお~~っと男が出て来たぞ
何故か上半身裸
ここ、北極だってば!


裸男、ビデオ自撮『私たちは変わった…本当の自分じゃない。ここで食い止めるっ!』

そこに登場したチェックシャツの男

裸男とチェックシャツ男は、互いに自分の頭に銃を向け、自殺する


~FBI本部~
アイスコア研究所のビデオを観ているモルスカ

あら~?
みんな楽しそうだな~


アイスコア研究所では1年前から氷床掘削作業を行っていた
この研究により人類創世記の環境が分かるらしいが…

楽しそうに過ごしていた研究所の映像が一変する

出たっ!
あの裸男の自撮り「私たちは変わった~~」のシーンになる訳ですな


研究所で一体何が起きたんだろう~♪
早く調べに行きたいノリノリのモルダー



~アラスカ州ノーム ドゥーリトル飛行場~
研究所へ向かうために集められたメンバー
サンディエゴ大学の地質学者デニー
毒物学者のナンシー
医者のホッジ

全員顔を合わせて、これ一体何の調査なのよって…
知らされてないっ?
さすが~モルダー言わずに召集したのか?

くぅぅ~
ホッジが「24」のメイソン支部長だぁ~~
こりゃ、何か起きそうな予感…


そこに操縦士のベアーも登場し全員集合

ベア役の人も観た事ある…


~アイスコア研究所~
到着==
研究所には遺体がゴロゴロ

ベアは発電機のチェック
FBIは現場調査
アイスコアの氷サンプルを地質学者デニーが調査

で、メイソン…じゃなかった、ホッジとナンシーは暇そう

突然研究所内に居た犬に襲われるモルダー
それを止めようとしたベアーが咬みつかれてしまった

ホッジは犬に麻酔薬を注射し、調べる事に
犬のリンパ節が腫れている「腺ペストかな」
脇の下には赤い斑点
その時、犬の皮膚の中で何かが動く

ひぃぃ==、キモイ
虫、虫がぁぁぁぁ



簡単な現場検証の結果、研究員3人の首には絞められた痕跡
あとの2人は自殺だった
スカリー「犬にあった斑点は、人間にはなかったわ」
ホッジ「犬の斑点だが、今はもうなくなっている」

ある一定の時間がたつと斑点は消えてしまうらしい


スカリー&ホッジ
銃で自殺したリヒターの血中に水酸化アンモニウムが含まれている事を発見
「それはありえない。気化するはずだもの」

顕微鏡を見ると、うごめく生命体が…

サンプル氷の中から人体に入り込んだと?

早く遺体を施設に運び解剖してみた方が良いだろう
「しかし、もしこの生命体による感染だったら検疫通さないと」とモルダー

「よし、みんなで血液検査しよう」

それがすんなり行かない…

ベアは「オレは君たちを送ったら仕事は終わりなんだから帰る」とか何とか理由をつけ大暴れ

確実に怪しい…
あの汗!!



ベアを全員で取り押さえ「検査しよう!」
その時、うなじの皮膚の中を何かが動く…(やめれ~汗)
ホッジは躊躇する事なくベアの皮膚を切り、中で動いているものを取り出す

げげげ==
中から出てきたのは蛆虫のでっかいバージョンだよ
結構長いんですけど~(□゜;)


残念ながらベア死亡

一刻も早く戻りたい所だが、嵐が近づき迎えの飛行機は明日以降になるとの事だった


ホッジとスカリーは未知の生物の研究
ホッジ「サナダムシに似てるな」
スカリー「遺体の中で生きている虫は一体だけだわ」

またしても虫GET!


この生物は、視床下部にある分泌腺に寄生し、この寄生虫により隊員たちは殺し合いになってしまった
そして何かが起こり、人間の体内から外へ出る時に、毒を吐き出す仕組みらしい

んじゃ、ベアは、ホッジが強引に虫を引っ張り出したせいで死んじゃったんじゃないの?
あらら=



寄生虫を始末したいスカリーと、「何言ってんだ=始末したら謎は謎のままじゃないか!」のモルダー
さ~、みなさんはどっち派?



疑心暗鬼のまま、それぞれご就寝

モルダーうなされて目を覚ますと、どこかでドアの開く音が…
こっそり廊下を覗く
デニーの部屋のドアが開いている

こりゃ、いやな予感がしますね

デニーは不在だった
一体どこへ?

氷サンプルの入った冷凍庫の隙間から血液が滴り落ちている…

これは確実にヤバイですよ

ドアを開けると中からデニーの遺体がゴロン~
しかもタイミング悪くみんな駆けつけ、「モルダー!君が殺したのか?」
何故かいつも冷静なモルダーが興奮気味

モルダーってば、みんなに感染してると思われたよ

とりあえず薬品倉庫にモルダーを隔離


スカリーホッジは、
別々の容器に入っている2匹の幼虫がお互い威嚇しあっているのを発見する
スカリー「成虫を向かい合わせると殺しあうみたいよ」

宿主にライバルが侵入してくると殺しあう性質らしい
よし、これは使える!!

早速、虫1匹を犬の耳からニョロニョロ~と入れる

いやだな~、この映し方…
鳥肌立つ~


犬が痙攣し始まり、そして大人しくなった
ホッジ「正常だな」

ワンコもお腹空いたよ~とフードがっつがつ食べてます
可愛いのぉ(o^-^o)



スカリー、早速、隔離されているモルダーへ報告
「駆除方法見つけたの。もう1匹入れると死ぬのよ」
「ボクは感染してない!」
「じゃ、何故検査を拒否したのよ」
「銃を突きつけられたからだよ」

いつものモルダーっぽくないなぁ

モルダーは素直にスカリーに首の後ろを見てもらう
「何もないわ」
一応スカリーもモルダーに確認してもらうが、大丈夫
「ボクたちは感染してないな」

ホッとしたのも束の間…

「デニーを殺したのは君たちのどちらかだ=!」
ホッジとナンシーは強引に虫をモルダーに入れようをする

みんなで大暴れ!!
おいおい…誰か止めてくれ~


その時、ホッジはナンシーの首の後ろがニョロニョロ動いているのを見つける
「感染は彼女だっ!!」
ナンシーを押さえつけ、耳の穴から虫を入れる

どうも…
何回観てもこのシーン、ザワワだわ



~アラスカ州ノーム ドゥーリトル飛行場~
天候が回復し飛行場まで戻って来たみなさま
ナンシーと犬は検疫へ

スカリー「私たちはこれで帰れるわ」
モルダー「ボクは帰らない。また研究所へ戻る」
ホッジ「何を言ってる!あの研究所は、軍と伝染病予防本部に焼かれたよ」

何===!!??
つーか、ホッジも知ってる事実なのに、何故にモルダー今まで知らなかったのさ
みんな、彼に内緒にしてたな


モルダー「まだ奴らは氷の中に眠ってるのに…」ブツブツブツブツ
スカリー「じゃ、起こさない方がいいわ」

今回はスカリーに賛成~!


(第9話へつづく)



***** 小六メモ *****


まるで『遊星からの物体X』(1982)そのものだわねー
この映画最高ですよ
2011年にまたしてもリメイク版が出ましたね
それも早く観てみたい♪


今回のエピソード「氷」
これは、1994年頃にテレビで観た時から、ずっと忘れられずに記憶に残っていたエピソードです
まあ、他の作品は、記憶が薄れつつあるんですがね~
これだけは忘れられなかった(o^-^o)

20年経った今でも、最高です


しかしね~
虫がニョロニョロ~っと耳の中に入って行くって…
どうも耐えられません!!

体内に2匹になると争うってのは判りました
お互い殺し合いして、お互い死んでくれるんでしょうね
また1匹残ったら、大変な事になっちゃうでしょう

あぁぁぁ、ざわつく~



今回の登場人物も特徴的な方たちばかりで…

やはり外せないのは、サンダー・バークレイですね
「24」シリーズのジョージ・メイソン支部長です!
この人の顔、一度見たら忘れられない=

操縦士ベア役のジェフ・コバー
この人の顔もすごく特徴があって、一度見たら印象に残ります
「スーパーナチュラル」Season2, Episode19「脱獄」では囚人ランドール役、「クリミナル・マインド」Season1, Episode9「テキサス列車ジャック」ではレオ役で登場しています
どっちも相当ヤバイ役です…

アイスコア研究所所員リヒター役のケン・カージンガーは、スタント俳優さん
「スーパーナチュラル」Season1, Episode15「血塗られた家」ではベンダー家の息子ジャレッド役で出演
「テキサス・チェーンソー」を彷彿させる恐怖の館バージョンでしたね~
彼は「フレディ&ジェイソン」のジェイソン役としても活躍してます

ナンシー役のフェリシティ・ハフマンも有名
夫はウィリアム・H・メイシーなんですって!
「デスパレートな妻たち」ではリネット・スカーボ役で大活躍ですね



海外スター・ドラマ
[PR]
# by by569 | 2013-02-02 00:51 | X-ファイル
f0039573_10263350.jpg■X-ファイル #7 機械の中のゴースト 「Ghost in the Machine」

■監督 Jerrold Freedman
■脚本 クリス・カーター

■キャスト
デヴィッド・ドゥカヴニー(フォックス・モルダー)
ジリアン・アンダーソン(ダナ・スカリー)

ジェリー・ハーディン(ディープ・スロート)
ロブ・ラベル(ブラッド・ウィルチェック→システム開発者)
ウェイン・デュヴァル(ジェリー・ラマナ→モルダーの元相棒)
ブル・マンクマ(クラウド・ピーターソン→エンジニア)
トム・バトラー(ベンジャミン・ドレイク→ユリスコ経営者)
ジリアン・バーバー(スピラー捜査官)



<ストーリー>

~ユリスコ本社 バージニア州~
男2人が言い争いをしている
1人はユリスコ製品の開発者ブラッド・ウィルチェック
もう1人は経営者ベンジャミン・ドレイク

会社の方針として経営難脱却のために、開発者であるブラッドを解任すると決定
「ユリスコはオレの命なんだ==」と叫びながらブラッドは出て行く

開発者が辞めさせられる…
アップル社のスティーヴ・ジョブスみたい?



~その日の夜~
ドレイクがオフィスから帰ろうとした時、蛇口から水が出ている事に気づく
床が水浸しだった
水を止めようと蛇口に手を伸ばした時、電話が鳴る
電話の主は機械音で「7時35分です」と時報を告げるのみ
その後、突然ドアが閉まり、一斉にシステムダウン

自動でドアが開かなくなり、手動でキーを鍵穴に差し込んだ瞬間、感電し、ドレイクは数メートル吹き飛び、死亡する


~FBI本部~
モルスカに近づくジェリー
「ジェリーはボクの昔の相棒だ」とスカリーに紹介する

ジェリーの用件は、昨夜起きた「感電死事件」の捜査
「捜査班に君を推薦したんだ」
ジェリーはモルダーに協力を願い出る

モルダー「ボクには別の仕事が…」と一応断るが、全く聞く耳持たないジェリーだよ
勝手だなぁ~
「どうせXファイルの仕事だろう?」みたいな~

Xファイルをバカにすんなよっ!怒怒怒

ジェリーに感電死事件を割り当てたのは、スピラー捜査官
その名前を聞いたスカリー「あら!私のアカデミーの教官だわ!」

なんでも、死亡したドレイクは司法長官の友人らしく、「絶対にオレが犯人をあげたい」と躍起になってるジェリー
出世欲の全くないモルダーには、全然興味ない事件らしい…

待てよ~
手柄をあげるためにモルダー?

やっぱりモルダーってやり手なんだ(一応…)

渋々ながらもジェリーの協力をする事にしたモルダー


スカリー「元相棒って言ってたけど、どうして相棒解消したの?」
モルダー「彼は人種差別問題でミスをしたんだ。証拠紛失で犯人を逃がしてしまった」


~ユリスコ本社~
モルダースカリー、ユリスコ本社へ

2人がエレベーターに乗ってる時も、監視カメラのコンピューターが勝手にスカリーの個人情報を検索してるよ~
全て見られてる
すごいシステムだな、これは


ドレイク死亡事故の現場に到着

ピーターソンに話を聞く
「自動制御装置を操作しアースを切ると電流が流れるが…手動では難しい。COS中央管理システムを切る必要がある」
「そんな事ができそうな人物は?」
「限られてる」

もしや、思いっきり犯人はブラッドだと言ってるようなもの?

ピーターソン「私は管理人です」って言ってたけど、システムに相当詳しそうだなぁ

モルダー「電話が外れてたって事は、ドレイクは死ぬ前に誰かと話してたようだな」

さすが~目の付け所が違うね=
やっぱりやり手だったんだ、モルダーって



~FBI本部ワシントンDC~
ドレイク事件について捜査会議

ジェニーは犯人についての完璧なプロファイルを発表する

スカリー「ちょっと、あれってあなたのプロファイルでしょう?」
それはモルダーが導き出したプロファイルだった

モルダーのメモをジェニーは盗んだのか?
最悪~llllll(-□-;)llllll

そんなにモルダーの表情は怒ってないようだけど…?


「ドレイクは死ぬ前に何故時報を?」
「それは掛かってきた電話です。恐らく彼が居る事を確認するためでしょう」

何となく捜査会議出席者は、ジェニーの仕事ぶりに大満足のご様子…
スカリーは納得行かない
(そりゃそうだよね=)



会議後、
モルダー「あれはオレのメモだ」
ジェニー「君の力が必要だと言っただろう?助かったよ」

相当ご立腹モルダー
やっぱり怒ってたのね



ユリスコ社管理人からリストが送られて来た
「このブラッド・ウィルチェックってドレイクとは犬猿の仲らしいわよ」
「でも、まさかそれだけで殺さないだろう?」

早速、ブラッドの自宅へ


~ブラッド・ウィルチェック宅~
ブラッドの車のナンバーも会社の名前だったぁ
相当、会社を愛してるのね


ドレイク事件について話を聞く
「COS中央管理システムを停止する方法を知って者は?」
「限られている」
「あなたも出来ますね?」
「当然さ!設計者だからな」

確実に怪しそうだけど、どうかな?

ブラッドの家って本当に大きくて素晴らしい=
家に入る時、モルスカに「靴を脱いでくれ」って言ってたよ
まるで日本みたい~



~スカリー宅~
スカリーは、パソコンで、ドレイク事件の報告書を作成していた
『1993.10.24の記録…ブラッドはビルに詳しく動機もある…』

パソコン入力後、スカリーが席をはずした途端、何者かがスカリーのパソコン入り込み、データを盗み始める
それに気づかないスカリー


~FBI本部~
ジェニー「この間は悪かった。反省してる…ミスが怖くてね」
モルダー「誰にでも失敗はあるさ」

モルダー許しちゃうのかい?
おいらだったら、そう簡単には割り切れないなぁ


スカリーは、モルダー&ジェニーに報告
ドレイクが最後に聞いた時報の声は、ブラッドと同じ声紋だった

「つまり、ブラッドが犯人ね」

マジで!?
なんか~、ブラッドってそんな事しない感じがするんだけどなぁ



ジェニー「よし!オレがブラッドを監視する!オレが逮捕したいんだっ!」
モルダー「あっ、そぅ~」

いいなぁ~、この緩いノリ


~ブラッド宅~
ブラッドは、ユリスコ社システムに侵入しようと試みるがアクセス拒否
「何でだ!!!」

急いでユリスコ社へ向かう

それを追いかけるジェニー


~ユリスコ社~
ブラッドは元の自分のオフィスへ
しかしそこでもアクセス拒否
するとコンピューターからいきなり「お帰り」と声を掛けられる

ブラッド「いつから音声が?何故アクセス拒否なんだ?」
コンピューター「拒否かどうかは、こちらが決める」

おおぉぉ、すごい
コンピューターの暴走


すでに、ブラッドにも制御出来なくなっていた


ブラッドを追ってユリスコ社へ来たジェニーはエレベーターに乗っていた
突然エレベーターが急降下し始まる

監視カメラでエレベーターの様子を見ていたブラッドは「止めろ!」と叫ぶが、コンピューターに声は届かず、ジェニーは死亡する

COS「完了」と一言
これゾッとするね



~数時間後~
ジェニーの死を受け、モルスカは監視カメラをチェック
モルダー「ブラッドは犯人じゃない。犯人ならユリスコには戻らない」
スカリー「でもブラッドは自白したわ」

自白!?
何で~?



~ブラッド宅~
モルダーがブラッド宅に行くと、既に担当が変わっていてFBIは立入り禁止

こうなったら~

モルダー、ディープ・スロートへ電話
「おいおい、私を呼び出すのは慎んでもらいたいな」

そりゃそうだよね
でも、なんだかんだ言いながらディープ・スロート来てくれたさ~


ブラッドの捜査が国防省に移った

それは国が人工知能ソフトの開発にブラッドが必要だから?


~連邦留置所~
モルダーも粘るなぁ
ブラッドを追いかけてここまで来たよ


モルダー「君は無実だろう?COSを守るつもりか?」
ブラッド「人工知能開発はオレは絶対に断る」
モルダー「じゃ破壊しろ。君が作った機械だ、壊し方も知ってるだろう?」


~スカリー宅~
スカリーが報告書を作成中、電話が鳴る
受話器を取ると、電話の向こうからデータ通信の音
「ハッキングされてる!」

急いで電話の逆探知する


~ユリスコ社~
モルダー、ユリスコ社へ
スカリーも駆けつける
「コンピューターに侵入されたわ。逆探知したらユリスコ社だったの」

モルスカ、何とかして社内に侵入
監視カメラがずっと2人を追う

モルダー「エレベーターは使わずに29階まで非常階段を使おう」

マジで?

非常階段の29階まで来た時、電気が消える
暗闇…

フロアへのドアノブに手を伸ばすスカリーを、モルダー止める
「待て!電流が流れてるかも」

鍵穴にドライバー差し込んでみる

バチバチ==★☆★火花

やっぱり…

モルダー、監視カメラに布をかけ「排気口から中へ入ろう」

誰が入るのよ…と思ったらスカリーかい
頑張れ~~


数分後、フロアの方からドアが開く
スカリーか?
顔を出したのはピーターソンだった
「機械の調子がおかしくて残業してたんだ」

こいつ、あやしいなぁ

モルダーはコンピューターにディスクを差し込む
このディスクは、ブラッドから預かったコンピューターウィルスだった

「止めろ」
モルダーに銃を突きつけるピーターソン「これはすごい発明なんだ。ディスクをこちらに渡せ」
「人をもう殺してる。危険だ」

スカリー、やっと排気口から復活し、ピーターソンに銃を向ける「銃を下ろしなさい」

モルダーはコンピューターにディスクを差し込む

「やめてくれ…ブラッド…」コンピューターが呟く

つまり
ピーターソンは政府筋の人間だったんですね
管理人に成りすましてた訳だ



~モルダー&ディープ・スロート~
呼び出さないでくれとか言いながら、結構会ってるし、この2人

モルダー「ブラッドの身柄拘束の理由がないだろう」
ディープ・スロート「今、取引の最中だ」
「ブラッドは人工知能開発なんて応じないよ」
「人は変わるさ…」


~ユリスコ社~
「あと6時間でシステム修復出来なきゃ、ゴミ箱行きだって~」
捜査員の声が響く

誰も見ていない所で、そっとCOSの電源が入る


<第8話へつづく>



***** 小六メモ *****


いや=、今回のエピソードは相当面白い

94年当時、インターネットも全くやってなかった自分はこのエピを見て果たして面白いと思ったんだろうか
それすら記憶は薄れてるけど、当時この内容を作った製作者の皆様、すごいです!

一般市民にパソコンが普及したのって、94年よりももう少し後ですからね


いつも思うんですが「心」って何でしょう
機械には心がないのか
何も感じないのか


今では誰でもパソコン操作しますよね
ファイルを開く、閉じる、電源を落とす
それらを人間が命令して、パソコンがその通りに動かす
何も考えずに行っている作業ですが、頭脳は、確実に人間よりもコンピューターの方が段違いで賢いでしょう
それでも人間の命令に沿って働いてくれています

いつか人間の命令を聞かなくなった時、私たちは「壊れた」としか思いつきませんが、もしも「やってらんねぇ~」ってコンピューターが判断したとしたら?

などと、このエピソードを観てちょっと考えてしまいました



今回のエピソードに登場しているキャストが、スーパーナチュラルの作品に結構出ていますよ

その1.エンジニアピーターソン役のブル・マンクマは、スーパーナチュラル2の第5話「悪魔のささやき」で銃器店に入って撃ちまくるジェニングス先生役で出ています

その2.経営者ベンジャミン・ドレイク役のトム・バトラーは、スーパーナチュラル第11話「出会い」で雑貨店を経営しているハーリー・ジョージソン役で出ています
作品変われど、やはり経営者役ですね(o^-^o)

その3.スカリーのアカデミー時代の教官スピラー捜査官役のジリアン・バーバーは、スーパーナチュラル第12話「死神との取引」でレイラの母役で登場しています

是非、お時間のある方は見比べてみてくださ~い



海外スター・ドラマ
[PR]
# by by569 | 2013-01-31 00:26 | X-ファイル
f0039573_1026962.jpg■X-ファイル #6 影 「Shadows」

■監督 Michael Katleman
■脚本 クリス・カーター

■キャスト
デヴィッド・ドゥカヴニー(フォックス・モルダー)
ジリアン・アンダーソン(ダナ・スカリー)

バリー・プリムス(ロバート・ドーランド)
リサ・ウォルツ(ローレン・カイト)


<ストーリー>

~フィラデルフィア~
HTG社の経営者ハワード・グレーブスが自殺した
いまだ彼が死んだ事が信じられないまま、秘書のローレンは、彼のデスクの片づけを進めている

一瞬、ハワードのデスクの置物が動いたけど、ローレン全く気にする素振りなし
おいらだったら怖くて仕方がないけどね~


その後、ローレンは近くにあるATMへ
いきなり背後から2人組の男に襲われる

なんだってまぁ~
信頼してる上司は死んじゃうし、自分は強盗に襲われるしで…
ちょっと御払いしてもらった方が良いかもよー



その2時間後…
若者カップルが空き巣狙いでウロウロ中に、2人の男の死体を発見!

あれ~?
さっきの強盗犯たちじゃね?



~ベセスダ海軍病院 メリーランド州~
海軍病院にいきなり呼び出されたモルスカ
病院の検死室で、お役所風の男女と検死医が彼らを待っていた

「超常現象の専門家に意見を伺いたいの」

と来たもんだ!
超常現象の専門家だって=(≧▽≦)すごいぜ!


2人の男の遺体を見せられる
検死結果を聞き、俄かには信じられないモルスカ

遺体は、筋肉の異常な反射反応があり、体中、強い静電気を帯びている
その上、6時間前に死亡確認してるにもかかわらず、いまだに体温は36.8度
咽頭食道舌骨が粉々
まるで中側から圧迫されたような感じだった

「今までにこのようなケースは?」
「いや、無いなぁ」とモルダー

その後は、モルダーが何を質問しても、しら~~っとしてる男
唯一質問に答えたのは、
「この遺体は、どこで発見されたんだ?」
「まあ、ここから1時間程度の所だ」
これだけだぜ


モルスカから情報を得られないと判ると、「我々に会った事は内密に…」と釘を刺し、もう用はないとばかりの態度

検死室を出て、スカリー「Xファイルに同様の事件があったのに、何故ウソをついたの?」

やっぱりね=
モルダーだったら、たとえ本当に前例がなかったとしても首を突っ込むだろうに、やけに素直に部屋出たな~と思ったんだよね
何か考えがあるのか


「検死室にいたあいつらはCIAが送り込んだ人たちだろう。ボクたちを呼んだって事はきっと捜査が行き詰ってるんだ。あの死因はサイコキネシスだよ」

モルダーは、自分たちで調べるつもりだった
「ほら、被害者の指紋取ってきたよぉ」
と、胸ポケットからメガネを取り出す
レンズには指紋が付着していた

どうやってレンズに指紋取ったのかと、巻き戻して観てみたらっ!!
モルダー、検死報告書を読む時におもむろにメガネをかけ(老眼か?)、その後、メガネをはずし、他の人の目を盗んで被害者の近くでゴソゴソやってましたよ



~HTG社~
上司のハワードが亡くなり、ローレンも退職を考えていた
ハワードと共同経営者であるドーランドに「退職したい」と伝えるが、「ハワードの死は私も悲しい、どうか辞めないでくれ」と止められる

ドーランド、ちょいとキモイ


~FBI ワシントンDC~
モルダーがGETした指紋は、イラン過激派イスファハンのメンバーであるモハメッド・アムロラヒと判明
イスファハンの拠点はフィラデルフィアだ
「飛行機で1時間だな」

男の言ってた事は、ウソじゃなかった訳だ
(*^~^*)



~ブロード通り フィラデルフィア~
地元警官「ここで、男2人の遺体を発見しました」

モルダー、遺体発見場所の近くにATMを見つける
「このATMカメラに何か映ってないかな」

そこには、ローレンが男2人に襲われている映像が残っていた
そしてローレンと強盗犯2人の他にもう1体
動きが早くてぶれているが、何者かの影が映りこんでいる

「よし!ローレン・カイトに会いに行こう」


~ローレン宅~
ローレンに、ATMで襲われた写真を見せる
「彼らに襲われたけど、何とか逃げました」
「じゃ、この人は誰ですか?」
彼らの背後に写る「影」の写真を見たローレンは一瞬顔色が変わるが、「判りません」と答える

一応、ローレンに携帯ナンバーを渡すモルダー

「あの細い体で強盗犯の男の首をへし折るのは無理だな」
意見が一致したモルダースカリーは調査を進める


スカリーはローレンの家族関係を調査
「ローレンは家族とは疎遠だったみたいだけど、ハワードとは強い絆で結ばれていたわ」

一方、モルダーはローレンの自宅を隠し撮り
窓辺に、ローレンと、彼女以外の人物が写っていた

スカリー「この人は、ハワードよ。生きてたの?」

そんなバカな…


ローレンが1人で自宅に居ると、何者かが廊下を歩いている気配を感じる
泥棒?
手にバットを持ち、音のする方へ
シャワー室から人の声が聞こえてきた
「え?ハワード?」

シャワー室から響く声「止めろ!何をするんだ。やめてくれ~」
シャワー室のカーテンを開けると浴槽に血が広がり始める

「ハワード…殺されたのね」確信するローレンだった

死者からの伝言?
こはひ…(□゜;)



~国立検死室~
ハワード・グレーブスが本当に死んだのか?
確認するため国立検死室へ

ペンシルベニア大学病院組織バンクに保存してあった脊柱の組織から、確かにハワードが死亡していると立証された


~HTG社~
ローレンもついに退職
ドーランドが近づき、「ハワードから何か聞いたか?聞いた事は誰にも喋るなよ」
「彼みたいに私も殺すの?」
「何を言ってるんだ?」
「彼に聞いたのよ」

やや狼狽気味ドーランド

ローレンはモルダーの携帯に電話「家に来てくれますか?」


~ローレン宅~
ドアをノックする音
ローレンはモルダーだと思い開けると、そこには怪しげな男女の姿が
2人組が彼女を殺害するために強引に入ってくる

が、見えない影が彼らを殺す

そこへ駆けつけたモルダー

宙吊りにされた男にモルダー目がテン

そりゃそうだね、宙に浮いてるんだもの

男が床に落下


~ローレン事情聴取~
ローレンはモルダースカリーに話す

「HTG社はイスファハンと不正取引をしてたのよ…
ハワードは、HTG社の経営悪化で従業員の給料が払えないと悩んでいた
ドーランドがテロ軍団と話をつけて、製品をテロに売ったの
それを爆破テロに使った
ハワードは泣いて苦しんでいた
それで自殺したのかと思ってたけど違ったの
自殺に見せかけてドーランドに殺されたのよ」


~HTG社徹底捜査~
ドーランドの部屋を重点的に調べる
しかし…
ドーランドの部屋からは何も証拠が出ない

CIAイライラ
「何もでないじゃないか!どうするんだ!この努力が水の泡だ=」

まぁまぁ~(^-^:)

いきなりドーランドの部屋のドアが閉まる
あけようと思っても全く動かない
部屋の中には、ドーランド、ローレン、モルダーの3人

ナイフが勝手に動き出し、空中で静止する

このシーン、TVドラマ「スーパーナチュラル」のマックスのシーンと同じだわ

証拠はここだ==とばかりにナイフは部屋の壁に刺さる
壁紙の奥にあった隠しスペースから証拠フロッピーを発見

これでドーランド御用!


~数日後~
モルダースカリー「これからどこへ?」
ローレン「遠くよ。本当にありがとう」

ローレン、頑張れよ~



<第7話へつづく>



***** 小六メモ *****


ハワードは成仏できたのかな
いつまでもローレンに憑いて回っても困るしね…

サイコキネシスかー
いや~、すごい能力だった
実際に存在するんでしょうか

個人的にはサイコキネシス、あると信じてますが…


最後のシーン
ローレンと別れたモルスカ

スカリー「ずいぶん急いでるんじゃないの?」
モルダー「自由の鐘は?」
スカリー「見た事あるけど…どうって事ないわよ」
モルダー「見に行こうよ!」

と、遊びに行きたい子供と、それに付き合う母って感じ?
この2人、ホント、良いコンビ


ちなみに、自由の鐘(じゆうのかね、英語:Liberty Bell)とは?

アメリカ合衆国ペンシルベニア州フィラデルフィアにあり、合衆国の歴史に大きな意義を持つ鐘の名称
英語の名称そのままのリバティ・ベルと表記されることもある
恐らく自由の鐘はアメリカの独立、並びにアメリカ独立戦争を連想する上で、最も突出したシンボルの一つである
また、独立、奴隷制の廃止、合衆国内の国民性と自由において最も親しみのある象徴の一つであり、国際的な自由の偶像としても用いられてきた(Wikipediaより)


これを観光しに行った訳ですね(*^-^*)



海外スター・ドラマ
[PR]
# by by569 | 2013-01-29 00:25 | X-ファイル

ストロベリーナイト

f0039573_9591777.jpg■ストロベリーナイト 2013年・日


(あらすじ)
直感と行動力を武器に、数々の難事件を解決へと導き、ノンキャリアで成り上がってきた警視庁捜査一課の警部補、姫川玲子
ある日、彼女が率いる姫川班の管轄で暴力団のチンピラが殺害される事件が発生する
捜査が難航する中、玲子のもとに“犯人は柳井健斗だ”というタレ込み情報がもたらされる
ところが警察上層部は、柳井健斗への追及はならずと不可解な指示
納得いかない玲子は単独での捜査を開始する
そしてその過程で柳井健斗と繋がりのある男、牧田と出会う玲子だったが…
<allcinemaより>



(感想&ネタバレ)

2013年第一弾!
試写会当選!の『ストリベリーナイト』です
やった~~

といっても、実は全くドラマ観てないんですが、判りますかね…

まあ~、行ってきま~す


* * * * *


行って来ました…

なんと自分でも信じられない事態に…llllll(-_-;)llllll

実は、試写会当日の午前中、急に具合が悪くなりまして=
しかし!せっかく当たったんだし、と言う事で一応行きました


場面が、過去に遡ったり、戻ったりといろいろありまして、後でつながるとは思うんですが、微妙に???
たぶん風邪により思考回路が完璧に断絶してるんでしょうね

まあそれでも頑張ってみ観てたんですが


あのシーンのせいですよ!!!

姫川さんと牧田さんがホテルのラウンジでお茶してるシーン
対立する暴力団の下っ端が牧田さんに絡み、うるせ===とばかりに牧田さんがバッサバッサとやっつけるんですが…

それが、それがぁぁ
カメラがグルグルグルグル回るんですよ

ちょっとやめれ~~

それで具合が悪くなっちゃった…汗

結局、牧田さんが大喧嘩してる時に、チラリと肩の辺りに入れ墨を見つけてしまった姫川さんが「あなた、一体何者なの?」


はい!
このシーンまでです
残念です…

あとは映画館を後にしてしまいました(T-T)

人生において、映画を最後まで観ずに退場したのは初めてございます

あ~あ、もったいなかった


で、最後はどうなったのかな(^-^;)えへ



気になった事言ってもいいですか?

姫川さん、傘、もう少し前に差した方が良いですよ
背中全体的に、びしょ濡れじゃないですか

あともうひとつ、姫川さん、あんなに行動的な仕事なんですから、髪括りません?
短めの前髪が口元にすぐ行っちゃって、それを手で払ってばかりなんですが…

まあ、あのサラサラヘアーが彼女のトレードマークなのでしょうね
(*^-^*)
[PR]
# by by569 | 2013-01-27 00:52 | サ行
f0039573_20203989.jpg■X-ファイル #5 ジャージー・デビル 「The Jersey Devil」

■監督 Joe Napolitano
■脚本 クリス・カーター

■キャスト
デヴィッド・ドゥカヴニー(フォックス・モルダー)
ジリアン・アンダーソン(ダナ・スカリー)

クレア・スタンスフィールド(ジャージー・デビル)
ウェイン・ティピット(トンプソン刑事/トミー)
グレゴリー・シエラ(ダイアモンド→大学教授)
マイケル・マクレー(ピーター・バレット森林警備隊)
ジル・ティード(グレンナ)
タムシン・ケルシー(エレン)
アンドリュー・エアリー(ロブ)
ビル・ドウ(Dad)
ハロスガー・マシューズ(ジャック)
ジェイム・ノックス(Mom)
デヴィッド・ルイス(Young Officer)



<ストーリー>

~ニュージャージー州 1947年~
アトランティックシティまで5キロ


車がいきなりパンクし、ポール父ちゃんがパンク修理に屋外へ
車内には母親と子供2人
その時!!
いきなり父ちゃんが何者かに森の奥へ引きずられる==

ちょっとちょっと~
父ちゃんの背後で獣のような声がしたよぉ


翌日、森を捜索
「見つけたぞ==」
かけつけた捜査員はあまりの遺体の損傷にゲーゲー
両足がない!!

暗い洞窟内に身を隠していた犯人(獣?人間?)に向けて捜査員は一斉に発砲

死んじゃったのか?


~FBI ワシントンDC 現在~
右腕のない死体が森で発見される
被害者はホームレス
右腕の切断面の歯型から人間に襲われた可能性が高かった

モルダー「それはジャージー・デビルだな!」

1947年に起きた事件も、大男を解剖したら、なんと胃の中から人間の骨や肉が発見されたらしい
オープニングの犯人は、獣じゃなくて人間の男だったのか~


モルダー&スカリー「よし!ニュージャージーに行ってみよう~」


~アトランティックシティ解剖研究室~
今回の被害者は、R・クロケット
そこに地元担当刑事トミー登場!
「ウチの管轄だから帰ってくれ」

みんなFBIにはいい顔しないね

追い出されて、する事がなくなっちゃったモルスカ
「ここはギャンブルの町だ!今夜は遊んで行こうよ」のモルダーの誘い虚しく…
スカリー「予定があるの」
「え、デート!?」

チョイ気になるぞ=モルダー

「親友の子供のバースデーパーティーがあるのよ」
「あっそ、ボクは残るから、1人で帰ってくれ」

うそ==(□゜;)
1人で3時間も運転するの=?
とスカリー、ややゲンナリ…



モルダーは、森林警備隊ピーター・バレットへ電話

翌日、バレットに遺体発見場所へ案内してもらう
バレット「ホームレスは森にあまり近づかないんだ」
モルダー「何で?」
バレット「デビルかな…」

おおぉ~~っと、モルダーと話が合いそうな人物出て来たなぁ

バレットの話によると…
「今から4年前の事
大男が生まれたままの姿で森から出て来た
目が合った途端に逃げたが、その姿は人間業じゃなかった
まだその大男がこの森のどこかに居る事は確かだ
ウサギの死骸に人間の歯が刺さってた時もあった」と…

もしや
今回の事件の犯人は、1947年に死んだ大男の子供?孫?



~ワシントン~
スカリー、親友の息子の誕生日パーティーで、てんやわんや

小さい子供たちは悪魔的うるささだ…汗

パーティーに来ていた男の子の父親がやってくる
結構イケメン♪
親友も「あの人、離婚してるわよ~」とスカリーに勧める

もしや、スカリー、恋の予感?


~アトランティックシティ郊外18:47~
モルダーは浮浪者のたまり場へ

スカリーが浮かれている間、モルダーは地道に仕事さ

被害者クロケットを知ってると言う浮浪者が「これ、クロケットのジャケットから見つけた」と一枚の紙をモルダーに渡す
そこには、人間の絵が描かれていた

すっげー、下手くそなイラスト

「ここで見たんだ。みんな怖がってるけど、警察は知らんぷりだ」

モルダー何を思ったのか、自分が宿泊してるホテルのキーをその浮浪者に渡し、モルダーは浮浪者のねぐらでジャージー・デビルが現れるのを待つ

深夜、物音が…
何者かがゴミあさりをしている

ん~?
あのイラストに似てるような?


ジャージー・デビルか?
その人物は、全裸で長髪、あっという間に高いフェンスを飛び越え、廃墟ビルの屋上へと逃げて行く

モルダーの口笛に反応して振り向いた時、何となく女だったような…?

巡回中のパトカーに何故か拘束されるモルダー


~翌日~
モルダーから電話をもらったスカリー、留置所までお出迎え

モルスカ、ダイナーへ
「ジャージー・デビルだ!確かに見たんだ」
と真剣なモルダーに向かって、「私、19時までに帰らないと…」
「また誕生日パーティーかい?」
「デートよ」

ひぃ==
ついにスカリー、デート!
先日のイケメン父ちゃん?

「断れない?」
このモルダーのセリフにもビックリだけどさ



~メリーランド大学~
モルダーは「野人伝説」の話をダイアモンド教授に聞く

あくまでダイアモンド教授は、「野人は居ない」という考えではあるが、一般的に野人は攻撃的で多種との共存が出来ないとの事
モルダー「人間を食う野人が居たら、食物連鎖のトップに立つのでは?」
「居ればね」


~スカリーデート中~
先日のイケメン男性とディナー
「今は何の仕事を?」

う~ん、肉食べてる時にする話じゃないよ
「人間の肉を食らう大男の事件です」なんて言えないし



~モルダー&森林警備隊バレット~
森に住む大男の死体が発見されたらしい
なんと、死後半年も経過していた
「以前、ウサギに刺さってた歯と一致したから、間違いない」

森に住む野人は男だったのか
モルダーが前日に見たジャージー・デビルは女のようだったが…


~デート中のスカリー~
スカリーのポケベルが鳴る
もちろん呼び出したのはモルダー

ポケベルってのがまた良いね~

スカリーはモルダーへ連絡を取る

「自分が見た野人は男ではないかもしれない!」
モルダー興奮気味

つーか、今じゃないとダメかい?
デート中なんですが…



~アトランティックシティ解剖研究室~
大男の遺体を確認しに向かうモルスカ&ダイアモンド教授

教授も興奮しちゃうよね~
いないと思ってた野人が居るかもしれないんだからさ


しかし…

「遺体は運ばれてないわよ」

何===(□゜)
地元警察の証拠隠滅かよ
あのトミー刑事、むかつくなー


半年前に死んでいたジャージー・デビルは男だった
しかしモルダーが見たのは女
夫婦かも?

よし!
浮浪者のたまり場近くにある廃墟ビルを探してみよう


~廃墟ビル~
モスダー、スカリー、ダイアモンド教授、バレット森林警備隊の4人でジャージー・デビル探し
ビル内で血の付着した布を発見

何故か警察も廃墟ビルへ
ビルの外で待機する大勢の警察隊

いや~な予感がする~
ジャージー・デビルを警察よりも早く発見しないと


暗いビルのどこかで微かに物音が響く

「どこだ?」

突然物陰から何者かに突き飛ばされるモルダー
闇の中から女が現れる
モルダーを見つめ、サッと姿を消す

「モルダー、大丈夫?」
心配してかけつけたスカリーに「野人は女だった…すごい美人だったよ」

もうとにかく教授が「年齢はどのくらいだった!!」興奮収まらず
世紀の大発見だよ!


「居たぞ~~」屋外から響く声

警察隊に追われるように、森の中へ逃げるジャージー・デビル

「よし、ボクたちも行こう!」
モルスカ、ダイアモンド、バレットの4人も彼女を追う

バレット「隠れるなら、たぶん岩陰だ」
「あ、あそこだ」
バレットの麻酔銃がヒットする

が、モルダーたちが駆けつけるよりも早く、彼女に近づいたトミーは容赦なく射殺してしまう

モルダー「何故殺したんだっ!」
トミー「危険な動物だからだっ」

ホント、嫌な刑事だな、こいつ

なんか、ジャージー・デビルって可哀想だー
保護するとか出来ないのかな?



~FBI本部 1週間後 モルダー&スカリー~
司法解剖の結果、彼女の消化器官から人骨のかけら見つかった
年齢は、25歳から30歳
原始時代の人間ではなかった

と言う事は、現代人なのか?
どうしてあんな生活になってしまったのよ


そして彼女の体には出産のあとがあった

先日発見された大男の検死結果は、年齢40歳程度

と言う事は、夫婦?

驚きを隠せないモルスカ

スカリーに電話が入る
あのイケメン男性からだった
「今夜、息子とサーカスに行くんだけど、一緒にどうかな?」

モルダー、1人寂しく教授の所へ行こうとしたら、後ろからスカリー追いつく

「断ったわ」

スカリーもモルダーと共に出発する


<第6話へつづく>



***** 小六メモ *****


スカリー、今回は縁がなかったですね
あの男性もなかなか良かったんですが…

モルダー、良かったね!!


いや~、マジであの地元警察トミー刑事にはイライラさせられたぁ
そんなにジャージー・デビルの存在を消したいのかね
世紀の大発見なのに

ラストで、ジャージー・デビルの子供が映ってたけど、まだ小さいよ、あの子
大丈夫なのかなぁ
1人で生きていけるのかなぁ

とマジで心配しちゃったバカなおいら
フィクションなのにね

でも結構、リアルに捕らえてしまいます
なんでも可能性を信じるほうなので…(^-^;)なは


ジャージー・デビルは、まあ置いといて…
野生動物なども同じですよね
山や森を人間に奪われ、自然が少なくなってしまい、生活域が徐々に減っていくわけですよ
人間に発見されれば捕獲されたり射殺されたり
本当に可哀想です

もっと共存の道を探してほしい

そんな野生動物とジャージー・デビルを重ねて観てしまったのかもしれません



海外スター・ドラマ
[PR]
# by by569 | 2013-01-25 00:34 | X-ファイル
f0039573_2155364.jpg■スーパーナチュラル アニメーション
#6 血まみれメアリー 「TILL DEATH DO US PART」

■声の出演
ジャレッド・パダレッキ(サム・ウィンチェスター)
アンドリュー・ファラー(ディーン・ウィンチェスター)

日本語版
内田夕夜(サム・ウィンチェスター)
東地宏樹(ディーン・ウィンチェスター)



<ストーリー>

ディーンはジョンと連絡を取りたく何度も携帯へ電話
しかし相変わらず留守電だ

サムはジェシカの墓参り
ジェシカを思い出しシクシク
llllll(T_T)llllll

アニメ版のジェシカの方が可愛い
実写版ジェシカ、ブスだったもんな=(ジェシカファン、ごみん)



~時は3年前へ遡る~
ジョン父ちゃんとディーンはブラッディ・メアリーの話で盛り上がる
スタンフォード近くで謎の変死事件が発生しているらしい
「都市伝説と一致する」
「スタンフォードなら案内役も居るしな!」はしゃぐディーンに…
「サムはダメだ!」

なんで?
ジョンは、サムの事はそっとしておきたいらしい
ディーンはただ素直にサムに会いたいだけかもしれないのにね~


ちょい寂しいぞー
ディーン兄ちゃんは…



~学生生活満喫サム~
サムちん勉強中
「ここ空いてますか?」ジェシカだった

ちょっと、ちょっと=
こんなに席が空いてるのに、なんでサミーの所に来んのさ


ジェシカ「どうしていつも独りなの?友達いないの?」
サム「君には関係ないだろう」 (そーだ、そーだ!)

ちょい気まずい雰囲気流れます…


~ジョン&ディーン~
変死したイヴリン・サマーズの家を調査

部屋の中は異様だった
鏡、ガラス、自分の姿が映る全てのモノに覆いがしてある

ここで重要な情報ゲット!
「もう変な電話を掛けてこないで!あれは、子供の頃に見た幻覚なのよ」
とイヴリンの留守電に、リサからメッセージが残されていた

これは、早速リサに会いに行かねば!!


ジョン&ディーン、リサの家へ
リサの話によると…
「今から15年前、わたしたち3人でブラッディ・メアリーを呼び出したの」

深夜0時になった時、部屋の中が突然揺れ、鏡の中から女が覗いてたらしい

「今思うと、幻覚だったかも」とリサは言うが…

「3人で、と言う事は、あと1人は?」
「もう1人はジェシカよ。スタンフォードの大学生」

なぬなぬ?
ジェシカだと?



次の犠牲者はリサかも?
リサの家を張り込む事に

深夜0時

響き渡るリサの悲鳴

ジョンディーンが駆けつけた時には、既にリサは息絶えていた

むむむ!
これでは彼らが容疑者になっちゃうのではないかい?
早く、逃げろ==



~図書館~
今回の被害者イヴリン、リサ、そしてジェシカが呼び出したブラッディ・メアリーについて調べていたジョンディーン
彼女たちが儀式を行ったのは、今から15年前の…?
(何月何日だ?判らんっ!)
0時の事…

その同時刻に、育児ノイローゼで自分の子供3人を殺して自殺したリンダ・エマーソン42歳の存在を知る
「恐らく死んだリンダが霊界へ行く途中に見たイヴリンたちを、自分の子供と間違えて連れて行こうとしているのだろう」

なるほどね~

なんと、ジョンディーンのすぐ近くでサムも調べ物をしていた
サムは、今から20年前の新聞記事の確認

あれれ
ジェシカを心配して15年前のブラッディ・メアリーを調べるのかと思いきや、20年前の記事?
20年前と言ったら、サムちんが生まれた年だね
そうか…
サムは自分の事しか調べる気がないってかっ!
(o^-^o)



ディーン、ここでGOOD情報ゲット
「不動産開発でリンダの墓は掘り起こされ、現在移転している」

よし!
ジェシカが襲われる前にリンダの遺体を焼こう!
急ぐジョンディーン


図書館内を走るジョンディーンの足音に「誰だ~?」とサム振り向くが、もうその時にはもう誰の姿もなかった~
惜しい!!
会えそうで会えないねー



やけにリンダの遺体を焼く事を急ぐジョンに「何でそんなに急いでるんだよ~」とディーン
「ジェシカはサムの知り合いなんだ」

ぬぬぬぅわに==!!(□゜;)


~ジェシカの家~
0時
ジェシカの部屋が揺れ出す
窓の外に女の姿が…

ジェシカを守ろうと必死サムちん
「家の中は危険だ、外へ出よう!」

屋外に出ても、リンダの霊は執拗にジェシカを追いかけ、首を絞め始める

その時、リンダの体が火に包まれた!

おおぉ~~っと、ジョン&ディーンがリンダの墓を見つけてくれたんだね
リンダちゃん、二度と甦るなよ~



~翌朝~
ジェシカをリンダから守ったサムちんは、ルンルン♪
サムちんジェシカ、ラブラブ~

何じゃこの展開は!
納得いかねぇ~( ̄■ ̄)

つーか、ジェシカまた同じ服だし

しかもしかも、ラブラブ歩いてる花壇の模様が「G」だし
その「G」は、マックGか~?



サムとジェシカを遠くから見つめるジョン&ディーン
「ディーン、サムには会うなよ」
「判ったよ」

走り去るインパラに気づくサムだが…


~現在~
ボビーからの電話を切ったディーン
「ボビーが親父の足取りを掴んだらしいぞ」



**** 小六メモ ****


これでついにジョン父ちゃんに会えるか?


今回のエピソードは、サムとジェシカの出会い編でした!

ハンターの仕事をジョン父ちゃんとディーンがやってた時期で、サムはノンキに大学生活満喫中でしたね

な~んか、ジェシカの事しか目に入らないサムちん
つまんねぇ、この展開
(おいら、サミーファンです、はい)


3年前までは、サムとディーンは、生きる世界が違うって感じ
サムには近づくな~とか父ちゃんに言われちゃって…

ディーン可哀想だな



海外スター・ドラマ
[PR]
# by by569 | 2013-01-23 00:05 | スーパーナチュラル・アニメ
f0039573_20433082.jpg■スーパーナチュラル アニメーション
#5 野獣の血 「SAVAGE BLOOD」

■声の出演
ジャレッド・パダレッキ(サム・ウィンチェスター)
アンドリュー・ファラー(ディーン・ウィンチェスター)

日本語版
内田夕夜(サム・ウィンチェスター)
東地宏樹(ディーン・ウィンチェスター)



<ストーリー>

夜、森の中
腹部から血を流している女性に近づく影
その影は容赦なく、斧で女性の首を刎ねる

何とまぁ、恐ろしい…


~コロラド フーバー~
2年前から、ここ一帯で牛の血が抜かれると言う猟奇殺人が多発していた

早速、サムとディーンは別々に調査を開始する

珍しく別行動です


ディーンは、いじめられっ子にいじめられていたライアンという名の少年と出会う
多忙な父親に育てられ、住む場所を転々とし、母親は小さい頃に事故で死んでしまったらしい

自分と似た境遇だ…

ライアンに「柔道を教えてほしい」とせがまれ、ディーンは断りきれず、明日14時に会う約束をする

いじめられてたライアンを助けるのはいいけど、ビルから飛び降りたライアンを下で受け止めるっつ~、何とも信じられない方法で助けたディーン
そりゃ、ライアンに尊敬されるわ



~モーテル~
サムは、調査中に偶然、ジェイソンを見かけたとディーンに報告
「ジェイソンだって?何だってこんな所に?」

ジェイソンとは、ヴァンパイア専門のハンターだった

ジェイソンを発見した際、サムは気になりジェイソンの車の後をつけた
「町外れに駐車したよ」
「注意した方がいいな。見張ろう」

ハンター仲間を何故見張る必要があるんだろう?
ジェイソンってそんなに危ない人物なのか?



~翌日~
ディーンはライアンに柔道を教える
「もっと強くなったら、なんでも自分の思い通りになるよね!」

あれ?
もう既にディーン、ライアンに投げ飛ばされてるし


弱々しい少年だったライアンがいきなりディーンに襲い掛かる
「おい、ライアン!どういうつもりだっ!!汗」
「もっと強くなりたいんだっっ!!」

まぁ、気持ちは判るけどさ
ディーンの首を絞めちゃダメでしょう



ライアンの姿に自分の子供の頃を重ねるディーン

ディーンは夢中で狩りをしていた
動物を仕留めたのに何故かジョン父ちゃんに怒鳴られ、何で?何で?
「いいか、守るために技を仕込んだんだ。ここまで攻撃する必要はない!理性を失うな」

それをライアンに教える

「自分を見失うな」

さすが=、カッコイイ~ディーン先生

あのぉ~、その柔道着は、どこで調達したんでしょう


急に頭を押さえ苦しむライアン少年

ちょっとちょっと大丈夫かいな
打ち所悪かったんじゃない?



ライアンを自宅に送る
父親は不在だった
リビングで、使用済みの銀弾丸を見つけ、「ライアンの父親はハンターなのだろうか?」と考えるディーン

ライアンの家から出て、ディーンは、彼の自宅を見張る事にする

夜…
木々の隙間から、男が牛を襲い血を吸っているのを発見
その男がライアンの父ゲイルだった

つー事は?
ライアンもヴァンパイア?



一方、サムはジェイソンを見張っていた(はずなのに?)

サムからディーンへ電話
「ジェイソンの姿がないんだ」

じっくり見張ってたはずなのにな~

サムとの電話中、いきなり背後からディーン殴られ気絶


~ライアンの自宅納屋~
ディーン気づくと椅子に縛り付けられていた
目の前にはライアンの父ゲイル
「何故ライアンに近づいた?」
「ライアンと境遇が似ていたから」

家畜を襲うのは、生きていくため…
人間は襲わないとゲイルは告げる

12年前に妻ミランダはハンターに殺害され、まだ赤ちゃんだったライアンを連れ、隠れるように生きてきたのだった
しかし、ライアンはまだ自分がヴァンパイアだとは知らない

オープニングで、ハンターに首ちょんぱされたのが、ライアンの母ミランダだったんだね


その時、いきなり銃声が響く

ゲイルが撃たれた

ヴァンパイアハンター、ジェイソン登場!

もう~、サムちん、しっかり見張ってないから~

「止めろ!彼らは人を襲わないんだ」叫ぶディーン
「全く…助けてやったのに、相変わらず甘いな」

あれれ?
いつしか、ディーンVSジェイソンになってるし…


ゲイルを襲おうとするジェイソン、それを止めようとするディーン、ディーンがジャマでジェイソンがディーンを殴り、ゲイルがジェイソンに襲い掛かり…

誰が、この事態収束して~

銃声が響く (来た==誰だ?)

撃ったのはサム (おぉ~サム登場!)
撃たれたのはジェイソン

「急所は外しておいたぞ」

カッコイイー!サミ~

「このやろう~、よくもミランダを殺したな!」
怒り爆発のゲイル、ジェイソンに襲い掛かる

「やめて、パパ!」

ゲイルの手が止まる

「怒りに任せて人を襲っちゃいけないっ!パパその手を離して」

すばらすぃ=ライアン



~インパラで移動中~
「あの親子、これからどうするんだろう」
「別の場所にまた移動するだろ」

ゲイルライアン親子を心配しつつ、旅立つサムディーン



**** 小六メモ ****


なんか可哀想だなぁ

ヴァンパイアの血族に生まれたばっかりに…
人間の世界では生きにくいね


最後は、ディーンの「しまった、柔道着貸したままだった=」の叫びで終了

で、柔道着はインパラに常備してあんの?
(*^-^*)

スパナチュアニメーションは、製作が日本なので、日本の柔道などが登場して面白いですよね


DVD特典映像では、ディーン兄ちゃんが日本のファンに向けて

「こんにちは~♪大好きな日本語だ~」と日本語で喋ってますぜ



海外スター・ドラマ
[PR]
# by by569 | 2013-01-21 00:43 | スーパーナチュラル・アニメ
f0039573_13421967.jpg■スーパーナチュラル アニメーション
#4 ハイウェイの亡霊 「GHOST ON THE HIGHWAY」

■声の出演
ジャレッド・パダレッキ(サム・ウィンチェスター)
アンドリュー・ファラー(ディーン・ウィンチェスター)

日本語版
内田夕夜(サム・ウィンチェスター)
東地宏樹(ディーン・ウィンチェスター)



<ストーリー>

ハイウェイを走行中の車に追突する黒のインパラ
カーブ途中でインパラに押された彼女の車は崖下に転落
炎上する

怪しげなインパラはナンバープレートなし
これって、ディーンの車が疑われたりしないか?



そんな事件が起きているとは全く知らないサムディーンはノンキにドライブ

サム、車内でパイをボリボリ食べていると、ディーンにパイを奪われ窓の外にポ=イ
「何すんだよ」
「オレのインパラ汚すからだ!」

まあ、確かに…
あまり車汚されると頭きますね



背後からパトカーに「そこの車停まれ~」
で停まったら、いきなり逮捕

さっきパイ投げたから?
まさかね…



~警察署~
ロッド署長の取調べをうけるサムディーン
「同じ車種で年式も一緒!一体どのくらいあると思ってる~?お前たちが轢き逃げ犯だろう!」

やっぱりなぁ
疑われてます
でもね~
そんなの今の技術があればすぐに調べられるでしょうに

誰か~、CSIのグリッソム呼んであげて~



副署長の女が登場し、留置所に居るサムディーンに「すぐに出してあげるわ」

何でしょう、この女性
変な人

と思ってたらっっ!!!!


「私はここの副署長マイケルよ。署長の弟よ」

男=====!?(□゜;)

どう見ても女でしょう
怪しいな…

おねぇ系?


サムディーン「何で助けてくれたの?」
マイケル「犯人はもう人間じゃないかも…あなたたちって、イケメンね♪うふふ…」

ヤバすぎる…llllll(-□-;)llllll


~ロッド署長宅~
留置所からサムディーンを逃走させた事を責められるマイケル
「だって、あの二人が犯人じゃないと気づいてるくせに」

なるほど…
この町には何か秘密があんだな?



マイケルに逃がしてもらったサムディーン

この町では黒のインパラでは疑われてしまうので、なななんとっ!!

サミーはインパラを白く塗っちゃいましたとさ
やる事すご過ぎだよ、サム



せっかく逃がしてもらったが、やはり事件の真相を探りたいサムディーンは、町へ戻り、マイケルに連絡を取る
「この事件の真実を教えてくれ!オレたちならこの事件を止められる、それが専門なんだ」
「どういう意味?」マイケル困惑

そりゃそうだよね
これが専門って…
何の専門?



ジョーンズダイナーに移動し、マイケルから話を聞いていると、タイミングの悪い事に、ロッド署長たちが休憩にダイナーに入ってくる

ヤバイ、逃げろ~~

サムディーン&マイケルは、ダイナーを飛び出し、マイケル運転のパトカー内でこの事件の話を聞く


マイケルによると、事件の話はこうである

2年前、ニューオリンズの銀行を襲った強盗犯がこの町にやって来た
犯人の車をパトカーで追跡中、運転を誤り黒のインパラは崖下へ転落
しかし、その後、別の町で本当の強盗犯が逮捕されたと知る

「自分たちは無実の青年を殺害してしまったんだ」

青年の車を執拗に追いかけた事により、カーブを曲がりきれず青年は死亡
その事実を、この町の警察と住人全員で隠蔽したのだった
それから少し経ち、住人が黒のインパラに襲われるようになったらしい


~青年が死んだ事故現場へ~
ダイナーの駐車場にインパラを駐車したままなのが気になって仕方がないディーン
「どうせ、警察に没収されてるよ」
「何==」
サムディーンなんやかんやケンカ

その姿を見てマイケル「昔の、私とロッドみたいだわ」
ディーンすぐさま「じゃサミー、お前がマイケルだ、この女男!」

って
マイケルのまん前で、そんな事言っちゃぁ~ね~ディーンよ



サムディーンマイケルでワイワイやってる所に、ロッド署長現れ、銃を突きつける!

なんと野蛮な…
誤認逮捕しておいてその態度は何なのさ!



そこに静かに登場したインパラ

もちろん、ディーンのインパラじゃないよ

銃で攻撃してもインパラは全くダメージを受けない

「そこのインパラ!サムディーンは無関係よっ、私を追って来なさ=い!」

おお~~っと、男らしい=マイケル♪

マイケルのパトカーを追う幽霊インパラ


あ…DVDの特典映像でディーンが「霊が取り付いたインパラを破壊する話だよ。カーチェイスが見どころ♪」って言ってたから、てっきりディーンのインパラVS幽霊インパラのカーチェイスかと思っていたんだけど…

あれ?
マイケルのパトカーVS幽霊インパラなの?


猛スピードでパトカーとインパラがハイウェイを走らせる
その場に残されたサムディーン、ロッド署長は、見ているしかなかった

遠くで急ブレーキの音が響く

そして崖下から空へ向かってのびる黒煙

え=?
もしや、マイケル死んじゃったの?



今、目の前で現実をしっかり見たはずのロッドが、何故かサムディーンを逮捕する

何の罪で?
このロッド署長って頭おかしいよ??
弟マイケルが死んだって言うのに…



~警察署~
「ここから出してくれ」
「逃げるつもりだろう?」

話にならない…(-_-;)

もう事件が起こらないように何とかしなければ…

「あんたのためじゃない。マイケルのためにやるんだ」

ロッドはサムディーンを留置所から出す


~3人で事故現場へ~
あれれ~?
サムが白く染めたインパラのはずが…?
黒く戻す時間なんてないと思うけど何故か黒いインパラのなってるぞ


2年前に起きた無実の青年を死なせてしまった崖に来る
現場は、まだ事故当時のままだった

ちょっとちょっと~
インパラも回収せずに放置?
そりゃ、霊も成仏できんわ



サムディーンは、青年のインパラを燃やす

これで大丈夫か?と思いきや、幽霊インパラがハイウェイに戻って来た

おおぉぉ~これでやっとインパラVSインパラだな

逃げるサムディーン&ロッド
追う幽霊インパラ

インパラ同士のカーチェイス

ここで、ディーンの車オイル漏れ発生

ヤバイ!!!

「塩をよこせ」

青年が死ぬ時に、最後に残したブレーキ痕がある
そこへ塩をまくんだ

「この先はカーブだから減速しろ」とロッドがアドバイス

塩をまき、幽霊インパラが来るのを待つ3人
そこに突進してきたインパラ

ここままでは轢かれてしまう!!


突如信じられない出来事がっ!

なんと脇道からマイケルのパトカーが出て来た

パトカーは幽霊インパラのサイドに思いっきりぶつかり、2台一緒に崖から落下し炎上する
ここは、青年が死んだ場所であり、マイケルが事故死した場所だった


微笑むマイケル(の霊だよ)

ロッドはマイケルに向かって「いろいろ話したかった…お前が居ないとダメだ」

もう遅いっつの

マイケルは、まるでヨン様のような爽やかな微笑みと共に、風になって消えた…


「本当にいろいろありがとう」
ロッドはサムディーンに礼と謝罪をし、警察バッジを静かに外した



**** 小六メモ ****



ちょっとマイケルが可哀想だったなぁ
ロッド署長がもう少し柔軟な考えだったら、マイケルが死ぬ事はなかったのに…

いや、しかし柔軟な考えの持ち主なら、2年前の青年を死なせてしまった時にも、もっと良い対処をしてくれたかもしれないしね

全く…


今回のストーリーは、アニメーションオリジナルでした

まあ、アニメだからいいけど、これ実写版で観たら、より一層イライラしそうな予感がする~
アニメでよかったわ


海外スター・ドラマ
[PR]
# by by569 | 2013-01-19 00:41 | スーパーナチュラル・アニメ
f0039573_9302896.jpg■スーパーナチュラル アニメーション
#3 始まりの場所 「HOME」

■声の出演
ジャレッド・パダレッキ(サム・ウィンチェスター)
アンドリュー・ファラー(ディーン・ウィンチェスター)

日本語版
内田夕夜(サム・ウィンチェスター)
東地宏樹(ディーン・ウィンチェスター)



<ストーリー>

~サムの白昼夢~
この家に引っ越してきたばかりの母ジェニー娘サリー息子リッチー
サリーはクローゼットが怖くて仕方がなかった
夜、1人でサリーが寝ていると、突然クローゼットの中から炎に包まれた人が近づいて来る

と言う、サムちんの夢でした

サム「悪い予感がする…家に行ってみよう」

実は、夢に見た家は、子供の頃、サムディーンが住んでいた家だった


~サムディーンの生家~
ピンポ~ン
「以前ここに住んでいたんですが、懐かしくて!家の中を見せてもらえませんか?」

ジェニーは倉庫の整理をしていた時、サムディーンの家族写真を見つけていた
「もしかしてウィンチェスター?写真を見つけたのよ」

話が早くて良かった…
でもね~
アメリカって危険な国なのに、結構すぐに知らない人を家に招きいれたりするよね
おいらだったら、玄関で話して終わるけどな


この時、ジェニーは気になる事を言う
「電気がついたり消えたり、あと、天井裏で物音がするのよ」
と言いながらも、あまり怖がっている風でもなかったが、どちらかと言うとサリーの様子が変だった
「クローゼットの中に何か居るの…」


サムの過去、そして母親は何故死んだのか…
ついにディーンは、サムに話す
「オレがお袋の悲鳴を聞いてサムの部屋に駆け込むと、お袋は天井に磔にされていた。オレは赤ん坊のお前を連れて外へ逃げたんだ」

磔…ジェシカを殺した犯人と同じなのか?

サムディーン、もう一度過去について調べる事に

サムちん、今まで自分の過去を知らなかったんだ~

過去を調べるうちに、父親ジョンと親しかった霊媒師ミズーリの存在を知る


~ミズーリ宅~
ミズーリ宅へ着くなり、「やっと来たね」
まるでサムディーンが来る事を見抜いている口ぶりだ

ミズーリ、もっと可愛らしいタイプでも良かったんじゃね?
あまりにもキモイでしょう

お前は、ムッシュかまやつか?



サムディーン、今までの一連の話を伝える
ミズーリ曰く「あの家には霊はいないよ」

サム「しかしサリーは何か見たって」
ミズーリ「あなたのお母さんを殺したモノではないわ」

じゃ、なんなんでしょう
クローゼットからあんなのが出て来たら、怖くてしかたがないんですが…



ディーンはジョン父ちゃんと連絡を取ろうと何度か携帯に電話を掛けていたが、いつも留守電だった


~サムディーンの生家~
実際に、ミズーリに家の中を見てもらう
「う~ん、邪悪なもの…クローゼットの中に感じる。2体の霊がいる」

この間は居ないって言ったのになぁ、ミズーリさん

ディーンは再度ジョンへ電話
相変わらず留守電だ

留守電メッセージ
「11-2-88関連事項なら座標を入れろ」

11-2-88関連は、悪魔の予兆関連ですか?
座標?
いきなり言われても即答できん!




インパラに乗り込み、ジェニー宅を見張るサムディーン

またしてもサリーの部屋のクローゼットから火の霊が出てくる
「きゃ~~~(□゜;)

サムディーン、お助け参上!

カッコイイ=
ジェニー、惚れちゃうね

しかし…あの炎の霊は一体誰なのよ


ジェニー、サリー、リッチーを無事逃がしたと思った時、サムを襲うポルターガイスト現象
シャンデリアの鎖が突然サムの首に絡み、宙吊りになる

ぐるじ~~~

ディーン助けに戻る!
が…サムを助けられない
どうしたらいいのか

その時、首に巻きついてた鎖を切り、サムを助けてくれた霊が…

なんと、それは!!
サムディーンの母メアリーだった


「Mom===!」
メアリーの姿を見て、叫んじゃったよ、ディーン少年ってば
お母さんが一番恋しい年頃の時に、死んじゃったからね
ディーンは永遠のマザコンだと思う
サムは、赤ちゃんだったから、写真の中の母親しか知らないので、意外に冷静



メアリーの霊はずっとここに居て、悪霊から子供たちを守っていたのだった
「私はもう行かないと」

メアリーの姿が光に包まれ消えていった…


ミズーリ「もう家の中からは何も感じない。安心だよ」

…って、こんなにいろいろ怖い事があって、ジェニーさん、これからもこの家に住もうって気になるかね~


サムディーンはミズーリの別れを告げ、旅に出る!


1人になったミズーリ
「サムは、あんなにすごい能力があるってのに、あんたに気づかないなんて…」

独り言かい?
と思ったら、人目のつかない所に、なんとジョン父ちゃんがっ!



ジョンは、サムディーンのすぐ近くに来ていたのだった



**** 小六メモ ****


ジョン父ちゃんがホンの数メートルの所にいたのに、気づかなかったねー
残念…

アニメキャラのジョンと、実写版ジェフリー・ディーン・モーガン演じるジョン、似てました!
違和感なく見られそう~
メアリー母さんは、実写版の母さんとは違った…

サムディーンをあそこまで似せて書いてるんだから、他の登場人物も似せて書いてほしいなぁ

ミズーリキャラ、もうちょっと何とかならなかったのか?
どうせアニメなんだからさ
可愛らしく書いてあげて=

かまやつじゃ可哀想だよllllll(-_-;)llllll


今回のストーリーは、シーズン1の第9話「帰宅」が元ネタです
オリジナル版とほぼ同内容だったと思います

まあ、サムが首吊られたりはしないけど(^-^;)
なんと恐ろしい展開にしちゃってるのかしら、アニメ版は…



海外スター・ドラマ
[PR]
# by by569 | 2013-01-17 00:31 | スーパーナチュラル・アニメ
f0039573_21255746.jpg■ウォーキング・デッド #6 残された希望 「TS-19」

■キャスト
アンドリュー・リンカーン(リック・グライムズ保安官)
ジョン・バーンサル(シェーン・ウォルシュ保安官)
サラ・ウェイン・キャリーズ(ローリ・グライムズ→リックの妻)
ローリー・ホールデン(アンドレア→エイミーの姉)
ジェフリー・デマン(デール・ホルヴァート→ジイさん)
スティーヴン・ユァン(グレン・リー→アジア人)
チャンドラー・リッグス(カール・グライムズ→リックの息子)
ノーマン・リーダス(ダリル・ディクソン→メルルの弟)
ノア・エメリッヒ(エドウィン・ジェンナー医師)
メリッサ・マクブライト(キャロル・ペレティエール→エドの妻)
ジェリル・プレスコット(ジャッキー→黒人女性)
アイアン・シングルトン(Tドッグ→黒人男性デブっちょ)
マディソン・リンツ(ソフィア・ペレティエール→キャロルの娘)


<ストーリー>

時は遡り
ベッドに寝ている意識不明のリック
既にウォーカーが蔓延し、大混乱の最中、シェーンはリックを助けようとするが重くて運び出すことは出来ない

ついに停電になる

リックに繋がれた生命維持装置の電源も落ちる

この時、確かにリックの息は止っていた


~疾病対策センター~
ジェンナー医師は、安全確認の為に、全員の血液検査を行う

結構良い待遇よ
食べ物を出してくれるし、ひとりひとりに部屋を与えてくれるしさ
何よりも暖かいシャワーには、みんな大喜び


センター内が閑散としているのは、多くの研究者は家族の元に戻った為…
ここに残った研究員は、絶望し、自殺したとの事だった


ジェンナーとリック
「血液検査の結果は、みんな異常なしだった」

酒に酔っているという事もあり、リックは今までの愚痴をなぜかジェンナー医師に告白
「あの、私忙しいんですけど…」byジェンナー



ローリが娯楽室に1人でいると、シェーンが入って来て言い訳
「リックは死んだ、と言うしかなかったんだ。君たちの命を助けるためだ!」


翌朝
ジェンナー医師は、今までの研究の話をする

被験者TS-19
ウォーカーの血液が体内に入ったあと、どのような変化が起きるのか

脳内で光っているもの、これはシナプス=記憶の全てだ
徐々に、シナプスがなくなり、脳が侵され、そして死ぬ…

第二段階
死んでいた脳幹が反応し始める
最短3分、最長8時間でウォーカーに変化

アンドレア「でも、誰かは原因を知ってるはずよ」
ジェンナー「システムがダウンして、1ヶ月は暗闇に中だった。通信できないんだ」

デールはある事がずっと気になっていた
「あの時計、秒読みしてるけど、あれがゼロになったら?」
「発電機の電源が切れる」
「それで、切れたら?」
「施設ごと汚染除去だ」


リックたちボイラー室へ行き発電機をチェックする
燃料は空っぽだ…
突然、ボイラー室の電気が消えた

「電気が消えたわ、どうしたの?」

みんな不安になり研究棟に集まる

ゾーン5が自動停止した
「建物が勝手に不要な電源を落とすんだ。コンピューターが最優先だから」

汚染除去開始まであと30分

みんな、逃げよう!

研究棟のシャッターが閉まる
ジェンナーは誰もここから出さない勢いだ

「何をするんだ!ここで一体何が起こるんだ」

ジェンナー呟く
「エボラも天然痘の感染を防いできたんだ。電力が落ちたら、燃料気化爆弾発令する。苦しまずに死ねる…外に行ったら苦しんで死ぬ事になるぞ」
「ここで死んでもいいのか、研究を投げ出さなかったあなたが!」
「ここに残ったのは、TS-19のためだ、被験者は妻だ。妻の願いで研究を続けた」

まあ、ジェンナーの悲しみと医師魂は判るけど、とりあえず外に出してほしいぞ~って感じ?

リックたちの説得により、ジェンナーはついにシャッターを開ける

「チャンスを掴めよ」
リックとジェンナーは固く握手する
その時、ジェンナーはリックに何かを囁く

なんて言ったの!!
聞こえなかったぞ=



さ~、みんなで逃げよう

その時、ジャッキー「わたしは、ここに残る」
もう逃げる気力がなかった

ジャッキーに続き、アンドレアも残る方に志願
アンドレアが残るなら…とデールも残る事に


ジェンナーと3人を残して、他の9名は逃げる
が、外へのガラス窓が割れない

「リック、あなたの制服を洗った時にポケットにこれが…」
キャロルが手にしていたのは、なんと手榴弾だった

ツーか、普通、手榴弾なんかポッケに入れるか?
その上、入れてた事を忘れて洗濯に出すかぁ~?


手榴弾の爆破により、窓ガラスが割れる

車へ急ぐ

一旦残ると決めたアンドレアとデールも一緒に逃げて来た

↑ あ、これ一番迷惑なパターン
行かないとか言って、ギリギリで来ちゃうヤツね~


「もう時間がない!アンドレア、デール、伏せろ=」

施設大爆発

あら~、すごい威力
ほとんど核爆発だわ



よし、出発だ!(どこに?


(シーズン2へつづく)



いや~、結構面白かったですよ

シーズン2も観たい!


しかし気になる事がたくさんありますね

まずは…
みんなで車に乗ってどこへ行ったらいいんでしょう?

あとは、
最後まで出てこなかったメルルは一体どこへ?
今まで居たキャンプ地はどうなった?
トランシーバーを渡したモーガン&デュエイン親子は無事か?
キャンプ地に残ったモラレスファミリーは無事か?
途中で置いてきたジムはウォーカーになったのか?

一番気になるのは…
ジェンナーがリックに囁いた内容は?

血液検査して何か判ったんでしょうかね
シェーンは、リックが死んだと思った訳だから、本当に死んでた…とか?

謎のままシーズン1は終わる!!



海外スター・ドラマ
[PR]
# by by569 | 2013-01-15 00:26 | ウォーキング・デッド
f0039573_21171331.jpg■ウォーキング・デッド #5 救いを求めて 「Wildfire」

■キャスト
アンドリュー・リンカーン(リック・グライムズ保安官)
ジョン・バーンサル(シェーン・ウォルシュ保安官)
サラ・ウェイン・キャリーズ(ローリ・グライムズ→リックの妻)
ローリー・ホールデン(アンドレア→エイミーの姉)
ジェフリー・デマン(デール・ホルヴァート→キャンプに居るジイさん)
スティーヴン・ユァン(グレン・リー→アジア人)
チャンドラー・リッグス(カール・グライムズ→リックの息子)
ノーマン・リーダス(ダリル・ディクソン→メルルの弟)
エマ・ベル(エイミー→アンドレアの妹)
アンドリュー・ローゼンバーグ(ジム→キャンプに居るヒゲ痩せ男)
ファン・ガブリエル・パレハ(モラレス→ヒゲのデブっちょ)
ノア・エメリッヒ(エドウィン・ジェンナー医師)
メリッサ・マクブライト(キャロル・ペレティエール→エドの妻)
ジェリル・プレスコット(ジャッキー→黒人女性)
アイアン・シングルトン(Tドッグ→黒人男性デブっちょ)
アダム・ミナロヴィッチ(エド・ペレティエール→暴力夫)
マディソン・リンツ(ソフィア・ペレティエール→キャロルの娘)
マディ・ロマックス(イライザ→モラレスの娘)
ヴィヴィアーナ・チャヴェス(ミランダ→モラレスの妻)
ノア・ロマックス(ルイ→モラレスの息子)



<ストーリー>

~キャンプ地~
武器バッグを手に入れたリックは何度かモーガンに連絡を取ろうとトランシーバーの電源を入れる
「アトランタは危険だから市内に行っちゃいけない。数マイル離れた採石場に居るから来てくれ」
だが、モーガンから応答はない

アンドレアはエイミーを埋葬せず、昨夜からずっとそばについている

エイミーはウォーカーに噛まれたんだから~
危ないよぉ


他のみんなは、ウォーカーの死体を燃やしていた

その時、ジムに服に血がついているのを発見
「噛まれたの!?」

キャンプ地のみんな、シーン…
いや~な空気が流れとりますな


ダリル「こうなったら、エイミーもジムも頭をぶち抜けばいいじゃないか」

より一層、一同シーン…
ダリルよ、空気読もうぜ
ジムなんてさ
まだ生きてるんだから~



ついにエイミーの体が動き始まる
ウォーカーとして生き返ったのだ

アンドレアは愛する妹を自分の手で射殺する…


リックとシェーン
ジムが掘ってくれた穴に、遺体を埋葬
「お前が市内に行かなかったら犠牲者は出なかった!」

おいおい、シェーンがリックを攻めるのは違うと思うなぁ
何となくリックに八つ当たり
嫉妬心から名?
ちぃせ~男だ!



リック思いつく「疾病対策センターには薬があると言ってたよな」

このキャンプ地もウォーカーに見つかり始めた
明朝、疾病対策センターへ向かうと、リックは告げる


翌朝
モラレス一家は疾病対策センターへは行かない選択をする

お互いの無事を祈って別れる


道中、ジムの様子が悪化
かなりの高熱だ
「リック、おれをここで降ろしてくれ」

恐らくもう少しでジムもウォーカーに変化してしまうだろう
彼をその場に残して出発する


~疾病対策センター~
センターでは研究が行われているようだが、残念ながら治療法に進展なし

疾病警報の発令から194日
世界に飛び火してから63日経っていた

え=!?
194日?
自分が思ってたよりも、時間が経ってたわ

リックってそんなに長い間、意識不明だったって事?
よく復活したよ



センターにはジェンナー医師しか居ない
他の研究員はゼロだった

こんなに広いセンターにたった一人?
他のみんなはどうしちゃったんだろうか



リックたち、センターに到着
センターはシャッターが閉められ、人の気配は無いように感じられる
「きっと誰も居ないのよ」
「せっかく来たのに、このままじゃ、ウォーカーに襲われる」

確かに…

リックは監視カメラに向かって叫ぶ
「頼む、助けてくれ!他に行く所がないんだ=」

監視カメラ映像を見ながら「どこかへ行ってくれ」
ジェンナー医師は無視するつもりだったが…

ついに、センターのドアを開ける


(第6話へつづく)


やっとセンター内に入れそうですね

入れてよかった!のか、それとも悪夢の始まりなのか?


今回センターまでやって来たのは、

リック&ローリ&カールのファミリー
シェーン、デールじいさん、Tドッグ、グレン、ダリル、アンドレア、ジャッキー
キャロル&ソフィアの母娘

総勢12名、で間違いないかな?


次回はついにシーズン1の最終話!
楽しみですね~



海外スター・ドラマ
[PR]
# by by569 | 2013-01-13 00:18 | ウォーキング・デッド
f0039573_195425.jpg■ウォーキング・デッド #4 弱肉強食 「Vatos」

■キャスト
アンドリュー・リンカーン(リック・グライムズ保安官)
ジョン・バーンサル(シェーン・ウォルシュ保安官)
サラ・ウェイン・キャリーズ(ローリ・グライムズ→リックの妻)
ローリー・ホールデン(アンドレア→エイミーの姉)
ジェフリー・デマン(デール・ホルヴァート→キャンプに居るジイさん)
スティーヴン・ユァン(グレン・リー→アジア人)
チャンドラー・リッグス(カール・グライムズ→リックの息子)
ノーマン・リーダス(ダリル・ディクソン→メルルの弟)
エマ・ベル(エイミー→アンドレアの妹)
アンドリュー・ローゼンバーグ(ジム→キャンプに居るヒゲ痩せ男)
ファン・ガブリエル・パレハ(モラレス→ヒゲのデブっちょ)
クリス・バンクス(トラヴィス)
ノエル・グーリーエミ(フェリペ→介護職員)
アイアン・シングルトン(Tドッグ→黒人男性デブっちょ)
アダム・ミナロヴィッチ(エド・ペレティエール→暴力夫)
メリッサ・マクブライト(キャロル・ペレティエール→エドの妻)
ジェリル・プレスコット(ジャッキー→黒人女性)
マディソン・リンツ(ソフィア・ペレティエール→キャロルの娘)
マディ・ロマックス(イライザ→モラレスの娘)
ニール・ブラウンJr.(ギレルモ"G"→守衛)
Anthony Guajardo(ミゲル→リック側の人質)
ジーナ・モレッリ(アブエラ)
ジェームズ・ゴンザーガ(ジョルジ)
ヴィヴィアーナ・チャヴェス(ミランダ→モラレスの妻)
ノア・ロマックス(ルイ→モラレスの息子)



<ストーリー>

~キャンプ地~
アンドレアとエイミー、釣りの話や父親の話をしながら、しんみり

彼女たちは姉妹という設定ですが…
なんと言いますか
母と娘みたいにも見えなくもない
一応、12歳離れてるらしいです



~デパートの屋上~
メルルが居ない!!
またしても暴れるダリル

おいおい…
この兄弟何とかして~
マジ、迷惑兄弟

まあ、メルルダリルを比べると、まだダリルの方がマトモかなぁ~


ダリルは、兄メルルの手を丁寧に布に包み、何故かグレンのバッグに入れる

自分で持って帰れよぉ

Tドッグは、前回デールじいさんに借りた道具バッグを持ち帰る

一体メルルはどこへ?
彼の腕から滴り落ちた血痕を辿って行くと…

さ~、どこだ!!


~キャンプ地~
ジム、一心不乱に穴掘り

穴の大きさは、まるで一体一体の棺を入れるような感じ?
怖いんですけど…



~デパートの中~
メルルの血痕はデパートの調理場へ続いていた
バーナーに火がついている…
恐らく、傷口を焼いたのだろう

次は、リックが道路に置き去りにした武器バッグ回収だ

武器バッグは、5ブロック先の戦車近くにあるはず
グレンとダリルが戦車へ向かう事に

ダリル「おい、グレン、以前の仕事は?」
グレン「ピザ屋だけど…」
ダリル「中国人にしては勇敢だな!」 (確かに勇敢だ
グレン「オレは韓国人だ!」 (あ、そうなの?

グレンダリルが武器バッグを回収したと思った瞬間、どこからか3人の男たちが現れ武器バッグを奪われそうになる
そうはさせるか!
ダリルはボウガンでフェリペの尻に矢を放つ

その隙に車が登場し、なんと!グレンが拉致されてしまう

武器バッグは奪われずに済んだ
敵方のミゲル少年は車に乗りそこね、リックたちに捕まる

ちょっと~
グレン、どうなっちゃうのよ
あっちのグループにはグレンが拉致され、こっち側にはミゲル少年が残った
物々交換か?

ミゲル少年とダリルの会話
「メルルも拉致したのか?」のダリルの質問に、ミゲル一言
「メルルなんて、犬にも付けない名だよ」って…

コーヒー噴きそうになったよ(≧3≦)ぶっ

確かになぁ~
メルルって変な名だなとおいらも思ってたよ



~キャンプ地~
ジムの一心不乱さが他のみんなには不気味に映り、なんと、ジムは木に縛り付けられる

そこまでする必要あんのかな
ジム、可哀想だぞ=


「一体何の穴を掘っていたんだ?」の質問にも答えない

だんまりを決め込むのかと思いきや、ジムはローリに囁く
「カールから離れるな。目を離してはいけない」と…

どういう意味だろう
ジムって予知能力とかあるのかい?



~敵アジト~
ミゲルを連れ、敵グループの隠れ家へ乗り込む

敵グループ相当な人数だけど、大丈夫か?
こっちは、3人…汗


「お互いの人質を交換しよう」
「銃をよこせ!よこさないなら、お前の脳天に銃をぶち込んで犬に食わせてやる~~」

話にならない(-_-;)

さ~どうする
一触即発!
の緊張の場面で、いきなりGの背後から老婆が登場

まさか、ヨレヨレ婆さんがボスとか?

老婆「ジルベルトが苦しんでるんだよ~喘息の薬が見当たらないんだ」

あれれ?
これは一体どういう事?


「あんたたちが探してるのはアジア人かい?彼はジルベルトと居るよ。さ~、こっちだよ」
何故か婆さんに手を引かれるリック
アジトの奥へ奥へと進む

強面の敵グループも老婆とリックの後ろからついて行くだけ

建物の奥にはたくさんの老人が居た
「ここは一体?」

さっきまでドスきいた声で脅していたGが静かに説明する
「オレの命が奪われたら、ここにいる老人は死ぬ。フェリペは介護職員、オレは守衛だったんだ」

ここは老人施設だったようだ
ウォーカーが蔓延しても、老人だから逃げられなかったらしい

その話を聞いたリックは、武器バッグから銃を分け与える

グレンも無事だった
「無事で良かった。犬に食われたかと思ったよ~」
「犬?犬ってあれの事?」
可愛いちっちゃなチワワが3匹居るだけ
わんわん~

Gの話では、どんだけすごい犬が居るのかと思ったが…


よし、武器バッグも手に入れたし、デールじいさんに借りた道具バッグも回収したし、一旦キャンプ地へ帰ろう!
停車しておいたトラックへ戻ってみると…
「トラックがなくなってる!」
「きっとメルルだ」 (ホントか?

リックたち、仕方がないので徒歩で帰る


~キャンプ地~
キャンプ地では、釣り上げた魚で大宴会

シェーンに殴られ具合が悪いエドは宴会には混ざらず1人でテント内で休んでいた
すると、テントの外に誰かの影が…

影の正体はウォーカーだった

エド、襲われる
たまたまトイレに立っていたエイミーも突如現れたウォーカーに噛みつかれてしまう

大宴会が一転、大パニック状態に

わ=わ=ギャーギャー

すぐ近くまで戻って来ていたリックたちも参戦し、キャンプ地一帯は惨たらしい状況に
そして、ついにエイミーとエドが死亡

ジムが呟く
「オレが穴を掘ったのは、このためだったのか…」


(第5話へつづく)



海外スター・ドラマ
[PR]
# by by569 | 2013-01-11 00:52 | ウォーキング・デッド
f0039573_11101215.jpg■ウォーキング・デッド #3 命を掛ける価値 「Tell It to the Frogs」

■キャスト
アンドリュー・リンカーン(リック・グライムズ保安官)
ジョン・バーンサル(シェーン・ウォルシュ保安官)
サラ・ウェイン・キャリーズ(ローリ・グライムズ→リックの妻)
ローリー・ホールデン(アンドレア→エイミーの姉)
ジェフリー・デマン(デール・ホルヴァート→キャンプに居るジイさん)
スティーヴン・ユァン(グレン・リー→アジア人)
チャンドラー・リッグス(カール・グライムズ→リックの息子)
ノーマン・リーダス(ダリル・ディクソン→メルルの弟)
マイケル・ルーカー(メルル・ディクソン→暴れん坊)
エマ・ベル(エイミー→アンドレアの妹)
ファン・ガブリエル・パレハ(モラレス→ヒゲのデブっちょ)
アンドリュー・ローゼンバーグ(ジム→キャンプに居るヒゲ痩せ男)
アイアン・シングルトン(Tドッグ→黒人男性デブっちょ)
アダム・ミナロヴィッチ(エド・ペレティエール→暴力夫)
メリッサ・マクブライト(キャロル・ペレティエール→エドの妻)
ジェリル・プレスコット(ジャッキー→黒人女性)
マディソン・リンツ(ソフィア・ペレティエール→キャロルの娘)
マディ・ロマックス(イライザ→モラレスの娘)
ヴィヴィアーナ・チャヴェス(ミランダ→モラレスの妻)
ノア・ロマックス(ルイ→モラレスの息子)



<ストーリー>

1人屋上に残されたメルル
ついに屋上へのドアにまでウォーカーが…

ちょっと可哀想…か?
しかしTドッグがこんな事もあろうかと、ドアにチェーンをかけていたためにウォーカーたちはドアを開けられず苦戦…

「Tドッグ、メルルの事は気にするな。ダリル以外は悲しまないよ」
なんつー言われよう
ちなみに、ダリルはメルルの弟です~



キャンプ地に到着!
良く戻ってこられたな~
キャンプに残った人たちの大喜び
「新入りのお蔭で助かったんだ」

そこにリック登場~
突然のリックの姿に、妻ローリと息子カールは駈け寄る

んで、元同僚シェーン、ちとショック(-_-;)
せっかく可愛いローリを彼女に出来ると思ったのにね

ひとつ気になったのは、誰もメルルについて触れないって事
「どうしてメルルを置いてきたんだよ~」とかなし?
ここでもそんな存在なのか、彼は…汗



キャンプ地…夜
寒さをしのぐために付けている火が大きすぎると注意され「うるせ~」のエド
この火によってウォーカーに気づかれると危険だと言っても言う事を聞かない

どこにでも自分勝手な人っているもんだね
キャンプ地の自己中は、メルルだけではなかったようだ…(^-^;)
エドの妻キャロルと娘ソフィアはエドにビクビク



リックは、ローリとカールが生きていて心から安堵する

ローリの気持ちってどうなんだろう?
もうシェーンの事を好きになってて、リックの存在がウザイとか思ってたらリックが可哀想だし
それとも、まだリックを愛してるのかどうか…
この辺り、ローリの表情を見る限りでは判りづいらなぁ



キャンプ地…朝
森の奥でカールの叫ぶ声が響く
みんなで駆けつけると、そこには動物をむさぼるウォーカーが1体
「ここまでウォーカーが来るとは…」

そこへ登場したのはダリル
「オレの狩った動物なのに…」

おお~~っと、ついにダリル登場!!
ダリル役は『処刑人』(1999)のノーマン・リーダスだす!

ダリルは、まだメルルの状況を把握してないらしい


メルルの事がずっと気になっていたリックは、ダリルに話す
「何===?屋上に置いて来たって!」
暴れるダリル

Tドッグ「リックは悪くない!オレが排水溝にキーを落としてしまったんだ。でもドアにチェーンをかけてきたからまだ無事だ」

結局メルルを助けにまたデパートへ行く羽目に…
メンバーは、リック、ダリル、Tドッグ
そして何故かグレンも

「勘弁してくれよ~」って言ってたけど、結構グレンって、決断力早いし、すばしっこいし、使えるよね

今回の目的は、メルル救助
あと、保安官事務所から持ち出した武器回収→道路に置き去り
リックはなんとしても武器のバッグを回収したかった
それは、トランシーバーでモーガン親子と連絡を取り「危険だからアトランタには行くな」と警告をしたかったからだ


「メルルの手錠を切るボルトカッターを貸してくれ」
「いや、貸さない」

デールじいさん、貸してくれないのか?
その理由は…


「Tドッグに貸した道具バッグを返してもらってない」

あ~、確かに屋上に道具バッグあったわ
それも屋上に置き去りにしちゃったのね、Tドッグさん

Tドッグって結構おっちょこちょいかぁ~


デールじいさんにボルトカッターを借りる代わりに銃を1丁渡す

そして、トラックで町に向かう4人


キャンプ地では
カールはシェーンと楽しそうにカエル取り

シェーンもね~悪くはないんだけど…
ローリ&カールと擬似ファミリーを楽しんでたんだろうなぁ
まさかリックが帰ってくるとはね



女性人4人は湖で洗濯
楽しそうにおしゃべりしながら選択してると、いきなりイチャモンつけにエド登場
「喋ってばっかりいるな!早くしろ」
「あんたに注意されたくないわ」

そりゃそうだわ、エドだってただプラプラ歩いてるだけだしな~

いきなり女性に口答えされキレるエド
「黙っていう事を聞け==」
怒りの矛先がエドの妻キャロルへ向かい、キャロルを殴る

最低だな、エドって

黙っていられないシェーンは、エドに襲い掛かりグーで殴りつける

シェーンもね~
突然リックはやって来るし、ローリに「もうカールには近づかないで」とか言われちゃうし、ストレスMAXのせいなのか?
このままエドを殴り殺す勢いさ

誰か止めて~



一方、市内へ向かった4人は、ウォーカーに見つかる事なく無事に屋上へ

しかしメルルは居ない!

逃げられたの?
手錠は?


なんと、自分の腕を切っていた


(第4話へつづく)


Tドッグが置いてきた道具バッグの中にノコギリが入ってたんだね~
そのお蔭か…

メルル=すごいな
まさか自分の腕を切って逃げるとは

これでは、まるで、『プリズン・ブレイク』のTバッグじゃないですかぁ


ちょっとちょっと!
キャロル役のメリッサ・マクブライトも『ミスト』(2007)に出てた==
「家に息子が居るの。誰か一緒について来て!」って言ってた女性だね

これで、ますます『ミスト』人口上がったね

ミスト組は、
アンドレア役のローリー・ホールデン
モラレス役のファン・ガブリエル・パレハ
デール役のジェフリー・デマン

もっと増えるか?


モラレスの娘イライザ役と、息子ルイ役の子
マディ・ロマックスとノア・ロマックスという名の俳優さんなんだけど、同じ苗字ですね
本当の姉弟かな?


そして~!!
メルルの弟ダリル役は『処刑人』(1999)のノーマン・リーダス
やっと登場!

ん??
しかし…ちょっと太ったかなぁ?
処刑人の時はかっこよかったんだけどね~

今後に期待です!



海外スター・ドラマ
[PR]
# by by569 | 2013-01-09 00:10 | ウォーキング・デッド
f0039573_21215780.jpg■ウォーキング・デッド #2 生き残るための方法 「Guts」

■キャスト
アンドリュー・リンカーン(リック・グライムズ保安官)
ジョン・バーンサル(シェーン・ウォルシュ保安官)
サラ・ウェイン・キャリーズ(ローリ・グライムズ→リックの妻)
ローリー・ホールデン(アンドレア→エイミーの姉)
ジェフリー・デマン(デール・ホルヴァート→キャンプに居るジイさん)
スティーヴン・ユァン(グレン・リー→アジア人)
チャンドラー・リッグス(カール・グライムズ→リックの息子)
マイケル・ルーカー(メルル・ディクソン→暴れん坊)
エマ・ベル(エイミー→アンドレアの妹)
アンドリュー・ローゼンバーグ(ジム→キャンプに居るヒゲ痩せ男)
ファン・ガブリエル・パレハ(モラレス→ヒゲのデブっちょ)
アイアン・シングルトン(Tドッグ→黒人男性デブっちょ)
ジェリル・プレスコット(ジャッキー→黒人女性)



<ストーリー>

まずはキャンプ場のシーンから
森でキノコ採りなどをして過ごしたり、ローリとシェーンはラブラブだったり…
と思い思いに過ごすキャンプ場の面々

ローリとシェーンって…
リックが撃たれる前から不倫してたのか、それともこのキャンプ場で惹かれ合ったのか?
どうなんでしょう

リックがここに来たらどうするっ!



戦車内の無線で語りかけて来た男から「戦車の後ろは空いてるから、逃げるなら今だ!50ヤード離れた所で待ってるから」と指示があり、言われた通りにリック全力疾走

「こっちこっち!」
グレンと言う名の少年が待っていてくれた

グレンと共にデパートの中へ
そこには少年の仲間、モラレス、アンドレア、Tドッグ、ジャッキー、メルルが居た

仲間が居るとちょっと心強いね


しかし、このメルルという男が困ったヤツだった
屋上でウォーカーに向け銃を撃ちまくったため、自分たちの居場所をウォーカーに知らせてしまうハメに…
「弾の無駄遣いするな!」
「うるせ=」

全く言う事をきかないメルル

メルル役のマイケル・ルーカー、『クリフハンガー』(1993)や『ボーン・コレクター』(1999)に出演してましたね
昔の姿しか判らなかったんで、今見ると、だいぶ年取ったなぁ
でも声ですぐ判った
特徴あるよね~


「ボスを決めよう!ボスはオレだ==他にいるかよ」 BY.メルル

あまりにヤンチャで危険なので、リックはメルルに手錠をかける


ウォーカーたちはどんどんデパートに集まってきた
このままでは危険だ
しかし道路も通れない

都市計画課に勤務していたジャッキーは「下水道を通ったらどうかしら。マンホールは地下で下水道に繋がってるわ」

なるほど…

「よし、オレが下水に降りてみる。リックはここで見張りを頼む。他の君たちもリックと一緒に見張っていてくれ」

何故かグレンが仕切ってるし…
結構頼りになるヤツみたいだね(*^-^*)


しかし残念な事に、下水道にもウォーカーが居た!

ダメだ~


ウォーカーがデパート入口のガラスドアを1枚破る
「もう時間がない!あともう1枚破られたらおしまいだ!」

さ~どうする

「道路に置き去りにされてる車にはキーが刺さってるはずだ」 (ホントか?
「どうやって行く?」
「ヤツらは死臭が漂ってる。ウォーカーの死体をバラバラにし、血や肉片を自分の服に擦り付ければ大丈夫だ」

ゲ==、マジで?

この任務を任されたのはリックとグレン

ウォーカーの腸を、ハワイのレイみたいに首からぶら下げて~
ひどすぎる…llllll(-_-;)llllll


リックとグレン、外に出て行く

大丈夫かぁ
むむ??
意外にウォーカーたち、素通りしてるみたい
うまく行きそう~?



キャンプ場
グレンたちの帰りが遅いのを心配する仲間

デパートに居たグレンたちのグループって、このキャンプ場から来たんですね?
今知りました…汗

デパートには食料を確保しに来たらしい



Tドッグ、キャンプ場に無線連絡
「デパートから出られないんだ。ヤツらに囲まれてる」


一方、リックとグレンは?
もう少しで車に辿り着けそう!と言う時に、雨が降って来た
「まずいぞ」

まだ車につかないのかな
早く~


雨のせいで、服にこすり付けた肉片が洗い落とされていく

何となくウォーカーたちの目がリックたちに向いてないかい?
みんなでリックの後をついて来るような…


ついに、リックグレン襲われそうに!

走れ====


リックとグレン、車に到着

グレンは警報装置を鳴らしたまま赤い車を発進させる
ウォーカーが音のする方へ誘導されて行く

その隙に、リックが、全員乗れそうなバンに乗り込み発進!

もう雨止んでるし…
リックとグレンがデパートから車に移動する間だけ雨降ったって事?
なんつータイミング


リックのバンは正面玄関へ向け走る!


屋上の鉄柵に手錠で繋がれたメルル
彼の手錠を外そうとTドッグが駆け寄ろうとした時、つい、鍵を排水溝に落としてしまう
どんなに頑張っても鍵なしでは手錠は外れない
しかし早くリックのバンに乗らなければ!

「メルル、ゴメン~」

Tドッグはメルルを屋上に置いたまま車へ向かう

チョイ可哀想なメルル
まあ自業自得だけどさ…



全員バンに乗り込み、さ~キャンプ場へ!


(第3話へつづく)


リックよ
キャンプ場に行ったら、ローリとカール、そして同僚のシェーンが居るぞ~
さてどうなるか!


アンドレア役のローリー・ホールデンは、『サイレントヒル』(2006)、『ミスト』(2007)などに出演してましたね~
『ミスト』では最後まで生き残る女性の役かな?

偶然?
モラレス役のファン・ガブリエル・パレハも『ミスト』(2007)に出演してる~~

デール役のジェフリー・デマンも『ミスト』(2007)に出演してるしね

なんか…『ミスト』人口、高し!!




海外スター・ドラマ
[PR]
# by by569 | 2013-01-07 00:21 | ウォーキング・デッド
f0039573_20263676.jpg■ウォーキング・デッド #1 目覚めの朝 「Days Gone Bye」

■キャスト
アンドリュー・リンカーン(リック・グライムズ保安官)
ジョン・バーンサル(シェーン・ウォルシュ保安官)
サラ・ウェイン・キャリーズ(ローリ・グライムズ→リックの妻)
ローリー・ホールデン(アンドレア)【credit only】
ジェフリー・デマン(デール・ホルヴァート→キャンプに居るヒゲのジイさん)
スティーヴン・ユァン(グレン・リー)【voice】
チャンドラー・リッグス(カール・グライムズ→リックの息子)
レニー・ジェームズ(モーガン・ジョーンズ→リックを助けた男)
エマ・ベル(エイミー→アンドレアの妹)
ジム・R・コールマン(ラム・ケンダル)
リンズ・エドワード(レオン・バセット)
ケイシャ・ティリス(ジェニー・ジョーンズ→モーガンの妻)
エイドリアン・カリ・ターナー(デュエイン・ジョーンズ→モーガンの息子)



<ストーリー>

保安官リックは、ガソリンスタンド内をヨロヨロと歩き回る少女を見つける
少女はおもむろにリックの方に振り向き、突然襲い掛かろうと接近!
リックは躊躇せず射殺する

既にゾンビが蔓延してる状態なんですね
なんか、面白そうな予感~♪
好きだな~こんな展開(^▽^)



時は遡り…

まだゾンビなんて全く居ない状態まで遡ります~

保安官仲間のリックとシェーンはいろいろと家庭の愚痴

その時、逃走車追跡の仕事が入る
現場へ向かうリックとシェーン

猛スピードの車をパンクさせ、車内から出てきた男たちを射殺し、無事解決と思いきや…
リックは撃たれ、意識がなくなる

今考えると、この時の猛スピードの車はウォーカーから逃げてきたのかもしれないね~


次に、リックが目覚めるとそこは病室だった
シェーンが持って来たと思われる花はすっかり枯れ果て、だいぶ時間が経ったと判る
病室の時計は2:17で止まったままだ

フラフラしながらも廊下を覗くと、全く人の気配がない

「バイオハザード」のゲームみたい=(o^-^o)ワクワク

廊下の電気は切れ、書類は散乱、電話は不通…
どう見ても普通じゃない

廊下の途中に倒れている死体の腹は食いちぎられていた

「開けるな!死人がいる」と血文字で書かれたドアの隙間からは、すがる様に白い手がリックへ伸びる

ついに屋外へ

おお~~、まるで『28日後…』だ~

空き地に並べられた死体の列

リックって…
どのくらいの期間、意識不明だったんだろう~
花の枯れ具合からみて1ヶ月とか?



リックは自宅へ
誰も居ない…
妻ローリと息子カールは無事なのだろうか

玄関前で途方にくれていると、背後から近づいて来た人物に殴られ、気を失う

今、長い闘病生活から生還したばかりだから、手荒い真似はやめれ~


リックが目覚めると、ベッドに縛り付けられていた
「噛まれてないか?」
「これは撃たれた傷だ」
ロープを解いてもらう

そこは、モーガンとデュエインの家だった


モーガンに詳しく話を聞く
外に居るウォーカーは、人間を食らう死人で、特に夜間は活動的らしい

窓の外を覗くと大勢のゾンビがウロウロ
「あ、ママだ!」
ウォーカーに変化したデュエインの母親が、玄関前まで近づき覗き穴から中を伺っている

モーガン「妻は、まるでオーブンみたいな熱が出て、そして死に、生き返った…本当は殺さなければならなかったのに出来なかった」

まあ、愛する奥さんを殺せない気持ち、判るような気がするな


翌朝
外に出るリック、モーガン、デュエイン
ウォーカーがウロウロ
「頭を狙え!」

リックの家に来た3人
「アルバムを持ち出してるし、服もなくなってる。息子と妻は生きてると思う」
確信するリックだった

モーガンから重要な情報を得る
大規模な避難地区と疾病対策センターがアトランタにあるらしい

一旦、3人は、保安官事務所に向かう

事務所内にあるシャワーにはしゃぐ(≧▽≦)ヤッホ~
モーガンの家ではお湯が出なかったのかな?

何故かリックは私服じゃなくて、保安官の制服に着替えてるし
自宅に寄ったのに、なんでTシャツジーンズじゃダメなのさ?



保安官事務所から銃と弾、そして無線機を持ち出し、モーガンにひとつ無線を渡す
「毎日夜明けに電源を入れるから、お互い連絡を取り合おう」と約束する

ここでモーガン、デュエイン親子と別れる

今までありがとう~モーガン=


リックはパトカーに乗り出発

一方、自宅に戻ったモーガンデュエイン親子
モーガンは銃を取り出し、窓に向かう
ウォーカーになってしまった妻ジェニーを射殺するつもりだったのだが…

やっぱり無理かなぁ~


パトカー無線で誰にともなく応援を呼び続ける
リックの声が微かにキャンプ場の無線に届くがすぐに雑音へと変わる

キャンプ場にもまだ人間が居る=
しかも、結構な人数居るし
おおぉ~、その中にシェーンと、あと、リックの奥さんローリと息子カールも姿も!

あれれ??
ローリがシェーンと恋人同士みたいになってるけど、ナンデかな
不倫?



とある農場
リックは馬を拝借し市内へ向かう

馬はゾンビにならないのかなぁ?

市内にも人の姿はなかった

町の荒れ果てた感じ
バスが横転、散らかった乗用車

やっぱり「バイオハザード」だね、これは


ある道を曲がった途端、大勢のウォーカーがリックに襲い掛かる
まず馬が倒される

馬も襲われるんだぁ
なんか可哀想だな…


リックは車の下に入り込むが前後左右からウォーカーが接近
絶体絶命!
と思ったら彼の逃げた車は、なんと戦車の下
戦車の下方扉から戦車中へ入れてセーフ!
だが、せっかく保安官事務所から持ち出した大量の銃は道路に落としてしまった

もう~何やってんだよぉ
取りに行けないしな~



戦車内の無線に誰かから通信が入る
「おい、あんた、そこのアホ!戦車の乗り心地はどうだい?」

なんだなんだ~?
リックの動きをどこかから見ていた男がいたのかい?



(第2話へつづく)


FOXで「ウォーキング・デッド」放送してくれましたー
ちょうどFOXチャンネルが無料放送中だったので、一気に録画しちゃいました
ラッキー(o^-^o)


リックの奥さんのローリ、『プリズン・ブレイク』のサラ・タンクレディだったよ
懐かしいのぉ
ちょっと痩せたかな?

あとは、キャンプ場に居たヒゲのオジさん、デール役のジェフリー・デマンは、『ミスト』(2007)に出演

エイミー役のエマ・ベルもどこかで観た事あるな~と思ったら、『フローズン』(2010)のパーカー役だったか!
『フローズン』もなかなか面白い映画ですよ♪

まだ観てない方は、是非!!




海外スター・ドラマ
[PR]
# by by569 | 2013-01-05 00:25 | ウォーキング・デッド
■24-TWENTY FOUR- #24 11:00 p.m.-12:00 a.m.

■キャスト
キーファー・サザーランド(ジャック・バウアー)
レスリー・ホープ(テリー・バウアー→ジャックの妻)
サラ・クラーク(ニーナ・マイヤーズ→CTU局員)
エリシャ・カスバート(キンバリー"キム"・バウアー→ジャックの娘)
デニス・ヘイスバート(デヴィッド・パーマー上院議員)
ジェリコ・イヴァネク(アンドレ・ドレーゼン→テロリスト)
サンダー・バークレイ(ジョージ・メイソン→CTU支部長)
ジュード・チコレッラ(マイク・ノヴィック→パーマー選挙参謀)
カリーナ・アロヤヴ(ジェイミー・ファレル→CTU局員)
ケヴィン・チャプマン(Coast Guard Officer)
テレル・ティルフォード(ポール・ウィルソン)
ペニー・ジョンソン・ジェラルド(シェリー・パーマー→デヴィッドの妻)
カルロス・バーナード(トニー・アルメイダ→CTU局員)
デニス・ホッパー(ヴィクター・ドレーゼン→アンドレ&アレクシスの父)
レイナルド・ガレゴス(デヴリン巡査部長)
ティコ・ウェルズ(カリス)
エンドレ・ヒューレス(Serge)
ジェーン・ヤマモト(レポーター)
トロイ・ウォーターズ(ドレーゼンのボート運転手)
クリスティ・ジョイ(ジェーン・フィールズ)



<ストーリー>

大統領予備選当日、午後11時から午前12時までの出来事


~ロス港11Aドッグ付近~
岸に上がったキムのすぐ近くで携帯電話の鳴る音が聞こえる
「敵はすぐ近くに居る」

おお~~っと、近くに居るテロは、貴乃花だったぁぁぁ
この人本当に貴乃花ソックリなのだ
笑える


キムは通りかかったトラックを停める

助けてもらえたのかな?


~CTU テロ対策ユニット~
キム保護の一報がトニーに入る

一瞬、ニーナの顔色が変わった…


~ロス港11Aドッグ~
ジャック、11Aドッグに到着

ジャックの携帯が鳴る
アンドレ「どこにいる?」
ジャック「キムは?」
アンドレ「ここに居るぞ」 (ウソです…

キムの声を聞かないと、そこには行かないぞ==

いつも考えなしに突っ走ってるのに、どうしてこの時ばかり、こんなに慎重なのさ


~CTU テロ対策ユニット~
ジャックからニーナへ電話
ジャック「CTU中に内通者が居る!」
ニーナ「どうして?」
ジャック「ドレーゼンは、パーマー議員が生きてると知ってた」

この事を知ってるのは、ジャック、ニーナ、トニー、メイソン、シャペルだけ…
まさかジャックはニーナだとは微塵も思わず…


~ホテル~
デヴィッドとマイク
やれやれ~、長い一日だったな=
と寛いでいると、そこに緊急ニース速報

「議員は無事だった模様です」

何で判ったんだ==!?
「シェリーだな==(怒」
もう怒り頂点のデヴィッド



~ニーナからアンドレへ電話~
ニーナ「キムが保護されたわ。部隊がそっちに向かってる」

その電話を受け、アンドレとヴィクター「ジャックは諦めて早く公海に出よう」

それが賢い選択だな…

そしてヴィクターからニーナへの指示は「娘が死んだとジャックに伝えろ!水死体が上がったと…」
ニーナ「ジャックを本当に殺してよ。そうじゃないと私の身が危ない」

いや、ダメだそれは、ニーナ
それをジャックに伝えるのは危険すぎる~~

テロリストたち、今まで何度暗殺に失敗してると思ってんの?
あいつら、ジャックの事、絶対に殺せないって=



ニーナからジャックへ電話
「キムの遺体が上がったと沿岸警備隊から電話があったわ」

ショック==ジャック!

ニーナ大丈夫かなぁ
だってさ~、沿岸警備隊から連絡が入った記録がないでしょう

あ~あ、ニーナが「24」から居なくなったら寂しいんだけど



キムが死んだと思い込んでいるジャック、涙涙でドレーゼンの居る11Aドッグへ車で突っ込む

ほら、アンドレ~
必ずジャックを仕留めてよ~
…って主役だからジャックを殺せる訳ないけど

なんでか、ニーナの味方のおいら

案の定、誰もジャックを仕留められない
もう~
マーティン顔のジョナサンを呼べ=


銃撃戦の末、ついにアンドレ、ジャックに撃たれる

もしや、死んじゃった?

ヴィクターも弾切れ

う~ん、こりゃ仕留めるのは無理そう
ニーナ大丈夫かな~~
ニーナの心配をしちゃうぜ
彼女のキャラが好きだったんだよなぁ


ヴィクターもついに射殺され死亡…合掌~


~ホテル前~
デヴィッド・パーマー、記者の前に立つ
「お騒がせしました。誤報は遺憾ですが、負傷者はゼロでした」

国民も、議員って大変なんだな~としか思わないかもしんないね

同時刻、マイクはシェリーに「デヴィッドが祝賀会場で話したい事があるそうだ。君から折れろよ。まだ修復の余地があるから」


~CTU テロ対策ユニット~
メイソンご機嫌~
理由は、ジャックが独断で突入し、無事収束に向かいそうだから~


メイソン「テリー!ジャックは生きてるよ~」

テリーはニーナを探してウロウロ
今まで何でも正直に話してくれたニーナが、キムが無事保護された事を何故話してくれなかったのか…
少し違和感を覚えていた


~CTU システム制御室~
ニーナはシステム制御室で、今までの証拠となりうる情報の消去を開始していた

システム担当者が突然入室したら、あっという間に射殺
ニーナ、潔い~~
カッコイイ!!



ニーナから誰かへ電話
英語ではない
ニーナ「正体がばれるわ。すぐに脱出させて」
女「手配します。証拠を隠滅してください」
ニーナ「今やってるわ」

そこへ、タイミング悪く?テリーがやってくる

全く、ウロウロすんなよ、奥さん

おいらは、あくまでニーナの味方です、はい


テリー「ドイツ語なの?誰も何も教えてくれなくて」

メイソンがちゃんと教えてくれただろうっつの

ニーナ「ジャックもキムもすぐ来るわよ」
テリー「早く2人の顔を見たいわ~」

じゃ、早くCTUのオフィスの戻って待ってろって

テリー「言いにくいんだけど…夫に未練があるんじゃない?」

何でそんな事、今言わなきゃなんないのかね?
ニーナが、テロリストか、ただのジャックの同僚か、この時点ではテリーは知らない訳で…
ニーナが忙しそうに作業してて、しかも電話もコール中だってのに
何で今、ジャックの事をノンキに聞いてんの、こいつ!

あぁぁ~、イライラMAX


ニーナの電話の向こうで女が告げる
「合流地点に来て。北西の門です」

ニーナが電話中、テリーは見てしまった
システム担当者の射殺された血液が流れ出ているのを…

銃をテリーに向ける「行かせないわよ」

ニーナどうする?


~ロス港~
ジャック涙涙で、救急隊員に「港であがった遺体は娘なんだ…引き取りたい」
「え~っと、今夜は遺体の報告ないけど」

なぬ===、本当か?


~CTU テロ対策ユニット~
ジャックからメイソンへ電話
ジャック「キムは?」
メイソン「保護したよ~」
ジャック「ニーナを拘束しろ!彼女が内通者だ!さっきキムが死んだと電話して来たんだ」
メイソン「誤報じゃないの~?スパイだと言う証拠は?」


ジャックはデータ保管室へ電話し、ジェイミーが死んだ時の映像をチェックするよう依頼する


~ホテル~
祝賀会場にシェリーを呼び出したデヴィッド
「今日限り顔も見たくない」

別れを告げる

もうパーマー夫婦の事なんてどうでも良いよぉ
早くニーナのシーンに戻して!



~車内ジャック~
ジェイミーの死亡時刻の画像を送ってもらう
そこには、ジェイミーを殺害するニーナの姿が映っていた
「メイソンにもこの画像を送ってくれ」

ジャックを見ても、テリーやキムを見ても、もちろん、ゲインズたちにもイライラさせられたけど、この潔さがあったからこそ、ニーナを見てもイライラしなかったんだなー


~CTU システム制御室~
テリーを椅子に縛るニーナ

女からの指示は「ドイツに繋がる証拠は消せ」だったが…

テリーは、ニーナがドイツ語を話してたって知ってるよね
どうなる?



CTU内で警報装置が鳴り響く

これって全職員でニーナを探してるって事だよね
ニーナ逃げてほしいー


ニーナ急いで駐車場へ行き、車で逃走を図るが、そこへジャックが戻り、ニーナは逮捕される

トニーは放心状態 (そりゃそうだよね

キムは無事ジャックと再会

全く人騒がせな親子だぜ

「ママは?」
「てっきり一緒だと思ってたが…」

ジャックはテリー探し

ジャック、システム制御室へ
なんと…
テリーは撃たれ、死亡していた…


(おしまい)



すごい…
ニーナすごいよ

この「24」の中で、一番完璧なテロリストだったわ

おいらはニーナを逃がしたかった…


ニーナの件は、次のシーズンに持ち越しても良かったんだけどな

なんかさ~
ニーナの犯行がバレちゃって捕まって終わりって
もったいない使い方だな~と思って

ニーナの使い方 その1
ニーナの犯行だと全員が知ったその時には、既にニーナの行方は判らなくなっていた
で、次シーズンもまた事件が起きるんだけれど、ジャックVSニーナの居る巨大テロ軍団みたいな~

ニーナの使い方 その2
結局、第2の内通者は誰なのか?
または本当に第2の内通者は居たのか?
不明のまま終わる
しかし第2の内通者はニーナで、そ知らぬ顔でCTUに居る
ニーナがテロに加担していると知っているのは、視聴者だけ

みたいな面白い使い方がたくさんあっただろうに~

捕まって終わりだなんて…
もったいね~~~

24時間も見てきたけどさぁ
どうも…達成感、スッキリ感がないなぁ


とボンヤリした感想で終わる事にする…




海外スター・ドラマ
[PR]
# by by569 | 2013-01-03 00:52 | 24
■24-TWENTY FOUR- #23 10:00 p.m.-11:00 p.m.

■キャスト
キーファー・サザーランド(ジャック・バウアー)
レスリー・ホープ(テリー・バウアー→ジャックの妻)
サラ・クラーク(ニーナ・マイヤーズ→CTU局員)
エリシャ・カスバート(キンバリー"キム"・バウアー→ジャックの娘)
デニス・ヘイスバート(デヴィッド・パーマー上院議員)
ジェリコ・イヴァネク(アンドレ・ドレーゼン→テロリスト)
サンダー・バークレイ(ジョージ・メイソン→CTU支部長)
ミーシャ・コリンズ(アレクシス・ドレーゼン→アンドレの弟)
ターニャ・ライト(パティ・ブルックス→デヴィッド・パーマーの秘書)
ペニー・ジョンソン・ジェラルド(シェリー・パーマー→デヴィッドの妻)
カルロス・バーナード(トニー・アルメイダ→CTU局員)
デニス・ホッパー(ヴィクター・ドレーゼン→アンドレ&アレクシスの父)
ポール・ウェブスター(Agent Ron)
Josip Kuchan (セルビア人医師)
Yvette Fernandez(レポーター)
Emile Williams(シークレットサービス)



<ストーリー>

大統領予備選当日、午後10時から午後11時までの出来事


~センチュリーシティへ向かうジャック~
アンドレからジャックへ電話
「デヴィッド・パーマーの居るホテルへ行け」
アンドレの要求は、父ヴィクターの資産2億ドルの返却だった

ジャックをデヴィッドの元へ行かせて?
まさかね~
またデヴィッドを殺せって?
ジャックに殺害させるの、もうやめた方が良いんじゃないかなぁ
アレクシスも帰って来た事だし、早い所、スナイパーにサッと殺害させて国外脱出、これが正解!
あ…、もうスナイパー、居ないのか?
クリス松村似のスナイパーもトニーに殺害されちゃったし



~デヴィッド&パティ~
何となく良い雰囲気の2人
デヴィッドはついに!!
パティを誘う
「20分後に907号室に」


~CTU テロ対策ユニット~
メイソンとニーナ
「発信機がなくなっては、もう追跡は無理~」
そこへジャックから電話
「オレは無事だ!テリーに伝えてくれ」

ジャックが解放されたと知ったメイソン
「まずいな~彼が開放されたと言う事は?何か命じられて動いてるな」

するどい!!!!
メイソン、よく判ってらっしゃる


ニーナ「議員の死…かしら」

一応、シークレットサービスに連絡入れるメイソン


~ヴィクターとアレクシス~
感動の再会!!
「父さん~」

それも束の間、なななんと

アレクシス死亡

「家族だけで別れをさせてくれ~~」 お~いおいおい涙

「母さんと妹、そしてアレクシスまでも…」

ジャック・バウアーめ~~

思わず目の前に居るキムを殺そうとするアンドレ
「待て、そいつは人質だ!」

殺しちゃっても判らないんじゃね?
いつもは簡単に射殺しちゃうのに、ジャック一家の事は殺さないのね、ドレーゼン一家は…



~ホテル~
シェリーとパティ
「今まで主人は何でも話してくれたわ。でも今回は彼の話を聞いて、私に教えてね」

パティが奥さんのスパイかぁ~


~CTU テロ対策ユニット~
トニーとニーナすごい事を発見してしまう
「国防総省の収容施設図面が改ざんされてる~」

一体誰が改ざんを?
第二の内通者か?


~ホテル~
ジャックからデヴィッドへ電話
「ここに来ても私には近づけないぞ」
「シークレットサービスに私を通すように言ってくれ」
「キムが危険な目に遭ってるなら、君を信用できない」

そうだよね~
殺害されるかもしれないんだから



~902号室~
デヴィッドとパティ

ジャックなんて放っておいてっと!
そうそう、こっちの話はどうなった?
パティと浮気?


デヴィッド「パティ、話がある。君はクビだ、出て行け!」
パティ「どうして?」
デヴィッド「妻と結託しただろう?」

あらら
何でもお見通しなのだ
たとえ優秀な秘書でも、裏切られたと思ったら切っちゃうのね~



~CTU テロ対策ユニット~
ニーナとトニーは、国防総省の収容施設図面改ざんを調査中
国防総省には6人アクセスしていて、その内5人は保守作業員、残る1人は、なんと!
メイソンだった…

ニーナ&トニー疑惑の目でメイソンをちら見

メイソンの端末をシャットダウンする

でもな~
ジェイミーがメイソンに成りすまして見たってのもアリだろうし…
う~ん、メイソンは怪しくないような気がするな
(↑いつの間にかメイソン擁護派になってるおいら…あれ?



~ホテル~
ジャック到着
デヴィッドに会う事ができた

「ヴィクターの資産2億ドルが凍結されてるようです。要求は、それを解除し返還しろと。そして、入金確認後、議員を殺害するよう言われてます」

正直に告白するジャック

しかしデヴィッド曰く
ヴィクターの資産はとうに処分されていて、その事をヴィクター自身も知ってるはずだ…と
恐らく目的は他にある

ジャックの電話が鳴る
ヴィクターからだった「議員を出せ」

デヴィッドとヴィクターが話す
その時、携帯からの微かな信号音を聞いたジャックは!!

デヴィッドの持つ携帯を奪い、窓の外へ投げる

「危ない!爆弾装置だ」

全く…
ジャックが来ると、こんなトラブルばっかりだよ
シークレットサービスもあきれるぜ

爆発の残留物を集めるよう指示するジャックだけどさ~
このパニック、あなたのせいだぞ=


ドレーゼン一家は、やった~デヴィッドを殺害したぞ~と大喜び


マスコミもホテルに駆けつける
「デヴィッド・パーマーの状況は不明だと報告させよう」
それに反対なのはシェリー「死んだ事にしろと?冗談じゃないわ。デマを流すつもり?」
ジャック「誤報を流します」
シェリー「そんなのダメよ。国民の信頼を失うわ」

はい!シェリーに賛成


~CTU テロ対策ユニット~
メイソン、トニーに泣きつく「オレの端末が変だっ!議員の予定が見られないよ~」

そりゃそうだ、端末シャットダウンしちゃったんだもんね~


そこに、緊急テレビニュース
「デヴィッド・パーマー上院議員の死亡が確認されました」

なに=====
固まるメイソン、トニー、ニーナ


~ドレーゼン一家のアジト~
やった~~上院議員死んだ~~

「早く娘を殺して出発しよう」
「待て!ジャックの死亡も確認してからだ」


~ホテル~
ジャックに電話が入る
何気に電話に出ると、なんと相手はアンドレだった

なんだよ==ジャック、生きてたのかよぉ

ジャック「議員は亡くなった…娘を返せ」
アンドレ「ロス港11Aドッグへ来い」
判った!30分で行く

あらら?
ホテルに押しかけて、議員を危険な目に遭わせ、さんざんゴチャゴチャにして「わたし帰ります」って?
デヴィッド側にしたら「ジャック・バウアー、いい加減にしろ~」だよなぁ



~ジャックからテリーへ電話~
ジャック「もうすぐキムも助ける」
テリー「良かった。早く2人の顔を見たいわ」
ジャック「テリー愛してる」
テリー「話があるの。パパになるわよ」

こら===
2人でほのぼのしてる場合か
どれだけの人が振り回されてどれだけの人に迷惑かけるのか

つーか、最初からキムがリックと共にテロリストのアジトを逃げ出して、すぐにCTUに駆け込んでいたら、この事件、数時間で済んでたわ

「24」改め、「7」



~CTU テロ対策ユニット~
メイソン「議員は生きてるぞ」

なぬ==?

驚くニーナ、トニー

「ジャックの作戦だとすれば意図的な誤報だ。今、シークレットサービスから事情を聞いてる」


~ドレーゼン一家のアジト~
キム、何気にコーヒーメーカーに近づき、近くに居た見張りの顔に、熱湯をかけ外へ逃げ出す

もうちょっと待てば、ジャックが来るのになぁ
まあ人騒がせな親子なんだわな


キムを追うアンドレ
キムは夜の海に飛び込む

「人質なしでどうする?」
「いや、ジャックには判らないよ」

そうだよ、もしも殺害していてもジャックには判らないんだよ
早くやっとかないから、もう~ゴタゴタしちゃってー
ドレーゼン一家もダメよのぉ~


アンドレの電話が鳴る
「イェレナよ」
「何で急に電話を?」

と言う事は電話しない間柄なのね
でも親しそう
アンドレとイェレナ、英語じゃないし…


イェレナ「パーマーは生きてるわ。誤報だったのよ」

何だって=====(□゜;)

「確かか?」
「間違いないわ」

半ば呆然と電話を切ったであろうアンドレと話をしていたイェレナは、一体誰?




……




……



え??



ニーナ?




ニーナッ!!??




何====(□゜;)



ちょっと、「24」始まって以来の衝撃なんだけど…

ちょっとちょっと~待って下さいよー
今頭がこんがらがっちゃって…あばば


あぁぁぁ、鳥肌立つ~llllll(-□-;)llllll

誰かたすけれ…




(第24話へつづく)




海外スター・ドラマ
[PR]
# by by569 | 2013-01-01 00:59 | 24
■24-TWENTY FOUR- #22 9:00 p.m.-10:00 p.m.

■キャスト
キーファー・サザーランド(ジャック・バウアー)
レスリー・ホープ(テリー・バウアー→ジャックの妻)
サラ・クラーク(ニーナ・マイヤーズ→CTU局員)
エリシャ・カスバート(キンバリー"キム"・バウアー→ジャックの娘)
デニス・ヘイスバート(デヴィッド・パーマー上院議員)
ジェリコ・イヴァネク(アンドレ・ドレーゼン→テロリスト)
サンダー・バークレイ(ジョージ・メイソン→CTU支部長)
ミーシャ・コリンズ(アレクシス・ドレーゼン→アンドレの弟)
ターニャ・ライト(パティ・ブルックス→デヴィッド・パーマーの秘書)
ジュリエット・マーキス(ミラ・ルミノヴィック→ニコラの娘)
クリスティーナ・ムーア(ダナ)
エフゲニー・ラザレフ(ニコラ・ルミノヴィック→ヴィクターの知人)
クリスチャン・スヴェンソン(ハリス→テロリスト)
ペニー・ジョンソン・ジェラルド(シェリー・パーマー→デヴィッドの妻)
カルロス・バーナード(トニー・アルメイダ→CTU局員)
デニス・ホッパー(ヴィクター・ドレーゼン→アンドレ&アレクシスの父)
エンドレ・ヒューレス(Serge)



<ストーリー>

大統領予備選当日、午後9時から午後10時までの出来事


~デヴィッド・パーマー演説~
デヴィッドを見つめる秘書パティ

パティってさ~
一体何なんだろう
どうも怪しいんだよねー
ただ単に本当にデヴィッドの事を好きなだけなのか、何か裏があるのか?
気になる…



~ジャック&ドレーゼン親子~
ジャックからニーナへ電話
ヴィクターが息子アレクシスの生存を確認したいと言う事で、ニーナに、アレクシスの病室へ電話を繋いでもらう

ヴィクターとアレクシス感動の電話対談

アレクシス「父さんなの?どこに居るの?逃げられた?」

質問攻めですな

ヴィクター「何されたんだ?」
アレクシス「女が命取りになると言われたのに…当たってたね~フフフ」

アレクシス笑ってるし…

しかし自分の存在が足手まといになると感じたアレクシス
ヴィクターに逃げるよう告げる


~デヴィッド・パーマー演説~
シェリー、デヴィッドの演説中にパティに接近
「明日ダラスへは行けないわ。LAでイベントがあるの。夫の世話を頼むわ」


~CTU テロ対策ユニット~
ニーナとメイソン
メイソン「シャペルが言うには、政府はテロとは交渉しない方針だって」
ニーナ「ドレーゼンを逃がすの?」
メイソン「一旦逃がして国外で拘束するんだろう~」

いいな~このゆるい感じ

テリー「キムはまだかしら~ジャックが心配だわ~」

まあ心配なのは判るけど、一生懸命やってるから、ちょっとジャマしないでくれるかい?

テリーにはっきり告げる
ジャックを返してもらう代わりに、アレクシスを差し出せと言われている
しかしそれを政府は拒否

今の所ジャックを救う手はなし=!

見捨てられちゃった訳か~

ジャック・バウアー
普段信用がないから、何かあった時にこんな仕打ちなのかもしれない
国にとって「余計な事しやがって」の存在なんだわ



~ニコラ宅~
ヴィクター「おぉー、ニコラ~!元気か~?」

なんか…
大物っぽい男の家に来たよ

ジャックは目隠しされちったから、ここがどこかは判らないぜぇ



~CTU テロ対策ユニット~
メイソンのところにテリーやって来る
「夫を見捨てるの?」
「ジャックは元特殊部隊だ。きっと逃げ切れるよ」
「どうやって助けるの?」

う~~ん、手はないなぁ~
つーか、テリーうるさい
メイソンのジャマすんな


ついにニーナに泣きつく
「あなたしか頼れないの。夫を助けて」

テリー虫が良すぎね?
散々ニーナの事、攻めておいてさ



~演説会終了~
デヴィッドのスピーチも終わった時、ニーナから電話が入る
ニーナ「ジャックがヴィクター・ドレーゼンに誘拐されたの」
デヴィッド「ヴィクターが生きていたって?」
ニーナ「政府に監禁されてたの」

ジャックとアレクシスを交換してほしいとの要求だが、政府は断ったことを説明
デヴィッドの力で何とかできないか相談する

「やってみよう」

なんて、デヴィッドって良い人だ
今忙しい時期なのに…
ジャック~、あまり迷惑かけんなよ



~CTU テロ対策ユニット~
トニーとニーナ
「また問題だ。キムが拉致された!誰かがパトカーを襲ったらしい。テリーにはなんと言う?」
困るニーナ

この親子に関わるとロクな事ないね


デヴィッドからメイソンへ電話
デヴィッド「ドレーゼンとの交渉に応じてくれ」
メイソン「私には権限ないです」
デヴィッド「じゃ、権限ある地位はどうだ?大統領就任後ワシントンに引き抜くぞ」
メイソン「落選したら?」
デヴィッド「当選するさ」

電話を切る

どうしようかなぁ~
ちょっとメイソン、心が動く



~ニコラ宅~
いや~、ニコラの娘ミラの美しい事
な~んて、ミラに見惚れてたら、いきなり!


ジャック突然暴れ出し、ミラの首根っこ捕まえ「この子が死んでも良いのか=!銃を捨てろぉぉ」
仕方なく、みんな銃を置く…

おいおい、ジャックよ
やめておいた方が…llllll(-_-;)llllll


しかしヴィクターは躊躇しないぞ!

ヴィクター、全く迷いなく銃をぶっ放す!!
なんとその弾は、ジャックにではなくミラの頭部に命中

あまりの潔さと冷酷さに参った~
テロはこうでないとダメなんだよ
その割には、ジャックの事はすぐには殺さないんだなぁ
(まぁね~、主役だし

別にジャックと交換だと言っといて、アレクシスだけ頂いて、実はもう既にジャックは死んでいた…なんてことも平気でしそうなヴィクターなのにね

ちょっと一瞬、アンドレも「ちょっと父さんを何て事すんのよ」って顔で見てるし(^-^;)



アンドレからメイソンへ電話
「交渉するか?だったら30分後にグランドアベニュー2127へ来い!弟を確認したらジャックの居場所を言う。緑のバンにアレクシスを乗せろ!」


トニー「グランドアベニュー2127は修理工場です」

アレクシスを連れ出す

おおぉぉ~ついにメイソン、単独でテロリストと交渉しちゃったさ
やっぱり出世したいのね~



~ニコラ宅~
ニコラ、娘の死を悲しむ(当然だよ
「よくもミラを…」
ニコラはヴィクターに怒りを向ける
またしても、ヴィクターはニコラを射殺

あらあら…

このゴタゴタの中、なんと拉致られたキムもやって来た
ジャックと再会~
再会の喜びも束の間、キムはまたしてもどこかへ連れて行かれてしまう


~CTU テロ対策ユニット~
ニーナとテリー
「ジャックを救出してくれそうよ。メイソンが出発したわ」
「良かった…」

まだキムの身に何かあったと知らないテリーは「娘の声を聞いて安心したいの。警察の車に電話を繋いでくれる?」
何とか理由を付けて諦めてもらったが…

ニーナは「テリーにキムの事言えなかった」とトニーに告げる

ニーナの「私、仕事出来ていない気がして」って相談するシーン、思わずコケた
だって、全く仕事出来てないよ
ジャックの行方探しと、尻拭いばっかりでさ



~ホテル~
デヴィッドと秘書パティは、キース事件について記者に質問された時のコメントのチェックをしていた

「こんなに詳しく?すごいな~いつの間に?」
デヴィッドに褒められ喜ぶパティ

「ボーイフレンドは居ないのかい?」
「なかなか忙しくて…」

2人でシャンパンをあけ乾杯

なんだか~良い雰囲気ですけどー
パティって、本当にデヴィッドの事を好きなだけなのか?



~グランドアベニュー2127付近~
約束場所に到着したジャックとドレーゼン一味
「弟が無事に帰ってきたらお前を助けてやる」

って…いいのかい?
すぐに殺害しちゃうドレーゼンなのに、ジャックをちゃんと帰すなんて
約束守るヴィクター&アンドレなんて見たくないぞ~


ジャックは屋外に手錠をかけられ放置され、バンは走り去る


~ホテル~
シェリー「パティ、主人と上に居たでしょう。どうだった?」
パティ「はい、言われた通りに…うまく行きました。でも、どうしてこんな事を?」
「選挙に勝つために大切な事よ」
「でも議員を騙すなんて」

やっぱりな~
なんか変だと思った
奥さんの差し金か?

でもそこまでやる必要があるのかなぁ
デヴィッドにバレたら大変だよ



~グランドアベニュー2127~
約束場所にアレクシスを乗せた救急車到着
メイソンとテロリスト

アレクシスを迎えに来たテロリストの名前が判らない=
この人、貴乃花に激似なんですけど~

これから貴乃花と呼ぼう


メイソン、貴乃花にアレクシスを引き渡す
「ジャックは?」
「ここを離れたら教えるさ」
「キムは?」
「ジャックは渡すと言ったが、キムの事はオレは知らない」

救急車は走り去る

ちょっと大丈夫かい、メイソン
アレクシスは奪われる、ジャックも戻ってこない…
これって超ヤバイ展開のような気もしないでもないぞ


メイソンからニーナへ電話
「どうだ?」
「救急車、追跡中です」

しかしテロも感が良い
アレクシスのネームタグに探知機を発見し、発信機を壊す

あーあ、これで追跡不可能


~一人ぼっちジャック~
ジャックの携帯がなる
「南側に車が停まってる。娘の命が心配ならセンチュリーシティへ行け」

ジャック、手錠を壊し、センチュリーシティへ向かう


(第23話へつづく)




海外スター・ドラマ
[PR]
# by by569 | 2012-12-31 00:24 | 24
■24-TWENTY FOUR- #21 8:00 p.m.-9:00 p.m.

■キャスト
キーファー・サザーランド(ジャック・バウアー)
レスリー・ホープ(テリー・バウアー→ジャックの妻)
サラ・クラーク(ニーナ・マイヤーズ→CTU局員)
エリシャ・カスバート(キンバリー"キム"・バウアー→ジャックの娘)
デニス・ヘイスバート(デヴィッド・パーマー上院議員)
ジェリコ・イヴァネク(アンドレ・ドレーゼン→テロリスト)
サンダー・バークレイ(ジョージ・メイソン→CTU支部長)
ジュード・チコレッラ(マイク・ノヴィック→パーマー選挙参謀)
ターニャ・ライト(パティ・ブルックス→デヴィッド・パーマーの秘書)
ポール・シュルツ(ライアン・シャペル→CTU支局員)
ナヴィ・ラワット(メラニー→ダンの家に居た女)
ダリン・ヒールズ(クルーグマン刑事)
クリスチャン・スヴェンソン(ハリス→テロリスト)
ペニー・ジョンソン・ジェラルド(シェリー・パーマー→デヴィッドの妻)
カルロス・バーナード(トニー・アルメイダ→CTU局員)
ルー・ダイアモンド・フィリップス(マーク・デサルヴォ→国防総省職員)
デニス・ホッパー(ヴィクター・ドレーゼン→アンドレ&アレクシスの父)
ジェン・マッカロー(エレイン)
アンジェロ・パガン(ドレイクFBI捜査官)
ピート・アンティコ(バーンズ→CTU局員)
ジョン・E・エプスタイン(アル)
グウェン・スチュワート(ライオンズ)
リサ・ジョイナー(レポーター)



<ストーリー>

大統領予備選当日、午後8時から午後9時までの出来事


~デヴィッド・パーマー上院議員選挙事務所~
予備選、カリフォルニア州でデヴィッド・パーマー圧勝!

やったね!


~CTU テロ対策ユニット~
ジャックからメイソンへ電話
ジャック「地下組織にヴィクター・ドレーゼンが居た!応援を送ってくれ~」
メイソン「上と相談する」
ジャック「そんな時間ねぇって!」

ブチッ===
電話切る

とりあえず?
ソーガス地区に応援を送るよう指示を出すメイソン


CTUにテリー到着
テリー「夫はどこ?」
ニーナ「今、任務で出てます」
テリー「私たちの事は伝えたの?」
ニーナ「まだです…」

何だ?この奥さん
どうも好かん



~監禁施設~
只今、ヴィクターを移送中~
遠くで銃撃戦の音が響く
もう敵は施設内に入って来ている

進行方向の廊下が突然爆発
「ダメだ、戻ろう」

もう~ジャックたち施設内をウロウロ
真っ暗闇だからなぁ



~CTU テロ対策ユニット~
シャペルと連絡が取れず困り果てたメイソンの所にやって来たテリー「キムはどうなったの?」
「まだ捜索中です」

奥さんうるせぇなー

メイソンが今誰と電話してたのかとか、キムはどうなったとか
一生懸命やってるからジャマしないでくれるかい?



~デヴィッド・パーマー上院議員選挙事務所~
デヴィッドと秘書パティは演説原稿のチェック
「圧勝だなんて本当にすごいですね」

むむむ?
パティ…なんか様子が変じゃね?



~監禁施設~
施設付近をヘリで巡回するバーンズとメイソンが電話
メイソン「様子はどうだ?」
バーンズ「扉が爆破されてますー」

ジャックたちは、ヴィクターを連れ廊下内を右往左往
その時、数メートル離れた廊下に突然登場するアンドレたち

おおぉ~
いきなり出て来たなぁ
アンドレたちが登場した時の効果音が、まるで、ゲーム「メタルギア・ソリッド」風だったぞ


あぶね~全員隠れろ==
しかし、アンドレたちは素早い!

ジャックは、ヴィクターを捕まえ「近づくとヴィクターを撃つぞぉ」
と脅してみせるも…
「こいつが死ぬぞ」
アンドレは、デサルヴォを捕らえていた

なんだよ~
デサルヴォ、捕まってんのかよぉ


アンドレ「3秒やる」
3、2、1
アンドレがデサルヴォを撃とうとする

止めろ=
ジャック、ヴィクターを解放

交換条件のはずが、デサルヴォはアンドレに射殺された

ま~ね、アンドレ・ドレーゼンはそういうヤツだよ
ヴィクターはアンドレに奪われるし、ジャックは捕らえられるし、デサルヴォは射殺されるし…
全く…



~警察~
留置所内で、女たち大喧嘩

そんなケンカとは無関係にメラニーがキムに対抗意識メラメラ
「あんた、甘やかされて育ったのに生意気ね」
「生意気ですって!?私は誘拐され、縛られ、ダンが殺害されるのも見て、いろんな経験してんのよぉ。いつでもかかってきなさいよ=」

キム、ぶち切れ
メラニー、し~ん…



~CTU テロ対策ユニット~
メイソンとヴィクター電話
メイソン「テロリストとは交渉しない」
ジャック「ジャックとは知り合いか?生きて返してほしいだろ?」

とりあえず電話を切る

困ったね~メイソン

ニーナ「ジャックの様子は?」
メイソン「ん~…、生きてたよ」

好きだなぁ、このゆる~い返し


~警察~
留置所内でヤク吸ってた黒人女に目を付けられたメラニー
女は、警官に見つかるようにヤクを捨て、吸ってたのはメラニーだとウソをつく
「ちょっと私じゃないわよ」

警官はメラニーを連れ出そうとするが、そこでキムが助け舟
「吸ってたのはメラニーじゃないわよ」

ここで初めてメラニーは正直に話す決心をする
キムは、ただ居合わせただけで、麻薬売買には関係ないと…


~監禁施設~
ジャックとヴィクター
ジャック「コソボで建物に入ったのは替え玉なのか?」
ヴィクター「まさか、あんなに簡単に騙せるとはな」
「奥さんと娘を何故隠さなかった?」
「2人は旅行中だったが、予定を早めて帰ってきてしまった…」

ヴィクターはとても悔やんでいる様子だった

やっぱりヴィクターも苦しんでいたんだね~
主役がジャックだから、ヴィクターは敵扱いだけど、ヴィクター側にしてみたら、やっぱりジャックを恨む気持ちも判らないではない



~デヴィッド・パーマー上院議員選挙事務所~
パティ「原稿で来ましたー」
演説時間が近づいていた

なんつーか、パティのパソコン持つ手、とか…
ひとつひとつの行動が怪しい

なんか様子が変なんだけど

まさか、大統領暗殺とか?
テロには見えないけどな
それとも大統領夫人の座を狙ってるとか?
判らないなー

デヴィッドも何となく感付いたような?



~CTU テロ対策ユニット~
シャペルからメイソンへ電話

やっとシャペルと連絡取れた=

メイソン「どこにいたんだよ」
シャペル「国防総省でしぼられてたよ!バウアーに好き勝手させただろう=」
メイソン「しかし、彼が居なかったら、ドレーゼンは捕らえられなかったぞ」
シャペル「ドレーゼンは死んでる事になってんだぞ!放置しておけば良いのに。何とか強硬手段で収束しろぉ=」
メイソン「バウアーは?」
シャペル「自業自得だろ」

むむ?
それは見捨てるって事かい?

言わせてもらえば、ジャックはドレーゼンを捕らえられてないし
逆に捕らえられているけど (^-^;)汗


5分後に監禁施設を総攻撃する事が決定


キムが警察に居る事をテリーに伝えるトニー
そこへニーナが入ってくる
「ジャックの事で話が…」

ジャックがドレーゼン一味に捕らえられている事をテリーに正直に話す


~警察~
クルーグマンがキムを釈放
「メラニーが正直に全部話してくれたよ。母親はCTUに居るらしい」

ありがとう~メラニー♪


~監禁施設~
応援で到着したCTU突入部隊

施設内でいくつかの遺体を発見
しかしジャックたちの姿はない
「壁を破ったようです。トンネルが続いてます」

トンネル内にはレーザー式時限爆弾がセットされていた
解除するのに30分はかかりそうだ

この時、メイソンが「ドレイク~」と呼んでいたんだけど、ドレイクって、第14話に登場したドレイクと同一人物なのかなぁ?


既に、トンネルを抜け屋外へ出たドレーゼン一味とジャック

もうジャックは用なしだから殺そうぜ~

いや~ちょっと待った===
「アレクシスに会いたいか?」 おお~っと切り札出た!
「生きてるのか?」

銃を下ろすアンドレ

ジャックってさ、何度も銃を向けられても死なないね
悪運強いw



~CTUに護送中のキム~
もう安心かと思いきや、突然キムの乗った車に追突する車
キムは、目出し帽を被った男に拉致されてしまう

クルーグマン刑事は、もしや死んじゃった?

しかしまた拉致かい?
もういいってば~
なんかしつこいなぁ

テリーとキムの誘拐ネタはもうドラマで使わなくていいのでは?
あと数時間でシーズン1終わるからさー



(第22話へつづく)




海外スター・ドラマ
[PR]
# by by569 | 2012-12-29 00:41 | 24
■24-TWENTY FOUR- #20 7:00 p.m.-8:00 p.m.

■キャスト
キーファー・サザーランド(ジャック・バウアー)
レスリー・ホープ(テリー・バウアー→ジャックの妻)
サラ・クラーク(ニーナ・マイヤーズ→CTU局員)
エリシャ・カスバート(キンバリー"キム"・バウアー→ジャックの娘)
デニス・ヘイスバート(デヴィッド・パーマー上院議員)
ジェリコ・イヴァネク(アンドレ・ドレーゼン→黒幕?)
サンダー・バークレイ(ジョージ・メイソン→CTU支部長)
ダニエル・ベス(リック・アレン→キムの友人)
ジュード・チコレッラ(マイク・ノヴィック→パーマー選挙参謀)
メガリン・エキカンウォーク(ニコール・パーマー→上院議員の娘)
ヴィンセント・アンゲル(フィル・パースロー医師)
ナヴィ・ラワット(メラニー→フランクの彼女?)
ダリン・ヒールズ(クルーグマン刑事)
クリスチャン・スヴェンソン(ハリス→テロリスト)
ペニー・ジョンソン・ジェラルド(シェリー・パーマー→デヴィッドの妻)
カルロス・バーナード(トニー・アルメイダ→CTU局員)
ルー・ダイアモンド・フィリップス(マーク・デサルヴォ→国防総省職員)
ジェン・マッカロー(エレイン)
エドアルド・バレリーニ(フランク・アラード→ダンの兄)
デニス・ホッパー(ヴィクター・ドレーゼン→アンドレ&アレクシスの父)



<ストーリー>

大統領予備選当日、午後7時から午後8時までの出来事


~26GG地区~
だいぶ暗くなっちったぞ

メイソン&ジャック、ウロウロ
相変わらずヘリは低空飛行していた

メイソンに電話が入る
「アレクシスの意識が戻りそうだ」

メイソンだけ戻り、ジャックは停電予定の19:20まで待機


~CTU テロ対策ユニット~
トニーからニーナへ電話
「テリーが自宅に居た!」

とりあえず一安心

「ジャックには言わなくて良い」
メイソンの判断は正解だった訳だね!



~26GG地区~
ジャックを双眼鏡で監視する誰か…

誰だ!?

広大な敷地の、とある場所で、地下へ続く階段を発見したジャックは降りて行く

「バウアーが階段を降りたぞ」
「何でここにバウアーがいるんだ?」

双眼鏡で監視していたのはドレーゼン一味だった

階段を降りたジャックに襲い掛かる電気ショック
ジャック、気絶

最初、この階段を降りるとドレーゼン一味が居るのかと思っちゃったよ

ジャックが目を覚ますと、そこは地下の小部屋だった
ある男が入ってくる
「私は国防総省のデサルヴォだ」

ちょっとちょっと~
ルー・ダイアモンド・フィリップスじゃね?
懐かしいなぁ

ヤングガンの同窓会だぜ=


デサルヴォによると、ここは凶悪犯の監禁施設らしい

ジャック「暗殺者が電力会社の1人を買収し、この一帯を19:20に停電させるんだ。その時間に何がある?」
デサルヴォ「その時間に囚人が移送される。特別扱いの囚人だ」

あと5分しかない

ここには、デサルヴォの他には、看守3名と技師3名しかいない
あまりに手薄だ
応援を呼ばなければ


アンドレ「よ~し、そろそろ時間だ!」
あとは停電を待つのみ


ジャックたちは重装備で屋外へ出て、ヘリを見守る


アンドレ「電気が消えないじゃないか!!仕方がない、決行しよう」
ハリス「ダメだ!警備が8人も居る。暗くならないと危険だ」

決行だ!
いや、ダメだ!!

相変わらずテロリストたちゴタゴタですね~
電力会社の赤帽子は、結局の所、停電の作業はやってなかったって事だね
やる前に撃たれちゃったのかぁ

残念~


ジャックたちは囚人を無事収監


~警察~
クルーグマン、キムを取調べ
「私はジャックバウアーの娘よ!CTUに電話して」

信じてもらえず


~監禁施設~
デサルヴォ「本当に外に誰かいたのか?」
ジャック「停電にならなかったから何も起きなかったんだ。囚人に話を聞きたいんだが」
デサルヴォ「ダメだ!私とは交渉できない、権限がない」


~デヴィッド・パーマー上院議員選挙事務所~
記者会見後、パーマーの支持率がアップ

おおぉ~すごいね

ジャックからデヴィッドへ電話
ジャックは、26GG地区にある国防総省の監禁施設の話を伝える
「囚人と話できるよう交渉してほしい」とデヴィッドに頼む


~監禁施設~
ジャック、施設内をウロウロ
モニター室に入り、モニター見たり施設内地図を見たり

「こら~勝手にいじっちゃダメだ=」
デサルヴォに見つかる

「どうしても移送された囚人の顔が見たいんだ=」

囚人の顔を見てフリーズするジャック
「そんなバカな…ヴィクター・ドレーゼンだ。オレが2年前に殺した」

おおぉ~デニス・ホッパーだ=


~デヴィッド・パーマー上院議員選挙事務所~
予想外の支持率アップでシェリーも上機嫌♪
そんなシェリーとは対照的に、デヴィッドはすっかりシェリーを信用出来なくなっていた

大統領になれるか!という時に、こんなに夫婦仲が悪くなるとは…


~警察~
キム留置所へ

留置所内、大勢の女が居るんだけど、みんな変な女ばっかり~


~監禁施設~
ジャックは、2年前の極秘任務をデサルヴォに話す
「茶番劇に使われてオレは部下を失ったんだ!国はドレーゼンをずっと保護してた訳だ…」

デヴィッドの働きで、5分間だけヴィクターと会える事に
ジャック「オレの家族を巻き込まないでくれ!お前の息子たちを止めろ!」

ふふふ…
終始、不気味な笑みのヴィクター


このままではヴィクターを奪いに息子たちが突入してくるに違いない
「図面に載っていない出口から移送させよう」

ヴィクターを移送しようと廊下を歩いている時!
いきなり電気が消える

「ふふふ、息子たちだ」

ヤバイぞ、ジャーック! (□゜;)


(第21話へつづく)




海外スター・ドラマ
[PR]
# by by569 | 2012-12-27 00:20 | 24
■24-TWENTY FOUR- #19 6:00 p.m.-7:00 p.m.

■キャスト
キーファー・サザーランド(ジャック・バウアー)
レスリー・ホープ(テリー・バウアー→ジャックの妻)
サラ・クラーク(ニーナ・マイヤーズ→CTU局員)
エリシャ・カスバート(キンバリー"キム"・バウアー→ジャックの娘)
デニス・ヘイスバート(デヴィッド・パーマー上院議員)
ジェリコ・イヴァネク(アンドレ・ドレーゼン→黒幕?)
ヴィセラス・レオン・シャノン(キース・パーマー→上院議員の息子)
サンダー・バークレイ(ジョージ・メイソン→CTU支部長)
ダニエル・ベス(リック・アレン→キムの友人)
ザック・グルニエ(カール・ウェブ→デヴィッドの支援者)
エドアルド・バレリーニ(フランク・アラード→ダンの兄)
メガリン・エキカンウォーク(ニコール・パーマー→上院議員の娘)
アンリ・ルヴァッティ(ジョバン・ミョヴィック→テロリスト)
ヴィンセント・アンゲル(フィル・パースロー医師)
ナヴィ・ラワット(メラニー→フランクの彼女?)
ダリン・ヒールズ(クルーグマン→ヤクの売人と思いきや)
ランディ・J・グッドウィン(ニューマン)
ペニー・ジョンソン・ジェラルド(シェリー・パーマー→デヴィッドの妻)
カルロス・バーナード(トニー・アルメイダ→CTU局員)
ノエル・グーリーエミー(クレイグ)
ルイス・ド-バー(ボブ・ヨーエンセン)
ジェン・マッカロー(エレイン)



<ストーリー>

大統領予備選当日、午後6時から午後7時までの出来事


~バウアー宅~
家に戻って来たテリーとパースロー

パースロー氏、バウアー宅の置き鍵の在り処まで知ってるし…
しかし?
何故かドア開けたら警報装置作動しちゃったんですが
鍵で開けたのに、なんで?

警報装置の音が激しくてジョバン・ミョヴィックも大慌てさ~


パースロー「パスワードは?」
テリー「思い出せない…」

警備会社の人間がバウアー宅に到着
パースロー「彼女はここの住人だ。パスワードを忘れたらしい」
警備会社「本当にテリー・バウアーさん?IDは?」

最初は疑っていたが、家中にテリーの写真が飾られてあり、信じてもらえたようだ

テリーがやっと自宅へ戻って来たと思ったら、警報装置はなるし、警備会社の社員は来るし…
なかなか行動に移せないジョバン・ミョヴィック

うまく行かないね~



~コニーズ~
赤帽子男モーガンが言っていた「26GG地区」がソーガス地区だと判明する

メイソン「ジャック、君の行く先々で死人が出るなぁ~」

確かに…llllll(-_-;)llllll

デヴィッドからジャックへ電話
削除されたデータは、日付と場所、生前のドレーゼンに関する情報、関連性のない住所などだった
住所は、キブリング21911
「ソーガスという町のキブリング」
「ソーガスだって?」

ジャックからトニーへ電話
「ソーガス地区に何があるか調べてくれ!」

ジャックとメイソンはとりあえずソーガス地区へ行ってみる


~ダンの家~
ダンが戻らずイライラ当り散らしフランク

ついキムは「ダンは戻らないわ!」

キムって本当にバカかも…

フランク「何で?」
リック「実は、キムをかばう為にダンは殺されたんだ」
フランク「カネはどこだ?」
リック「ゲインズは払ってくれなかった」

何====!!!怒怒怒

「もうすぐ売人が来るんだぞ!カネがないなんて、そんな事が通るかよ!!」


~デヴィッド・パーマー上院議員選挙事務所~
デヴィッドはキースの事件に関して、ついに会見を開く決心

キース「刑務所に行く覚悟は出来てる」
シェリー「あなたの父親は初の黒人大統領になる所なのよ。よく考えなさいっ!」
家族の言い争いを聞いていて、ニコール発作を起こす

レイプされたニコールが一番可哀想なのよ


~ジャックとメイソン~
ニーナからジャックへ電話
「26GG地区は野生動物保護区よ」

メイソン「ドレーゼン一家の報復なのか?」
ジャック「今日で2年だ」
ジャックがドレーゼン一味を抹殺してから2年

メイソン「ソーガスに何がある?君と居ると退屈しないなぁ」

ジャックは昨夜メイソンを麻酔銃で撃った事を謝る

まだ昨夜の出来事かぁ


~ダンの家~
キム、逃げ出そうとするも、フランクの友達がやって来て逃走に失敗

う~~ん、もっと早く逃げられたよね

フランクの友達が持ってきたものは、たくさんの銃だった


~バウアー宅~
テリーとパースロー
テリーの記憶を呼び起こそうといろいろ試す

「予定表を見てみよう」

テリーの昨日の予定は…
「キティと待ち合わせ」

パースロー「キティは、君の仕事仲間だよ」

テリーって、インテリアデザイナーらしいです
知らなかったぁ


そこへ、ピンポーン~

誰?
まさか、ジョバン・ミョヴィックが宅配業者に化けて登場…とか?


来客はクリスという男だった
パースローが用心棒の為に呼んだとの事
しかし、クリスが銃を所持していてテリーはパニックに…


ジョバン・ミョヴィックとアンドレ・ドレーゼン電話
「邪魔が入って、まだテリーを殺せてない!!」

早くしろ!


~ホテル~
デヴィッド・パーマー、記者会見開始
それは、援助してくれた支援者を裏切る行為だった

なんだかんだモメながらもやっと会見を開けたね


~CTU テロ対策ユニット~
ニーナCTUに戻る
トニーから「テリーと連絡が取れない」と聞き、ニーナは驚く

トニー「メイソンの命令でみんなには黙っていたんだ」
ニーナ「ジャックに知らせるわ」

ニーナからメイソンへ電話
「テリーが行方不明だとどうしてジャックに言わないんですか?ジャックに伝えてあげて下さい」
しかしジャックに伝える気は全くないメイソン

ニーナがまだ話してる最中だと言うのに、いきなりブチ~っと携帯切っちゃったよ、支部長ったら
「あれ~?オレの携帯の電池切れちゃったな~、ジャック携帯貸してくれ」

とかなんとかウソをつき、ジャックの携帯電話の電源もオフにしてしまう

恐らくニーナは次にジャックの携帯に電話してくるだろうと見越した行動
さすがです、メイソン
確かにニーナ、ジャックに掛けてます



~26GG地区~
ジャック&メイソン
「ビクター・ドレーゼンは民族浄化を指揮してた。ジェイミーだけじゃない!CTU内に手引きした人間が居るはずなんだ」

ジャックの熱い訴えに、「ふ~ん」って感じのメイソン
この温度差が好きだな~


しかし26GG地区は、どう見ても野生動物保護区には見えない


~ダンの家~
ヤクの売人2人がやってくる
「カネはあるだろうな」
「まずはヤクを見てからだ」

フランクと友達は、「カネはこのバッグの中だ」とバッグのファスナーを開け、いきなり銃を取り出す
向こうも銃を構える
…が、人数的にヤクの売人の方が不利だ
売人は銃を下ろす

それをキッカケにフランクは、売人を殴る蹴る!

もう止めてあげて~~

売人、突然立ち上がり「君には黙秘権がある!!」

ん?どうしちゃったの?
頭殴られて回路が変になっちゃったの?


警察突入====!

フランク、そしてその場に居合わせた全員が逮捕される

もちろんキムも

まあ、考えようによっちゃ、警察に逮捕されてた方が安全か?


売人かと思っていた男は、クルーグマンと言う名の刑事だった
「鼻を折られた~~~涙!」

1人死亡容疑者5名逮捕

フランクの友達1名だけ死んじゃったデス…


~バウアー宅~
テリーとパースローは、キムの写真を見ながら世間話
少しずつテリーの記憶が戻りつつあった

ついにジョバン・ミョヴィックが行動開始
バウアー宅に侵入

パースローが用心棒に呼んだクリスをすぐさま殺害
逃げるテリーとパースロー
しかそパースローも撃たれる

ジョバン・ミョヴィック、テリーに近づき「娘は?」
「私も知らないのよぉぉ~~」

テリー絶体絶命!!

と思ったら、ジョバン・ミョヴィックが撃たれる

ん??
ジョバン・ミョヴィックを殺害したのは、一体誰?


颯爽と登場~
トニーだった

ああーーー
トニーが来た==
すげ==カッコイイ~


テリーと撃たれたパースローを車に乗せる
「キムの乗った車が崖から落ちてキムがぁぁ~~涙」
「大丈夫です。キムから電話がありました。生きてます」

パースローを病院へ運び、テリーはCTUで保護する事に

母さんはCTU、キムは警察
これで安全だね!



~26GG地区~
ジャックとメイソン
低空飛行のヘリが旋回している
あのヘリは一体?

妙にジャックとメイソンの組み合わせがおもしろい
だんだんメイソンに愛着がわいて来たぞ
好きキャラかも



(第20話へつづく)




海外スター・ドラマ
[PR]
# by by569 | 2012-12-25 00:04 | 24
■24-TWENTY FOUR- #18 5:00 p.m.-6:00 p.m.

■キャスト
キーファー・サザーランド(ジャック・バウアー)
レスリー・ホープ(テリー・バウアー→ジャックの妻)
サラ・クラーク(ニーナ・マイヤーズ→CTU局員)
エリシャ・カスバート(キンバリー"キム"・バウアー→ジャックの娘)
デニス・ヘイスバート(デヴィッド・パーマー上院議員)
ジェリコ・イヴァネク(アンドレ・ドレーゼン→黒幕?)
ヴィセラス・レオン・シャノン(キース・パーマー→上院議員の息子)
サンダー・バークレイ(ジョージ・メイソン→CTU支部長)
ダニエル・ベス(リック・アレン→キムの友人)
ジュード・チコレッラ(マイク・ノヴィック→パーマー選挙参謀)
エドアルド・バレリーニ(フランク・アラード→ダンの兄)
ターニャ・ライト(パティ・ブルックス→デヴィッド・パーマーの秘書)
ヴィンセント・アンゲル(フィル・パースロー医師)
アンリ・ルヴァッティ(ジョバン・ミョヴィック→テロリスト)
カーク・バルツ(テディ・ハンリン→CTU局員)
ナヴィ・ラワット(メラニー→フランクの彼女?)
ペニー・ジョンソン・ジェラルド(シェリー・パーマー→デヴィッドの妻)
カルロス・バーナード(トニー・アルメイダ→CTU局員)
デヴィッド・フランコ(アラン・モーガン→赤帽?)



<ストーリー>

大統領予備選当日、午後5時から午後6時までの出来事


~1243号室~
「アレクシスは誰かに金を渡す約束をしていたようだ!金を探せ~」

部屋から無記名の債券が見つかる
ジャックが債権を持ち、コニーズへ向かう

何で待ち合わせ場所に行くのがジャックなのさ
(主役だから)
まぁ~そうだけどさ
また何か起こりそうな嫌な予感…



~某レストラン~
パースローによると…
テリーとパースローは別居中に出会い、お互い結婚?を意識したほど関係が進んでいたそうだが、テリーは家庭に戻った
「電話するなと言われ、諦めたんだ」

何だよ~
テリーも美味しい思いしていて、ジャックが戻って来てくれたんだ
ジャックもテリーが受け入れてくれて、この2人、他人を振り回してばっかりさ

ニーナもパースロー先生も可哀想=


「とりあえず病院へ行って検査しよう」
「いや!!病院へは行きたくない!あなたが検査して」
「ボクは外科医だから」 (専門外って事?)

いいなー外科医と知り合いになれるなんて



~デヴィッド・パーマー上院議員選挙事務所~
録音してきたテープを聴くデヴィッド、マイク、シェリー

マイク「どうする気だ?許可がない録音は採用されないぞ」
シェリー「テープを処分して!」
マイク「いや…、大統領になってから利用しろ!実力者の秘密を握ってるんだからな」


~CTU テロ対策ユニット~
ジャックからトニーへ電話
ジャック「テリーと話したか?」
トニー「いや…」
ジャック「隠れ家の電話番号を知りたいんだ」

困っちゃったトニーはメイソンに電話を代わる
メイソン「テリーとキムは休んでると言ってたぞ」

とウソをつき、なんとかジャックを騙す…


~コニーズへ向かう車内~
ジャック「テリーは何て?」
ニーナ「私と話したくなさそうだったわ」
ジャック「隠れ家に居るポールソンに電話してくれ」

ニーナは隠れ家に電話するが、誰も出ない

圏外かな?なんてノンキな感じ


~アンドレとジョバン・ミョヴィック電話~
アンドレ「モーガンと会う予定だ」

もしかして、モーガンって、ジャックが会おうとしてる赤帽子の人だよね?

ジョバン・ミョヴィック「女を捜すので精一杯だ!必ず始末する」
アンドレ「どうやって見つけるんだよ!」
ジョバン・ミョヴィック「バウアー家に行ってみる」

アンドレ、まさか弟アレクシスが女に刺されてるとは、思いもしないよね
一応、アレクシスくんは、重体ですが一命は取りとめたようです
良かったね~



~ダンの家~
ダンの家って事で良いでしょうかね
正直、誰の家か判んないのよ

まあ、まとめると…
ダンとか、ダンの兄ちゃんフランクとか、フランクの彼女メラニーとかがたむろってる家です、はい


テリーの行方が気になるキムは「災害の時に落ち合おうって約束してる公園に行ってみる」

そうだよ、こんな所に長居して良い事ないから、早く出てった方が良いと思うぞ~

キム「リック、一緒に行きましょうよ」
リック「警察に捕まるからからイヤだ!今、保護観察中なんだ。今度捕まったら刑務所だ」

とりあえずリックを置いてさ、早く出てった方が…

そこへ、ダンの兄ちゃんフランク登場!

フランクってダンの兄と言う事になってるみたいなんだけど、ダンとフランク、苗字が違うんだよね~

う~む…
フランク、イマイチかっこわるいな


キムに気づいたフランク
「誰だ?この女」

ほら~、帰れなくなった
キムって、本当にバカかも…
危険察知能力なさ過ぎ~



~コニーズ~
メイソンからジャックへ電話
メイソン「コニーズの現場チーフは、テディ・ハンリンだ」

テディ・ハンリンの名前を聞いて、ゲ===状態のジャック
どうもジャックが、テディの相棒を密告して刑務所にぶち込んでしまった過去があるらしい
ジャックとテディ、仲が悪いっす

コニーズに到着して、これから大切な任務があるというのに、ジャックってば、テリーが気になって仕方がない模様
隠れ家に電話しまくり
でも、誰も出ない
「出ないぞ!この番号で間違いないか?」

いいから、仕事に集中しましょうよ



~CTU テロ対策ユニット~
トニー「テリーらしい目撃情報があった。グリフィス公園付近に居たと…」
メイソン「衛星で探そう。ウィリアムズをバウアーの自宅へ行ってもらった」


~某レストラン~
パースローは、テリーの症状は解離性健忘症だと診断する
テリー「病院へは行きたくない!」
パースロー「ボクがついてるから大丈夫だよ」

何、甘えてんのさ

とりあえず、テリーの自宅へ向かう事に…

おお~~っと、テリーの家には、ジョバン・ミョヴィックも向かってるぞ
あと、CTUのウィリアムズも
みんなバウアー家に大集合だね♪



~デヴィッド・パーマー上院議員選挙事務所~
デヴィッドから封筒を渡された秘書パティは、それを金庫に保管
その封書が気になって仕方がないシェリー
誰にも言わず勝手に金庫内をチェックする

シェリーの行動は、母親としては判るような気もするけど、デヴィッドにばれたら怒られるぞ~

その後、金庫を開けたデヴィッド唖然
金庫内は空だった

シェリー「処分したわ。これでいいのよ」
デヴィッド「思った通りだな…」

あのテープはダミーで、妻シェリーを信用できなかったデヴィッドは彼女の事を試したのだった
試されたと知ったシェリー「家族を守るためならなんだってやるわ!」怒り心頭


~コニーズ~
ジャック待ち合わせ場所に到着

ジャックや現場で待機しているCTU職員が無線で会話してるんだけど、テディってば、ジャックの密告についてネチネチと…
「セスの奥さん首を吊ったぞ~2週間前だ。子供4人もいるのに亭主は刑務所だしさ~。お前が収賄で逮捕したからだ」

テディの話に向かって、あ~だこ~だ言い訳してるジャックが、傍から見ると1人で喋ってるように見えるんだけど…
敵に判っちゃうよね~(-_-;)

メイソンから一喝!!!
「テディ!!今は任務に集中しろぉ=」
「OK~」
おおぉ~っと、いきなり支部長から叱られるとは…汗



~バウアー宅~
バウアー宅にジョバン・ミョヴィック到着
同時刻、CTUのウィリアムズも到着する

鉢合わせ?
大丈夫かいな



~ダンの家~
ダンが戻らなくてイライラのフランク
リック「何の取引があるんだ?」
フランク「ヤクの取引だ」
リック「ダンが戻らなかったら?」
フランク「ヤツは約束を守る男だから大丈夫だ!」

もうダンは戻らないんだけどね~
これからヤクの取引があり、ダンが金を調達してくる役目だったらしい

あれ?
みんなの目が離れてる時間が結構あるんだけど…
キム、普通に外に逃げて行けそうだけどな
でもそういう時には、逃げないんだよ、キムって
タイミングわりぃの



~コニーズ~
階段から赤帽子の男モーガンが近づいてくる
「来た===!」

ジャックを素通り
「おい!」

振り返ったモーガン「え?あんたがアレクシス?」って感じだぜ
大丈夫か?


「待ち合わせは、店内の約束だろ?」

そうだったんだぁ~

「中にサツが居るんだ。ここで話そう」
言われるまま、ジャックの目の前に座るモーガン

「カネは?」
「その前に依頼の内容の確認だ」
「今夜7時20分に26GG地区を停電させ、5分で復旧だ」

むむむ?
ジャックの英語が訛っていないのを不審に思い

「お前、何者だ=!!?」

こんなにアッサリばれてしまうとは…

モーガン、逃げる!

テディ「オレが撃つぜ」
ジャック「待て!撃つな、オレが捕まえる!」

なんで撃っちゃダメなの?
足とか…ちょっとのダメージくらいだったら撃っても良くね?
テディも足を狙うから~って言ってるのに…

テディが狙い定めてるのに、ジャックが撃つな~ダメだ~とかばっかり言ってるから、テディも困っちゃうよなぁ
でも一応、撃ったよ


全く命の危険性のない場所に弾が当たったにもかかわらず、走っていた勢いで、歩道橋のガラス製手すりを破り、モーガン落下

もしや…死んだ?


~バウアー宅~
テリーとパースロー、バウアー宅に到着
木陰から様子を窺うジョバン・ミョヴィック
既にウィリアムズは死亡していた

なんつー素早さだ…
そして、相変わらず、ジョバン・ミョヴィックはクリス松村だ



(第19話へつづく)




海外スター・ドラマ
[PR]
# by by569 | 2012-12-23 00:16 | 24
■24-TWENTY FOUR- #17 4:00 p.m.-5:00 p.m.

■キャスト
キーファー・サザーランド(ジャック・バウアー)
レスリー・ホープ(テリー・バウアー→ジャックの妻)
サラ・クラーク(ニーナ・マイヤーズ→CTU局員)
エリシャ・カスバート(キンバリー"キム"・バウアー→ジャックの娘)
デニス・ヘイスバート(デヴィッド・パーマー上院議員)
ジェリコ・イヴァネク(アンドレ・ドレーゼン→黒幕?)
ヴィセラス・レオン・シャノン(キース・パーマー→上院議員の息子)
サンダー・バークレイ(ジョージ・メイソン→CTU支部長)
ダニエル・ベス(リック・アレン→キムの友人)
ミーシャ・コリンズ(アレクシス・ドレーゼン→アンドレの弟)
ヴィンセント・アンゲル(フィル・パースロー医師)
カーラ・ゼディカー(エリザベス・ナッシュ→デヴィッド・パーマーの秘書)
ポーリー・ペレット(ターニャ→テリーを助けてくれた女性)
グレン・モーシャワー(アーロン・ピアース→シークレットサービス)
ナヴィ・ラワット(メラニー→リックの居る家の住人)
カルロス・バーナード(トニー・アルメイダ→CTU局員)
アンドレ・キャンティ(ヘンリー・マーティン→レストラン店長)
デヴィッド・フランコ(アラン・モーガン)
ジョン・タグ(ウェイター)



<ストーリー>

大統領予備選当日、午後4時から午後5時までの出来事


~崖転落キム&ターニャの車に乗せてもらったテリー~
テリーの姿が見当たらない
道路を1人ウロウロ歩くキム

テリーはターニャに質問されても全く自分の事が思い出せずに居た
ハズバンド?
夫の記憶もない


~選挙事務所があるホテル~
ホテルにジャックたち、到着

アレクシス・ドレーゼンの部屋は1243号室
1242号室をCTUの詰め所にする
民間人は既にこの階から撤退していた

「やぁ、ピアーズ!朝食会で会ったね!」
…って楽しげに挨拶してるジャックだけどさ
発砲事件起こして、その上、発電所の朝食会からは逃走して…
大暴れだったさ~



~記憶喪失テリー~
ターニャの運転で町まで降りてくる
「あ、ここ見覚えがある」
某レストランの前で停めてもらう

まだ準備中のレストラン内へ入っていくテリーとターニャ
店長ならテリーの身元が判るかと思いきや、まだ出勤前との事
ここで待たせてもらい、ターニャとは別れる

ターニャ、もう登場しないのかな?


~1242号室~
デヴィッドも駆けつけ「無理なら止めろ!」
「いいえ、私やります」

エリザベス、すごいなぁ

デヴィッド「エリザベスの父は私の長い付き合いの親友なんだ!何かあったら…」
ジャック「大丈夫です!」

大丈夫って…
ジャックの大丈夫は大丈夫じゃないから



~キム~
キムも徒歩で町まで降りてきた
公衆電話からCTUへ電話
トニーに繋がる

「隠れ家で襲われたの。警備の人も死んだわ。母が誘拐されたかも」
「今どこ?迎えに行くから場所を」
「また騙す気ね!」

キムはもう誰も信じられなかった

安易に信じちゃいけない時にはホイホイついていくのに、ここぞと言う時に信じないんだもんなぁ


~CTU テロ対策ユニット~
トニー、メイソンへ報告
「とりあえず、隠れ家調査へ向かわせろ。隠れ家周辺の公衆電話の発進記録を探れ」
「ジャックには?」
「言うな、捜査に集中させろ!」

トニーは不満げだが、メイソンなかなか良い指示だと思うぞ
もしかして、メイソンって本当に良いやつ?
まだ疑ってます…(^-^;)



~1242号室~
ジャックが妙にイライラ
ニーナ「どうしたの?」
「テリーが心配だ」

それをニーナに言うなよなー(怒

「ポールソンが聴取をしてるのか?どうして君じゃないんだ!」

ニーナに当たるなよ
お前のかみさんがニーナに当り散らしてるからだろ
ダメだ、この夫婦…



~キムからリックへ電話~
「捜査員が死んで、母も居ないの。あなたの所へ行っても良い?ダメと言うなら警察に行くわよ」

脅しかよ

キムは住所を教えてもらい、リックの居場所へ向かう

また嫌な予感がする…
つーか、トニーを信じられないのはいいけどさ
タクシーでリックの所に行くなら、CTUに直行した方が良くね?



~デヴィッド・パーマー上院議員選挙事務所~
キース戻る
キース「父さん、ごめん。警察に行かないのはボクの為だね」
デヴィッド「母さんに聞いたのか?」

録音して来たテープを聞かせる

キースの行動に驚きつつも、デヴィッドはテープを預かる事にする


~アレクシスとアンドレ~
ドレーゼン兄弟電話
アレクシス「パーマーはLAに残るらしい」
アンドレ「女からの情報か?さっき会ったばかりなのにまた会いたいって?気をつけろよ」
「議員の予定を聞き出すよ」
「いいか、女は消せよ」

兄ちゃん、鋭いなぁ
気をつけるに越した事ないぞ、アレクシス



~1242号室と1243号室~
ジャックはエリザベスに説明
1243号室に小型カメラを設置した
カメラでは映像と声をひろうから、何かあったら突入する

計画は、エリザベスが発信機をアレクシスの財布に仕込み、ジャックからの電話に出て、緊急だと言い部屋の外へ出る

ちょっとちょっと~
緊張するなぁ
素人のエリザベスに出来るのだろうか…



~某レストラン~
マーティン店長ご出勤
「ミス・バウアー、お久しぶりです。パースロー先生は?」
「記憶がないの…私はバウアー?」
「パースロー先生と、よく2人で来てましたよ。彼の病院に連絡しましょうか?」

バースロー先生って、もちろん男だよね
なんだよぉ
別居中にテリーも男と一緒に遊んで居たんじゃないか=
ニーナを責められないぞ!

赤ちゃんのパパも、もしや…?

ふざけんなよ!
このっ!!怒怒怒怒 (落ち着け、おいら



~1242号室~
1243号室の監視カメラチェック
ジャック「隠れ家で何かあったんだろう?」
ニーナ「テリーは何か感づいたみたい」
ジャック「別れたと言ったか?」 ←何じゃ、このセリフ…怒

もちろんだっつの
ニーナ、もうジャックの部下やめろー

なんかジャック、落ち込んでるようだけど、ショック受けるのは、君じゃないから
ニーナが可哀想なんだってば
お前は良い思いしただけだっ!



~1243号室~
アレクシス・ドレーゼン、到着

1243号室のドアの前に立つエリザベス

緊張してるなぁ
この顔じゃダメだ~
さっきまであんなにウキウキしてたんだからさ
アレクシスにすぐバレちゃうよ

彼女の緊張がこっちまで来る=

「24」はじめって以来の緊張だな、これは


アレクシスの部屋に入る

彼女の様子が変なのは誰が見たって判る~
どうしよう( ̄□ ̄;


お酒を飲みたいとアレクシスを誘導し、その隙にジャケットから財布を取り出し発信機を…
と思ったら、手が震え発信機を床に落としてしまう

早く見つけて==

やっと発信機を見つけ、財布に仕組んだ途端、アレクシスが戻って来てしまう
財布はまだ彼のジャケットに入れられずに一旦、エリザベスは自分のポケットへ

彼に気づかれるよぉ
緊張する==
誰か助けて~~~


アレクシス「議員の今後の予定は?」
エリザベス「まだ未定よ」

アレクシスの目が離れた時、ジャケットに財布仕込み成功!

「本気で君を愛してるんだ」

リップサービスだろうけど、まさかこれでエリザベスの心が動いたりする事はないでしょうね
え??
まさか…

これどんな展開になんのぉ~llllll(-□-;)llllll



次にジャックから電話
エリザベスの携帯が鳴る

この電話に出て、緊急の用事が入った言い、退室…の予定だったが…
エリザベス、何故か電話に出ない

ちょっとちょっと~
ジャックからの電話、彼女、切ったよ
なんで?


ジャック慌てる

おいらも慌てる…
ドキドキする

何度も言っちゃうけど「24」始まって以来の緊張でっす!


1242号室で監視カメラ見てるジャックとニーナ
「彼女は何のつもりだ?」
「判らないわ」

エリザベス「朝から何も食べてないの。ハンバーガー頼んでくれる?」
言われるままにルームサービスで「ハンバーガー1個お願い~」のアレクシス

彼女の様子が変だと思いつつも、別に用心深くなってる感じはないなぁ
意外に警戒心ゼロのアレクシスくんだ



監視カメラで、エリザベスの手に光るものを見つけるジャック
「まずい!ナイフだ」

振り返りざま、エリザベスはアレクシスの腹を思い切り刺す!

そう来たかぁ~~
エリザベスって、すごい
まさかこんな展開になろうとは…

アレクシスくん、お兄ちゃんの警告、ちゃんと聞いておかないとね~



~キム~
タクシーで、リックの所へ到着

この家は、リックの友達ダンの家みたいですな
中から出てきた女はメラニー



~某レストラン~
バースロー先生、登場
「テリー、大丈夫?何があったのか一緒に調べよう」

なんて優しい先生なんだ~


~1243号室~
ジャック「彼女の精神状態を甘く見てた」
メイソン「君のミスだぞ」

そうだ、そうだ!!
だから「大丈夫です!」なんて安易に言っちゃダメなのさ


そこへ駆けつけるデヴィッド「彼女が刺されたのか?」

まあ、そう思うよね

デヴィッド「エリザベス、いいか、弁護士以外誰とも話すなよ」

アレクシスの電話が鳴る

誰?
兄ちゃんからか?


ジャック電話に出る
電話の向こうから男の声で「カネは?45分後に会おう」
ジャック「どこでだ?」
「コニーズだよ」
「目印は?」
「赤のベースボールキャップだ」

なんかスムーズに会話しちゃったし
アンドレからの電話じゃなくて良かったよぉ~汗

つーか、ジャックに指揮執らせるのはやめようよー
彼が関わると被害者も問題も増えてく=



(第18話へつづく)




海外スター・ドラマ
[PR]
# by by569 | 2012-12-21 00:42 | 24
■24-TWENTY FOUR- #16 3:00 p.m.-4:00 p.m.

■キャスト
キーファー・サザーランド(ジャック・バウアー)
レスリー・ホープ(テリー・バウアー→ジャックの妻)
サラ・クラーク(ニーナ・マイヤーズ→CTU局員)
エリシャ・カスバート(キンバリー"キム"・バウアー→ジャックの娘)
デニス・ヘイスバート(デヴィッド・パーマー上院議員)
ジェリコ・イヴァネク(アンドレ・ドレーゼン→黒幕?)
ヴィセラス・レオン・シャノン(キース・パーマー→上院議員の息子)
サンダー・バークレイ(ジョージ・メイソン→CTU支部長)
ダニエル・ベス(リック・アレン→キムの友人)
ザック・グルニエ(カール・ウェブ→医師)
ミーシャ・コリンズ(アレクシス・ドレーゼン→アンドレの弟)
アンリ・ルヴァッティ(ジョバン・ミョヴィック→テロリスト)
メガリン・エキカンウォーク(ニコール・パーマー→上院議員の娘)
カーラ・ゼディカー(エリザベス・ナッシュ→デヴィッド・パーマーの秘書)
ケヴィン・ラムジー(テッド・ポールソン→CTU局員)
エリック・バルフォー(マイロ・プレスマン→システム・エンジニア)
グレン・モーシャワー(アーロン・ピアース→シークレットサービス)
ポーリー・ペレット(ターニャ→テリーを助けてくれた女性)
ナヴィ・ラワット(メラニー→リックの居る家の住人)
ペニー・ジョンソン・ジェラルド(シェリー・パーマー→デヴィッドの妻)
サム・エアーズ(ジェフ・ブリーアー→CTU局員)
ウェイド・ウィリアムズ(ロバート・エリス→ジャックの元同僚)


<ストーリー>

大統領予備選当日、午後3時から午後4時までの出来事


~ニューオリンズ 某バー~
エリスの苦しむ声を聞いたジャックは嫌な予感がする

全部資料も盗まれっちったよ
だから極秘の持ち歩きはダメだって=


CTUニューオリンズのワトソン捜査官にエリスの安否確認を依頼する


~CTU テロ対策ユニット~
マイロ、入国したスナイパーの写真を入手

スナイパーは3人
アレクシスと…
おぉ~、なんちゃってFBIの男(byクリス松村
と、あと1人が微妙に判らん


「アレクシスはビクター・ドレーゼンの息子で、特殊部隊に居たらしい」


~デヴィッド・パーマー上院議員選挙事務所~
デヴィッド、CTUから選挙事務所へ戻る
シークレットサービスから全員へ、スナイパーの写真を公開
アレクシスの顔写真を見て、エリザベスはショックを受ける

これは演技ではなさそう
本当にエリザベスは知らなかったようだね


彼女の様子が変だとすぐに気づくデヴィッド
「どうした?大丈夫か?」

この気遣い…
デヴィッド素晴らしい~
職員1人1人の変化にすぐに気づいてあげられるんだね

やはり上に立つものはこうでなくちゃね、ジャックよ

奥さんのお世話をニーナに頼んでんじゃねぇ~よ(落ち着け、おいら



~隠れ家~
テリーとキムを守るために、隠れた周辺には変装したCTU職員がうじゃうじゃ
電話線工事作業員とか芝刈りの男とか…

ニーナ、キムの事情聴取
「リックの居場所を隠し立てすると、キム…あなたも危険よ」
「知らないわ!」

次に、ニーナ、テリーの事情聴取
「リックの事、キムは何か隠しているみたい」
「彼女は隠し事はしないタイプよっ!怒」

って、キムは隠し事ばっかりじゃん
こいつら好かん…


ニーナは、テリーの事情聴取をポールソンに代わる


~デヴィッド・パーマー上院議員選挙事務所~
デヴィッドからジャックへ電話
「秘書のエリザベスが告白してくれた。ドレーゼンに会ったと…協力すると言ってくれた」
「CTUまで送ってくれ」
「エリスから電話は?」
「連絡が途切れた…嫌な予感がします。恐らく殺されたでしょう」

マイロ、大忙しなわりに、トニーが出て来なくなったなぁ
今日は休み?



~リック~
キムからリックへ電話
「正直に話して!私、もうかばいきれないわ」
「当分ここには電話しないでくれっ!」

リックは女の所に居るようだ

この女…誰?


~CTU テロ対策ユニット~
メイソン支部長、登場「オレが指揮を取る!」

久々に登場したなぁ=
大丈夫かい?
メイソン役の人って、どうも悪者のイメージがあってさー

あれ、そう言えばグリーンは?


ジャックとメイソン
「エリスが紛失データの調査を…しかし連絡が取れなくなった」
「消されたか?」早っ!
メイソン理解度高し!


「パーマーの秘書エリザベスがアレクシス・ドレーゼンと交際中だ。1時間後に会うらしい」

よし!情報を得るチャンスだ!!


~隠れ家~
隠れ家前に待機するクリス松村…じゃなくて~、スナイパーのジョバン・ミョヴィック
既に、電気工事作業員になりすましたCTU局員は殺害
「妻子もすぐに殺します」


~デヴィッド・パーマー上院議員選挙事務所~
キースはカールと会う約束をする
「グリフィス天文台へ15分後に」
シークレット・サービスの目を盗んでこっそり出て行く


~CTU テロ対策ユニット~
ジャックイライラ~アクセス拒否されて機械操作出来ないぞ=
マイロ「3Wに降格するとアクセスできないよ」
おぉ~~おれは、3Wに降格されてたんだ==


「マイロ、不審アクセスの侵入がないか調べられるか?」
「まだスパイが居るって事?」

誰なの、スパイは?マイロだったら最高だけど…


CTUにエリザベス到着
メイソン、ジャック、エリザベス
「アレクシスはベルリンで貿易会社してると言ってたわ。3回目のデートの時にこのブレスをくれたの」

出会いは、1ヶ月前、ワシントンらしい

1時間後にアレクシスと会うエリザベスに、この発信機を彼につけて欲しいと依頼
「議員を守るためですね?やります」

ちょっと大丈夫~?
エリザベスって素人さんだし、絶対に無理だよ
なんか…嫌な予感がする



~隠れ家~
ジョバン・ミョヴィック、隠れ家に侵入
CTU局員ブリーアをあっという間に殺害

電話線工事や芝刈り男に変装したCTU局員が全く居ない事に気づくポールソン
テリーとキムを安全な部屋へ

この感の良さには感服致しますが、とりあえずCTUに一報入れた方が良くね?

部屋で静かに隠れていられないテリーは、キムを連れて駐車場へ
発進!!

ポールソン撃たれながらも、屋外でジョバン・ミョヴィック以外のスナイパー1人射殺

しかし、ポールソンは死んじゃった…涙


~CTU テロ対策ユニット~
マイロ「エリスの遺体が見つかったそうです」

ジャック、ショック!

CTUにニーナが戻って来る
「あれ?何で戻ったの?君を信じて任せたのに」

うるせー
攻められる筋合いねっつの
お前の奥さんを何とかしろっ!



~隠れ家から逃げたテリーキム~
テリーの車を追うジョバン・ミョヴィック
横道に車を隠し、スナイパーの車をやり過ごす

「ちょっと見て来るから、ここに居てね」
テリーが車を離れた瞬間、崖っぷちに停車していた車が崖下に転落

車大爆破!!

キムは?

テリー、ショックでその場で気絶


~グリフィス天文台~
キースとカール
「先生を殺したんだろ!」
「ライル・ギブソンの事も裁いてもらうか?」
「あんたも隠蔽の罪を着せられるぞ」
「私に何かしたら100倍になって帰ってくるぞ」
「オレを殺すのか?」
「もっと巧妙だ。フェラガモのオフィスに君の証拠を置いてきた」

キースは今のやり取りを録音していた

父さんよりもやり手だな


~崖っぷち~
テリー目を覚ます

一応、キムの遺体を確認しに行ったら?
と思ったら!
記憶喪失?


フラフラ1人で道路を歩くテリーを発見した女性ターニャ

ターニャ役、「ネイビー」のアビーだぁ
声ですぐ判ったよ


「大丈夫?あなた名前は?」
「判らない」

ターニャはテリーを車に乗せる

なんて親切な人だ…
アメリカって危険な国なのに、簡単に人を家に招きいれたり車に乗せたりするよね


一方、キムは車から放り出されて無事だった
どこにもテリーの姿がない

これは声を大にして言っておくけど、ニーナのせいじゃないですからね!

今回はトニー登場ないの?

ロバート・エリス役のウェイド・ウィリアムズは(uncredited)なんだって~
お願い!
キャストに入れてあげて=



(第17話へつづく)




海外スター・ドラマ
[PR]
# by by569 | 2012-12-19 15:04 | 24
■24-TWENTY FOUR- #15 2:00 p.m.-3:00 p.m.

■キャスト
キーファー・サザーランド(ジャック・バウアー)
レスリー・ホープ(テリー・バウアー→ジャックの妻)
サラ・クラーク(ニーナ・マイヤーズ→CTU局員)
エリシャ・カスバート(キンバリー"キム"・バウアー→ジャックの娘)
デニス・ヘイスバート(デヴィッド・パーマー上院議員)
タマラ・チュニー(アルバータ・グリーン→CTU本部局員)
ジェリコ・イヴァネク(アンドレ・ドレーゼン→黒幕?)
ダニエル・ベス(リック・アレン→キムの友人)
ミーシャ・コリンズ(アレクシス・ドレーゼン→アンドレの弟)
ポール・シュルツ(ライアン・シャペル→CTU支局員)
カーラ・ゼディカー(エリザベス・ナッシュ→デヴィッド・パーマーの秘書)
エリック・バルフォー(マイロ・プレスマン→システム・エンジニア)
ウェイド・ウィリアムズ(ロバート・エリス→ジャックの元同僚)
ペニー・ジョンソン・ジェラルド(シェリー・パーマー→デヴィッドの妻)
カルロス・バーナード(トニー・アルメイダ→CTU局員)
ケヴィン・ラムジー(テッド・ポールソン→CTU局員)
ローガン・アレキサンダー(レニー)
ニーナ・ランディ(アマンダ)
サム・エアーズ(ジェフ・ブリーアー→CTU局員)



<ストーリー>

大統領予備選当日、午後2時から午後3時までの出来事

~CTU テロ対策ユニット~
デヴィッド・パーマー、ついにCTUに登場!
「すぐにジャックバウアーに合わせろ=」
シャペル「むやみに会わせられません」

マイロからトニーへ
殺し屋の名前が判明「アレクシス・ドレーゼンだ」

ジャックは、テリーとキムが病院から隠れ家に移動したとグリーンに聞き、驚く
「オレに内緒で?」


~デヴィッド・パーマー上院議員選挙事務所~
アレクシス・ドレーゼンがテロリストだとは知らないエリザベス
「議員はネバダに移動するの。私も同行するわ」

ペラペラ喋っちゃうんだもんね~
議員のスケジュールなんて、秘書はたとえ家族にでも言っちゃダメだぞ!



~CTU テロ対策ユニット~
デヴィッドは、コネでジャックに会えるように手配

ジャックに会えないもんだから、もっと上に人間に依頼しちゃったぜ
国防総省アラン・オプティカンからの電話にシャペル、ドキドキ
「議員の要望は受け入れるように!」
「はいっ!!」



ついにジャックとデヴィッド対決?
突然登場したデヴィッドにビックリ(byジャック)

デヴィッド「仲間の名を言え!コソボだろ。部下を失い私を恨んでるのか?」

いやいやいや違げぇよ!!

「発電所でオレを撃とうとしただろ?」
「そうしないと警告できないからです!妻と娘を誘拐されて~~聞いてないんですか?」

あ…、そうなの?

いや~、デヴィッドの誤解とけてよかったわぁ



~隠れ家~
テリーとキム、隠れ家に到着
護衛は、ポールソンとブリーア

病院で渡された妊娠検査薬で早速検査するテリー

どうだったのさ!?


~CTU テロ対策ユニット~
ジャック&デヴィッドの話をまとめると

ジャックがコソボで極秘任務についていた際の国防省委員がデヴィッド・パーマー
任務はビクター・ドレーゼンの部隊壊滅作戦
極秘任務の暗殺者はロバート・エリスだったが…

果たしてロバート・エリスはどうなった?


~ニューオリンズ 某バー~
ロバート・エリスはバーに居た

エリスは、「プリズン・ブレイク」のべリックだった=
懐かしい~
髪の毛あるなぁ



デヴィッドからエリスへ電話
自分の暗殺計画とコソボ極秘任務の関連がある事を説明
エリス「2人の接点がバレてるのか?よし、敵を突き止めよう」

極秘資料調べれば、一味の名前判るぞと、いきなり取り出すパソコン
極秘ネタが入ってるパソコンをいつも持ち歩き?
それじゃ、全然極秘じゃないじゃん



~隠れ家~
テリー妊娠検査薬の結果が出た

どうだったの?


~デヴィッド・パーマー上院議員選挙事務所~
上院議員のネバダ行きは、急遽中止になった
エリザベス早速電話
「ネバダ便を予約した?行かないかもよ~」


~某カフェ~
ドレーゼン兄弟、カフェで待ち合わせ
アレクシス「ゲインズ一味は消したよ。アイツはダメだって言っただろう」

確かに、ダメだった…涙
ゲインズ、結構好きだったぜ~

スパナチュ(@ハンター役よ♪)での健闘を祈る!


アレクシス「デヴィッド・パーマーは、オレが片付ける。今日中に…」

何とも頼もしい~
あ…アレクシスもスパナチュに出てたね(@天使役だよ♪)



~隠れ家~
妊娠検査薬を見つけたキム

「妊娠してたわ、ジャックの子よ」

マジで=== (□゜;)
キムじゃなくても驚いちゃったよ
本当にジャックの子なのかい~?



ニーナ、テリーから事情聴取を行う

その間に、キムは携帯でリックへ連絡

全く…キムにも困ったもんだ
「あなたに助けられた事を言うから、自首したら?」
放っておいてくれ!byリック



~CTU テロ対策ユニット~
デヴィッド・パーマーは、息子キースの事をジャックに話し、2人して妙にしみじみ…

つーか、予備選があるってのに一体何やってんでしょう、デヴィッドさん
こんな事やってる場合じゃないし


マイロ、エリスから届いたデータを渡す
コソボ作戦の概要など
リビア大使は、ドレーゼンの資金管理をしている
ドレーゼンの妻子はジャックたちの極秘任務で爆死
などなど…

ジャック「これか…だから私の妻子が狙われたのか」


~隠れ家~
テリー、事情聴取
「リックが銃をくれて逃がしてくれたの」

と、最初はちゃんと答えてくれていたテリーが、いきなり!

「夫は家で仕事の話はしないのに、あなたには家族の話をするのね」

ちくちくイヤミ

テリー「夫は別居中に私の話をしてたかしら?」
ニーナ「夫婦の事は別に…」

ちょっとちょっとー
ちゃんとジャックは戻って来た訳だし、既に勝ち組なんだからさ
ニーナをそこまで攻撃すんなよ
女っていやだな~


「ジャックと付き合っていたけれど、ジャックはあなたを選んだのよ」とニーナ、正直に告白


~CTU テロ対策ユニット~
デヴィッドは、ジャックの拘束を解くようシャペルに頼み、今日一日だけ時間をもらう

なんだかな~
ここでジャックを自由にさせると、またトラブルが多くなるような嫌な予感…



~隠れ家~
ニーナ、キムの事情聴取中に、ジャックから電話
「まだテリーとキムも標的だから、そっちに追加チームを送る。妻を電話に出してくれ」
ジャックからの電話をテリーに繋ぐ

あ~、ニーナ可哀想だな
ジャックって人の気持ち判らない男だな…なんかあきれる通り越して悲しくなるわ


テリーは妊娠した事をジャックには言わなかった


~ニューオリンズ 某バー~
エリスからジャックへ電話
「削除された部分はまだ判らないんだ」

エリスは電話でジャックと話しながら、トイレへ向かう
彼の背後に迫る人影

ちょっと、ちょっと~エリス、後ろ!!

首を絞められ殺害される

ひ==
べリックってば、たった一話だけの登場かい?
残念だなぁー
もう少し活躍して欲しかったぞ~

ヘイワイヤーの方が長く登場出来てたね



(第16話へつづく)




海外スター・ドラマ
[PR]
# by by569 | 2012-12-17 00:41 | 24
■24-TWENTY FOUR- #14 1:00 p.m.-2:00 p.m.

■キャスト
キーファー・サザーランド(ジャック・バウアー)
レスリー・ホープ(テリー・バウアー→ジャックの妻)
サラ・クラーク(ニーナ・マイヤーズ→CTU局員)
エリシャ・カスバート(キンバリー"キム"・バウアー→ジャックの娘)
デニス・ヘイスバート(デヴィッド・パーマー上院議員)
タマラ・チュニー(アルバータ・グリーン→CTU本部局員)
ジェリコ・イヴァネク(アンドレ・ドレーゼン→黒幕?)
ヴィセラス・レオン・シャノン(キース・パーマー→上院議員の息子)
ジュード・チコレッラ(マイク・ノヴィック→パーマー選挙参謀)
ミーシャ・コリンズ(アレクシス・ドレーゼン→アンドレの弟)
ポール・シュルツ(ライアン・シャペル→CTU支局員)
カーラ・ゼディカー(エリザベス・ナッシュ→デヴィッド・パーマーの秘書)
ターニャ・ライト(パティ・ブルックス→デヴィッド・パーマーの秘書)
エリック・バルフォー(マイロ・プレスマン→システム・エンジニア)
ジュディス・スコット(ローズ・ケント医師)
ペニー・ジョンソン・ジェラルド(シェリー・パーマー→デヴィッドの妻)
カルロス・バーナード(トニー・アルメイダ→CTU局員)
リチャード・バージ(ケヴィン・キャロル→テロリスト)
ミーナ・バディ(ホームズFBI捜査官)
アンジェロ・パガン(ドレイクFBI捜査官)
アンリ・ルヴァッティ(ジョバン・ミョヴィック→謎の男)



<ストーリー>

大統領予備選当日、午後1時から午後2時までの出来事


~CTU テロ対策ユニット~
ジャックたちを救出したヘリが到着する
安堵するニーナたち
テリーは腹痛を訴える

「ニーナ、いろいろありがとう」
ジャックと微笑むニーナ

二人の見つめあいに、テリーやや嫉妬?

とりあえずテリーとキムは病院で検査をする事に
ジャックは取り調べ
グリーン「あなたをFBIに引き渡すしかないわ」

まあ、それは当然だね
一体、何人を危険にさらし、命を奪った?

しかし、ジャックもさ~
ニーナに、「妻と娘についててくれ」なんて頼むなよ
全く!
ニーナにしたら、そんなのしらねっつの

グリーンにも「あなたが奥さんのお世話を?皮肉な話ね」
なんて言われたぜ



~デヴィッド・パーマー上院議員選挙事務所~
おお~~っと、急にデヴィッドがバリバリ仕事し始まったよ
奥さんも目がテンさ


デヴィッドはシェリーに「脅迫されたんだ。指示に従わないとキースを刑務所に入れる…と。カールによると、フェラガモ事件はキースに罪を着せるためにやったらしい」と告げる

こりゃ、母としては複雑だな


~病院~
テリー、キム、病院に到着
担当医師はケント
医師と2人だけになった時、テリーは告白「レイプされたの。ジャックには内緒にしたい」


~CTU テロ対策ユニット~
ジャックを取調べする為に、支局からライアン・シャペル登場
証言は録音される


~病院~
ニーナが3号室に居る不審な男を発見する
男は「FBIだ」と言うが…
「同僚を待ってるんだ。負傷した容疑者の取調べだ」

なんか怪しいな

男が居た部屋がテリーの部屋かと思ったら別の病室だった
テリーは7号室

何で部屋間違ったの?
この辺り、ちょっと変じゃね?


ニーナは3号室に居たFBIが気になり、もう一度3号室を覗きに…
しかし誰も居ない
廊下に居たFBI捜査員に「ここに調べに来てる捜査員数は?」
「私たちだけですが…」

と言う事はさっき3号室にいた男はFBIではない

さっきのなんちゃってFBIの男、クリス松村に似てたぞ~


~CTU テロ対策ユニット~
ジャック取調べ
シャペル「ジャック、復職は無理だな」
ジャック「家族と議員を守るためだ!捜査は逸脱していない!今も議員の暗殺計画は進んでるんだぞ」

強く訴えるが、シャペルの反応は…微妙~


グリーンとトニー
第2の暗殺計画のスナイパーは3人に絞れた
ジョバン・ミョヴィックは、2日前に入国
ミシュコ・スーパは、3日前にフロリダ入国
3人目は…いまだ不明だった


~ケヴィンとアンドレ・ドレーゼン電話~
新たなアジトへ移動したケヴィンたち
ケヴィン「オレならこの事態を挽回できる!麻薬取締局にコネもある」
アンドレ「あ~、もういいよ!プランBは手配済だから~」

プランB?

ケヴィンが振り向くと男の影が…
その男は新たなアジトを爆破
そしてあっという間にケヴィンは男に射殺される

いや~~見事な仕事っぷりですねー
つーか、ゲインズたちに頼まないで、最初っからアンドレ・ドレーゼンとこのスナイパーでやった方が早かったかも…


主役は遅れてやって来るってか~


~病院~
ニーナからトニーへ電話
ニーナ「FBIを名乗る男が病室にいたの。指紋班を呼んで」


~デヴィッド・パーマー上院議員選挙事務所~
暗殺の危険があるため、一旦デヴィッドはネバダの空軍基地へ移動する事に


~CTU テロ対策ユニット~
トニーとシャペル
シャペル「恐らくジャックは懲戒処分だな。君の証言で処分は変わるけど…」
トニー「ジャックは好きじゃない。正直どうかと思う。しかし…昨夜からの行動は支持できます」

トニー素晴らしい!!!
なんかエピソードが進むたびに、トニーの株が上がる…

で、ジャックは下がる…汗



~デヴィッドとマイク車内にて~
マイク「国防総省にバウアーについて調べてもらったよ。バウアーは元特殊部隊員、チームを率いてコソボへ行っていたが、バウアーだけ生き残ったらしい」
デヴィッド「部下の死を逆恨みしての犯行か?」


~デヴィッド・パーマー上院議員選挙事務所~
上院議員の秘書エリザベスは12階である男と会っていた
その男は、ケヴィンを殺害したスナイパーだった

秘書とテロリストが繋がってんのか?


~病院~
偽者FBIが居た3号室の指紋採取を行うが、全て拭き取られていた
「この拭き取り方は、プロの仕業だ」

ニーナは、危険回避のため、テリーたちの移動を要請する

テリーとケント医師
テリーの腹痛の原因が判った
腹部ののう胞破裂だった
「一応、妊娠検査をしますね」

その時、テリーとキムを迎えに来たニーナ
「安全な別の場所へ移動します」

医師は妊娠検査薬をテリーに渡す

メモとして…
偽者FBIの男は、金色の四角いデザインの指輪してましたよ

これ後で役にたつ?
どう?どう?


病院から安全な場所に移動するニーナたちの車を見送った偽者FBI男「今、出ました」
無線で誰かに連絡

誰だ~?


~CTU テロ対策ユニット~
CTUにデヴィッド・パーマー上院議員登場!!
「バウアーに会いたい」

ついに来た====


(第15話へつづく)




海外スター・ドラマ
[PR]
# by by569 | 2012-12-15 00:31 | 24
■24-TWENTY FOUR- #13 12:00 p.m.-1:00 p.m.

■キャスト
キーファー・サザーランド(ジャック・バウアー)
レスリー・ホープ(テリー・バウアー→ジャックの妻)
サラ・クラーク(ニーナ・マイヤーズ→CTU局員)
エリシャ・カスバート(キンバリー"キム"・バウアー→ジャックの娘)
デニス・ヘイスバート(デヴィッド・パーマー上院議員)
マイケル・マッシー(アイラ・ゲインズ→テロリスト)
タマラ・チュニー(アルバータ・グリーン→CTU本部局員)
ダニエル・ベス(リック・アレン→キムの友人)
ジュード・チコレッラ(マイク・ノヴィック→パーマー選挙参謀)
ジェリコ・イヴァネク(アンドレ・ドレーゼン→黒幕?)
ザック・グルニエ(カール・ウェブ→医師)
ペニー・ジョンソン・ジェラルド(シェリー・パーマー→デヴィッドの妻)
カルロス・バーナード(トニー・アルメイダ→CTU局員)
リチャード・バージ(ケヴィン・キャロル→テロリスト)
クリスティン・アヴィラ(エリカ・ヴァスケス→ジェイミーの母)
デヴィカ・パリク(モーリーン・キングズレー→ジャーナリスト)
アル・レオン(ニール→テロリスト)
ミーシャ・コリンズ(アレクシス・ドレーゼン→アンドレの弟)



<ストーリー>

大統領予備選当日、午後12時から午後1時までの出来事


~テロリストのアジトから逃げたジャック~
車を大爆発させテロリストの目を逸らし、逃げるジャックとニック

テリーたちは離れた場所で起きた爆音に驚くが「早く給水塔まで行こう」と先を急ぐ

キムは一瞬、ジャックの方へ戻ろうとしてたけど、逃げられる人は早く遠くに逃げておいた方が良いんだよ
もう~、一番最初に、キムがリックと逃げてればな~
警察に行き、ジャックに連絡すれば、すぐ解決したよ、全く~



~CTU テロ対策ユニット~
グリーンからの指示
「ジェイミーの母親が来たら尋問して」
なんと、この4ヶ月で30万ドルも受け取ってるらしい


~デヴィッドとマイク車内にて~
あの状況は、フェラガモはただの焼死ではない
「私の支援者が殺したんだ!検察にも全て話す!」

ちょい興奮気味のデヴィッド
でもね~
もちろん正論なんだけど、あまりに意固地になりすぎじゃね?
大統領予備選に集中しようぜ



~ゲインズとドレーゼン電話~
ゲインズ「計画を変更しました。ここにジャックが現れたんです」
ドレーゼン「捕らえたか?」
ゲインズ「必ず捕らえますっ==」

ドレーゼン、がっくりだよなぁ

ゲインズとケヴィン
「バウアーをやらないとオレたち、ヤバイよな」

いや、もう既にヤバイと思うぞ


~給水塔~
ジャックとリック、給水塔に到着
テリーとキムはまだ着いてない

どこウロウロしてんだ?
衛生写真渡したのに~
地図が読めない女って本あったけど、あれって万国共通?


リックが撃たれた傷は出血がヒドイ
弾は腕を貫通していた

ジャックからグリーンへ電話
「妻たちと離れてしまった。ヘリを給水塔に送ってくれ!怪我人が居る」
「判った、15分で着くわ」

仕事速い~グリーン、さすが~
しかし、ジャック、テリー、キムを助けるために手配したヘリなのに、この3人が給水塔に居ないって…


森の中の小屋に隠れるテリーとキム
ニールがテリーたちを見つける!

裏口から撃とうとするニール
それを見つけたジャック
危機一髪~
ジャックの行動の方が早かった

ニール射殺

「早く逃げよう。リックは給水塔にいる」

今の銃声は?
ジャックの撃った銃のせいで、居場所をゲインズとケヴィンに知らせる事に


~CTU テロ対策ユニット~
ジェイミーの母エリカ到着

トニーとニーナは、30万ドル振り込まれていた事を追求する
エリカ「娘がくれたの。万一の場合はカイルを頼むと…金の出所は知らないわ」


~デヴィッドとモーリーン~
モーリーンの部屋を訪れたデヴィッド
デヴィッド「フェラガモが死んだ事は知ってたのか?」
モーリーン「もう関係ないわ。局を辞めたの。議員もこの件は忘れた方がいいわ」
「買収か?脅迫か?」
「フェラガモは死んだ、カルテもない」
「キース直筆の改ざんカルテがあるだろ?」
「それも消えたのよ」

カール、素晴らしい根回し
証拠全て消す!



~CTU テロ対策ユニット~
ニーナとトニーは、重要な情報を突き止める
30万ドルの支払い元は、ベオグラードのユカ・ユニボクス社だ
ベオグラードは、ジャックが2年前に任務で行ってた所
「議員暗殺と関係あるかも」
「よし、ベオグラードの金融界通を探して調べてみよう」


~給水塔~
ジャック、テリー、キムは給水塔の対岸まで来た
ヘリが遅れてる
携帯は圏外だ

「隠れろ」のジャックの制止を「大丈夫よ~」とか言いながらキム立ち上がり、スナイパー銃で撃たれそうになる
バカ!
このバカ女!!!
ジャックもバカだと思ったけど、娘もバカかよ


このままでは給水塔に近づけない
「ここに居ろ」
ジャックは1人でゲインズの近くをウロウロ

ゲインズ「ジャックは囮になるつもりだろう。ケヴィン、キムたちの方へ行き殺して来い!」

ジャック、落ち葉の下に落ちていた金属片を引き寄せ、反射鏡代わりにし、ゲインズの目潰し作戦


~デヴィッド・パーマー上院議員選挙事務所~
検事、そしてカールが居た

デヴィッド「検事に会って全てを話す!フェラガモを殺したな?」
カール「一年後の事を考えろ!国を動かしていたいか?刑務所の息子に面会していたいか?」

カールのシナリオは…

「キースが刑務所に居るのは、レイプ犯じゃないぞ。フェラガモ事件でだ…ふふふ…」

小遊三、やるなー
これ以上デヴィッドが騒ぐと、キースがフェラガモを殺害した証拠が出て来る訳だ
なるほどね~
モーリーンの報道を阻止し、デヴィッドの正義感を止め、選挙で勝利してもらう
全て良い方に進んでるじゃん


「検事には帰ってもらえ!オレは大統領になる=!」

マイク、目がテンだよ


~給水塔周辺~
ヘリ到着
ヘリに向かって手を振るテリーとキム

ヘリを見つけたケヴィンは、もうダメだとばかりにテリーキム殺害を諦める

リックが給水塔にいない
「きっと近くにいるはず」探し回るキム

全く、いいから早くヘリに乗れっつの
キムの身勝手行動、ちょいイラっとする
こりゃ、遺伝だわな



ジャックはゲインズの背後に
ジャック「何故妻と娘を?」
ゲインズ「オレは何も知らない。彼らの方針だが苦しめてやりたいと言ってた」

ジャック、ゲインズを射殺する

あ~あ、ゲインズ死んじゃったー
結構気に入ってたんだけどなぁ

彼らとは?
ドレーゼン?


その頃、リックは道路まで歩き路線バスに乗り込んでいた

なんでヘリに乗らなかったのかな
警察に捕まりたくなくて?

あとでまた登場しそうですね


ジャック給水塔に戻り、家族3人感動の再会


~CTU テロ対策ユニット~
グリーンへ報告
30万ドルは、ベオグラードにある匿名口座からで、同じ口座から殺し屋にもカネが渡ってる事

ニーナは議員の警護強化を依頼する「恐らく、別の殺し屋です。今朝ユーゴを経ちました」
グリーン「第二の暗殺者?」


そして、新たなスナイパー登場!

一緒に観ていた友人が、「このスナイパー、スパナチュの天使役の人だ=」と言ってましたが…
暗殺者やら天使やら
すごい役どころですね



(第14話へつづく)




海外スター・ドラマ
[PR]
# by by569 | 2012-12-13 00:06 | 24
■24-TWENTY FOUR- #12 11:00 a.m.-12:00 p.m.

■キャスト
キーファー・サザーランド(ジャック・バウアー)
レスリー・ホープ(テリー・バウアー→ジャックの妻)
サラ・クラーク(ニーナ・マイヤーズ→CTU局員)
エリシャ・カスバート(キンバリー"キム"・バウアー→ジャックの娘)
デニス・ヘイスバート(デヴィッド・パーマー上院議員)
マイケル・マッシー(アイラ・ゲインズ→テロリスト)
タマラ・チュニー(アルバータ・グリーン→CTU本部局員)
ダニエル・ベス(リック・アレン→ダンの友人)
ジュード・チコレッラ(マイク・ノヴィック→パーマー選挙参謀)
ジョン・プロスキー(ジョージ・フェラガモ→セラピスト)
カルロス・バーナード(トニー・アルメイダ→CTU局員)
リチャード・バージ(ケヴィン・キャロル→テロリスト)
アル・レオン(ニール→テロリスト)
ジェリコ・イヴァネク(アンドレ・ドレーゼン)声の出演



<ストーリー>

大統領予備選当日、午前11時から午後12時までの出来事


~ジャックとケヴィン~
ケヴィンの案内でテロリストのアジトへ…

ニーナからジャックへ電話
ジャック「今からテロリストのアジトへ向かう。GPSでオレの携帯を追跡して衛生写真を送ってくれ」
ニーナ「グリーンが私を疑ってるのよ」

そうだよなぁ
なかなか作業が進まないよねー



~テロリストのアジト~
テリーとキムは、とりあえず箱にイーライの死体を隠す
その時、イーライの携帯が鳴る
「ゲインズがイーライを呼んでる」

早く、逃げなければ

しかし、あちらこちらでテロリストが巡回していて逃げられない…


ケヴィンの案内で、アジトのフェンス前に到着したジャック

ケヴィン、ちゃんと案内してくれたよぉ
真面目なヤツだ…



ニーナからジャックへ電話
衛生写真を送る
ジャック「ちゃんと案内してくれたよぉ」
ニーナ「グリーンに言ったら?そうすれば応援を送れるわ」
ジャック「ダメだ」 (何で?

だからー
応援を送ってもらった方が良いんだよぉ
単独でやろうとするから死人もトラブルも増えるんだっつの



ジャックからケヴィンに運転を代わる
アジトの正門前に車を走らせるケヴィン
そして、後部座席に隠れるジャック

ニール「ケヴィン遅かったな。何だ、その傷は?」
ケヴィン「かみさんにやられた」

ケヴィンの顔、血だらけだもん
どう見ても不審だよね
つーか、結婚してんの、ケヴィン?


難なく門を通過
アジト内に潜入成功!

車を木陰に停める

ジャック「ここには何人居るんだ?」
ケヴィン「15~20人くらいかな…?お前、家族を救出したら埋め合わせが出来るとでも思ってるのか?テリー、ボヤいてたぞ。彼女は孤独なんだ」

そうなんだよなぁ
テリーとケヴィンはずっと一緒に娘探してて、その間にテリーってば悩みを打ち明けていたらしい



ゲインズはドレーゼンと電話
アジトの撤退決定~

テリーとキムを殺しに行ったはずのイーライが戻らず
「リック、イーライの様子を見てこい」

ジャック、ウロウロ
「テリーはどこに居るのかなぁ?」


~デヴィッド・パーマー選挙事務所~
デヴィッドとフェラガモ電話

デヴィッド「息子の事で話がある」
フェラガモ「息子の殺人をもみ消し、今度は私を脅すのか!?」
一方的に切られる

直接フェラガモに会いに行くしかない


~テロリストのアジト~
テリーとキムの監禁小屋にジャック到着!

感動の再会だね~

しかし…
アジトのど真ん中なのに、ゾロゾロと3人でどうやって出て行くのよ



~CTU テロ対策ユニット~
ニーナとトニー、別々の部屋でグリーンに取り調べを受ける事に

トニーとグリーン
「ジャックの居場所を先に言ったほうを昇格させるわよ~」

え?昇格?
トニー、「どうしようかなぁ」って顔になってる(^-^)



~テロリストのアジト~
イーライを呼びに小屋に入ってくるリック
ジャックが居て驚くが、「オレがゲインズの車を取ってくる。もしも失敗したら3人で逃げてください」と協力を願い出る

良いヤツじゃ
しかしそれは相当な危険が伴うぞ



ニールが、木陰に停まっているケヴィンの車を発見
車内にはケヴィンが倒れている

ちょっと~
ケヴィン、死んでんの?



リックが車を動かそうとした時、ゲインズに声を掛けられる
「北側発電機の近くにケヴィンが居るらしい。リック運転しろ!」

車を盗むどころか、助手席にゲインズが座っちゃったよぉ
ジャックを迎えに行けねぇ~
どうする、リック!



~デヴィッド、フェラガモのオフィスへ~
フェラガモのオフィス前には、何台もの消防車と救急車が停車していた
「火事か?」

マイクが警官に聞きに向かう

どうもガス漏れによる爆発らしい
フェラガモ死亡

デヴィッド「これは、事故なんかじゃない。殺人だ…」
マイク「たとえ君が正しくても目をつぶるんだ」

小遊三の仕業なのか?

まあ、デヴィッド・パーマーもいろいろ大変だろうけどさ
もっと選挙に集中しようぜ



~CTU テロ対策ユニット~
グリーンとトニー
まだトニーはジャックの居場所を言ってなかった

素晴らしい~、トニー!

そこへ!!「バウアーから電話です」

ジャック「今、テロリストのアジトに居る」
グリーン「あなたも共犯なんでしょう?」
ジャック「CTUに内通者が居たし、妻と娘が人質に取られてた」
グリーン「だから内緒に?場所はどこなの?」

最初はどうかと思ったけど、グリーン、きちんと調べてくれそう
仕事できる人は、ちゃんと動いてくれるし、判断が早いね
だからもう少し早く応援依頼してた方が良かったんじゃないのかなぁ、ジャックよ


すぐにグリーンは手配する
「ジャックの所へ後援部隊を送るわ」


~テロリストのアジト~
ゲインズとリック、ケヴィンの所へ
ケヴィンは目を覚ます

気絶してただけかぁ

ケヴィン「コフェルはジャックに殺された」
ゲインズ「お前、どのくらい前に気を失った?」
ケヴィン「判んねぇ…」

この2人、テロリストとしては、全然ダメだね(^-^;)


リック、ゲインズとケヴィンをその場に残し、車を走らせる

あれ?おい、リック~!状態のゲインズ
ダメだ、こりゃ


リックは車を小屋に横づけ
ジャック、テリー、キム、みんな乗り込む


リックを追って急いで小屋に到着するゲインズ、ケヴィン、ニール
小屋は無人
イーライの死体を発見する

「追え~~!」

車を追うゲインズ!
逃げるジャック!
アジト内カーチェイス=

ジャックたち、とりあえずアジトから出たが、タイヤを撃たれパンク
「みんな降りろぉ~!後輪の陰に隠れろ==」

もう、向こうは複数でじゃんじゃん銃撃ってくるし、早くCTUの応援来ないと、ダメじゃね?


ジャックは携帯をテリーに渡し「衛生写真を見ながら森の中の川を辿って給水塔まで行け!オレもすぐあとで行く」

リックもジャックと共に残り、銃撃戦参加

リックって撃った事あるのかい?

ジャックは車のガソリン漏れから大爆発を起こす

これでだいぶテロリストを倒せたと思う

リックは腕を撃たれた

頑張れリック~!!!


(第13話へつづく)




海外スター・ドラマ
[PR]
# by by569 | 2012-12-11 00:01 | 24
■24-TWENTY FOUR- #11 10:00 a.m.-11:00 a.m.

■キャスト
キーファー・サザーランド(ジャック・バウアー)
レスリー・ホープ(テリー・バウアー→ジャックの妻)
サラ・クラーク(ニーナ・マイヤーズ→CTU局員)
エリシャ・カスバート(キンバリー"キム"・バウアー→ジャックの娘)
デニス・ヘイスバート(デヴィッド・パーマー上院議員)
マイケル・マッシー(アイラ・ゲインズ→テロリスト)
タマラ・チュニー(アルバータ・グリーン→CTU本部局員)
ジェリコ・イヴァネク(アンドレ・ドレーゼン→怪しいヤツ)
ダニエル・ベス(リック・アレン→キムの友人)
ジュード・チコレッラ(マイク・ノヴィック→パーマー選挙参謀)
ザック・グルニエ(カール・ウェブ→医師)
サイラス・ウェイア・ミッチェル(イーライ→テロリスト)
カリー・グレアム(テッド・コフェル→投資銀行経営者)
カルロス・バーナード(トニー・アルメイダ→CTU局員)
リチャード・バージ(ケヴィン・キャロル→テロリスト)


<ストーリー>

大統領予備選当日、午前10時から午前11時までの出来事

~CTU テロ対策ユニット~
ジャックの代理グリーンから指示
「シークレット・サービスは、カメラマンも共犯だと言ってるわ。マーティンを調べて」

そういえば、マーティン、どうなったかなぁ
もう出て来ないのかねー



~ジャックとコフェル~
コフェルを乗せたリムジンの運転手ジャック

ケヴィンからコフェルへ電話が入る「ノードホフで会いたい」
「OK~」

「おい、ノードホフへ向かってくれ」

運転手、シ~~ン
あれ?何で返事しないのよ?
ここで初めて運転手の顔を見て驚くコフェル


「ん?君は誰だ?マークは?」

その瞬間、ジャックはドアロック
命の危険を感じたコフェルは誰かに電話しようとするが、ジャックは銃を突きつけ「携帯を外に投げろぉ=」

言われるままに携帯を外へ放り投げる「要求は金か?」
「オレはジャック・バウアーだ」 誰さ?

「ゲインズが妻と娘を人質にしてるんだ」
「何の事か…本当に知らない」
「たいした役者だな」

なんか本当に知らない感じ…
しかも良い人そう~だけど



~CTU テロ対策ユニット~
ジャックからニーナへ電話
ジャック「コフェルの車を乗っ取ったんだ!」
ニーナ「あなたをいつまでかばえるか」

ニーナ珍しく弱気

「コフェルの弱みを5分以内で調べろ!家族の命を助けたいんだ」

ってジャックの希望でニーナがこんなに振り回されてさ
複雑だよね

ニーナ可哀想だな


…で、頑張って調べたコフェルの情報
3人兄弟の長男
幼い時に父死亡
16歳で大学へ(秀才だ~
心臓の持病あり


~ジャックとコフェル~
ノードホフに到着
停車させる

ビクビクコフェル

ジャック後ろのシートに移動し、コフェルと向かい合って座る
「ペンティコフの事は?アラン・ヨークは?」
「知らない」
「デヴィッド・パーマーは?」
「知ってる!大統領候補者だ」

コフェル、悪い人に見えないなぁ

「ノードホフで誰に会うって?」
「ケヴィン・キャロルだ」
「何者だ?」
「工作機械のビジネスマンだが」

ジャックはニーナにケヴィン・キャロルを調べてもらう


ジャック、いきなりタオルを取り出しギリギリと紙縒り始め~
「この布を口の奥に押し込むんだ。勢いよくタオルを引っ張って胃を取り出すんだよ~ヘヘヘ」

拷問?

「待ってくれ、私にも家族がある。隠し事なんてするもんか」


~テロリストのアジト~
ドレーゼン到着
「ゲインズ、君はクビだ=!全て失敗した、違うかね?」
「こんなに準備したのに中止ですか?」
「中止はしないよ。2人死ぬだけだ。30分でバウアーを探せなかったら、人質を始末しろ!それが君の仕事だ」


~某小学校~
カールとデヴィッド電話

しっかし、カールっていつ見ても三遊亭小遊三にしか見えね~

パーマー「フェラガモを殺すって?」
カール「エイブスの話か?信用するな」
パーマー「今すぐここに来いっ!」


~ジャックとコフェル~
ジャックからニーナへ電話
「ケヴィン・キャロルは6人居るわ、うち1人は、本当に工作機械のビジネスマンよ。そこに居るコフェルは別人かも…早まらないで」

さ~、どうする?ジャック、まさかケヴィンに会うのか~?


~某小学校~
デヴィッドとシェリーは同じ小学校の幼なじみらしい

デヴィッド「カールと話したか?」
シェリー「モーリーンを止める手を考えてと話したわ。手を打つと言ってくれた」
デヴィッド「どうしてオレに言ってくれなかったんだ」

言ったら不機嫌になるかケンカになっちゃうからさ~

マイクとデヴィッド
マイク「ジャック・バウアーの事調べたよ。任務の多くは機密扱いだったみたいだ」
デヴィッド「もしや、そのひとつは二年前の夏では?」
マイク「どうしてそれを?」

デヴィッド・パーマーは、ジャックの事を知ってるようだね


~ジャックとコフェル~
駐車場に到着
ジャックが後部座席に乗り込んだ時、コフェルはナイフで襲い掛かるが逆に右手首を折られ、本性を現す
いきなりセルビア語で「全て自業自得だ=」

いや~ビックリした
突然知らない言語が飛び出し、表情も変化し、コフェルに悪魔が取り付いたのかと思ったぜ


急に苦しみだし、まさかの心臓発作でコフェル死亡

おいおい、ジャックよ。いろいろやってたらコフェル死んじゃったじゃねーかー
「妻と娘はどこに居るんだ~まだ死ぬなー」
ってジャック本当に自業自得だわ、これは


ジャック1人でケヴィン待つの?

ジャックからニーナへ電話
ニーナ「ケヴィンを問い詰めれば?」
ジャック「標的はパーマーだけじゃなくオレも狙われてた」
ニーナ「あなたと上院議員、どんな接点があるの?」
ジャック「判らないが、コフェルの素性を洗ってくれ。あとオレの2年前のベオグラード&コソボ任務と関わっていないかも調べてほしい」


~テロリストのアジト~
リックがテリーとキムの小屋にコッソリ入って来て銃を渡す
「これはダンの銃だ。巻き込んで悪かった」リックはすぐに出て行く

殺される…
テリーは何となく予感がした


~ノードホフ~
ケヴィン登場
リムジンの後ろのドアを開けておいたら、自然とケヴィンが車に乗ってきた

あぁ~、ケヴィンは、アラン・ヨークだった=

「やぁ、ケヴィン」

運転席からご挨拶
どうも~ジャック・バウアーでーす


ケヴィンは銃で攻撃するが、運転席は防弾ガラスで大丈夫~
ドアロックして走る走るグルグル旋回
死んだコフェルがケヴィンに転がってくる

最後の一撃
急ブレーキでケヴィンは防弾ガラスに頭ぶつけ撃沈

ケヴィン縛られる…

全く…ゲインズもケヴィンも微妙だなぁ
「このミステリーはすごい」改め、「このテロリストはすごい」のベストオブテロリストは、スナイパーのマーティン(ジョナサン)と、女テロのマンディだけだわ


ジャック「妻と娘は?」
ケヴィン「無事だ」
「居所は?」
「ハハハ」 (言える訳ねぇだろ、って感じ?

「救出しないとヤバイぞ。じき殺される。取引しないか?」
ケヴィンは取引を要求してきた

「条件は?」
「逃がしてくれたら場所を教える」
「いや、アジトに案内したら逃がしてやる」
「もしも断ったら?」
「お前の忍耐強さを試してやるぜ」

むむ?
もしや、またタオル出すのか?

と思ったけど

タオルは、出なかった…(^-^;)



~テロリストのアジト~
ついにテリーとキムの殺害命令が出る


~某小学校~
デヴィッド・パーマーに会いに来たカール
「フェラガモを殺すんだろ?」
「それは否定する」


~テロリストのアジト~
「お別れだ…」
イーライはテリーとキムを射殺しようとするが、テリーがいきなりイーライに銃を向ける
…が弾が入ってない

あれ?
さっきリックは「弾は充填してある」って言ってたよね


イーライがキムに襲い掛かる
その隙にテリーは落とした銃を拾いイーライを射殺
2回発砲する
「もしも私たちを殺すなら2発でしょ」

冷静なテリーだ…

イーライの遺体を隠す


~ノードホフ~
ケヴィン「判った、家族の所へ案内する」

本当に案内してもらえるのか!?


(第12話へつづく)




海外スター・ドラマ
[PR]
# by by569 | 2012-12-09 00:57 | 24
■24-TWENTY FOUR- #10 9:00 a.m.-10:00 a.m.

■キャスト
キーファー・サザーランド(ジャック・バウアー)
レスリー・ホープ(テリー・バウアー→ジャックの妻)
サラ・クラーク(ニーナ・マイヤーズ→CTU局員)
エリシャ・カスバート(キンバリー"キム"・バウアー→ジャックの娘)
デニス・ヘイスバート(デヴィッド・パーマー上院議員)
マイケル・マッシー(アイラ・ゲインズ→テロリスト)
タマラ・チュニー(アルバータ・グリーン→CTU本部局員)
ジェリコ・イヴァネク(アンドレ・ドレーゼン)
ダニエル・ベス(リック・アレン→ダンの友人)
カリーナ・アロヤヴ(ジェイミー・ファレル→CTU局員)
ジュード・チコレッラ(マイク・ノヴィック→パーマー選挙参謀)
ザック・グルニエ(カール・ウェブ→医師)
サイラス・ウェイア・ミッチェル(イーライ→テロリスト)
エリック・バルフォー(マイロ・プレスマン→システム・エンジニア)
カリー・グレアム(テッド・コフェル→投資銀行経営者)
イヴァル・ブロガー(フランク・エームス→パーマーの支援者)
ペニー・ジョンソン・ジェラルド(シェリー・パーマー→デヴィッドの妻)
カルロス・バーナード(トニー・アルメイダ→CTU局員)
トレイシー・E・ウィルソン(ナンシー)



<ストーリー>

大統領予備選当日、午前9時から午前10時までの出来事


~CTU テロ対策ユニット~
ジェイミーはまだ生きていた
病院に搬送される

出血多量で相当危険な状態らしい
息子カイルはどうしてるんだろう?



~車で逃走中のジャック~
ジャックからニーナに電話
ニーナ「テリーから電話あったわよ。すぐに電話が切れたけど、一応無事みたい。ジャック、とりあえず出頭したらどうなの?」

確かに…ニーナ正解!

「警察無線で検問場所を調べてくれ」

ジャックはニーナに頼み事ばっかりだね~
ニーナも一途だなぁ


ニーナ「ジェイミーは自殺を図ったのよ」
ジャック「本当に自殺なのか?」

おいらも一瞬疑ったけど…
CTU内にもう1人スパイがいるんだろうか



~CTU テロ対策ユニット~
テリーからまた電話が入る
ニーナはテリーの電話をジャックへ繋ぎ、マイロに逆探知を頼む

しかし、テロリストのアジトから電話しているテリーは、見張られている身でなかなかゆっくり電話で話する事が出来ない
「また誰か来る」
電話を繋いだまま、天井の梁に携帯電話を隠す

テリーの電話が繋がったままのため、テリーとキムが監禁されている小屋の声がそのまま聞こえる
電話を聞いているのは、ニーナ、トニー、ジャック
監禁小屋に入ってきたのは、イーライとリック
「携帯はどこだよ!出せ!」

ウロウロ探し回るイーライ

キムがつい携帯の所を見てしまう(バカ=!)
リックもキムの視線に釣られ、携帯の在処に気づくが…
黙っていてくれた

リック、ありがとう~パチパチ


~某小学校~
デヴィッド・パーマー上院議員、小学校訪問
その間にも、キースの犯した殺人事件についてデヴィッド・パーマーと妻シェリーはモメていた
シェリー「どうして自分から告白するのよ。モーリーンがせっかく放送を延期してくれたのに」
パーマーとマイクは、どうせバレるなら、先に自分から告白した方がいい…と説得するが…


~CTU テロ対策ユニット~
トニーが発見!
ジェイミーが送ったEメールの中で、一通だけ未送信のものがあった
タイトルが、テッド・コフェル
本文は暗号化されていた

ニーナ「テッド・コフェル…誰かしら?」

メール解読をマイロに依頼する

逆探知やメール解析やら…
マイロ、忙しいよぉ


そこへ1本の電話が入る
病院からだった

「ジェイミーが死んだ」


~車で逃走中のジャック~
ジャック、パトカーに止められる
車内には武器多数

かなりヤバイ
しっかし、何でジャックの車が目をつけられた訳?
他にもたくさん走ってるのに


一旦停まったフリをし、急発進で逃走するジャック

またっ!
なんで「私は怪しい者です」って言ってるような行動取るかなー


電話切ってないから、ジャックの一部始終を電話で聞いているニーナとテリー
一体何やってんのジャック!顔で聞いてるし


ついにジャック、車を乗り捨て、武器持参で徒歩逃走

逃走しながらも「テリー、どの辺りにいるんだ?」
テリー「目隠しされたから判らないけど、コールドウォーター付近から車で30分くらいだったかしら」
「逆探知してるから、話が出来なくても絶対に電話切るなよ!」

キムも電話に参加

ジャックファミリーの絆を聞いていてニーナ複雑だよね~
そのニーナをチラ見するトニー



~テロリストのアジト~
イーライがまた小屋にやってくる
「携帯はどこだ==」
イーライがキムに殴りかかる
キムをかばうリック

その時!
携帯電話の電池切れのピポピポ~

どこから聞こえる?

イーライに携帯電話の場所がバレる

イーライ「誰に電話したんだっ!お前は誰だよ?」
ジャック「妻と娘に手を出したら許さないぞ」

ゲインズに報告する~~と頭に血が上るイーライに、「それを言ったら、ゲインズに殺されるぞ」と冷静なリック

確かにそうだ

イーライは携帯の通話を切る

あ~あ、逆探知失敗


~逃走中のジャック~
ジャックは駐車中の誰かの車を盗んで逃走

ジャックからニーナへ電話
逆探知は、半径40キロ範囲しか特定できなかった
「ジェイミーは?」
「死んだわ」


~CTU テロ対策ユニット~
トニー、ジャック、ニーナ
電話で会話
ジェイミーのEメールにあったテッド・コフェルは、バーバンクの投資銀行を経営してる人物
オフィス住所は、リバーサイドドライブ21500

ジャックからの指示
「トニーからゲインズにメールしろ。ジェイミーになりすまして」
ジェイミーが死んだと知られたらマズい


~機内~
ドレーゼンからゲインズへ電話
ドレーゼン「何故パーマーの件が解決してないんだ?ジャックとパーマー両方取り逃がすとは!」
ゲインズ「ジャックの家族はまだこっちに居ます」

ドレーゼンって何者?
黒幕?

このドレーゼン役の人って、テレビドラマ「ダメージ」のレイ・フィスクだね?
相変わらす痩せてて病気っぽい…ヤバそう~
けど結構好きだな、この俳優さん


ドレーゼン「コフェルに君の口座を空にさせるぞ!君は金、私の家族は報復が目的だ。失敗したら失うのは金だけじゃないぞ」

もしや命も?
こわぁ~



~某小学校~
シェリーからカールへ電話
「デヴィッドはキースの件を発表する気よ。モーリーンを止めて!あなたの専門でしょう!」

どんな専門家よ

カール「手を打ったよ」
シェリー「何をしたの?」
カール「心配するな」

うわぁ~、そりゃ超心配だわ


~CTU テロ対策ユニット~
マイロ、Eメール本文の解読終了
内容は、「今朝2時10分、ゲインズに100万ドル電信送金」

ニーナからジャックへ電話
「コフェルが犯人かも」

よ~し、判った!!!

ジャック、また暴走しそうだなぁ


ジャック不在のCTUに、本部から人が派遣される
トニー「ジャックの代理人が来るそうだ」
ニーナ「誰?」
トニー「グリーンだ」

ニーナ、ちょっとイヤそう
グリーンの元部下だったらしい



~テロリストのアジト~
テリーとキム
いきなりキムは、別居の経緯を聞く
「ジャックが訓練から戻ったら怒りっぽくなり気まずくなったのよ」

その訓練って一体?


~CTU テロ対策ユニット~
トニー、ニーナ
コフェルの自家用機調査
計画飛行はデンバーだ

そこに、グリーン登場

女か!
てっきり男とばかり思ってたが…


「私がここの指揮を取ります!パーマー上院議員の命が狙われました。容疑者はジャック・バウアーです。
みなさん、疲れてるとは思うけど、あくびは禁物よ。不満あるものは辞職して結構~」

みんなシーン


~某小学校~
エイムズからパーマーへ電話「ジョージ・フェラガモの件だ」

エイムズは最大の支援者らしい

「支援者のジョーゲンセンとタトルは、フェラガモを始末しろとカールに指示していた。悪いが私は降りる」

パーマーの支援自体も降りるらしい
始末とは…?
カールってそういう人なの!?



~コフェルのオフィス~
コフェルに直に会いに来たジャック
しかしジャックがオフィスの14階に到着した瞬間、すれ違うようにコフェルはエレベーターで下へ

ジャック階段で地下駐車場まで走る!!

また汗ばんじゃったよ~

なんと、運転手に化けて、コフェルのまん前に車を乗りつけるジャック

コフェルが「なんか臭いな~空調をつけてくれ」ってこれどういう事?
ジャックが臭いのかい?
どんな匂いなの=コフェルさん



~テロリストのアジト~
テリー腹部を押さえて苦しそう

何々?
一体どうしちゃったの?
テリーさん



(第11話へつづく)




海外スター・ドラマ
[PR]
# by by569 | 2012-12-07 00:53 | 24